「破壊は創造の始まり」と言う言葉は文化大革命や全共闘時には何度も聞いた台詞ですが、
一番最初の出所をご存じの方がいらっしゃれば教えて欲しいのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  インドのヒンドゥー思想では、確かに、創造神、維持神、破壊神という三柱の神が立てられていますが、普通「輪廻の思想」というのは、こういう三柱の神とは、また別の思想です。「輪廻の思想」はウパニシャッド哲学で出てきたもので、三柱の神とは、また別の話です。
 
  それはとまれ、「破壊は創造の始まり」の最初の出所は、人類誕生の薄明の彼方にあるでしょう。何故なら、これが、「文化」の発展の基本的なパターンだからです。正確には、単に破壊するだけでは何も始まらないのであり、この言葉には、西洋思想的な言葉ですが、「弁証法的展開」というものが前提にされています。
 
  古いものを壊すとき、すべてを壊す訳ではないのです。文化における或る状態に対し、これと矛盾する状態、矛盾する事象、対立したり、不合理な事態・状況が生じる時、これは弁証法の言葉で、テーゼとアンティテーゼということになります。この矛盾状態、葛藤状態を解決し、文化を更新するには、単純に否定するのではなく、両者を受けれつつ否定して、揚棄する、つまり、総合状態=ジンテーゼの確立が必要なのです。
 
  「破壊は創造の始まり」とは、このような意味だと受け止めねばなりません。それは、インドの破壊の神と創造の神の同時成立の思想のなかに含意されているというなら、それは、インドのこの思想が、人類の文化の発達の基本パターンのヴァリエーションを踏まえているということなのです。
 
  貴方が、仮に、パソコンのなかのデータや、OSや、パソコン本体も破壊したとしても、それで、何も創造は始まらないでしょう? WINDOWSは、あまりに不具合が多く、巨大なだけで、いい加減なOSなので、これを棄て、(ただし、機械語や、汎用レジスターなどは棄てないで)、新しい画期的なOSを創造しようという時、WINDOWSのOSを破壊することが、まず新しいOSの創造の出発だとなるのです。WINDOWSの発想の上だと、幾ら考えても、新しいOSは見つからない時、このOSは「棄てる=破壊する」のだ、そして新しいOSを創造しようという風な過程なのです。
 
  これは、人類の文化の発達や展開の基本的なパターンであり、原理であり、根本構造ですから、こういう考え方をどう言語表現したかは別に、考えとしては、人類の誕生と同じぐらい古いのですし、言葉で形にしたとしても、その濫觴・起源は、既知の文明のどれよりも古いことでしょう。
 
    • good
    • 1

インドのヒンズー教のもとになった、バラモン教の 創造→存続→破壊の過程が永遠に繰り返される「輪廻」の思想から、この言葉が出来たものと思われます。



参考URL:http://homepage1.nifty.com/red_cat/Sun_1.htm
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q聖書の神(創造者)と全宇宙の創造

私は宗教家ではありませんが、聖書は何回も読んだことがあります。その関係の講演会にも何度も行ったことがあります。

ところで、聖書の神(創造者)が広大な全宇宙を創造したという考えがキリスト教の基本になっています。しかしながら、創世記の最初には「神は初めに天と地をお造りになった」と書いてあるのみで、聖書の神が全宇宙を創造したということは明確に述べられていません。そもそもGensis(創世記)とは地球の創造に関する用語でそこには全宇宙の創造は含意されているとは思えません。実際、創世記の最初に具体的に書かれているのは、地球の創造に関してです。また、宇宙空間の存在する知らない人類に仮に神が説明するとしても天地の「天」に全宇宙を含めること自体無意味に思われます。

確かに、イザヤ書40章等には神の地球以外の創造に関する言及もありますが、地球から観察し得る宇宙は地球を中心にせいぜい数千光年ですから、これも神による全宇宙の創造を明確に示すとは言えません。したがって、ある人々が天地の「天」に全宇宙を含めることは拡大解釈にすぎません。

宇宙の創成から130~140億年が経過しており、宇宙の広大な広がり(300垓?以上の恒星を含む)からすれば、地球以外に知的生命体の存在する惑星が存在しないと解するのは極めて不合理なのに、聖書の教えが記述する地球上に宇宙で初めて反逆があったこと、キリストの天使の時の役割及び聖書上の神のタイムスケジュール等からすると、仮に聖書の教えと天文学上の発見を整合的に理解すると、地球上にしか知的生命体が存在しないという結論に到達します。

このような矛盾を解消する理解の方法はありますか?

私は宗教家ではありませんが、聖書は何回も読んだことがあります。その関係の講演会にも何度も行ったことがあります。

ところで、聖書の神(創造者)が広大な全宇宙を創造したという考えがキリスト教の基本になっています。しかしながら、創世記の最初には「神は初めに天と地をお造りになった」と書いてあるのみで、聖書の神が全宇宙を創造したということは明確に述べられていません。そもそもGensis(創世記)とは地球の創造に関する用語でそこには全宇宙の創造は含意されているとは思えません。実際、創世記の...続きを読む

Aベストアンサー

天と地、とは、「この世の全て」の意味で使われ、それ以外の意味で使われることはまずないので、
天を現代物理の用語に置きかえると「全宇宙。ただし地球を除く」以外には考えられないのだけど....
※天国と地獄は「あの世」なので、天の中に含まれるかには言及なしとみなします。

>このような矛盾を解消する理解の方法はありますか?

その1 世界5分前仮説を使う。5分前でなく、約6000年前と考える。
   ※要するに、遠くは、そう見えるように作られているだけ。映画のセットと同じと考えればよい。

その2 天地創造=ビッグバン と割り当てる。 「この世の全ての創造」には矛盾が生じない。
   ※まあ、ビッグバン後100億年くらい経過してから地球できたわけだが.....
   ※※なお、質問文以外の箇所の矛盾点はほっかむりを決め込みます。

その3(きわめてあたりまえな理解)
  聖書が書かれた時代は、現代で言う全宇宙の大きさが思い切り過小評価されていた(月の軌道より手前、程度)
 ため、当然、天=地球以外の宇宙全て。
 その後、宇宙の広さがだんだん広くなったが、当初定義は生きているため、やはり、天=地球以外の宇宙全て。

その4 観察可能な宇宙というのを、現代物理学の「観測可能な宇宙」と同じ意味として使う。
 wikipadiaによれば、観測可能な宇宙の大きさは460億光年。我々一般人にとって、全宇宙と定義は一致する。

>実際、創世記の最初に具体的に書かれているのは、地球の創造に関してです。
ダウト。
創世記では、4日めに、太陽をはじめとする恒星を作っています。
まあ、天地創造=ビッグバン と割り当てたら、作る順番が矛盾するけど。

>イザヤ書40章等には神の地球以外の創造に関する言及もあります
???。創世記の最初(4日目)に、恒星を作ったと明確に書いてあるのに、わざわざイザヤ書を引っ張り出す理由が不明。

>地球から観察し得る宇宙は地球を中心にせいぜい数千光年
観察?観測じゃないのか。まあ、肉眼でという意味に取ります。最遠点はアンドロメダ星雲なので、約240万光年。ゼロ3つの過小評価です。
ゆえに、創世記の記述を文法どおり理解するなら、
天とは、少なくとも、銀河系の所属する局部銀河群である、と考えないとつじつまが合いません。
これって、1920年頃なら、全宇宙を意味していました。

>地球以外に知的生命体の存在する惑星が存在しないと解するのは極めて不合理
私も、地球外生命体の存在は楽観派に属する(銀河系内で数10万存在、の意味です。)のですが、
まだ、地球外生命体の存在の証拠は全く挙がっていません。地球外生命体が存在しない証拠を挙げることは不可能。
こういう場合、不合理だからという理由のみで自分と意見が違うことを退けるのは反則です。
科学とはそういうものなので、これは仕方ないことです。

天と地、とは、「この世の全て」の意味で使われ、それ以外の意味で使われることはまずないので、
天を現代物理の用語に置きかえると「全宇宙。ただし地球を除く」以外には考えられないのだけど....
※天国と地獄は「あの世」なので、天の中に含まれるかには言及なしとみなします。

>このような矛盾を解消する理解の方法はありますか?

その1 世界5分前仮説を使う。5分前でなく、約6000年前と考える。
   ※要するに、遠くは、そう見えるように作られているだけ。映画のセットと同じと考えればよい。

その2 ...続きを読む

Q人間って未来の存在の始まりですか?それとも滅亡の始まりでしょうか?

人間って可能性の塊でしょうか?

それにしても滅亡の可能性もある訳ですよね

40億年も生命がつないできたタスキを未来に大成させるのか?

それとも未来は人間の文化も文明も終わって焼け野原になるのか?

考えてもそのどちらなのか分からないです。

良い可能性もあるはずですが、何かおかしな方向に行ってる様な気もします。

皆さんはどちらだと思いますか? 人間から芽は出るでしょうか?

それとも枯れ果てる運命でしょうか?

Aベストアンサー

人類に限って言えば、未来は意志の結果である。
「どうなるの?」ではなく、「どうしたい」を
語るべきである。

Q嬉しい時や、楽しい時や、褒められた時こそ、苦難の始まりだ、叱られる事の始まりだ、と考えた方が良いです

嬉しい時や、楽しい時や、褒められた時こそ、苦難の始まりだ、叱られる事の始まりだ、と考えた方が良いですか?
またいつか嫌な事や理不尽があると分かっているなら、それらに遭う前に、前もってチャッチャと、自分の頭の中で、嫌な事や理不尽な事象を勝手に作っておけば、いざと言う時に楽で良いですか?

Aベストアンサー

保険と同じですね。
適切にかけておけば安心できる。
かけすぎれば、猛烈な保険料を支払うことになり、
今はよくてもいずれ首が回らなくなる。

そうやって、これから苦難が始まると信じると、
今はよくても、いずれじわじわと、真綿で首を絞められるように、ね。
「世界は時間をかけて、少しずつ自分の望むとおりになる」と言われてます。
知ってましたか?

まあ、わたしの経験談です。

Qある格言の出所

  「上、下を見るに3年を要するも、下、3日にして上を見る」

少し違っているかもしれませんが、そういう格言があると思います。

これはどなたの格言であったか、ご存知の方がいらしたら

ご教示願います。

Aベストアンサー

作者不明のようです。
http://www.yamanaka.ics.keio.ac.jp/?page_id=539

Q進化論と創造論

こんにちは。
私はクリスチャンです。

日本には進化論を否定する創造論者は居るのでしょうか?
私は現在の人間が今に至るまでのプロセスが進化論が伝える様なものであったのか、創造論者が伝える様な6日間で世界は造られ~という過程であったのかに対して明確な考えを持っていません。

しかし、私にとってそれらはあまり重要な事ではなく、進化という過程を経たにしろ土からいきなり人間として造られたにしろとにかく神が人を造ったという所に意味を感じています。
そんな私から見て、ムキになって創造論者と進化論者が争っている姿がよく理解できないのです。
私は聖書は真実/真理の書である事は疑いの余地無く信じています。でもそれが形而下的意味での事実の書であるか否かは解りません。私にとって形而下的事実と真実/真理は必ずしも同じではないからです。

神が人間を造った。これは事実です。この事実さえ解っていればその過程が1日もかからずに造られたのか進化論が伝える様な過程を経て造られたのか、はたまた全く別の過程であったのかはあまり重要ではないというのが私の考えです。
聖書に書かれている様に、愚か者は何をしても神を侮りますし、進化論者相手に創造論を証明できる方法がある様にも思えません。
つまり進化論者に創造論を主張する事自体が私から見てとてもナンセンスです。

そんな私から見て創造論者の方に一つの疑問があります。
「創造論が破れ、進化論が決定的な証拠を得たとしたら、あなたの信仰は揺らぐのか?」と。
もし創造論者の方がいらっしゃいましたら、私の考えに対するご意見と、上記の私の疑問にお答え頂けると幸いです。
よろしくお願い致します。

こんにちは。
私はクリスチャンです。

日本には進化論を否定する創造論者は居るのでしょうか?
私は現在の人間が今に至るまでのプロセスが進化論が伝える様なものであったのか、創造論者が伝える様な6日間で世界は造られ~という過程であったのかに対して明確な考えを持っていません。

しかし、私にとってそれらはあまり重要な事ではなく、進化という過程を経たにしろ土からいきなり人間として造られたにしろとにかく神が人を造ったという所に意味を感じています。
そんな私から見て、ムキになって創造論者と進...続きを読む

Aベストアンサー

進化論が科学的に確実なものになろうがなるまいが、信仰が揺らぐことは無いと思います

そんなことを気にしていては聖書は読めません

そもそも科学的に否定されたもの、簡単に切り捨てられるくらいなら、宗教の役目はありません

どんなに科学的な裏付けがあろうとも、人は自分が信じたい方を信じるようになっています

ですから、宗教と科学は共に、そして交わることなく発達してきたのです

ちなみに創造論の博物館というのは、神が一週間で天地とすべての生物を作った、ということになぞらえた博物館で、恐竜と人間が共存していた様子などか、展示されています


人気Q&Aランキング

おすすめ情報