出産前後の痔にはご注意!

マクロを利用しaccessへテキストファイルをインポートしようとしているのですが、
どのHPを参照しても、
マクロを利用してのテキストインポートはできないみたいなことが書かれてます。
一度、CSVに落として実行するしか方法はないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

1度、「ファイル」「外部データの取り込み」でテキストファイルを参照


左下の「設定」ボタンでフィールドの設定をして定義を保存します。

マクロにて「テキスト変換」を選び
[変換の種類]区切り記号付きインポート 又は 固定長インポート
[定 義 名]上記で保存した定義
[テーブル名]保存するテーブル
[ファイル名]テキストファイル名(パス付き)

これでできると思いますが...
    • good
    • 1

>マクロを利用してのテキストインポートはできない・・


Access側からなら簡単にマクロ組めますが・・。
AccessでExcelのSheetにあるデータを使用したいのであればAccessのテーブルにSheetをリンクさせる方が簡単ですが。
    • good
    • 0

結論から言えばできます^^


方法としては、
インポートするレイアウトに合ったテーブルがあること
インポート定義があること
(定義の作り方は、ファイル→外部データの取り込み→インポート→設定で定義を作成)
あとは、以下のコードを変更

DoCmd.TransferText acImportFixed, "定義名", "データを格納するテーブル名", "C:\..テキストのパス....txt", False, ""

これでどうでしょ
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAccessでcsvデータをインポートするマクロを作成したいのですが・・・

Accessでcsvデータをインポートするマクロを作成したのですが、貼付先のデータにはF1フィールドがありませんとでました。でF1フィールドを追加するとF2フィールドがありません。F2を追加するとF3フィールドが~。F3を追加するとF4フィールドが~。という具合にずっとでてしまいインポートできません。ご解答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

インポート先のテーブルは既存のものですか?
その場合は上記のメッセージが出ると思います。

方法1.手動でインポートで左下の「設定」をクリック
フィールド名と形式を選択して「保存」してください。
マクロにてインポートの定義名に先に保存した物を選択して実行にします。

方法2.マクロのインポートの前の行に「オブジェクトの削除」で
当該のテーブルを削除するようにしてください。

1の場合は形式が一定になり、クエリやフォームでの表示もスムーズにできます。
2の場合は、元のデータによって形式が毎回変わる可能性があります。

QAccessでボタンを押したらエクセルデータを読み込み処理をしたい

よろしくお願いします。
AccessからExcelを開けるようにしたいのですが、
コードの記述方法がいまいちわかりません。
教えて頂けますでしょうか。

最終的には、ボタンをクリックしたら、ExcelファイルにあるデータをAccessに取り込み、それでDM用のラベルを作りたいと考えています。
勉強が必要なので、少しずつやろうと考え、
開く為のコードからいろいろいじってみようと考えました。
もし、他に効率の良い学習方法があればそちらもお願い致します。

Aベストアンサー

お世話になります。

>コードの記述方法がいまいちわかりません。
と言う事でしたので,最も簡単な方法を。

(1)Accessのマクロを作ります.
 [アクション]で[ワークシート変換]を選択し,
 画面の下部にある,[アクションの引数]に
 適宜入力します。
 
 作成したマクロを適当な名前をつけて保存します。

(2)Accessメニューバーの
 [ツール]→[マクロ]→[マクロを VisualBasicに変換]を選択し,変換します。

変換されたモジュールを見てみれば,
どんな感じでAccessテーブルにインポートするか
解ると思います。

QAccessのマクロでモジュールを実行させたい。

Access2002を勉強中の初心者です。

AccessでDB1という名前のデータベースを作成し、その中で、モジュール1というモジュールを作成しました。これを実行するマクロを作成したく、次のようにマクロを作成しました。
マクロのデザイン画面でアクションに「プロージャの実行」を選択、プロージャ名入力覧の右側の...のボタンを押して式ビルダ画面を表示、ここの「関数」フォルダを開いてDB1を選択、表示されたモジュール1を貼り付けてOK。
しかし、このマクロを実行すると、次のエラーとなります。「DB1 指定されたDB1が見つけることができない関数名が含まれています」

根本的に方法が間違っているのでしょうか?
アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

ちょっと時間ができたので、Accessのヘルプで、
 "RunCode/プロシージャの実行" アクション
についてのトピックを見てみました。

結論から言うと、基本的な考え方が間違っているみたいです^^;。

「プロシージャの実行」アクションでは、「Function」プロシージャを指定するようです。
Subプロシージャではエラーになります。


つまりご質問の件では、
「Subプロシージャを呼び出すFnctionプロシージャ」をまず書かなけれえばならない。
そして、マクロのアクションでは、あらためてこのFunctionプロシージャを指定しなければいけません。

QACCESS VBAでファイルを開くダイアログを表示させたい

ACCESSのフォームからコマンドボタンを押すことで、
ファイル開くダイアログが表示されて、
そこでファイル名をクリック指定することで、
実際にそのファイルがインポートされるように仕組みを作りたいと思っています。

VBAでどう記述するのでしょうか?
類似ケースの質問内容も調べましたがピンと来るものがありませんでした。
ご存知の方、教えて頂けるとありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

CSVファイルの場合ですが、こちらを参考に。
http://www.accessclub.jp/bbs3/0364/superbeg109189.html

Excelの場合は
DoCmd.TransferSpreadsheet acImport, 8, "テーブル名", strFileName, True, ""
のようになります。
詳しくは、TransferSpreadsheet をヘルプで調べてください。
マクロの「ワークシート変換」を 作成し
「マクロを Visual Basic に変換」で
VBA のコードにしてみるのも良いでしょう。

QAccessのマクロでCSVファイルをインポートする

Accessのマクロ・VBAにてCSVファイルを
インポートしたいのですが、うまくいきません。

DoCmd.TransferText acImportDelim, , "C:\Documents and Settings\yoshimi\My Documents\顧客マスタテーブル.csv", False
現在のコードです。

「オブジェクト'0.txt’が見つかりませんでした。
オブジェクトが存在していること、名前やパス名が正しいことを確認
してください。」
とエラーが表示されます。

過去ログを検索し、似たようなものを見つけ同じようにしたつもりです。
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1691138
(回答のANo.1の定義の保存場所が分からずしていません)

どこがおかしいのか教えていただきたいです・・・

Aベストアンサー

インポート先(保存先)となるテーブルが指定されていないようです。

その分、カンマ(,)が1個少ないなっているために引数がずれて判断され、インポートするファイルが「C:\~顧客マスタテーブル.csv」ではなく、「0.txt」だと判断されているのではないかと思います。
(「False」がファイル名と解釈され(False=0)、テキストファイルと解釈されて拡張子「.txt」をつけてエラー表示された、と)

とりあえず、「Test」テーブルを作成し(フィールドは仮でF1,F2の2つでテキスト型)、「,"C:\~」の前に「,"Test"」を入れて実行してみて下さい。
(csvファイルが3列以上の構成であれば、「テーブル'Test'にはF3フィールドがありません」とのエラーが表示されるようになりると思いますので、適宜F3,F4,・・・と、必要な列数を追加して下さい:定義のかわりです)

Qcsvファイルをアクセスにインポート

こんにちは。Access2000について質問させてください。よろしくお願いいたします。


csvファイル内のデータをAccess2000に作成したデータベースにインポートしたいんのですが、どうすれば良いでしょうか?

何を調べたらいいかもわからない状態で…

どなかかご存知の方がいらっしゃったら教えて下さい。なにとぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

メニューのファイルメニューから外部データの取り込みを選択するかデータベースウィンドウ上で右クリックしインポートを選択します。
ファイルの種類をテキストファイルに設定しcsvファイルのあるフォルダを開きファイルを指定しインポートボタンをクリックするとインポートウィザードが開きますので順次従って進めればできます。
データを保存する場所で既存のテーブルに保存したければ次のテーブルで指定します。ウィザードの設定が終わったら完了ボタンでインポートできます。
ウィザードにある設定ボタンをクリックすればインポート定義を登録できます。インポート定義を登録すれば次回からフィールドの設定などしなくてインポート定義を使って同様のデータ構成のファイルはインポートできるようになります。
ヘルプでインポートで検索すれば出てきますのでそちらも参照してください。

QACCESSで毎回CSVファイルをテーブルにインポートする

ACCESSでGUIで毎回CSVファイルをインポートしていますが、
(テーブル→新規作成→デーブルのインポート)
自動化?VBA?することはできるのでしょうか。
ACCSESSは初心者でよくわかっていません。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>「マクロに設定」のやり方がわかりません。
え、そうなんですか。
アクセスを開くと左側に「マクロ」ってありませんか。
そこで新規作成します。
テーブルを削除するとか、クエリを開く(実行する)とか、動作を順番に設定するのです。
任意に実行したいなら、マクロ名は任意で構いません。
mdbを開いたら、必要なときにマクロを実行するだけです。

>こちらはoffのする方法が、チェックを外せばいいということでしょうか。
見つけましたよね。そのチェックを外します。

あのー、とりあえず解説書などお持ちではないですか。
最低限のことはそういう書籍で勉強して欲しいのですが。(マクロがわからないことにびっくりしたので)
ここで一つ一つやり取りするわけにもいかないので。

QACCESSで空白のデーターをクエリで判定/識別する方法を教えてくださ

ACCESSで空白のデーターをクエリで判定/識別する方法を教えてください。
EXCELでは空白を""で判定/識別表していますがACCESSではどうなるのでしょうか。

下の例はフィールドに試験番号があればその番号を、空白なら”欠席”と表示しようとしています。
IIf(([試験番号]="空白の場合何を入れる?"),[試験番号],"欠席")

Aベストアンサー

もうひとつの書き方は
式1: IIf([試験番号] Is Not Null,[試験番号],"欠席")
第2、第3引数の、質問の順序にあわせるとこうなる。

Qインポート時のエラー「データ型の変換エラー」

ACCESS2000を使用しています。
CSVファイルをマクロを使い、インポートしようとしているのですが、ある列に「33300G2」というデータがあります。
インポートのマクロを実行するとそのデータのみがインポートエラー(エラー内容は「データ型の変換エラー」)となってしまいます。
ちなみに、エラーが出る列は、「33300G2」以外全てが数字のみなのですが関係あるのでしょうか。
もし原因らしきものがわかればアドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

インポート定義をして下さい。
インポート→設定→データ型を変更して下さい。
何かあれば補足して下さい。
がんばれ

QACCESS IIF関数 複数条件の設定について

 選択クエリにおいて、あるフィールド「 X」 のレコード数値が
 
  0<[X]<=50   であれば A 
  50<[X]<=100  であれば B 
  100<[X]<=150  であれば C

 と表記させるフィールド「Y」を追加したいと考えています。
 この場合、Yのフィールド設定で指定する数式についてご教授願います。

 一応、
  IIf(0<[X]<=50,"A","") Or IIf(50<[X]<=100,"B","") Or IIf(100<[X]<=150,"C","")

  としましたが、実行すると、Yの列がすべて「-1」と表記されてしまいます。

 何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

a)IIF関数で対応する場合:
 IIF関数の第2引数または第3引数に、IIF関数を入れ子とする必要があります。

式: IIF([X]<=0, "", IIF([X]<=50, "A", IIF([X]<=100, "B", IIF([X]<=150, "C", ""))))


b)別の組込関数を使用する場合:
 IIF関数は二択ですので入れ子にする必要がありますが、Accessのクエリで
 使用できる、似た機能の関数に、Switch関数というものもあります。
 これであれば、入れ子にする必要がなくなります。
 (詳しくは、Accessのヘルプを参照下さい)

式: Switch([X]<=0, "", [X]<=50, "A", [X]<=100, "B", [X]<=150, "C", True, "")


なお、数学あるいは一般生活では確かに「0<[X]<=50」という表記をしますが、
Accessの関数などではこれだと正しい結果が得られません。
正しく認識させるためには、等号・不等号を挟んだ式は、「左辺」と「右辺」の
2つの要素からなる形にする必要があります。
(「0<[X]<=50」は「[X]>0 And [X]>=50」と分割してやる、と)

但し、今回のご質問のような『連続した範囲』であれば、前(左)で既出となる
式の要素で「[X]<=0」が「真(=-1)」とならなかった時点で、「[X]>0」が保証
されますので、上記のように、「[X]>0」を省略して「[X]<=50」だけを条件として
指定すればOk、ということになります。
(「0<[X]<=50」の次が「80<[X]<120」などのように、「50~80」が欠けた
 場合は、省略ができない、と)


【参考】
「0<[X]<=50」は、このままだと「0 < ([X]<=50)」という式と解釈されます。
この場合、「[X]<=50」は、「真(=-1)」か「偽(=0)」か「Null」のいずれかに
なります。
何にせよ、「0<[X]<=50」全体として「正(=-1)」となることがないため、
ご質問の式では、IIF関数は常に第3引数に指定された値「""」を返す
ことになります。

この結果、式全体としては「"" Or "" Or ""」という形となり、「0かNull」
以外なので、「真(=-1)」という値が返された、ということです。

なお、Nullについては、以前、他の方の質問につけた回答も、併せて参考までに:
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4850675.html

a)IIF関数で対応する場合:
 IIF関数の第2引数または第3引数に、IIF関数を入れ子とする必要があります。

式: IIF([X]<=0, "", IIF([X]<=50, "A", IIF([X]<=100, "B", IIF([X]<=150, "C", ""))))


b)別の組込関数を使用する場合:
 IIF関数は二択ですので入れ子にする必要がありますが、Accessのクエリで
 使用できる、似た機能の関数に、Switch関数というものもあります。
 これであれば、入れ子にする必要がなくなります。
 (詳しくは、Accessのヘルプを参照下さい)

式: Switch([X]<=0, "", [X]<=50, "A"...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング