趣味で写真を良く撮る為ネガも沢山あります。ある日、昔のネガを見たら湿気がきてました・・・。湿気が来てたら現像してもシミみたいにしか焼き増しできませんよね?焼き増しする時は湿気でネガにペタっと張り付いてるのをとらないで焼き増しに出した方がいいのでしょうか?大事なネガが多数あり困ってます・・・。同じような経験された方やご存知の方がいらっしゃいましたらアドバイスお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 写真のフィルムは現像 定着の後 水洗いをします。


湿気でネガが張り付いたのであれば、水に浸けて はがした後
水で固く絞ったスポンジでふき取り乾かせばもとに戻ると思います。
フィルムの端をクリップ(ゼムピンではい)ではさみ つるし
反対側(下)にもクリップをはさむと重みでカールするのが
ふせげます。
 * 一度あまり大事でないフィルムで、テストをしてから
 大事なフィルムをしてください。
フィルムはゼラチン様なので あまりきつくふき取ると傷がつきます。
上から下にかけて 一気にふき取るのがこつです。
途中で拭きなおすと、そこに水がたまりシミになることがあります。
長時間水につけると柔らかくなり傷がつきやすいです。
 現像時水洗を入れて10分以上水に浸けても軽くすれば大丈夫です。
特に大事なフィルムはフィルムファイル等に入れ、乾燥剤を入れておくことを
オススメします。 乾燥剤は 加熱すると再度使えるものがあります。
シリカゲル等
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有難うございます。
そういう手順でできるなんて知りませんでした。
貼りついたネガから、そのまま剥がして現像したらシミみたいな模様が
まばらにプリントされてショックを受けました。
乾燥剤は、ネガに貼りついた後やってみましたが既に遅かったみたいです。
が、それ以降のネガはちゃんとやってます。
近日中に、この方法でやってみたいと思ってます。
どうも有難うございました!!

お礼日時:2001/11/20 03:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q床下に湿気対策の為のファン

床下に湿気対策の為、ファンをおきたいのですが
プロペラで回して湿気対策が出来ると聞きましたが
その件についてどうかアドバイスを御願いします。

Aベストアンサー

床下換気システムには重要な点があります。
それは、空気取り入れ口があるかまたはしっかりとファンが回っている部分まで空気が送り込めてるかです。

トイレなどが分かり易いところで換気扇を廻しても臭いが消えないのは、どっからか空気の取入れをさせないとトイレ内の空気が動かず、しいては臭いも消えないのです。

ファンを付けても、その分吸い込み口が無ければ、ただの電気代喰い機でしかありません。またファン自体が適正な場所又は適正な数を付けないとしかりです。

単純に考えると、外からまた空気を取り入れたら、湿気が入ってくる気もしますが、空気が動いていれば、湿気による、カビ等は繁殖しにくくなる訳です。
それを期待する為の装置ですので、むやみにファンのみの設置をされても、効果はありません。

また逆もあります。取り入れのみが多くファンが少なくて空気を廻せないと湿気が溜まる事もあります。
しかし取り入れ口は、場合によっては掃き出し口にもなりますので、取り入れ口がしっかり確保されているのはそれ程問題では無いと思います。

ファンと取り入れ口の関係は確実に取り入れ口から空気が遮蔽されない対角線上に設置されるのが理想です。

床下の空気が動けばいいのです。

床下換気システムには重要な点があります。
それは、空気取り入れ口があるかまたはしっかりとファンが回っている部分まで空気が送り込めてるかです。

トイレなどが分かり易いところで換気扇を廻しても臭いが消えないのは、どっからか空気の取入れをさせないとトイレ内の空気が動かず、しいては臭いも消えないのです。

ファンを付けても、その分吸い込み口が無ければ、ただの電気代喰い機でしかありません。またファン自体が適正な場所又は適正な数を付けないとしかりです。

単純に考えると、外からまた...続きを読む

Q現像済みフィルム=ネガ?

写真について超・初心者です。笑ってください。
題名にもありましたが「現像済みフィルム=ネガ」でよろしいのでしょうか、そもそも双方の違いは何なのでしょうか。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

性格のネガティブとポジティブは写真用語です。フィルムには2種類あるのです。
色が反転して写っているのがネガフィルム(陰画)。その画像がネガティブです。
ポジティブフィルムもあります。映画のフィルムがポジティブ(陽画)。スライド写真もポジです。リバーサルフィルムともいいます。

ネガフィルムはモノクロ時代からの技術の進歩なのでコストが安い。
ポジフィルムは、色が鮮やかで再現性が高いので、プロカメラマンはほとんどリバーサルを使います。

現像済みフィルムは、ネガポジ両方あるので、ネガとは限りません。ポジフィルムは1枚ずつカットしてスライドにする事が多いので、ネガのように6枚ずつにカットする事が少ない(沢山撮る人は保管場所の関係で同じようにカットします)ので一目瞭然なのですが、フィルムの入っている袋をネガ袋とはいいますが、ポジ袋とはいいません。
ですので、現像済みフィルム自体をネガと言えなくはないですが、正しい表現ではありません。

Qガレージテントの湿気対策

バイクを保管するために、ガレージテント(幅2.4m×奥行き3mくらい)の購入を考えています。

地面はコンクリートなので、アンカーで飛ばないようにしようと思うのですが、問題は湿気対策はどうすればいいかなと悩んでいます。
バイクカバーよりは湿気対策になるとは思うのですが、やはり、コンクリートなので乾燥するまで時間がかかります。

やはり、コンパネでも敷いて、1年毎に新しいものに換えるだけでもいいような気もしますが・・・

何かよい雨の後の湿気対策はないでしょうか?

Aベストアンサー

どんなことをしても、空気が動かなければ同じでしょう。

水が入らないようにするか、水が入ってもすぐに排除できる環境にするかです。

コンパネを敷いても、今度はそれが水を吸って、コンクリートより長く水を保有し続けます。
私はその方がまずいんじゃ無いかと思います。
吸湿性のないものでも、それと床面の間に水が入れば、長く抜けませんし。

どうやってもテントの下から水が入る構造なら、隙間を空けて風を通し、速く乾燥できるような空気の流れを考えた方が良いのでは?
水が入ることは避けられないと思います。
バイク自体が濡れることもあるだろうし。
ならば、どうやって風通しを良くして湿度を排除するかだと思います。
テントの容積を大きくするか、前後の幕を出来るだけ空けておいて、雨の時だけ閉じるような感じで。

Qカラーのネガフィルムを自分で現像する装置はありますか。

ネガカラーフィルムを、個人で(自宅で)簡単に現像する装置はあるのでしょうか。白黒の現像を趣味で行う人は多いと聞きますが、カラープリントについてはどうなのでしょうか。教えていただけますか。

Aベストアンサー

普通の白黒フィルムと同様の手順で現像できます。暗室も不要です。多少の
馴れは必要ですが、処理時間自体は白黒よりも短く、薬品も使い切りで、臭
いが少ないので家庭向きかもしれません。

私の場合は、ステンレス製の小型タンクを使用して、バケツいっぱいにお湯
を入れた中に漬けて温度管理しています。冬場は、別にお湯を用意しておい
て、水温の低下にあわせて注ぐと良いです。
現像の少し前に薬剤を用意しておいて、上記のバケツの中で温度を調節して
おきます。薬剤の溶解は白黒よりも簡単ですが、保存性が悪いので、なるべ
く使い切る方が良いです。特に一度使用した物は保存しない方が良いみたい
です。 500mlで4本処理可能ですが、上記のタンクは 250ml使用しますので、
私は、フィルム2本を背中合わせにして巻き込んで、一度に2本処理して、
使用した液は捨てています。 250ml入りのポリびんを数本用意しておくと便
利です。

注意点は、注液と排液をスムーズに行うように心がけて、現像時間に合わせ
ること、撹拌のしかたで調子が変るので、撹拌しすぎないことぐらいです。
それと、現像液に気泡が生じやすいので、気泡ヌキは必須です。
可能なら、水洗後の仕上げの際にホルマリンを加えた方が良いです。

詳細は、下記のページにあります。
http://www.newon.org/mars/s/camera4.htm

普通の白黒フィルムと同様の手順で現像できます。暗室も不要です。多少の
馴れは必要ですが、処理時間自体は白黒よりも短く、薬品も使い切りで、臭
いが少ないので家庭向きかもしれません。

私の場合は、ステンレス製の小型タンクを使用して、バケツいっぱいにお湯
を入れた中に漬けて温度管理しています。冬場は、別にお湯を用意しておい
て、水温の低下にあわせて注ぐと良いです。
現像の少し前に薬剤を用意しておいて、上記のバケツの中で温度を調節して
おきます。薬剤の溶解は白黒よりも簡単ですが...続きを読む

Q湿気対策

なにかいい湿気対策は無いでしょうか?

私の家は湿気がとても多くて困っています.かといって,除湿機を買えるほどお金に余裕がありません><何かいい方法はありませんでしょうか?

Aベストアンサー

うちもそうなんです・・・湿気がひどい。
けれども除湿機を買ってまで・・・という状態なのです。
フマキラーから出ている「速乾くん」をドラッグストアで購入しました。
どんどん湿気を吸い込みます。
そしてどんどん水が溜まっていきます。
あとは扇風機や換気扇をフル稼働にしています。
電気代が気になりますが、カビで体を壊すよりはずっとましと割り切っています。

これから梅雨に向けてもっともっと湿度が高まりますね。
お互い湿気対策をしてうまく乗り越えましょう。

Q節約も大事ですが、これも大事ですと言われたら?

タイトルにもありますように、【節約も大事ですが、これも大事です】と言われたら、その【これ】とは何を連想しますか?
私は考えが貧困なせいか、まったく思い浮かびません。
みなさんならどう考えますか?

Aベストアンサー

『これ』=『無駄遣い』ですかね
確かに数十円削る事は重要かもしれませんが、たかが数十円のためにアホ店員に腹を立てるくらいなら
『たかだか数十円で幸せを得る』という方を優先します。
端から見たら『無駄使い』だけど、馴染みの店へ行けば会話も弾みますし、
困った時には助けてくれることもありますからね。
同様にチェーン店の居酒屋よりも…と言うのもあります。
安さを重視しすぎていると大切なものが見えなくなります。
某販売店ではスマイルは0円かもしれませんが、
それは心にも無いマニュアル通りのスマイルと言う話でしかないでしょう。
それならば、たかだか数十円で本当のスマイルを手に入れたほうが価値があると思います。

Q地下室を作る際に湿気対策をRC等に施すことは可能?

新築を計画中です。地下にオーディオなどの機械を置くので湿気等が心配です。
狭小のため、RCの外側に防水対策ができないとのことでRCの室内側に防水対策をする予定です。
その他に換気扇を取り付けますので24時間換気は可能です。窓はありません。

工事に入る前に予算をかけない方法でなにか湿気対策をRC等に施すことは可能でしょうか。
何かアイデアを頂けたら幸いです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>躯体防水の重要性がわかりました。
もしかして、躯体防水について、勘違いがあるといけないので書いておきますが、

躯体防水は、コンクリートに特殊な薬剤を混ぜて、コンクリート自体に防水性を持たせる方法です。
普通のコンクリートは細かなひびが多く発生して防水効果がありません。躯体防水に使う薬剤は、2種類あって、
1.コンクリートが硬化すると同時に少し膨張させ、ひび割れの発生を止める。
2.コンクリートにひびが発生したとき、カルシューム等が染み出してひびを埋める。
の、どちらかの効果を持っています。
これで、防水層を使った防水の代わりになるというものです。防水層を使った防水が悪いわけではありません。

Q写真の焼き増し(プリンタor写真屋さん?)

写真屋さんで一度現像してもらったフィルム(使い捨てカメラ)から焼き増しをしようと考えています。それほど画質は気にせず、友達数人に配る程度なのですが、家のプリンター(フィルムからダイレクトで印刷可能)で印刷するのと、写真屋さんにもう一度焼き増しでもっていくのだとどちらが高くでしょうか?また画質はどれくらい変わってきますか?あるいは、家で印刷するならどの用紙がおすすめでしょうか?
ちなみに使っているプリンターはキャノンのMP770です。
初心者ですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

自宅のプリンタでフィルムをスキャンしてデータにし、
http://www.jumbo.co.jp/
のサイトにアップロードして最寄りの写真店かコンビニで受け取る、というのはどうでしょうか。
1枚18円だし、印刷用紙はしっかりしてるからへたに市販の安い用紙を買ってくるよりいいですよ。

Q夏の湿気対策を教えて下さい。

アパートに住んでます。
毎日毎日暑くて、部屋もジメジメしています。
湿気でジメジメしてるせいか、暑い、頭がフラフラ、食欲不振があります。
窓は全部あけてますが、ジメジメしてます。
友達に相談したら、室内に洗濯物干してるせいで、湿気でジメジメしてるんだよって言われました。
夏の湿気対策ってどうしたらいいですか?

Aベストアンサー

>夏の湿気対策ってどうしたらいいですか?

     ↓
過加湿・湿気問題は、夏場の梅雨や天候不順や部屋干しによる湿気の問題と冬場の暖房や加湿器に伴う結露問題が有ります。
さらに、お部屋の日当たり、高気密断熱構造や換気条件(一般的には2時間でお部屋の空気が入れ替わるのが標準)とライフスタイルによるアンマッチや過度の湿度状態によるカビ・ダニの発生、洗濯物の臭い、寝苦しさ等に表れます。

換気は、入りと出の気流を考え、可能であれば対角線上の2か所を開ける、出来るだけ大きく開けて空気の入れ替え(湿度と温度の熱量交換もする)、洗濯物は乾燥率の高くなるように洗濯機での風乾燥や乾燥ドライ機能が有れば利用する、さらに部屋干し時には同時にお部屋の換気や除湿を行う。


簡単に言えば、除湿する機器&方法は→エアコン・除湿機・換気扇や24時間換気装置・除湿剤・活性炭や調湿壁等が有ります。
また、過剰な湿度や室内温度低下による湿気の液体化が結露、寝具や壁面や床面の湿気がジメジメの原因や症状です。

そして、人間の不快指数や快適条件で湿度も大きな要素であり、発汗等の体温調節を妨げたり、実際の気持ち良さ:体感温度(湿度10%で1℃温度が高く感じる)にも大きく関係影響するので、湿度が高いと体温調整や新陳代謝への影響、不快感やストレスの原因にも成るのだと思います。

さらに、部屋の隅々や太陽光の当らない部分にゴミや皮脂分が溜まりカビが発生し、そのカビを餌にダニが棲息増殖、ダニの死骸や糞(一日に数回)が花粉症やアレルギーを起こしたり、カビの胞子が空中を浮遊し、呼吸を通じて身体に吸い込み、クシャミや席を誘発したりモーニングアタックの原因と成るケースもあり、それらの要因で健康被害に繋がっているリスクもあります。

※モーニングアタック
https://www.google.co.jp/webhp?tab=ww&ei=-9IRU97_L4yjkgXM9oH4Bw&ved=0CBEQ1S4#q=%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%A2%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF




◇湿気だまり、結露の発生原因

結露:空気中の飽和水蒸気(一定の温度において、気化して含まれる水蒸気の量)が温度低下によって、飽和蒸気量も低下し、余剰分が液化(水滴となって結露)する現象。
部屋干しの洗濯物からの湿気放出、雨等による室外の湿度の高さと室内空気との熱量交換や入れ替わりが起因しています。

湿度の高さだけが原因ではなく、暖冷房によって壁や窓の層の表裏に温度差が生じて、液化した飽和蒸気が原因ですので、温度差の大きいサッシ・壁・ドアー等の場所で発生し易い。
<暖房運転中の、車のガラス内面に露が付く現象と似ている>


◇対策

結露原因から、発生・抑制の防止対策としては→以下の方法等が考えられる。
但し、人間の健康&快適性との関連もあり、矛盾した事・考え・評価もありますので、また、対策としても住居が賃貸かどうかでも制約や制限が有り、実際には住む人の感性や価値観、温湿度の快適さへの個人差もありますので、優先順位と妥協(折り合い)を求める中での湿気&結露対策となる。

エアコンの使用・除湿機能や冷房に伴う除湿が一番の対策ですが、設置されているかどうかによっても異なります。
また、部屋干しを止めて天日干しを奨励しても、場所や時間や手間の問題があり、現実には部屋干し+換気(選択者が干してなくても調湿と言う要素や効果)での対応がメインではないかと思います。

一方で余計な心配かも知れませんが、除湿(乾燥)にも健康や美容面で弊害が有るのをご存知ですか?

乾燥空気は、インフルエンザウイルスの活動が活発になり、空気感染や飛沫感染のリスクが増え、毛髪やお肌の保湿・ケアーにも関係、さらには静電気の発生にも影響します。
そこで、湿度の調節や管理にはTPOと個人差があり、適湿と適温、快適空調と結露対策の使い分け、矛盾があるのだが・・・。

可能な限りですが、室内外の温度差や湿度差の縮小、さらには屋内湿度を上昇させる要因(生乾きの洗濯物・調理時の水蒸気)の影響現象の工夫と対策対応(換気・除湿・断熱材他)。




余談になりますが、ご参考までに湿気・結露についてのポイント<不要の場合はスルー下さい>

湿気&結露対策:主に冬場に起こる現象、高気密住宅での問題が多い。
断熱・気密性のアップ→扉の表面にエアーパッキン・プチプチ等を貼り、扉の内側には厚手のカーテンをつける。
ホームセンター等で窓用の断熱シートを購入し、ガラス面にピッタリ(空気層やモレ部があると効果が薄れる)貼り付ける。→冷たい面に湿気を含んだ温かい空気が当たると水蒸気が液化(結露)して水滴となるのを防止。

その他の場所でも、温度差の緩和、空気の温度低下による結露防止のために、過加湿を避け、お部屋の対流や気流に留意し(扇風機や天井扇・サーキュレーターの利用)、人が居ない時間帯の換気、扉の隙間を断熱パッキン又はシールで塞ぐ。

暖房機を選ぶ場合に、化石燃料や水蒸気を発生させる石油・ガスは空気中に水蒸気を多く放出するので、運転停止後は室温が低下して結露を起し易いので、湿気&結露対策にはエアコン暖房以上に重要。

必ず、運転停止後に換気を行う習慣とサッシや壁等の外気や冷たい空気【廊下や暖房していない部屋】と接している部分に結露が発生しますので、厚手のカーテン、断熱処理(エアーパッキン、プチプチ・ダンボールや新聞紙を貼る)、サッシはなるべくペアガラスや複層ガラスにしてシャッターとか雨戸があれば防犯プラス結露予防の為にも閉める。


暖房はエアコンですか、石油やガス燃焼機器ですか?

その部屋に冷暖房用エアコンが設置されてあれば、暖房のメインはエアコンにされれば、結露の原因である空気中の飽和蒸気量そのものが少なくなり【乾燥状態】、運転停止後に機種によっては除湿運転・換気機能・結露予防モードがあります。
出来れば、換気と除湿を必ず行い、お部屋の空気中の水蒸気量を減少させる事が結露予防対策です。

尚、石油&ガスストーブやファンヒーターは燃焼しますと・・・ほぼ同量の水蒸気に変化しますので、運転停止時にはエアコン暖房以上に結露対策が必要になります。

お部屋の過加湿を防ぐ→加湿器や厨房調理の水蒸気を換気による排出やエアコンまたは除湿機による除湿で除去する。

可能であれば、室内外の温度差・湿度差をミニマム化するための24H換気装置とかエアコンの除湿運転(タイマーで自動OFF)、扇風機やサーキュレーターでの扉への送風を工夫しますと防止&抑制出来ます。

新聞紙を、就寝前に扉の周囲の隙間や下部に利用すると、隙間対策・断熱効果・吸湿効果があります。

特に、当該のお部屋に人間が在室していない時には、エアコンに結露予防モード・換気機能があれば使用する、無ければ除湿運転・換気を結露予防(お部屋の絶対水蒸気量の削減)を行う。

尚、カビ対策やダニ(カビや皮脂や食べ物のカスを栄養源に繁殖)については、直接のカビ菌やダニの死骸・フンの除去に空気清浄機、ダニの棲息条件からの繁殖防止にも湿気対策とカビ防止は、相互に因果関係もあり、同じ対策で防ダニ&防カビ&結露予防との相乗効果があります。



Happy_Sunflower 様に於かれましては、皆様からの情報・アイデア・アドバイスを参考にされ、湿気の被害緩和&予防で→健康・快適な暮らしを実現されますように、心より祈念申し上げております。

>夏の湿気対策ってどうしたらいいですか?

     ↓
過加湿・湿気問題は、夏場の梅雨や天候不順や部屋干しによる湿気の問題と冬場の暖房や加湿器に伴う結露問題が有ります。
さらに、お部屋の日当たり、高気密断熱構造や換気条件(一般的には2時間でお部屋の空気が入れ替わるのが標準)とライフスタイルによるアンマッチや過度の湿度状態によるカビ・ダニの発生、洗濯物の臭い、寝苦しさ等に表れます。

換気は、入りと出の気流を考え、可能であれば対角線上の2か所を開ける、出来るだけ大きく開けて空気の...続きを読む

Q30年前以上の白黒写真の焼き増しの仕方。

母が30年以上も前に撮影した写真の焼き増しって出来るのか?と尋ねてきました。勿論、ネガはないです。1枚だけで良いから、と言う話しなのですが出来るのかどうか?写真技術にお詳しい方のご意見をお待ちしてます。

Aベストアンサー

最近カメラ屋さんでアルバイトを始めたばかりなのですが。。。

写真のコピーってのができます。
うちの店では普通サイズで1枚100円です。

(^o^)丿

     


人気Q&Aランキング

おすすめ情報