どうも納得のいかないことがあります。
友達がたまに、自分の家にあるCDの数々を見て「一応王道は揃っているんだね」といわれます。
たぶん、「有名どころ」「知名度がある」という意味で使っているのでしょうが、辞書を調べてみても「近道、楽な道、仁徳」としか書かれていません。
本当のところどうなのでしょうか?このような使い方でいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

なんだか難しい話になってますが、「ロックの王道」というのは本来の言葉の意味に関係なく、もう決まり文句になっている言葉だと思うのですが…


「ロックの王道」で検索かけるとかなりの数がヒットしますよ。
だから「王道」そのものの意味だけを追っても仕方ないような気がします。
実際「ロックの王道」という表現は、「有名どころ」「知名度がある」という意味で使われていると思いますし、この場合はそれが特に間違いというわけでもないのでは?
    • good
    • 0

「王道」という言葉は、もともとは政治の仕方を示す言葉で「王たるものが仁義の徳にもとづいて行う政治のやり方」という意味です。

(この反意語は「覇道」で力ずくの政治を意味します。)これが本義であり、ここから「王たるもののために特別に作られた道・方法」という意味が生じます。

「学問に王道なし」という場合もその原義から解釈するよりもこの転じた意味から解釈すれば、「王の為の(特別に作られた)易しい道はない」と正しく解釈できます。で、王道という言葉として使用できるのはここまででしょう。

なお、この場合の「道」というのは「道徳的にあるべき理想」のことであり、転じて「やり方・方法」であり、人によって異なる考え方や基準、集まったものでないことは言うまでもありません。

ここでzikutさんの疑問に戻りますと
「一応王道は揃っているんだね」という使い方は以上より明確な間違いです。
言葉は話者がその意味を取り違えていても、その発話された状況・前後の文(言葉)の意味・聞き手の解釈力などによって言いたいことは伝わります。しかし、だからと言ってその使い方が正しいわけではありません。解釈できるからと言って新しい意味を付け加えていくと、同じ言葉に対する互いの了解が食い違ってきて混乱が生じます。

また、その場における適切な言葉を知らないために、誤用を誤用と感じないのかもしれません。この場合においては
「標準的なものは揃っている」
「スタンダードなものは揃っている」
「定番が揃っている」
「正統的なものが揃っている」
などが適当な言葉ではないでしょうか。
    • good
    • 0

grandさんのおっしゃっていること、正にそのとおりだと思いました。



蛇足です。
「近道、楽な道」は、ユークリッドが、王さまに、「幾何学を学ぶのに手っ取り早い方法はないか?」 と尋ねられて、「幾何学に王道なし」と答えた。という故事から来るものだと思います。

「仁徳」の方は、中国の王道と覇道から来ているのだと思います。そしてこちらが、zikutさんのお友達が用いたものだと思います。おおよそのニュアンスは、
正道を通って王位につく道。→王道
邪道を通って王位につく道。→覇道

正統的なハードロック。ツェッペリンやパープル。→王道。
産業ロック。→覇道。
    • good
    • 0

>ディープパープルやレッドツェッペリンなどハードロックなら昔から定番中の定番もの



もちろんご存知でしょうが、ハードロックを聴く人は「ハードロックかくあるべし」という信念を持っている人が多いですよね。
ツェッペリンやパープルはそういう人の中でも真っ当なものという評価が定着していますから、そういう意味で「王道」と言ったのでしょう。
「有名」や「知名度」ではなく音楽的に正統的なハードロックであると。
だからどんなに知名度があってもポイズンやジャーニーじゃ「王道」とは言われなかったと思いますが。
    • good
    • 0

>ところでNo.3さんが言っていた


>
>>こういったところでよく使われる「王道」の
>意味だと、「昔からあるもの、多くの人が好んでいるもの、有名であるの、、、」
>
>これと同じ感じで友達は言ったのだと思います。

No.3さんが引き合いに出している「邪道」の反対語は「王道」ではなく、「正道」です。つまり、「昔からあるもの、多くの人が好んでいるもの、有名であるの、、、」ではなく、「道理にかなったもの、正しいやり方」という意味ですね。

ここからは、私的意見ですが、
『だいたい「王道」の反対語として「邪道」が使われますよね。』じゃなくて、
『だいたい「邪道」の反対語として「王道」が使われますよね。』と言うべきでしょう。そして、本来「正道」であるところを、「王道」が誤用されたのが、定着してしまったと見るべきではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすいご意見ありがとうございました。
やはり誤用のようですね。
でも、けっこうTVとか見ていても(バラエティ系)、「王道」が
>「昔からあるもの、多くの人が好んでいるもの、有名であるの、、、」
といった感じでたびたび使われているような気もします。…僕だけですかね。

お礼日時:2001/12/06 19:24

こんにちは!



私は、その友達が言った言葉も少し??といった感じですね(笑)。
だって、この場合はとくにCDという事で、そういった音楽などの芸術系って
人それぞれ価値観が違うものなので、「王道」というカテゴリーにはあてはめる
事ができない分野だと思いますよ。

まあ、でもその友達の言いたいニュアンスはもちろんわかりますけど(笑)、
この場合だとその「王道」の基準はあくまでその友達の独断でしょうね、、、。
きっと人気のあるアーティストのものだったり、売れ筋のCDが置いてあった
のかな??

辞書には出ていなかったとの事で、私ももともとの意味というのは存じませんが、
だいたい「王道」の反対語として「邪道」が使われますよね。
例えば、よく聞くのが食べ物に関してですが、大阪や広島名物のお好み焼き、
昔からある具と味付け、調理法が「王道」、一方で最近では少し変わった具などを
入れて話題を呼んでいるものが「邪道」と言われたりしますが、まあこれは
「王道」を愛している人がこのようなものを「邪道」と呼ぶわけで、
一概には言えないですけど、こういったところでよく使われる「王道」の
意味だと、「昔からあるもの、多くの人が好んでいるもの、有名であるもの、、、」
かなー。そのものに対する一番「標準的なところ」ではないでしょうか。
これをしとけば間違いない、みたいな。

間違ってたらごめんなさいね。
    • good
    • 0

その使い方は間違いです。


質問を拝見して、そのセリフにはかなり違和感を覚えます。

「王道」という言葉は主にその方法等について使われる言葉であって、
そのお友達がCDコレクションに対して言っているのであれば
明らかに間違った使用法をしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!
ところでNo.3さんが言っていた

>こういったところでよく使われる「王道」の
意味だと、「昔からあるもの、多くの人が好んでいるもの、有名であるもの、、、」

これと同じ感じで友達は言ったのだと思います。
実際、CDのコレクションはディープパープルやレッドツェッペリンなど
ハードロックなら昔から定番中の定番ものが多数ありましたし。

…やっぱり違ってますか?

お礼日時:2001/12/06 18:25

文意からすると貴方のお友達は、最近の言葉で云うところの[メジャー]と言うのを【王道】と勘違いしているのだと思います。



【王道】というのは元々[真っ当な徳を以って納める政治]というような[儒教]に影響された政治思想の意味で使っていました。

質問で引用されている「近道、楽な道、仁徳」と言うのは[royal road]を明治以後に訳した言葉で少しニュアンスが異なります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!
ところでNo.3さんが言っていた

>こういったところでよく使われる「王道」の
意味だと、「昔からあるもの、多くの人が好んでいるもの、有名であるもの、、、」

これと同じ感じで友達は言ったのだと思います。
実際、CDのコレクションはディープパープルやレッドツェッペリンなど
ハードロックなら昔から定番中の定番ものが多数ありましたし。

…やっぱり違ってますか?

お礼日時:2001/12/06 18:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q王道の意味は?

「学問に王道なし」ということわざがあります。
学問の道を追究するには、安易な方法や楽な道はなく、地道な努力が必要であるという意味だと理解しています。
この事から、「王道」とは、安易な方法とか近道という意味だと思っていました。
しかし、最近、「素材を生かし、かつ熟練された技術で作り上げられた、○○の料理こそ、フランス料理の王道だ。」などという使われ方をよく耳にします。
この場合の、「王道」の意味はニュアンスからは、「正当なもの」、「神髄」、「真っ当な方法」といった意味に聞こえます。
私の所有している「広辞苑」には「王道」という項目は記載されていませんでした。
「王道」の本来の意味を知りたく、お尋ねします。
ご回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

この質問は面白いですね。勉強になります。

「王道 学問 安易」でGoogleの検索にかけると、「王道」の辞書上の意味と、実際によく使われている意味とのずれを不思議がっているページがたくさん見つかりました。

たしかに、「王道」は辞書上、「安易な方法」「近道」の意味ですが、実際は「正攻法」とか「定石」「基本」の意味でよく使われているようです。

いままさに、私たちは意味が変化している語をまのあたりにしているのでしょう。「もと誤用」など注釈つきで辞書に載るのも近いかもしれません。

Q『学問に王道なし』ってほんまかいな?

『学問に王道なし』って本当?違うと思うんですが…

『学問に王道なし』という言葉がありますが、間違っていはないけれど正しいとはいえないと思いませんか?
勉強したくても学校に行けない子供たちだっているし、実際カンボジアの子供とかは勉強したくても教材がないから勉強できないけれど、日本の勉強したくない子供は有り余るお金はなくても普通のお金さえあれば学校で掛け算を勉強することもできる。

これって実際問題お金のあるほうが勉強できる環境にあるって事ではないですか?

ただ間違いと断言できない理由は、同じ環境ならば『学問に王道なし』が成立すると思うからです。
同じだけ勉強するとして、参考書でも、小中学生レベルの教科書しか持っていない人(義務教育しか受けられなかった人)と小学校から大学の知識まで載っている参考書を持っている人ではやはり後者のほうが勝つと思いませんか??

何方か私の考えに意見や、こういう例もあるよなど何でも良いので意見をください。
お願いします

Aベストアンサー

大昔の学者は、王族や貴族の家庭教師で生活費をかせいでいました。

ギリシアのユークリッドという数学者が、王様に数学を教えていたところ、
「私は庶民とは身分がちがうのだから、もっと楽にわかる方法はないのか」
と聞かれて答えたのが、
「王様、数学を勉強するのに、庶民の方法も王様の方法もちがいません。数学には王だけが歩く道というものはないのです。」
というセリフです。

ただし、文字式の計算だとか、方程式だとか、単元をしぼれば、比較的短時間でマスターできるノウハウが存在するところもあります。

Q「学問に王道なし」の意味を教えてください。

タイトルどおりです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「学問に王道なし」とは、ギリシャの哲学者アリストテレスがアレキサンダー大王の家庭教師として赴任したときの言葉として、あまりにも有名ですね。 


 だれでも苦労しないで知識や知恵、物心両面の豊かな生活を得たいと思いますが、それはできない相談なのです。 様々の経験を積んで悩み苦しみながら、生きる知恵を身につけていくしかないのです。 それを安直に得ようとすればその場はしのげても、いつかは同じような問題に捕まってしまうのです。 しっかりと身に付いていない知識や知恵で、ものこどに対処するから失敗補繰り返し、そして自信を失ったり、相手や社会を恨み、最期には自分さえも恨んでしまうのではないでしょうか。

「人生にも王道なし」
人生にもまったく同じことが言えると思います。 自分に能力や経済力がないのに大きなことに挑戦して失敗するとか、相手に求めてばかりいて自分は相手になにも与えようとしないとか、基本的なことが抜け落ちていることでは、人生は辛くなるばかりだと思います。

Qどちらが操縦士の近道(負担が少なく)なのでしょうか?

操縦士になりたくて資料集めをしている高1です。

1.東海大学の「航空宇宙学科 航空操縦学専攻」に行く。
  (質問:この場合、航空大学には行かなくていいのですよね?)
2.大阪航空専門学校 → 航空大学へ。
3.自社養成(狭き門の中の狭き門なので...)

東海大学の航空宇宙学科 航空操縦学専攻は全日空と提携していて、卒業後就職できそうな気がするのですがいかがでしょうか?
まだよく操縦士の資格などについても詳しく知らないので教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

全然回答になりませんが、航空自衛隊とか海上保安大学校の航空課程(これはヘリかもしれませんが)で、新規職員募集のポスターが張ってました。

Qストーリー設定などの”王道”

とはどういう意味なのですか?
また、漫画の感想サイトに
「王道的なストーリー」とか
「キャラクターの性格が王道すぎる」
などありますがストーリーとキャラクターで
"王道"と言う意味は変わるんですか?

Aベストアンサー

意味は変わりません。
王道=正統派、お決まりのパターン
という意味です。
「王道すぎる」とは オリジナリティがない、という意味です。
王道も時代や流行で変わりますが・・・。

Q設備設計一級建築士取得への近道は?

 H20年?に法改正に依って設備設計一級建築士なる物が出来たと聞きました。
定かでは無いのですが、3階建以上且つ、5000m2超の建物は
設備設計一級建築士が必要だと理解しています。
大卒(建築学科)で建築・設備設計共に5年以上の実務経験を持つ一級建築士を持っていない人は、
一級建築士を取ってから5年以上の設備の実務経験を経て、
設備設計一級建築士を取った方(この場合、講習受講で済むとか?)が良いのか、それとも大変だけれども
建築設備士⇒一級建築士⇒設備設計一級建築士と行くしかないのか、
設備設計一級建築士取得の近道と、出来れば受験資格を教えて下さい。

Aベストアンサー

いずれのコースで行くとしても、最低必要資格は一級建築士の資格です。
一級建築士の資格を取得後5年以上の実務経験が必要となりますが、一般的な設計事務所では、今の世の中年から年中、設備設計の実務は、まずありません。
したがって、実質の5年以上の実務経験を積むには、7年、8年とかかる事となります。
講習申し込みでの実務経歴書には、○年○月~○年○月まで○ヵ月と詳しく書く事となります。
また、設備設計の建築士さんの証明も必要となります。
早く実務経験を積むには、設備設計を専門にやっている設備設計屋さんに務めるしかないでしょうね。
設備設計を専門にしている事務所は、数が少ない筈で。
要は、先に一級建築士の資格を取得しなければならないと言う事です。
この事は、同様に構造設計一級建築士の資格も設備設計一級建築士と一緒と言う事です。
こんな説明で解っていただけたでしょうか?
ちなみに私は、構造設計一級建築士の資格取得講習・考査を受けて結果待ちです。
ご参考まで

Q王道漫画とは何なのか

先々週号のヤングジャンプ掲載の「リアル」の中で
新人の投稿作品は王道漫画がほとんどで、もう王道漫画はいらない
という編集者の発言があり、ふと疑問を覚えました。

王道漫画とは何なのだろうか、と

思い浮かぶのは、ドラゴンボールやワンピースと言った敵をバッタバッタと倒す勧善懲悪なヒロイックストーリー
しかしそれは王道と捉えつつも、それが漫画の正道かと言われると、バトル漫画という一つのジャンルでしかない。
だったらあり方ではなく、勧善懲悪・ハッピーエンドと言ったストーリー的な部分に対して王道と名付けるのだろうか?
だとすると、バトル漫画に限らずほとんどの作品が「王道」になってしまい、王道批判は漫画そのものを批判しかねない。


一般的認識の王道漫画とこの編集者が言う王道漫画は違うのだろうか?
はたまた、ジャンプではドラゴンボールやワンピ系が王道、チャンピオンではヤンキー漫画が王道、サンデーではラブコメが王道というように雑誌毎に違うのだろうか?

漫画の王道とは一体何なのだろう?

Aベストアンサー

王道とは王すなわち先駆者、成功者が築いた道。安直な道。この編集者のいう王道とはいわゆる「ベタ」のこと。
どこかで見たような設定や展開。過去に成功した作品の模倣を感じさせ独創性のない漫画のことを指しているかと思います。

人まねでないオリジナリティのある漫画を期待したいということでしょうね。

Q教員になる為の近道について。

教員になる為の近道について。
今年の採用試験に落ちてしまった場合に、今後教員を目指すための近道について伺いたく質問いたします。

私は今年教員採用試験を初めて受ける予定の者です。
これが受かりさえすれば問題はありませんが、自身の準備不足に加え初めての試験というプレッシャー、そして何よりも何度も(何年)もチャレンジしてらっしゃる先輩をみていることもあり落ちてしまった場合どうするべきかについても考えずにはいられません。

そこで質問です。

1、来年は非常勤講師としてでも都内の公立学校で働き経験を積みたいと考えていますが、 
講師の方がより倍率が高く講師といえど採用されるのが難しいと聞きましたが実際いかがですか?

2、大学の教授には国立大学院への進学を勧められました。
国立の大学院で更に教育について学べば所謂コネのようなもので必ず教員になれるだろうとのことです。
そんなことって本当にあるのでしょうか?
(具体的には東京学芸大、横浜国立、千葉大を勧められました。首都圏での採用を考えてのことだと思いますが・・
 

ちなみに私は都内私立大卒業、中高の英語科免許を取得予定です。
自身の学歴に自信がないこともあり当初は視野に入れていなかった大学院への進学も魅力的に感じてきたのが本音です。。



教員採用試験を目前に控え不安定になっており、周りの声に揺れてしまっているのは自覚しております。
経験者の方、お詳しい方、どうかご回答よろしくお願いします。

教員になる為の近道について。
今年の採用試験に落ちてしまった場合に、今後教員を目指すための近道について伺いたく質問いたします。

私は今年教員採用試験を初めて受ける予定の者です。
これが受かりさえすれば問題はありませんが、自身の準備不足に加え初めての試験というプレッシャー、そして何よりも何度も(何年)もチャレンジしてらっしゃる先輩をみていることもあり落ちてしまった場合どうするべきかについても考えずにはいられません。

そこで質問です。

1、来年は非常勤講師としてでも都内の公立学校...続きを読む

Aベストアンサー

う~ん、大学院への進学が近道だとはまったく思えません。

むしろ、教員採用試験の合格への近道としては

1、まずは1次試験の突破
2、あなたの教員の素養と人となりをみとめてくれる教育委員会の人

だと思います。

上記を踏まえて言えばやはり、非常勤講師であっても地道に教育活動を続ける、ということに他なりません。

ただ、何かアクシデントがあって、いつまでもこういう夢物語を言っていられない、という時には、やはり、大学院というのが功を奏してくると思います。つまり、将来の方向転換ですね。教員ばかりを目指して、「人に教えてばっかりでした」というと、「うちでいらないね~」という企業も数多くあります。でも大学院に行けば普通に新卒で扱ってもらえますしね。

二束のわらじではありますが、大学院に在籍しながら、臨時講師をするとか非常勤講師をするとかしながら、教職に携わる(職歴をつむ)というのが一番の得策のように思えます。

それから、都道府県によっては、採用試験に落ちても、そのときの成績で臨時職員に採用されるそうです。実際、私が受けた都道府県でもそうでした。落ちたときの成績順でしたが。だから、勉強してもむだってことはないんですよ。

う~ん、大学院への進学が近道だとはまったく思えません。

むしろ、教員採用試験の合格への近道としては

1、まずは1次試験の突破
2、あなたの教員の素養と人となりをみとめてくれる教育委員会の人

だと思います。

上記を踏まえて言えばやはり、非常勤講師であっても地道に教育活動を続ける、ということに他なりません。

ただ、何かアクシデントがあって、いつまでもこういう夢物語を言っていられない、という時には、やはり、大学院というのが功を奏してくると思います。つまり、将来の方向転換ですね。教...続きを読む

Q学問に王道なし

この言葉は、本来、幾何学に王道なし(ユークリッド)だと思います。なぜ、学問に王道なしになったのでしょうか。統計学のように王道のある学問もあります。

Aベストアンサー

私はその意味を「苦労をせずに高見に登れる学問はない」と言う意味に勝手に理解しています。

ただし近道ならば知っています。これは、私の先生が教えてくれた抜け道です。その先生が言うには、
「学問の高みに登るには、ヘリコプターを使いなさい。自分の足で下から登って行ってはだめだ。途中で息切れがしてしまうから」
だそうです。

この言葉の意味は、
「その学問分野で超一流な先生の弟子になりなさい。正式にその研究室に入った公的な弟子でも、勝手に押し掛けて行って私的な弟子になるのでもでもかまいません。既に大成をしている先生は、それを目指して日夜励んでいる方よりもいろいろな意味で余裕があり、元気な人がこちらから出向いて戸を叩けば、余裕のない先生方より遥かに簡単に弟子にしてくれるものだ。超一流な先生は、何をどう理解したらその学問の核心に近づけるかを貴方に教えてくれるので、それを知っているか知らないかで、貴方のやる学問に雲泥の差が付いてしまう。」
だそうです。

もちろん、弟子に受け入れられた後、「石に齧り付き、血の涙を流す」努力が必要であることに変わりはありません。その意味では、相変わらず「学問に王道なし」といえます。

ついでに言うと、
「どんな学問でも途轍もなく複雑な問題を抱えているで、その分野の中のどんなにつまらない問題でも、それに一生、恍惚としながら、のめり込んで行ってしまう面白さを持っている。実はそれが、学問をやる場合の落とし穴であり、危険なところだ。学問を始めると、どんな問題をやってみようかという入り口を見つけることは、比較的簡単で、誰にでも出来る。一流な先生の違うところは、その落とし穴にはまり込まないように、いま現在のレベルでは、どこでその問題から手を引いて、その分野でまだ残されている他の重要な問題に興味を移して行くかのタイミングや出口を知っている。そして、それを貴方に教えてくれる。そのようにして幾つかの本質的な問題に関わる経験をした後に、場合によっては再び前の問題に帰ってくれば良いのだ。」
だそうです。

もちろん、これは私どものような凡人用の近道です。世の中にはアインシュタイン見たいに、自分の足で一気に上まで登って行けた人達もいましたが、まさか自分がそれに当たっている確率は、限りなくゼロに近いですから。

私はその意味を「苦労をせずに高見に登れる学問はない」と言う意味に勝手に理解しています。

ただし近道ならば知っています。これは、私の先生が教えてくれた抜け道です。その先生が言うには、
「学問の高みに登るには、ヘリコプターを使いなさい。自分の足で下から登って行ってはだめだ。途中で息切れがしてしまうから」
だそうです。

この言葉の意味は、
「その学問分野で超一流な先生の弟子になりなさい。正式にその研究室に入った公的な弟子でも、勝手に押し掛けて行って私的な弟子になるのでもでも...続きを読む

Q実験計画法の因子が揃ってない分割法について

「入門 実験計画法」という本の「分割法」4因子(各3水準)の間隔が揃っていない分散処理をしたいと思っています。自分が設定したのは
一次要因:A
二次要因:B、A*B
三次要因:C、A*C,B*C,A*B*C
四次要因:D,A*D,B*D,C*D,A*B*D,A*C*D,B*C*D,A*B*C*D
という要因で誤差は三次誤差まであります。
そして、EXCELで表を作りSa,Sb,Sc,Sdを求めたところすべて正の数となり、そこからSSab(AとBの交互作用の平方和),SSbc…など二つの交互作用はプラスとなり
SSSabc,SSSabd,SSSbcdなど三つの交互作用はすべて負の値となりました。
この平方和は必ずプラスの値とならないといけなんですよね?
そして、二次誤差もマイナスとなってしまいました。
どの例題を見ても平方和はプラスとなっています。

Aベストアンサー

平方和に負の値はありえません。計算間違いはありませんか?高次の交互作用に出ているようですので、計算誤差の影響はありませんか?

一般論ですが、慣れないうちにあまりに複雑な解析はおすすめできません。木を見て森が見えなくなります。手法としてはいくらでも複雑な解析ができますが、現実は三次以上の交互作用が問題となる場合はほとんどありません。実験計画は計画を立ててからデータをとるのが基本です。適当にとったデータをいくら複雑な解析をしても多くは期待できないかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報