はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

標準状態で5.0Lのプロパンを燃焼させるのに必要な酸素は何Lか
という問題があったのですが、
気体は標準状態で22.4Lではないのですか?

A 回答 (2件)

気体は標準状態で22.4L>それは1molの体積です。

今回必要なのは5.0Lのプロパンを燃やすに必要な酸素ですから、
5.0L÷22.4L(mol)のプロパンを完全燃焼させるのに必要な酸素のモル数(22.4L)を計算して下さい。
    • good
    • 0

「1molの気体」は標準状態で22.4Lです。


2molだったら44.8L。
0.5molだったら11.2L。

その問題の場合は、プロパンが5.0Lあった場合で計算します。

 C3H8+5O2→3CO2+4H2O

なので酸素はプロパンの5倍必要で 5.0×5=25(L)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電流が流れた部分の電気抵抗が大きい場合、ニクロム線のように発熱する とサラッと書いてあるものを読みま

電流が流れた部分の電気抵抗が大きい場合、ニクロム線のように発熱する

とサラッと書いてあるものを読みましたが、
電気抵抗が大きいと、発熱すること、ニクロム線のこの3つのつながりがさっぱりわかりません。
教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

太いストローと細いストローの違い、で分かるでしょうか。
太いストローは抵抗が少ないので、簡単に吹けます。
細いストローは抵抗が大きい(空気の流れを邪魔する)ので、
太いストローと同じ息の量を同じ時間で吹くには、力いっぱい吹かなければなりません。
この「力いっぱい」がの度合いが発熱量に相当します。
実際にやってみれば、細いストローは少し温まっているのがわかると思います。

細いストローでは空気の流れが速いので、
空気がストローをこする量が大きいから熱くなるのです。
布でストローをこすると熱くなる、これと同じです。

こんな説明でどうでしょうか。

Q雨粒の形について 雨が降っている粒の形は下が丸く上が尖っているような形になりますが何故このような形に

雨粒の形について
雨が降っている粒の形は下が丸く上が尖っているような形になりますが何故このような形になるのでしょうか?
私の考えでは空気抵抗というものがあるので面積が広いとそのぶん抵抗を受けてしまうので、自然と下が尖るような形になるのではないかと思います。
何故なら風を受け流すような形のほうが落ちるときの抵抗を受けたときにそうなりやすいと思うからです。
レースカーや新幹線などは空気抵抗を減らすために先が尖りますよね
何故雨粒はそうならないのでしょうか?

Aベストアンサー

調べると分りますが、雨粒は赤血球のように平たい形をしています。

Qなぜ水蒸気が空気を追い出すのか

音の実験で
フラスコに水を入れ温めて中の空気を追い出す
理由は中を水蒸気で満たし、空気を追い出すため
とサラッと書いてあるのですが
なぜ水蒸気が空気を追い出すのでしょうか。
空気が残って水蒸気が外に出るという逆にならないのは
なぜですか。

また、冷やすと水蒸気が水になり真空に近い状態になる
と書いてあるのですが
なぜ水蒸気になると真空になるのか
サラッと書いてあるけどいちいち引っかかって
さっぱりわかりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

水蒸気そのものが「気体」だから。
分かりやすく言えば「ガス」なんだ。
「水蒸気」という「ガス」が「空気」を押し出す(追い出す)わけ。

また、ほんのちょっとの水が蒸発すると、とても多くの水蒸気になる。

この時「ガス」が「水」(水滴)に戻るとガスが占めていた空間に何も無くなるだろ。
そこへ「空気」が戻らなければ、そこは真空状態になるわけ。

…と、小学生レベルで説明したけど良かったかな?


・・・余談・・・

世の中の「真空パック」は、この原理を活かして、
袋の中に商品を入れたら水蒸気を吹き込んで中の空気を追い出すんだ。
そしてまだ温かいうちに袋を閉じてしまう。
すると水蒸気が冷えて水に戻り真空状態になるという仕組み。
真空ポンプで中の空気を抜いているわけではない。

Q鉄の製錬で、 銑鉄の不純物(炭素など)を取り除くときに酸素を吹き込みますが、鉄は酸化されやすいのにな

鉄の製錬で、
銑鉄の不純物(炭素など)を取り除くときに酸素を吹き込みますが、鉄は酸化されやすいのになぜ炭素だけ取り除かれて鋼が取り出されるのかわかりません。四酸化三鉄などはできてしまわないのですか?

Aベストアンサー

転炉で酸素を吹いた後、次に脱ガス工程がある。DH真空脱ガス法とかRH真空脱ガス法とか色々な方式がある。

そこで余分な酸素を抜く。

Q気体の分子量の求め方が、どうしてそうなるのか理解できません。 密度1.25g/L(標準状態)の気体の

気体の分子量の求め方が、どうしてそうなるのか理解できません。
密度1.25g/L(標準状態)の気体の場合、
1.25g/L×22.4L/molという計算式で分子量が求められますが、なぜこのようになるのか教えてください。

Aベストアンサー

気体の密度(g/L)は気体1Lあたりの質量をあらわします。
これに22.4をかけると気体22.4Lの質量がわかります。
標準状態で気体1molの体積は22.4L。
気体22.4Lの質量=気体1molの質量=分子量ですから、密度(g/L)×22.4(L/mol)で分子量を求めることができます。

Q途中式で100Xから40Xになっているんですけど、なんでかわかる方教えてください

途中式で100Xから40Xになっているんですけど、なんでかわかる方教えてください

Aベストアンサー

2行目の60xが抜けています。
3行目はこれを移項して40xになります。

 100x=60×(x+16×2)
 100x=60x+1920
 100x-60x=1920
 40x=1920
 x=48

Qガードレールって、最初は白くてキレイですが、時間がたつとサビてきます。 どうしてステンレスで作らない

ガードレールって、最初は白くてキレイですが、時間がたつとサビてきます。
どうしてステンレスで作らないんですか?

Aベストアンサー

基準(規格)に合わせて最低限の費用で作るからかな?
重量も決められているようですし、色も基本的に白と決まっていると何かで見た気がします。(茶色とかも見ますが基準があるのでしょう)

Qエアダスター(OA機器のゴミ飛ばし)のジメチルエーテルは常温で気体?液体?

昔、高校の実験室で確かエタノールを濃硫酸で脱水してジメチルエーテルを作る実験をしたことがあるのですが液体だったようにおもいます。また、純粋なものは便に入っておりこれも液体だったと思います。ただ、沸点を見ると常温では沸騰してしまうようですし何か私の勘違いでしょうか?頭の中でもやもやしており気になります。

また、これはわかれば教えていただきたいのですが、ジメチルエーテルは昔は麻酔にも使われたと聞きますし、PCなどコンデンサーなどがあり火花が散る可能性のある場所で、エアダスターとして使っても良いのでしょうか?

Aベストアンサー

エタノールを脱水して得られるのはジエチルエーテルです。こちらは沸点34度の液体で、麻酔作用があります。私は小学校のとき、フナの解剖実験で麻酔に使いました。
ジメチルエーテルはおっしゃる通り可燃性の気体です。火花の出る場所はもちろん厳禁。シュレッダーなどガスが滞留しやすい場所も、静電気などで引火の可能性があるので使用禁止、と手元のエアダスター缶には書いてあります。

Q「質量数12の炭素原子1個の質量は、1.993×10^-23gであるが、値が非常に小さくて扱いにくい

「質量数12の炭素原子1個の質量は、1.993×10^-23gであるが、値が非常に小さくて扱いにくいため、その原子量を12.00000と定め...」

という文がテキストにあるのですが最後「12.00000」という書き方をしているのは何故でしょうか?
「12」と書かない理由を教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

科学の世界では有効数字というものがあります。
数学ではそういうものはないので12と書けば12ちょうどになるのですが、科学の世界では、様々な測定において誤差が付きまといます。なので、その数値がどの程度正確であるかということを示すために有効数字を使います。

その場合、たとえば、12の意味は、11.5以上で12.5未満のいずれかの値という意味になり数%の誤差がある可能性を含んでいます。
その一方で、12.00と書けば、11.995以上12.005未満という意味になるので、可能な誤差は上記のものの100分の1になります。
質量数12の炭素に関しては、正確に12であると定義されていますので、12.00・・・で表すのであれば、測定可能な限界の誤差まで対応できるような数だけの0がつきます。もちろん、本来は無限に0がつくことになりますが、それだけの精度が出せないので有限な数の0がつくということです。

Qメチルオレンジを加えた水に塩素を吹き込んだら黄色に変わりました。どうしてでしょうか?

メチルオレンジを加えた水に塩素を吹き込んだら黄色に変わりました。どうしてでしょうか?

Aベストアンサー

塩素のどういう性質でしょうか?
漂白作用のことであれば、漂白されて色が薄くなったとすれば良いでしょうけど、そもそも、そうなるのはなんらかの化学反応が起こっているからであり、化学的な議論をするのであれば、どのような反応が起こって無色、あるいは色の薄い物質になったかまで記述する必要があります。

ただ、「塩素の性質について理解する」という、さほどの厳密性を求めているとは思えない実験であるなら、「漂白されて色が薄くなった」というレベルの話じゃないですか。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング