トマス・ハリスの原作で映画化された「レッドドラゴン」のサントラは発売されているのか?発売されていればどこで手に入るのか?どなたか教えてください。マイケル・マン監督の使う音楽が好きなのですが、どうにも見つからず困っています。

A 回答 (1件)

公開当時にサントラ盤は作られましたが、現在は廃盤でアメリカ、イギリス、ドイツでも現行CDはありません(参考URL)。



この原題の「Manhunter」「soundtrack」をキーワードに検索すると、この映画のファンサイトや、サントラCDに関するページ(英語です)がヒットすると思いますが、みな一様に見つけるのが困難と書いてあります。ファンサイトでは「サントラ」に関するページを設けて、「Ebay」みたいなところを利用した方がよいかも云々といったことを書いてありました。
http://www.google.com/intl/ja/

参考URL:http://us.imdb.com/Title?0091474
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご親切にありがとうございました。教えてgooの使い方がよく解らず、
締め切りとお礼が遅れたことをお許しください。

お礼日時:2001/12/03 23:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレッドドラゴン販売元について

映画「レッドドラゴン」のDVDを購入しようと考えているのですが
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパンから発売されているDVDと
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンから発売されているものとでは
何が違うのでしょうか?

Aベストアンサー

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン版のほうは例のシリーズとは関係なく、1986年に初映画化されたものです。
http://www.foxjapan.com/dvd-video/cgibin/UserSearch/foxhe_search.cgi?page=detail&p_id=1786

ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパンの方が「例のシリーズ」で、ジョディ・フォスター主演の「羊たちの沈黙」(1990年)の前の話です。(2003年)
http://www.universalpictures.jp/reddragon/catalog_item_sell.html?#944

どちらも原作はトマス・ハリスの三部作の第1章ですが、「羊たちの沈黙」が大ヒットしたので、それより前に作られていたマイケル・マン監督作品の方は忘れられてしまった(というか変な扱いですが)のでしょうか?

参考URL:http://www.uipjapan.com/reddragon/index.htm

Q映画『レッド・ドラゴン』にて冒頭で演奏される曲のタイトルは?

 『羊たちの沈黙』や『ハンニバル』に続いて制作された、映画『レッド・ドラゴン』にて、冒頭、登場人物の一人であるレクター博士がオーケストラの演奏を聴き、フルート奏者の酷い演奏に眉をひそめるシーンがあります。
 新潮文庫から出ている『レッド・ドラゴン シナリオ・ブック』には、この曲を「ボッケリーニのチェロ協奏曲二長調(アレグロ・ピアチェーレ)の第三楽章」としているのですが、この曲ではありませんでした。
 ちなみに、劇中で演奏に使用されている楽器は、映像で確認できるかぎりでは、バイオリン、チェロ、コントラバス、フルート、オーボエ、クラリネット、トランペット、ホルン、ティンパニ、小太鼓だと思います。
 最終的にはこの曲のCDを手に入れたいと考えているので、その入手方法や良質演奏・録音のものについても助言していただけるとうれしいです(同作のサウンド・トラックCDには収録されていませんでした)。

Aベストアンサー

下記のデータベースによるとメンデルスゾーンの「真夏の夜の夢」となってました。
http://us.imdb.com/title/tt0289765/soundtrack
http://www.geocities.jp/gokuraku_ya/persons/classic3.htm

データではラロ・シフリンが指揮をしているようですが、たぶんシフリンの演奏したものはCDになっていないと思います。映画音楽家やジャズシーンでは有名ですが、クラシック系のCDはまったく見たことがないので……

下記で一部試聴可能なので聴いてみてくださいませ。
http://www.amazon.co.jp/Mendelssohn-Symphony-Midsummer-Nights-Dream/dp/B000006PKP

Q銃で撃たれても死なないもんですか(レッドドラゴンをみて)

以前から疑問だったのですが、昨晩レッドドラゴン観て改めて感じたのでこのカテゴリで質問します。作品では冒頭と最後に別の主要人物が撃たれますがその後元気に回復します。映画では明らかに上半身に(複数?)被弾しているようですが、あの距離で、銃の種類が場面にふさわしいものとして、「急所」さえ外せば(肺に当たっても?)、そしてすぐ手当すれば助かるものなのでしょうか?(作品のリアリティとして? 映画やTVでは撃たれても死なないケースは多いですよね。)
また、一般的に急所や主動脈を外せば結構助かるのですか? 以前に警察長官が至近距離からかなり被弾したけど助かりましたね(犯人未逮捕でしたっけ?)。また頭も頭蓋骨に弾が止まれば助かると聞いたこともありますが。その一方で結構簡単に(?)死にも至りますよね。(前橋?)
実際のところはどうなんでしょうか。

Aベストアンサー

映画は見ていませんが,FBIだとベレッタかSIGの9mmか38口径のS&Wだと思います。
急所を外せば1発では死なないでしょうが,両肺がやられたり,腹部がやられたり,或いは腹部大動脈などを損傷してしまえば助からないでしょうネ。
先に挙げた種類でないとして,
口径の小さな銃,22口径などは弾丸がつぶれて筋肉を巻き込み,意外と大きなダメージを与えるようですネ。
口径が大きく炸薬量も多い,44マグナムなどになれば,体のどこにあたっても衝撃で命を奪うとも言われていますが。
本当に偶然が左右するところは大きいでしょう。
ほんの数ミリの差で動脈を外れたり,重要臓器が助かったりという例は多いようですからネ(逆もあり)。
以上kawakawaでした

Qレッドドラゴンで

こんばんは
「レッドドラゴン」を観てきました。
思ったより面白かったです。アンソニーホプキンスやっぱりすごい演技ですね!主役級の俳優が4人も出ていてそれぞれうまかったです。あとには残らない映画ですが。

観られたかたにお聞きしたいのですが、なぜあれほど厳重に囚われている彼のところに、何とか博士の論文の結果の郵便が来ていたのでしょうか?郵便物がそんなに不用意に彼のところに行くのがおかしくないでしょうか?

Aベストアンサー

おはようございます。#2のhisho-sanです。

お礼にお言葉ありがとうございます。

なぜD(ダラハイド)は「竜の絵」を食べたのか・・

映画の感じからいくと、#3の方のDがドラゴンになりたかったから
が近いと思います。

本はだいぶ前に読んだので、改めて今博物館で「竜の絵」を
食べるシーンを読み返してみました。
そこから推測すると、DがというよりはDの中にいるドラゴンが
完全なドラゴンになるために、食べたという感じでした。

D本人の人格と、Dの中に住むドラゴンが葛藤しているシーンが
描かれています。(映画でもラスト近くにそんなシーンがありましたよね)

はっきりは書いていないので、読み手の感じるままでいいかなと
思います。読解力なくてすみません・・。

サスペンスもの映画って、見終わってから「なぜ??」って
思うことたくさんありますよね~。それを見た人と話し合うのが
面白いんですけど・・。

Qレッド・ドラゴン(映画)

レッド・ドラゴンと言う映画の中で「巨大な赤い龍と太陽の衣をまとった女」の絵画が出てきましたが、これは何の象徴なのでしょうか?

Aベストアンサー

映画では祖母からの虐待シーンしかありませんが
原作では、彼は出生時から一度ならず、母親に捨てられています

ダラハイドは出産に苦しむ太陽の衣をまとった女に、母親を
生まれてくる子供を自分に、投影している絵なんだと思いますよ

この龍は、神と戦えるほどに強いです

(黙示録では子供は龍に喰われず、天に引き上げられ、
女は龍から逃げおおせますが、だからこそ、その直前を捉えた絵なのかと思います)

だから龍に喰われ、あるいは喰い、同化し、同等の力を得たかった

こうした聖書や宗教がらみの文化的背景は日本になじみがないので
そこに込められた意味をくみ取るのは、かなり難しいですよね

原作には他にも黙示録に象徴される部分がありますが
龍(悪)と神(善)の戦いをダラハイドの良心の葛藤を象徴していたのかもしれません


人気Q&Aランキング

おすすめ情報