『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

自分に自信をつけるためにプロラインセンスの取得を目指している、または取った方々に教えていただきたいのですが、
週に何日ジムに通ってますか?
取得された方は、どれくらいの期間を要しましたか?
当方現在、28歳。年齢制限の30歳まであと1年7ヶ月あります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私と似たような感じですね。

私も自分に自信をつけたくてボクシングを始めたので、そういうことであれば私の経験からアドバイスが出来ます。

私は20代からボクシングを始めてライセンスを取得するまで、丁度一年でした。(正確な年齢を言わずすみません)当時ライセンスを取るまでは、台風が来ない限り日曜、祝日以外は毎日通っていましたが、ボクシングが好きだったこともあり初めたことでしたので、毎日が楽しくて仕方がないといった感じでした。(あくまで当時はです)

ジムの先輩ボクサーの平均年齢は、当時も今も平均28~30歳位でしょうか?今までジムで練習してきたけど、30歳になる前にせっかくだからライセンスを取ろうという方も、何人も見てきました。そうしてライセンスを取得した方々は、せっかくだからと全員試合までこなしていましたが。

ボクサーにとっては高齢といえる人達で、プロボクサーを目指し、ライセンスを取得出来なかった方々を、私のいたジムに限らせていただければ見たことはありません。スポーツ経験もなく26歳でボクシングを初めて半年で取得した方。27歳からで約一年で取得した方。29歳でせっかくだからとプロテストを受けてライセンスを取得した方々なら何人も見てきました。

また、テストですから当然テストに落ちた方々も見てきました。その中の一人に、明らかにボクシングに向いておらず、才能はないのではないかな?という方がいましたが、二度試験に落ちたにも関わらず、諦めず練習を続け、三度目にして取得した方もいました。

ですので、もし今から本気でライセンスを取得する気であるならば、28歳という年齢は決して不可能ではないと私は思います。それに、私のいたジムで高校生以外でライセンスを取得した方々は、全員仕事帰りや仕事に行く前にジムで練習しています。仕事が忙しいからとジムを止めていく方もいますが、本気で取得する気であれば仕事は障害にはならないでしょう。

ですが、28歳であればジム選びは絶対重要だと私は思います。ジムによって当たり外れはあります。私はそういうことは何も知らず、家から一番近いジムを選びましたが、スパーリングにやってくる他のジムの人の話を聞くたびに、ジム選びは重要なんだなと認識させられました。ですので、必ずジムの会長に事情を話し、自分がこのジムなら大丈夫だと確信したジムに入門することを勧めます。(上記に記した26歳の方も他のジムから来た方です)

ライセンスを取得するに限れば、ボクシングの才能があまりない方でも、試合と違って可能だと思います。
ペーパーテスト対策も必要ないんじゃないのでしょうか?私のいたジムでは何故かテストを受ける練習生には答え入りの答案用紙を配ってくれました。私は今でも私が合格できたのは、解答用紙の最後にあった尊敬するボクサーという質問で、ファイティング原田と記入したおかげだと睨んでいます。(答案用紙を見た試験管が、君やるね!と肩を叩いてくれましたから)追記すれば、試験管と採点者は同じ人で、かつリングに設置された長机で強制的に受けさせられ、試験5分後に全員の合否が決定されました。地方だからでしょうか?

ジムに入門する際は、私は内向的な人間ですのでジムの扉を開けることすらかなりの勇気を必要としたのですが、入ってしまえば後は楽しい思い出ばかりでした。(当時はです)ジムの先輩ボクサーも、入ってきたばかりの人には見向きもしない方はいましたが、そんな方でも本気で練習している人には、親身になってくれました。

年齢がかなり近いことや、境遇が私と似ていたので長く綴ってしまいましたが、参考にはなったでしょうか?私は必ずしも、ボクシングを始めた方が良いとは思いません。本当に洒落じゃすまないくらい怪我はしますし、自信をつけるだけならば、他にも探せば沢山あると思います。苦労してライセンスを取得して、社会的に得られるメリットはあまりないと思います。ですが、ボクサー同士の繋がりを持ったり、会場やテレビで一緒に練習してきたボクサーが出場するのを見るのは、なかなか感慨深いものがあります。それに、例えば一度でもリングの上で試合をしてみるというのは、自分にとって良い経験になるのではないでしょうか。もし、私の経験が貴方の力になったのであれば幸いです。

最後に、私がボクシングで得た豆知識的な事を記します。病院代やボクシング用品を考慮しても、年間約20万円以上はかかったでしょうか。入会金と月謝、それに最初に買うボクシング用品だけでも結構かかりますよ。月謝だけでも年間10万円以上かかります。診察券は、軽く10枚を超えました。お世話になった病院は、耳鼻科、眼科、皮膚科、外科、整形外科、歯科、救急病院、タウンページは必需品です!差し歯にかかった金額は一本7万5千円。2本で15万円です!プロテストの為に必要なCTスキャンは高額なので、必ず病院に電話して値段を聞きましょう。試合前にスパーリングで肋骨を折られたときは泣けました……。それでは、貴方の健闘を祈ります!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんなに詳しく書いていただき、大感謝です!!
ありがとうございます。
僕と同じような方、先輩がいてくれて心強いです。
参考にさせていただきます。

経費や怪我のことは盲点でした。みんな差し歯になるのでしょうか?
仕事に支障が出るレベルの怪我はまずいですね。
色々な病院にかかっているんですね~……(怖気づいたかなぁ?)

やはり、ジム選びは重要のようですね。
一番避けたいのが、ほっとかれるジム。ネットで調べるだけじゃなく、体験練習などにも参加したほうがより失敗がないですね。

体のこと、気遣ってくれてありがとうございます。
僕も内向的なんです。
そんな自分を変えたいと過酷なボクシングを選びました。
6年ほど前、空手をやっていましたが、青帯で挫折。
当時同じ道場生だった黄帯の女の子は、今や百戦錬磨、テレビや雑誌で取り上げられるようなスーパースターに変身していました。
その間僕は何をやっていたのかと…………。

まずは、ジム選びから慎重に進めていきたいと思います。
本当にありがとうざいました。

お礼日時:2005/10/28 04:35

♯4です 



私は内向的な人間ですが、当時は内向的というよりはヘタレという表現が相応しかったです。昔から人前では一人称は僕ですし、ジムに入門しようとしてジムの目の前を4度スルーした人間です。結局ジムに通うようになったのは、一月ほど家で悩みぬいたすえでした。

そんな私ですが、気が付けば診察券が二桁の大台に乗り、試合までこなせる人間に成長(一応ですが)出来たわけですから、空手経験者である貴方に出来ないとは思えません。

それと、今気づいたのですが、他の方の意見を見てみると、皆さんずいぶんと長いこと練習してライセンスを取得しているのですね。私のいたジムでは早い人は三ヶ月、(その人は空手チャンピオンでしたが)一番多かったのは半年で、一年かかった私はむしろ遅かったぐらいでしたが?やはり、地方ジムというせいもあるのでしょうか?

確かに私が受けた時は自分でも技術的に未熟だとひしひしと感じていましたが、受かることは決して無理ではないと思っていました。ファイティング原田も最初から意図的に狙ったものですし、実施試験中もジャブが当たらないのなら当てる振りだけでもしてやる!と、技術的には問題ないですよ~、と上手な振りを常に心がけました。今にして思えば、私は姑息な人間でしたm(__)m

また、何年もかけてライセンスを取得した方々は、高校生の内に取りたいから、という方々や、今までプロには興味が無かったけど、30歳になる前にせっかくだから取っておくか、といった方達でした。そういう29歳漢達は、経験のなせる業なのか肝が据わっているせいなのか、皆修羅のごとき強さでした。受験者も試合の相手の方も気の毒でしたよ………。

他にも、心配されているように、ボクシングを続ける限り怪我は絶対します!それはもう病院が友達(^^♪、と素で言える様になるほどです。市内中の病院や医院は調べつくす事になるでしょう。ジム内で、安くて親切な病院ネットワークが構築されるほどです。顔を殴られるということは、つまりはそういうことなのです。

私の経験から基づけば、貴方がライセンスを取得することは、もしかしたら運も絡むかも知れませんが、十分可能であると判断します。当時の私の対戦相手は元ライセンス取得者ですし、アマチュア試合多数経験有りという、恐ろしい方でしたが、それでも受かることは可能でした。さらに、地方故の狭き地方ネットワークのせいでしょうか?試験二週間前には自分の対戦相手が判ってしまったのですよ?当時(今もですが)かなりヘタレの私はそのことで悩んで悩み続けました。それが上記に記したファイティング原田に繋がったのです。

私はライセンスを取得しなくても、自信をつけることは可能だと思います。♯1さんがそうでもあるように、30歳40歳で入門してくる方もゴロゴロいます。過酷な練習に耐える実績だけでも、自信には繋がるのではないでしょうか?私も始めてのスパーリング相手が50代のおじさんで、けちょんけちょんにされたあげく、誇りも尊厳もズタズタにされましたから。そのぐらい肉体的にも精神的にも過酷でした。私が練習に耐えられたのは、ボクシングが好きという理由だけでなく、いつかあのおじさんにリベンジしてやると誓ったからでもあります(^^♪

また、♯1さんがおっしゃる様に、皆さん仲間意識はかなり強いですよ。試合内容以外であれば、はじめの一歩の世界もまんざら嘘ではありません。それが、結構楽しかったりもしました。

少し、不安を取り除く事を言わせてもらうと、ジム内でひそかに囁かれる、受験した中で必ず誰かを落とす、などや、何度も失敗する人は受からない、などといった噂は全て嘘でした。地方と都会で違ったら分かりませんが、私のいたジムではそういったことはありませんでした。私が受験した時は全員その場で合格を口頭で言い渡されましたし、先日書いた二度落ちた方も合格しましたので。またいじめ関係では、妬みや嫉妬も存在し、それがとても嫌でしたが、真剣にボクシングを取り組んでいる人に、嫌がらせをするような器の小さい方は誰もいませんでした。皆さん漢ですよね。

また長々と書き綴ってしまいましたが、もしかしたら私は貴方に自分を重ねてしまっているのかも知れません。もし、不快に感じてしまったのなら申し訳ありません。

それと、もし差し障りなければ昔からの謎であった、空手経験者は何故か次にボクシングジムに来る、という長年の疑問に答えて答えてはもらえないでしょうか?私が練習していた時ずっとそれが不思議でなりませんでした。ジムの中にはいつも空手経験者が溢れており、実際ライセンスを取った方の中にも空手経験者は何人もいるのです。何か空手とボクシングで通じるものはあるのでしょうか?それとも、空手を経験するとボクシングも経験してみたくなるという心理的な変化があるのでしょうか?答えられるようでありましたらお願いします。

他に補足すれば、自信は確かにつくかも知れませんね。それは、目指していたことを成し遂げられたという自信です。これはボクシングに限った事ではないかも知れませんが、内向的な私にとっては小さな自信に繋がりました(内向的な性格は変わりませんでしたから)ライセンス取得であれば他の方にとっては大したことではないかも知れませんが、ジムの前を4度スルーするような私にとって、当時は大変な出来事でした。

後、前に他のジムの会長と話をした時に、「当時は大変だと思っても、振り返ってみるといつも大したことではなかったな」とおっしゃっていましたが、私もその通りだったと思います。今にして思えば、ライセンス取得はそれほどでもなかったかもしれないと(当時は死ぬ思いでしたよ?)だから、必ず取る!という気があるのなら私は取れると思います。ライセンス取得はボクサーなら誰しも通る道なのかも知れませんが、自分の辿って来た学校の受験と同じだと思っても良いと思います。

そろそろ長くて目が痛いかも知れませんが、もう少し書かせてもらいます。私はライセンスを取るために色々な努力をしました。それは、上記に書いた少し姑息な手段m(__)mでもありますが、それはあえてテクニックであると思ってくださいm(__)m それをふまえて、こういうやり方もあるのだと知っておくものいいと私は思うのです。

まず、先日にも書いた祝日以外は台風でも通ったというのは、会長に目をつけられるためでもあったのです!例え台風の日であっても、通える日は通って会長と二人っきりのトレーニングを試みました。入門する際はプロを目指して練習したいときちんと会長には話しておくのは当然ですし、たまにプロテストはどういう内容なのですか?と会話を振るのは重要なポイントでした。テストが近いと判った時は、何気なく会長の近くで練習したぐらいですし、毎回ジムを閉める時間帯まで粘って掃除まできちんと行なったことは、会長ポイントが高いイベントであったと私は思います。他にも色々な手は使いましたよ?だから、「お前丁度いいから次のテスト受けろ」と言われた時は、勝ったよ僕!と心の中で叫びました。ですので、そんな姑息な手は使わない!という漢気のある方でない限りは、会長の高感度を稼ぐことは重要なことであると私は思うのです。(空手経験者なら分かると思いますが、実際にいたのですよそういう本物のますらおは)

それでは、これで私のアドバイスは終了させていただきますが、もしまだ何か知りたいことがあるのならお答えします。

最初は色々悩むと思いますが、入ってしまえば慣れないことだらけでそれ所ではなくなります。私は貴方より年下のヘタレですが、そんな人間でも出来たのですから成せば成る!という気構えで挑んでください。ライセンス取得は貴方が思っているほど深刻ではないと思いますよ?くれぐれもジム選びと会長に見せる熱意には注意し頑張ってください。私は貴方を応援します!

この回答への補足

回答してくださった皆さん、ありがとうございました。
気楽に出した質問だったのですが、思いもかけず自分自身と向き合う時間ともなりました。
おかげで、ささくれだっていた心がすこしほぐれた感じです。

ボクシングを始めることは、自分の無価値観、だらしない過去を埋めることとイコールだったのですが(笑)
まずは「楽しむ」ことが大切なんだと、今、思います。
応援してくださる方々の気持ちが嬉しかったです。

回答はこの辺で打ち切ります。
またどこかで皆さんとお会いできるのを楽しみにしています!
ありがとうございました。

補足日時:2005/10/29 15:15
    • good
    • 3
この回答へのお礼

再度の回答、ありがとうございますm(_ _)m
”会長にアピール”というのはおもしろいですね。具体的に書いていただき感謝です。そのまま真似しようかな(笑)時間が限られている自分にとっては大変有効な手段だと思いました。

>空手経験者は何故か次にボクシングジムに来る
あくまで憶測ですが、2つ思いつきます。

(1)急所が集まっている頭部攻撃への耐性は、残念ながらムエタイ、キックなどの他の立ち技競技のなかでも致命的に脆いです。その弱点を補うため。

(2)空手の技術(蹴り・膝・肘)を活かすために、より弱点の少ないトータルファイターとして進化したいから

(2)にかんしては、空手家の意地みたいのもあるかもしれませんね。
k-1のせいで、「空手は弱い」みたいなことを言う人がいるみたいです。以前、夜中のテレビ放送で、極真空手の人たちが総合の試合をやっていました。その中で、前後の文脈はわからないのですが、現館長が「極真なめんなよ~」と言っていたのが印象的でした。

応援してくださってありがとうございます。
自分なんかに姿を重ねてくださって光栄です。
詳細な体験談を拝見し、前より不安が薄れ、プランがよりはっきりしてきました。あとは行動するのみ!
またいずれボクシングに関する質問をたてるかもしれませんが、アドバイスいただけたら嬉しいです。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/10/29 14:42

あまりプロライセンスだけにこだわって考えない方が良いかと思います。


まずは、自分にとって場所的にも雰囲気的にも通いやすいジムを見つけてください。毎日(週5~6日)通えることが基本です。仕事などの都合で通えない日があるとしても週に4日は通わないと難しいです。特に、体力で技術をカバーするということでなければ、数をこなして技術を身につける必要がありますので、週3日1年7ヶ月では無理だと思ってください。
まずは始めてみて、ひとつひとつ目標を持ってクリアしてくことが基本ですので、一日も早くジムに通い始めてください。その積み重ねが、プロテストかもしれないですし、それ以上かもしれません。夢は大きく、目標は小さく。
28歳からのチャレンジ、是非がんばってください。応援しています。
P.S.甘い意識は捨ててくださいね、少なくともプロなんですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます (^O^)
最低ラインが週4日なんですね。
となると、やはりジム選びは重要ですね。
めぼしをつけているジムはあるのですが、遠い、かな?
こればかりは失敗したくないです。

>夢は大きく、目標は小さく

自分にはありがたい言葉です。
完ぺき主義な傾向なので、目標を大きく掲げ、それが100%できないと腐っていってしまうんです。(空手の時がそうでした)
なので、まずは「ボクシングを楽しむ」ことが自分には必要なんじゃないかなと思えてきました。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/10/28 03:38

No1です。



 その人は営業だったので仕事抜け出しては
 ジムに来てまたスーツに着替えて会社に戻
 っていました。

 まんがはじめの一歩ごらんになりました?
 あんな感じのジムだと仲間意識も強くなんか
 楽しそうですよね(⌒-⌒)ニコニコ...

 いいジムがみつかるといいですね♪
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。

仕事中にジム通い、羨ましいなぁ(笑)
早い時間帯だと、トレーナーがつきっきりで教えてくれそう。
混雑する時間帯に行って、始めから終わりまでほっとかれたら嫌だし。
う~ん……。

はじめの一歩は読んでます。
確かにあんな雰囲気のジムが理想ですね☆

お礼日時:2005/10/26 14:52

俺は30歳でボクシングはじめましたがジムで


知り合った人はサラリーマンで週4,5回1日
1時間~1時間半くらいの練習で2年弱といって
いました。

ボクシングの向き不向きもあると思いますが
1年7ヶ月あれば週3,4回の練習で取れる
とは思います。(たぶんですが)

失礼ながら取れないにしてもなにか目標がある
っていいもんですよ(^o^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
週4・5回で、2年弱ですかぁ。
仕事終わりに通ってるんですよね。頭が下がりますm(_ _)m

>取れないにしてもなにか目標があるっていいもんですよ

はい、たしかに!
ただ、現時点で、プロラインセンスが欲しいという気持ちがやっぱりあるので、そこは自分自身ごまかさずにいきたいと考えています。
と言っても、まだジム選びの段階です(笑)

お礼日時:2005/10/22 15:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプロボクサーを目指すなら、何歳までにボクシングを始める必要がありますか?

24歳の友人が、ボクシングを始めようかと悩んでいます。
彼は、16歳くらいの頃に著名な選手にスカウトされたことがあるらしく、手とか腕の骨あたりが特にボクサー向きの体型なんだそうです。
ハングリー精神と根性はあります。
でも、年齢が気になります。
20代半ばでボクシングを始めて、プロになった選手はいるのでしょうか。
今始めるのは、無謀ではないのでしょうか。

Aベストアンサー

ま~~~ったく問題ありません。
私もかつてプロボクサーを目指していましたが、ボクシングを始めたのは23歳でした。
結局プロになる前に実家の家業を手伝うことになって夢はかないませんでしたが・・・
私も自分でちょっと遅いとは思いましたけど、輪島さんの例は有名な話ですし、当時でもプロ受験資格は30歳まで認められてましたから、ジムでも特に年齢を指摘されたことはありません。
そういえば先日引退した元世界チャンピオンの川嶋選手も21歳でサラリーマンをやめて大橋ジムに入門しているし、K-1で活躍した後ボクシングに転向してヘビー級英チャンピオンになり世界タイトル挑戦まで行ったマット・スケルトンも20歳を超えて格闘技を始めたそうです。
それにボクシングのプロテストって野球などと比べて合格率が非常に高いので、全然無謀でもなんでもないですよ!
ボクシングは素晴らしいスポーツですので頑張ってほしいと思います。
ayu_gonさんもお友達を応援してあげてください!

Qボクシングを始めて何年でプロデビューできますか?

ボクシングジムに通って最短だと何年ぐらいでプロデビューできるのでしょうか。
同じくプロデビューから「チャンピオンの座をかけた試合」ができるまでは最短で何年ほどかかりますか?
日本チャンピオンの場合と世界チャンピオンの場合と両方教えていただけると嬉しいです。
また、中学生でボクシングジムに通い始めたとしたら、そのプロセスはどのようなものになるのでしょうか
よろしければ天才「肌」と呼ばれるボクサーを教えてください。

質問が多くなってしまい申し訳ありません。
どれか1つでも構いませんので、お教えください。 

Aベストアンサー

デビュ-の前提にプロライセンスを取得せねばならないのですが、プロテスト受験も入門した

ジムの方針で変わってくるので一概にはいえません。それに入門した年齢、アマチュアキャリ

アの有無及びアマでの実績、体力や技術の習得度合などにより大きく異なってきます。中学から

スタ-トしたとしてプロデビュ-は早くて高2になります。

タイトルマッチをできる可能性となるとまず最低でもランカ-にならなければなりませんので

アマで全国大会の上位の成績をもっていても最低でも10戦以上は必要だと思います。期間として

3年から4年でしょうか。全日本新人王になればランカ-になれるのでうまくいけば1年でいけ

ます。最近デビュ-した村田、井上、井岡、過去にさかのぼって辰吉や大橋などは例外中の例外

です。ちなみに自分は入門後(もともとプロ志望ではなかった)、1年半でプロテスト受かりま

した。デビュ-戦はさらに1年後でした。

もしご自分でボクシングをと考えられるのであれば入門するジムはしっかり考えて決めたほうが

いいですよ。自分の場合、地元にプロのジムは一つしかないため選択肢はないですが首都圏では

たくさんのジムがあるのでもしそういったところにお住まいでしたら実際に自分の目でみて自分

に合いそうな雰囲気のところに入門してください。ただこればっかりは入門前にはわかりづらい

ですけど。教えてくれるトレ-ナ-との相性もありますしね。元チャンピオンの畑山氏も確か二つ目

のジムでプロになってるはずですよ。もう一つ加えるなら大きいジムのほうが圧倒的に有利です。

ボクシングは個人競技なので強ければ問題ないと思われがちですが小さいジムの選手で強すぎて

試合がなかなか決まらないとかしょっちゅうですから。それに大きいところのほうが基本をしっかり

教えている印象がありますし練習相手も豊富でスパ-リングにも困りません(小さいジムに比べ)。

最後に天才肌のボクサ-といえば個人的にボクサ-ファイタ-型でパンチ力のある選手だと思う

ので、ちょっと古くなりますが私の年代的には日本人ではデビュ-から世界タイトル奪取のころ

までの辰吉、外国人ならトリニダ-ドですかね。

とにかくやってみないとわからないので1度どこのジムでもいいので見学してみてはいかがでしょうか。

テレビや試合会場とはまた違った空気がありますのでそれを感じるのもいいですよ。

デビュ-の前提にプロライセンスを取得せねばならないのですが、プロテスト受験も入門した

ジムの方針で変わってくるので一概にはいえません。それに入門した年齢、アマチュアキャリ

アの有無及びアマでの実績、体力や技術の習得度合などにより大きく異なってきます。中学から

スタ-トしたとしてプロデビュ-は早くて高2になります。

タイトルマッチをできる可能性となるとまず最低でもランカ-にならなければなりませんので

アマで全国大会の上位の成績をもっていても最低でも10戦以上は必要だと思います...続きを読む

Qスパーリングなしでボクシングは強くなれますか?

26歳の男です。
ボクシングを始めたくなりました。
甘いと思われるでしょうけど脳損傷や顔に傷がついたりボコボコになるのが嫌なのでスパーリングなしで強くなりたいです。
目標としては喧嘩はしませんが素人やヤンキーとどつきあいしても普通に勝てるレベルになりたいです。

いつもボクシングみてて不思議なんですが相手のパンチをヒョイヒョイよけたりするじゃないですか。
あれってどういう訓練で身につくんでしょうか?

スパーリングなしでも強くなれるのか
相手のパンチをよける技術はどうやったら身につくのかボクシング経験者の方ご意見お願いします。

Aベストアンサー

社会人で3年ほどボクシングジムに通いました。
スパーリングなしではよける技術は身につきま
せん。

でもスパーというにはお互いに殴り合いで
マスボクシングっていうのがあるんですよ。

A君が打つときはB君は防御、B君が打つときは
A君は防御と。はじめからスパーはさせてくれま
せん。
このマスボクシングだけでもけっこうよける練習
にはなります。

でもほんとよけるのは難しいですね。俺は3年間
通いましたがとてもプロなみにはよけられません。

それとパンチ力って体重によってほんと違うんで
すよ。同じ体重なら素人よりも経験者の方が明ら
かに上回りますが、相手が大柄だと素人のパンチ
でも重いと思います。

Qボクシングジムを選ぶ基準はなんですか

家から近いことですか、設備ですか、所属選手ですか、雰囲気ですか。
以前、家から近いジムに通っていたのですが「未経験者、プロ志望でない方も歓迎」というHPは嘘だったので辞めました。
ボクシングジムは入会金が18,000円と、バカにならないので合うかどうかを試してみるということもままならず困っています。
大学アマ経験があるのですがもうプロテストを受けられる年齢を過ぎているので、必然的にプロ志望ではないことになります。
今は渋谷のイマオカジムを検討していますが、仕事場とは反対で迷っています。
以前辞めたジムは二人居るトレーナーがある日突然ミットも持ってくれなくなり「プロのジムってトレーナーの気分次第で待遇変わるのか、同じお金払っているのに」と感じ「どこでも同じなのかなあ」と不安に思っています。
教えていただく立場なので「金払ってるんだから!」と言うつもりは毛頭ないのですが、お金をとっておいて何も言わずシカトというのはひどいなあと思います。
特に失礼な行動、言動をした覚えも無く注意もされなかったのですが、決められたメニューの後で自分なりの筋トレなどをやったのが気に障ったのかあと考えています。
やはりプロのジムはそういうところなのでしょうか。

こんな自分にあうようなプロのジムは都内にないですかね。

家から近いことですか、設備ですか、所属選手ですか、雰囲気ですか。
以前、家から近いジムに通っていたのですが「未経験者、プロ志望でない方も歓迎」というHPは嘘だったので辞めました。
ボクシングジムは入会金が18,000円と、バカにならないので合うかどうかを試してみるということもままならず困っています。
大学アマ経験があるのですがもうプロテストを受けられる年齢を過ぎているので、必然的にプロ志望ではないことになります。
今は渋谷のイマオカジムを検討していますが、仕事場とは反対で迷ってい...続きを読む

Aベストアンサー

ご存知だと思いますが、ボクシングジムはジムの会長、トレーナーの考え、個性、指導法に大きく左右されるところです。また、そのジムの善し悪しは規模の大小からは必ずしも判断できません。(プロになって世界戦をやりたい人は、金銭的に力のある大手に行ったほうがいいと思いますが) また元有名チャンピオンのジムだから指導が良いとも限りません。この辺の事情はよくお分かりだと思います。

プロ志望の人にとって良いか、アマ、フィットネス志望の人にとって良いか、女性、年配者にも平等に教えてくれるか、これは実際に見学に行ってみて判断するしかないと思います。これもお分かりだと思いますが、一つの判断基準は、一般の練習生、特に年配者、女性がどのような動き、練習をしているか、メニューをこなしているか、トレーナーからちゃんと指示、指導を受けているかを見ることだと思います。ですが正直言って、見学だけではわからない部分もあり、入ってみないと内部事情の本当のところは知ることはできないかもしれません。(トレーナーとの相性など)

私は10代で空手をやり、20代からキック、次いでボクシングをやりましたが、キックに入った時に非常に驚いたことを憶えています。空手では集団練習で、みな基本的に平等に技術を学ぶことが出来ましたし、黒帯も初心者、下の者に付きっ切りで、これでもかというくらいマンツーマンで基礎を教えてくれたりミットを持ってくれました。組手も、全員で、総当りで、回りながらやります。試合前の稽古でも、みんなで協力して支える雰囲気があったんです。(後輩が先輩のためにミットを持ったり・・・これにより先輩の打撃のレベル、技術を自然に知ることが出来ます)昇級、昇段の審査も定期的にあり、道場生は帯の色に相応した実力がありました。

しかし、キックでは皆それぞれジムに来る時間からして違うし、やるメニューも異なっている。トレーナー、プロが指導してくれますが、必ずしもずっと付きっ切りというわけではない。皆それぞれ練習内容が異なり、シャドー、サンドバッグだけやって帰る者がいてもジム側は何も言わない。スパーリングの弱い、あまりできない練習生もいるが、これもジム側は放置。一方で奥ではプロがトレーナーとミット練習を延々やっていたり、試合のためにスパーをやっていてリングを独占している。すごく個人差、差別がありました。(無論、全てのジムがこうだとは言いませんが、こういった傾向は少なからずあると思います。)

これはボクシングジムでもそうでした。空手に比べてですが、なんというか、半分自主トレの世界だなという感想を持ちました。そして、やりたいメニューをやれる時もあれば、協力者がいなくてできない(ミット、スパーなど)、トレーナーの指示で急遽練習内容を変えられたりと、よくわからない、やりにくい時もありました。特定のトレーナーの指示が自分に合っていればいいのですが、そうでない事も結構ありました。(これは空手でも多少はありましたが、いろんな先輩のスタイルを教えてもらったり複数の意見を聞くことが出来ました) プロは自分の練習に集中していて、アマ生と話す雰囲気すら無い場合も多かったです。

ですから、今、ボクシング、キックをやりたいという人には、アマにもマンツーマンでしっかり教えてくれるところ、フィットネスコースのあるところか、集団練習を採用しているところを薦めています。

ヨネクラボクシングジム(豊島区目白)は集団練習方式です。幾多のチャンピオンを輩出した名門ジムであり、健康増進コースもあります。

ご存知だと思いますが、ボクシングジムはジムの会長、トレーナーの考え、個性、指導法に大きく左右されるところです。また、そのジムの善し悪しは規模の大小からは必ずしも判断できません。(プロになって世界戦をやりたい人は、金銭的に力のある大手に行ったほうがいいと思いますが) また元有名チャンピオンのジムだから指導が良いとも限りません。この辺の事情はよくお分かりだと思います。

プロ志望の人にとって良いか、アマ、フィットネス志望の人にとって良いか、女性、年配者にも平等に教えてくれるか、こ...続きを読む

Qパンチ力って生まれつき?

はじめの一歩を愛読していますが、よく「パンチ力は天性のもの」とか
「自分のパンチ力の無さに~」みたいなセリフがありますよね?

実際、パンチ力ってものは生まれつきで決まってしまうものなんでしょうか?
また、マンガの内容どおり、パンチ力にはあれほどの個人差があるのでしょうか?
自分では後背筋や腕の筋力アップでかなりカバーできるように思うんですけど・・・。

Aベストアンサー

Gです。

ボクシングのパンチ力と本当の意味パンチ力とは少し違うんですね.

その前に、ライトウエイト級のパンチャーを見てください. 筋肉は盛りもりではありませんね. しかし、ヘビー級を見ると、筋肉のつき方が違いますね.

ヘビー級には重量制限がないからなんですね. 他のクラスでは、重量制限があるのですね.

同じ重量でも、パンチ力の違いがあるのはお分かりですね.

そのティとなりの、最大のパンチ力を出せる筋トレというものがあります. 確かに、筋肉は太くなります. が、ボディービルの筋トレとは違う物なんですね. 体重をコントロールしながらパンチ力を最大限に持っていく、と言うことが必要伴ってくるんですね. しかしながら、お分かりのように、重量が多くなるのは仕方がないことなんですね.

しかし、同時に、どんなに筋トレ(間違った方法でも)をしても、重量はある程度で終わってしまいます.

だからこそ、意味のあるトレーニングの仕方を教えるアスレチックトレーニングに接する必要がでてくるわけです.

つまり、筋肉の力とはパンチ力(ここでは、相手を倒すパンチ力のこと)の要素の一つに過ぎないんですね. Laceか~にハイパワーのエンジンを載せただけではスピードは最大限にならない、と言う事です. 

なぜかしら、私には、皆さん、「どうしたら、大きな(ハイパワーの)エンジンをボンネットの下に載せることができるのか」、を書いているように思えるのです.

いろいろな要素があるからこそ、パンチ力を語るときに、その要素を考えないと、パンチ力を高めたい人は、結局意味のすくないトレーニングにはしってしまうと事にもなってしまうんですね. その要素の一つ一つに「生まれつきの素質」と言う物が非常に影響してくるわけです。

スポーツの何でもそうですが、トップにいる人たちは、普通では考えられないほど、そのスポーツに必要な要素の素質のレベルが(異常ともいえるほど)非常に高く、普通の素質の持っている人には、決して追い着けないレベルなんですね. より多くの要素に対して、レベルの高い素質があるほど、意味のあるトレーニングがトップに持っていく事ができるということでもあります. トップのトップと言う人たちはそのような人なんですね.

だからこそ、スーパースターであった、マイケル・ジョーダンがバスケットから野球に移ったときに、野球のトップにはなれなかった、と言う事も理解できる当然とも言える現象なわけですね. 私たちテレビで見るトップ、とは、それだけ、レベルが高いともいえます.

ですから、一撃必殺を追求する空手系の打撃トレーニングは違ってくるわけです. ここで言うから手とは、組み手とかプロ空手とかいう意味ではありません。 なぜ、レンガをいとも簡単に割るパンチ力がボクシングのパンチ力とは違う物だ、と言うことが普通の人には理解しにくいと言う事になるわけですね.

しかしながら、個人一人のパンチ力は、適切なトレーニングによって、「個人の最大限」に持っていくことは出来ます. 持っていくことができるのが、トレーニングと言う物を熟知したトレーナーによるトレーニングと言う物であるわけです. 

何か、理解しにくい事を書いてしまったようですが、お分かりになりましたでしょうか.

Gです。

ボクシングのパンチ力と本当の意味パンチ力とは少し違うんですね.

その前に、ライトウエイト級のパンチャーを見てください. 筋肉は盛りもりではありませんね. しかし、ヘビー級を見ると、筋肉のつき方が違いますね.

ヘビー級には重量制限がないからなんですね. 他のクラスでは、重量制限があるのですね.

同じ重量でも、パンチ力の違いがあるのはお分かりですね.

そのティとなりの、最大のパンチ力を出せる筋トレというものがあります. 確かに、筋肉は太くなります. が、ボディービル...続きを読む

Qスパーリングで骨折しました

格闘技初心者(経験1ケ月半)です。

二日前に格闘技経験者(キックボクシング約4年)とヘッドギア無しの
顔面有りでスパーリングをしました。

相手してもらった経験者は私が初心者であると知っているにも関わらず
強く打ってくるので、怪我をしたくないと思い一緒に練習する事を避けてきたのですが、
二日前は流れで仕方無くスパーリングする事となりました。

先輩達もついている事と先輩たちが僕に対しては、マスボクシング(寸止め)で
相手してくれておりましたので、大丈夫だろうと安易な考えで相手してもらったところ、
その考えもむなしく、相手の方はほぼ全力に近い形でパンチを顔とおなかに打ってきました。
当然、初心者の私はかわす事も出来ずにパンチは殆ど被弾しました。
3分間は人間サンドバック状態で私としては、全く練習になりませんでした。
そして私はろっ骨を骨折しました。
全治1ケ月で家事するのも寝るのもとても苦しいです。

相手の方の練習の誘いもずっと断ってきたせいか、
怒りの感情も入れて打ってきているように感じました。

そこで格闘技経験者、格闘技未経験者の客観的な意見をお伺いしたいのですが、
格闘技経験者が初心者に対して強い打撃でスパーリングを行うのは
常識的な事だと思いますか。
物凄い格闘技センスが有る初心者の場合は本格的なスパーリングを
行っても問題無いと私は考えていますが、
私の格闘技センスは下の中くらいだと思っています。

もし、非常識な行為であれば
私と同じような初心者が後をたたないと思いますので、
相手に注意をしないといけないかと思いますが、
どのように注意したらよいと思うでしょうか。

相手の方は30代で性格は典型的なB型です。
自分の練習には付き合わせる(ミット持ちなど)のに
人の練習には付き合ってくれませんし、
実年齢よりも少し精神的に幼い方です。

今回、怪我したのは非常に残念ですが、
相手が初心者でもお構いなしに強く打ってくると知ってて
相手してもらった私が悪いと思っています。
ジムの責任者や先輩方は巻き込まず出来るだけ穏便に済ませたいと
考えておりますので、アドバイスをいただければと思います。
よろしくお願いします。

格闘技初心者(経験1ケ月半)です。

二日前に格闘技経験者(キックボクシング約4年)とヘッドギア無しの
顔面有りでスパーリングをしました。

相手してもらった経験者は私が初心者であると知っているにも関わらず
強く打ってくるので、怪我をしたくないと思い一緒に練習する事を避けてきたのですが、
二日前は流れで仕方無くスパーリングする事となりました。

先輩達もついている事と先輩たちが僕に対しては、マスボクシング(寸止め)で
相手してくれておりましたので、大丈夫だろうと安易な考えで相手してもらった...続きを読む

Aベストアンサー

スパーリングの前に「マススパーでお願いします」とかは言わなかったですか?
「相手の為を思って強めに打撃を加える親心」というのはありますが、飽くまでケガをしない程度にやります。脳が損傷する恐れのある顔面や骨折の恐れがある肋骨等は普通の感覚の持ち主なら空気を読んで威力を調節する筈です。
その相手は自分の稽古だけしか頭になく後輩を育てるといったような概念が無いのではと感じます。
良くも悪くもジム系の特徴ですので、君子危うきに近寄らずです。
自分の為にならないと思ったら相手をしない、実際に質問者さんはそのようにされていたと思いますが、避けられない場合は初心者なのでマスでお願いしたい旨を伝えるしかないです。
そこまでやってケガをさせるような人間はどのみち孤立します。
腹も立とうとは思いますが、とりあえずスポーツ保険に入っていれば通院費や手術費は保険で返ってきますので、初診から最後の受診まで領収書を全てコピーで取っておくことを忘れないで下さい。

Q筋肉痛がひくまでは練習しない方がよい?

こんにちは。キックボクシング初心者です。
30歳手前で始めて3ヶ月経つのですが、いつも練習後に筋肉痛が出ます。
(元々スポーツ経験自体がほとんど無く、筋力が少ないので仕方ないのですが・・・)

もっとジムに行きたいのですが、
筋肉痛が引く前にさらに筋肉を痛めると、筋肉が付かないと聞いたので、回復するまでは練習を控えています。


そこで質問なのですが、
・筋肉痛が回復するまでは、やはり練習しないほうが良いのでしょうか?
 (痛いこと自体は構わないのですが。。。)

・練習しない方が良さそうであれば、自宅でできる筋肉に負担をかけないトレーニングは無いでしょうか?
(柔軟くらいしか出来ないでしょうか?キックの練習でなくとも、運動能力自体の向上につながることでも、なんでもかまいません)


最初から張り切り過ぎない方が…と言われるかもしれませんが、練習が楽しくて仕方ないです。
格闘技でなくとも、他のスポーツ経験者の方でもかまいません。ご意見お待ちしています。

Aベストアンサー

練習のあと,温水プールで2時間,腕を水中のなかで軽く振ってみてください。
筋肉痛が起こりません。
筋肉痛を前提として質問されてますが,マラソンランナーから見ると,
練習後のケアが悪いので,筋肉痛を起こしているように見えます。

練習後のケア技術を勉強しましょう。
私は,フルマラソンの翌日にハーフマラソンを走ったこともありますし,
2日連続してハーフマラソンをほとんど同じタイムで走ったこともあります。

練習を継続するためには,そういった「修理技術」の習得が必要です。
本とか講習では教えてくれませんが。

Qなぜボクサーは身長に比べて非常に軽いんですか?

こんにちは
最近ボクシングの試合を見て一つ気になることができました。
ボクシングの筋トレは激しいと聞いたことがあります。
当然、ボクサーの筋肉量は一般人を上回るはずです。
しかし、例えば170CMのボクサーが50㌔だったり175CMのボクサーの体重が55㌔だったりします。
BMIでは平均未満となります。
私はフルコン空手やってますが、みんな一般人より重いです。
もちろん、筋肉が付いてるためです。
(170センチに70キロの人もいます。)
しかしボクサーは一般人より筋肉量は多いのになぜ身長に比べて軽くなれるんですか?
そもそも、あんなに軽くなったらパワーが出せなくなれるのではないですか?

Aベストアンサー

おっしゃるように、筋肉量が多ければ重くなります。実はボクサーの筋肉量は一般人と同じか、プロボクサーでも階級次第では一般人より少ない人もいます。

筋肉がつく条件として最も大切なのは、よく食べること、強い負荷で鍛えること、そしてよく休むこと(無駄に運動量を増やさないこと)です。質問者さんの言う「筋トレが激しい」というのは頻度や量が多いという事だと思いますが、これらは筋肉をつけることにはあまり役に立ちません。

筋肉は、男性ホルモンやインスリン、インスリン様成長因子といったホルモンの働きで太くなります。筋肉に強い負荷をかけると、これらのホルモンの分泌量が上がります。これらのホルモンは、食事から摂取したたんぱく質(アミノ酸)を筋肉に同化させて太くしようとします。つまり筋トレは筋肉をつけるスイッチの役割を果たします。

食べる量が一般人と同じであれば、いくら鍛えても一般人を上回るほど筋肉を太くすることができません。筋肉の材料となるアミノ酸が足りないからです。また、空腹でいたり、長時間運動していたりすると、筋肉は脂肪と同じように分解されて消費されていきます。だから、たんぱく質だけでなく、糖質や脂質もとって栄養が十分な状態でいることと、休むことが大切。

ボクサーはなるべく自分の体重ギリギリの下の階級で試合をするために食事に気を付けて、体重をあまり増やさないようにしています。上の階級で出るとデカい相手と勝負しなければならないためです。
また一方でスタミナ強化の有酸素運動が多いです。たくさんの有酸素運動は筋肉を付きにくくする効果があります。

大抵の人は、普段は自分の出たい階級+10kgぐらいの体重をキープします。そして試合前の軽量の1か月ぐらい前から10kgほど減量して試合に出ます。体重を増やし過ぎると試合前にもっと過酷な減量をしなければならなくなりますので、普段から体重を増やしすぎないように、食事量も常に気を付けているわけです。体重が増えないようにしている以上、筋肉も付きません。
パワーはもちろんあったほうが有利ですが、ボクシングのパンチというのはあまり腕力に頼らないんです。下半身の踏み込みや体の回転を利用しながら体重を乗せて全身で打つので、力を入れていなくても信じられないような衝撃です。フルコン空手では顔は反則ですが、ボクシングは主に顔を狙うので空手ほど強力な打撃でなくてもOKできるというのもあるかもしれませんね。逆にウデや肩に力を入れて殴っていたら、あっという間に疲れてガードができなくなってしまいます。両手を顎につけて常にガードしているのは、なかなか疲れます。


また、筋トレの内容もあまり筋肉がつく内容ではありません。
最低でも日常で発揮する水準を上回る負荷をかけて鍛えることが大切。できれば最大筋力の80%程度が最も効率よく筋肥大できるといわれています。これは1セット10回程度しかできない重さです。また、その重さでやれる回数が増えたら、段階的に負荷を上げていく必要があります。同じ負荷で鍛える限り、何年鍛えても筋肉はそれ以上は太くならず、持久力だけが伸びていきます。マシンやバーベルを使わないとなかなかこのようにはいきません。

中学・高校生の運動部や、ボクシングの選手がよくやる筋トレは、あまり負荷をかけず自重で回数が多い筋トレです。これは主に持久力を鍛えるもので、筋肉が大きくなる内容ではありませんので、一定以上は筋肉がついてきたりはしません。

というわけで、あまり筋肉がつくような条件は揃っていないと言えるでしょう。もちろん、ボクシングを習っていても試合とか関係ない人は、好きなだけ食べるしウェイトトレーニングするので、松本人志みたいにどんどん筋肉がついてきます。

おっしゃるように、筋肉量が多ければ重くなります。実はボクサーの筋肉量は一般人と同じか、プロボクサーでも階級次第では一般人より少ない人もいます。

筋肉がつく条件として最も大切なのは、よく食べること、強い負荷で鍛えること、そしてよく休むこと(無駄に運動量を増やさないこと)です。質問者さんの言う「筋トレが激しい」というのは頻度や量が多いという事だと思いますが、これらは筋肉をつけることにはあまり役に立ちません。

筋肉は、男性ホルモンやインスリン、インスリン様成長因子といったホルモ...続きを読む

Qどうして危険なボクシングを?

たくさんある格闘技の中から、
ボクシングは頭がおかしくなりやすいと分かってながらあえてそれをやる人が居るのはどうしてですか?
近所にたまたま他の競技のジムが無いという人は別ですが、
自ら頭がおかしくなりたいと思う人は普通いないですよね?
確かにどんな格闘技でも危険ではありますが、
ボクシングはその中でも特に危険、一般的な話です

Aベストアンサー

私は現在空手をやっています。
でもボクシングの方が魅力的だと思うことは多々あります。
それはなぜかというとフルコンタクトの空手は痛々しいイメージがあるかもしれませんが拳による顔面への攻撃がないため試合開始とともにお互いすぐに手の届く間合いで戦うことがほとんどです。
仮にも武道であるという格闘技が試合開始とともにそれほど簡単に相手を手の届く間合いに入れるのはおかしくありませんか。余程格上の人とやれば違うと思いますが、はっきり言って空手にはそれほど緊張感を感じることが出来ないのです。まぁ逆にそのお気楽なところがいいのもありますが。
その点、ボクシングの緊張感は魅力的です。
それと先の回答にもありましたがボクシングの完成度も魅力の一つでしょう。拳だけによる戦いで歴史を積み重ねすでに芸術の域にあると思います。スポーツではサッカーなど手を使わず主に足でしかボールを扱うことがないかなり制限されたルールであるから、技術は洗練されていきます。
では、他の格闘技の技術もすごいのではとお思いでしょうがルールが緩和されればやっぱり一つ一つの技術は落ちるのは当然です。単純などつき合いは魅力の一つだと思います。
最後にもう一つ理由をあげるとしたらボクシングを職業として本格的にやっている人であれば脳に障害を及ぼす可能性は尽きませんが、そこまでボクシングに没頭したいと思っている人は極わずかです。プロになっても数戦しかやらなければそれほど脳に悪影響をおよばさないでしょう。それにそれだけ没頭している人なら多少の脳への障害すら覚悟しているでしょうね。
私の意見は以上です。
結果、ボクシングをやるだけにはそれだけの魅力があるし、それだけの魅力を感じなければ始めても辞めていくということでしょうか

私は現在空手をやっています。
でもボクシングの方が魅力的だと思うことは多々あります。
それはなぜかというとフルコンタクトの空手は痛々しいイメージがあるかもしれませんが拳による顔面への攻撃がないため試合開始とともにお互いすぐに手の届く間合いで戦うことがほとんどです。
仮にも武道であるという格闘技が試合開始とともにそれほど簡単に相手を手の届く間合いに入れるのはおかしくありませんか。余程格上の人とやれば違うと思いますが、はっきり言って空手にはそれほど緊張感を感じることが出来ない...続きを読む

Q初心者がキックボクシングジムに入門するまでの間にできるトレーニング

21歳♂の学生です。
キックボクシングを始めたいのですが、入会費、月謝等お金の都合でジムに入門するのが早くても来月以降になりそうなんです。ジムに入門するまでの間に格闘技初心者でもできるようなトレーニングがあったらぜひ教えてください!
あと、荒唐無稽でお恥ずかしい質問になってしまうのですが、「軍鶏」という空手を題材にした漫画で、主人公の16~17歳ぐらいの少年が突きと蹴りの練習を毎日3千回づつこなしているのですが、現実的に考えてそんなに多くの回数をこなすことができるのでしょうか?もしできるようだったら自分も挑戦したいと思っているのですが^^;

Aベストアンサー

まずは走り込みをしてスタミナをつけてください。今どれぐらいの体力があるかわかりませんが、とにかくスタミナをつけることです。
理由は簡単です。
スタミナがないと練習ができないからです。次の初心者のどの子が強くなりそうですか?
1.センスはあるが筋力とスタミナがない子
  1日1R3分しか持ちません。1日の練習量は頑張って3Rです。
  ただ、最後の2Rは練習になっていません。
2.筋力はあるがスタミナがなくセンスがない子
  1日5Rしか持ちません。1日の練習量は5Rです。
3.筋力、センスはないけどスタミナはあって練習できる子。
  1日15~20Rの練習をこなします。
  10Rは集中してやっています。
1試合3Rぐらいを想定すると、1か2の子が一見強そうに見えますが、実は最後に強くなるのは3の子です。練習できるということは必然的に技術も体力も後天的につきます。もちろん、精神面もついてきますので、心技体がそろうのです。
生まれ持ったセンス?
努力の前には役に立たないことが多いです。センスも練習と合わさって初めて意味を成すのであって、そもそも練習しなければ役には立ちません。練習できないのであれば、うまくはなれないでしょう。
スタミナがあれば、他のものは後からついてきます。ウェイトトレーニングは必要ありません。漫画の軍鶏をよく知りませんが、3千回の蹴りの練習をしているのですか?それだけのスタミナがあって毎日練習していれば、キック力も技術もつきますよね?
キックにはキックの、パンチにはパンチの筋肉のつき方があって、ウェイトトレーニングでつけた筋肉とは違います。変にウェイトで筋力をつけるよりか、その競技の動きで筋力をつけた方がスピードとかを殺さないので良いのです。
あとは柔軟性ですかね?ストレッチはよくした方が良いですよ。技術につながるのはもちろん、怪我をしない体を作ることも格闘技をする選手には求められる能力です。
そう言えば、3千回という数字ですが、1R3分300回で10Rでしょ?みんなやりますよ。ボクシングの亀田3兄弟はこの倍以上やっているのではないでしょうか?彼らは一日の練習量が5時間ですから、量的には倍以上でしょう。彼らは小さい頃からずっと努力してますからね。
ただ、他の選手は1日1時間ぐらいで10R~15R、世界のレベルでスタミナがある子なら15R~20Rですから、倍はいかないけど、確実に3千回は超えますね。
みんなごく普通のレベルからそこまできますよ。スタミナつけとけば、決して夢の数字ではないですね。
最後に、ランニングの距離ですが、最初は毎朝5kmを目指してください。少しずつ伸ばしていって最終的に速い速度で8km(30~40分)か、ゆっくり10~12kmぐらい走れたら本物ですね。これも数年続けたら、できるようになりますよ。その頃には相当強くなっていると思いますよ。
今はジムワークなしに5kmだけの走りこみからですよね。スタミナがないうちの準備としては丁度いいのでは?あきらめずに続ければ、かならずできるようになります。是非頑張ってください。

まずは走り込みをしてスタミナをつけてください。今どれぐらいの体力があるかわかりませんが、とにかくスタミナをつけることです。
理由は簡単です。
スタミナがないと練習ができないからです。次の初心者のどの子が強くなりそうですか?
1.センスはあるが筋力とスタミナがない子
  1日1R3分しか持ちません。1日の練習量は頑張って3Rです。
  ただ、最後の2Rは練習になっていません。
2.筋力はあるがスタミナがなくセンスがない子
  1日5Rしか持ちません。1日の練習量は5Rです。
3....続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング