在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

仕事の関係で、ドイツのミュンヘンに転勤する事になりました。新規オフィスなので、前任者などがおらず、社内で情報を得る事ができません。
ミュンヘンの生活について、以下の情報を探しています。ご存知のかた、教えてください。

(1)日本人補習学校の有り無し。もしあるのなら、どこか?
(2)英米人補習学校、もしくは全日数英語オンリーの小学校の有り無し。
(3)日本食材のグロッサリーストアはあるのか?
(4)日本語で対応できる、ホームドクター、小児科医、歯科医はあるのか?
(5)英語はたいていの場所で通用するのか?
(6)日本人向けの、ミュンヘンの情報サイトなどはあるのか?

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ミュンヘン(近郊)在住です。


質問されている事項についてはすべて「はい」ということができます。

1)日本語補修校は町の中心部S-BahnのIsartorの近くにあります

2)インターナショナルスクールは2つ。ミュンヘン郊外北西部にあるBIS(Bavarian International School)とミュンヘン郊外南西部シュタルンベルガー湖近くのMIS(Munich International School)。BISはスクールバスがあります。

3)日本食材店は複数あります。No,2さんのあげてくださったHP(これはよくできています)のお店のほかに、MarienplatzちかくのMIKADO、ViktualienMarktの庄屋が有名です。アジア食材店、韓国食材店もあります。

4)医療に関しては、日本語を話す医師はおらず、通訳さんが来てくれるというかたちが主になります。そういえば、町の中心部に最近日本人医師が開業したときいていますが、私はわからないです。私がかかっている医師は、誰もが英語を流暢に話せますので、ドイツ語で説明できないときは英語の助けを借りてコミュニケーションをとっています。

5)英語の通用度は、通じるようで通じなく、通じないようで通じる、といったところです。英語だけで生活のすべてがすむというふうにお考えにはならないほうがよいと思います。電話工事のおじさんはあんまり英語ができるようにはみえませんでした。

問題は土地と言葉になれていない時期に役所をまわったり、賃貸契約をかわさなければならないというところですね。まず、日本語補修校にコンタクトをとり、そこの人脈から家探しやその他のことをするのがよろしいのではないかと思います。
また、ミュンヘンはドイツで一番家賃が高く、かつ物件が不足気味ですので、家探しはかなり大変です。ご主人がまず渡独し、アパートホテルに2,3ヶ月住んで仕事をしながら生活の基礎固めをする、という形をとるのが私の夫が勤めていた会社では普通でした。
日本人が多く居住している地域は、空港行きS-Bahn(S8)沿線のArabella地域で、日本人通訳が来てくれる小児科と、日本人幼稚園があるため、小さいお子さんをお持ちの方が数多く住んでいます。
参考になるHPはアドレスがわからなくなっちゃったんですが、「じゃーまんがーでん」をキーワードにして検索してみてください。細かい手続きや、ドイツ生活の知恵など、非常に示唆にとんだ記事が多いです。
書籍は、Jetroの「ミュンヘンに暮らす」がおすすめです。記事が古い、とかちょっと違うんじゃないのというものもありますが、やっぱり役に立ちます。
ところで、ご家族のドイツ語の知識はいかほどでしょうか?赴任まで時間があるようでしたら、簡単なところだけでもスクールで習っていかれたほうが随分心強くなりますよ。
初めての土地で大変でしょうが、なんとかなっていきますので、頑張ってください。もしかしたら、ミュンヘンのどこかでお会いするかもしれないですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。欲しかった情報ばかりです!!
子供がまだ園児なので、Arabella地域の情報は超有力です。日本人補習校も英語の学校もあるんですね!うれしいです。
現在アメリカの田舎に住んでいますので(もう10年くらいになります。)、もしかしたら都会なぶんだけ、生活は今より便利になるかもしれないと期待してしまっています(笑)。            

お礼日時:2006/01/02 09:23

幼稚園のお子さんがいらっしゃるということで、ちょっとだけ補足しておきます。

現在米国の幼稚園で英語を使用されておられるというのでしたら、英語の幼稚園もあります。前述しましたBISには幼稚園もあり、小学生・中学生の人と一緒のスクールバスに幼児も乗って通えるそうです。ただ、帰ってくるのが午後4時くらいになるので、幼稚園へ行くだけで子供はクタクタだとか。
また、日本語補習校もありますが、全日制の日本人学校も町の中心部にあります。1学年1クラスでアットホームな雰囲気だそうです。
お子さんの教育環境をどのようにされるかは非常に頭が痛い問題ですね。
米国に10年ほどお住まいですと、お子さんはきっと日米の二重国籍ですね。日本のパスポートで滞在ビザを申請されることと思いますが、米国のパスポートも持っておくと何かのときに使えるかもしれません。我が家は日本人家庭ですが、出産は米国でしたので、子供たちは二重国籍です。ミュンヘンで米国パスポートの更新もできますよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうなんですよ~。子供をどちらの教育環境で育てるのか?というのが一番の悩みどころです。現在は日本人補習校の園児科も通わず(田舎なので)、地元のアメリカ人オンリーのキンダーに通っています。おっしゃる通り、sjig812さんのお子さんと同じ米国生まれの2重国籍です。大変貴重な情報ありがとうございます!

お礼日時:2006/01/03 00:25

ミュンヘンの日本食材のお店のHPです。


よかったら参考にしてください。


http://www.feinkost-ysuzuki.com/index001.html

ミュンヘンは3度程観光に行った事があります。
とても素敵な街ですよ!
Natsujiさんがうらやましいです。^^

参考URL:http://www.feinkost-ysuzuki.com/index001.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。このサイトいいですね。特に掲示板の存在がありがたいです。有効活用させていただきます。

お礼日時:2006/01/02 08:49

ミュンヘン日本人会のHPです。

こちらから現地の方に質問もできるようです。その他の事項もまずご自身で検索してみることです。自ら動く、これが海外暮らし成功の元です。日本人学校については世界中の情報が得られます。

参考URL:http://japanclub-munich.de/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。やっぱり、ミュンヘン在住日本人向けのサイトは存在したのですね。いろいろ検索してみましたが、探す事ができませんでした。感謝感謝です!

お礼日時:2006/01/02 08:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこども連れのドイツ赴任。子どもが、ドイツの小学校Grundschuleや幼稚園Kindergartenで、やっていけるか心配です。

 仕事の都合で、まだ少し先の話しですが、1年間ドイツに滞在することになりました。娘が小学校3年生、息子が幼稚園の年少(いずれも渡独時点)なのですが、滞在するところには日本人学校がありませんので、もし連れていけば、現地の学校(ないし幼稚園)に入れざるを得ません。そのため、子ども達がやっていけるかどうか、心配しています。渡独前にドイツ語の勉強をさせておけばいいのですが、子ども向けの講座も知りませんし(今住んでいるのが地方なものですから、大人向けのドイツ語学校さえも存在しません。)、子ども達はドイツ語の知識がないままに渡独することになりそうです。そこで、お子さんを連れて渡独され、お子さんを現地の学校に通わせたご経験のある方(あるいは現在通わせておられる方)がいらっしゃいましたら、お尋ねしたいのです。ドイツの小学校Grundschuleや幼稚園Kindergartenでは、ドイツ語を解さない子ども達の受け入れ体制は、整っているのでしょうか。学校のHPには、ドイツ語を解さない子ども向けのクラスもあるように記されているのですが、実態がどの程度のものかよくわかりません。また、ご自身のご経験ではだいぶ苦労なさいましたか。ご教示いただけると助かります。

 仕事の都合で、まだ少し先の話しですが、1年間ドイツに滞在することになりました。娘が小学校3年生、息子が幼稚園の年少(いずれも渡独時点)なのですが、滞在するところには日本人学校がありませんので、もし連れていけば、現地の学校(ないし幼稚園)に入れざるを得ません。そのため、子ども達がやっていけるかどうか、心配しています。渡独前にドイツ語の勉強をさせておけばいいのですが、子ども向けの講座も知りませんし(今住んでいるのが地方なものですから、大人向けのドイツ語学校さえも存在しません...続きを読む

Aベストアンサー

現在、主人の仕事の都合で、小学校3年生の息子と共にドイツのブラウンシュバイク市(Braunschweig)に滞在しています。滞在期間はたったの8ヶ月、あと数日で帰国予定です。もちろん、日本人学校などなく現地校に通うしか選択の余地はなかったので、渡独することはずいぶん迷いました。現地校に通った経験のある友達に相談したり・・・決断の決め手になったのは「財団法人海外帰国子女教育振興財団」の方に電話で相談し「短い期間とはいえ、かけがいのない経験になる。ぜひ、行くべき!」という言葉でした。
下のお子さんに関しては(私には幼稚園の方は分かりませんが、他の日本人の方を見ていると)問題ないと思います。と、言いますか、幼稚園に早く馴染むかどうかは、言葉の壁ではなくその子の性格によるので、日本にいるのと同じだそうです。受け入れ態勢も幼稚園であれば、大丈夫みたいですね。
さて、上のお子さんの方ですが、私どもの経験を話します。ので、あくまでも参考程度になさってください。
小学3年生になってまもなく渡独が決まり、あまり本人にプレッシャーを与えないようにとドイツ語の挨拶さえも覚えさせませんでした。もちろん、私もグーテンタグくらいしか知りませんでした。実のところ、そんな時間もなく、住居が決まったのも本当に直前、学校は現地で決めることにして、バタバタと渡独しました。ただ、出発前に「ブラウンシュバイク」で検索すると数少ない日本語のサイトに「日独協会」を見つけたので、藁をもすがる気持ちで会長にメールをうちました。そして会長からの返事があり、この小さな町に週に1回だけ日本語母国語教室があることを知ったのです。kappa8555さんの住む予定の市はずっと大きいですし、調べてみると日独協会もありました!ぜひ、検索してみてください。
当の現地校ですが、ちょうど夏休みだったので、学校が決まったのが9月に入ってからでした。主人のお世話になる仕事先の方に探していただいたのですが、やはり地域によって評判のよい(家庭の質のよい)学校はあるようで、一般にはギムナジウムが併設されている小学校がいいようです。仕事先の方に口ぞえしていただいて、学区外だけど歩いて通える小学校に入学しました。校長先生にご挨拶したその日(始業の日なのに)からいきなり5時間授業を受けました。ビックリです。ドイツ語補習授業はなんと、週2回、まったく話せないのでマンツーマンです!
「ドイツ語を話せない日本人が現地校に通う」はっきりいって、かなり大変でした。はじめの2ヶ月は、名前を呼んでも反応がなく、常にボーっとすわっているだけ、ちょっと普通ではない状態。授業中は全てをシャットダウン。もともとマイペースで、日本でも困っていたので、ドイツで少し周りを見れるようになれれば、とかすかな期待を抱いて来たのですが、かえって拍車がかかってしまいました。担任の先生からは連日連絡帳に怒りのメッセージが・・・反論できないくらい様子がひどいので、本当に悩みました。救いは友達が非常にやさしいことです。わけのわからない行動をする日本人を、受け入れてくれていることです。本当に家庭の質というのはあるんだなあ!」と実感しました。時々会うご両親もとてもあたたかいのです。
10ヶ月経った今現在ですが、正直、ドイツ語は今だ話せません。(私も)多分うちの子は何をするのでも、とても上達が遅いのだと思います。ただ、話せなくて友達を作り、どうにか授業中分からないながらもやり過ごす術を覚えてしまいました。相手がどう発音しているかを聞き取れるようにはなってきたようで、時々「・・・ってどういう意味?」と聞かれます。小さな進歩ですが、これってやはりすばらしいことだ、と思っています。
日本語の母国語教室ですが、そこに通う日本人はほとんどがドイツ人とのハーフの子、それでも息子は「日本語がしゃべれる!」と週に1回は水を得た魚のように生き生きとしています。私もそこで学校からくる様々なドイツ語のお知らせを解読してもらったり、ドイツ語会話本には載っていない子供達の口語をおしえてもらったりと、なくてはならない存在です。
小学校3年生という時期は、確かに、自然に習得するには遅すぎるのでしょう。ただ、それ以上にヨーロッパの文化や様々な人種・言葉に触れ、確かな体験として記憶するには適当な時期だと思います。小学校の勉強を家で教えることは3年生以上になると困難になってきますし、私はいい時期だと思いました。
うちの子は一人っ子で遊び相手が親だけ、きょうだいがいればもっとよかったろうなあ、時々思います。
最後に、私達は随分あちこち旅行に行きましたよ!それもすばらしい体験でした。

現在、主人の仕事の都合で、小学校3年生の息子と共にドイツのブラウンシュバイク市(Braunschweig)に滞在しています。滞在期間はたったの8ヶ月、あと数日で帰国予定です。もちろん、日本人学校などなく現地校に通うしか選択の余地はなかったので、渡独することはずいぶん迷いました。現地校に通った経験のある友達に相談したり・・・決断の決め手になったのは「財団法人海外帰国子女教育振興財団」の方に電話で相談し「短い期間とはいえ、かけがいのない経験になる。ぜひ、行くべき!」という言葉でした。
下の...続きを読む

Q海外赴任に馴染めなかった人は多いの?

私は昨年の10月にドイツの赴任になりましたが、今月に本帰国してしまいました。赴任当初は喜び一杯だったのが、最後の頃は憂うつでした。

理由としては「食べ物」「日照時間が短い・薄暗い天気」「言葉」「孤独」といったものが克服出来ずに、軽くノイローゼになってしまいましたからです。
現在は上司の恩情で日本の事業部に戻ってくることが出来ました。

しかし、これまで関東を10ヶ所異動した経験があり、未知の環境に身を置くことにさほど苦労しなかったのですが今回ばかりは違いました。

私の様に、外国での環境に馴染めずに戻ってくる人って多いのでしょうか?とても悔しくてなりません。敗北者という気持ちで一杯です。

Aベストアンサー

こんにちは。
外国人の子どもに日本語を教える仕事をしています。
私自身も、夫は外国人です。

仕事の研修で学んだことです。
人は、異文化に触れたとき、

未知の世界への期待・興奮

違いに気づき、苦しみ、葛藤

怒り(周囲の人間の理解のなさや、異文化に対する憎悪)

喪失感・諦め

受容・慣れ

と、なるそうです。#1の回答者さんのおっしゃる「適応障害」が、この「喪失感」の段階でしょうね。
これが、もっと時間がたつと、「慣れる」んですね。
相手と自分との違いを受け入れられるようになるんです。

私自身も国際結婚ですから、同じような気持ちに随分なりました。今は大分「慣れた」と思います。
初めの1、2年はけんかばかりでした。

質問者さんは、昨年の10月から、ということですから、まだ<苦しい>段階で当然なのです。

>私の様に、外国での環境に馴染めずに戻ってくる人って多いのでしょうか?
非常に多いです。というより、いたって普通です。日本に来る外国人の子どもたちも、その親も、なれることができずに帰国する人たちを山というほど見てきました。別に日本人だけじゃありません。

日本国内の異動なんて、私からしたら、屁でもないです。
日本人同士の「違い」なんて、たいしたことじゃないことばかりです。
それくらい、私の感覚はマヒしています。

苦しくて苦しくて、でもどうしても必要で(国際結婚で相手をものすごく愛していたり、生きていくために日本という外国で仕事を得ることがどうしても必要な場合など)、耐え抜いた人だけが、「慣れる」のだと思います。

あなたは決して敗北者ではありません。繰り返しますが、むしろ普通です。
仕事上の赴任ですし、別にドイツに行かなきゃ人生が終わってしまうわけじゃないんでしょう?
無理してストレスためるより、日本でゆったり生きるほうを大切にしていただきたいと思います。

こんにちは。
外国人の子どもに日本語を教える仕事をしています。
私自身も、夫は外国人です。

仕事の研修で学んだことです。
人は、異文化に触れたとき、

未知の世界への期待・興奮

違いに気づき、苦しみ、葛藤

怒り(周囲の人間の理解のなさや、異文化に対する憎悪)

喪失感・諦め

受容・慣れ

と、なるそうです。#1の回答者さんのおっしゃる「適応障害」が、この「喪失感」の段階でしょうね。
これが、もっと時間がたつと、「慣れる」んですね。
相手と自分との違いを受け入れ...続きを読む

Qミュンヘンの家賃相場

こんにちは。
来年から家族(夫婦&乳児)急遽ミュンヘンに海外赴任と
なりそうです。5年くらいだと思います。
夫は英語ができますが、私は英語もドイツ語もできず
準備に悪戦苦闘しております。

ミュンヘンはドイツの中で1番家賃が高い都市と聞きました。
広めの1LDKまたは、小さめの2LDKを借りる場合の家賃相場を
教えて頂きたいです。

去年家を買ったばかりで、そこを駐車場込み12万で
賃貸に出す予定です。ミュンヘンのファミリーまたはカップル
向けのアパートメントは、日本円で月12万以内では
借りられませんか?日本の私達の家に入ってくれる人が
いるか、それも心配ですが、ミュンヘンは家賃が高いとか、
物価が高いと聞くので生活していけるのか不安があります。

もしお分かりになられる方がいらっしゃいましたら
教えていただけたら助かります。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ミュンヘンのどの辺りに住みたいかによっても変わってきますが、60平米ほどのアパートで良ければ600ユーロ+共益費程度からありそうです。80平米程度になると1000ユーロ+共益費は考えないと無理そうです。(Kaltmiete は共益費抜きの家賃) 共益費はどの程度になるか具体的には分かりませんが、おそらく月200-250ユーロ程度でしょう。下記URLにミュンヘンの賃貸サイトを挙げてみました。

http://www.immowelt.de/immobilien/immosuchedetail.aspx?GeoID=10809162000&EType=1&ESR=2

また、家賃が不当に高くないかどうかを確認するためのツールとしてドイツでは Mietspiegel というものを定期的に発行しています。ミュンヘンの Mietspiegel は2009年に更新されたようです。オンラインで計算できるプログラム(Berechnungsprogramm)があるようなので、以下にリンクします。ドイツ語だけですが、頑張ってください。

http://www.mietspiegel-muenchen.de/dienst/ms2009.html

ミュンヘンのどの辺りに住みたいかによっても変わってきますが、60平米ほどのアパートで良ければ600ユーロ+共益費程度からありそうです。80平米程度になると1000ユーロ+共益費は考えないと無理そうです。(Kaltmiete は共益費抜きの家賃) 共益費はどの程度になるか具体的には分かりませんが、おそらく月200-250ユーロ程度でしょう。下記URLにミュンヘンの賃貸サイトを挙げてみました。

http://www.immowelt.de/immobilien/immosuchedetail.aspx?GeoID=10809162000&EType=1&ESR=2

また、家賃が不当に高く...続きを読む

Qドイツの教育事情、高学年からの日本人学校編入は?

ドイツに帯同家族で行こうかどうしようか迷っています。
子供が4月から小学校5年生と2年生になるのですが、家族の任期は5年くらいの予定です。
日本人学校でドイツ語と英語の授業があると思いますが、高学年にもなるとレベルが高く、英語もまだ勉強していないのについていけるかどうか心配です。思春期に慣れないところへ行き、負担をかけるようであれば残ろうかと思いますが、せっかくの機会なのでドイツでの生活も経験させたい気もします。
また、編入は年度始めの方がよいのでしょうか。途中からでも勉強は遅れないでしょうか?
2年後に帰って中学受験の予定ですが、そのままドイツに残り、高校受験に合わせて帰国する方がよいでしょうか?
家を新築したばかりなので、空けて行くのも心配で、悩んでばかりです。
ご経験のある方がいらっしゃいましたら教えて頂きたいのですが。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ドイツではないですが、昔ヨーロッパにある日本人学校に通ってました。

学校の規模によるかもしれませんが、現地語の授業は通常のクラスとは別に習熟度別のクラス編成で行われるはずです。
もしもクラス分けするほど人数がいない学校なのであれば、それはそれで先生が各生徒のレベルに合わせて教えてくださるということだと思います。
私も高学年になってからの転入で外国語はゼロからのスタートでしたが、日本人学校は常にそういう生徒を受け入れているところですから、そういう対応についての点の心配はいらないと思います。ちなみに、私の行っていた学校では、語学の習熟度別クラスは学期ごとに編成替えがありました。
いずれにせよ、その点についてはホームページ等からその日本人学校に問い合わせをされるといいかもしれませんね。

学校の性質上、転入・転出があるのが基本というか入学から卒業までずっと在学する人の方が少数派です。学校も生徒たちも転校生の対応に慣れていますから、高学年だからといって気遅れする必要は全くないと思います。
年度途中の転入・転出も珍しいことではありません。

また、ご存じかとは思いますが、受験の帰国子女枠に関しては学校によって募集の条件がさまざまで、海外滞在が2年以上とか3年以上とか、学校によって異なりますので、お考えになっている学校があれば早目にチェックしておかれるといいかと思います。
同級生が中学卒業後に進んだ高校は、現地高校、現地のインターナショナルスクール、現地の日系高校、日本の高校など様々です。
日本の高校では学芸大附属に行った人がわりといたように記憶してます。
日系高校と書いたのは、立教英国学院、ドイツ桐蔭学園、スイス公文学園、慶應義塾ニューヨーク学院のような学校です。

なお、日本人の多い都市では日本人向けの塾や公文の教室もあったりしますので、それも調べておくといいですよ。


以下は個人の感想です。
私自身は日本の中学受験の都合優先で日本人学校に通って帰国したのですが、できればもう少しあちらに残りたかったです。
1年ちょっとの滞在(5年生の途中から転出して小学校卒業時に戻ってくると仮定して)では、本当にさわりだけの海外経験という感じですが、5年いたら語学力も海外生活のスキルもそれよりはだいぶ身に付くと、同級生たちを見ていても思います。
とはいえ、これは本当に人それぞれなので、両方視野に入れながら、まず日本人学校に行ってみて1年ほど経ってから結論を出すのがいいのではないでしょうか。

ドイツではないですが、昔ヨーロッパにある日本人学校に通ってました。

学校の規模によるかもしれませんが、現地語の授業は通常のクラスとは別に習熟度別のクラス編成で行われるはずです。
もしもクラス分けするほど人数がいない学校なのであれば、それはそれで先生が各生徒のレベルに合わせて教えてくださるということだと思います。
私も高学年になってからの転入で外国語はゼロからのスタートでしたが、日本人学校は常にそういう生徒を受け入れているところですから、そういう対応についての点の心配はいらな...続きを読む

Qドイツ国内で日本人学校のある都市

はどこでしょうか?
また、日本人が多く住んでいる都市もお教え下さいませ。

Aベストアンサー

参考に
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%A5%C9%A5%A4%A5%C4%A1%A1%A1%A1%C6%FC%CB%DC%BF%CD%B3%D8%B9%BB&fr=top_v2&tid=top_v2&ei=euc-jp&search.x=1

Q現地校か日本人学校か迷っています。

現地校か日本人学校か迷っています。
今度、小5の娘を連れて、5月に米LAに赴任します。任期は5年の予定です。
帰国したときには高校受験、帰国子女としてできるだけメリットを生かした受験をさせたいと思っています。(青学レベルを目標としています)
そこで、現地校+補習校か日本人学校(西大和学園)か、迷っています。
米では習い事(バレエ)もさせたいと考えているので、現地校では当たり前の山のような宿題+補習校では、そのような時間を捻出することすら難しいのではと懸念もしています。それであれば、日本に居るときのように日本人学校と受験勉強+英語の個人レッスンで、5年後の高校入試に備えるべきかと思います。しかし、現地駐在員家族の大多数の方が現地校を選ばれているとのことで、通学圏よりも、われわれには見えない現地の実情があるのでは。例えば、帰国子女入試の情報は補習校に多く流れていると、あるQ&Aで拝見しました。
米在住、元在住の方で、同じようなご経験がある方、ぜひアドバイスをお願いいたします。
尚、かつてフランスで6年の駐在経験があり、娘も幼稚園から小1まで、4年間現地校に通い、現地の友人たちに馴染み、また完璧なバイリンガルでした(今も仏語の音やニュアンスは憶えているようです)。性格はオープンで社交性ですが、要領が良い方ではありません。

現地校か日本人学校か迷っています。
今度、小5の娘を連れて、5月に米LAに赴任します。任期は5年の予定です。
帰国したときには高校受験、帰国子女としてできるだけメリットを生かした受験をさせたいと思っています。(青学レベルを目標としています)
そこで、現地校+補習校か日本人学校(西大和学園)か、迷っています。
米では習い事(バレエ)もさせたいと考えているので、現地校では当たり前の山のような宿題+補習校では、そのような時間を捻出することすら難しいのではと懸念もしています。それであれば、...続きを読む

Aベストアンサー

LA近郊のアーバイン在住です。
今年の5月に渡米予定とのこと、もう既に新生活を始められているのですね。
そろそろ落ち着かれた頃でしょうか。

最近になってこの質問を見たので、回答がこの時期になり申し訳ございませんが、
私の知っていることを記入させていただきます。

あくまで私の私見ですが。現地駐在員の大多数が現地校を選ぶ理由ですが、大きく3つあるように思います。
1)お金の問題。
2)文化や英語習得を期待して。
3)近年の駐在の傾向、ロサンゼルス特有の問題
です。

1)お金の問題
駐在の場合、教育費が会社から補助される会社が多いのですが
アメリカであれば日本人学校の授業料全額が補助の対象になるのは、稀です。
アメリカは全日制日本人学校が少ない(小・中だと全米で4校か5校です)ので、
補習校しか補助が出ない、全米で(都市や日本人学校か否かを問わず)統一の補助額であるとか、
日本人学校は一般的に授業料他で年間100万円程度必要だ、と聞いたことがあります。
(西大和はいくらなのか知りませんが)
それに比べて、補習校だと月間200ドルなので年間20万円程度です。
年間80万円、持ち出し、となると考える家庭も多いです。
日本よりも生活費が高いですし。

2)文化や英語の習得
アメリカと言う世界をリードする国の中でも移民系アメリカ人の多いLAという地区で、
数年しか滞在しないのであれば、せっかくだから
多文化、英語、を学んで欲しい、だから現地校に行かせる、という家族も多いです。

3)近年の傾向
ロサンゼルスの駐在では、近年の傾向として、西大和のあるトーランスから遠い地域に
勤務地がある場合が多いです。
アーバインはトーランスと同じように駐在の多い街ですが、トーランスまで高速で40分~1時間。
スクールバスもありません。
その他、ウエストLAなど、アーバイン以外にも日本人が多い地区がありますが、
トーランスまで同様に遠いです。
そして、駐在員の平均年齢が下がっている、というのも近年の傾向です。
晩婚化ともあいまって、小学校低学年~未就学児のお子さんを持つ方が駐在になられることが多く、
それ以外の駐在員のヤマ世代が大学生~高校生くらいのお子さんを持つ方です。
逆に、小学校高学年、中学生のお子さんをお持ちの方が駐在になるのは今は珍しいですね。
そうなると、子どもが低年齢だと子ども自身に柔軟力がありますし、日本に帰る予定の学年から言っても
まだ受験に余裕があるので、現地校を選んで文化や英語を体験して欲しい、と思う方が多いようです。

小学校高学年で駐在になった方も皆無ではないですし、お知り合いの方でいますが、
諸事情から(立地、お金の問題等)現地校に行かれてますが、
小学校4年生をすぎると、どこの国でも抽象的な概念が学習対象になってくるので、
現地校の勉強するレベルがそもそも難しい(特に学術用語などの英単語が)
友達のほうが大事になってくる時期なのに、英語が全然わからなくてなかなか友達ができない(日本人の少ない学区であれば)
問題の文化が違うので親が宿題を見ても意味がわからない、
などあり、チューター(家庭教師)をお願いしている家庭がほとんどです。

西大和に通学圏内で授業料も問題ないのであれば、お子さんと話し合って
お子さんの希望なども聞きながら決められるほうがいいと思いますよ。
その他にも、日本人が多いと言ってもその学年は駐在が少ない年代なので、
現地校にいる日本人がすでにグループになっててなじめないこともあったり、
駐在と言っても一年生からずっとアメリカ育ちだったり、永住予定の方だったり、
またはアジア系アメリカ人とのハーフちゃんだったり(名前や見た目は日本人でも)、
逆にココロの底から親友と言える一生の友人に出会えることもありますし、
と子どもの個性も含めて一概には言い切れませんので、
とりあえず現地校の様子を見て、というのが一般的かと存じます。

では、駐在は子どもの教育で思い悩むことも多いですが、ご家族の健康が一番大事ですので、
健やかに暮らされることをお祈りしております。
あ、ちなみに私のところは一番上が小学一年生で、一番下は生まれたばかり、
立地がアーバインなので駐在ですが現地校+補習校です。

LA近郊のアーバイン在住です。
今年の5月に渡米予定とのこと、もう既に新生活を始められているのですね。
そろそろ落ち着かれた頃でしょうか。

最近になってこの質問を見たので、回答がこの時期になり申し訳ございませんが、
私の知っていることを記入させていただきます。

あくまで私の私見ですが。現地駐在員の大多数が現地校を選ぶ理由ですが、大きく3つあるように思います。
1)お金の問題。
2)文化や英語習得を期待して。
3)近年の駐在の傾向、ロサンゼルス特有の問題
です。

1)お金の問題
駐在の場合...続きを読む

Qドイツ観光・日曜日の行動

7月中旬ドイツを旅行しますが、日曜日は多くの店や施設がお休みとのことで、過ごし方に困っています。

1.フランクフルトの日曜日の夕方から夜にかけて、お勧めの過ごし方を教えて下さい。また、開いていてお土産が買えるようなお店はあるでしょうか。とりあえずレーマー広場には行ってみようと思います。

2.ミュンヘンで日曜日も開いていて、お土産が買えるお勧めのお店を教えて下さい。この日はレジデンツかアルテピナコテーク見学を予定しています。

3.ミュンヘンでお勧めのコンディトライ(特にバウムクーヘン)、ドイツレースやクッションカバーが買えるお店、手作りのおもちゃが買えるお店を探しています。

ご存知の方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。ミュンヘン在住(ただしまだ1年未満)です。

ドイツでは基本的に日曜は完全休業ですので(法律で規制されているはずで,ドイツ人は怠け者,というような話ではないと思います),買い物は非常に難しいとお考えになるのがよいと思います。個人商店などは土曜の午後から休むところも多いです。

1.フランクフルトについてはよく分かりません。ごめんなさい。

2.日曜の買い物・過ごし方について
レストラン・カフェを除くと,日曜にあいているのは空港とガソリンスタンドの店くらいですので,日曜は買い物には本当に向きません。空港のショップを除いて,日用品以外の買い物は不可能,と思っておくのがよいでしょう(少なくともミュンヘンでは)。
レジテンツや美術館周辺には,ぼけっとするのに丁度よい広場がそこかしこにありますし,英国庭園(Englischer Garten)というだだっぴろい公園(野原?)もありますので,天気がよければ,そういうところビヤガーデンでまったりのんびりと過ごすのが基本的なドイツでの日曜の過ごし方かと。
(私も最初は不満でしたが,徐々にドイツ人化してきたかもしれません^^;)


3.お土産ショップについて
はっきり言って,ガイドブックレベルを超えてませんが,一応体験談ということでご参考に。

<バウムクーヘン>
私の知る限り,クロイツカム(Kreutzkamm)とダルマイヤー(Dalmayer)の2店が有名です。どちらも市庁舎周辺にあります。個人的にはクロイツカムの方が好きかも。ちなみに,日本で見る輪切り状のバウムクーヘンとはかなり見た目が違います。なお,ダルマイヤーはコンディトライではなくデリカデッセンで,コーヒー豆なども有名らしいですね。

<レース・クッションカバー>
あまり思い当たりませんが,Betten Ridというリネン屋さんが市庁舎周辺に2件ほどあります。市庁舎前の歩行者天国通り沿いの方はふとんや枕がメインです(今の我が家のふとんはここで購入)が,クッションカバーもあったと思います。市庁舎からレジテンツの間あたりにもう一軒あって,実は入ったことがないのですが,こちらもそのような感じのものが売っていそうです。自信はありませんが,ご参考に。

<手作りおもちゃ>
妻が地球の歩き方(「ドイツ」ではなく「ロマンティック街道とミュンヘン」の方と思います)に載っていたおもちゃ屋でそれっぽいものを購入していましたが,店の名前は失念しました。ごめんなさい。
*地球の歩き方「ロマンティック街道とミュンヘン」,ガイドブックとしてはベタですが,ミュンヘンについてはかなり細かいところまで載っていますのでお薦めですよ。未だに役に立っています。

---
その他,百貨店・ミュンヘン風お土産屋・民族衣装屋のようなところなど,中央駅周辺~市庁舎周辺をぶらぶらすればいろいろと見つかると思いますよ。

以上,おそらくは旅慣れた方のほうがずっとお詳しいと思いますが,お役に立てましたら幸いです。

こんにちは。ミュンヘン在住(ただしまだ1年未満)です。

ドイツでは基本的に日曜は完全休業ですので(法律で規制されているはずで,ドイツ人は怠け者,というような話ではないと思います),買い物は非常に難しいとお考えになるのがよいと思います。個人商店などは土曜の午後から休むところも多いです。

1.フランクフルトについてはよく分かりません。ごめんなさい。

2.日曜の買い物・過ごし方について
レストラン・カフェを除くと,日曜にあいているのは空港とガソリンスタンドの店くらいですの...続きを読む

Q「私はドイツ語が話せません」をドイツ語で

単純かつ初歩的な質問で恐縮です

「私はドイツ語が話せません」をドイツ語でなんと言うのでしょうか?

Ich kann nicht sprechen Deutcheでしたっけ?

Ich kann nicht Deutch sprechenでしたっけ?

はるか昔、大学の第2外国語で習ったんですが忘却のかなたで、唯一覚えている、この表現さえあやふやになってしまいました

Aベストアンサー

Ich spreche kein Deutsch.
が一番自然です。
kann は英語でcan ですが、たとえば時間がないとか
で何かが出来ない場合は、canを使いますが、能力の場合、相手に Can you speak Japanese?と聞くと失礼になるというのは、よく聞く話だと思います。
それと同じように、自分が話せないのよとドイツ語で言う時もkannをつける必要はないですよ。
残念ながらというニュアンスを加えたいなら
Ich spreche leider kein Deutsch.
となります。
ただしkann を使って作る文章としてのご質問ならkann をつけても間違いではありません。
その場合は、Ich kann kein Deutsch sprechen. と
なります^^

Q海外赴任の奥様、仕事はしていますか?

現在お付き合いしている人と結婚する予定なんですが、彼は将来海外主要国に赴任する可能性があります。その場合私も一緒に行くつもりなのですが、英語は中級程度(まだ勉強中)、日本での仕事は一般事務くらいで特に特技はありません。(ちなみに現在27歳で、海外赴任するとしたら30歳以降になると思います)
私も現地で何かしら仕事ができればと思うのですが、現状ではレストランかカフェ、日本人相手の旅行代理店の受付くらいかなと思います。あとネイルにも興味があるので、今から勉強して現地のサロンでアルバイトできたらいいなとも思います(まだ調べていないので本当に現地でやれるか分かりませんが)。

旦那さんの海外赴任に一緒に行かれた奥様は、どこでどのような生活をしていますか?一番困ったことは何ですか?お仕事はされていますか?そのお仕事はどのようなものでしょうか?
質問ばかりで申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

駐在妻経験者です。

他の方もおしゃる通り就職は困難でしょうね。

私は買い物に大変便利な、その国では今話題のスポットに有るサービスアパートメント(と言っても日本ではとうてい住めなさそうな家賃の豪華マンション)に住まわせていただきました。何が便利って隣がショッピングモールで地下に食料品売り場が有る事でした。日本食が欲しい場合はタクシーで買出しに出ていました。どこに行くのもタクシー。日本では自分で運転していたので大変優雅でした。お仕事はしていませんでしたよ。

エステやマッサッジー、アパートメントが主宰する生花教室、記念写真を撮りに行ったり、アパートメント中庭の空中庭園のプールで泳いだり(ビルとビルの谷間に有るので外からは見えない)階下に有るジムで鍛えたり、リラックスルームでのんびりしたり、近所の奥様とお茶したり、日本からのお客様をアテンドしたり(借りた家はゲストルームにお客様専用バスルーム付き!)休日は主人と旅行したり、食べ歩きしたり、ゴルフしたり、DVD見たりしてました。後は長期のお休みは日本からはなかなか行かない場所に旅行したりもしました。旅先で出会った駐在組の方は皆さん結構旅行してますね。日本から行くよりも安いからだそうです。駐在中は豪華旅行のチャンスかもしれません。週三回6時間語学のレッスンにも通っていました。私は3ヶ月に一度は帰国したり旅行したりしているので、結構飽きなかったですね。

途方に暮れるほど困る事は有りませんでした。ただ派遣された国が大変いいかげんな国で、これだけ立派なアパートメントでこれだけ高価なのに、腹立つほど欠陥が多くて、スタッフとの苦情対決が面倒でした。怪しげな英語と現地語をくしするので疲れました。買出しの時の荷物が重いのも大変でした。自家用車のありがたみを改めて知らされました。タクシーを捕まえるのも競争でした。でもだんだんコツが分かってきて誰よりも早く捕まえる事が生きがいになってきました(暇な駐在妻ですね)現地人のタクシーさんとお話出来た時は嬉しかったですね。都合が悪い時は言葉が分からない不利してました(笑)

まあだいたいこんな日常です。国によって事情は変わりますが、慣れてしまえば楽しいものです。総じて良い経験でしたよ。私自体やわな精神力を鍛えられましたし体力も付きました。なによりも言葉は違えど皆同じ人間で有る事、そして日本の良さも見直す事が出来ました。海外に行かれたらその状況を楽しむしか有りません。一度マイナスな気持ちになるとそれにずっと引かれる恐れが有りますね。

本音はほとんどの人が生まれ育った環境が一番生活し易いのは当たり前なので、やっぱりどうしても不便さを感じてしまうかもしれません。これは仕方ない事なのであまり構えすぎないで、とにかくそこでしか出来ない事を楽しんでみましょう。

こんにちは。

駐在妻経験者です。

他の方もおしゃる通り就職は困難でしょうね。

私は買い物に大変便利な、その国では今話題のスポットに有るサービスアパートメント(と言っても日本ではとうてい住めなさそうな家賃の豪華マンション)に住まわせていただきました。何が便利って隣がショッピングモールで地下に食料品売り場が有る事でした。日本食が欲しい場合はタクシーで買出しに出ていました。どこに行くのもタクシー。日本では自分で運転していたので大変優雅でした。お仕事はしていませんでしたよ。
...続きを読む

Q海外赴任中の子ども手当について

夫の転勤で、海外へ5年間の予定で、家族とともに引っ越しします。
子どもが3人おります。
この場合、現在もらっている手当はもらえなくなるということでしょうか?
例えば、子どもの住民票を抜かずに、祖父母のもとへ残しておけば、手当はもらえるのでしょうか?
そういうことは違法になりますでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

>現在もらっている手当はもらえなくなるということでしょうか?

その通りですね。
実子でも養子縁組でも「国籍を問わず、親権者が日本国内に滞在している事」が条件です。
そもそも、この手当ては「在日特権を増やす」として民主党が考えた愚策です。
兵庫県尼崎市の在日韓国人が、タイ在住の子供約50人と養子縁組。
「楽して儲けよう」とした事件がありましたよね。
尼崎市は、申請を常識的に拒否しました。
反日組織である○団は、「約束が違う!」と猛抗議を民主党に行なっていました。
(抗議の数日後、この団体の公式HP上の抗議文が消えました)
どんな約束・密約が、存在していたのでしようかね?

>子どもの住民票を抜かずに、祖父母のもとへ残しておけば、手当はもらえるのでしょうか?

残念ですが、不可能です。
事故・病気で、両親が居ない日本国籍の子供でも受給資格がありません。
あくまで「子供がいる両親に、税金をばら撒く」のが目的です。
不幸にして、両親が居ないくて祖父母が育てていても受給対象外です。
支給すれば、ポンコツ民主党が考えている政策の趣旨に反します。
現実的に、両親が居ない養護施設入所の子供には1円の手当ても受給不可能なんです。
この現実でも、子供手当て(与野党協議で廃止が決まったので、確か新たな名前で復活しますよね)の目的が理解できると思います。
日本国籍の子供に支給する為の、税金ばら撒き政策ではありません。

>そういうことは違法になりますでしょうか?

違法にはなりません。
私の後輩も、両親だけ海外に転勤。教育上の問題で、子供を祖父母に預けています。
が、法的には何ら問題がありません。
ただ、産業空洞化政策(企業の海外脱出政策)と並ぶ民主党政権で成功しつつある子供(の為の)手当ては1円も受給していません。
可能とすれば、世界中の多国籍の子供を持つ親にばら撒く必要が発生します。
日本の国家予算では、足りません。^^;
こうなると、民主党の事ですから「消費税率120%」を目指すでしようね。

>現在もらっている手当はもらえなくなるということでしょうか?

その通りですね。
実子でも養子縁組でも「国籍を問わず、親権者が日本国内に滞在している事」が条件です。
そもそも、この手当ては「在日特権を増やす」として民主党が考えた愚策です。
兵庫県尼崎市の在日韓国人が、タイ在住の子供約50人と養子縁組。
「楽して儲けよう」とした事件がありましたよね。
尼崎市は、申請を常識的に拒否しました。
反日組織である○団は、「約束が違う!」と猛抗議を民主党に行なっていました。
(抗議の数日後、こ...続きを読む


人気Q&Aランキング