多分、小学生程度の算数の問題ですが、算数はめっぽう弱く、何度考えても分かりません。
先日、A,B,私、という3人のママが集まりました。子供たちにプレゼントを買ってクリスマス会をしようということで買い物に。Bには2人子供があり、Cと私には1人ずつです。AがBと私に500円ずつ、BはAと私に500円ずつ、私はAとCに500円ずつ出し合う、ということになりました。Aと私には子供が1人なので1000円のものをそれぞれ選びました。がBは2人の子供に500円ずつのプレゼントを選ばなくてはなりませんでしたが、どうにもイイものがない、ということで、Aと私にそれぞれ500円のお菓子を買ってあげるから、自分の子供たちにも1000円ずつプレゼントを買ってもいいか?と申し出ました。私達は承知したので、BはAと私に500円のお菓子を買い、自分の子供たちにも、とさらに500円のお菓子を2つ買いました。(お菓子は計4つになります)
さて、Bがまとめて1000円のプレゼントを4つ分、お菓子4つ分で、計6300円(税込み)をレジで支払いました。その後、Aと私はBにいくら返せばいいのか分からなくなりました。いろんな人に聞いても皆、答えが違います。一応、平等に私とAは2100円ずつ払っておきましたが、3人とも未だに分かりません。お金が惜しくて・・というのではなく、多分簡単な算数が解けないことがひっかかるのです。どなたか教えてください。どうぞよろしく!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

結論としては、下の皆さんのおっしゃる通りなんですが、算数として引っかかるということなので順を追って考えてみましょう。

(なお、途中出てきたCさんはタイプミスだとして話を進めます。違ったら補足をどうぞ)

前提として、AさんとMcCoyさんは子供1人、Bさんは子供2人ですね。

それぞれの負担額を考えます、先ず、
「AがBと私に500円ずつ」→ Aさんの負担は500×2 = 1000円
「BはAと私に500円ずつ」→ Bさんの負担は500×2 = 1000円
「私はAとC(=B)に500円ずつ」→ McCoyさんの負担は500×2 = 1000円

ですね。(皆さんの負担額は同じ。AさんはBさんとMcCoyさんから、BさんはAさんとMcCoyさんから、McCoyさんはAさんとBさんから500円ずつもらったことになるので、Aさん、Bさん、McCoyさんのプレゼント代も、当然同じ1000円になります。)

「Aと私にそれぞれ500円のお菓子を買ってあげるから」このことから、Bさんは500×2=1000円をさらに負担することになり、Bさんの負担は計2000円です。

「自分の子供たちにも1000円ずつプレゼントを…私達は承知した」ということで、Bさんのプレゼント代の不足分1000×2-1000=1000円をAさんとMcCoyさんがさらに出し合ったと解釈できます。するとAさんとMcCoyさんの負担額の合計は各々1000+1000÷2=1500円となります。

もう一度整理しますとここまでの負担額は
Aさん 1500円、Bさん 2000円、McCoyさん 1500円
ですね。

ここで、問題となるのは「Bは…、自分の子供たちにも、とさらに500円のお菓子を2つ買いました。」このお菓子代500×2=1000円の扱いです。
これをBさんの個人負担にするのか、AさんとMcCoyさんが出し合うのかで結果が変わります。

前者(Bさんの個人負担)ですと最終負担額は
Aさん 1500(1575)円、Bさん 3000(3150)円、McCoyさん 1500(1575)円
となります。これは、自分の子供の人数分によって負担するのと同等になります。

後者(AさんとMcCoyさんが出し合う)ですと最終負担額は
Aさん 2000(2100)円、Bさん 2000(2100)円、McCoyさん 2000(2100)円
になります。これは、お子様の人数に関係なく完全に割り勘する場合と同等になります。
※( )内は消費税込の額です。

どちらが良いかは、私には分かりませんが、これで納得いただけますでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございます。こんなに丁寧に教えて頂いて・・感謝しています。よく分かりました。割算でなく、足し算する、という方法があったのですね!これは私の重症の脳みそにぴったりでした。それにしても、なぜ3人とも分からなかったのでしょう・・3人寄れば文殊の知恵、のはずなのに、まったくお恥ずかしい限りです。

お礼日時:2001/11/28 02:33

着眼点で回答が変わってきます。


No.3の方の回答のように2パターンあります。
どちらの回答を取るかは、
母親3人でどういう取り決めなのか?です。

・母親3人で4つの物を買い、特別、誰が誰にということをしない場合。
4人の子供を1つのグループとしましょう。
この1つのグループに3人でプレゼントする。
となると、単純に割り勘で、6300/3=2100円になります。
これが、子供の人数に関係なく割り勘する場合ですね。
話のニュアンスからすると、こちらだと思います。


・それぞれの母親が、自分の子供の分負担する。
この場合だと、6300/4=1575円(子供一人当り)
これを自分の子供の人数分獲得すれば良いのです。
ただ、こちらの場合。
最初から、3人集まらなくてもいいという気が・・・。
結局、自分の子供の分は、自分で買うようになるわけなので。
そうなると、会として集まる意味が薄れる気がします。
もっとも、子供一人当りの参加費だと考えるのならば、別なのですが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご回答ありがとうございます。遅ればせながらの補足で説明が足りず申し訳ありませんでしたが、パターンとしては後者でした。5人の賢者さま(私からはそう見えます)の太鼓判のおかげで、正しい金額ははっきりして嬉しいです。自分の子にプレゼントを・・というのがなんだか気分的につまらなくて、仲のいい友達なので、お互いにプレゼント、と気分的にひとひねりしたらこんなことに・・3人とも算数がぜんぜんダメだったのです。またこの質問&回答をプリントして皆で読み、盛り上がろうと思います。

お礼日時:2001/11/28 02:43

6300/4=1575 子供一人分の代金



子供の人数分を負担するのであれば
 B 1575×2人=3150円
 他の二人は各々1575円

子供の人数に関係なく「割り勘」にするのであれば
 6300/3=2100円

でお分かり頂けますか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。そうなんです、3で割るのか4で割るのかが分からなかったのです。それと、補足させて頂いたように、1000円はBの負担だから残りを割ると・・と考えていたら、本当に分からなくなりました。1750円とか、1312.5円とか、とんちんかんな金額になってしまうんです。皆様に笑われてしまうかもしれませんが・・算数能力のなさはまさに深刻です。でも、皆様のおかげでようやく分かってきました。

お礼日時:2001/11/28 02:25

まず確認ですが、3人ですよね、AさんBさんと貴女と・・。

何故かCさんってのが出てきてますので・・・。

難しく考えないほうがいいと思います、それぞれの子に100円のプレゼントと500円のお菓子ですよね。

Bさんがお金はまとめて払ったのですから、子どもが1人のAさんと貴女が1575円ずつ、Bさんに支払ったら良いですよね。

Bさんの負担は子ども二人ですから3150円ですよね。

途中経過はともかく、与えるプレゼントは平等なのですから、子どもの数×お菓子プレゼントの合計額ですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。Cさんの件、ミスです、申し訳ありませんでした。実は今、電卓片手にタイプしています。確実に気付いたのは、自分の子供がもらった代金以上は必要なかったはず・・ということです。最近、算数の計算はご無沙汰なので、たまにこんな難問に出くわすと面白がっていじくりまわしていたのですが、考えれば考える程、分からなくなってオーバーヒートしてしまいました。今、初めて図で書いてみて、やっと納得しました。

お礼日時:2001/11/28 02:15

結局は、4人の子供に同じ物が行き渡った訳ですよね?


ならば、自分の子供の分を自分で払う。ということで良いのではないですか?
すると、6300/4=1575になるので、
Aさんとあなたが、1575円をBさんに渡せば良いのでは?
だって、1000円のプレゼントと500円分のお菓子に
消費税ですから、1575円ですよね・・・

この回答への補足

最初のご回答者様の補足欄をお借りして、訂正とお詫びを申し上げます。最初に出てくるCさん、はAさん、の間違い。もう一度出てくるCさんはBさんの間違いです。申し訳ありません。また、Bが自分の子供たちに買った1000円分のお菓子は、完全な自腹という取り決めでした。ややこしい問題で、説明が足りず申し訳ありません。

補足日時:2001/11/28 00:48
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございます。よく考えればそうですよね、平等にしたはずなのになぜ、自分の子供がもらった以上の金額を支払ったのか・・今、ようやく分かりかけてきた感じです。遅ればせながら補足を記入したのですが、ややこしくなったのは、Bが提案した計2000円分のお菓子。1000円は自腹とすると、残りの5250円を、出資者の数で割るのか、子供の数で割るのか、まるで分からなかったのです。いやいや、お菓子は全額Bの負担だとすると・・????まるで割り切れないし、1575円からも遠ざかり・・このお礼文面自体も、間違ったことを言ってるのかもしれません・・まるでダメな脳です。でも、1575円、確かにそう思います。

お礼日時:2001/11/28 01:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q数学の問題です。解説と答えをお願いします。Aは500円持っていてBは400円持っている。A.B.Cが

数学の問題です。解説と答えをお願いします。Aは500円持っていてBは400円持っている。A.B.Cが持っているお金の平均は500円である。Cはいくら持っているのか。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

A 500円 B 400円 C x円 3人の平均500円
500+400+x=500×3
900+x=1500
x=1500-900=600円

C は600円持っています。

Qa人が1人400円ずつ出して、b円のボールを買ったところ、300円残りました。 この時の数量の関係を

a人が1人400円ずつ出して、b円のボールを買ったところ、300円残りました。
この時の数量の関係を等式で表しなさい。
教えてください

Aベストアンサー

a(人)×400(円)=b(円)+300(円)
等式にすると上になります。
一つの等式でa、bと二つの変数ですから、この場合さらに条件がないと解くことができません。

QA,Bをn次正方行列とする場合、|A B B A|=|A+B||A-

A,Bをn次正方行列とする場合、|A B B A|=|A+B||A-B|を証明したいのですが。

Aベストアンサー

最初、質問の意味が全く解らなかったのですが、
次の質問 http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5907606.html
と見くらべると、どうやら、2n 次の行列式
|A  B|
|B  A|
のことを言っているようですね。それなら、値は
|A+B||A-B|
と等しくなります。なるほどね。

行列式の基本変形をしてみましょう。
|A  B|
|B  A|
の第 n+k 列(k = 1 … n) を、それぞれ第 k 列へ加えると、
|A+B  B|
|B+A  A|
となります。更に、
第 k 列(k = 1 … n) を、それぞれ第 n+k 列から引くと、
|A+B  B|
|O  A-B|
です。

このブロック三角行列の行列式が、行列式の積
|A+B||A-B|
になることは、Σ を使った行列式の表示
(http://www.snap-tck.com/room04/c01/matrix/matrix08.html
のような…)に、
左下の 0 となる成分を代入してみれば、確認できます。

Q(a+b−1)(a+b+1)の計算方法は、 a×a+b×b−1a+b+1a+b+(−1)1 =a^2

(a+b−1)(a+b+1)の計算方法は、

a×a+b×b−1a+b+1a+b+(−1)1
=a^2+b^2−1

であっていますでしょうか?

Aベストアンサー

順番通りに機械的に計算するのがコツです。

左の a と 右の a, -b, +1 をかける。
左の b と 右の a, -b, +1 をかける。
左の -1 と 右の a, -b, +1 をかける。

これを 「a・aがあって、b・bがあって...」と考えながらやると、抜けが出てしまいます。

あとは、既に出ていますが X=a+b とすると、よく知られた公式だけで解くことができて簡単になります。

Qa^(a+b)=b^24,b^(a+b)=a^6を同時に満たす1と異なるの正数a,bを求めよ

こんにちは。

[問]
a^(a+b)=b^24,b^(a+b)=a^6を同時に満たす1と異なるの正数a,bを求めよ。
[解]
a+b=24log[a]b
a+b=6log[b]a=6/log[a]b
なので
(log[a]b)^2=1/4
log[a]b=±1/2
a^(±1/2)=b
からどうしてもa,bが定まりませんどうすれば定まりますでしょうか?

Aベストアンサー

>a,b(>0)の大小関係のいかんによってはlog[a]b<0も有り得るのでは??

ええ、もちろん log[a]b を単独でみるときはそうです。でも、この式
   a+b=24log[a]b をみると、a も b も正の数ですから、左辺は
正の数ですよね。ということは、右辺の log[a]b は正の数でなければな
りませんよね?そういう意味で log[a]b>0 といったのです。
したがって、もし b=a^(-1/2)を log[a]b に入れると log[a]a^(-1/2)=-1/2
となり、a+b=-12 で「a,bは正の数」と言うことに矛盾してしまいます。

納得できたでしょうか。説明が足りなくてすみませんでした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報