国語の授業の文学史にでてくる森鴎外や夏目漱石などの作品を読みたいと思っています。
読んで面白かった本の作品名とその作者の名前を教えてください?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

谷崎潤一郎


「細雪」(ささめゆき)
「春琴抄」(しゅんきんしょう)

宮澤賢治
「注文の多い料理店」「セロ弾きのゴーシュ」「雨ニモマケズ」
「銀河鉄道の夜」「やまなし」「よだかの星」

森鴎外
「高瀬舟」(たかせぶね)「山椒大夫」(さんしょうだゆう)「舞姫」(まいひめ)

志賀直哉
「暗夜行路」(あんやこうろ)

伊藤左千夫
「野菊の墓」

三島由紀夫
「潮騒」

堀辰雄
「風立ちぬ」

小説ではなく、詩ですが・・・
室生犀星の詩集を一度は読んでおきましょう。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041047 …

若い人向けの本を選んでみました。
    • good
    • 0

 こんにちは。



 ストーリーがよく、文章も美しいものを紹介します。

 中島敦『弟子』、『李陵』、『名人伝』など。

 中勘助『銀の匙』、『犬』など。

 田山花袋『田舎教師』、『時は過ぎ行く』。

 森鴎外『阿部一族』、『雁』。

 太宰治『津軽』、『人間失格』。

 夏目漱石『それから』、『門』、『夢十夜』。

 島崎藤村『春』、『家』。

 ご参考になれば。
    • good
    • 0

○芥川龍之介:短編全部・・・例えば『地獄変』『藪の中』『羅生門』『鼻』『芋粥』『トロッコ』『河童』・・・その他いろいろ面白いです。



○武者小路実篤:『友情』、失恋と友情を描いた普遍の傑作だと思います。大正時代の作品とはとても思えないほど。

○宮沢賢治:『銀河鉄道の夜』『風の又三郎』『雨ニモマケズ』(詩)

○坂口安吾:『白痴』

○中上健次:『岬』『枯木灘』

○樋口一葉:『たけくらべ』『にごりえ』『わかれ道』

○壷井栄:『二十四の瞳』

○平林たい子:『かういう女』『人の棲家』
    • good
    • 0

僕も太宰治の本は一度読んでおいたほうが良いと思います。

若い頃に読んでおけば、人生観が変わるかも!?っていうのは大袈裟ですが、すごく余韻の残る本ですよ。
    • good
    • 1

 漱石はどれも良いのですが、若い人には僕も高校時代に読んで感動した「三四郎」をすすめます。


 それから、若い人には大江健三郎の初期の作品を薦めます。「性的人間」「われらの時代」は良いと思います。
 それから、おそらく3人目のノーベル文学賞を受賞する可能性が高い(と言っても本人が欲しくないと言えばそれまでですが)村上春樹はどうでしょう。「中国行きのスローボート」という短編集から始めてください。
    • good
    • 0

こんばんは。


夏目漱石といえばやはりこの一冊。いわずと知れた名作です。
★夏目漱石 『こころ』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003101 …
物凄く考えさせられる作品です。高校生の時に読み、衝撃を受けました。100年以上経った今でも色あせず、読みつがれているのは、夏目漱石の作品はどれも普遍的なテーマを含んでいるからではないでしょうか。
★島崎藤村 『破戒』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101055 …
★徳富蘆花 『不如帰』
★川端康成 『古都』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101001 …
★太宰治 『お伽草子』『グッドバイ』
★泉鏡花 『草迷宮』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003102 …

・・・などです。私が高校時代に読んだ中から特に好きなものを挙げさせていただきました。参考になれば嬉しいです♪
    • good
    • 0

暗いので好きでないという人も多いですが、太宰治の『人間失格』が読みやすくてよかったです。

波乱万丈でつっこみどころが沢山ありました。
長いですが、夏目漱石の『我が輩は猫である』もちょっとシュールで面白かったですね。
    • good
    • 0

夏目漱石の「倫敦塔」がいいですね。

文学的なノリ突っ込みの本です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお気に入りのベストセラー本

本屋さんに並んでいるベストセラーもの(本屋のランキングに並んでいる本)に惹かれて全部読みたくなる私。でも高くて買えないのでいつも図書館で借りています。

ですが「今」のベストセラー本は予約数がとても多く、自分の番が回ってくるのは2~3ヵ月後、下手すると半年かかります。
そんな予約数の多い本も半年~1年くらいしたら落ち着いてくるのでその頃にはすぐ借りることが出来ます。

それなら時間差でベストセラーを読んでいけば待たずに済む!
と自分では画期的な方法だと思ったのですが、半年や1年前にどんな本がベストセラーだったのかすっかり忘れてしまいました。

この間「生協の白石さん」をふとした偶然から思い出して借りたところとてもおもしろかったです。さすが、売れただけのことはありますね。
思い返すと1位にありました。
・・・ですがこれ以上は思い浮かびません(涙)

「お勧めの本は?」という質問は多く見かけますが、ベストセラーものは一時の流行であまり心に残らないのか、回答には全然出てきません。
じっくり読んで味のある定番物ばかりです。

そこでアンケートのカテでの質問です。
ここ数年以内で皆さんはどんなベストセラー本を買いましたか?興味がありましたか?立ち読みしましたか?
本棚を見て「そうそう、こんなの買ったなあ」というような本を何でもいいので教えて下さい。
おもしろくなくてもいいです。感想も加えてくれると助かります。
ただし低俗なものはご遠慮下さい。

よろしくお願い致します。

本屋さんに並んでいるベストセラーもの(本屋のランキングに並んでいる本)に惹かれて全部読みたくなる私。でも高くて買えないのでいつも図書館で借りています。

ですが「今」のベストセラー本は予約数がとても多く、自分の番が回ってくるのは2~3ヵ月後、下手すると半年かかります。
そんな予約数の多い本も半年~1年くらいしたら落ち着いてくるのでその頃にはすぐ借りることが出来ます。

それなら時間差でベストセラーを読んでいけば待たずに済む!
と自分では画期的な方法だと思ったのですが、半年や...続きを読む

Aベストアンサー

#1です。

もうちょっと回答してみますね。作家をしらべてないやつもあります^^;

____________________________

村上春樹「ノルウェイの森」

養老猛司「バカの壁」

アレックス・ロビラ「Good Luck」

吉本ばなな「キッチン」

モブ・ノリオ「介護入門」

「“It”と呼ばれた子」

山田詠美「風葬の教室」

村上龍「コインロッカー・ベイビーズ」

乙一「ZOO」

恩田陸「夜のピクニック」

奥田英朗「空中ブランコ」

宮部みゆき「模倣犯」

「ポネット」

Q漱石、鴎外などを読み漁りたいのですが

明治から昭和までのいわゆる名作を鑑賞したいのですが、皆さんはどんな本がお勧めですか?
昔、漱石の草枕を読んで難しいなと感じましたので、漱石、鴎外に限らずいろんな作家の作品をどんな順番で読んでいけばよいか推薦してくれればと思います。
できれば古典がいいです。時間をかけて多くの人に愛読されて来て、残ってきたものですから。
もちろん、この作品なら50年後もまだ生き残っているだろうなという本なら含めていただければと思います。
よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

その手の作家と作品のブックガイド二冊。

吉本隆明の『日本近代文学の名作』新潮文庫。取り上げている作家は少ないぶん気楽。意外なことに田山花袋がはいっています。岡本太郎の母岡本かの子がはいっていて、宮部みゆき・北村薫編『名短篇ここにあり』ちくま文庫や中条省平の『小説家になる!』ちくま学芸文庫にも岡本かの子が取り上げられているのと重ね合わせて知る人ぞ知る名文家かも。

丸谷才一・鹿島茂・三浦雅士の鼎談『文学全集を立ち上げる』文春文庫。世界文学全集、日本古典文学全集、日本近代文学全集の新企画をまかせられたらと架空話で、この三人が候補リストを持ち寄って相談。後世への影響度の強さや文学の可能性を拡大した点を評価して選んだ作家、作品は江戸川乱歩がはいっていたり日本の自然主義作家をばっさり外したりユニーク。

Q道をひらくという本が戦後のベストセラー第2位らしいですが、1位は何という本ですか?

道をひらくという本が戦後のベストセラー第2位らしいですが、1位は何という本ですか?

Aベストアンサー

PHP研究所によると、戦後ベストセラー第1位は「窓ぎわのトットちゃん」、
第2位が「道をひらく」、第3位は「ハリー・ポッターと賢者の石」だそうです。

>1968年刊行の松下幸之助著『道をひらく』が、累計発行部数510万部を突破し、戦後ベストセラー(単行本、新書ジャンル・出版科学研究所調べ)の第2位になりました。
>(第1位は黒柳徹子著『窓ぎわのトットちゃん』、第3位はJ・K・ローリング著『ハリー・ポッターと賢者の石』)
http://www.php.co.jp/news/2014/10/path511.php

Q夏目漱石の心を読んだ方

夏目漱石の心を読んだんですけど最後のKの自殺の直接の原因がよくわかりません。Kの自殺の経緯は“先生”の独白なので始めは恋愛が原因だと思ったのですがなんだかそれは本当ではないような気がしてきました。 なんでもいいので皆さんが考える原因を教えてください。もしよければその理由も教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。最近学校で習いました。
原因は↓のようなことらしいです。ちょっとまとめてみました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Kは、作品中に頻出する『道への精進』というものを大事に生きてきた人です。
道への精進』を大切にするということが、過去のKの生き方であり、これからのKの人生の目標なのです。
ですが、その『道』に反する『お嬢さんへの恋』をしてしまったKは、
 過去の自分や自分の理想 と お嬢さんへの恋 との両方を捨てることができず
自殺という行為により、道に反した自分に決着をつけたのです。

遺書については、
「先生にとられた」というより
先生のことを「お互い似た環境(家族と断絶)にいて
お互いの性質をよく知る友達」という思いの方が強かったし、
しかも、頼れる人が他にいない(他に友達もなく家族とも断絶)ので、
本当に自分が死んだ後のことを頼みたかったのです。
それに加えて、恋愛のことを言わなかったのは、
自分のことで、先生に苦しい思いをさせたくなかったからです。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

長々と書きましたが、参考になればとおもいます(^^)

こんにちは。最近学校で習いました。
原因は↓のようなことらしいです。ちょっとまとめてみました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
Kは、作品中に頻出する『道への精進』というものを大事に生きてきた人です。
道への精進』を大切にするということが、過去のKの生き方であり、これからのKの人生の目標なのです。
ですが、その『道』に反する『お嬢さんへの恋』をしてしまったKは、
 過去の自分や自分の理想 と お嬢さんへの恋 との両方を捨てることができず
自殺という行為により、道に反した自分に決着をつけたので...続きを読む

Q最近のベストセラーや話題の本を読みたいのですが・・・。

最近数年間は忙しくて、話題の本(日本語)を読んでいないことに気づきました。それで、遅ればせながら、ベストセラーや話題になった本をまとめて読みたいと思います。そんな本が一覧になっているようなサイトを御存じでしたら、教えて頂けませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ヨミウリ・オンライン」
http://www.yomiuri.co.jp/book/ranking/
「本やタウン」
http://www.honya-town.co.jp/hst/HT/best/week.html
「文教堂書店」
http://www.bunkyodo.co.jp/c/bookchart/bookchart.htm

ベストセラー 本 で検索してみました。

Q純文学と大衆小説の違いについて教えてください! 純文学 →読者を意識せず、作者が、伝えたいことや思う

純文学と大衆小説の違いについて教えてください!
純文学
→読者を意識せず、作者が、伝えたいことや思うことを作者のセンスで書いたもの。
大衆小説
→読者を意識し、読者が読みやすく親しみやすいよう書かれたもの。

自分なりに説明してみるとこんな感じなんですけど、こういう認識でいいんでしょうか…。よくわからないのでお願いします。

Aベストアンサー

大衆小説は、おもに筋や展開の面白さで読ませるもので、読者は基本的に、主人公や周囲の人物に感情移入して、ハラハラドキドキできればそれでいい、というものです。

純文学は、ストーリーはそこまで重要ではなく、言葉や表現そのものの奇抜さや面白さを味わわせたり、普通なら思いもしないような感覚や感情を描いたりするものですね。

Q本の世界の歴代ベストセラーランキング

本の世界の歴代ベストセラーランキングをお願いします。

1、聖書
2、ハリーポッター
・・・
と続く感じだと思うのですが・・・

Aベストアンサー

1、聖書
2、毛沢東が書いた本(名前は忘れました)
2、グリム童話とゆうのも聞いたことがあります
聖書に関して、聖書といってもキリスト教の中でも派閥によって、認めてる部分が違うそうですし、ユダヤ教とイスラム教も、キリスト教の旧約聖書の部分は共通してる部分があるそうです、聖書といっても幅が広いですね。

Q夏目漱石の「こころ」についての質問です。

下「先生と遺書」で、私(先生)とお嬢さん(後の先生の妻)の年齢差は、どれぐらいなのでしょうか?
あと、どちらが年上なのでしょうか?
推測でもかまわないので、解答をお願いします。(推測の場合は、推測だと言うことを書いてください。)
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

初めまして、こんにちは。
私の推測でしかないのですが、一応回答のようなものをさせて頂きます。

先生が年上でお嬢さんが年下と考えて、まず間違いはないと思います。
随分前に読んだものですので、記憶があやふやですが、確か舞台は明治ですよね......?
乃木大将が殉死したのが1912年の明治45年・大正元年ですから、先生の青春時代はそれよりも前、明治中期から後期の頃だと思われます。(......すみません、推測なのです。作中に時代に関する記述がございましたら教えて下さい。^^;;)

先生は当時の東京ですから、帝国大学の学生でしょう。そして、入学から数年経っていましたから、20歳かそれよりいくらか上の年齢だと思います。
お嬢さんは、学校を卒業してから家の手伝いをしている身分で、結婚を焦っている程の年齢ではない......で良かったでしょうか?でしたら、少なくともまだ十代後半だと思います。女子高等師範学校には進学してませんし、尋常小学校卒業時に10歳、高等女学校卒業時に16歳ですからそのどちらかよりは上でしょう。

Q仕事に関する本の「ベストセラー」を教えてください。

お世話になります。

下記の条件に合った本を探していますので教えて頂ければと思います。
 ・仕事に関する内容の本
 ・ベストセラー、有名な本
 ・仕事をためこまずに、すぐに仕事を片付ける人がよい的な内容が記載されてる本
 ・自分一人で悩むのではなく、他の人を頼って解決できる人がよい的な内容が記載されてる本

以上お手数ですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ベストセラーと言えるほどではないですが、上の3つ目までは当てはまっています。

『ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則』デビット・アレン


片付ける人がよいとは書いていませんが、片付け方を紹介しています。
生産性を上げるための本です。


最後の点は、こうやって他人に相談できているので、大丈夫じゃないですか?
ビジネス書は最終的には手に取ってみてみないと合う本と合わない本がありますよ。

Q公募・文学賞に落ちた作品を他の公募・文学賞に出してもいいの?

小説を書いて、公募や文学賞に応募したとします。
選考で落ちた場合、その作品は「発表」されたものになってしまうのか、それとも「未発表」のままなのでしょうか。

何を知りたいかというと、その作品を将来他の公募・文学賞に出しても問題無いのかどうか、という事です。
(もちろん、落選したわけですから、多少の手直しをしたほうがいいのでしょうが。手直しをしても、ベースは同じ作品、という場合です。)

すいませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.2です。
手直しした作品が再度同じ下読みの方にあたる確率は、公募した賞や、第何次選考までにその作品が読まれたかなどによるので、なんともいえません。
手直しに労力と時間がかかり、前作と応募する間が開けば、同じ下読みの方に当たる確率は当然低くなりますが。

ただ、下読みの方から、同じテーマで何度か送ってくる人がいるという話は聞いた事があります。それだけ何度も投稿してくる人が多いのでしょう。

その作品に愛着があり、書き直したことでよいものになったので、ぜひ読んでもらいたいというのであれば、投稿するのもよいかもしれません。

過去には、公募に出した作品を手直しして認められた作家もいます。
(少し古い例ですが)かんべむさしは「決戦・日本シリーズ」で、SFマガジンの最終選考まで選ばれましたが、参考作品どまりに終わりました。
その後指摘された欠点を修正した作品が、同じ雑誌に掲載されています。
もとが最終選考まで選ばれる程のレベルの作品だったからこそできた事でしょうが、そのような方もいるのは確かです。
長文失礼します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報