じつは現在、「記憶」を扱った本を探しています。

すばり、「記憶」そのものを解説するような科学書から、「記憶」をテーマにした哲学、アート…。もちろん「記憶」が物語のキーとなるような小説、マンガなどのフィクションまで、面白ければ何でも大歓迎ですっ!

でも、あんまり賢こないので、学術専門書の推薦はゆるしてください。
きっと、わたしのアタマには、手に負えない…。

情報お持ちの方、ぜひともよろしくおねがいします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

レノア・テア「記憶を消す子供たち」



子供のときに虐待・戦争などの悲惨な経験をした場合
その記憶を消してしまうことがあるという内容の本です。
父親が友達を殺したという記憶を消した
アイリーン・フランクリンのエピソードは衝撃的。

ジョン・コートル「記憶は嘘をつく」

記憶というものの頼りなさについて書かれた本。
催眠術で「過去の記憶を取り戻す」とき、
実際には起きなかった出来事を「思い出す」こともある。
アイリーンのその後についても触れられています。

心理学の一般書です。読み比べるとおもしろいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

takaiさま、貴重な情報、ありがとうございますっ。
はじめてのフィンクションではないジャンルの情報ですね。

じつは先週、たまたま催眠術についての本を購ったばかり…。
コートルの本はもちろん! 両方ともさがしてみます。

カムサハムニダ!

お礼日時:2001/12/24 13:08

清水義範の「シナプスの入り江」という作品は「記憶」がテーマの小説です。


清水義範は個人的には、どの本を読んでもはずれのない、大好きな作家です。
ぜひ読んで見て下さい。

福武文庫 500円 だそうです。

参考URLを入れておきますね。

参考URL:http://home.hiroshima-u.ac.jp/u1071036/yoshinori …

この回答への補足

探してみたのですが、現在、この本は絶版のようでした。
今度は古書店をあさってみます。

補足日時:2002/01/08 11:46
    • good
    • 0
この回答へのお礼

シナプス、というヤツはあれですね。
なんか神経と神経の間にあるヤツですよねぇ?

読まず嫌いのカンのあるわたしですが、
サイバラさんの挿絵に引かれて、清水氏の
理科エッセイは読んだことがあるような…。
(わたしの「記憶」が一番しんよー、おけない!)
あっ、でも「国語入試問題必勝法」とかいう短編は
報復絶島(?)で読了したのを思い出しました。

情報ありがとうございます。明日さっそく駅前の本屋で
さがしてみます。

お礼日時:2001/12/19 23:11

高橋克彦さんの『記憶』シリーズが、何冊か出ています。

ミステリー、ファンタジック、ホラーなど、記憶をテーマにした作品の短編小説集です。お薦めです。

参考URL:http://act9.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報提供、おありがとうございますっ。

高橋克彦さんの作品は、そういえば不思議と
読んだことがありませんでした。
挑戦します!

act9.jpさんのHPも参考にさせていただきます。
謝謝!

お礼日時:2001/12/18 11:11

瀬名秀明さんのブレインバレー(だと思った)はいかがでし


ょうか。記憶についていろいろ考えさせられるのに、面白
かったです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの情報、ありがとうございます。
瀬名氏といえば「パラサイト・イヴ」の、あの方ですね。

以前「小説と科学」というタイトルのエッセイみたいなものは
読んだことがあったのですが、小説は読んだことがありませんでした!

読んでみようと思います。感謝です。

お礼日時:2001/12/17 18:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q韓ドラ・冬鳥のユンジについて

韓ドラ・冬鳥のユンジ(ドヒョンに片思いしているミニの友人)って
他の韓ドラで見た記憶があるんですが、思い出せません。
出演ドラマ、もしくは名前がお分かりになる方いらっしゃいましたら
ぜひ教えてください!

Aベストアンサー

イ・ユジョンでしょうか?↓

http://www.hf.rim.or.jp/~t-sanjin/iyujon_p.html

http://koreaenta.exblog.jp/2412112

Qフィクションの文庫

おもしろいフィクション系の文庫本があったら教えてください。

Aベストアンサー

伊坂幸太郎が面白い。
『オーデュポンノ祈り』『ラッシュライフ』は文庫で、とても感動したので単行本も買ってしまいました。『死神の精度』『グラスホッパー』『アヒルと鴨のコインロッカー』・・・感想はシュールの一言!!!

Qフジテレビの韓ドラって

さほど多いとは思いません BSなんかでは多局での韓ドラが多いようにおもいますが。
私は韓ドラの時代物が好きですが 韓国は嫌いです

Aベストアンサー

こんばんは!
そうですね。
で、何を仰りたいのですか?反韓なんでしょ?だったら韓ドラの時代物も見ないと思いますが。不通は。

Qあんまり有名じゃないけどオススメなラノベ

こんにちは。ここ三ヶ月くらい中古でラノベ漁ってる学生です。

学生といってもバイトをしてないので、ラノベを買うお金は全てお小遣いから。
それ故に、いつも利用する店が中古店になるんですが・・・
有名作は中古店に行っても高いです。もう、買える気がしません。

そこで。

皆さんに、「あんまり有名じゃないけど面白かったよ」というラノベを紹介して欲しいのです。
有名どころじゃない奴は、それなりに安い値段で売ってることが多いので・・・。

ちなみに出版社は問いません。皆さんどうか知識を下さい!
埋もれている名ラノベを他の人に教えることも出来るので、一石二鳥、にもなる、かな?
とりあえず、皆さん、よろしくお願いします^^

Aベストアンサー

有名かどうか知りませんが、個人的に好きだったのは
角川スニーカー文庫から出ている六塚光「タマラセ」シリーズですね。
本編5巻+外伝1巻の全6巻完結済みです。
結構癖が強いんで、立ち読みして確かめた方がいいとは思いますが。

Q韓ドラ「美しい彼女」の今日のあらすじ

韓ドラ「美しい彼女」の録画に失敗しました。
今日のあらすじを教えてください。

Aベストアンサー

こちらのサイトを参考に!

http://white.ap.teacup.com/applet/sinkikousi/msgcate10/archive?b=10

http://odekakewanko.cocolog-nifty.com/odekake/2004/09/happytogether.html

Qあやふやな記憶

こんにちは。

20年位前の、光村図書出版の小学5年か6年の国語の教科書に載っていた物語で、以下のようなストーリー(状況)の題名が知りたいんです。


   以   下↓

・砂漠がある
・数人の男達?が何かしらの理由で旅にでる
・汽車に乗って移動する
・誰か一人がオアシスを見つける

非常にあやふやな記憶なので伝わるかどうか不安ですが、これじゃないかというものがありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

タイトルは覚えていませんが3人の駅員の話ですよね。
3人でずっと砂漠の駅の駅員をやっている。
3人というのはいい人数で誰かと誰かが喧嘩しても残り一人があいだを取り持つ。
3人はずっと砂漠の駅員を続けていたので「自分達も遠くに行ってみたい」と思う。
3人交代で旅に出かけることにして1人目は列車に乗って都会へそこでいろいろなものを見ておみやげを買って帰ってきます。
2人目は列車を1人目と逆方向に乗っていろいろな体験をし、おみやげを持って帰ってきます。
3人目は「僕は歩いていこうと思う」と言いだし残り2人を驚かせます。
そして3人目は歩いて旅にでてオアシスにたどり着き、みずみずしいレモンをおみやげに持って帰ります。

そんな話しじゃないですか?

Q韓ドラ最高!日本のドラマよりもいいかもしれん女からしたら男で見てるとかきもい?

韓ドラ最高!
日本のドラマよりもいいかもしれん
女からしたら男で見てるとかきもい?

Aベストアンサー

恥かしながら、私の父が今更、韓流ドラマにはまっていて毎日録画をして観ているようです。
はっきり言って、キモイです。やめて欲しい。

Q記憶を失うテーマの本

タイトルのまんまです。
「記憶を失う」というテーマの本を探しています。
「ぼくらはみんないきている」という本は読みました。
それ以外でおすすめの本があったら教えていただけないでしょうか。
漫画は却下です。
色々条件を出しましたがどうぞよろしくお願いします

Aベストアンサー

小野卓司の『47年目の帰郷』はどうでしょう?
聴覚・言語障害で人とのコミュニケーションもままならない記憶喪失の少年が、
多くの人々の助けによって故郷へ帰るまでの感動ノンフィクションなんですが、
推理小説的展開がおもしろいです。

Qあなたのお気に入り韓ドラを教えて!

韓ドラ大好きの私・・・
最近までは「トンイ」を鑑賞しておりました。
基本は、ラブコメ・時代劇物好きです。

ところが・・
近頃「これはいいぞ!」という名作(?)に出会えず少々残念。
もしかした韓ドラ卒業か??

いやいや、まだ見ますよ!面白いドラマを見逃しているはず。

・・・・・・・と、いうことで、
これは見た方がいいよ!押さえておくべき!!というドラマがあったら教えてください。

できれば、「古い作品」、「映画」、「暴力シーンが多い物」、「ドロドロした不倫もの」は
外してくださいね☆

Aベストアンサー

私が好きなドラマは

「タルジャの春」
   
「ロマンスハンター」

「個人の趣向」
 
などです。

Q寺山修二と村上春樹の天才性・記憶性について・・・。

こんばんは。
寺山修二さんの記憶力について質問です。
最近彼の『誰か故郷を想はざる』を読んでいるのですが、彼の文章の中にはたくさんの引用文がまるで本棚からさらりと取ってきたように見事に鮮やかに自分の文章の中に違和感なく引用文やその言葉を発した人物の名を挿入してしまうのですが、彼の頭の中は一体どうなってるのでしょうか???

ここ最近寺山修二と並行して村上春樹の「1973年のピンボール」も読んだのですが、また彼の文章の中にもさらりと「19××、○○が~~をした年だ」とか、「その鮮やかさは実に、1900年代台頭どこどこの国で××が起こした云々の如く見事なものだった」などなど、、、よくたくさんの記憶があるな~、、と思うのですが。村上春樹は音楽好きということで音楽について詳しいのはわかるのですが、政治革命や或いはどこかの国のまるで小さな出来事・・誰も気にも止めないような出来事、、、そういった事実も自分の文章の中にさらりと忍ばせてしまうのは、やっぱり記憶力に拠るものなのでしょうか???・・・・。

私も彼らの頭のようになりたい!!と思うのですが、、、まずはザウルス等を駆使して、「良い!」と思った文章と人物、時代背景をまとめることからはじめるのがいいんでしょうか???。。

ところでピンボールの、「トロッキー」が脱獄する際に盗んだトナカイの像が、シベリアにある、と話の中には書いてあったのですが、ネットで調べた限りでは見当たらなかったのですが、、やっぱり小説ということでフィクションだったのでしょうか、、、?

写真だけでも見てみたいと思ったのですが。。

以上、よろしくお願いいたします。

こんばんは。
寺山修二さんの記憶力について質問です。
最近彼の『誰か故郷を想はざる』を読んでいるのですが、彼の文章の中にはたくさんの引用文がまるで本棚からさらりと取ってきたように見事に鮮やかに自分の文章の中に違和感なく引用文やその言葉を発した人物の名を挿入してしまうのですが、彼の頭の中は一体どうなってるのでしょうか???

ここ最近寺山修二と並行して村上春樹の「1973年のピンボール」も読んだのですが、また彼の文章の中にもさらりと「19××、○○が~~をした年だ」とか、「その...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。こんにちは。

シベリアのトナカイ、うろ覚えですので、未確認情報ですよ(^^;
でも掲示板に書き込むときは、私はけっこう裏を取りますよ。
だいたい覚えてるけど間違ってると困るので、ちらっと検索して確認したりします(それでも事実誤認はあるが)。

>after_8さんも記憶力がいいんですね。。

ありがとうございます。
でも数字は全然覚えられません。覚えられる内容にも、得意不得意があるみたいです。
ハルキさんは一番好きな作家と言っていいと思うので、けっこう覚えているんですけどね。

でも、

>(『ピンボール』)で、最初の方に「自己表現ではなく自己変革を、エゴの拡大ではなく縮小、分析ではなく包括を・・・~反すればピンボールの復讐にあう」みたいな文章があったのですが、(

ここは覚えてません、ごめんなさい(^^;
『1973年のピンボール』は初めて読んだ村上作品でした。それもあって、好きなんですけど・・・。

もし、春樹さんの創作裏話を知りたかったら、

『村上春樹、河合隼雄に会いに行く』
『そうだ、村上さんに聞いてみよう』
『村上朝日堂 夢のサーフシティー』
『村上朝日堂スメルジャコフ対織田信長家臣団』

をお読みになると良いと思います。
下2つ(朝日堂シリーズ)は臨時で催された公式サイトの内容をCD-ROM+本の形に収録したものです。
一番下の、どうしようもないタイトルですよね。
スメルジャコフというのはご存知でしょうか、ドストエフスキーの名作『カラマーゾフの兄弟』の登場人物の名前です。

ハルキさんは『カラマーゾフの兄弟』みたいなことを、もっと簡単に書けたら・・・カラ兄のような作品にまで到達できたなら・・・という思いもあるようです。

と思って探してみたらこんなブログがあった。
http://www.mypress.jp/v2_writers/song_of_wind/story/?story_id=1255273
あれ? 「読んでみたらいいのに」と言っていた読者って、もしかしたら私だったかもしれない・・・・・・??(笑)
言われてみればなんかそんなことを送って、そんなお返事をいただいたことがあった気がする(ブログに取り上げている人がいたとは。ああ、びっくりした)。←忘れてました。

「村上朝日堂ホームページ」をやっていた頃、読者がメールできたんですよ。運が良ければお返事メールがもらえたの。
※私のハンドルネームは最初「あおい」で、あとに「電気ウサギ」になりました。後者はハンドルプレゼントで春樹氏に付けていただいたハンドルです。
実は「村上さんに聞いてみよう」とかCD-ROMには私の投稿も入ってます(^^;

その後も新作が出るたびにイベント的に公式サイトを立ち上げて、近況などお書きになることがあるようです。
これ読んでる人の中にもお返事もらった人々がいるのではないかしら。
私はこれは知らなかったんですが、一番最近のは『村上モトクラシ』。もう削除されちゃってますが。
(すいません、ただのファン情報みたいで!)
  ↓

参考URL:http://d.hatena.ne.jp/keyword/%c2%bc%be%e5%a5%e2%a5%c8%a5%af%a5%e9%a5%b7

No.1です。こんにちは。

シベリアのトナカイ、うろ覚えですので、未確認情報ですよ(^^;
でも掲示板に書き込むときは、私はけっこう裏を取りますよ。
だいたい覚えてるけど間違ってると困るので、ちらっと検索して確認したりします(それでも事実誤認はあるが)。

>after_8さんも記憶力がいいんですね。。

ありがとうございます。
でも数字は全然覚えられません。覚えられる内容にも、得意不得意があるみたいです。
ハルキさんは一番好きな作家と言っていいと思うので、けっこう覚えているんですけど...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報