相続についてお聞きしたいのですが、よろしくお願いします。
4人で相続する財産を1人の相続人が手続き等を行い管理したのですが、
その後、財産分与が行われていない状態で、1人の相続人が生活費としてお金を多少使っている状態です。
余計な心配をしたくないので、早く終わらせたいというのが本音です。
しかし、なかなか協議に応じるようすもなく、相続する財産の詳細を明かそうとしようともしません。
極端に言えば、生活費等に相続する財産を使っているため、財産を均等に分割するのも厳しいというのが現状です。

・財産の金額を明確にするにはどうしたらよいか?
・財産分与の期限はないのか?
・第3者を入れて、財産分与を行うにはどのような方法があるのか?

相続についての知識をお持ちの方がおりましたらアドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 共同相続人は何時でも、その協議により、遺産を分割できます。

しかし、協議が整わないときや協議に反対している人がおるときには家庭裁判所に遺産の分割を申し立てることができます(民907)。家庭裁判所は「調停」にかけ、調停が成立しないときは「審判」による分割を行うことになります。あなたの場合も家庭裁判所に調停の申し立てをすればいいかと思います。下記HP参照。

参考URL:http://www.komei.or.jp/komei_news/contents/horit …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返答ありがとうございます。
「調停」や「審判」を行うことは、費用がかかるのでしょうか?
また、裁判所に申し立てるのは、最終手段として考えているのですが、その前に行っておくべきことなんかあるのでしょうか?
質問ばかりですいません。
参考のサイト、大変勉強になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2001/12/10 23:59

「調停」や「審判」を行うことは、費用がかかるのでしょうか? >


「調停」や「審判」も手数料は1000円程度です。あと郵便費用ぐらいです。
その前に行っておくべきことなんかあるのでしょうか?>
 お近くの家庭裁判所で家事相談を無料でしていますので、あなた単独でそちらで相談を受けられてください。

参考URL:http://www.asahi-net.or.jp/~vr5j-mkn/jibunn5.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイギリスとイングランドの明確な違い

イギリスとイングランドの明確な違い
ゴルフでは、選手名の横に表示される国旗はイングランドのものです。なぜイギリスの国旗ではないのか。
イギリスが連合王国ということは存じておりますが、この「連合王国」というものがハッキリとわかりません。
「イギリス」でひとつの国として見られているのですよね? では何故「イングランド」として大会に出ることができるのでしょうか?

Aベストアンサー

>イギリスが連合王国

イングランドとスコットランドは、それぞれ別の国であったが、国王が同じになってしまった(同君連合)ため、関係をつよめ、連合国(グレートブリテン王国)となった。
欧州連合(EU)と同じような関係ですね。発展してEU連合国になったりして。


>「イギリス」でひとつの国として見られているのですよね? では何故「イングランド」として大会に出ることができるのでしょうか?

サッカー、ゴルフ、ラクビーなどは、イギリスが発祥地であり、構成国同士で競い合って発展したため、敬意を表して、それぞれで出場できるようにした。

Q遺産分割協議書

家内の実家(土地)の遺産相続について質問します。
家内は6人兄弟姉妹(内、兄二人姉一人がすでに死亡)で、今は家内含め三人(長兄、長姉)が存命です。
家内の実家は地方都市の中心部に土地を持ち、過去に父が亡くなった時、母と長兄と次兄(精神病)に譲ると協議し譲りました。その折、母は、土地の一部を売り、その一部分を家内などの遺族に配分し、残りの金で残った土地にビルを建て、病気の次兄の面倒を見るとの前提で、母、長兄、次兄の三者に共有名義とし、このビルに一緒に住んでいました。ここまではみな同意し何も問題はありませんでした。ところが義母が15年前に亡くなり、病気の次兄も7年前に亡くなりました。問題はここで、遺産相続手続きを何もしないで今日に至ったことです。なおかつ長兄は最近動けなくなり病院住まいになり、過去の次兄の病気の治療費等が借金として残り、今の土地、家を売却せざるを得ない状況に陥っています。そこへ、長兄の代理弁護氏から手紙がきました。義母の遺志をついで、長兄への遺産分割協議書に印を押してくれというのです。私は家内が将来、後悔しないような処理であればいいと願っています。
家内としては、どうすべきでしょうか?お教えくださいませ。

家内の実家(土地)の遺産相続について質問します。
家内は6人兄弟姉妹(内、兄二人姉一人がすでに死亡)で、今は家内含め三人(長兄、長姉)が存命です。
家内の実家は地方都市の中心部に土地を持ち、過去に父が亡くなった時、母と長兄と次兄(精神病)に譲ると協議し譲りました。その折、母は、土地の一部を売り、その一部分を家内などの遺族に配分し、残りの金で残った土地にビルを建て、病気の次兄の面倒を見るとの前提で、母、長兄、次兄の三者に共有名義とし、このビルに一緒に住んでいました。ここまで...続きを読む

Aベストアンサー

確認ですが、借金は誰の借金ですか。長兄のか、次兄のか、母親のかによって、また、その借金の額によって、かなり助言も変わってきますよ。また、その土地に抵当権が付いているのかによっても変わってきますよ。
長兄にとっても、どうしたらよいのかかなり変わってきます。
その借金が長兄のものでかなりの額ならば、法定相続によって母親と次兄の資産を分けてしまい、その上で長兄が自己破産や借金の整理をしたうえで、兄弟で助け合うほうがよいと思うけど・・・。

※ 義母の意思ですが、それは義父の遺産相続についての意思であり、自分や次兄の遺産に対しての意思とは異なるのではないでしょうか。ならば、自分たち兄弟にもっともよいのは何かをよく考えて協議してください。

Qヤクザの本音、及び扱い

戦後の混乱期、銃を持てず警察ですら急増する犯罪を取り締まれず、ヤクザが大活躍して
犯罪を取り締まったらしいのです。安保闘争も、阪神大震災も。
日本人はヤクザ裏社会をほとんど知りません。
ヤクザは多分どこ行っても入れ墨とかあるだけで差別され、何でもないことでもどうせヤクザだからと
すぐ警察呼ばれ、相当腹立って生きているかと思います。ヤクザの本音はどうなんでしょうか?
ヤクザを貶めてきた犯人はだれなのでしょうか?答えらる人がいるか知りませんが、知りたいです。
実際にヤクザの客が来た時などの店員の対応とかも知りたいです。
ついでに、ヤクザ=悪のはずなのに、なぜ大俳優高倉けんは、かつてやくざ映画の高倉として大ヒットしたのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本人は、任侠という言葉に、正義感を感じるのです。
それは、国定忠治や森の石松など、江戸末期に芝居小屋で演じた、悪役を懲らしめるということに、興奮を覚えました。
そして、戦後の動乱期に、バラックの小屋で、すいとん(汁にメリケンを入れたもの)や焼き鳥(実は犬)を争って食べていた時、あばれ者の特攻帰りやハングレが、縄張り争いをしていました。
そして、そこに目をつけた政治家が、彼らを利用して反対勢力を黙らせました。今はもう必要なくなったので、暴対法として、取りしまり始めました。そして、政党は、マスコミに目をつけて、FM放送局を開局しましたが、イマイチでした、ネットの普及によって現在はネット社会を牛耳るために、様々の策を弄しています。
ヤクザ自体は社会悪ですが、高倉健や、菅原文太という東映の全盛期の俳優たちが演じる、正義を貫く姿に、1960〜80年代の方は、見果てぬ夢を感じていたのです。
ヤクザでありながら正義を貫く姿がカッコよく映ったからです。
余談ですが、ヤクザ映画を見て出てきた側は、肩を振って歩くのですぐわかりました。(爆笑)

Q仕事のスピードが極端に遅い社員への指導

わが社には20年選手で極端に仕事のスピードが遅い女性社員がいます。
強めに指導してはふさぎこむし、すぐにトップに苦情を言いにいくし、正直、もて余しています。

指導力のなさと言えばそれまでですが
何かよき指導方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

指導した記録をガッツリ残していけば、トップから直接指導を行うなどの理由になるのでは。

何を?どのように指導すれば問題改善するのか?まずは、原因の分析とかからでは。
「とにかく早くやれ」
とかって怒鳴ってるだけでは、改善は望めません。

何が原因、理由で指導内容が実践されないのか?当人としっかり話し合いするとか。

例えば、そういう事の原因が、身体、精神的な病気であるとかであれば、適切な診療を受けさせる、治療に専念させるなんかも、管理職の業務や裁量の範囲です。

Q財産について

祖父が戦時中に中国(満州)に持っていた自分の土地は現在でも返してもらえるのでしょうか。この件について詳しい情報をお持ちの方がおられましたら、回答をお願い致します。

Aベストアンサー

相手が中国であるかないかにかかわらずほぼ不可能です。
私有財産を認める国からは返してもらえるのだったら、サイパンやグァム(現アメリカ合衆国)のかなりの土地は日本人に返還されてます。←ほんの一例です

それが不可能なのはサンフランシスコ条約等の戦後処理条約(いわゆる平和条約)のためです。
それらで、日本は在外私有財産を放棄しているのです。
それに対する国家的(日本の)補償は「引揚者等に対する特別交付金の支給に関する法律」(昭和四十二年八月一日法律第百十四号)で済んだことになっています。

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S42/S42HO114.html
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/qa/shiryo/shiryo_05.html

また、在外私有財産の放棄は戦争損害賠償の一つです。つまり、国家が国家に対して賠償すべきものを私有財産でも充当しているのです。ということは私有財産が没収されたことによる補償は日本国に対してすべきことになります。

冒頭で「ほぼ不可能」としたのは、「特別交付金では少なすぎる、もっと補償しろ」という訴訟を起こして、政府や司法が「本当にそのとおりですね、補償しましょう」といった可能性があるかもしれないからです。その場合でも土地などの資産そのものではなく、あくまでも補償金でしかありません。

最高裁判所大法廷、1968年11月27日判決
http://www.hiraoka.rose.ne.jp/C/681127S0b.htm
↑この判決をくつがえせればOKです。

相手が中国であるかないかにかかわらずほぼ不可能です。
私有財産を認める国からは返してもらえるのだったら、サイパンやグァム(現アメリカ合衆国)のかなりの土地は日本人に返還されてます。←ほんの一例です

それが不可能なのはサンフランシスコ条約等の戦後処理条約(いわゆる平和条約)のためです。
それらで、日本は在外私有財産を放棄しているのです。
それに対する国家的(日本の)補償は「引揚者等に対する特別交付金の支給に関する法律」(昭和四十二年八月一日法律第百十四号)で済んだことになってい...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報