漢文の臥薪嘗胆の訳がほしいんです。どなたか教えてください。お願いします。越や呉や楚などの国の関係や登場人物の関係などもわかりません。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こちらが参考になると思います。

(参考URL)

参考URL:http://www.mizz.jp/word/word_7.html
    • good
    • 0

 #5の話が出てきましたら、呉や越とは別の楚の話もかかわってきます。

楚の貴族、伍子胥(ごししょ)が、平王のため、父や兄を殺され、楚を脱出し、越の皇子に仕え、その王子の国王即位のために尽力し、クーデターにより、国王となりました。孫武などを起用して、国力を充実し、やがて楚に攻め込みますが、平王は既に死んでいたので、その死体にむち打ち、楚時代の友人の申包胥が諌めましたが「日暮れて道遠し(人生の残された時間は少ないのにやらなければならないことは多い)」ので「あえて道理に外れたことをしている」といったのは有名です。越を破ったときにも、越王を殺しておかないと将来大変なことになりますよと忠告したのに、美人西施などの賂を受けた呉王は疎ましく思い、無視し、やがて、自殺させました。

(故事成語)
http://plaza26.mbn.or.jp/~pata/koji6.html
(下のHPの続き)
http://plaza26.mbn.or.jp/~pata/s18_011.html

参考URL:http://plaza26.mbn.or.jp/~pata/s18_010.html
    • good
    • 0

 


  これは、十八史略に出てくるのだと思います。「十八史略」とは、十八の史書の要約というような意味で、膨大な史書を繙かなくとも、重要なことは、これに載っているということで、一種の解説書のような本です。
 
  詳しい時代背景などは、参考URLに載っているようですので、「臥薪嘗胆」の訳を書きます。これは「薪(まき)の上に臥し、(苦い)胆を嘗める」という意味で、もう少し敷衍して訳すと「眠る時は、背中にごつごつした感触の伝わる薪の上で眠り、壁に掛けた苦い苦い熊の肝を嘗めて(忘れぬようにしよう)」です。
 
  日本語の文章で、「臥薪嘗胆する」は「精進する」「努力する」というような意味で使われているようですが、元々の意味は、もっと凄まじい意味です。「薪の上に寝て、夜毎、痛みを感じ続け、飛び上がるほど苦い肝をみずから嘗めて、あの悔しさ、あの恨みを決して忘れるものか、おのれ勾践め、何時か復習し、殺してやる」というような意味です。「死体に鞭を打つ」なども、この物語というか歴史記録のなかで出てきます。
 
  努力する、という意味よりも、「恨みは忘れぬ、いまにみておれ」という意味で、復習のために、気合いを入れ、必死に国力・軍事力の構築に努めて、遂に複数を果たしたという結果につながります。
 
  「努力する」という意味に日本ではなりますが、「父を殺された恨みを忘れるものか、それは《為すべき義務》を忘れることだ。忘れないためにも、自分の心身に苦行を課す」というニュアンスです。中国では、「為すべきこと」というのがあり、それが凄まじい形で現れているのが、この言葉なのですが、日本には、そこまでの「為すべきこと」という規範がないので、「努力する」というような意味になるのでしょう。
 
    • good
    • 0

 別の話になりますが、日本の南北朝時代、後醍醐天皇が隠岐に流される途中、美作国(岡山県)院庄の館に児島高徳がこの故事にならい「天勾践(こうせん)を空しゅうする莫(なか)れ 、時に范蠡(はんれい)無きにしも非(あら)ず」と桜の幹に書きつけ、今に越の范蠡のような良将が現れますよというメッセージを残しました。

戦前は、忠君愛国の代表者ということで、教科書にも載り、唱歌も作られました。

参考URL:http://members4.cool.ne.jp/~t_susa/meikyoku/syou …
    • good
    • 0

http://www.lt.cafe-alpha.com/~gensan/chain/18shi …
http://www.lt.cafe-alpha.com/~gensan/chain/18shi …
http://www.lt.cafe-alpha.com/~gensan/chain/18shi …

上記のURLを参考にしてみてはいかがでしょうか?それぞれ、上、中、下です。
一応、下記のURLも見てみて下さい。

ではでは。

参考URL:http://www.mizz.jp/word/word_7.html
    • good
    • 0

意味は目的を達成するために苦労を重ねること。

また、敵を討つために努力を重ねること。
史記に記載されています。春秋時代、呉王夫差は越王勾践に父を討たれたため、毎日薪の上に寝ながら、復讐の意志を奮い立たせて、この仇を報ることができました。そして、敗れた勾践は自室に胆を掛けて、この苦い胆を嘗めながら、敗戦の恥辱を思い出して、ついに夫差を滅ぼすことができました。この故事によります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【日本語】捲土重来(けんどちょうらい)、臥薪嘗胆(がしんしょうたん)の意味を教えてください。

【日本語】捲土重来(けんどちょうらい)、臥薪嘗胆(がしんしょうたん)の意味を教えてください。

Aベストアンサー

リベンジって憎しみの固まりで勢いがすごいですよね、その様子。

夜は押しピンの山に寝て、昼は正露丸をばりばり食って復讐心をかきたてる、その様子。

Q漢文の訳

今、大変困っています!
実は明日期末テストで漢文があります。
そのテストの範囲に『王昭君』という作品があるのですが、その現代語訳(全部)が分からないのです!
どなたか『王昭君』の全文の現代語訳を教えてください!!もしくは訳が載っているHPがありましたら教えてください!お願いします。

Aベストアンサー

今晩は。冗談抜きで私も困っています。質問者であるkogyさんには自明の理でも、私には誰の書いたものに関してなのかちっとも判りません。
 ただし「作品」と言うからには、文芸作品、すなわち詩歌、小説、随筆あたりになるのでしょう。それでも漢代の雑録集である「西京雑記」の記事なのか、或いは
日本人、大江朝綱が創った同名の漢詩なのか、お手上げです。
 漢詩には本国で創られた同名の別作品がまだ有りそうですが、大江朝綱作には幸いウェブ・ページがあるので、それならば↓をどうぞ。

参考URL:http://www.cent.saitama-u.ac.jp/kanshi/ooe/syoukun.html

Q春暁の書き下し文なんですが。。。

春暁の書き下し文で

春眠暁不覚 春眠暁を覚えず
処処啼鳥聞 処処啼鳥を聞く
夜来風雨声 夜来風雨の声

までは大体同じなんですが、最後の行の
「花落知多少」はいろいろあるようです。

これには書き下し文の正解ってのはあるんでしょうか?

Aベストアンサー

>書き下し文の正解ってのはあるんでしょうか・・・
・正解は有りません。詠むひとそれぞれの好みと時代とともに変わって来ました。何の規則も存在しません。それでは学校教育その他において実践不都合が生じるので一応権威あるところで編纂された詠みを採用します。または一般民衆に定着した詠みを印刷しているだけです。明治時代に定着した詠みかた、昭和時代に定着した詠みかた、現代になって定着した詠みかたなどなど。したがって正解は存在しないのです。また明治時代に印刷された書物を校正なしで複製していくと古臭く感じたりしますね。
・花落つること知んぬ多少ぞ
・花落ちること知る多少ぞ
・花落ちること知るを多少ぞ
・花落ちることを知る多少
・花落ちることを知る多少ぞ
'ぞ'は単なる強調助詞です。

・花がたくさん落ちたと知れるなぁ ←これでは締まりがありませんね、原文の情感が損なわれてしまいます(笑)。

やっぱり漢詞は原文のままで楽しんで心の中で自分なりに解釈したほうが美しく夢があります。

蛇足;
五言絶句で、上三行は単なる'陳述文'で、単純に'返り点'さえ心得ていれば詠み下せます。万人ほぼ同じ詠みになると思います。最後の行だけは、'陳述句'と'疑問句'に詠めます。
'多少'の意味は日本語にすると、代名詞の'どのくらいの量'ですね。中国語の意味にはそれとは別に、名詞の'たくさん'と疑問代詞の'多いのか少ないのか'の働きも有ります。かつ比較的多い数量のことについて言います。嵐または小夜嵐の後の落花を彷彿とさせます。

陳述句に詠んだ場合:花がたくさん落ちたと知れる。
疑問句に詠んだ場合:多いのか少ないのかどのくらい落ちたのだろう。

もし、これが正解だと押し付けられた場合は、ご自分が詠んだものを提示して'これも正解です'と仰れば良いのです。

>書き下し文の正解ってのはあるんでしょうか・・・
・正解は有りません。詠むひとそれぞれの好みと時代とともに変わって来ました。何の規則も存在しません。それでは学校教育その他において実践不都合が生じるので一応権威あるところで編纂された詠みを採用します。または一般民衆に定着した詠みを印刷しているだけです。明治時代に定着した詠みかた、昭和時代に定着した詠みかた、現代になって定着した詠みかたなどなど。したがって正解は存在しないのです。また明治時代に印刷された書物を校正なしで複製して...続きを読む

Q漢文の現代語訳なのですが…

今、夏休みの宿題で漢文を現代語訳に、って問題があるのですが、
正直全然分かりません。
大変お手数ですが、現代語訳を教えてください。
※かっこの中の数字などは一、二点やレ点です。

夫子出でて(ニ)於山より(一)、舎る(ニ)於故人之家に(一)。

有れば(レ)備え無し(レ)患い。

未だ(レ)知ら(レ)戦いを。

林類年且に(ニ)百歳ならんと(一)。

Aベストアンサー

1)ふうしやまよりいでてこじんのいえにとまる。

ある男が山(隠棲生活)から降りてきて古くからの友人の家に泊まった。

2)そなえあればうれいなし。

用心するに越したことはない。

3)いまだいくさをしらず。

まだ戦争というものを知らない。

4)りんるいとしまさに100さいにならんとす。

林類(人の名前)さんはちょうど100歳になるところである。

Q漢文の書き下しと現代語訳の違いはどんな点ですか?

漢文の書き下しと現代語訳の違いはどんな点ですか?
分かりやすく教えてください。
「有婦人哭於墓者而哀」で、於と而は読むときに発音しないですが
書き下しや現代語訳においてはどのように扱いますか?

Aベストアンサー

漢文は中国語文、あるいは、中国語形式の文ですよね。
つまり、日本語ではありません。
漢文を読む=中国語を日本語に訳す と同じことです。
英語←翻訳→日本語と同じで、全ての単語を訳することは無いですよね。
大切なのは、この文が何を伝えたいのか であって、
文字が何の意味か ではありません。
そのため、翻訳を省略してもよいのです。

無理に読むこともできます。
しかし、それは、あまり意味の無いことです。

書き下し文
婦人有り。墓に於(お)いて哭する者なり。而(しかも)哀しげなり。

現代語訳
婦人が墓の側で泣いていて、哀しげであった。

Q漢文を日本語文に。日本語文を漢文に。

素人の私が、漢文(白文)を読んでも全然訳せないのですが、
漢文を日本語に直す法則(方法)みたいなものはあるんですか?
また、日本語を漢文に直すことは出来るのですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
白文ですか。白文だと文の切れ目を探すのが先ず難題ですね。私なら、
1.助詞(焉、乎、而など)で切ってみる
2.文字数(5,7とか)で切ってみる
とかから始めます。一応切れたら、
3.#1の方の仰るとおり、漢文は日本語と語順が反対なので、文の後ろから読んでみる(乱暴ですが)
4.意味を考えつつ何回も読んでみる、不明箇所は辞書を引く
ぐらいですか。でも劇とか小説で俗語が入ってるのは専門の辞書がないとしんどいと思います。
日本語→漢文は、可能だろうけど、出来る人は相当限られるんじゃないでしょうか。漢文は「古文」でもありますから、書くとなるといっそう難しいような・・・

Q如←書き下し文の時ひらがなに直しますか?

如←書き下し文の時ひらがなに直しますか?

Aベストアンサー

漢文の助動詞「如」のいことですね。

以前は(何年前からかは知りませんが)助動詞であっても「如」を書き下し文にするには漢字でした。
(ひらがなも可?)

最近は、助動詞・助詞にあたる漢字は、ひらがな書きするようになっています。(と聞いています)
ですから、助動詞として使われている「如」はひらがなに直します。

「如」が名詞や動詞・副詞・感動詞などに使われている場合は、勿論漢字そのままです。

Q漢文を勉強のため和訳してるのですが緑のマーカーの部分の現代語訳と書き下し文がわかりません。教えていた

漢文を勉強のため和訳してるのですが緑のマーカーの部分の現代語訳と書き下し文がわかりません。教えていただけるとありがたいです!

Aベストアンサー

文字が分かりません。
次のように、書き出してください。回答できることもあろうかと思います。
「二年三月,次粛州。五月,錦棠北○天山,會金○軍先攻烏鷺木○,克之。白○虎遁走杔克○。九月,克瑪納斯南域,北路平,乃規難路……」
また、右側の「書名」も。

Qどなたか、漢文の『捜神記』千日酒の書き下し文と口語訳を教えてください。お願いします。

どなたか、漢文の『捜神記』千日酒の書き下し文と口語訳を教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

狄希、中山の人也、能く千日酒を造る。之を飲まば、千日酔ふ。
時に州人有り、姓は劉、名は玄石、飲酒を好み、往きて之を求む。
希曰く「我の酒し髪し来るも未だ定らず、敢へて君に飲まさざらんや。」
石曰く「未だ熟さずと雖も、且つ一杯を与えん、得るや否や」
希此の語を聞きて、之を飲ましむを免れず。
復た索(もと)めて、曰く「美なるかな。更に之を与える可し。」
希曰く「且に帰らん。別日に当に来たるべし。只だ此一杯にて、千日眠るべきなり。」
石別れて、怍色に似たる有り。家に至り、酔死す。家人之を疑はず、哭きて之を葬す。
三年経ち、希曰く「玄石必ず応に酒醒むるべし、宜しく往きて之を問ふべし。」
既に石家に往く、語りて曰はく「石家に在るや否や。」
家人皆之を怪しみて曰はく「玄石亡来し、以って闋に服す。」
希惊(おどろ)き曰く「酒の美なるは、而して酔眠千日を致す、今醒むるに合するなり。」
乃ち其の家人に命じて冢を鑿たしめ、棺を破りて之を看さしむ。冢上に汗气天に徹る。
遂に命じて冢を發(あば)かしめるに、方に目を見開きて、口を張り、声を引きて言ひて曰く「快く我酔ひたるなり。」
因りて希に問ひて曰く「爾何の物を作るなりや。我をして一杯にて大酔せしめ、今日方(はじ)めて醒むるなり、日高く幾許ぞ。」
墓上の人皆な之を笑ふ。石の酒気を被りて、鼻に入り沖すに中たり、亦た各三月酔ひ卧す。

狄希は中山の人で、千日酒を作ることができた。これを飲むと千日の間酔う。
その頃州の人で姓を劉、名を玄石という者がいた。飲酒を好み、往って千日酒を求めた。
狄希は言った「私の酒が完全に発酵するのがいつかまだ決まっていないので、あえて君に飲まそうとは思わない」
劉玄石は言った「たとえ未熟であってもなんとか一杯だけ与えてくれないか、与えてくれるかそれともくれないか」
狄希はこの言葉を聞いて、飲まさざるを得なかった。
再度求めて言った「これはうまい。もっとくれ。」
狄希は言った「たったの一杯で千日も眠れるのだから、もう帰るべきだ、別の日に来なさい。」
劉玄石は別れの挨拶をしたが恥ずかしそうな顔色だった。家に帰って酔って死んだ(ように見えた)。家人はこれを疑わず、哭いて彼を葬った。
三年が経ち狄希は言った。「玄石はきっと酒が醒めるだろう、彼の家に行って様子を聞くのがよかろう」
こうして狄希は劉玄石の家に赴いた。話しかけ「玄石は家にいますかいませんか」
家人は皆狄希の言葉を怪しく思って答えた。「玄石は既に亡くなり、喪に服しています。」
狄希はおどろいて答えた「上等の酒は酔うと千日の眠りをもたらします。ちょうど今、醒める頃にあたっているのです」
こうしてその家人に命じて墓をあばかせ、棺を破ってを玄石を見させることにした。塚の上に蒸気が天まで立ち上っていた。
そこで家人に命じて墓を開けさせると、ちょうど目を見開き口を広げ、大きな声をあげて、こう言った。「実に気持ちよく酔っていたものだなあ」
そうして狄希に質問した。「お前はなんという物を作ったのだ。私をただの一杯で大変に酔わせて、今日、はじめて醒めたのだ、日が高いがどれほど経ったのか」
墓の上の人は皆、これを聞いて笑った。玄石の酒気を吸って、鼻に入り体内に吸いこんでしまい、また各人が三ヶ月の間酔って寝てしまった。

狄希、中山の人也、能く千日酒を造る。之を飲まば、千日酔ふ。
時に州人有り、姓は劉、名は玄石、飲酒を好み、往きて之を求む。
希曰く「我の酒し髪し来るも未だ定らず、敢へて君に飲まさざらんや。」
石曰く「未だ熟さずと雖も、且つ一杯を与えん、得るや否や」
希此の語を聞きて、之を飲ましむを免れず。
復た索(もと)めて、曰く「美なるかな。更に之を与える可し。」
希曰く「且に帰らん。別日に当に来たるべし。只だ此一杯にて、千日眠るべきなり。」
石別れて、怍色に似たる有り。家に至り、酔死す。家人之を...続きを読む

Q楚辞の九章「橘頌」の原文探してます。

 原文が掲載されているサイトを探しています。
知っていました教えてください。

Aベストアンサー

中国のサイトのようなので、日本の漢文表記と文字が違ったりする場合もあるかもしれませんが。

http://chinese.dsturgeon.net/text.pl?node=51881&if=gb


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング