最近、和服に興味があり、2年ほど前に祖母が買ってくれた訪問着を着て観劇などに出かけたいと思っています。
でも、着付けが1人でできないので、遠くの会場へ行く場合、困ってしまいます。

そこで、あれこれ便利グッズを使うなどしてとにかく簡単に着られる方法を模索しています。

まず考えたのは二部式襦袢を着て、その上に手持ちの着物を着るということです。
この場合、二部式襦袢はどのようなタイプを選べばいいか、また、半衿はどうすればいいか、など、悩みがつきません。

また、着方としては、和装用スリップ→二部式襦袢→着物でいいのでしょうか?
帯は、訪問着には半幅帯(浴衣のように結ぶ)だとまずいでしょうか?

皆さんのご意見をお聞かせください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私も着物が好きで、着付け教室に7ヶ月ほど通い、自宅でも練習を重ねて、


最近、ようやく着て出歩けるようになりました。

訪問着は結婚式などの正礼装の場にも相応しい、格式のある着物ですね。
そいういう着物にカジュアルな半幅帯を合わせるのは、やはり私も違和感
があり、非常にもったいない気がします。
この頃は着物にパンプスを合わせたり、ジャンクなネックレスをあえて
合わせたりする、アバンギャルドな着方もあり、それはそれで否定はしま
せんが、「着物を着物として」着たいのであれば、着物と帯の格は揃えた
方がいいと思います。

miho0423さんがどのような劇をご覧になるかわかりませんが、例えば歌舞伎や
クラシックバレエ、クラシック演奏会などの場では、観客も洗練された方が
多いので、着物を着た人へのチェックも厳しく、場合によっては恥をかいて
しまいます。

そこで提案ですが、ご希望の「簡単な着付け」のために、半幅帯ではなく、
付け帯・作り帯を使うのはいかがでしょう?
着物は帯の結び方が一番の難関ですから、着付けを習う時間がなければ、
とりあえず、付け帯をする方が、半幅帯より自然です。

http://store.yahoo.co.jp/kimonoyasan/c2d3-b4cac3 …

あと、私が参考にした本では、笹島寿美さんの「一人でできる着付け」が
写真が豊富で説明がわかりやすく、非常に役立ちました。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4418001 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧にありがとうございます。笹島さんの本、良さそうですね。一度読んでみたいと思います。
作り帯はつけた感じが不安定だったりしないのですか? 浴衣の作り帯はどうも不安定な気がして、結局普通の半幅帯を買ってきて必死で練習した記憶があります。でも、とりあえずチャレンジしてみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/07 21:52

こんばんは。



訪問着というのは、お友達の結婚披露宴や入学式・卒業式などに着る着物なので、ちょっとしたお出かけにはそぐわない着物です。
好きなものを好きなときに着ればよい、とは思いますし、私も自由に着物を着ているほうですが、知っていてあえて着るのと、知らなくてあるものを着るのではやはり違うと思います。

観劇やお食事やショッピングに着るなら、小紋や紬という着物を着ます。ご親戚などで、着物を着る方がおられるなら(昔着ていたものなど)譲っていただける場合もありますので、おばあさまなどに伺ってみてはいかがでしょうか。

さて、そのように訪問着は改まったときに着る着物ですので、帯や半襟、帯締めなどもそれに見合ったものを、ということになります。
ポリエステルの二部式の既製の襦袢のものが訪問着と合わない場合がある、というのは、既製の簡単なものは普段着(小紋、紬など)用のものなので、色や素材が訪問着にそぐわない場合があるということです。また、色柄の派手な半襟や色足袋なども、訪問着には不向きです。

海外の女優さんがリムジンに乗って、きれいなドレスを着て大きな宝石などつけている上に、綿のバンダナをつけたりするのがおかしいように、着物に合う小物、というものはあります。

訪問着には袋帯という帯をしめます。帯揚げ、半襟は正絹の正装用のもの、帯締めも平組みの改まったもののほうが合います。

私も着付けは習ったことがありませんが、「改良枕」という、帯枕にドーナツ状の輪のついたものを使っています。知人にもらった便利道具です。これだと帯を畳んでセットするので簡単です。(私は帯が結べませんが、留袖以外の着物は自分で着ることができます)

着付けは「ひとりでできる着付け」のような本を見て独学です。帯は、「改良枕 使い方」などのキーワードで検索すると使い方を紹介しているサイトがあったので、それを見て練習しました。

>和装用スリップ→二部式襦袢→着物
これは、どんな着物でもこれで構わないと思います。振袖や訪問着などは、二部式襦袢の代わりに、その着物に合った正絹の長襦袢を着ることが多いです。

最近では、女優さんなどが振袖に柄やレースの半襟、だらりの半巾帯などいろいろな着方をしておられますが、基本のルールを知っていて、しかも自分に合うように自分のルールを作っていくことと、自分もわからないから他人もわからないだろうとあるものを寄せ集めて着るのとはやはり違うと思います。

洋服の場合には、流行のスタイルやお化粧法など、雑誌やテレビなどで研究されると思います。着物のことも、これを機会に研究してみられると面白いと思います。

お互いに、着物を素敵に楽しく着られるとよいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはりちょっとしたおでかけには小紋や紬が良いですか。その点についても実は確認したかったので、スッキリしました。ありがとうございます。

お礼日時:2006/01/12 14:45

いろいろと回答も出ているようですがポイントを絞ってお答えさせて頂きます。


二部式長襦袢、半襟、訪問着に半幅帯、の3点ですね。

二部式長襦袢。もちろんいいですよ。
ただし単に二部式と言っても上等なものからペラペラの化繊ものまでいろいろあります。
きちんとした二部式は普通の長襦袢と同じように自分の寸法で仕立ててもらうものです。
生地も反物から好きなものを選びます。
これでしたら手持ちの訪問着とつり合う物が買えるでしょうから問題ありません。
しかし吊しで売られている二部式の場合、まず外から見える袂の部分が訪問着とつり合うものかどうかが、私としては最も気になります。
素敵な着物をお召しでも袂からチラリと見える襦袢袖があまりにチープなものだったりするとガッカリしてしまうのは私だけなのでしょうか。
もちろん普段着の着物であればまったくかまわない事ですが、何せ訪問着ですから。
着物と襦袢の寸法が合っていることも大変見た目を左右する重要な事です。

次に半襟。
これも普段着であればどんなものでもいいのですが(最近は手ぬぐいやスカーフを半襟に流用する方も増えていますね)
何せ訪問着ですから。
やはり正絹ものを使うのがベストです。
最近は正絹と見分けのつかない化繊モノもたくさんありますのでそれでもいいです。
訪問着ですから白や淡い色の塩瀬やちりめんか刺繍半襟くらいがよいでしょう。
色の濃いものや小紋半襟は普段着用です。
細かい事ですが着くずす場合でもここは押さえた方がいいポイントです。

そして訪問着に半幅帯。
一概にダメとは言えません。でも浴衣用の半幅帯を考えているとしたらNGです。
訪問着に締められる半幅帯は普通の半幅帯とは別物とお考えください。
袋帯に見劣りしないよう織られたパーティー用の特別な半幅帯です。

想像してみてください。
シルクのディナードレスにユニクロのジャケットを羽織りますか?スニーカーを履きますか?
それもアリ!と言えば何でもアリの時代ですのでご本人が納得されるなら自由です。
着物と帯の格合わせというのはそういう意味です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり、申し訳ありません。分かりやすい説明、ありがとうございます。
もう少し勉強してから考えた方が良さそうですね。
本など参考にしながら、研究してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/01/12 14:43

オークションで昔の着物を落として、いじるのが趣味のおばちゃんです。



とても、いいとこだと思います。
着物のことに詳しい人は、いろいろ言うかもしれませんが、習うより慣れろ、そして、一度でも回数を多く、自分できて、きている時間を長く、
きている自分を人に見てもらうことです。

この際、これからは、着物の格だとか、帯の結び方など、もう、うるさく言ってはだめだと、私はおもっています。
そこまで、「文化」が今の日本は壊れてしまっているのです。
そういった文化に着物をキチント合わせるのも、お金がかかりすぎるのも
今の呉服屋さん業界が、着付け教室とうが金儲けとしているから、
ダメに成ったと・・・。
私の文句はともあれ、じゃんじゃん何でも良いからきてください。

>和装用スリップ→二部式襦袢→着物でいいのでしょうか?

もう、全然かまいません。
和装スリップなどという代物を買うのであれば、
タダの、「ベンベル=すべりのいい裏地」で、くるぶしより上に丈になるような、「巻きスカート」状のものを自分で作ってみてください。
一般的には、端にヒモをつけて、グルグルット体に巻きつけて、縛りますが、体を楽にするには、ゴムでもokです。
ほら、洋服でもスカートに別裏がついていることがあるでしょう?
あれの、丈長いのを色の薄いので作る。
スリットを入れるのではなくて、すそ巾(蹴まわし)を1m位でグルットです。
二部式の長じゅばんは自分で作れます。
無双という方法で袖を縫うのですが、これから、和服になじもうとするなら、
半襟なども自分で楽しめるようになりますので、一度図書館などで
和服の簡単な縫い方などの本を見て置かれるといいと思います。
袖=無双だけなら、簡単。
袖の丈の倍の筒のようなものを裏表同じで縫う。
端がもう片方の端を噛むように縫い合わせて、閉じて、ひっくり返す。
袖ツケの部分は縫い残す。
記述すると、これだけのことです。
まっすぐに袖の再度を2本、端と端を縫い合わせるのが一本これで無双の袖の出来上がりです。
身頃につけるのは、適当でも全くかまいません。
きれいにやるなら、本を見てね。
沢山の素敵な袖が出来るようになると、「おばけ」というあるいは「うそつき」という簡単でたのしいおしゃれが楽しめるようになります。
重要なのは、長じゅばんの袖丈を着物とそろえる。
着物の振りから見える、長じゅばんの袖(実は無双のそでだけ・・・だから「うそつき」といいますが)が着物姿のポイントです。
生地もね何も絹であったり長じゅばんの生地である必要はありません。
洋服の生地で、ややはりのある、しゅるしゅるとしてすべりの良いもので
作れば良いんです。
同じ生地で、長スカート?を作ると、2部式の長じゅばんです。

半襟はそれこそ何でもいいのです。
「はんえり」として売っているものである必要は全くありません。
着物にあなたの顔に映えて、巾が15cmぐらい長さが75cm以上あるものであれば、全部「半襟」になります。

「うそつき」の襟=半襟をつける部分は別襟として、身頃の巾だしをするようにすると、着付けが、襟元が余裕がでますので、楽です。
だって、着物よりも内側にあるはずの襟なのに、実際の身幅は、着物の法が広いのが、実はヘンなのが、今の長じゅばんの「構造」です。

何回も、自宅で着る練習をする。
これに優るものはありません。
半巾帯なら、前で結んで、右側から、グルットまわすのでok。
お太鼓でも、これで出来ます。

おはしょりも、みぎの襟下部分だけ重なっているように。
あとは、返って、ぐしゃっと、胴体にあるほうが、ウエストがフラットになる。

伊達締めはしたほうが、襟あわせがあんていするので、是非してください。
これも、自分で作れる。
硬い、芯をいれて、巾を半巾帯より3cmぐらい細めに、
胴体周り8割ぐらいでぐるっと、あとは、紐です。

帯もね、半巾ぐらいなら、自分で簡単に作れます。
着物は全部まっすぐですから、うるさいこと言わずに、自分で着るならと、昔の人は、「この実力」で良くぞ健闘していると思えるようなものが沢山あるのが、オークションです。
だから、どなたでも、出来ないことはないですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど・・・斬新なアドバイス、ありがとうございます。そうですね、現代人からすれば、とりあえず着られれば・・・みたいなところはありますね。
でも、悩みます。やはり基本は押さえておきたいと思うので、もう少し本など探してみて、検討しようと思います。

お礼日時:2006/01/07 21:45

>和服に興味を持ち始めた~


楽しくてきれいで、奥の深いものです。
多いに、親しんでください。
>訪問着に半幅帯
まずいですよ。
>簡単な着方
和装用スリップ→2部式襦袢→着物で~
良いです。
>半衿
半衿は必要です。
>長襦袢の選び方
着物の裄丈・袖丈にあったものを選ぶ。
>一人で着れない~
浴衣は着る事が出来ますか?
長襦袢→着物を着る事は今回始めての兆戦ですか?

簡単に回答させていただきました。
訪問着はウールや浴衣などと違いそれなりの着付けが
部分的に(衿・衣紋・着丈)必要です。
着物の格や着つけなどは過去の質問にも沢山ありますので
検索してください。

今回観劇ということですが、その事についてだけ
想像しながら書かせていただきますが、、、
着付けも含めそのジャンルで和装コスチューム的なものとして、訪問着と半幅帯と言うのでしたら、否とはいいきれませんが、着物がかわいそうそんな気が致します。
その訪問着を大事に扱う事も勉強してください。
和服の着つけ
>簡単に着れる方法の模索~
確かに便利グッズはあるとよいですね
腰紐のかわりにゴムベルト
長襦袢に縫いつけないで半衿ように見せるもの
沢山あるようですが、、、
簡単に着ることは良いのですが、雑にしあがっては
困るのです。
そのためには、補正も必要です。
最低限必要なもの不用のものは、体系や馴れによって
取捨選択します。
町を歩く和装姿の方たちの着こなしの
違いはわかりますか?
基本を覚えると良いですよ。
それについては重複すると思いますので
避けます。

いっぱい覚えることがあります、飽きずに
ながーく親しんでくださる事を、応援します !!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧な回答、ありがとうございます。
浴衣は1人で着られます。長襦袢→着物というパターンは、いつも着る時は祖母に着付けをしてもらっています・・・と言っても、2回ぐらいしか着ていません。まずは、祖母に聞いてみたらいいかもしれませんね。いろいろありがとうございました。

お礼日時:2006/01/07 10:13

和装スリップは、肌襦袢の代わりで、


二部式襦袢は、長襦袢の代わりでしょうか。
だったら、つぎは着物でいいと思います。

半襟は、長襦袢に縫い付けますよね。
着物に合わせてもいいし、
無地でも刺繍でも、呉服屋さんで選ぶといいかと思います。
迷うならば、着物を持参して相談されてもいいかもしれません。

二部式襦袢は使ったことないですが、
長襦袢までならば、着るのは
それほど難しいこともないと思いますよ。

訪問着に半幅帯は、見たことないような…。
普通、格からいって、袋帯になるような気がしますけど…。
最近勉強してないので、どうだったかなあ。
小紋には半幅を合わせたことがあった気がします。

遠くの会場って、泊りがけですか?
日帰りならば、着物のまま出かけてもいいかもしれません。

帯を前で結んで、くるっと後ろに回す着付け方法を
教えてくれる教室があったような気がします。
一度、着付け教室に通ってみたらいかがでしょうか。
自己流よりも、勉強になるかと思います。
和装協会だったかの、無料講習でも十分着れるようになると思います。

あまり力になれてないような…。
失礼しました。(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。そうですね、本当は着付け教室に通ってみたらいいとは思います。今度、検討してみます。

お礼日時:2006/01/07 10:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q着物ってどうして一人で着るのが難しいのでしょう?

タイトルどおりの質問を外国人にされ、答えに窮してしまいました。
綿やタオルつめたり、紐を沢山使うから?とも思いましたが、外国人へ対しての適切な回答が見つかりません。皆さんでしたら、どのようにお答えになりますか?自分は一人できれないので、簡単よー、などとはもちろん答えられません・・。

Aベストアンサー

私も個人的意見です。妻が着物の元専門家(作るほう)なのでいくらか知っているくらいです。
着物と言うのは、動きに合わせて作られた服とは違って、作りにあわせて動作を作る服だと言えるのではないでしょうか。普段着物を着たことがない人でも着るだけで手さばき足さばきが変わります。
動作に制限を付けることによって日本古来の美しいとされる動作を作る働きがあるのだと思います。
一人で着るのが難しいのは、着るのに必要な動作も身に付ける必要があるからだと思います。

Q着物の下着について教えて下さい。

 お世話になります。今回は着物の下着(和装用ブラジャーとショーツ)について教えください。
 先日、着物を着た時は、普通のブラジャーではダメみたいな事を言われ、ノーブラで着物を着ました。しかし、(それぞれ着付けた方が違いますが)成人式や結婚式の時には、そこまで言われなかったのですが。
 あまり、着物を着る機会がないのですが、やはり和装用のブラジャーやショーツは用意した方がいいのでしょうか?また、皆様は着物を着る時の下着で気をつけている点(例えばショーツのラインが出ない様にするコツとか)などあれば教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

私は、スポーツブラ(カップのついてない前が2重になっているような)と、
3分丈のショーツをはくようにしています。

母に着付けてもらうのですが、初めて着た時普段のランジェリーをつけていると
「着物の時は、そんなメリハリせんでいいねん」と言われました。(笑)
和装用のブラがあるとその時聞いたのですが、そんなに頻繁に着るわけでもないから買うのももったいないと思い、
手持ちのスポーツブラにしました。
ショーツも最初は気づかなかったのですが、普通のだと意外とラインがでることがわかったので、
それ以来夏はひびき難いショーツ、冬は防寒も兼ねて3分丈にしています。

ご参考になれば幸いです。(*_ _)

Q女優さんのような着物の着付け方って?

基本的な着付けを大手着付け教室で約9ヶ月間習いました。
たまに自分で着るのですが、テレビや雑誌で見るようなカッチリ!シワのないキレイな着付けができません。
和装ブラ、市販の補正下着なども付けているのですが・・・
胸元の固そうな感じを出したいのですが難しいですか?
ちなみに私は、小柄で細身です。
それから、取って付きの枕(いわゆる改良枕)で帯を結んでいるのですが、しばらくするとどうしてもずれ下がってきます。
コツなどがありましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。着付けの仕事はしていませんが、和装については長く経験のある者です。
まずですね、生活するための着付けと撮影用の着付けは基本的に違います。
カッチリ、シワのない着付け、では生活できません。
最近の成人式のお嬢さんは振り袖を着ているのは式や写真の時だけで、終われば脱いで二次会等に出席する方が多いようですね。
それは多くの美容院で撮影用着付けを行っているので、苦しくてとても長時間着ていられないからに他ならないと思います。
さらに自分で着物を着る機会はほとんどない方が着付けを担当します。
とにかくシワなく崩れない事ばかりに執着して数え切れないほどの紐でぐるぐる巻きにされてしまう方が少なくないでしょう。

雑誌の撮影ではよくやる裏技としては着物の中に和紙を入れてシワを取り除きます。
その上で撮影時に丹念にシワのできないポーズをつけます。
何人ものスタッフがかかってシワを取る事に躍起になるわけです。
当然シワ一つない美しい写真が撮れます。その一瞬だけの事ですから。
また、舞台やドラマ等の着付けさんとなるとこれまた一般の着付け師さんの技術とは違ってきます。
いかに美しく動きやすく崩れずに着付けるかは着付け師の腕の見せどころ。
一朝一夕に身に付く技術ではありません。
本当にうまい着付けをしたかったら舞台着付けを習うといいでしょう。

つまり見せるための着付けと生活上の着付けは全く異なるのだとご理解ください。
とくに着付け学校の着付け方はきっちりがよいという方向でしょうが、それゆえに開発された改良枕なるもの、これを長年愛用し続ける方を私はあまり知りません。
着慣れるうちに改良枕のお太鼓がいかに不自然かわかってきますし、むしろ手間がかかって敬遠するようになる方がほとんどです。
しかも、やっぱり、ゆるんで下がるでしょう?
正直言っていいことないですよ、改良枕は。まあ、初心者の導入としては取っつきやすいという事でしょうか。
とにかく着物の装着法は一つではなくさまざまな方法がある事を覚えておいてください。
あとは習うより慣れろです。
着続けるうちに最も自分の着やすい方法がわかってきますよ。

ちなみに私も最初は改良枕で覚えました。
しかしすぐにやめて独学で手結びを習得して長年それでやってました。
さらに手結びの煩わしさを取り除くクリップ留めのお太鼓を覚えました。
これが何とも楽できれいで自然なお太鼓になるし帯が傷まないので今はずっとその方法です。
やり方は、帯を二巻きして「手」をまっすぐ下に下ろしたら、その「手」と胴帯を一緒に着物クリップで留めるだけ。
非常に簡単でシンプルなやり方なんですがこれが説明されてるHPやサイトは未だ見つけられません。
言葉では説明しづらいのでどこかにないかと思っているのですがね。

着物巧者はお太鼓の表情ひとつで着こなしが決まります。
座布団をしょったみたいな四角張った改良枕のお太鼓は早めに卒業される方がおすすめです。
そしてシワ一つない着付けではなく「美しいシワ」の出る着付けを心がけてください。

こんにちわ。着付けの仕事はしていませんが、和装については長く経験のある者です。
まずですね、生活するための着付けと撮影用の着付けは基本的に違います。
カッチリ、シワのない着付け、では生活できません。
最近の成人式のお嬢さんは振り袖を着ているのは式や写真の時だけで、終われば脱いで二次会等に出席する方が多いようですね。
それは多くの美容院で撮影用着付けを行っているので、苦しくてとても長時間着ていられないからに他ならないと思います。
さらに自分で着物を着る機会はほとんどない方が...続きを読む

Q正絹の長襦袢は家で洗えますか?

正絹の長襦袢の扱いについて教えてください。
着物は数枚もっているのですが、長襦袢は母が作ってくれた
正絹のものを1枚もっているだけで、使いまわしています。
(20年前に作ったものですが、生地も縫いもしっかりしています)
これまで、お正月のお茶のお稽古、子供の七五三、入学式…と
ずいぶん着たのですが、着る度に洗い(クリーニング)に出していました。(母にそうしろと言われていたからです)
先日、末っ子の入学式で着物を着たのですが、ふと
「着物の下に着るもので見えるものじゃなし、うちで洗えないのかしら? 洗いに出すのも高いしなぁ…」
と思いました。
正絹の長襦袢を家で洗っているという方、よい方法を教えてください。
また、「そんなことしちゃダメ!」という方、失敗経験のある方がおられれば教えてください。どうぞ、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本当に絹の着物や長襦袢の洗いはもう少し
安価にならないかなと思います。

>>着物の下に着るもので見えるものじゃなし
イエイエそうではありません。

袖ぐちや振りから必ず長襦袢が、、風が吹けば裾から、見えます。
長襦袢の襟に沿わせて重ねて着るものです。
ですから、その寸法の取り方、裄の差、袖丈の差、
繰越しや襟肩あきと同寸にするとかほんの少し違えるなど
も大事です。

私は、麻、絹の長襦袢を、ウールの着物を
自分で洗って大変な目に遭いました。
5センチから10センチは縮みましたね。
結局ほどいて、幅だしをしてもらって仕立て直ししました。

良い洗剤もあるようですが、
その手間暇を考えると、
専門店にお願いするのが一番と感じています。

私は、洋服にはお金はかけません。

Q50代からの着物の色

50代になって、色無地か訪問着のいずれかを作ろうと思っています。
着物の色は、どんな色が良いでしょうか?

着る機会は、さしあたって無いのですが、これを、今後、最後の着物として着るつもりなので、出来れば、地味な色合いでいいのですが、
年配の人は、どんな色の着物がいいのでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
着物好きの30代後半です。

色無地か訪問着、という事でしたら私でしたら色無地のですかね。
堅苦しい着物(礼装類)はこれ以上増やす気がないので、あえて、紋も入れない(格はあげない)。

私の友人は70代~80代の方も多いのですが、
その友人の奥様方の着物や着こなしは勉強になります。
おしゃれだなと思う奥様方の共通項の一つに
「顔色がくすんで見える色を重ねない」
というのが有りました。

真っ白の半襟、ビビッドカラー
肌色が負けるそうです。

渋いねずみ色や茶色の着物に同系色の帯・小物
肌色がくすんでいく年齢にくすんだ色を重ねると
+10歳効果だそうです。(怖っ)

きれいな若草色に、茶色の染め帯、半襟は鳥の子色にベージュの刺繍、帯揚げが焦げちゃに白の染め抜き模様、帯揚げはピンクのとび模様入りの山吹色、しかも鼻緒は赤!

めちゃくちゃかわいくないですか?
先日、友人の奥方が米寿のお祝いの席で着ていらしたのですが、もう、死ぬほどかわいかった!
(って、自分のおばあさんだとしてもおかしくないくらい年上なんですが・・・)

色無地もいいですが、私自身が「おばあちゃん」になっても着ようと思って作ったのは、渋い黄緑、東雲色、京紫の江戸小紋です。
(紫だけは極行儀なので祝儀・不祝儀兼用で紋を入れましたが。)

色は実際にあててみないとわかりませんが、見てて
好ましいなと思うのは顔色が良く見える、クリーム色や東雲色のかわいいきれいな色です。

こんにちは。
着物好きの30代後半です。

色無地か訪問着、という事でしたら私でしたら色無地のですかね。
堅苦しい着物(礼装類)はこれ以上増やす気がないので、あえて、紋も入れない(格はあげない)。

私の友人は70代~80代の方も多いのですが、
その友人の奥様方の着物や着こなしは勉強になります。
おしゃれだなと思う奥様方の共通項の一つに
「顔色がくすんで見える色を重ねない」
というのが有りました。

真っ白の半襟、ビビッドカラー
肌色が負けるそうです。

渋いねずみ色や茶...続きを読む

Qたんす屋で着物を買ったことありますか?

着付けを習いはじめました。着物は母からのお下がりしかありません。で、”洗える着物”が一枚あると便利だよ、と聞きますので、購入を考えています。着付けの先生に相談するときっと自分の教室の経営する呉服屋を紹介されるので、相談はしていません。
ネットでも売っていますが、実際に見て買いたいのです。
近頃は、デパートでも売っているようなのですが、安いものでいいので、ネットで調べてみると、”たんす屋”というお店があることを知りました。浅草まで行ってみようかと思っていますが、実際、どうなんでしょうか?古着がほとんどで、新品はあまりない…とか。
たんす屋さんを利用したことのある方教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは。
30代後半着物好きです。

>”洗える着物”が一枚あると便利
そうですね。
決して好きではありませんが、何枚か持っています。

手触りや風格とか、色んな魅力で天然繊維に劣りながらも
「便利・手軽」さという魅力だけではダントツです。

雨も汗も食べこぼしも、カレーもミートソースも恐くない。
家庭の洗濯機で洗える、虫食いなどの心配がない。
維持費はゼロに近いですものね。
(私は相当の枚数持っているので維持費は頭痛の種です)

着付けのお稽古やお茶の練習着、雨のお出かけにはもってこいです。

>教室の経営する呉服屋を紹介される
あはは。
賢いですね。
そうです、おっしゃる通りですよ。

ほとんどの着付け教室は呉服屋さんとつながっていますから。

呉服屋さんの売値+教室(または先生)のリベート=質問者さまの購入金額

ちなみに私も暇なとき、たま~に教室の助手に入ってますが、その教室の出の呉服屋から言われますよ

「先生と同じ金額にしときますよ。」って。
生徒さんより確かに若干安い金額提示されます。

>ネットでも売っていますが、実際に見て買いたいのです。
はい。
一番間違いの無い買い方です。
色や手触り、柄の見え方など、ネットの画像とまるっきり同じなんて
まずみかけません。

ネットで「こういうのがいいいな」というものを見つけて、実際に取り扱っている店舗に行く、という手もあります。
撫松庵などはデパートや問屋、小売にもおろしていますね。

>安いものでいい
もちろん、安いにこしたことはありませんが、一部外国製の粗悪品を販売しているお店もありますので、あまりに安いようなら少し気をつけてみてくださいね。

たとえば、袖幅、肩幅、おくみ幅が左右で違う。
背中心でたたんでも、襟先の位置が違う。
片方だけ八掛がついてなかった。など・・・

>古着がほとんどで、新品はあまりない
古着率はそのときのそのときの在庫状況によりますよ。

>たんす屋さんを利用したことのある方教えてください。
一度だけお付き合いで伺ったことがあります。

正直言って、あまりお奨めできるような商品はその時はなかったように記憶しています。

ただ、現在は去年の大型呉服屋の連続倒産の連鎖倒産によって、
ポリでもまともな商品(たとえば東○のシル○ールなんか)も色々なリサイクル店に新古品として流れていることもありますので、そういうのを見つけられたら、ラッキーです。

こんにちは。
30代後半着物好きです。

>”洗える着物”が一枚あると便利
そうですね。
決して好きではありませんが、何枚か持っています。

手触りや風格とか、色んな魅力で天然繊維に劣りながらも
「便利・手軽」さという魅力だけではダントツです。

雨も汗も食べこぼしも、カレーもミートソースも恐くない。
家庭の洗濯機で洗える、虫食いなどの心配がない。
維持費はゼロに近いですものね。
(私は相当の枚数持っているので維持費は頭痛の種です)

着付けのお稽古やお茶の練習着、雨のお出か...続きを読む

Q着物と帯の素材合わせ

着物と帯の素材について、合わせるのにNGな素材というのはありますか?
(正装ではなく、普段着の場合)

例えば、絹の着物に綿の帯をあわせることは問題ないのでしょうか。

色々なサイトをめぐり、季節・柄・着用の場面でのルールは書かれていたのですが、
特に素材の合わせについて言及されていないという事は、夏物なら夏物、
冬物なら冬物であれば、着物や帯の素材は問わないという事でよいのでしょうか?

また、こういう素材の組み合わせは良くない、というものがあったら教えて下さい。
初心者なので、質問として適切でなかったらすみません。

Aベストアンサー

最近の和装は実に多彩になり、ルールにとらわれない楽しみ方が増えていますね。
でも素材の相性というのは大切ですから、良いところに着目されたと思います。
<例えば、絹の着物に綿の帯をあわせることは問題ないのでしょうか。
問題ないですよ。
木綿の帯というのは実は普段着の万能選手です。柄に季節感がない場合四季を通して使って頂いてかまいません。
絹の着物と言っても紬であれば完全な普段着。これに木綿の帯は好相性です。
厚手でないものなら夏の普段着や浴衣にも締められます。
もちろん色や柄ゆきや質感の調和は考えてくださいね。
小紋の着物となると紬よりも一段よそ行きになりますが、縞や格子柄などごく普段着向きの物なら木綿の帯も合うでしょう。
型染めの帯など趣味的でよいと思います。

また、麻の帯は夏専用と思われがちですが、平織りでとくに夏用に織られたものでなければ4月くらいから9月いっぱいくらい着用できます。
もちろん夏用の柄ゆきでないものに限られますが。

年中締められる万能帯としては絹芭蕉があります。
絹の帯ですが芭蕉布に似せて織られたもので、軽い質感です。
これも季節を問わない柄であれば袷にも単衣にも、夏でも締められるものも多いです。
ただ芯を入れてあると盛夏には少々暑いかも知れませんが。
これに対して櫛織りという透けのある織りの帯がありますが、夏用に見えるのにそうではないんですね。
単衣に最適とされていますが袷の着物にも締めます。

難しく考えないで見た目の印象で決めればたいてい大丈夫です。
木綿の着物に絹の帯でもいいし、絹の着物に麻の帯でもいいわけです。
たっぷりとシボの立ったちりめんの帯はやはり冬場に向きますし、つるりとした塩瀬なら初秋から晩春まで長く締められます。
絽目の入ったものや透け感のある素材ならやはり夏用です。

フォーマルな帯を普段着に締めるというような事をしなければ、とくに取り決めはないのですが相性というのはあります。
自分の目と感性をたよりに、着物との相性や季節、着て行く場所等を考えて決めてください。ポイントは色柄と質感になると思います。

また、どんな場合でもポリエステルの帯だけはおすすめできません。
合わないとかおかしいとかの問題でなく、ゆるんできて使いにくいからです。
それと木綿は絹より重いです。長時間の着用になるとずいぶん違いますからその点もお気をつけください。
すり切れやすいのもシワになるのも木綿のほうですね。
というわけで結局、正絹の帯が最も重宝はしますよ。
そうそう、変わったところでは紙布の帯というのがあります。
和紙を撚って糸にして織った八寸帯で、これも年中使える素材です。とても軽くて締めやすく麻や木綿同様に水に強いので重宝です。
ちょっととりとめなくなりましたが、参考になれば幸いです。

最近の和装は実に多彩になり、ルールにとらわれない楽しみ方が増えていますね。
でも素材の相性というのは大切ですから、良いところに着目されたと思います。
<例えば、絹の着物に綿の帯をあわせることは問題ないのでしょうか。
問題ないですよ。
木綿の帯というのは実は普段着の万能選手です。柄に季節感がない場合四季を通して使って頂いてかまいません。
絹の着物と言っても紬であれば完全な普段着。これに木綿の帯は好相性です。
厚手でないものなら夏の普段着や浴衣にも締められます。
もちろん色や...続きを読む

Q着物の着付けのコツについて教えて下さい

着物歴は3年程度です。着付け教室に3ヶ月ほど通い、その後は独力で着物を着ています。年に5-6回ほど着物を着る機会がありますが、いつもうまくできません。特に帯びと襟元について教えて下さい。

■帯
まだ20代なので高めの位置に巻いています。しかし時間が経つとずり落ちてきてしまいます。ずりおちた帯を上にひっぱって、帯留めをきつく結び直しますが、そうすることによって、襟元と衣紋が崩れるような感じがします。

■えりもと
衣紋がうまく抜けないので、長じゅばんを着るときには後ろにきつく引張ります。それでも時間が経つと衣紋が上がってきてしまいます。えりもとというのは基本的にキツク着付けたほうがいいのでしょうか?緩く着付けたほうがいいのでしょうか?又、えりもとを整えた後、伊達締めはどのあたりに巻くのがいいのでしょうか?いつも胸のあたりにまきますが、だんだん下がってきます。
全体的に、着付けた時の襟元のVの角度、最初は大きくクロスですが、だんだん角度が落ちてきてしまいます。
襟元全体について、安定させるコツはあるのでしょうか?


着崩れの原因は、体型の補正がうまくいっていないのしょうか?補正は長いタオルをウェストに一周と、腰に四つおりのタオルを乗せています。

着物歴は3年程度です。着付け教室に3ヶ月ほど通い、その後は独力で着物を着ています。年に5-6回ほど着物を着る機会がありますが、いつもうまくできません。特に帯びと襟元について教えて下さい。

■帯
まだ20代なので高めの位置に巻いています。しかし時間が経つとずり落ちてきてしまいます。ずりおちた帯を上にひっぱって、帯留めをきつく結び直しますが、そうすることによって、襟元と衣紋が崩れるような感じがします。

■えりもと
衣紋がうまく抜けないので、長じゅばんを着るときには後ろにきつく引...続きを読む

Aベストアンサー

着物を着る時のコツとして、伊達締めや帯のように巾のあるものは上下均等に締めるより下側をきつめに締めると緩みにくくなります
補正の方法ですが、タオルをストッキングに入れ結べるようにした方が良いですよ、又はいつも使うタオルが同じなら両端に紐を縫いつけ結べるようにした方が良いです  タオルを巻いた後別の紐等で固定している間にずれてくるので紐が付いているとその心配が無いです
伊達締めの位置ですが、ミゾオチから指一本分上に伊達締めの上線が来るように結びます。胸の所はすぐ下が細くなっているので揺るみ易いです
衣文ですが、長襦袢の背中心にループをつけそこに腰紐を通して着ると綺麗に衣文が抜けます

Q着物と長襦袢の袖丈の違い、許容範囲はどれくらい?

最近着物に興味を持ちだしたものです。
わたしは背が低く、プレタ着物では大きすぎるため
中古の着物を求めることが多いのですが、自分サイズで誂える甲斐性はありません)
欲しいな~と思う着物と手持ちの長襦袢の袖丈が合わなくて困っています。
和装関係のサイトをのぞくと、
「長襦袢の袖は着物の袖の中でだぶつかないよう少々短めがよい」ともあるし、
「長襦袢の袖が着物より短いほどみっともないことはない。少々長めがよい」ともあるし、
ともかく「だいたい」同じぐらいなら良い、ぐらいのことは分かるのですが
その「だいたい」がどれぐらいまでを言うのかが分かりません。
たとえば、着物の袖丈が50cmだとすると、
長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
また、長襦袢の袖の方が長い場合、何cmぐらい差があれば
ぐし縫いで折り上げた方がいいんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
袖の問題は、丈と裄の2つがありますね。

>長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
ですが、NO,2のかたのいうとおり、個人の感覚だともいます。私は、大雑把は性格ですので、細かいことは気にしないです。
ただ、
襦袢の袖丈が短いため袂からはみ出す事。
裄が長すぎて袖口からはみ出す。
この2点は、やはり目立つので気になります。
ピンで留めるなり、対策をしてください。


袖丈が多少(5センチ位)長いのは折り曲げでもいいのではないでしょうか?
袖幅が短いのは、着物の袖口が汚れ安くなりますが、他人には、わかりにくいですよね。

2部式についてですが、装道とかニッセン着物カタログがいいですよ。
裄が、短いそうですが、どれくらいでしょうか?
装道は、ランジェリータイプ、2部式タイプ、長襦袢タイプそれぞれ、マジックテープで裄の長さが調整(62センチから67センチくらい?)できるタイプがあります。変え袖は、白、ピンク、水色、黄色などがそろってます。ニッセンも、今のカタログは持って無いのですが、いつも、2部式で裄丈調整可能なマジックテープ袖がありました。
それに、洗えるからファーマル以外は、洗える襦袢がいいですよ。

そして、袖丈は、今は、だいたい49センチが基本になってますので、今後のため中古でも袖丈は49センチを選んだほうが面倒が無くていいと思います。(または、49センチと、普段着用に45センチの2通り)

全く個人的な意見ですが、私なら、購入時に、袖丈は49cm位に統一、裄丈は2.3センチなら許容範囲でマジック式の袖で誤魔化す。が一番簡単かと思います。

そして、着付けですが、せっかく襦袢と着物の丈をピッタリに誂えていても、着付けで台無しの人が結構います。襦袢が着物のなかに食い込んでいるというのかな?着付けた後は、袖の付け根、着物、襦袢それぞれ4点をそろえておかないと、当然、袖の下の所でも揃いません。

参考URL:http://www.nissen.co.jp/c_item/2004fal/sho_index/f_ld_12.htm

こんにちは。
袖の問題は、丈と裄の2つがありますね。

>長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
ですが、NO,2のかたのいうとおり、個人の感覚だともいます。私は、大雑把は性格ですので、細かいことは気にしないです。
ただ、
襦袢の袖丈が短いため袂からはみ出す事。
裄が長すぎて袖口からはみ出す。
この2点は、やはり目立つので気になります。
ピンで留めるなり、対策をしてください。


袖丈が多少(5センチ位)長いのは折り曲げでもいいのではないでしょうか?
袖幅が短いの...続きを読む

Q着物の身丈について

着物初心者です。

着物が欲しくて、いろいろオークションとかを覗いているのですが、「身丈147」とか短いですよね。

私は身長153センチなのですが、身丈はどれくらいのサイズを選べばよいのでしょうか?

全くの初心者なので、見当違いの質問をしていたらすみません。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

うーん、、ちょっと短いかと思われます。

「身丈」は着ていない状態で広げた着物の肩の高さ(=肩山)から裾までの長さです。
一方、「着丈」は着物を着た状態での肩山から裾までの長さを言います。

目安のサイズですが、一般的に身丈=身長です。
この場合で、帯の下におはしょりが5.7cm(1寸5分)くらい出ます。

振袖・訪問着・留袖などの晴れ着の時は見栄えの点からおはしょりがもう少し欲しいので、身丈の長さは身長+2.7cm(2寸5分)とし、これでおはしょりが7cmになります。
※おはしょり部分は布地が二重になるので2.7cm÷2=1.3cmプラスされ、5.7cm+1.3cm=7cm。

ご検討の着物はmika-827さんの身長よりも6cm短い。
するとおはしょりが目安の寸法より3cm短くなり、実寸が2.7cm位。・・・うーん、これは短いですね。

対応策としては、腰紐を締める位置を下げる、帯を締める位置を高くする、といった作業でおはしょりを長く出すことができます。これで2cmくらいおはしょりを長めに出すことが出来そうです。これでおはしょりが4.7cm。

mika-827さんは割合小柄なので、目安のおはしょりの長さ(5.7cm)よりも1cm位短いおはしょりも可能かと思いますが・・・。
細かいことにこだわらなければ、なんとかなるかもしれません。でもギリギリのラインじゃないかと思います。

なお、身丈同様、裄もご検討要素に加えていただければ、ご判断なさりやすいのではないでしょうか。
※裄=ゆき。手を45°の角度にのばして首の後ろのぐりぐりから手のくるぶしまでを計った寸法

昔の人は腕が短めの方が多いので、裄が短いこともあります。裄が短いと襦袢の袖が着物の袖の内側から出てしまったり、袖から延びる自分の腕の露出具合が多くなり気になることがあります。

でも、理想を言い出すと着物を着る機会が減りますよね。理想の着こなしは晴れ着の時などにとっておいて、普段の楽しみとして大らかに着物を楽しむのもいいことだと、個人的には思っていま~す☆

下記、「京都工芸染匠協同組合」の「キモノ総合辞典」のURLです。「キモノの寸法」や「きもの用語辞典」など参考になるかと思います。

参考URL:http://www.sensho.or.jp/dictionary_menu.html

うーん、、ちょっと短いかと思われます。

「身丈」は着ていない状態で広げた着物の肩の高さ(=肩山)から裾までの長さです。
一方、「着丈」は着物を着た状態での肩山から裾までの長さを言います。

目安のサイズですが、一般的に身丈=身長です。
この場合で、帯の下におはしょりが5.7cm(1寸5分)くらい出ます。

振袖・訪問着・留袖などの晴れ着の時は見栄えの点からおはしょりがもう少し欲しいので、身丈の長さは身長+2.7cm(2寸5分)とし、これでおはしょりが7cmになります。
※おはしょり部分は布地...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報