友人が先々週見たという本があります。タイトルは「にちようおいで」だそうです。ひらがななのか、漢字なのかはわかりません。タイトル以外は古い本なのか新しい本なのか、作者は誰でどこから出版されていてなどのどんなこと情報も不明です。
 その本がもう一度見たくて上野の国際子ども図書館に探しにいきました。が、検索しても司書にお伺いしても、その本が見つからなかったのです。その子ども図書館の検索システムが少し融通が利かなかったのかもしれません。(知っている児童書を検索してみたのですが、国会図書館で検索しても出てこなかったから)
 もし、この本を紹介しているホームページをご存知の方、または詳しいことのわかる方、いらっしゃったらよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「にちようおいで」ではなく「にちようびおいで」ですね。



「にちようびおいで」さとうわきこ著/フレーベル館

この回答への補足

 前述どおり、メールを頂きましたのでその顛末を話させてください。
フレーベル館に問い合わせても、そのような出版物はないというのが返事でした。ただその時本のタイトルが1文字増えたタイトルで返事を頂きましたので、詰問になるという失礼は承知でしたが(なにしろそこしか手がかりがないと思って)、そのことをお聞きしてみました。同時にその根拠となったHPのURLも記し、またその根拠となったHPのほうへフレーベルの分社(?)出版のものという可能性はないかという問い合わせを出しました。
 その結果、先日両社から同時にメールが届き、「にちようびおいで」は書名ではなくフルーベル館から出版されている「おやすみのまえに」という短編集の中の一作品であると教えて頂きました!!
 ああ・・・感無量です。とても嬉しいです。友人にこっそり送ろうと思います(^^)。お忙しい時期ということでやり取りに時間がかかり、締め切るのも遅れて申し訳ありませんでした。回答ありがとうございました。

補足日時:2001/12/14 02:47
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 おお・・・ありがとうございます!
 これで友人に一矢報いることができるというものです。そして、国際子ども図書館の検索システムはへっぽこみたいですね。「日曜日おいで」「にちようびおいで」でも「にちよう おいで」でもひっかかってこなかったもん。
 フレーベル館のHPを拝見しましたが、どうも肝心のページが重くて重くてとても閲覧できないために直接問い合わせいたしました。申し訳ないけど、その返事が返ってくるまで質問を開いておきます。

お礼日時:2001/11/29 03:40

すいません。


もしかしたら、説明不足だったかもしれませんので、補足いたします。

「国立国会図書館でも、一般に流通している書籍すべてを所蔵しているわけではありません。つまり、日本国内の本の情報が全部入っているわけではないのです。
また、国際こども図書館も、流通している児童書・絵本の情報のすべてを持っているわけではありません。情報化されていない本は、たとえ検索キーワードを工夫しても、ヒットはいたしません」



>十数の古本サイトも含む本屋サイトでも見つけられなかったということは、仰っているように特殊な流通でしか出回らない本だったのでしょうか


絵本の場合、古本サイトにのるケース自体が少ないかと思います。
よほどの貴重性のあるものでありませんと・・・・

「探しています」タイプのサイトの方がまだ可能性があるかと思います。

この回答への補足

 回答ありがとうございました。「にちようびおいで」がなぜ、図書館の検索でも出てこずなかなか検索されず出版元に問い合わせても「こちらの出版物ではありません」という返事を頂いたかというと、「おやすみのまえに」という本の中の一作品だったからでした。
 フレーベル館にはお忙しいなか本当に丁寧かつ誠実な対応を頂きました。その返事によると、普通の書店に問い合わせても手に入るそうです。さっそく、大きな書店に出かけようと思います。明日が少し時間の余裕の出来る日なので、行って来ますね。回答ありがとうございました。

補足日時:2001/12/14 02:59
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
国会図書館は日本国内の発行物すべてを所蔵していると信じていたので、謎が解けました。
 回答ありがとうございました。つまり、友人が欲しがっている本はたまたま、とても入手困難な本だったわけですね。

お礼日時:2001/12/03 12:28

もう、結論は出ているとは思いますが、図書館の検索システムに対して誤解があるようですので、少し説明させてください。



まず、図書館の蔵書検索でわかるのは、基本的に図書館が「所蔵」している本の情報だけです。(お使いになったシステムは、いずれも蔵書検索システムです)
ですので、今回の場合は、国際こども図書館(こちらは複数館の蔵書だったと思いますが)も、国立国会図書館も、お探しの本を所蔵していないので、検索できなかったものと思います。
また、国立国会図書館では、その機能の性質上、児童書や絵本のたぐいの情報はあまり得られないものとお考えください。
児童書の検索には、現在のところ、都立図書館の蔵書検索システムが適していると思います。
http://catalog.library.metro.tokyo.jp/



さらに、絵本・児童書の探索に関しては、特殊な出版事情もからんできます。
幼稚園や保育園を通しての購入や、会員になって発行元から直接購入するなど、通常の流通ルートにのらない頒布システムがあるのです。(フレーベル館にもこのシステムがあります)
こうした本は、紀伊国屋やTRCといった取次を通りませんので、取次で作成している出版のデータベースの中にも情報が入りません。
(今回、お探しの本も試してみましたが、やはりヒットしませんでした)
また、寄贈でもされないかぎり、図書館で所蔵されるケースも多くはないと思います。(都立図書館でもヒットしませんでした)
おそらく、お探しの本は、この特殊ルートで発行されたものと思われます。

取次のデータベースにものらない、こうした本は、情報の入手が難しいだけでなく、現物の入手もまた難しいものです。
発行元に問い合わせても、すでに入手不可という場合が少なくありません。


絵本・児童書を見た場所が「書店」ではなく、どなたかの「家」や「図書館」という場合は、以上のような可能性もあるのだということを、ご理解いただければと思います。


最後に。
以下のURLで、お探しの絵本が、この夏、ラジオで朗読されたということが掲載されています。
ですので、発行はそれ以前のことと思います。
「おはなしの扉」
http://mbs1179.com/ohanashi/kako/01july.html
http://mbs1179.com/ohanashi/index.html

以上、ご参考までに。


(元・図書館用データベース作成者)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。検索システムについては誤解はしていないと思っています。検索端末の画面を見ても、「○○蔵書検索」などとありましたし、蔵書分だけでなければ子ども図書館と国会図書館のニ項目に分かれているわけはないでしょうから。
 ただ、誤解させる書き方になってしまって申し訳ない。実は前回の補足は一分はしょっています。知っている、一般で売っていた児童書数冊を検索してもどれもひっかかってこなかったため、検索システムが使いづらくて検索されない可能性もあるのではないかと思ってキーワード入力の仕方を何通りか試してみたのです。

 教えて頂いた参考URLは、googleで「にちようびおいで」を検索すると出てくるページですね・・・。ありがとうございます。これ以外のページが出てこない、十数の古本サイトも含む本屋サイトでも見つけられなかったということは、仰っているように特殊な流通でしか出回らない本だったのでしょうか。
 実は友人はどうも幼稚園でその本を見たようなのです。可能性はあるかもしれません。3日たった今、フレーベル館からまだ返答がありません。メールの書き方がいけなかったのでしょうか?もう一度HPを見てきてみます。
 詳しい説明をありがとうございました。
 

お礼日時:2001/12/01 13:48

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q図書館員や図書館が舞台の小説

図書館員が主役や主な登場者だったり、図書館が主な舞台として出てくる小説はありますか?

図書館戦争みたいなSF系でなくて、現実的なものです。

Aベストアンサー

「おさがしの本は」(門井慶喜)図書館のリファレンス・サービスをしている男性が主人公。図書館にやってきた副館長は図書館閉鎖派。彼の主張に反するために、リファレンス・サービスをかってでるが、難問で……というお話です。

Q図書館におばあちゃんの知恵袋という本はあるのにおじいちゃんの玉袋という本が無いのは何故ですか?

図書館におばあちゃんの知恵袋という本はあるのに、おじいちゃんの玉袋という本が無いのは何故ですか?

Aベストアンサー

みんなババアの知恵には多少なりとも興味はあるでしょうが、ジジイのもう使い物にならない玉袋に興味があるのは一部のド変態だけだからです。そんでその変態たちは、マーケティングのターゲットにするにはあまりにも絶対数が少なすぎるからです。

あなたが年寄りになって、もう死ぬ以外にやることがないくらいヒマになったら、そういう本を自分で書いてみましょう。当然自費出版というかたちになるでしょうが、わたしは買います。あなたが男なのか女なのかはわかりませんが。

頑張ってください。

Q図書館の本で以前あって現在ない本は何処へ?

図書館の本で以前置いてあって、現在はないものはどうなっているのでしょうか?また同じくツタヤなどのDVDなんかでも以前あって今はないのはどうなっていますか?

Aベストアンサー

うちの町の図書館は1年に一回整理し、不要本は、ほしい方に無償放出します。
(この日は平日の昼間なので、ビラ情報でしかないですが。)

本は基本的に図書館で買ってもらうと決めていますので、
結構な量の本を買ってもらってきましたが、その本が
3年もあることはまずないですね。
人気のある本ならボロボロになる前に、持ち去らせていますし、
人気のない本は整理で処分されていくようです。

Q本の題名を教えて下さい。30年程前に図書館で読んだ本がもう一度読みたい

本の題名を教えて下さい。30年程前に図書館で読んだ本がもう一度読みたいのですが探せません。外国の少女が仮面の騎士となって悪者を暴くような内容です。昼間は学生で寮に住んでいたような…仮面少女ファンテッド…というような題名だった記憶があります。シリーズ5冊くらいありました。もう絶版かもしれませんがお心当たりのある方情報お願い致します。

Aベストアンサー

「国際子ども図書館」
http://kodomo3.kodomo.go.jp/web/ippan/cgi-bin/fKJN.pl?act=KW
ここで、「仮面少女」で検索してみると
_
『少女名探偵ファントメット』シリーズ(全5巻)
ジョルジュ・ショ-レ/作
南本史/訳
赤坂三好/絵
ポプラ社/刊
1.『少女名探偵あらわる』 1975/07
2.『秘密のふくろう団』 1975/09
3.『四人の仮面少女』 1975/09
4.『タイムマシンのなぞ』 1975/11
5.『仮面の少女と王子』 1975/12
_
この本が出てきました。シリーズ名も質問の「仮面少女ファンデット」に近いのでこれではないかと思います。
_
『少女名探偵ファントメット』シリーズの解説
http://www.d-b.ne.jp/yohji/Mdata/fantomet1.htm

Q図書館の本のカバーについて

図書館の本のカバーについて

カバーフィルムで本をカバーしたいのですが、自分でやってもなかなか上手くいかないことと、冊数が多いので、業者に委託しようと思っています。
名古屋市内でそのようなサービスをしているところはないでしょうか。持ち込みが出来るところが良いです。
インターネットで探してもイマイチ上手く見つけられません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

再び、NO1です。
今、ユーチューブで、フィルム貼りの動画がないかと、検索したら、動画がでてきました。
人によって貼り方が違いますが参考にしてみてください。

ユーチューブで「ブックカバーかけ作業の様子」で検索するとでてきます。

フィルム貼りの業者が見つかればよいですが、もし、見つからなかったら参考にしてください。

http://www.youtube.com/watch?v=i9O_1JeGNH0


人気Q&Aランキング

おすすめ情報