アルゴン、ヘリウムの工業的な製造法を詳しく教えてください

A 回答 (4件)

siegmund です.



放射性元素の崩壊には主にα崩壊,β崩壊,γ崩壊の3種があります.
そのとき出る放射線が,α線,β線,γ線です.
α線の正体はヘリウム(原子量4)の原子核,
β線は電子,あるいは陽電子,
γ線は電磁波です.

α線はヘリウムの原子核ですから,
周囲から電子を奪ってくればヘリウム原子のできあがりです.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

謎が解けました。有難うございました。

お礼日時:2001/12/05 00:39

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「アルゴン」
http://www.suginami.ac.jp/study/chemistry/atom00 …
(ヘリウム)

ご参考まで。

参考URL:http://www.gogp.co.jp/chemical/genso/11-20/argon …
    • good
    • 0

アルゴンは空気から深冷分離という方法で取り出します。


気体は冷やしてゆくと自然環境下では液化していきます。
その温度は各気体の固有のものがあり、空気をマイナス二百度くらいまで
徐々に冷やして他の成分を除去しながらマイナス186度の地点で液化する
ものを抽出します。
高純度のものは、さらにそれを気体に戻しモレキュラーシーブ(分子ふるい)
に通し精製され、製品化されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。これを元に、レポートがんばりたいと思います。

お礼日時:2001/12/03 22:45

アルゴンは空気から分溜します.


ヘリウムは,天然ガスの中にヘリウムをかなり含んでいるものがあり
(放射性元素のα崩壊の結果です),
それから分溜しています.

ヘリウム以外の希ガスは空気からの分溜で得ています.

この回答への補足

放射性元素のα崩壊の所を詳しく教えてもらえないでしょうか?

補足日時:2001/12/03 22:35
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q窒素VSアルゴン

工場勤務(37)です。高熱溶融金属の酸化防止のため窒素ガスを使うか
アルゴンガスを使うかで迷っています。アルゴンガスの方が窒素ガスより酸化防止には効果があると聞きましたがアルゴンは酸化物がなく、窒素には窒素酸化物があり溶融金属の中の酸素を奪うので窒素ガスの方が効果的なようにも思いますがいかがでしょうか。この考え方が誤りでしたら是非ともご指摘をお願いします。

Aベストアンサー

高熱溶融金属の酸化防止ということは雰囲気ガス、シールドガスということでよろしいでしょうか?窒素を使うと金属に対して窒化という現象を引き起こす可能性があると思います。窒化は金属を脆くしますのであまり好ましい現象では無いと思います。アルゴンは窒素と違い化合物は一切出来ませんので安心のような気がします。「アルゴンには酸化物がなく、窒素には窒素酸化物があり・・・」良く意味がわかりませんがガスに含まれる不純物を指しておられるのでしょうか?窒素、アルゴン共に含まれる不純成分で一番多いのは酸素であり、生産工場では0.1ppm以下というレベルで管理しています。そかの不純成分は殆ど無いと言っても過言ではありません。なぜなら分析計で測定できるレベルにないからです。私個人的な意見として窒素よりアルゴンを使うほうが溶融金属の品質を変化させることが無く酸化防止できると思います。

Q工業的製法における一般的な有機物の精製法は

 実験室で、医薬品や電気製品用機能素材、高分子添加剤などを有機合成しています。新規な物質をどんどん作るのが目的なので、とにかくどんどん合成して、目的物ができていたらシリカゲルカラムクロマトグラフでじゃんじゃん分ける、ということの繰り返しです。
 しかし、カラムは、試料の何十倍ものシリカゲルや溶剤を使いますし、手間もかかりますし、工業的ではないと思います。私の知る限り、工業的製法における分離精製法としては、まず反応で副生物がない条件をみつけ、水溶物除去のあと溶媒の溜去で除くなどの簡単な方法か、晶析か、高温で分解しないものなら昇華精製ですが、特に医薬品などのように構造が複雑で副生物も多いような物質の場合、シリカゲルカラムに代わる分離精製法って、どういう方法が取られるのが一般的なのでしょうか。どうしてもカラムを使わざるを得ない場合、「工業用カラム」と言って、実験室で使うカラムを大きくしたようなものも特例として使われると聞いたことがありますが、一般的ではないと思います。それとも、医薬品業界では、このような大カラムが日常茶飯事として使われているのでしょうか。
 特にファインケミカル業界における工業的製法についての基本的な知識を、ご教示頂きたく、お願いします。

 実験室で、医薬品や電気製品用機能素材、高分子添加剤などを有機合成しています。新規な物質をどんどん作るのが目的なので、とにかくどんどん合成して、目的物ができていたらシリカゲルカラムクロマトグラフでじゃんじゃん分ける、ということの繰り返しです。
 しかし、カラムは、試料の何十倍ものシリカゲルや溶剤を使いますし、手間もかかりますし、工業的ではないと思います。私の知る限り、工業的製法における分離精製法としては、まず反応で副生物がない条件をみつけ、水溶物除去のあと溶媒の溜去で除く...続きを読む

Aベストアンサー

医薬品やファインケミカルのような低分子有機化合物のプロセスにおける精製法の第一選択は再結晶です。
常温で液体のものならば蒸留ですね。

どうやっても分かれなかったときで、そのコストをかける価値のあるもの(極低用量で効果のある医薬品など)の場合は、カラムを使うこともあります。

QSSRとフォトカプラの違いについて。

SSRとフォトカプラの違いについて。

電子工作の初心者です。
最近、フォトカプラとトライアックを組み合わせたSSRというものがあることを知りました。
使用例としては、PICからSSRをスイッチングし、AC100Vを駆動しています。
フォトカプラとトライアックを組み合わせると、フォトカプラだけ使う場合とは何が違うんでしょうか?

Aベストアンサー

最大の違いは、接続できる負荷の大きさです。SSRは負荷の開閉用にOn/Off制御用とは別の素子を使っているので、この素子次第で大きな負荷を開閉できるものが自由に作れます。これの大型のものはソリッドステートコンタクタなどと呼ばれ、産業用のモーターをぶら下げても平気です。

例えばこんなもの(定格電圧200~480Vで最大負荷容量18.5KW)
http://www.fa.omron.co.jp/product/family/1718/index_p.html

一方のフォトカプラは、On/Off制御のフォトトランジスタに直接負荷がつながるため、そんなに大きなものは作れません。普通は信号用です。なので、負荷は小型のリレー程度が限界です。その代わりというのも何ですが、応答時間の短いもの(高速なもの)を見つけやすいという違いがあります。ソリッドステートコンタクタくらい大きなものになると、大きい負荷はそもそも応答時間が長いので、応答時間が100ms以上でもさほど問題視されませんが、信号用フォトカプラでそんなにかかったのでは使い物になりません。ということで使い分けになります。

最大の違いは、接続できる負荷の大きさです。SSRは負荷の開閉用にOn/Off制御用とは別の素子を使っているので、この素子次第で大きな負荷を開閉できるものが自由に作れます。これの大型のものはソリッドステートコンタクタなどと呼ばれ、産業用のモーターをぶら下げても平気です。

例えばこんなもの(定格電圧200~480Vで最大負荷容量18.5KW)
http://www.fa.omron.co.jp/product/family/1718/index_p.html

一方のフォトカプラは、On/Off制御のフォトトランジスタに直接負荷がつながるため、そんなに大きなものは...続きを読む

Qスルホアルキル化剤を工業的に製造・販売しているところを探しています。

スルホアルキル化剤を工業的に製造・販売しているところを探しています。具体的にはプロパンスルトン(サルトン)、ブタンスルトン(サルトン)を探しています。試薬ではあるのですが、インターネットや本では製造メーカーに当たりません。界面活性剤の本にはよく載っていますが、かなり危険な物質のようですし、こういう物質はもう製造されていないのでしょうか。もしくは違うスルホン酸導入の手法が主流なのでしょうか。情報をお持ちの方はよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Wakで試薬を売っているのであれば,そこに問い合わせてみられては如何ですか。

 あるいは,詳細はわかりませんが,「Google」で「1,3-propane sultone」を検索したところ,「株式会社トスコ」が「ファインケミカル原料中間体」として純度98%のものを輸入販売しているようです。

 ・http://www.tosco-intl.co.jp/
  株式会社トスコ

 会社については「会社紹介」を,1,3-propane sultoneについては「化学品事業部」で検索して下さい。

参考URL:http://www.tosco-intl.co.jp/

Q酸素流量計でアルゴンを計測する際の換算式について

酸素流量計でアルゴンを計測する場合、換算式は、

√(Ar分子量/O2分子量)

となり、実際のアルゴンの流量の1.12倍で酸素流量計の目盛りに表示されるらしいのですが、

どうやってこの換算式が導きだされるのか知りたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

差圧式流量計のことと思います。

今、垂直に立った直径Dのパイプに直径dの球が浮いている流量計を考えます。
パイプと球の間を流れる気体の流速Vは、ベルヌーイの定理より
V=√(2gΔP/ρ)
gは重力定数、ΔPは差圧、ρは気体の密度。

(参考URLhttp://www.nikkiso.co.jp/products/industrial/flowmeter_tech_01.html)

体積流量Qは
Q = CAV = CA√(2gΔP/ρ)
ここに、Cは流出係数、Aは流出面積で=π(D^2 -d^2)/4。
それぞれは流量計によって決まる定数です。

酸素とアルゴンの場合をそれぞれoxとQarで表すと、
Qox = CA√(2gΔP/ρox)
Qar = CA√(2gΔP/ρar)

両者の比を取ると
Qox/Qar = √(ρar/ρox)

密度ρは質量(分子量)Mに比例するから
Qox/Qar = √(Mar/Mox)
つまり
Qox = √(Mar/Mox)*Qar

アルゴンArの原子量Mar=40、酸素O2の分子量Mox=32を上の式に代入すると
Qox = 1.12Qar

例えば、Qarが100流れた時、酸素流量計の表示は
Qox = 112
となる。

差圧式流量計のことと思います。

今、垂直に立った直径Dのパイプに直径dの球が浮いている流量計を考えます。
パイプと球の間を流れる気体の流速Vは、ベルヌーイの定理より
V=√(2gΔP/ρ)
gは重力定数、ΔPは差圧、ρは気体の密度。

(参考URLhttp://www.nikkiso.co.jp/products/industrial/flowmeter_tech_01.html)

体積流量Qは
Q = CAV = CA√(2gΔP/ρ)
ここに、Cは流出係数、Aは流出面積で=π(D^2 -d^2)/4。
それぞれは流量計によって決まる定数です。

酸素とアルゴンの場合をそれぞれoxとQarで表すと、
Qox ...続きを読む

Q工業高校教師を目指す工業高校工業化学科2年生です。

工学部の化学学科に進学したいのですが、化学学科のある、一番近くにある日本大学工学部は、電車で片道2時間ちょっとかかり、凄い不便です。
宮城県に住んでいるので、宮城県にある大学(工学部)に進学したいですが、化学系となると、どこを探しても滅多にありません。
化学が好きなので(有機とか)、遠いけど日本大学に行きたいという気持ちは強いです。
国公立に行けるほど賢くないので、選択肢は少ないです。
親からは、「東北工業大学でも良いんじゃない?」と言われました。
東北工業大学は、電気とか機械を学べるので、大学で1から電気などを学んで、電気や機械を専門として先生になるというのも考えてます。
〇日本大学工学部(学科は未定だが、行くなら生命応用化学科) 〇東北工業大学(学科は未定だが、環境エネルギー学科や知能エレクトロ二クス希望)

〇その他宮城県にある私立工業大学又は工学部のある私立大学

評判とか、就職とか、学生の雰囲気、授業のレベル等を総合的に見て、一番お勧めはどの大学になりますか?

教員免許は取るつもりです(教職課程のある大学に行きたい)。工業の教員は空きが少ないので、教員になれなければどこかの企業に就職して、空きを待つとします。

というか、大学から電気とか機械学んでも、先生になれますか?正直遅すぎる感じがするのですが....。

工学部の化学学科に進学したいのですが、化学学科のある、一番近くにある日本大学工学部は、電車で片道2時間ちょっとかかり、凄い不便です。
宮城県に住んでいるので、宮城県にある大学(工学部)に進学したいですが、化学系となると、どこを探しても滅多にありません。
化学が好きなので(有機とか)、遠いけど日本大学に行きたいという気持ちは強いです。
国公立に行けるほど賢くないので、選択肢は少ないです。
親からは、「東北工業大学でも良いんじゃない?」と言われました。
東北工業大学は、電気とか機械を学...続きを読む

Aベストアンサー

まっとうなアドバイスとしては,国公立を含めて進学できるように勉強しなさいよ,ということになるでしょうね.
あとは,自宅から通うのは諦めて,寮に入るなりアパートを借りるなりすることです.日本の大学生のかなり多くが,そうやって地元を離れています.寮は安いところは相当安いので,そういうのも考えて大学選びをすることも考えるといいでしょう.

大学から専門を変えることはどうってことはありません.
そもそも,普通科から進学してくる学生は,入学した学科について専門知識があるわけでもありません.ないから勉強しにきているともいえますし,そもそも工業高校や高専と違って,専門科目自体が普通科の高校にはないのですから,ある意味当然です.
また,入学はしたものの,そもそもその分野に強い興味なり意欲なりを持っていない人も相当数いるのが現実です.
なので,そういう人がちゃんとある程度のことを身につけられるように,カリキュラムというのは作られています.

もうひとつ事前に調べておかなくてはいけないのは,どういう教員免許状がその学科で取れるか,です.
これはあなたがどういう科目の先生になりたいか,にもよります.これはよく調べてください.

工業高校からの大学進学は,国公立に進もうとすると著しく不利なのは間違いありません.自分で相当の勉強をしないとだめなことは間違いありません.基本の数学,物理,化学,英語,国語の時間を減らして,専門科目を入れているカリキュラムなのに,そういうことに配慮した入試枠のある国公立は極めてまれですから当然のことです.
私立大学の工学部には,工業高校からの受験に配慮した入試科目等を設定しているところはかなりあります.その辺の情報も,高校の先生は押さえていると思います.

高校の先生にもよくよく相談した方がいいですよ.

まっとうなアドバイスとしては,国公立を含めて進学できるように勉強しなさいよ,ということになるでしょうね.
あとは,自宅から通うのは諦めて,寮に入るなりアパートを借りるなりすることです.日本の大学生のかなり多くが,そうやって地元を離れています.寮は安いところは相当安いので,そういうのも考えて大学選びをすることも考えるといいでしょう.

大学から専門を変えることはどうってことはありません.
そもそも,普通科から進学してくる学生は,入学した学科について専門知識があるわけでもありませ...続きを読む

Qアルゴンプラズマ療法とレーザー治療の違いとは?

アルゴンプラズマ療法とレーザー治療の違いとは?

重度の花粉症のため
過去にレーザー治療を10年前に一度受けたことがあります。

アルゴンプラズマ療法は・・・
鼻に注射するから痛いぞ~と友達から聞いたことがあります。

本当に鼻に注射などするのでしょうか??

レーザー治療は・・・
余計なところまで焼かれると友達から聞いたことがあります。

本当に余計なところまで焼かれてしまうのでしょうか?

アルゴンプラズマ療法とレーザー療法の
双方のメリット、デメリットを教えてください。

そしてどちらがオススメかご回答ください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

最も簡単に説明するならば、
レーザーは点で焼く、アルゴンプラズマは面で焼く、の違いです。
点で広い面積を焼くには時間がかかりますが、
面だと一気に焼けるので短時間で済む、という差ですね。
アルゴンプラズマだと一度に両方出来る場合が多く、
レーザーだと数回に分けなければならない場合が多いらしいです。

一般的にアルゴンプラズマの際の麻酔は注射ではなく、
麻酔薬のしみこんだガーゼを鼻に挿入して麻酔します。

個人的にはアルゴンレーザーのほうがよいような気がしますが、一概に言えず、
症例による部分もあると思いますので、どちらがよいかは医師にご確認ください。

http://www.saijo-enta.com/ope/argon_what.html
http://www.kojima-jibika.com/00-apc.html
http://www2.spacelan.ne.jp/~horikawacl/argon.htm

Qメントールの工業的合成法

こんにちは。
今回はメントールに関しての質問です。
L-メントールの工業的合成方法について教えてほしいです。

メントールといえばノーベル賞の研究内容にも入っていたような気がしますが、現在のメントールの工業的合成法がよくわかりません。
できれば、反応式、反応温度、溶媒などの諸条件、収率も知りたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

とりあえず下の参考URLとそこに載っている論文を参考にしてください。

参考URL:http://www.leffingwell.com/menthol10/menthol10.htm

Qフォトカプラの選定と使い方

整流器を使っているのですが、整流器のトラブルが時々あるため、整流器の持つ、エラー出力機能を使って、ブザーを鳴らしたいと思います。
エラー出力が、接点ならば、質問するまでもなかったのですが、整流器の取説を見ると、フォトカプラ出力で、SINK電流 5mA以下と書いてあります。また、接続例として載っている回路も、フォトカプラを使うように指示されています。
そこで、フォトカプラを使って、最終的にブザーを鳴らすためリレーを動作させたいと思い、無い知識と知恵を絞って、ここまで回路図を考えました。ところが、フォトカプラを調べると種類も多くあり、またデータシートを見ても専門用語ばかりで、壁に当たってしまいました。
そこで質問です。こんな回路で、リレーは動作するでしょうか。また、フォトカプラは、どんなものを選んだらよいのでしょうか?
なおリレーは、最終的には、OMRONのMY2を使いますが、フォトカプラで直接はさすがに無理だと思い、OMRONのG5V-1を動作できればOKです。
また、手元に先人の残した、PC817が有るのですが、これが使えるなら使いたいです。更に、参考までに、整流器取説の接続例も載せます。

整流器を使っているのですが、整流器のトラブルが時々あるため、整流器の持つ、エラー出力機能を使って、ブザーを鳴らしたいと思います。
エラー出力が、接点ならば、質問するまでもなかったのですが、整流器の取説を見ると、フォトカプラ出力で、SINK電流 5mA以下と書いてあります。また、接続例として載っている回路も、フォトカプラを使うように指示されています。
そこで、フォトカプラを使って、最終的にブザーを鳴らすためリレーを動作させたいと思い、無い知識と知恵を絞って、ここまで回路図を考えま...続きを読む

Aベストアンサー

回答NO.1です。回答NO.3へのお礼ありがとうございます。お礼の欄での質問について下記に回答いたします。

>ご教授いただいた回路で、一番定番なのはどれでしょうか?
>また、今後、よく似たことをする場合、一番応用が利くのはドレでしょうか?

<<回答>>定番の回路っという意味ではNO.3で示したダーリントントランジスタでリレーを直接駆動する回路じゃないでしょうか。
  また、一番応用が利くという意味でもNO.3の回路じゃないでしょうか。ダーリントントランジスタで駆動するのでかなりコイル抵抗の小さいリレー(コイル電流で300mA程度)まで駆動することができます。

Q一酸化炭素の工業的利用法

一酸化炭素が、有機合成の分野で工業的にどのように使われているか教えてください。
例えば、「このような化成品の原料に使われている」とか、「このような反応で使う」と言った事が知りたいのですが。
この手の質問は難しいと思いますが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 専門外ですが,手元の「工業有機化学 -主要原料と中間体-」(K. Weissermel・H.-J. Arpe 著,向山光昭 監訳,東京化学同人,1978年刊)に出ているものをご紹介します。現在どの程度使われているかは分かりませんが,この本の書かれた当時(ドイツ,1976年)は工業的に使用されていたものです。なお,既に回答が出ているものもありますが,そのまま出します(重複お許しを)。

・メタノール
 CO + 2H2 ←→ CH3OH

・エチレングリコール
 HCHO + CO + H2O → HO-CH2-COOH
 (+CH3OH) → (+H2) → HO-CH2CH2-OH

・ギ酸
 CO + H2O (ROH) ←→ HCOO-H (-R)

・ホルムアミド
 CO + NH(CH3)2 -(NaOCH3)→ HCON(CH3)2

・アセチレンからアクリル酸
 HCCH(アセチレン)+ CO +H2O (ROH)
           → H2C=CHCOO-H (-R)
 Reppe 反応。触媒: Ni(CO)4
 
・メタノールから酢酸
 CH3OH + CO → CH3COOH
 触媒: CoI2, Rh/I2

・プロピレンからブタノール
 CH3CH=CH2 + 3CO + 2H2O
  → CH3CH2CH2CH2OH + (CH3)2CHCH2OH + CO2
 Reppe 法。触媒: Fe(CO)5

・オレフィンのヒドロホルミル化
 RCH=CH2 + CO + H2
       → RCH2CH2CHO + RCH(CHO)CH3
 触媒: Co, Rh, Ru の化合物又は錯体。

・プロピオン酸(オレフィンのカルボニル化)
 CH2=CH2 + CO + H2 → CH3CH2COOH
 Reppe 反応。触媒: Ni(CO)4(他には Fe や Co のカルボニル)

・イソブテンからピバル酸(Koch 反応によるカルボン酸合成)
 (CH3)2C=CH2 + CO + H2O → (CH3)3C-COOH
 触媒: H3PO4/BF3。


 いかがでしょうか。詳細は上記の成書(今は第4版のようです)をご覧下さい(下の「東京化学同人」のページに入った「工学/工業」のリスト中にあります)。

 しかし,薬学でこんな講義があったなんて,今では考えられないですね(今は昔のものがたり・・・)。

参考URL:http://210.134.98.100:8080/t_dojin/default.htm

 専門外ですが,手元の「工業有機化学 -主要原料と中間体-」(K. Weissermel・H.-J. Arpe 著,向山光昭 監訳,東京化学同人,1978年刊)に出ているものをご紹介します。現在どの程度使われているかは分かりませんが,この本の書かれた当時(ドイツ,1976年)は工業的に使用されていたものです。なお,既に回答が出ているものもありますが,そのまま出します(重複お許しを)。

・メタノール
 CO + 2H2 ←→ CH3OH

・エチレングリコール
 HCHO + CO + H2O → HO-CH2-COOH
 (+CH3OH) → (+H2) →...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報