グンゼのプロスプレーMK-3(ボンベ式)で塗装していたら、
塗料がホコリみたいな糸くずになって空中に漂っています。
模型の表面も糸くずが付着したみたいになっています。
エアの圧力がおかしいのでしょうか、
塗料の濃さが違うのでしょうか?
塗料はミスター・カラーの白系で、リターダーと薄め液をスポイトで各1.5cc加えました。
薄める基準がいまひとつわかりません、どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

avantiさん!はじめまして!


私は一応スケールモデル専門のモデラーです。(主に作るのは大戦中のドイツや日本の飛行機キットや、AFVもの)

さて、「塗料がホコリみたいな糸くずになって空中に漂っています」→これは吹付けの塗料の濃度が濃すぎる為に起こる現象です。塗料が濃い為に、空中に出た瞬間に塗料が乾いてしまう為に起こります。

で、吹付け時の塗料の薄め方ですが、塗料1に対して薄め液1~2倍の量を加えて下さい。(具体的に言うと、例えば塗料が10ccとしたら、薄め液を10ccから20cc加えると言う事です。)リターダーを加えると言う事ですので、その分を含めての量で考えて下さい。逆に薄めすぎると、吹付けた時に塗料がはじかれてしまって、うまく行きませんので、注意が必要です。目安としてはキットのランナーを使って確認するのが簡単だと思います。薄めた塗料をランナーで攪拌して、そのままランナーを引き上げた時に、塗料がポタポタと2・3滴落ちる程度と言えばお分かり頂けると思います。ポターではダメですよ!
吹付け時のコツとしてはシューっと吹くのではなく、シュッ・シュッと言った感じで細かく切りながら吹くのがコツです。1回で仕上げてしまうような事はせずに、2・3回上塗りするつもりで吹くのがいいと思います。上塗りの時は先に吹付けた塗料が完全に乾いてから行なって下さい。(ボンベにも限度があって、難しいかもしれませんが、綺麗に仕上げようと思えば、薄めの塗料を2・3度に分けて上塗りするのがポイントです。)
どのようなキットを製作されているのか分かりませんが、もしツヤあり塗料の場合は、湿度の高い日(雨の日なんか)に吹付け塗装するのは厳禁です。空気中の水分が塗料と一緒に吹付けられ、乾燥した塗膜が白く曇った状態になってしまいます。また、白を吹く場合は隠蔽力の強い塗料を使って下さい。(これは発色の悪い塗料を塗る時でも応用出来ます。赤なんかも結構発色の悪い塗料です。)Mr.カラーの白は隠蔽力があまり高くないので、その場合は先にベースホワイト(缶入りでも出ています)や、白のサーフェーサー(これも缶スプレーが手軽だと思います。)を吹付け、下地処理(1000番から2000番程度のサンドペーパー(水ペーパー)で研磨して、塗膜のザラザラ感を消します。)を行なってから、白を吹くといいでしょう。(キットの成型色が濃いキットの時なんかは必ずこの方法を行なって下さい。そうしないと、そのままキットに吹付けるといつまで吹いても成型色が消えません。)
ボンベ式の場合、最初はかなり高圧で吹付けられます(これが曲者)が、すぐに圧が下がって来て、エアーが出ない時があります。その場合は暫く時間を置いてから吹付けるようにすればいいでしょう。(ボンベの値段もバカになりませんので、出来れば安価でもいいですから、コンプレッサーの購入をお薦めします。)
何度か試して経験をつめば自ずと塗料の薄め方や吹き付けのコツみたいなものが分かって来ますので、今後もどんどんプラモの製作に励んで下さい。
最後に、蜘蛛の巣状になったキットの修整ですが、これ前述のサンドペーパーで磨けばある程度修整出来ます。また、薄め液で拭き取る事も出来ますが、この場合、かなりの量の薄め液が必要になってしまう場合がありますので、臨機応変で行なって下さい。
以上、お役に立てたら嬉しく思います。また、プラモ製作で分からない事があれば質問して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。
実はわたくし、「出戻りモデラー」ということで、
プラモ作るの本当に久しぶりなんです。(20年以上?ぶり)
塗料といえば、「レベル」と「パクトラ」、「ハンブロール」だったのですが…(笑)
とはいえ、模型屋の棚にはその頃と同じものが並んでいたりして、懐かしいですね。
「売れ残っていたのかな?」なんて思っていたら、「復刻版ですよ」なんて言われて大笑いです。
話は脱線しましたが、今はベースホワイトなんてあるんですね(ホワイトベースじゃないですね)さっそく使ってみることにします。
これから冬に向かってボンベ派にはつらい時期になりますが、ぬるま湯の入ったバケツ用意してがんばってみます。ありがとうございました。
余談なんですが、私の「avanti」は、イタリア、ピアッジオ社のP-180AVANTIからつけました。
ツイン・プロップのプッシャーです。ビジネス機なんですが、3翼のデザインが
妙にかっこいい…
ということで、私も大の飛行機好きです。
これからもよろしくお願いします。

お礼日時:2001/11/17 10:18

そうですね僕も塗料が濃いと思います。



薄める基準ですが
思っているよりもかなり薄める必要があります。
(最初の頃は、こんなに薄めて大丈夫か?と思ってました。)

僕は薄めた塗料をティシュに垂らして
その染み込み具合で濃度を確かめています。
ティシュにさっと染み込むぐらいが適当だと思います。

塗装の仕方によっては、もっと薄める事もありますが
とりあえずこの方法を試してみてはいかがでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
自分では思い切って薄めたつもりなんですよ、これでも。
ミスター・カラーも使い慣れていないし、色が隠蔽性の弱い白系なもので、ランナーに吹付けてみてもほとんど色が着かない…
プラの色がグレーだったので、薄くしすぎても、と思ってしまったんですね。
実際、二度塗りした状態でも、下地のグレーが見える…
こりゃあ、根気よく4~5回塗るつもりでやらないとだめですかね。

お礼日時:2001/11/17 09:51

濃いですね。


吹きつけ前の塗料の状態は水飴状ではなかったですか?
もっとサラサラの状態まで薄め液で薄めて下さい。
少しずつ薄めて塗ってみて勘をつかんで下さい。
長時間保管した塗料は濃度が濃くなっているので、基準というのはあまりあてにならないですね、というか塗装する人の個性が出ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうですね、結構長い間保管してあった(というか、店頭で売れ残っていた)
塗料のように思います。ほこり付いてましたから。(笑)
そういえば、中身も少なかったような…
でも、昔とビンの大きさ違うから、適量がわかりにくいんですよね、いまいち。
あとは慣れるしかないのでしょうね。

お礼日時:2001/11/17 09:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラッカーシンナーとミスターカラー薄め液の違い。

ミスターカラー薄め液の説明を、知り合いにしているのですが、ラッカーシンナーとの違いを理解できなくて、非常にこまっています。
「模型用薄め液は高いから、工業用ラッカーシンナーでもいいだろう。」
というのです。プラを溶かすからやめろ、と言っているのですが、
「なんで。同じシンナーだろ。」
といった状態で、私の言うことに耳を貸しません。
このサイトをみせて、ズバッと理解してもらいたいので、
初心者にもわかりやすい、簡単な言葉で教えて頂けませんか。
私ではお手上げです。買ってきてしまう前に阻止したいので、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

簡単な言葉で!と言うご要望ですので、それを前提として書かせて頂きます。

「ラッカーシンナーとミスターカラー薄め液」の大きな違いは「臭い」です。全く別の臭いがします。この臭いの違いは成分の違いから来ています。(成分などの詳細は省略しますが、参考URLに若干触れられていますので、ご覧下さい。)

どちらも有機溶剤ですので、中毒性があり注意が必要です。例としては好ましくないかもしれませんが、シンナー遊びなどに用いるのは「ラッカーシンナー」です。これは揮発性がミスターカラー薄め液などに比べると高いからです。

シンナーを何の目的で使用されるのか不明ですが、塗料の希釈に用いる場合は、塗料の種類に応じて、シンナーも選択する必要があります。ミスターカラーと書かれている点から推測すると、模型などに使われると思いますが、ミスターカラーはアクリル系の塗料ですので、これをラッカーシンナー(溶剤系)で希釈した場合、プラモデルなどのプラ素材は溶けてしまいます。希釈することは可能ですが、プラモデルには使えなくなります。(金属や木材などには使用出来ます。)ミスターカラーを希釈する場合は、やはり「ミスターカラー用シンナー」をお使い下さい。質問とは無関係ですが、水性アクリル塗料に「ミスターカラー用シンナー」を少し加えると、塗料の伸びが向上しますし、乾燥時間も早くなります。

ラッカーシンナーは道具の手入れ(筆やエアブラシなどの洗浄)には大変重宝しますので、使い分けて使用されるのが宜しいでしょう。

No.1さんは「ラッカーシンナー」は有機溶剤と書かれていますが、分類上「有機溶剤」と言う分類はありません。ラッカーシンナーは第2石油類・危険等級3に分類される事が多いです。(シンナーの種類によって異なります。)

>「なんで。同じシンナーだろ。」⇒同じなのはシンナーと言う文字だけです。シンナーとは「うすめるもの」と言う意味ですので、アバウトに言えば「水」もシンナーと言う事になります。(実際、水性塗料には水を使うことがあります。)シンナーにも色んな種類があって、用途によって使い分けが必要だという事を知人さんにお伝え下さい。

最後に、シンナー取り扱い時には換気をお忘れなく!←これが一番重要ですね。

参考URL:http://www2.plala.or.jp/cats-factory/mat/sinner.html

簡単な言葉で!と言うご要望ですので、それを前提として書かせて頂きます。

「ラッカーシンナーとミスターカラー薄め液」の大きな違いは「臭い」です。全く別の臭いがします。この臭いの違いは成分の違いから来ています。(成分などの詳細は省略しますが、参考URLに若干触れられていますので、ご覧下さい。)

どちらも有機溶剤ですので、中毒性があり注意が必要です。例としては好ましくないかもしれませんが、シンナー遊びなどに用いるのは「ラッカーシンナー」です。これは揮発性がミスターカラー薄め液な...続きを読む

Q塗料薄め

今度エアブラシを買おうとしているのですが、
ラッカー塗料を何倍まで薄めたらいいのか分からないのですが、知ってる方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

#3さんの回答同様塗料が濃いと不都合です。
エアブラシのノズルの径にもよりますが、0.3mmノズルであれば最低でも3倍以上です。(製造後月日のたっていない新しいもの)
軍用航空機の塗装として、退色感を出すために薄い塗料を塗り重ねる方法が最近の流行(?)です。
Mrカラーであればエアブラシ専用の薄め液も販売されています。

Qラッカー系塗料の薄め方について

ラッカー系塗料の薄め方について

現在筆塗りを極めようと思ってラッカー系塗料にリターダー、薄め液を混ぜて使っています
ですが塗ったときに下地の色がうっすら見えてる気がして「このやろう・・・」と思い重ね塗りをしていくうちに塗膜の差がでて光に反射させると凸凹してみえます。
リターダーは一割程度しか入れてません。これは薄め液の量を間違ってしまった結果でしょうか?
エアブラシを使え等の回答はなしでお願いします。学生なので金がないですし、先述の通り筆塗りを極めたいので。

Aベストアンサー

リターダや希釈の問題より、均等な厚みになるように塗れるかどうかの「技術的な問題」と思います。

下地がうっすら見えるなんてことは、エアブラシでも普通にあります。
だからといってそこだけ厚みを増せば凹凸ができます。至極当然と思います。

筆塗りであれ、エアブラシであれ、できた色ムラとか凹凸を隠すために何度も重ねるわけですし、塗り重ねで余分な厚みが出ないように極力薄く塗ろうと努力をし、場合によってはペーパーで補正したりもするでしょう?
繰り返しやることでしか得られない経験を、時間をかけて積み重ね、培われいく「技術」がものを言う世界、つまりは「職人芸」というやつです。

「極めたい」というのはかっこいいですけど、1年2年で何とかなるほど簡単なことではないと思います。

Qソフビ用塗料と他の塗料を混ぜるとどうなりますか?

よろしくお願いします。
タイトルのとおり、ソフビ用の塗料(ソフビカラーやVカラー)とMrカラーを混ぜるとどうなりますか?

手持ちのVカラーで希望の色が出来なかったので試しに少しだけMrカラーを垂らして試し塗りしたところ特に問題は無さそうだったんですが、比率がこれくらいになるとやばい、とか後で問題が出てくるとか、ご存知の方もしくは試した方がいらっしゃったら教えて下さい。

Aベストアンサー

Mrカラーが3割超えると乾いたときにヒビ割れします。
ソフビに定着しないですぐ剥がれます。

Qサフ缶の本数と使用後のスポイトのお手入れとエアブラシの色替えについて

はじめまして。質問させていただきます。よろしくお願いします。
1 趣味でガンプラ(HG)を作るんですが、サフ缶を吹くと1本使い切ってしまいます。これは適量なのでしょうか?
2 色の調合をするときにスポイトを使うのですが、その後お手入れをするときにツールクリーナーを使用しても汚れが落ちにくいことがあります。
よく汚れを落とすやり方などがあれば教えてください。
3 エアブラシ(吸い上げ式)で素早く色替えする方法があったら教えてください。
以上です。

Aベストアンサー

>1 サフ缶の大きさが判りませんし、ゾックとかサザビーとかでかいのだとなんともいえませんが、通常のガンダムクラスでサフ缶1本は吹き過ぎの可能性大です。
おそらく30cm以上離れた位置からシューーーッと吹かれているのではないかと思いますが、表面がざらつく可能性、その間のホコリを巻き込む可能性、奥に入り込まず表面にしかつかない可能性、サフが風で流される可能性を考えると、遠くから吹くのはあまりオススメできません。

最近ホビージャパンやアーマーモデリング付属のDVDに出ていた方法ではこんな風にやってました。

サフとキットの距離を10~15cm程度にして持つ

サフを出す。ただしこの時はノズルをずらしてキットには当たらないようにする。

サフが出たら手首のスナップをきかせながら「シュッ」とキットに吹きかける。
イメージ的にはキットの下から上を一瞬で通り過ぎるような形で吹きかけます(ホントに一瞬)

一旦サフを出すのをやめ、これを繰り返します。

テンポよく「シュッ、シュッ、シュッ」
とやるとうまく行きます。
遠くからだと塗り難いところも、狙いやすいので均一に塗れます。
はじめは難しいですが、何度かやるとコツがつかめると思います。

もしこの方法で吹かれているのであれば、明らかに吹きすぎです。
モールドが埋まっちゃうのではないでしょうか?

>2 スポイトは使わない方がエエです。そうそう色は落ちてくれません。
タミヤの調色スティックか実験用のミクロスパーテル(ハンズとかで売っていると思います)で塗料皿にとるのがいいですよ。
HGクラスであればスポイトで取るのは量が取れすぎてもったいない気がします。
私はスポイトは薄め液をとる時しか使いません。

>3 は吸い上げ式使ってないので判りません。ゴメンナサイ。

>1 サフ缶の大きさが判りませんし、ゾックとかサザビーとかでかいのだとなんともいえませんが、通常のガンダムクラスでサフ缶1本は吹き過ぎの可能性大です。
おそらく30cm以上離れた位置からシューーーッと吹かれているのではないかと思いますが、表面がざらつく可能性、その間のホコリを巻き込む可能性、奥に入り込まず表面にしかつかない可能性、サフが風で流される可能性を考えると、遠くから吹くのはあまりオススメできません。

最近ホビージャパンやアーマーモデリング付属のDVDに出ていた方法ではこ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報