ランドルト氏環を使って要するに1分の分解能を持つ目の視力を1.0とするらしいのですが、目の分解能も瞳の絞りによって違うはずです。目を細めたりするのは反則?としても、視力検査を行う場合は対象の明るさなどが決められていると思いますが、どなたかご存知でしょうか?

A 回答 (1件)

内部照明タイプで、500lx ±150lx


前方から照明するタイプで、照度400~800 lx
(lxはルックスという単位)

です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
JISか何かの規格なんでしょうか。とにかく決まってないと困りますからね。

お礼日時:2001/11/20 21:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセンサの分解能と精度について質問させて下さい。

センサの分解能と精度について質問させて下さい。
圧力センサについてなのですが、
分解能が0.01kPaだとすると、
このセンサを用いて微差圧を10Pa単位で正確に測定することができるのでしょうか?

その際、ヒスや温度特性、繰り返し精度など含めて、フルスケールの1%の誤差が生じるとすると
200kPaの幅を測定できるセンサならば、その1%で2kPaの誤差が生じてしまいませんか?
つまり、2KPaの誤差が生じるかもしれないのに0.01kPaまで測定できます、の意味がよくわかりません。

Aベストアンサー

これは圧力センサに限らず、測定器一般の測定精度の規定方法で普通なのです。
他の計測器でも基本的に同じ考え方をしますので参考にしてください。

>このセンサを用いて微差圧を10Pa単位で「正確」に測定することができるのでしょうか?
「正確」には疑問ですが、相対的な変化量の測定はすることが出来ます。

提示された仕様を書き並べると、
□圧力センサ仕様例
測定範囲:0kPa~200kPa 最大値;200kPa
測定誤差:フルスケールの1%(誤差;2kPa)
最小分解能:0.01kPa

この仕様で、0kPa~200kPaの圧力を徐序に加えると、圧力センサは0.01kPaから200kPaを指示します。つまり、10Pa単位で変化はするのです。
加えた圧力に対しての測定指示値が、フルスケールの1%(2kPa)ありますよということなのです。
絶対的な「測定誤差:フルスケールの1%」はどの測定点でもありますが、「分解能が0.01kPa」で測定指示値が圧力変化に追従しますよと考えてください。

Q目を細めるとピントが合う?

少々老眼かも知れませんが、目を細めて物を見るとピントが合い良く見えます。
眼鏡を掛けても、フチの部分とレンズの部分の境目の部分で物を見れば他よりピントが合うような気がします。
裸眼でも目の前に障害物を置き、境目の向こうの物はよく見えます。
このように、目の前の障害物によって光の屈折が違うように思います。
どうなんでしようか? 教えて下さい。

Aベストアンサー

老眼(遠視)の場合は網膜よりも奥に焦点ができてしまうことはご存知だと思います。
網膜よりも奥で焦点を結ぶために網膜上ではピンボケになってしまうのです。

遠視や近視を説明するものの中に光が線で書かれていて目のレンズで内側に曲げられて焦点で交差している図がありますよね。
その光の中でレンズの真ん中を通る光は曲げられずにまっずぐに進みます。
そして網膜上の本来の焦点の上も通過して行きますね。
ピンホールを通すということはその真ん中の光だけを選択して他の光を遮断するということなのです。
これがピンホール効果の原理です。

しかし光も一点だけしか網膜に当たらなければ単なる光の点になってしまいます。
実は目の正面からだけではなく、どの角度から光が入ってきてもピンホールを通ると本来の焦点の上を通る光に近い部分だけが通過できる為に焦点が合うわけです。

目の前の障害物との境目についても同じことです。
焦点に向かって真っ直ぐに入ってくる光以外を遮断するほどはっきりと見えるわけですから、黒目の中心に近いところに障害物を置くと不完全ではあってもピンホール効果が得られるのだと思います。

余談ですが近視でも老眼でもレンズには強さを表す数字がついています。
老眼だと+3.0とか、近視では-4.25とかありますよね。
これは焦点距離の逆数です。
部屋で老眼鏡(凸レンズ)をある高さに合せると床や机のの上(に置いた白い紙の上)に天井の照明器具の像を映すことができます。
その時のレンズと床(の上に置いた白い紙)との距離をメートルで表した数字で1を割ったものがレンズについている数字の正体です。
たとえば床からの高さが0.5メートルなら1÷0.5=2となります。
近視(凹レンズ)の場合は焦点を結びませんので、開いた光の逆方向に進んで光が進入した側に焦点を結んだと仮定した時の数字なのでマイナスをつけて表示します。

原理を知ると日常の事でもなんだか楽しく感じられますよね。

老眼(遠視)の場合は網膜よりも奥に焦点ができてしまうことはご存知だと思います。
網膜よりも奥で焦点を結ぶために網膜上ではピンボケになってしまうのです。

遠視や近視を説明するものの中に光が線で書かれていて目のレンズで内側に曲げられて焦点で交差している図がありますよね。
その光の中でレンズの真ん中を通る光は曲げられずにまっずぐに進みます。
そして網膜上の本来の焦点の上も通過して行きますね。
ピンホールを通すということはその真ん中の光だけを選択して他の光を遮断するということな...続きを読む

Qケアマネの試験を受けようと思っているのですが、視力が弱く眼鏡をかけても目の前で手が動いているのが何と

ケアマネの試験を受けようと思っているのですが、視力が弱く眼鏡をかけても目の前で手が動いているのが何となく分かるくらいです。
視覚障害手帳は持っていないです。
1.視力が弱くても視覚障害手帳がなければ一般の試験の受け方になりますか?

2.普段はルーペを使っているのですがルーペは使えますか?

Aベストアンサー

それで実務経験が5年以上で、仕事には何ら問題もないのであれば、可能ですよ

Q視力回復につかう目薬 なぜ瞳孔を開くと視力回復につながるのか?

眼科で視力回復のため瞳孔を開かせる目薬をもらいました。
なぜ、視力回復に瞳孔を開かせるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

散瞳剤といいます。ミドリンでしょうか?

まず、目には調節という機能があります。
簡単に言えば、遠くを見たり近くを見たりするときに、ピント調節しています。

次に、仮性近視というのは、この調節が痙攣したりなどの障害がある状態です。近視とはまた様子が違います。

この仮性近視の方によく処方されるのが、あなたが処方された散瞳剤です。
散瞳剤というのは、いわゆる調節麻痺剤ですが、ピント調節させる筋肉の緊張をほぐし、遠くの方を見ているのと同じ状態にします。 
薬が効いている間は近くの物が見にくくなりますから、就寝前に点眼します。

これを持続させてみて効果がなければ、近視ということになりますね。

Q要するに、、、、

今回ノーベル賞を受賞した田中さんですが、田中さんのやっていることは
ようするに何ができるのしょうか?たんぱく質がどうのこうの、、、、

Aベストアンサー

たんぱく質の分析の方法を編み出したんですね。
人の病気の中でも、例えばガンなどのように細胞が異常を起こした場合、人体を形成しているたんぱく質にも異常が見られます。

その異常なたんぱく質は血液中を流れていたりするので、血液から取り出したたんぱく質を分析すれば、病気の内容がいち早く分かったりするのです。
しかし、今まではこのたんぱく質は何種類もが固まりになってしまっていて、分析できず、レーザーを当てて分解しようとしても、分解できずに困っていました。

田中さんの発見は、このレーザーを当てて分解できなかったたんぱく質を分解できるように工夫したのです。これによって、病気の発見がとても早くなる希望が出てきました。

てな感じでいかがでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報