人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

行政法上、例えば都道府県が「大臣に協議して同意を得る」と、「大臣
の承認を得る」とではどのようにちがうのでしょうか?
前者は理念的には同等の立場で、後者は監督・被監督の立場を前提にしたものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

そのように受け止められて間違いありません。



同意は、単に、其の意見などに賛成しただけで、法的な裏付けはありません。

承認は、その意見や、施策に賛同し、法的にも裏付けを与えられたものです。

日本語には、同じような意味合いのものが多いから間違えると大変ですね。私も、早とちりしないように注意します。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答有難うございます。
お礼が遅くなってしまい失礼をいたしました。
色んな表現があって、微妙に関係に違いがあったり法的拘束力が違ったりするのですね。
基本的に国、都道府県、市町村は対等な関係であるとは思いますが、委任事務があったりして、場合によっては、監督・被監督の関係にあると
いうことでしょうか。

お礼日時:2008/12/18 21:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

承認」に関するQ&A: 承認の反対語をおしえて

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q民法で 合意 同意 承諾 の使い方

宅建試験勉強しております。

 その中で民法を勉強していますと類似する意味合いの言葉が出てきますが、理解しておらず理解方法を探しています。

 悩んでいるのは
 AとBとの間の合意 AとBとの間の同意 この差は何でしょうか

 AがBを承諾する としていることもあるのですがこれは合意や同意とどのように違っているかが理解できておりません。

参考図書や法律用語集などお勧めありましたら紹介お願いします。

Aベストアンサー

○AとBとの間の合意 AとBとの間の同意 この差は何でしょうか

「AとBとの間の合意」というのは、単純に、AとBが、何かについて意思の合致をみるに至ったということです。

「AとBとの間の同意」という言葉は、変です。「同意する」というのは、誰かが何かについて決定した場合に、「自分も同じだ」又は「異議がない」という意思を表明することだからです。(保佐人の同意、等)。だから、「AがBに同意する」、あるいは「Aの同意」とは使っても、「AとBとの間の同意」とは言いません。

「承諾する」は、「同意する」と似たような感じですが、「同意する」よりは主体性が低いです。「OK、了解した」という感じでしょうか。でも、これについては厳密に使い分けられているものではないようです。ただし、契約の申込みに対応する行為としては、決まって「承諾」が使われます。

Q同意と合意

同意と合意
同意と合意の違いがいまいちピンときません。
いろいろ調べましたがすっきりとした答えが見つからなくて・・・。
自分の勝手なイメージは

同意→元々どちらかがどうするか決めてた、そしてそれを相手が受け入れた

合意→元々どちらもどうするか決めてなかった、そして話し合いをする中である
   結論に達した

意思が元々決定されてるかされていないかの違いかなと思ってるんですが・・・。
どなたかご教授お願いしたいです。

Aベストアンサー

だいたい合ってます。

片方が言ったことに対して相手が受け入れた場合が「同意」
お互いに意見を出してお互いが納得する条件にしたのが「合意」


元々どうするか決めてあってもいいですが、
話し合いの場があってお互いに譲歩したり内容が変化する可能性があって決まるのが合意です。

Q貴殿と貴台の使いわけについて

貴殿と貴台では、何が違うのでしょうか?
また、文書では、どちらを使えばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。お礼欄でちょっと気になりましたので。

>貴殿を使っていたのが、貴台に直された…

【貴殿】より【貴台】のほうが、より丁寧な印象を受けると思います。

>送り手の男性女性によって、かわるのですね。(ちなみに私は女性です)

おそらくビジネス文書であると推察しますが、
○○株式会社△△部☆☆課
山田 花子
というように、発信者欄に担当者名まで書かれるのであれば、【貴台】は使われない方がよいでしょう。しかし、発信者欄が社名のみ、あるいは担当部署名のみで終わっているなら、書いた人の性別まで詮索する必要はなく、【貴台】でよいと思います。

>貴台は貴職と同じ意味だと言うことも聞いた…

これは少し、いや、だいぶ違うでしょう。【貴台】は個人に対する敬称、【貴職】は役職名に対する敬称です。会社に対する敬称なら【貴社】ですね。

Q議決と決議の違いを教えて下さい。

中学の公民の勉強で、議決と決議がよく分からないです。

教科書本文や、巻末資料の日本国憲法をみたところ、

内閣不信任については「内閣不信任(の)議決」「決議」「決議案」(憲法で言うと69条)
なのですが、法律案や予算案、首相の指名の関してなど、
内閣不信任以外はすべて「議決」「議決する」となっています。

また、地方議会がもつ首長に対する権限は「不信任議決権」で
内閣不信任と違い「議決」という言葉が教科書では使われています。

「決議案」とは言っても「議決案」と言うのはパッとしなくて、
「議決権」とは言っても「議決案」と言うのもパッとしません。
ですが、「決議する」「議決する」もなんとなく響は違うのですが、
意味の違いは無いような気がします。

教科書を見たところ内閣不信任は「決議」、他は議決、というのかな、
という感じもしますが、それではおかしい感じもします。

どういうところでどっち使う、
この言葉はこっち!と決まっている、などと言うことを教えてもらえないでしょうか。

ちなみに、カテゴリーをどこにしたらいいのか分からなかったのですが、言葉の関係などで法律がいいのかな、と思い法律にしました。

中学の公民の勉強で、議決と決議がよく分からないです。

教科書本文や、巻末資料の日本国憲法をみたところ、

内閣不信任については「内閣不信任(の)議決」「決議」「決議案」(憲法で言うと69条)
なのですが、法律案や予算案、首相の指名の関してなど、
内閣不信任以外はすべて「議決」「議決する」となっています。

また、地方議会がもつ首長に対する権限は「不信任議決権」で
内閣不信任と違い「議決」という言葉が教科書では使われています。

「決議案」とは言っても「議決案」と言うのは...続きを読む

Aベストアンサー

日本語としては両者にほぼ差はありません。
けつ‐ぎ【決議】
[名](スル)会議である事柄を決定すること。また、その決定した内容。「企業の誘致を―する」
ぎ‐けつ【議決】
[名](スル)合議して決定すること。また、その決定された事柄。「満場一致で―する」

基本的には法律や憲法でどちらの文言が定められているかで決まります。ご質問にある内閣不信任決議はその例です。
一般には、決議は決定の内容を、議決はその内容を合議によって決定することを指す事が多いです。しかし特に定まっているわけではありませんので「決議権」や「議決案」等と言う言葉もあります。

例えば、抽象的に組織としての地方議会は知事らに対する不信任決議ができますから不信任「決議権」を持っています。それを行使する場合、不信任決議案を審査したうえ議員の合議によって決定することになりますから、議会(議員)には不信任「議決権」があるということになります。
また、衆議院では内閣総理大臣の不信任「決議案」や法律案の衆議院「議決案」が、衆議院で「議決」されます。

ようは法令の定めがある場合にはそれで、そうでない場合は慣用で決まっていると言うことですね。

日本語としては両者にほぼ差はありません。
けつ‐ぎ【決議】
[名](スル)会議である事柄を決定すること。また、その決定した内容。「企業の誘致を―する」
ぎ‐けつ【議決】
[名](スル)合議して決定すること。また、その決定された事柄。「満場一致で―する」

基本的には法律や憲法でどちらの文言が定められているかで決まります。ご質問にある内閣不信任決議はその例です。
一般には、決議は決定の内容を、議決はその内容を合議によって決定することを指す事が多いです。しかし特に定まっているわけではあ...続きを読む

Q承認を "得て"or"経て" どっち?

「上長の承認を(得て/経て)調査結果を報告する」
という分の場合ですが、"得て"or"経て" どっちらが正しい使い方でしょうか?

Aベストアンサー

ワークフローの説明なら、「経て」のほうが、適切なケースが多いと思います。

注目しているのは、きっと「データ」や「書類」といったものと思われます。それらは「承認を得る」行為者ではないからです。
「なんとかデータは、承認入力行為を経て、どこそこに集められる」ってな感じ。

一方、ユーザマニュアルのように、誰かの行為(業務手順など)を説明しているのでしたら、「あなたはデータを入力し、上長の承認を得て、書類をどこそこに回付する」ってな感じで、「得る」の方が適切かと。

Q『又は」、「若しくは』の使い分け方

「もしくは」「または」は、どう使い分けるのでしょう。
それから、
「および」「かつ」なども使い分け方が分かりません。
法律の条文を読むときにこれが分からないと
論理構造がわからず、意味がわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法律の条文の用語ということですので,north073さんの紹介された林さんの本を私もお薦めします。
長年内閣法制局の長官をつとめた方です。
もっと詳しくは大島稔彦「法制執務ハンドブック」第一法規出版1998年,山本武「地方公務員のための法制執務の知識」ぎょうせい1999年などがありますが,ちょっと専門的過ぎるかもしれません。
図書館で「法制執務」とか「立法技術」をキーワードに探してみると,いろいろと見つかると思います。

「若しくは」「又は」,「及び」「並びに」の使い分けは,既に回答が出ている通りです。少し憲法の条文から具体例をあげておきましょう。

●まず,単純に2つを並べる時は「又は」「及び」を使います。
・国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。(第17条)
・思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。(第19条)
●3つ以上の場合。
○並列の場合は,最後のつなぎにのみ「又は」「及び」を用い,あとは読点「、」を打ちます。
・生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利(第13条)…3つが同格で並列。
○大小がある場合は,「若しくは」<「又は」,「及び」<「並びに」です。
・配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚並びに婚姻及び家族に関するその他の事項に関しては(第24条)…「配偶者の選択、財産権、相続、住居の選定、離婚(以上5件並列)」と「『婚姻及び家族』(以上2件並列)に関するその他の事項」が同格で並列。
(これを大小関係を逆に読むと,「配偶者の選択~婚姻」がひとまとまりで6つ並列になりますが,そうすると財産権と婚姻が並列になっておかしいですね。)
(この場合,「、離婚」を「及び離婚」としても同じです。ちょっとくどくなるので省いたのでしょうか。)
・強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。(第38条)…「強制、拷問若しくは脅迫(以上3件並列)による自白」と「不当に長く『抑留若しくは拘禁』(以上2件並列)された後の自白」が同格で並列。

●「かつ」は,条件が常に両方成立することを示します。
・何人も、理由を直ちに告げられ、且つ、直ちに弁護人に依頼する権利を与へられなければ、抑留又は拘禁されない。(第34条)

最後に,少し長いですが,よく出てくる例として地方自治法第152条から。
1 普通地方公共団体の長に事故があるとき、又は長が欠けたときは、副知事又は助役がその職務を代理する。(以下略)
2 副知事若しくは助役にも事故があるとき若しくは副知事若しくは助役も欠けたとき又は副知事若しくは助役を置かない普通地方公共団体において当該普通地方公共団体の長に事故があるとき若しくは当該普通地方公共団体の長が欠けたときは、当該普通地方公共団体の長の指定する吏員がその職務を代理する。(以下略)

第1項は意味の流れをつかむために書いただけですが,普通の「又は」が使われています。
さて,一見複雑な第2項は次のように読みます。

「(副知事若しくは助役)にも事故があるとき
若しくは
(副知事若しくは助役)も欠けたとき」
又は
「副知事若しくは助役を置かない普通地方公共団体において
  (当該普通地方公共団体の長に事故があるとき
  若しくは
   当該普通地方公共団体の長が欠けたとき)」
は、…

また,このことから,大小3段階ある場合は,「若しくは(小)」<「若しくは(大)」<「又は」となっていることがわかります。
条文を説明する場合など2つの「若しくは」を区別する時は,「大若し(おおもし)」「小若し(こもし)」と通称しています。
ちなみに,「及び」<「並びに(小)」<「並びに(大)」です。「小並び」「大並び」といいます。
以上,ご参考まで。

法律の条文の用語ということですので,north073さんの紹介された林さんの本を私もお薦めします。
長年内閣法制局の長官をつとめた方です。
もっと詳しくは大島稔彦「法制執務ハンドブック」第一法規出版1998年,山本武「地方公務員のための法制執務の知識」ぎょうせい1999年などがありますが,ちょっと専門的過ぎるかもしれません。
図書館で「法制執務」とか「立法技術」をキーワードに探してみると,いろいろと見つかると思います。

「若しくは」「又は」,「及び」「並びに」の使い分けは,既に回答が出...続きを読む

Q「当」と「本」の使い分け

研修先に礼状を出すのですが、自分の所属(学校)を表すには「当校」と「本校」のどちらが正しいのでしょうか?
また使い分け方法は何を基準にしているのでしょうか?

Aベストアンサー

1.どちらでもいい場合
 当院と本院(これは病院のこと。別の人が触れていらっしゃるように別院があれば話は別)
2.意味が違ってしまう場合
 当日と本日(当日とは指定された日)
3.どちらも誤解を招く場合
 「本日(当日)をもちまして、閉店させていただき ます」ただし、日付があればいい。

Q出欠の有無?出欠の可否?どっちが正しい?

みなさんはどちらを使われますか?
「出欠の有無」
「出欠の可否」
ご意見下さい。

また、日本語として正しいのはどちらなのでしょうか?
ご教示頂けますでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは

それは、その時の状況によるものと・・。
例えば、明日のイベント等への事前確認をしたい、求める場合は「可否」で、当日、出席等を確認"する"場合は「有無」と。
又、強制(半分だけ??)的にというか、義務的なイベントの場合は、「有無」、任意、お願いという形式の時は、「可否」と使いわけるものと感じます。
なお、専門家じゃないので、間違ってたら、ごめんなさい。
以上

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

Q「いずれか」と「いづれか」どっちが正しい!?

教えて下さいっ!
”どちらか”と言う意味の「いずれか」のかな表記として
「いずれか」と「いづれか」のどちらが正しいのでしょう???

私は「いずれか」だと思うんですが、辞書に「いずれか・いづ--。」と書いてあり、???になってしまいました。
どちらでもいいってことでしょうか?

Aベストアンサー

「いずれか」が正しいです.
「いづれ」は「いずれ」の歴史的かな遣いですので,昔は「いづれ」が使われていましたが,現代では「いずれ」で統一することになっていますので,「いずれ」が正しいです.


人気Q&Aランキング