親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

こんばんは
今、ドビュッシーの「レントよりおそく」を練習しています。
弾いていて思ったんですが、これってジャズピアノみたいですよね...。例えば、最初のサビ(クラシックでもサビって言うんでしょうか?)の部分のあとの、左右1オクターブ離れて平行して降りてゆくメロディーとか、エンディング近くの和音の進行とか。

ドビュッシーが、世紀末のパリ万博で聞いたガムラン音楽に傾倒した、というのは有名な話ですが、ジャズにも影響されたんでしょうか?(「レントよりおそく」が作られたのが1910年だそうですが、そもそもその時代に今聞くようなジャズってあったんでしょうか?) はたまた、ジャズの方がドビュッシーに影響されたんでしょうか? 

クラシックにもジャズにも全然詳しくない素人のたわごとですが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No.1です。


コメントありがとうございます。

ドピュッシーにジャズを感じるか、という意味でしたら、たしかに感じます。

しかし、あとさき、という問題でいえば、きっとドビュッシーが先でしょう。

ちなみに、1910年代にラジオはなかったようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
1910年代にはラジオはなかったんすか。

お礼日時:2005/11/27 07:07

この質問、気になってウォッチしていたのですが、レスがつかないようなので。



1910年代だと、ラグタイムとかディキシーランドは存在しますね。

でも、おっしゃっているのは、モード的な音の動きのことだと思うので、そういう意味では、直接の影響はなさそうに思います。

逆に、後になってジャズが同じ道を歩んだんだと思うのですが、どうでしょう。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=991183

この回答への補足

参考までに、レントよりおそくはこんな曲です

http://homepage3.nifty.com/principe_de_plaisir/m …

補足日時:2005/11/25 23:40
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ウォッチしていただいていてありがとうございます。もう回答が来ないものと思っていました(笑)

この質問を書いたあと、最近、青柳いづみこ著「ピアニストが見たピアニスト」を読んだところ、ドビュッシーの名手サンソン・フランソワが次のようなことを言っていたそうです。

「ドビュッシーの書法ですばらしいのは、リズムのセンスだ。書いてあることを弾こうすると、とてもむずかしい。たとえば『ミンストレル』。あれはジャズだ。ラヴェルもジャズを模倣しているけど、必ずしも成功していない。ドビュッシーはむしろ、まだ彼がそれを知る以前に、ジャズを自分で発明してしまったのだ。」

う~ん。あのフランソワもドピュッシーにジャズを感じているのか、と思わずうれしくなってしまいました。

1910年といえば、前奏曲集第1巻を発表した年ですが、当時の最先端の前衛音楽を作曲する傍らで、多分、ラジオから流れてくるラグタイムとかを聞いて、こんな洒落た曲をさらさらっと作ってしまったんでしょうね。

ありがとうございました。

お礼日時:2005/11/25 23:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドビュッシー「レントより遅く」の楽譜ダウンロード

ドビュッシーの「レントより遅く」の楽譜のダウンロードをできるサイトを知ってらっしゃる方がいらしたら教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

無料なので試しにダウンロードしてみましたが,
よければ見てください。
zip ファイルでダウンロードして,PDFファイルになります。
接続によっては,ダウンロードに少し時間がかかるかもしれません。

下記のどちらからでも。(同じところです)
http://nun.nu/notes.tarakanov.net/piano/debussivals.zip

http://notes.tarakanov.net/piano/debussivals.zip


人気Q&Aランキング