プロが教えるわが家の防犯対策術!

こんにちは、rimowa777と申します。

オーディオの初心者なのですが、このたび、コンポが壊れてしまったので、全て買い替えをします。みなさんのお知恵を拝借できればと思います。

いろんなサイトや実際に量販店に行ってみてきたところ、たくさんあって見れば見るほど悩んでしまいました。しかし、デザイン的な好みと、マランツは癖のない自然な音を出すという理由からクラシックには適していると思い、以下の二つを購入しようと決めました。
●プリメインアンプ MARANTZ PM-15S1
●CD/SACDプレ-ヤ- MARANTZ SA-15S1

あとは、予算は50万以内くらいでスピーカーの購入を考えています。もちろん安ければ安いほどいいのですが、長い間使うので、性能の方を重要視してます。そして、コストパフォーマンスのよいものがよいです。
主な用途は、クラシック(ピアノが主体の交響曲を聞きます)です。

上記のアンプとプレーヤから、いい音がしそうなスピーカーを推薦していただけないでしょうか?もちろん、みなさんの意見を元に視聴しに行きたいと思います。
ちなみに、今のところ、候補として考えているのは以下です。これらの評価でもかまいませんし、新しいスピーカーでも問題ありません。

●SONUS FABER CONCERTO DOMUS
●DALI ロイヤルタワー
●DALI Helocon 400
●B&W 805S
●B&W 804S
●LINN NINKA
●LINN ESPEK
●ATC SCM35

宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

No.3です。



>どれから手を出していいのか
これは、どんな種類の製品についても同じでしょう。新製品も出てきますし、新技術や新フォーマットも開発されています。ただ、オーディオの世界で厄介なのは、他の工業製品と異なり、解決されるべき課題があってないような曖昧なものでしかなく、主観や感性に支配される部分が極めて大きいという点があります。
ですから、どんな音が「良い音」と感じるのか、手当たり次第に聴き漁って探っていくしかないかもしれません。時間はかかるかもしれませんが、確かな方法です。

>お店で聞くのと家の中で聞くのとの差がどのくらい違うのか
これは、2種類の意味で考える必要があると思います。1つは、よくいわれることですが、店と家とでは環境が違うということです。そして2つ目に、店での音がベストの音ではないかもしれないということです。

オーディオ専門店はともかく、家電量販店などでは高級機でも悲惨な扱われ方をしているところが少なくありません。そんな状況で鳴らされても、本来の音では鳴ってくれませんから、正しい判断ができなくなるということが考えられます。

逆に、よい店は、そういったノウハウを知っていますから、安い製品でもベストの音を引き出す方法を知っています。オーディオ専門店は概して量販店より高いですが、そういったノウハウの料金も含まれていると考えれば安い物だと思います。

(ノウハウはハウツーとは違います。どんな条件でもその中で最高の仕事ができるのがノウハウ、設例に模範解答できるのがハウツーです。株のハウツー本を読んでも儲からないのと一緒です。)

購入後の話ではありますが、ノウハウの豊富な店はどういうセッティングをすればベターか知っていますから、購入後にいろいろと相談されると良いでしょう。(ノウハウがありそうな店かどうか、見抜くのも「賢い顧客」というノウハウですが....)
    • good
    • 0

再度NO4です。


ご丁寧なお礼をいただきましてありがとうございました。

私がDS2000や3000をお薦めしたのはほんの一例で、すでに古い高級スピーカーなので今頃はいい音を出してくれるのでは?と云うスケベ心からお薦めしたものです。

本音はTANNOYのSTIRLING-HE(1本25万円弱・下記URL参照)をお薦めなのですが、10インチ(25cm)級のスピーカーを使用しています。
このクラスになりますと俗に云う馴らしの作業が掛かります。
私も昨年同機を新品で購入しましたが、未だに本来の音に到達しておりません。

今メインにしている同社のWMRと云うスピーカーは今最高の音になっていますが、5年以上レストランで使われていたものをその店が閉店する際譲り受けたものだからです。

16cmとか12cmのスピーカーにはあまりこの馴らしは必要ないので、デザインとご自身の感性にあったものをお選び下さい。

いずれにしても、もし購入後?になったらオーディオ店に下取りしてもらい次のスピーカー選びに挑戦なされては如何ですか?
どれを買おうか?と云う時が一番楽しい時なのですから・・・。

参考URL:http://www.teac.co.jp/av/import/tannoy/stirling. …
    • good
    • 1

マランツといえばB&Wというのが定番だそうですが、私は巷の評判は全く


知らず、自分の耳を頼りに試聴して、B&W 805 MatrixとPM-90とSONY CDP-R3
の組合せにたどり着きました。ジャンルはジャズが多いですが、クラシック
(バロック期のもの・室内楽・たまにピアノソナタ等)からハードロック、ニューエイジと
割となんでも聴くほうです。

B&Wは私はツイータに惚れました。ジャズ系でいうと、シンバルが綺麗に
鳴るんです。ややスピード感が有りすぎるといって敬遠する方もいるらしい
ですが、私には丁度よく感じます。ただ、優等生的というか、たしかに
スタジオモニター的に定位もよくわかる代わり、あまり特徴がないかも
しれません。私にはしかしそれは「バランスのよさ」と感じられます。

私が犯した愚のひとつは、スピーカースタンドをすぐ買わなかったこと。
システムを組んで数年後、ようやくスタンドを買って音の違いに愕然と
しました。

B&Wはカラヤンが使っていて有名になったというのも、かなり後になって
から聞いた話です。私は好きです。B&W。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

jedimasterさん、ご回答ありがとうございます。

B&Wは、長時間聞いていて飽きないということから、今回の選択肢にいれました。
それに、ツイーターがよいというのは同感です。
また、私はそのデザインも結構気に入ってます☆

最近は、音はもちろん一番重要なのだが、そのデザインも重要だなぁと感じつつあります☆

そして、いろいろ聞いて迷ったときは、最終的に一番最初に耳についた、優等生のB&Wを買ってしまいそうな気がします。笑。

時間はまだまだあるので、買うまで楽しみたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/11/08 00:34

こんにちは。

オーディオ&クラシック音楽好きです。

何を持って「癖がない」「自然」「いい音」と感じるかは人それぞれですので,やはりご自身で試聴される以外に方法はないと思います。試聴のときには,良し悪しを順位づけするのではなく,性格の違いを聴き分けるようにするのがポイントだと,個人的には思います。

参考までに,私は以前,マランツのPM-SA14とB&Wの804の組み合わせ(質問者さんが挙げていらっしゃるモデルの一世代前のもの)で主にクラシックを聴いていました。

上記組み合わせは,明瞭度が高く,強い個性がない(あくまでも,私にとっては,ですが)分いろいろな音楽に対応でき,私の個人的好みには合っていました。試聴の時にSONUS FABERと相当悩んだのですが,決まった理由はどちらがいい音,という問題ではなく(どちらもいい音でした),どちらが自分の好みに合うか,でした。

SONUS FABERですと,B&Wよりはかなりたっぷりとした鳴り方になると思いますが,オーケストラの曲を分析的に聴くようなアプローチには向かないかもしれません。逆に言うと,B&Wは,SONUS FABERに比べると,部屋を響きで満たしてゆったりと,という感じにはなりにくいです。

LINN,DALI,ATCは未聴で,私なりのイメージは持っていますが,ここに書いても雑誌の受け売りになるだけなので,ノーコメントとさせていただきます。申し訳ありません。その他,私が聴いて印象に残っているのは,TANNOY,ELACです。

*個人的には,雑誌の評論を参考にすること自体は,悪い事だとは思っていません。ランキング,点数,○○賞受賞,といったところはあまりあてにしませんが,
・同じ人がいろいろな機種にどのような性格の違いを感じ,それをどう文章化しているか
・同じ機種を違う人がどのように表現しているか
・個々の評論家がどんな傾向の音を好んでいるか,それは自分の好みとどう違うか
などに注意して読み込んでいけば,どんな製品か,自分の好みに合いそうか,といった所は,おおざっぱにはイメージできてくるようになると思います。
また,このあたりに筋が通っていない評論家はあまり信用ならない,という事にもなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Ta595さん、ご丁寧な回答ありがとうございます。

SONUS FABERとB&Wで悩まれたということで、なんだか自分と似通っているところがあるなぁと感じ、非常にコメントを興味深く読ませていただきました。

実は、DENONとDALIのHelocon 400を聞いて、Helocon 400も興味を持ってしまったため、今は上記2つとDALIの3つで悩んでおります。

でも、アンプが違うとスピーカーの鳴りも変わってくるので、やはりアンプとスピーカーの組み合わせをして確かめないとなぁと思ってます。

そしてまた、選ぶ際のアドバイスも参考になりました。

じっくりと選んで、自分の好みのいいものをそろえたいと思います。

お礼日時:2005/11/08 00:28

http://www.teac.co.jp/av/import/tannoy/autogra_m …
クラシックがメインであれば是が御勧めです。
コンパクトサイズですが、音はまさにオ-トグラフです。
マ-ラ-やシベリウスなどの大編成オ-ケストラも楽しめます。

色々な音楽を聴くのであれば、純正の組み合わせであるB&Wですね。
是なら何でも聴けます。

LINNは全てLINNで統一しないと難しいです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

esoterikさん、ご回答ありがとうございます。
タンノイ製品には、ちょっと興味はあったのですが、マランツのアンプとの組み合わせがベストではないんじゃないだろうかと思い、今回は外しました。
個人的には、STIRLINGあたりに食指が動いたのですが、自分の部屋の雰囲気などを勘案し、やめちゃいました。笑。

また、LINNは全てLINNで統一しないと難しいという意見は参考になります。
友人などは、逆の意見をいってくるので、やはり自分の耳で確かめて、楽しんできたいとおもいます。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2005/11/08 00:23

15S1を所有しています。


普段はあまり聴かないのですが、改めてつなぎ直してみました。
貴殿のリストには無いのですが、6本程の30cm以上のSPを聞き比べましたが、ダイアトーンのDS2000は結構良かったです。

POPSやFMにはチョットでしたが、ご希望のピアノ曲には目を瞠る物があり、改めてこのSPの良さを知りました。

当然中古品しか入手できませんが、新品を馴らすのにほぼ数年かかる事を考えれば既になれた状態になっている事を考えれば・・・。
それにこのDS2000あるいは3000は当時簡単に買えないSPでしたので、傷もなく大切に扱われた方が多く、綺麗な物が入手できる可能性大です。
オーディオ店やヤフオクでも20万円程度で入手できると思います(私は一昨年24万円で元箱付きを入手しました)。
長岡鉄男氏の評(雑誌社やメーカーに媚無いと思っています)を下記に載せておきますので、ご参照下さい。

※DALIやLINNは私見ではmarantz製品とは相性が良くないように感じています。

余ったお金で、SACD等のソフトの購入をお薦めします。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/2001odakun0801/subdte …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

docmaloyさん、ご回答ありがとうございます。
ダイアトーンは、名前は聞いたことはあったのですが、音は全く聞いたことがございません。
でも、そこまでお奨めされるとちょっと気になってしまいますが・・・笑

中古屋も巡るつもりでおりますので、その時にあった際には是非視聴してみたいと思います。

でも、いろんなウェブを見ていると、昔のスピーカーの方が高評価だったりするんですね。。。
時代を経て、技術改良されて、よいものになっていると思っているのですが、そう簡単にはいかないものなんですかね。

DALIやLINNは私見ではmarantz製品とは相性が良くないという意見は参考にさせてもらいます。
DALIは、DENONとの組み合わせで聞いたことはありますが、マランツとはないので、ちょっと興味深々です。

時間の許す限り、視聴したいものです。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/11/08 00:18

marantzは癖がないというか、「癖がないと聞こえるように頑張る癖」があるように思いますが、それはそれとして...(悪いメーカーという意味では、もちろん、ありません。



候補に挙げておられるスピーカーですが、いずれも、相当なキャラクターの違いがありますので、どれがお勧めとか、雑誌で高評価とか言うことではなく、是非とも一度はご自身の耳でお聴きになったほうが宜しいかと思われます。

その前提の上で、Sonus FaberとDALIは強いキャラクターを持っているので、万人受けする音ではないと思いますが、はまる人には手放しがたいメーカーだと思います。なお、Helicon 400が購入可能なら、あえてRoyalシリーズということはないと思います(サブシステムは別として)。

B&Wは、良くも悪くも優等生的な音で、個人的には好みませんが、雑誌などでは間違いなく上位のランキングを占めています(業界人に聞くと、雑誌の評価は「大人の事情」が絡むらしいので、まったくアテになりませんが)。

LINNも優等生だと思いますが、プレーヤー、スピーカー、ケーブル類など、あらゆる関連製品を作っていますので、すべてLINNで統一しての世界かもしれません。
また、独自の販売網を持っていて、いかに高級オーディオショップといえど、LINN本社の眼鏡に適わないと商品を置かせてもらえません。それだけに、LINNの取扱店は熱狂的にLINN製品を売り込む傾向にあるようですので、ちょっと手を出しにくい部分があると思います。

ATCは、概してアンプを選ぶようです。また、marantzとは方向性がまったく異なるように思いますので、他の組み合わせと比較した上で検討されたほうが良いでしょう。

他に、個人的に耳に残っているメーカーとしては、
TANNOY
ELAC
Monitor Audio
SPENDOR
Harbeth
JM labs.
Victor
Pioneer
この辺りでしょうか。

高い買い物ですから、ご自身の耳で判断されることを強くお勧めします。上記はあくまでもご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Yorkminsterさん、ご丁寧な回答ありがとうございます。
非常に参考になります。

やはり、最後は自分の耳になるとはわかっているものの、どれから手を出していいのかたくさんありすぎてわからなくなります。笑。
そして、一番怖いのは、お店で聞くのと家の中で聞くのとの差がどのくらい違うのかということです。

Yorkminsterさんのアドバイスをもとに、またいろいろと視聴してきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/11/08 00:11

NO1の補足です、


ビクターのスピーカーの価格は一本分です、
もう少し安くてお勧めは、JBL4318 一本15万です、
    • good
    • 0

貴方の購入予定のマランツはいずれも最新の良い製品です、


ビクターSXーL77 29万円 クラスのスピーカーが良いでしょう、オーディのこのクラスの人気投票ではいつも上位です、
クラッシックにも良いでしょう、
貴方の上げた候補もどれも良いもので、どれを使っても問題ありません、
良いアンプを使えば、このクラスのスピーカーはどれでもあまり変わりません、みんな良い音がしますよ!あとは個人の好みです、
私がかって聞いた組み合わせは
CDプレーヤー  :  DENON DCD SA500
アンプ     :  DENON PMAー2000
スピーカー   :  ビクターSX L77

参考URL:http://www.jvc-victor.co.jp/audio_w/product/hifi …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

tokimuneさん、回答ありがとうございます。
参考になります。
クラシックを聴くにあたっては、日本のスピーカーでは音楽の表現が充分でないと友人からアドバイスを頂いたもので、実は国産は頭から外してました。
しかし、おすすめされるとちょっと気になりますので、試聴してきたいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2005/11/07 19:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QマランツとB&Wは相性いいんですか?

単品コンポを色々検討しているのですが、アンプとプレーヤーはマランツかデノンにするつもりです。
入門用にはいいらしいからというだけで、深い理由はありません。
廉価品の価格を見るとマランツの方が少々安いようなので、どちらかと言えばマランツにすると思います。
問題はスピーカーです。
何がいいのか全くわかりません。
置き場所をあまり選ばないという事で一時はボーズがいいかとも思いましたが、実際にはブックシェルフ型とトールボーイ型のどちらがいいかも決め兼ねている有様です。
そしたらマランツのサイトで、B&Wとのセットが紹介されていました。
メーカーのサイトで奨励しているくらいなら、この両者は余程合うのでしょうか?

Aベストアンサー

No.2 です。

ご予算が10万円となると、CDプレーヤー、アンプ、スピーカーにそれぞれ3万円、ケーブル、アクセサリーに1万円くらいという配分になると思います。これだと、CDプレーヤーやアンプは DENON か marantz に...という方向にならざるを得ないかもしれませんね。総額15万円くらいだと、かなり幅広い選択ができるのですが...

敢えて他のメーカーをお勧めするなら、アンプに CEC AMP3300R をお勧めします。もしくは、CDプレーヤーを CD3300R に。独自性を出すというのもありますが、値段を考えると非常に高いポテンシャルを持っていますので、他の部分をアップグレードしてもそのまま使い続けられます。

スピーカーは、お部屋が6畳とのことですが、ペア3~4万円のスピーカーなら、たいていの場合ブックシェルフの方が良いといって間違いないと思います。ただし、別途スタンドを使うか、頑丈なローボードのような家具の上に置く必要があります。

この価格帯のスピーカーだと、TANNOY Mercury F1 か F2、Highland Audio AINGEL3201 あたりでしょうか。Monitor Audio Bronze B1 も手が届くかもしれません。

あとは、ラインケーブル、スピーカーケーブルに、monitor の安いものを。金額的に苦しければ、ラインケーブルは、ブリスターパックで売られている Victor や SONY の安いものでも間に合います(溶接タイプが良い)。

もう1つの選択肢は、単品コンポではなく、ミニコンポにしてしまうことです。たとえば、Victor の EX-A1 や、EX-A10 + XV-EXA10 などは、かなり面白い製品だと思います。

No.2 です。

ご予算が10万円となると、CDプレーヤー、アンプ、スピーカーにそれぞれ3万円、ケーブル、アクセサリーに1万円くらいという配分になると思います。これだと、CDプレーヤーやアンプは DENON か marantz に...という方向にならざるを得ないかもしれませんね。総額15万円くらいだと、かなり幅広い選択ができるのですが...

敢えて他のメーカーをお勧めするなら、アンプに CEC AMP3300R をお勧めします。もしくは、CDプレーヤーを CD3300R に。独自性を出すというのもありますが、値段を考えると非常...続きを読む

QデノンとマランツのCDプレーヤーの音質の違い??

デノンとマランツのアンプは
デノン・・・押し出しが強い。中低音の充実。
マランツ・・・きらびやかな中高音。透明感のある音質。
と言われますが、
CDプレーヤーの方は、どういった傾向で
音作りがされているのでしょうか?

Aベストアンサー

どちらも持っていますので大まかな傾向を。

DENONはどちらかというと音像重視。低音の解像度が高く、安物の古い1bit系DACのプレーヤーではただの低音の塊にしか聞こえないのが、DENONだとそれがどんな楽器でどこで演奏しているかまでわかる感じです。
反面、きつい音も平気で出します。
私は主にジャズやロックを聴くのに使っています。

マランツは音場重視で、空間の再現性に優れています。また女性ボーカルの伸びもよいですね。若干押しが弱いです。
女性ボーカル曲やクラシックはマランツを使っています。

おおむね、質問者氏のイメージに合致しているのではないでしょうか。
以上はどちらも中級機で、かつ私の個人的感想ですから、上位機ではまた違ったイメージになるかもしれません。

Qバイワイヤリング接続のメリットとデメリットを教えて下さい。

近年のSPは当たり前のようにバイワイヤリング接続に対応していますが、
そもそもこの接続方法で、サウンドはどのように向上するのでしょうか?

ある程度の効果があるからこそ、バイワイヤリング接続対応のSPやアンプが製造されているのだとは思いますが、
他の掲示板では「音質は変わるが、上方によくなることはあまりない」との意見も目にしました。

そしてこの「音質が変わる」、ですが、具体的にどのように「変わる」のでしょうか?

一方「ノーマル接続」のままの方がサウンドの面で優れているところを教えて下さい。

Aベストアンサー

バイワイヤリング接続とバイアンプ接続の違いについては、以下のページを参照して下さい(たまに混同している人がいるので、念のため)。

http://www.dynavector.co.jp/lecture/biwiring.html

バイワイヤリングの効用については、手前味噌ですが、以下のQ&Aの回答No.3, 5で当方が説明しています。端的にいえば、ウーファーの逆起電力がツイーターに影響するのを少しでも防ぐ、ということです。

http://okwave.jp/qa3270275.html

>> 具体的にどのように「変わる」のでしょうか? //

音を言葉で言い表すこと自体が困難なので、「どのように」というのを説明するのは容易ではありません。敢えていうなら、明瞭さが向上するといえるでしょう。逆に、整理された音になるともいえるかもしれません。

その「他の掲示板」でも指摘されているように、その変化が必ずしも望ましいものとは受け取られないこともあります。たとえば、「明るい音」といえば聞こえは良いですが、歪みの多い音を「明るい音」だととらえることもあります。ある人にとっては「明るい音」でも、他の人にとっては「歪みの多い音」になるということです。

なお、「ある程度の効果があるからこそ、バイワイヤリング接続対応のSPやアンプが製造されている」とは限りません。ミドルクラス~ハイエンドのスピーカーでも、敢えてシングル接続しかできない構成のものも少なくありません。

これは、1つには帯域分割ネットワークの設計による差があります。上記のリンク先で描かれているように、ふつうのネットワークは低音用・高音用が別々に独立しています。これを並列型といったりしますが、対して、直列型といわれるネットワークもあり、低域用・高域用が分離できない構成になっています。

また、メーカーとしては「シングル接続で完成された音」として売っていて、バイワイヤにすることで、かえってメーカーが意図しない音になることを防ぎたい意図もあるでしょう。

ことほど左様に、「変わるには変わるが、それを言葉でどう表現するか、それを良いと判断するか悪いと判断するか」は、聞く人次第でいかようにも変わり得る、ということです。

バイワイヤリング接続とバイアンプ接続の違いについては、以下のページを参照して下さい(たまに混同している人がいるので、念のため)。

http://www.dynavector.co.jp/lecture/biwiring.html

バイワイヤリングの効用については、手前味噌ですが、以下のQ&Aの回答No.3, 5で当方が説明しています。端的にいえば、ウーファーの逆起電力がツイーターに影響するのを少しでも防ぐ、ということです。

http://okwave.jp/qa3270275.html

>> 具体的にどのように「変わる」のでしょうか? //

音を言葉で言い...続きを読む

Qクラシック音楽を聴くのにイチオシのアンプは?

PCオーディオ環境で、とくにクラシック音楽などの鑑賞に充分耐えうるおすすめのオーディオ向けプリメインアンプを教えていただければと思い投稿させていただきました。

主に古楽やオペラを聴くにあたって、とくにオペラの声楽部分はもちろん、(ヒストリカルな)チェンバロの透明感ある精密な響きと、バロック・ヴァイオリンなどの繊細な弦楽器の響きが豊かに表現されるものを購入したいと考えています。

スピーカーはTANNOY(タンノイ) Reveal 601pにしようと思っています。これと相性がよく上手く鳴らせるものを教えていただければ幸甚です。

方法としては古楽やオペラクラシックCDの音楽を無劣化(無損失)のWAVファイルでパソコン(Windows7)のHDDに保存しステレオ(2ch)のオーディオスピーカーに出力し観賞したいと考えています。
(ちなみにWAVなどの音源以外にも動画再生やゲームなどPC音全般をそれで鳴らすつもりでおりますので、LAN接続によるネットワークオーディオ再生は考えておりません)

アンプの予算は5万円以内です。オークションなどでの中古品入手は考えていません。変なもので妥協せず(予算は上げるとキリがないのでコストパフォーマンスも重視しますが)予算内でもきちんとした高品位のものを買いたいと思っています。
(田舎に引っ越し予定ですので未定ですが)部屋は6-12、3畳で、PC内蔵の「Xonar Essence STX」というアナログ接続に強みのあるオーディオカードからアナログ接続でアンプにつなげるつもりです。(Xonar Essence STXは現在すでに所有しコンポにつないで使用しています)

◇接続(予定)
PC(Windows7)→Xonar Essence STX:オーディオ(サウンド)カード(PC内蔵)→(アナログ接続)【アンプ】→TANNOY Reveal 601p

TANNOY(タンノイ) Reveal 601p
http://www.tcgroup-japan.com/TANNOY/studio/products/NEW_Reveal/

Xonar Essence STX:オーディオ(サウンド)カード
S/N比 124dB
http://www.asus.co.jp/Multimedia/Audio_Cards/Xonar_Essence_STX/#specifications


アンプの候補としては現段階では
(a)ONKYO A-9050
http://www.jp.onkyo.com/audiovisual/purecomponents/amplifier/a9050/spec.htm
をまず考えているのですが、これ以上に予算内で上記の目的にかなっているアンプがあれば挙げていただければ幸いです。

他にもざっと以下のような製品を候補にピックアップしてみたのですが、こういう場合、音質にかかる技術は年々進んでいるものであるからより最近に発売された製品の方を買う方が良いのでしょうか。
例えば、価格帯3~5万円のアンプを買うとしても(ONKYO A-9050のような)最近発売の物を買う方が良いのか、それとも2~4、5年前発売のワンランク上の価格帯の物で予算内まで安くなっている物(ONKYOA-933のような)を買う方がパフォーマンス的にはお得なのでしょうか。

(b)DENON PMA-390RE(SP)
(c)パイオニア インテグレーテッドアンプ A-30
(d)TEAC A-H01-S
(e)マランツ PM5004
(f)マランツ PM7004
(g)DENON PMA-1500SE
(h)ヤマハ A-S700
(i)ONKYO A-933

※当初はネットワークオーディオ再生やインターネットラジオradiko.jp視聴などの先進機能に惹かれONKYO TX-8050を考えていたのですが、メインの使用目的はあくまでアナログ接続音源の高品質再生ですので、アナログ接続音源の再生品質の高いものを考えています。

さらに、(あくまでPC音声ファイル再生のついでとなりますが)TVとPS3にもつなごうと思っています。この場合、PS3はHDMI端子で(アンプに直接ではなく)TVにつなげるということになると思っているのですがそれで良いのでしょうか。そして、そのTVの音声を光接続端子でアンプにつなげることになると考えていますので光入力端子が少なくとも一つ必要と考えています。そうすると、光端子のない

DENON PMA-390RE(SP)
http://www.denon.jp/jp/Product/Pages/Product-Detail.aspx?Catid=382c2279-a153-4d3c-b8fa-81b930454f67&SubId=af1fd175-db30-4e92-8d89-aab4db1ab958&ProductId=PMA-390RE#.ULX_mGfVquk

マランツ PM5004
http://www.marantz.jp/jp/Products/Pages/ProductDetails.aspx?Catid=HiFi&SubCatId=Amplifier&ProductId=PM5004#.ULX_8GfVquk

などは候補から外れる形となってしまうと考えています。しかしながら、光端子を持つアンプは(利便性はあっても)例えば同等価格帯製品の場合、アナログ端子に特化したアンプより音質面では相当程度もしくは数段品質は落ちると考えた方がいいのでしょうか。光端子にはこだわらずアナログ端子のみのアンプを選ぶべきでしょうか。
もしそうならば(TVの方でアナログ音声出力ができるものもあるかも知れないので)TV側でそういうものを探す必要があるかと考えています(TVもアンプもまとめて買い替えを検討しているため)。


それぞれ皆さんの主観的な意見で全くかまいませんので、おすすめのアンプが他にもあればお教えいただければ嬉しいです。参考にさせていただき挙げていただいたものを試聴しに行きたいと思います。


また、スピーカーTANNOY Reveal 601pにはアンプとつなげる際のケーブルが付いていないようですので、どのようなものを買えば良いのか教えていただければ幸いです。
オーディオケーブルは買ったことがなく全くの初心者なため相場感などもなく、これといったこだわりなどは分からないのですが、手頃な価格で品質の良い定番品から、そこそこ値が張るとしてもイチオシのスピーカーケーブルなどあれば教えていただければ幸いです。

※ちなみに、PCからアンプへのアナログ接続には以下の手持ちのケーブルを使うつもりです。

Audio-Technica AT564A/2.0 ゴールドリンクオーディオケーブルファイン 2.0m ピンプラグ×2⇔ピンプラグ×2
http://www.audio-technica.co.jp/atj/show_model.php?modelId=344

スピーカーケーブルとしてはAudio-Technica製品はどうなのか、また他にもおすすめのメーカーや品番をお教えいただければ助かります。

音楽観賞が自分にとって一番大事な趣味ですので、ぜひ専門家の方やその方面にお詳しい方、実際にオーディオ機器を使われている方々のアドバイスやご意見を伺えれば幸甚です。

以上、初心者の長々とつたない質問にて恐縮でございますが、ご指導、アドバイスのほどよろしくお願い申し上げます。

PCオーディオ環境で、とくにクラシック音楽などの鑑賞に充分耐えうるおすすめのオーディオ向けプリメインアンプを教えていただければと思い投稿させていただきました。

主に古楽やオペラを聴くにあたって、とくにオペラの声楽部分はもちろん、(ヒストリカルな)チェンバロの透明感ある精密な響きと、バロック・ヴァイオリンなどの繊細な弦楽器の響きが豊かに表現されるものを購入したいと考えています。

スピーカーはTANNOY(タンノイ) Reveal 601pにしようと思っています。これと相性がよく上手く鳴らせるもの...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。私もPCオーディオでよくクラシック音楽を聴きます。特に最近は寒くなってきましたので、休日も外出しないで六畳間でコタツに入って、ミカンとコーヒーを前にゆっくりと室内楽などを聴くのが、ささやかな至福の時です(笑)

実は先ほど私も相談事があって投稿したところで、そのついでと言っては何ですが、皆さんの投稿を拝見していたところ、質問主様の好きな音楽のジャンルやスピーカーの嗜好が少し私と似ているかなと思い、親近感を覚えまして、ささやかですがお力になれればと思い、書かせていただきました。

私のスピーカーは同じ英国製のハーベスHLコンパクトという製品で、私は残念ながらTANNOY Reveal 601pの音を実際に聴いたことはないのではっきりとは言えませんが、もしいわゆるタンノイらしい音が出るスピーカーでしたら、大まかな傾向というか、広い意味でのコンセプトは似た方向ではないかと思います。いかにも良い意味で伝統的な英国製をイメージさせてくれる音で、いわゆるハイファイからはちょっと距離をおいた感じの、サウンドというよりはアコースティックの演奏会の空気感ごと音楽を心地よく聴かせてくれるスピーカーですよね。ただ、ちょっとだけ、そうした本来の良さを引き出すのにはコツが要る点も、おそらく似ているのではないかと思います。

そこで、そうした英国製の良さを活かして、ことにクラシックの弦楽の、いかにも美しい響きの空気感を感じるのに適したアンプとなりますと、候補に挙げられていた一連の国産プリメインも素晴らしい性能で良いと思うのですが、私個人的には、ちょっと目先を変えて真空管式のアンプで行くのもいいのではいかな、と思います。
もちろん真空管アンプといっても、高価なモノから安いモノまでピンキリで、音色も決して「真空管だからこういう音」なんて言えるほど単純なものではないのですが、ご予算から考えますと、例えばこんなお店のオリジナルアンプなどを狙ってみるのも一興かなと思います。
http://www.e-kasuga.net/aboutus.asp

私も10年ほど前、アンプにラックスのL-560という製品を使っていたところ、パワー部が故障して使えなくなってしまいまして(なんと自身の放熱で自身のパーツが溶けてしまいました!)、プリ部だけは何とか修理できたので、応急措置のつもりで、たまたま通りかかった秋葉原のパーツ屋さんの店先にあった、小さな「お手製50BM8プッシュプルパワーアンプ」を「だめでもともと」ぐらいの気持ちで試しに買って使ってみたところ、なんとL-560のパワー部を遙かに凌駕する、驚愕の美音でHLコンパクトが鳴りだしまして、そこで私は初めて真空管アンプに出逢った次第でした。特に弦楽器の音色は「生演奏よりも気持ちのいい音」でした。ちなみにその50BM8PPアンプのお値段は4万円でした。ほんとうに、「オーディオは値段ではない」ですね!

ケーブルについても、私は個人的には、安いモノで十分だと思っています。今使っているのは、大阪の逸品館さんのオリジナル製品の中で一番安いモノ http://www.ippinkan.com/index.html で、メーター1400円ぐらいでしたが、このくらいが、「さすがに普通の電線とは違うと認識できて、なおかつ、メーターウン万円の高価なケーブルなんていらないや、と実感させてくれる製品」ではないかと思います。
きっとこの手の製品は、他にもいろいろあると思いますが、探して見つけ出すとなると大変ですね。一つの方法としては、信頼できるオーディオ点の店員さんとか、経験豊富な方から、「利害ヌキで」お薦めのものを教えていただくことができれば、それが一番早道かな、と思います。

正直私は光接続云々の先端技術には疎くて、その方面に関してはコメントできなくて申し訳ないのですが、メインはあくまでもアナログという方向で考えておられるのでしたら、きっと参考にしていただけるのではないかと思います。
ちなみに、アナログということでいえば、アナログレコードのほうは興味はないでしょうか。最近のCDは、特にクラシックの最新録音のモノは一昔前とは全然違う柔らかくて心地よい音になっているとは思うのですが、タンノイのスピーカーで弦楽演奏の心地よい空気感まで再現したいということであれば、まさに「上から下までアナログずくし(笑)」で固めてみるのも、一つの方法として面白いのではないかな、という気がするのですが、いかがでしょうか。。。。

長い拙い話で申し訳ありません。失礼いたしました。

こんにちは。私もPCオーディオでよくクラシック音楽を聴きます。特に最近は寒くなってきましたので、休日も外出しないで六畳間でコタツに入って、ミカンとコーヒーを前にゆっくりと室内楽などを聴くのが、ささやかな至福の時です(笑)

実は先ほど私も相談事があって投稿したところで、そのついでと言っては何ですが、皆さんの投稿を拝見していたところ、質問主様の好きな音楽のジャンルやスピーカーの嗜好が少し私と似ているかなと思い、親近感を覚えまして、ささやかですがお力になれればと思い、書かせていただ...続きを読む

QタンノイはJAZZやロックは聴けますか?

こんにちは

私は現在JBL-C36とALTEC A-7で 主にJAZZやロック 時には一般の洋楽も楽しんでいます。

実際私の周りでも主にJAZZファンが多いですのでやはりアメリカ製のスピーカーが大半を占めています。

そこで質問なんですが、実際タンノイでJAZZを聞いている方いらっしゃると思うのですが聴けますか?

私は一度だけですが、アーデンの音は聴いた事あります。
その時はやはり・・・クラシックでしたね~とてもJAZZ聴かせろ!!とは言えませんでした(笑)

でもアーデンは中々よかった印象持ってます。

当然私はお金持ではありませんが、オーディオ馬鹿ですので生活を犠牲にしてまでもタンノイ(ヨーロッパスピーカーの購入しようと思ってまして・・・(笑)
アーデンにこだわっているわけでもありません。

とにかくヨーロッパのスピーカーがほしいのです!!
B&Wは私の好みではなかったので省きます。(B&Wファンの方すいません)

やっぱりある程度大型のタイプがほしいですね!(能率の悪いのはご勘弁)

ヨーロッパスピーカーマニアの方 相談に乗ってくださいお願いします。

こんにちは

私は現在JBL-C36とALTEC A-7で 主にJAZZやロック 時には一般の洋楽も楽しんでいます。

実際私の周りでも主にJAZZファンが多いですのでやはりアメリカ製のスピーカーが大半を占めています。

そこで質問なんですが、実際タンノイでJAZZを聞いている方いらっしゃると思うのですが聴けますか?

私は一度だけですが、アーデンの音は聴いた事あります。
その時はやはり・・・クラシックでしたね~とてもJAZZ聴かせろ!!とは言えませんでした(笑)

でもアーデンは中々よかった印象持ってます。

当...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして、私は20年ほど高級オーディオを専門店で販売していた者です。ご質問者の考えておられる通り、一般的にタンノイはクラッシック用とされてきましたのでJAZZにとって最高の相性であるとは言い難いところはあります。しかし一口にオーディオといってもレコードを主に聴かれるのか、CDなのか、はたまたSACDしか聴かないのか、などなどソースの種類だけでなく、再生装置にも色々な個性があってご承知の通り、レコード針一つでも音は変わります。かく言う私も、以前は相当なお金をつぎ込んで最新のサウンドやレコードの倍音再生に夢中になっておりましたが、最近は何故かFMチューナーのサウンドに凝っております。どこかに行き着くところがあるのかも知れませんが、それほどオーディオというのは色々な楽しみ方があるのだと改めて感心しております。さて、本題に戻りますが先ほども申しましたように、タンノイでJAZZを聴くというのは普通は一般的ではありませんが、柔らかく、優しく、気軽にJAZZを楽しむなら最高の組み合わせの一つです。但し正面から向き合って、ピアノタッチがどうだとか、ベースの歯切れが悪いとか、サックスの抜けが悪いとか悩んではいけません。心地よい音楽の雰囲気を楽しむことを最優先にお考えください。そうすればそのシステムは最高のシステムになるはずです。

初めまして、私は20年ほど高級オーディオを専門店で販売していた者です。ご質問者の考えておられる通り、一般的にタンノイはクラッシック用とされてきましたのでJAZZにとって最高の相性であるとは言い難いところはあります。しかし一口にオーディオといってもレコードを主に聴かれるのか、CDなのか、はたまたSACDしか聴かないのか、などなどソースの種類だけでなく、再生装置にも色々な個性があってご承知の通り、レコード針一つでも音は変わります。かく言う私も、以前は相当なお金をつぎ込んで最新のサウンド...続きを読む

QマランツでPM6006にすべきかAVアンプの近日発売になるNR1607にすべきか?

環境として
SP ビクターZERO5fineとBOSE201Ⅱを所有
BDプレイヤーでDVD音楽や海外ドラマや映画など映像はプレイヤーからテレビへHDMI接続し、音声はプリメインアンプへBDプレイヤーからRCA接続(今まで)今後は光ケーブルもしくはHDMIで接続を予定
今後、DACやDSDの機能も使用できるのも考えているが、マランツのAVアンプはSPを2CHもしくは4CHで聞く場合は音質的にNR1606やPM6006などに同等であるのか?
マランツのAVアンプはプリアンプとは比較して音は劣るのか、音質にもこだわりたいが機能面もあり迷っています。NR1606を試聴された方などご意見他、参考にさせていただけることがあればご意見ください。
ヤマハのAーS801も検討しておりましたが、所有しているビクターのSPには小音量の場合は音は期待できないので、マランツのPM6006の方を店員さんからすすめられました。
AVアンプとプリアンプの聴き比べというのはなかなかできないので、聞くに至った次第です。

Aベストアンサー

アンプの出力表示は「ここまでなら低歪のまま音量確保できます」とする目安です。
歪が大量に出ても良いなら「誇大表示」も可能です。(ルール上それはできません)
その他、いろいろな要因が絡むので「大出力=大音量向け」と一括りにはできません。
低音量時のリニアリティはどちらが良いかは実地に使ってみないと分かりません。

仕様や内容で比較すると
質ならPM6006
機能ならNR1606になります。

なおZERO5fineは最近のスピーカーに比べると高能率になります。
40Wのアンプに繋いでも十分に鳴ってくれます。

QマランツとJBLのオーディオについて

マランツのアンプPM7003とCDプレーヤーもマランツのCD5003を購入する予定ですが、アンプとCDプレーヤーで音質が変わりますか??
そしてスピーカーはJBLのコントロール1XTです。

Aベストアンサー

もちろん変化します。
プレーヤー、アンプ、スピーカーといずれを変えても変わるのが当たり前です。
また人によって音の好みがあり、同じシステムを組んで評価してもらっても百人百色ですし、表現の仕方も違います。
要はその人の感性とリスニングルームの環境ですね、販売店で試聴した時よりも音が悪いと言う方がおられますが当たり前です。
広さや音量、吸音、反射条件等で変わりますから、ましてや耳の良い人だと各接続コードでも音が変わるといいますから。
経験から機器類を取り替えるのはコスト的に無理でも部屋の環境を変えればいいのです、壁全体に厚手のカーテンなどをつければものすごく変化しますよ。

QBELDENのスピーカーケーブル 8470と8460、どちらにしたら良

BELDENのスピーカーケーブル 8470と8460、どちらにしたら良いのか悩んでます。
ずっと昔は、スピーカーケーブルは、短い程損失がないので、音が良いと聞いたり、自分でもそう感じていたのですが、現在では、音のピントを合わせるためにケーブルの長さを調整すべきだとの情報がありますよね。
で、8470なら、3メートル以上から長さを調整する。
それ以下の長さなら8460が良いとの情報があります。
自分の場合、波動スピーカーを使っているためもあり、50センチもあれば、充分な長さだったりします。^^
部屋の関係上、他のスピーカーでも2メートルで充分な長さです。
アマゾンなどで評価の高い8470を使う場合、やはり3メートル以上の長さで使った方が、ピントの合った良い音になるのでしょうか?私は、玩具用のバナナプラグを使っていますが、それによっても最適な長さが変わってくるのでしょうか?
実際に長さを色々変えて実験された方などいらっしゃいましたら、情報提供お願いします。<(_ _)>

あ、それから、BELDENのスピーカーケーブル 8470に、偽物本物ってあるんですか?
アメリカ製と日本製の違いでしょうか?
アマゾンで販売されているのは、どこ製なのでしょう?

なお、現在のオーディオ環境で物足りないのは、ボーカルが、
いまいち正面を向いて唄ってないような感じがすることです。

BELDENのスピーカーケーブル 8470と8460、どちらにしたら良いのか悩んでます。
ずっと昔は、スピーカーケーブルは、短い程損失がないので、音が良いと聞いたり、自分でもそう感じていたのですが、現在では、音のピントを合わせるためにケーブルの長さを調整すべきだとの情報がありますよね。
で、8470なら、3メートル以上から長さを調整する。
それ以下の長さなら8460が良いとの情報があります。
自分の場合、波動スピーカーを使っているためもあり、50センチもあれば、充分な長さだったりします。^^
部屋の関...続きを読む

Aベストアンサー

hiremekizitugenさま

 BELDENの8470と8460は共に、導体にすずメッキ軟銅撚線を、絶縁体に耐熱PVCを使用した絶縁電線を2本撚り合せた物です。この絶縁電線は米国のUL規格の機器用配線材で、AWM Style1007という規格を取得したものです。この電線は特殊なものではなく、世界中の機器用電線を製造しているメーカーは何処でも製造しています。日本で電子機器の製造が活発に行われた20年程前には、どこのオーディオ、電子機器メーカーでも機器内配線に多用していた汎用電線です。日本では耐熱PVC電線と称されて、最も安価な電線です。因って、現在ではこの電線の製造は中国や東南アジアの安価品に負けて、日本国内ではほとんど製造されなくなりました。BELDENがどこでこの電線を製造しているかは知りませんが、米国の高い賃金で製造している品種では無いように思います。
 8470は16AWG(1.3mm2、19本/0.287mmの撚線)を対よりしたもの
 8460は18AWG(0.81mm2、7本/0.404mmの撚線)を対よりしたもの
がカタログ値です。両製品は断面積の違いですので、太いか、細いか、これはお使いのスピーカーシステムによるでしょう。本来のこの電線の用途は、スピーカーボックス内の配線用ではないかと思います。

 スピーカーの長さで音のチューニングをするというお話がありますが、これは非常に特殊な場合、と考えるべきです。スピーカーケーブルは、アンプとスピーカーシステム間に使用されますが、ここには例えば、ダンピングファクター(DF)という指標があって、ウーハーの逆起電力を打ち消す指標ですが、これを考えると、スピーカーケーブルは左右の長さを同じにして、出来るだけ短く使用するのが基本と成ります。
 スピーカーケーブルの長さで音質を調整すると言う事は、ケーブル以前のオーディオ機器に問題がある事をケーブルで修正していると考えるのが妥当だと思います。

 先に回答された方が引用されています志賀さんのURLですが、基本的に”ケーブルを替えても音は変わらない”ということを前提にして書かれていますので、見方が偏っており、提示しているデーターもポイントでの議論で、音楽を聴く、音声帯域全体の話になっていません。

hiremekizitugenさま

 BELDENの8470と8460は共に、導体にすずメッキ軟銅撚線を、絶縁体に耐熱PVCを使用した絶縁電線を2本撚り合せた物です。この絶縁電線は米国のUL規格の機器用配線材で、AWM Style1007という規格を取得したものです。この電線は特殊なものではなく、世界中の機器用電線を製造しているメーカーは何処でも製造しています。日本で電子機器の製造が活発に行われた20年程前には、どこのオーディオ、電子機器メーカーでも機器内配線に多用していた汎用電線です。日本で...続きを読む

QELAC(エラック)のスピーカーについて教えてください。

教えてgooのオーディオ先生方は当然ご存知だと思いますが、
銀色ののっぺりしたコーンとメタルな?キャビネットをしている
ELACのスピーカーです。
以前より見た事はあったのですが、その見た目からして興味が湧かず
聞いたことはありませんでした。

この前お店でCDプレイヤーを聴いたときに
たまたま繋がっていたSPがELACでして、
型番は分かりませんがブックシェルフで白か銀色っぽいヤツでした。

良い音してたんで、それがプレイヤーなのかSPなのかは分かりませんが
ELACに少し興味が湧いてきました。

どんなスピーカーなのか?(位置づけ、性格、性質、なに向き、
どんな音、)等なんでもいいので、
ELACについて教えてください。

Aベストアンサー

2~3度、店頭試聴したレベルだけでの感想です。

●位置づけ
アキュラシー(正確さ)評価の高い、小型スピーカーの名品のひとつですよね。

●性格、性質
小型スピーカーの長所(反応が早い=細かい音がでる、音場感に優れる=音がフワッと広がる)
がよく出ている一方、短所(低音の量感が痩せる等)をあまり感じさせません。

●なに向き
個性的(メタリックで硬質)な見た目と違い
音はニュートラルであまり癖を感じませんでしたから
特に何向きということもないと思います。
あえて言えば、派手な音ではないので、大人向き。

●どんな音
見た目との落差からでしょうか?ドイツ製という先入観からでしょうか?
正確だけど無味無臭、どちらかというと淡白な印象を受けました。
以下、あくまで個人的主観ですが
個人的に苦手とする、JBLの陽気な音とも、B&Wの暖かい音とも違う一方
個人的に大好きな、ソナスファーベルのねっとり艶っぽい音とも
ダリのちょい暗めのしっとりした音とも違うなと思いました。
あえて言えば、透明感の高い音、クリスタル(古っ!)な音、という感じです。

2~3度、店頭試聴したレベルだけでの感想です。

●位置づけ
アキュラシー(正確さ)評価の高い、小型スピーカーの名品のひとつですよね。

●性格、性質
小型スピーカーの長所(反応が早い=細かい音がでる、音場感に優れる=音がフワッと広がる)
がよく出ている一方、短所(低音の量感が痩せる等)をあまり感じさせません。

●なに向き
個性的(メタリックで硬質)な見た目と違い
音はニュートラルであまり癖を感じませんでしたから
特に何向きということもないと思います。
あえて言えば、派手な音ではな...続きを読む

Qアキュフェーズの嫌いな方理由を聞かせてください

アキュフェーズは好きな人と嫌い人とがはっきり別れているようですが
嫌いな人にお尋ねしたいのですが、どこがいやなのでしょうか。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです。

独断と偏見による私見ですので、お気に召さなければ捨て置き下さい。

ACCはCDのACC-DP-100とDC-101の組み合わせとチューナーのT1000を所有していますが、殆ど使っていません。
現在は電源も繋げていません。
CDはLINN-NUMERKとKARIKの組み合わせ、チューナーもmarantzの#2100がメインです。
アンプ類はACC社の物は1台も所有していません。
無論、我が家に試聴用の新製品が来ると知り合いのオーディオ店のオーナーが自宅に持ってきて数人と聴き比べていますが、魅力を感じるアンプは今まで1台もありませんでした。
金額的にはりっぱなんですが・・・。

その理由としては、どのアンプも特徴がない・・・個性がない
前回答者と同じですが、音感に無機質な1つ1つの音をそのまま出力している。感じがする事です。
音の好き嫌いは全ての人、一人々多少は違う訳ですから一概には云えませんが。

私はマランツ(#機)の音質が好きで・・・只30年以上前の製品ですから現在のデジタルアンプのように前に突き出るような音は望めませんが・・・#機のシリーズごとに各々特有の音質・音感を持っていて、そこに好感をもてます。
それに引き替え、ACC社のアンプ類は初期の機器を除き、安価機?から超高額機までどれも無機質な(デジタル的な)音質に終始しているように感じます。
それがACC社の音に対するポリシーだとしたら、私には受け入れられないと云う事だと思っています。

自称オーディオマニアです。

独断と偏見による私見ですので、お気に召さなければ捨て置き下さい。

ACCはCDのACC-DP-100とDC-101の組み合わせとチューナーのT1000を所有していますが、殆ど使っていません。
現在は電源も繋げていません。
CDはLINN-NUMERKとKARIKの組み合わせ、チューナーもmarantzの#2100がメインです。
アンプ類はACC社の物は1台も所有していません。
無論、我が家に試聴用の新製品が来ると知り合いのオーディオ店のオーナーが自宅に持ってきて数人と聴き比べていま...続きを読む


人気Q&Aランキング