「強電解水」に関するご質問を拝見し、引用されていたWebページを
見てみたのですが、私(電気化学は専門外の化学屋)はますます混乱
してきました。長文で恐縮ですが、お暇な時にご教授下さい。

「強酸性水」として利用されているのは、水の電気分解における陽極側
ですね? 私は「水道水由来の、または添加した食塩由来の塩化物イオンが
陽極で酸化されて、塩素水が生じる」と理解?しています。そうであれば、
殺菌力は期待できるでしょうし、うがい薬等に使われるヨウ素系のような
着色もなく、一方で安定に保存できないから要時電解するのだろうと想像
しています。三洋電機さんの洗濯機の説明<http://www.senzai0.com/
に出てくる「電解次亜塩素酸」という表現からも、私の理解は当たらずとも
遠からずと思うのですが、いかがでしょうか??

次に本題の陰極側です。水を電気分解して、隔膜の陰極側を「強電解水」
「アルカリイオン水」として利用することは、かなり広く行われている
ようです。これを支持するWebページはacドメインにも散見されますが、
不勉強を恥じるべきか、強電解水の説明(例↓)が私には理解できません。
http://members.jcom.home.ne.jp/a-kitada/1denkai. …
「陰極でH+がH2に還元されてOH-が余剰になる」までは納得できますが、
「対カチオンが存在しない」「還元力がある」などで頓挫してしまいます。
電極近傍のH+が枯渇しても、原水(水道水)中のカルシウムとかが0価に
還元されれば、直ちに水と反応して金属カチオンが再生、H2が発生して、
OH-の産生が続く・・・とも考えたのですが、対カチオンを持たないOH-
が蓄積するのは不自然に思えてなりません。どうか私の混乱を解いて下さい。
私は、過去の質問 q=104209 のご議論が消化しきれないレベルです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

久しぶりのZincerです。


かなり大変なことになってますね。若干のゴマカシを交えながら順を追って考察してみましょう。

1.陰極に電圧をかけて電子を送り込みます。(電極の電位が卑(-)な方向へ変化:電位=Ec)

2.電極の電位(Ec)が水の還元電位を超えた時点で水が還元され(電子が移動し)OH-が生成されます。
※この時点では陰極側の水は負の電荷を帯びているはずですので、この水全体の電位をEwcとでも置いておきましょう。
2-1.さらに陰極には電子が送り込まれるため、「2」の反応が進む限り陰極の電位は水よりも低い事になります。(厳密に言えば、電位が低いから「2」の反応が進行します。:上記の説明は原因と結果を逆にしています。)
OH-は負の電荷を帯びていますから、より電位の低い電極からは斥力を受けると私は考えました。

3.OH-やその他の陰イオンは拡散や電気泳動によって、陽極の方向へ移動します。これは電流が流れることになるので液体の電気抵抗(あるいは伝導度)に関係するオーム損が発生します。同様のことが陽極側でも考えられるので、これに伴う電圧損失をEiwとしましょう。

4.ついでに隔膜中での電圧損失をEiFとします。
5.反応「1、2」と同様の反応がH+や他の陽イオンと陽極間に起こっていますからこれらをEa、Ewaとします。

これらすべての電位差及びオーム損を合計したものが反応を進める為に必要な印加電圧です。

ケース1:両浴間に導通が無い場合
「EiF=∞」の場合と同様ですので、有限の電圧では反応は進行しないでしょう。

ケース2:純水の場合
非常に大きなEiwが必要になるため通常の水の電気分解では使用されない。

仮定1:両浴の電気的中性が崩れる(コンデンサーの応用)
rei00さんの最初の疑問はここにあると思います。
確かにコンデンサーの考え方を導入すれば可能な系であると考えられますが、隔膜の導通が無い場合は「ケース1」と同様になります。ここからは物理屋さんのフォローを期待しますが、実際に反応が起こったと仮定して、反応が停止した時(i=0のその反応量と電圧(Ewa-Ewc)の関係は実際の系では実現不可能ではないでしょうか?
※参考式
反応量:∫idt=Q(∝反応モル数)
印加電圧:V=Ewa-Ewc

仮定2:両浴の電気的中性が崩れる(イオンが隔膜を通過出来る場合)
イオンの移動速度は隔膜内の電位勾配に比例しますから、電気的中性が有意なほどバランスをくずすことは実際にはありえないと思います。
静電気も電子の偏りですよね。この電子が還元能を持つかは解りませんが、あの電圧は数千~数万Vのオーダーのはずです。電荷を物理的に蓄積するには非常に大きな電圧が必要であることは感覚的には理解しておられるからこのような疑問がわいたものであると思います。

rei00さんへ
>触媒がないと水素分子による還元はあまり進まないように思うのですが。それとも,作用する相手が触媒的に働く?
ということですが、私も同感です。おそらく電位の測定用に白金電極等の触媒能を持つ金属を使用しているのではないかと思います。

>H+ イオンも OH- イオンもそれ自身が移動するのではなく,水素結合の組換えでドミノ倒し的に移動するはずで,移動速度はかなり速いですよね。
確かにその通りです。ただ、イオンの移動度[×10-4 cm2/(s・V)at25℃]を比較しますと、通常の陽イオン及び陰イオンで4~8、H+で36.3、OH-が20.5とありますから、まあ移動速度は5~10倍といったところですのでこれをどう見るかではないでしょうか?

この回答への補足

応答が遅くなって申し訳ありません。
Zincerさん#7や38endohさん#4@q=104209も参考に「ゴマカシを交えながら」
以下のように納得(することに)いたしました。皆様ありがとうございました。
(皆様に届くように補足欄に記載します)

(1) 陰極で生じたOH- が電極近傍に溜まったままでは、電極界面の電位差が失われて、
  水分子への電子移動が継続しない。
(2) 陰極と隔膜の間の電位勾配を推進力として、陰極近傍のOH- が移動することで
  電極界面の電位差が確保される。
(3) 導通のない隔膜がコンデンサーとして機能するなら、OH- が蓄積する隔膜近傍が
  低電位となり、電極界面のOH- を引き剥がす推進力が消滅してデッドエンド。

もうひとつの納得の根拠は水酸化ナトリウムの(過去の)工業的製法です。強電解水の
製法は隔膜法に酷似しているようですし、質問欄に書いた金属カチオンが0価に還元
されるケースは水銀法に相当しそうです。ソーダ工業を築き上げた原理なら、中身が
消化不良のままでも信じられる・・・ というところです。(^ ^;)

いずれにせよ、「溶存水素に富んだ、NaOHまたはCa(OH)2の希薄水溶液」が強電解水の
本質のように思えます。水素について、調製直後の過飽和とか微小な気泡に意味がある
のかもしれませんが、電解水を賞賛する情報の中に「化学的な誤認」も少なくないので
しょう。洗浄作用にせよ、生理作用にせよ、単なるアルカリ溶液を対照に置かないデータ
に基づいて効果を唱うのは如何なものか・・・という気がしてきました。

補足日時:2001/12/17 20:31
    • good
    • 0

rei00 です。

先の回答に少し補足致します。

loveobo さんのお礼に対して:
> 陰極槽の全カチオン量を超えるOH-が溜まるとしたら、陰極水の
> バルクは負に帯電することになります。この状態では通電できない
> 根拠でもあればスッキリするのですが、
 陰極水のバルクが負に帯電した状態(できるかどうか疑問ではありますが)とは,電子が過剰に存在する状態ですよね。そこへさらに通電する(陰極から電子を供給する)には,かなりの電圧を架けないといけないのではないかと思います。で,実際上はそれだけ電圧を架けられないので,通電できない。私は,こう考えたのですが,いかがでしょうか?

> 隔膜を介したコンデンサが充電されるとしたら・・・ 
 コンデンサについては殆ど忘却の彼方なんですが,充電されてしまうと,絶縁体になったように思います。これに無理に電圧を架けると・・・,限界を超えた時点で溶けるかどうかして壊れませんでしたっけ(自信なし)。同様に考えると,隔膜を介したコンデンサも・・・・壊れる?

> 両極に電圧かけたまま、絶縁した柄杓で陰極水を汲み出したら・・・
 どうなるんでしょうか?柄杓を入れた段階で何か起こりそうにも思いますが・・・。

> どこか間違っていて欲しい!
 やっぱり最初の「陰極槽の全カチオン量を超えるOH-が溜まる」が間違っているように思います。


Zincer さんの回答に対して:
> もしこの陰極側の水に還元力があるとすれば、陰極側で
> 発生したH2が溶液に溶解し、この溶存水素の力であると
> 考えるのが妥当ではないでしょうか?
 loveobo さんも納得されているようなので,私の知識不足かも知れませんが,この様な溶存水素の還元力は「強電解水」や「アルカリイオン水」の効果を説明できる程あるのでしょうか?触媒がないと水素分子による還元はあまり進まないように思うのですが。それとも,作用する相手が触媒的に働く?

> ただもともと対イオン(H+に対するOH-またはその逆)が
> 過剰に存在する系に移動するわけですから、移動した瞬間に
> 中和して水になってしまうのではないでしょうか?
 おっしゃる通りだと思います。私の言葉不足でした。言いたかったのは「H+ も OH- も中和されて消えてしまうので,両者とも蓄積できないだろう」と言う事でした。

> 隔膜によって移動速度を抑えるため、ある程度の濃縮
> (ここでいう蓄積?)は可能であると思います。
 生成速度の差ですか,確かにそれなら納得できますが,そんなに差が出るものなんでしょうか? H+ イオンも OH- イオンもそれ自身が移動するのではなく,水素結合の組換えでドミノ倒し的に移動するはずで,移動速度はかなり速いですよね。

 この問題を考えているうちに,納得したつもりの以前の質問「No.104209 水の電気分解に関する私の勘違い(?)を解いて下さい」(↓)まで解らなくなってきました。特に ANo.#8 の Zincer さんのク-ロン力に関するご意見が・・・。この質問に共通する問題だと思いますので,一緒にご意見いただければ幸いです(loveobo さん,便乗させていただいて良いですか?)。

 すみません。少しと言いながら長くなってしまいました。お許しを。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?qid=104209
    • good
    • 0
この回答へのお礼

便乗は大歓迎です。ただし、私がついていけなくなったら、質問者の
特権?で閉じますので、その節はご容赦を!

"水の電気分解"のフレーズでGoogle検索したら、燃料電池の解説と
電解水を賞賛?するページが山ほどヒットしましたが、
http://homepage1.nifty.com/dron/water/gakkai.htm
小久見・菊地 両先生の説明(転載版?)によれば、隔膜を介した
物質移動のバランスによって電気的中性は保たれているそうです。
溶存水素についても解説されており、強電解水・アルカリイオン水
の正体?はかなり見えてきた気がいたします。

>納得されているようなので,私の知識不足かも知れませんが
「NaOH水溶液またはCa(OH)2水溶液との違いに溶存水素がある」
までは納得しました。それが「特段の還元力を発揮する」は未だ
やや懐疑的です。電解水の説明には「酸化還元電位」が良く出て
きますが、バルク物性の絶対値として意味があるのでしょうか?

隔膜を介した物質移動と電極反応の関係(私の混乱の本質?)は
まだ解決していませんが、どうやら「強電解水」の特殊性ではなく、
隔膜法 NaOH 製造の仕組みが理解できていないだけのようです。
この質問/回答を電気化学屋さんが見たら、「教科書を調べてから
質問しなさい」と叱られそうな気がしてきました。(^ ^;)
ウェブ上にテュートリアルがみつからないので、ホコリをかぶった
無機工業化学の教科書を引っぱり出してみます。

お礼日時:2001/12/10 00:46

初めまして。

tehuと申します。
私も化学に興味がある者ですので、興味深く拝見させていただきました。

「酸化」と「還元」という言葉ですが、
これには複数の意味があったような気がします。
(ちょっとよく覚えていないのですが)
その意味を理解してからHPを読んでみるとわかりやすいかもしれません。
大学時代に習った記憶があるので、
ちょっと詳しい化学の本でしたら載ってるかと思います。

(あくまで私の感じた限りですが、提示なさっていたHPでは
 その複数ある意味が混在していたような気がします。)

もしご存知の内容であったり、見当違いの内容であったらすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
仰るように酸化/還元には複数の定義があります。
酸化:酸素を与える、水素を奪う、そして究極の定義が電子を奪う
還元:酸素を奪う、水素を与える、そして究極の定義が電子を与える

質問欄で引用したページは化学的正確さは上々の部類と感じましたが、
酸性(acidic)と酸化性(oxidative)を混同しているサイトが少なく
ありません。それと対をなすことで、アルカリ性(塩基性:basic)と
還元性(reductive)が混同されがちのようです。#1で「別の機会に」
と逃げを打ったところに踏み込んでしまいそうなので、このへんで。

お礼日時:2001/12/08 02:05

こんばんはZincerです。


>「対カチオンが存在しない」
の記述については、HPの説明に若干の疑問はありますが、rei00さんの推察の通りであると思います。
疑問点・・・ミネラル分として記述されている金属元素は、水中では(わざわざイオン化しなくても)もともとイオンのはずです。

>「還元力がある」
いかに「酸化還元」が相対的な反応であるとはいえ、OH-に還元能があるとは私も納得いきません。そこで一考、もしこの陰極側の水に還元力があるとすれば、陰極側で発生したH2が溶液に溶解し、この溶存水素の力であると考えるのが妥当ではないでしょうか?

>「殺菌力」について
これについては、loveoboさんの若干の誤解があるように思います。この場合、「殺菌力」=「酸化力」と考えることが出来ますので、Cl-が還元されて出来たCl2分子(あるいはより還元された次亜塩素酸イオン:確かこちらは無色のはず?)がこの効果を示すと考えて良いと思います。

次にrei00さんの
>生じた OH- イオンや H+ イオンが隔膜を通って反対極側へ移動してしまうように思うのですが。どうなんでしょうかね?
についてですが、「金属イオンが通過できるのにH+が通過できない」とは考えられないので、当然H+(またはOH-)の反対極側への移動は起こっていると考えるのが当然であると思います。ただもともと対イオン(H+に対するOH-またはその逆)が過剰に存在する系に移動するわけですから、移動した瞬間に中和して水になってしまうのではないでしょうか?
あとは、移動速度と発生速度の問題になると思いますが、隔膜によって移動速度を抑えるため、ある程度の濃縮(ここでいう蓄積?)は可能であると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

陰極側(強電解水)の溶存水素が還元性を示すと言うなら納得できますね!
陽極側(強酸性水)を「塩素水」と書いたのが不味かったかもしれませんが、
2Cl- → Cl2 + 2e- と不均化 Cl2 + H2O → HClO + HCl
で次亜塩素酸ってところかと思います。

>移動速度と発生速度の問題(中略)隔膜によって移動速度を抑える

「隔膜法 NaOH 製造」と同じ原理(#2)ですね! カチオンの隔膜透過
を上回るOH-生成までは良しとして、陰極槽の全カチオン量を超える
OH-が溜まるなんてことが起きるのか?? この疑問は#3へ

お礼日時:2001/12/08 01:47

 loveobo さん,こんにちは。

消化しきれないとおっしゃった過去質問をした rei00 です。

 私の質問に対する皆さんの回答を基に考えると,「対カチオンが存在しないと(対カチオンによって OH- が電極から引き剥がされないと),生じる OH- イオンが電極表面とイオン対を作った状態になり,すぐに電気分解が停止する」と考えられます。

 実際,このペ-ジの「6.ミネラルは?」には,『カルシウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウムなどのミネラル成分の一部はイオン化してアルカリ水側に引っ張られます』とあります。これらが対カチオンになっていると思うんですが。

 おそらく,「5.酸性・アルカリ性と酸・アルカリの違い」の記述『電解水の場合は水分子が分解して相対的に水素イオンに偏りができる』から考えると,陽極側は H+ イオンが過剰で陰極側は OH- イオンが過剰でありバランスはとれている(H+ と OH- がそれぞれの対イオンである)と,言いたいように思いますが。

 とここまで書いて,もう一度ペ-ジを見直した所,隔膜の説明でわからなくなりました。『穴の細かさは、水分子を通すくらいの物からイオンしか通さない細かさの物まであります』との事です。と言う事は,生じた OH- イオンや H+ イオンが隔膜を通って反対極側へ移動してしまうように思うのですが。どうなんでしょうかね?

Organomets さん
> loveoboさんのご質問に似た疑問を私も持っています。
 この疑問,何処かの回答でお書きになっていませんでしたか?私,それを拝見して同じ疑問を持ちました。少し調べて,質問を起こそうかと思っていましたが,loveobo さんに先を越された様です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもお世話になります。
私の混乱が解消しつつあるところで、残った難問(#4)はrei00さんの
q=104209 に近付いてきた気がします。陰極槽の全カチオン量を超える
OH-が溜まるとしたら、陰極水のバルクは負に帯電することになります。
この状態では通電できない根拠でもあればスッキリするのですが、隔膜を
介したコンデンサが充電されるとしたら・・・ 両極に電圧かけたまま、
絶縁した柄杓で陰極水を汲み出したら・・・ どこか間違っていて欲しい!

お礼日時:2001/12/08 01:49

アトピーなどにいい、といわれる「強酸性水」は、「次亜塩素酸」みたいですね。

塩素臭いですから。

陰極側は、添加物に食塩をつかえば水酸化ナトリウムだし、塩化カルシウムを使えば、水酸化カルシウムですよね。
それらの水溶液ならばアルカリ性に違いないのですが、コックからボトルに注ぎ出した「アルカリイオン水」にOH-イオンが蓄積されるわけはないと思いますよね。

以前、メーカーに「結局は水酸化カルシウムじゃないのか?」と質問したのですが、「塩化カルシウムを使っているのではない。」(塩化ナトリウムを使っている)と言う答えだけで、実際の「アルカリイオン水」の分子構成などについては回答がありませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

陽極側(強酸性水)は次亜塩素酸のようですね。アトピー云々を書くのは
ちょっと恐いのですが、炎症そのものに効くかどうかは別として、殺菌力
によって二次感染による増悪は抑制されるのかな~と、漠然と思います。
NaCl (aq) の電解なら、正に「隔膜法 NaOH 製造」と同じ原理ですね。
(NaOH 製造はイオン交換膜法に置き換わってますが)他の成分は#4で。

お礼日時:2001/12/08 01:45

loveoboさん、こんにちは。



申し訳ありませんが回答ではありません。loveoboさんのご質問に似た疑問を私も持っています。いわゆる「マイナスイオン」というものが空気清浄機などの商品説明で用いられていますが、「マイナスイオン」とは何でしょうか? 「アルカリイオン水」でも同じですが、これらは化学用語としての「イオン」なのか疑問があります。ヤフー掲示板でも議論がなされていますが、明確な説明は見出されていないようですね。

英語を日本語に翻訳するときなどに、まれにおかしな翻訳がなされているときがありますね。科学用語においても本来は「エネルギー」なのに日本語では「力」と非表現されるものもあるようです...

「アルカリイオン」「マイナスイオン」は何らかの現象を説明するための便宜的な言葉に過ぎず、化学用語の「陰イオン」「アニオン」とは違うものなのでしょうか...

「回答の種類」は適切な選択肢が無いのでアドバイスにしますが、全然アドバイスになりませんね、すみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

Organometsさん、いつもお世話になります。
いろいろな商品で、一般の化学用語と紛らわしい造語がつかわれることは
少なくないですね。できますれば、その問題は別の機会に・・・
#ここでもマイナスイオンは取り上げられてますが・・・

お礼日時:2001/12/07 08:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプロトンの電気化学ポテンシャル

ミトコンドリア内膜
正電位側のプロトンの活量が負電位側の10倍で、内膜で隔てられた両側の内部電位差(Δφ)が0.15Vのとき、内膜の両側に発生するプロトンの電気化学ポテンシャル差(Δμ)に及ぼす浸透圧的寄与と電気的寄与はどちらが大きいか、簡単な理由とともに述べよ。ただし、プロトンの標準化学ポテンシャルをμ°、プロトンの活量をa、内部電位をφとするとき、プロトンの電気化学ポテンシャル(μ)はμ=μ°+RTlna+Fφで表される。

恥ずかしながら物理化学の基礎的知識が欠けていて、
『プロトンの電気化学ポテンシャル差(Δμ)に及ぼす浸透圧的寄与と電気的寄与はどちらが大きいか』という意味がよく分かりません。適切な参考書を探すために、解答の方向性など教えていただけたら幸いです。

Aベストアンサー

化学ポテンシャル項(μ°+RTlna)と電気ポテンシャル項(Fφ)の両方がどのように効いているかを,与えられた条件で計算してみればいいだけでは?
浸透圧的寄与というのは,膜の内外に濃度差があるときに平衡にあるためには,浸透圧差分の圧力差を与えればよいということで,このときに化学ポテンシャルは等しくなっている(から平衡になる)ということから計算すればいいでしょう.

参考書としては,一般的な物理化学の教科書に加えて,花井哲也「膜とイオン」(化学同人)を挙げておきます.

Q銀の硫化について(陽極と陰極)

LEDを85℃85%RHの雰囲気にて通電を行ったところ、
陽極(アノード電極)側の銀メッキが黒く変色しました。
これはおそらく銀が硫化しているのだと思うのですが、
なぜか陰極(カソード電極)側は変色していませんでした。
このように陽極側だけ変色するのはどのようなメカニズムでしょうか?
また、陰極側も変色することはあるのでしょうか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

おそらく酸化銀 Ag2O ができているのでしょう.
高湿度状態ですので,この条件では両極はごく薄い水の膜で短絡状態にあります.もちろん,水を流れる電流は,LEDを流れる電流に比べればはるかに少ないのですが.
この状態はメッキの銀が電極となって,電気分解をしているのと同じことになります.おこる反応は
アノード Ag → Ag+ + e
カソード O2 + 2H+ + 4e → 2OH-
ただし,Ag+ がイオンとして溶液中(短絡水膜)に溶け出すにはある程度低い pH が必要なのでここでは Ag2O という形で表面に残ったのでしょう.
一種の電蝕です.

Q大学生用の参考書

以下の内容を独学で勉強できる参考書があったら教えてください。                    周期性:原子番号,原子量,同位体、原子の電子配置、電子の量子化と軌道 、化学結合 、結合の生成と軌道の結合 、 共有結合 、軌道の混成による効果的結合の生成
、結合電子の偏り、水素結合と水分子の特殊性 、二重結合と三重結合 、σ結合とπ結合 、 材料-1 分子の結合と性質の関係 、材料-2 天然高分子と合成高分子
、材料-3新炭素材料:フラーレンとカーボンナノチューブ 、材料の構造 構造の決定と測定器:XRD,MS,NMR,STM,etc 、イオン結合-1 酸化物とその構造 、イオン結合-2 酸化物の電子的性質
イオン結合-3 、酸化物の光学的性質 、発光と色 発光と光吸収のメカニズム 酸化と還元 イオン化エネルギーと電子親和力 、電気化学-1 、電極反応と電池(酸化と還元) 電気化学-2 、燃料電池 、酸と塩基 、水溶液の性質 、化学熱力学-1 エンタルピーとエントロピー 、化学熱力学-2 自由エネルギーと化学平衡 、反応速度 反応速度と活性化エネルギー 、化学物質の取り扱い 、化学物質の毒性と可燃性

以下の内容を独学で勉強できる参考書があったら教えてください。                    周期性:原子番号,原子量,同位体、原子の電子配置、電子の量子化と軌道 、化学結合 、結合の生成と軌道の結合 、 共有結合 、軌道の混成による効果的結合の生成
、結合電子の偏り、水素結合と水分子の特殊性 、二重結合と三重結合 、σ結合とπ結合 、 材料-1 分子の結合と性質の関係 、材料-2 天然高分子と合成高分子
、材料-3新炭素材料:フラーレンとカーボンナノチューブ 、材料の構造 構造...続きを読む

Aベストアンサー

一冊で収めようとすると総合化学系の棚に置いてある本になります。

複数冊の本となると、目標とする地点の深さに大きく依存します。新一年生でしょうが、いずれにせよ高校の参考書と同じく自分で本屋に捜しに行ってみるというのが正解でしょう。

Q電解還元水について

電解還元水のタンパク質への影響(主に物性)を調べようと考えています。水を電気分解すると、酸性の電解酸性水と電解還元水がそれぞれの電極側にできると知りました。電解酸性水と電解還元水を混ぜれば、最終的には中性の水になると思うのですが、この中性の水も電解水(電解還元水?)と考えていいのでしょうか?あるいは、電気分解によって生じた酸性水やアルカリ水をNaClやHClで中和することはできますか?あるサイトで、塩酸と電気分解によって生じたアルカリ水を混ぜても中和されず水を混ぜたのと同じように薄まるだけだと書かれていて、とても混乱しています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

面白そうなテーマですね。Web検索してみましたが、科学的とは言えないようなページばっかりだったので、是非、科学的な成果を出して欲しいと思います。

電解酸性水と電解還元水を混ぜた水は、原料とほとんど同じなので、電解水とは言えないでしょう。塩(えん)の濃度が異なる、塩素の量が減っている、水のクラスターの大きさが変わっているとかいうわずかな違いはあると思いますが。

もちろん、酸性水やアルカリ水はNaOHやHClで中和できます(NaClでは無理です)。

Q電気化学と量子力学の融合

現在、電気化学的な研究を行っているのですが
このバックグラウンドを生かして
量子的な現象やメゾスコピック的な現象の研究に移行したいと考えています。
しかしやはり電気化学と量子力学というのは相容れないものなのでしょうか?
何かそういった系がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

マーカス理論などの電子伝達に関する部門はずいぶん前から量子化学と電気化学の両方の知識の融合として扱われてきています。もう二十年も経つかも。

現在、発光素子とか医薬デリバリーなどいくらでもやることはありそうですが、発想を少し転換してみてはいかがでしょうか。

Q電解還元水の作り方

先ほどTVで電解還元水というのをやっていて
水を電気分解すると作れる言っていたのですが、
具体的にどうすると作れるのでしょうか?

Aベストアンサー

そのテレビを寝ながら見たので詳しいことは分かりませんが、
わたしの知っている還元水は参考URLのものです。
自然還元研究所の早川英雄博士が考案したそうで
著書に作り方を書いてあります。

参考URL:http://www.abenet.co.jp/avillage/market/kangen2.htm

Q電気化学 参照極とGNDの違い

こんにちは、
参照極とGNDについてお聞きします。
GNDは電気工学の参考書によれば、回路のあらゆる電圧の基準とするために地球の地面がもつ電位をOVとして設定したものとありました。GNDの電位というのは常に一定なのでしょうか? ある参照極でGNDを測定すると常に一定の電位vs.参照極 となりますでしょうか? それならば、GNDを電気化学でも参照極として使えばいいということになってしまいますが、このあたりがこんがらがっております。

Aベストアンサー

やり方によってはGNDをある標準として使うことは出来るでしょう。ただし、溶液とGNDをどうやってつなぐのか、という問題が起こるでしょう。なぜならもし金属をGND極として使うと、金属と溶液の間の半電池の電圧がGNDとの電位に加わってくるからです。
例えばこれを避けようとして白金、金などの極をGNDにつなぐことは考えられます。
ただ、存在する全ての溶液中においてGND極が「標準電位」を表すという「担保・保証」はどこにも無いのです。
ある意味GNDを標準として用いるということは系を解法系にするという意味にもなります。
通常の電極平衡は閉鎖系です(ガスの発生・吸収がある場合「圧力」を用いて閉鎖を補います)
ですので、開放系である電気分解・電析などの場合意味がまた違って来ます。
私自身でも、充分GNDを酸化還元系に持ち込む意味は分っていないと思います。

Qイオン交換膜法の陰極室は水or水酸化ナトリウム水

大学受験範囲です

イオン交換膜法の陰極室には、最初、水を入れるのでしょうか?
それとも水酸化ナトリウム水溶液を入れるのでしょうか?

セミナー化学という問題集、ウィキペディアでは「水」になっています
新研究、テライ式解法カードという参考書では「水酸化ナトリウム水溶液」となっています

Aベストアンサー

電気分解を行う時の電圧は数ボルトです。
この電圧では純水を分解できません。
反応式は 2H2O+2e^-⇒H2+2OH^- です。
反応するのがH2OだからH2Oだけがあればいいのではありません。
イオンの存在が必要です。(イオンの存在は数ボルトの電圧が電極表面のごく近くに集中してかかるような電場勾配を実現するために必要です。)
水酸化ナトリウムを作るのが目的ですから初めに水酸化ナトリウムを少し入れておけばいいです。その後はどんどん作られますから純水を補充するだけでいいことになります。
陽極質の方では食塩水を補充します。

「最初」とはどの段階でのことを言っているのでしょうか。
実験室であれば装置を組み立てて、反応液を入れて、電極をとり付けて、・・・という作業から始まります。
実験が終われば装置はばらして、洗って片づけてしまうでしょう。
工場では連続運転が行われていると思います。
昨日と今日とは同じことをやっています。電解槽の中を毎日空にして洗っているわけではないだろうと思います。
昨日の続きの作業としての今日の「最初」であれば水の補充だけでいいのではないでしょうか。

電気分解を行う時の電圧は数ボルトです。
この電圧では純水を分解できません。
反応式は 2H2O+2e^-⇒H2+2OH^- です。
反応するのがH2OだからH2Oだけがあればいいのではありません。
イオンの存在が必要です。(イオンの存在は数ボルトの電圧が電極表面のごく近くに集中してかかるような電場勾配を実現するために必要です。)
水酸化ナトリウムを作るのが目的ですから初めに水酸化ナトリウムを少し入れておけばいいです。その後はどんどん作られますから純水を補充するだけでいいことになりま...続きを読む

Q電気化学インピーダンス法

電気化学インピーダンス法について詳しく載っている書籍を教えていただけませんか?
藤嶋先生の『電気化学測定法』と春山先生の『表面技術者のための電気化学』をざっと読みました.しかしかなり疑問が残っています.具体的にはcole-coleプロットから電子移動律速や拡散律速であるとなぜいえるのか,といったあたりです.
よろしくお願いします.

Aベストアンサー

どなたの本でも同じでしょう。
>電子移動律速や拡散律速である
という状態の方程式から.
>cole-coleプロットか
を誘導してください。数学問題ですから.逆もまた真です。

Q負極、正極、陽極、陰極について(電気浸透流)

薬剤師国家試験の虹本という本に、「電子の流れる方向と電流の流れる方向は逆であるため、電流は正極(陰極)から負極(陽極)に流れる」とありました。これから判断すると、正極=陰極、負極=陽極となります。…(1)
しかし、薬剤師国家試験の89回問29に「フューズドシリカ製の毛細管にpH7の電解質溶液を満たしてキャピラリー電気泳動を行った場合、正極から負極に向かう電気浸透流が発生する。】という問題がこの文章が正解となっていました。しかし、同じく薬剤師国家試験の92回問27では
「pH7の電解質溶液を満たしたフューズドシリカ製の毛細管を用いて泳動を行う場合、毛細管内部の溶液は陰極から陽極へ向かって移動する。」という文章があり、この文章は間違いで正しくは「陰極から陽極へ→陽極から陰極へ」でした。つまり、ここから判断すると、正極=陽極、負極=陰極となります。・・・(2)
ところが、この(2)で述べた事は(1)で述べたことと矛盾すると思います。
いったい、どちらの方が正しいのかご存知のかたがおられましたら、お手数をかけますが
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず,電気浸透流で「陽極」「陰極」を使うのは,その時点で間違いです.国試だろうが何だろうが間違い.少なくとも使うべきではない.

陽極とは電気化学的な酸化がおこる電極,陰極は同じく還元.というか,電極2枚が向かい合っている装置があるとして,電子が放出される電極が陰極で,受け取る方が陽極.こんだけです.この装置が電池だったり,放電管だったりするわけですが.

正極負極は,電位が+の方が正極.そこで何が起こるかは別の話.
だから,たとえば充電池を考えると,放電時には正極は陰極だし,負極は陽極.でも,充電するときは正極が陽極で,負極が陰極.電池自体見ると,正極,負極は入れ替わることはないけど陽極,陰極は,状況次第で入れ替わる.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報