『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

どちらも詳しくは意味を知りません。
簡単にでもいいので教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ブリッジミュートというのは、ブリッジのキワにピッキングする手のひらを置いて軽く弦にミュートをかけ、その状態で音を出すことを主に指します。

パームミュート、ハーフミュートなどということもあります。
ブリッジミュートをかけてピッキングすると、ミュートのためにサスティーンが削がれた音になります。 ただし、完全なミュートとは違い、音程感のある音が出るような弾き方になります。
激しいロックなどでは、歪ませたギターでブリッジミュートして、ザクザクと刻むような音を出す手法がよく使われます。 歯切れの良さや、雰囲気・曲調の重さなどを演出するのにもよく使われますね。
なお、ブリッジミュートをかけるときのミュートは、軽く弦に手のひらを添える程度で十分です。 ぎっちりと弦の振動を押し殺そうと力を込める必要はありませんし、そうしてしまった場合、ブリッジミュートで出す音程がシャープしたり、あるいはミュートが深くかかりすぎて音程感が失われたりする事もあります。

カッティングというのは、リズム奏法の一つで、音を出す部分と休符で音を出さない部分とをきっちりと意識して、音符の長さを厳密に管理することで、リズムのメリハリを出す弾き方になります。 コードでのバッキングで言えば、コードストロークのようにジャカジャカとかき鳴らすだけでなく、音符の長さ(音を出す時間)をきちんと守り、ミュートを駆使して音を切る(カットする)ような弾き方になります。
カッティングの際には、休符部分のビートを強調する意味で、ミュートした弦(主に押弦側の手でのミュートになります)をピッキングして、音程感のないパーカッシブなブラッシングノイズを出すこともよくあります。 (なお、このミュートしながら弦を弾くブラッシングのことをカッティングと混同されている方も多いようですが、これはそれぞれ別のことと分けて捉えることをお勧めします)
ポップスやファンクなどではバッキングとしてよく用いられる手法ですし、またスカなどでは非常に特徴的に用いられる奏法でもあります。

参考まで。
    • good
    • 0

ブリッジミュートは、


弦が乗っているネックと反対側(エンド)の方を手の小指側の腹で押さえながら弾く。

カッティングは、
左手で弦を押さえるのではなく、軽く触れるようにして弾く。
厳密に言うと、コレは「ブラッシング」といって、
「カッティング」は「ブラッシング」を多用したプレイを言うことが多いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お二人ともご回答ありがとうございました!

お礼日時:2005/10/29 23:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアンプシュミレーターって何ですか?

こんにちは。ベース&ギターをやっている者です。今更ながら聞きたいのですが、先日「LINE6 POD XT」というレッドのアンプ種ミレーターを見つけました。
 ですが、これってエフェクターでもなければリズムマシンでもないしアンプシュミレーターと総称で呼ばれるみたいなのですが具体的に何をするときに役に立つものなのでしょうか?
 どなたか教えてください。

Aベストアンサー

アンプシミュレータというのは、本来はMTRなどでギターの音録りをするときに利用することを想定して開発された機材と聞きます。 ですので、その想定に従えば、MTRなどにライン入力で直接ギターの音を流し込む時などに利用するのが主な使い方ともいえます。

エレキギターの場合、ギターらしい音を得る上では、ギターアンプ(やキャビネット)が持つ特性がそれなりに大きなウェイトを占めます。 ただ、アンプから音を出してそれをマイクで拾い、MTRに送るとなると、それなりの防音設備が必要だったり、いろいろと制約がかかる面も出てきます。
そうしたところから、ギターを直接ラインに入力して、なおかつアンプを介さずにギターらしい音を得るための機材として、アンプシミュレータという機材が出てきました。 アンプシミュレータを利用すると、ラインに入力する際にギターアンプをつないで音を出してマイクで拾うというプロセスを省略して、より手軽にアンプを通したギターらしい音を作り出し、ラインで録ることができることになります。
また、アンプシミュレータには、有名どころのギターアンプの特性をシミュレートしたモデリングアンプとしての機能もあり、アンプシミュレータ一台でいろいろなタイプのアンプの音を利用できるということにもなります。 他にも、キャビネットのタイプを選択できたり、マイキング(スピーカーに対してどうマイクを設置するのか)の違いをシミュレートする機能などを搭載しているものもありますね。 ただ、作られる音については、シミュレータ的な匂いは抜けきらないかも知れません。
アンプシミュレータについては、そうした録音の時に便利な機材として開発された物と見るのが妥当かと思います。

ただ、アンプシミュレータをプリアンプとしてギターアンプの前段につないで使うこともあり、ステージ用の機材として利用されることも多くなってきているといえます。 また、マルチエフェクターの中にアンプシミュレータ機能が組み入れられたり、逆にアンプシミュレータの側にモジュレーション系や空間系のエフェクトが追加されたりと、最近ではマルチエフェクターとアンプシミュレータの区別自体に曖昧な領域もできつつあるようです。

参考になれば。

アンプシミュレータというのは、本来はMTRなどでギターの音録りをするときに利用することを想定して開発された機材と聞きます。 ですので、その想定に従えば、MTRなどにライン入力で直接ギターの音を流し込む時などに利用するのが主な使い方ともいえます。

エレキギターの場合、ギターらしい音を得る上では、ギターアンプ(やキャビネット)が持つ特性がそれなりに大きなウェイトを占めます。 ただ、アンプから音を出してそれをマイクで拾い、MTRに送るとなると、それなりの防音設備が必要だったり、いろいろと制...続きを読む

Qサスティーンが良いとは?

はじめまして。初めてここで質問させてもらいます。
質問は2つあります。

1.初歩的な事?で申し訳ないんですが、ネックがディープジョイントだと
  サスティーン?が良いとかよく言われてるんですが、
  サスティーンとはどういった物(感じ)なのでしょうか?
  なぜディープジョイントの方がいいのかもできれば教えてください。
  よくわかりません。宜しくお願いします。
  現在所有しているギターは1本で、1989オービルバイギブソンLPCです

2.この度、一生を共にしていくレスポールを買おうと思っていて、
  色々と調べていますが、ギブソンのヒストリックモデルレスポールで
  57、68とかあるんですが、違いがよくわかりません。
  57と68では、具体的にどんなところが違うのでしょうか??
  58.59は価格が手に届かないんですが、
  57.68とかならなんとかなりそうなんです。
  詳しい方がいたら、回答おねがいします。

Aベストアンサー

 一応弦楽器デザイナですので、とりあえず専門家とさせて頂きました。

1-1.サスティン
 サスティンとは、音の伸びですが、物理的には加振された弦が減衰して停止するまでの長さを言います。
 サスティンがよい、とゆぅ事は弦振動が持続する時間が長いとゆぅ事です。

1-2.ディープジョイント
 糊付けネックのうち、ネック側のボディに入り込む部分(=ヒールブロック)を墓石(?)の様に大きく取り、対するボディ側の穴を、墓穴(??)の様にザックリえぐってネックを接着する方法です。
 接着面積が大きく取れるので接着強度・剛性がかなり高くなり、この部分での振動減衰が小さくなるのでサスティンも長くなるワケです。
 この方式はレスポールならスタンダードやカスタムで採用されており、同じレスポール一族でもスペシャルやジュニアはここまでヒールが巨大ではありません。
 ネックジョイント以外全く同じギターなら、サスティンはディープジョイントの勝ちですが、条件によっては必ずしもそぅとは言えません。
 サスティンはネック剛性やボディの質量、ブリッジやテールピースの剛性と質量などへの依存度が高く、単純に「ディープジョイントだからサスティンいっぱい」とも言い切れません。
 レスポールの場合、まずあの極端に短いネック(=ボディからあまり突き出していないネック→短い分だけ高剛性)の寄与度が大変高いと思われます。
 リペアマンによっては、「例えばスルーネックで24フレット・ダブルカッタウェイのギターよりも、レスポールの方がサスティンが長い」と断言される方もいらっしゃいます。

2.レスポールの57と68の違いは・・・・ここで挙げられているヒストリックモデルとは、最近の復刻モノ?或いはオリジナルでしょうか? 
 オリジナルなら、ヘッドアングル、ネック幅やヘック厚、ボディトップのアーチ形状など木工が既にかなり違うのではないでしょうか・・・・更にペグ、マイク、ブリッジ/テールピースなどハードウェアもほとんど違い、そぅなりますと勿論音もかなり違い、どちらかとゆぅと「似て非なるモノ」と言ったところだと思いますが、如何でしょう?
 復刻モノなら、現物を見たことがないのでどこまで復刻されているのか判りませんが、ただ、最近のギブソン社の復刻モノのデキから想像しますと、オリジナルにかなり忠実だと考えられます。そぅしますと、57と68の違いは上記致しました様な事になっていると思いますが・・・・。

 一応弦楽器デザイナですので、とりあえず専門家とさせて頂きました。

1-1.サスティン
 サスティンとは、音の伸びですが、物理的には加振された弦が減衰して停止するまでの長さを言います。
 サスティンがよい、とゆぅ事は弦振動が持続する時間が長いとゆぅ事です。

1-2.ディープジョイント
 糊付けネックのうち、ネック側のボディに入り込む部分(=ヒールブロック)を墓石(?)の様に大きく取り、対するボディ側の穴を、墓穴(??)の様にザックリえぐってネックを接着する方法です。
...続きを読む

Qチケットでいい席を取るには?

イープラスというチケットを買うサイトで、
先行予約でチケットを買おうと思っています。
先行予約でチケットを買うと、必ず良い席になるのでしょうか?
それとも、一般発売でも良い席を取ることは可能なのですか?
席順って、チケットを買った人順から決められるのでしょうか?
たとえば、一番にチケットを買った人が一番前の席、とか…

文章が雑でごめんなさい。

とにかく、チケットの席順は一般でも先行でも関係なく抽選なのか、
先行予約で買った人が優先的に良い席になるのか、それが知りたいです。

回答お願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

チケットの席は気になりますよね。

先行予約に申込むと必ずよい席なのか

残念ながらNOです。
「先行予約」とは「一般発売」に先駆けてチケットを販売しますよ、という意味。早い者勝ちの「先行」ではありません。イープラスは自分も利用するのでよくわかりますが、「プレオーダー」システムがそれに当たります。一般発売よりかなり前に1週間程の期間を設けて、その期間中にチケット希望者はウェブサイトからチケット申込をするわけですが、この時登録順位は関係ありません。指定期間内に登録を行った者の中から「抽選で」チケットを割り振っていきます。だから登録期間がスタートして直ぐに申し込んでも、よい席どころかチケットが手に入らない(落選)可能性もあります。

でも自分は一般発売の電話予約よりは格段に入手率は上がりましたよ!でも良い席だった事はほとんどないなあ~ 悪くないっていうレベルが2回ほど…(笑)


問題は、「良い席」がどこに流れているか、です。自分も色々本を読んで調べたりしたんですが、やはり良い席のほとんどが「ファンクラブ」に流れているようです。そういう事って主催者がイベンターとかプレイガイドとかと相談して決めるらしいですよ。
きっと「この辺の席はAチケット、こっちはBチケット…」みたいな。どこのプレイガイドでとってもスタンド席に当たった事があるので、極端な偏りはないでしょう(ファンクラブでスタンドってのも経験あり)

ただ、どこでも一般発売の先着順なら、今もっている席の前の方から埋めて行くのは当たり前じゃないでしょうか?


要は「良い席は運次第」って事ですよ!自分もかなりの回数LIVEに行ってても一番前は1回だけ…

LIVEはステージに近い遠いより、いかに楽しむかがカギですよ!

こんばんは。

チケットの席は気になりますよね。

先行予約に申込むと必ずよい席なのか

残念ながらNOです。
「先行予約」とは「一般発売」に先駆けてチケットを販売しますよ、という意味。早い者勝ちの「先行」ではありません。イープラスは自分も利用するのでよくわかりますが、「プレオーダー」システムがそれに当たります。一般発売よりかなり前に1週間程の期間を設けて、その期間中にチケット希望者はウェブサイトからチケット申込をするわけですが、この時登録順位は関係ありません。指定期間内...続きを読む

Q家で練習するならアンプ?、マルチエフェクター?

住宅密集地のごく普通の戸建住宅で練習するとして、小型のモデリングアンプ(VOXのmini3とか)とマルチエフェクター(ZOOMのG1nとか)だと、どっちがオススメですか。

また、それぞれについて、これはイイという騎手があれば教えてください(予算2万まで)

いまはギターを購入したとき店員さんと相談して買ったアンプ(Pathfinder10)を使ってます。
家用でということで小さいアンプにしたのですが、それでも思いのほか大きな音がでるので
(お店ではそう感じなかった)、ほぼいつもヘッドホンにつないでいる状態です。

Aベストアンサー

Mini3持ってます。結構いい音がします。

ただし、アンプシミュレータなので、プリセットされたアンプ(歪み)+空間系が若干プラス出来る程度です。
自宅練習で、それっぽい音を手軽に出すにはこれで十分だとは思いますが、音を作っていくという楽しみは少ないですね。

既に、Pathfinder10を持っておられるのであれば、エフェクターを買い足すということで良いのではないでしょうか?

どっちみち自宅で音を出すとしたら、小さい音量でアンプを鳴らすより、ヘッドホンで思いっきり鳴らした方が気持ちいいですし。


人気Q&Aランキング