最新閲覧日:

趣味で写真を良く撮る為ネガも沢山あります。ある日、昔のネガを見たら湿気がきてました・・・。湿気が来てたら現像してもシミみたいにしか焼き増しできませんよね?焼き増しする時は湿気でネガにペタっと張り付いてるのをとらないで焼き増しに出した方がいいのでしょうか?大事なネガが多数あり困ってます・・・。同じような経験された方やご存知の方がいらっしゃいましたらアドバイスお願い致します。

A 回答 (1件)

 写真のフィルムは現像 定着の後 水洗いをします。


湿気でネガが張り付いたのであれば、水に浸けて はがした後
水で固く絞ったスポンジでふき取り乾かせばもとに戻ると思います。
フィルムの端をクリップ(ゼムピンではい)ではさみ つるし
反対側(下)にもクリップをはさむと重みでカールするのが
ふせげます。
 * 一度あまり大事でないフィルムで、テストをしてから
 大事なフィルムをしてください。
フィルムはゼラチン様なので あまりきつくふき取ると傷がつきます。
上から下にかけて 一気にふき取るのがこつです。
途中で拭きなおすと、そこに水がたまりシミになることがあります。
長時間水につけると柔らかくなり傷がつきやすいです。
 現像時水洗を入れて10分以上水に浸けても軽くすれば大丈夫です。
特に大事なフィルムはフィルムファイル等に入れ、乾燥剤を入れておくことを
オススメします。 乾燥剤は 加熱すると再度使えるものがあります。
シリカゲル等
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有難うございます。
そういう手順でできるなんて知りませんでした。
貼りついたネガから、そのまま剥がして現像したらシミみたいな模様が
まばらにプリントされてショックを受けました。
乾燥剤は、ネガに貼りついた後やってみましたが既に遅かったみたいです。
が、それ以降のネガはちゃんとやってます。
近日中に、この方法でやってみたいと思ってます。
どうも有難うございました!!

お礼日時:2001/11/20 03:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報