新規無料会員登録で1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

 いろいろプロスポーツがありますが、一番過酷なスポーツは何でしょうか?。
 「過酷」と言ってもいろんなタイプがあるかと思いますが・・・。
 私の中で候補に挙がったのはサッカーか相撲です。
 サッカーは走りっぱなしで体力的に大変という点と、国際的な選手になるほど海外リーグでプレーしてからナショナルチームに合流というケースも多くなり、移籍もしょっちゅうあるスポーツで拠点も変わる事が多いという点です。
 そして、次の相撲は毎日交通事故を起こしているような衝撃が必然としてあるスポーツという点がまずあり、競技時間が少ないものの一年を通しての場所が多く年間において一定期間休める時期が無いという点です。全国いろんな場所に行きますし、それ以外でもトーナメントイベントや地方巡業などもあるからです。
 皆さんはどう思いますか?。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

個人的見解ですが、ボクシングだと思います。


試合に出るための減量、トレーニング自体は他のスポーツとも変わらないと思いますが、試合になると血まみれあざだらけになります。それでも大丈夫な強靭な肉体、精神力。防具はつけているものの試合として殴り合いをしているわけで、かなりつらいと思います。
    • good
    • 7

プロではないですが、いちばんきついのは水球です

    • good
    • 1

えっと、、私の考えとして。



持久力的な過酷さではマラソン。
同じ持久力でも筋持久力と言いますかダッシュの繰り返し的なツラサではバスケットボールかフットサル。

と、以前までこう考えていたんです。

でもですね、ちょっと前にボクシングのジムに行ってから考え変わっちゃいました・・・。。

瞬発力もスタミナも重要であって少なくとも三分間は休む暇は無い(休んだらその瞬間にKOされるし・・・)。
マラソンのように似たようなリズムで動き続けるのではなく絶えずリズムを変えながら動き続けて、殴り続けるというのを三分x12Rというのは異常な世界だと思いました。。

しかも、試合前には殴りあいをするという恐怖心や体重調整という試練もあり精神的にも凄まじい過酷さだと思います。

よって、私の意見の結論としては『プロボクシングのタイトル防衛戦をするチャンピオン』に一票でお願いしまっす!
    • good
    • 2

そうですね。

皆さんの書かれたスポーツはいずれも過酷だと思います。私も間近でいろいろな競技の選手の練習風景や試合風景を見てきましたが、プロ・アマ問わずどのスポーツも練習、試合共に厳しいものだと感じます。そんな中から敢えて「最も過酷なプロスポーツ」を選ぶとしたら、個人的にはプロボクシングを始めとした打撃系の格闘技競技ではなかろうかと思います。

多くの競技は個人競技も団体競技も、基本的には自己の記録、自己の限界の先を追いかけるものです。そんな中で格闘技は他の競技と違って相手を自分の力と技でねじ伏せるもので、柔道も相撲も空手もレスリングもムエタイも基本的なロジックは同じです。ボクシングも同様ですが「相手を掴む」「相手を押さえ込む」と言った動作ができない分、ボクシングはただひたすらに相手を殴る、という単純な作業で相手にダメージを与えて倒す競技なのですが、「相手をひたすら殴るだけ」という動作は正に「相手を殴り殺す」動作と紙一重だと思うのです。

実際に、あまりに殴られ続けたために網膜はく離や裂傷を起こす選手も多いですし、パンチドランカーなどという廃人寸前の後遺症に悩まされる引退ボクサーもいると聞きます。また殴られた衝撃で脳内出血を起こして、試合中にリングの中で亡くなったボクサーもいました。

昔、国際線の機内でタイ出身のチャンピオンと乗り合わせた事があり、彼との記念写真を撮らせてもらった際に「相手が血を流そうが傷つこうが、ひたすらに相手を殴り続けなければならないボクシングは、精神的にタフでなければできない」と聞いた事があります。「試合の時には、相手を殴り殺すつもりで挑む」とも。

そんな理由から、私の個人的には狂気に近いところまで精神を追い詰め、またリアルには廃人の手前まで身体を酷使しなければならない打撃系の格闘技(特にプロボクシング)が「過酷」なのではなかろうかと思います。

余談ですが、中年を過ぎて肥満三冠王(100kg、100cm、30%)を達成してしまった私自身にとっては、毎日行なっている約6kmのクロスカントリーが地獄の試練です。
    • good
    • 1

それぞれのプロスポーツでそれぞれの過酷さがあると思いますが、トータルで見た場合は、ツール・ド・フランス、ジロ・デ・イタリアなどに代表されるロードレースの選手たちでしょう(ちなみにツール・ド・フランスはワールドカップ、夏季五輪と並ぶ世界3大スポーツイベントです)。



まず開催期間がおよそ3週間と長く、ほとんど毎日150~200kmを4~5時間で走ります。

そのうえ平地よりもアルプスなどの大山脈を走る箇所のほうが多く、常人なら500mも走れないほどの急坂を20~30km登り続けることを何度も繰り返し、ラストでは時速70kmオーバーというプロの競輪選手と同等の猛スピードでゴールに飛び込みます。
ですので、人間離れした持久力と瞬発力の両方がないと、とても務まりません。

おまけに下り(時速100kmを超えることも)や加速している状態で接触・落車すれば骨折は珍しくありませんし、コーナーを曲がりきれず、崖から飛び出して死亡したケースもあります。

またシーズンは3~10月までの半年と長く、ヨーロッパ以外にも中東やアジア、オーストラリアなど、それこそ世界中を転戦するため、体調管理も一苦労です(プレシーズン的な大会は1月から始まっています)。

加えて公式に認められたプロチームは全部で20チームしかなく、1チーム20~30名で構成されますが、世界中から選手を集めますので、そのメンバーに入るだけでも大変です。

しかも、そこで実力者と認められないとツール・ド・フランスなどの最高峰レースには参加できません。成績が悪ければすぐにクビです。

ゆえに選手はほとんどが、シーズン中は体脂肪が3~6%とボクサーも真っ青の、極限状態まで絞りこんだ体つき(医学的には完全にレッドゾーン)であり、1日の摂取カロリーが7000カロリーになることも珍しくないほどの練習をします。

トライアスロンのアイアンマンもこなしている私ですが、正直これだけは勘弁して欲しい、と思ってしまうプロスポーツです。
    • good
    • 9

上辺だけで物を言ってはいけないと思います



ゲームや試合だけって事ですか?

日ごろの練習、トレーニングなど総合的にみてって事ですよね?
トップ選手になるほど努力は多いはず

どのスポーツも影では血の滲むような練習を
しているんです
亀田三兄弟のグアム合宿の様子は見ましたか?
高橋尚子他選手の合宿風景は見ましたか?
プロ野球選手の自主トレ きつそうですよ
    • good
    • 1

サッカーはまだいいかと・・・


体力的に大変と言っても走りっぱなしではなく
試合中に適度に休みながらですから
そこまで極端に走りっぱなしではないですよ。

相撲も以前に比べればだいぶマシになったと言えます。
そもそも地方巡業の数が減っています。
相撲人気が下降すると同時に巡業の受け入れ先が少なくなったんです。
それに巡業だろうがなんだろうが稽古はほぼ毎日やりますから
それが過酷かと言われるとどうとも言えない部分がありますが。

私はメジャーリーグが一番過酷だと思いますよ。
年間162試合。1000km単位の異動は日常茶飯事
中止になればすぐにダブルヘッダー
マイナーリーグには若い選手が次を窺って大挙してプレーしている。
一切手抜きができないリーグですよ。
    • good
    • 1

どのスポーツも天辺でやっている人は上を上を目指して最大限過酷な練習・試合を自分に課していると思うのでどのスポーツもある意味過酷だと思います。

逆にどのスポーツも手を抜いてやればまったく過酷じゃなくなります。

以上のことから「一般人がやったら一番過酷」という観点からだとマラソンだと思います。
二時間以上(男子プロでこの時間)止まることなく走り続けるので体力的にはサッカーよりも大変だと思います。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトレーニングが一番ハードな競技はなんですか?

普段の練習が一番きついスポーツってなんでしょうか?

Aベストアンサー

プロスポーツで体を追い込むトレーニングは一番を決め難いほどどれもハードだと思いますが
スピードスケートの清水宏保選手の動画が強く印象に残っていたのでご紹介します

https://www.youtube.com/watch?v=Vs4dLFXVzTQ

Q最もハードなスポーツってなんですか???

スポーツの中で一番キツいものは何なのでしょうか??

個人的に水球、ボクシング、テニス辺りが有力だと思われますが・・・

Aベストアンサー

経験はありませんがトライアスロンが考えられます。

過去の経験から、アルパインクライミング(冬の氷壁を登る)のは極限のスポーツでした。

Qプロ棋士は頭がいいので高学歴なのですか?

大学将棋では、偏差値レベルと将棋の強さレベルが大体あっています。将棋といえばその先まで読み取る力、あらゆる定石の暗記など、頭がよくないとできないこともいっぱいあります。

そこで質問ですが、将棋と学歴(頭の良さ)はほぼ関係があるといっていいのでしょうか?もちろん高校から棋士を目指せば高卒ですが、強い人はやはり頭がいいんでしょうか?

Aベストアンサー

プロ棋士は将棋の勉強が忙しくて、それ以外の勉強している暇が無い人が多いので、将棋以外の知識=一般教養=高学歴とは縁が遠いです。
フィギュアの浅田真央ちゃんのようになりたかったら高校や大学出てからじゃ遅いですよね。プロになる人は小学生の頃から将棋が強いので、小学生や遅くとも中学のうちにプロの2軍(奨励会)に入り、そこを卒業するとプロ棋士ですので、一般人の考える就職の為の学歴は不要になります。
というか、芸能人と同じで撮影が忙しくても高校くらいは出ますが、さすがに大学受験は、大卒を売りにしたい女優や学問好きな人以外は、行かないです。
将棋の勉強の気晴らしに、囲碁やゲームや競馬や株やるように、受験勉強や大学の授業受ける人も少しはいますが。
頭いいだけじゃプロになれないですよ。将棋の先人たちの結果を引き継がないと、つまり棋譜を並べて研究の貯金してないと勝てません。高橋尚子さんももし、トレーニングなしでマラソンすれば結果はひどいことになったでしょう。それと同じです。
同じトレーニングをして、アマチュアの想像を超えるトレーニングですが、その量が同じ場合に初めて才能が問題になります。まずはトレーニングを続けられるかですよ。将棋に限りませんけどね。イチローの様な天才でも子供の頃から毎日すごい量のトレーニングしてましたよね。
ちょっと頑張るとすぐ誉めてもらえる、落ちこぼれを主眼に置いた学校社会は学校の中だけのことですよ。高校3年間一度も授業中に教室徘徊しないし、私語もしなかっし、宿題も全部やったのに何で受験落ちるんだなんていってもしょうがないのと同じですよ。

プロ棋士は将棋の勉強が忙しくて、それ以外の勉強している暇が無い人が多いので、将棋以外の知識=一般教養=高学歴とは縁が遠いです。
フィギュアの浅田真央ちゃんのようになりたかったら高校や大学出てからじゃ遅いですよね。プロになる人は小学生の頃から将棋が強いので、小学生や遅くとも中学のうちにプロの2軍(奨励会)に入り、そこを卒業するとプロ棋士ですので、一般人の考える就職の為の学歴は不要になります。
というか、芸能人と同じで撮影が忙しくても高校くらいは出ますが、さすがに大学受験は、大...続きを読む

Q土日眠りっぱなし、これは病気なんでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。
 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。この症状は、ここ数ヶ月続いており、夜に“見舞い”に来る友達は“1人暮らしゆえの甘え”だと言い呆れています。
 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 ...続きを読む

Aベストアンサー

私は病気でした。
同じように月曜から金曜までは仕事に行くのですが
土日は寝たきりでした。
結局、うつ病による過眠とわかりました。
当時は精神的落ち込みなど感じませんでしたが。
一度、受診なさることをお勧めします。お大事に。

Q一番お金のかかるスポーツとかからないスポーツは何?

どうでもいい質問で恐縮です。

日本でオリンピック選手になるために、
一番お金のかかるスポーツと、一番お金のかからないスポーツは何でしょう?

・用具(スポーツウェア、道具、器具など)
・育成費用(養成スクール代、練習場所代など)

用具は市販品価格で、育成費用も一般人利用可能な環境とします。
奨学金やスポンサーなどは考慮しません。

用具に関しては、水着だけで済む水泳などが安そうです。
ただし、今話題のレーザーレーサーは6万円?とかするそうなので、
だったら数万円の高級柔道着の方が安いかと…。

ただ、スイミングスクールに幼少期から通うとなると、
水泳の育成費用は相当かかりそうです。

柔道なら、中・高・大の部活動で鍛えれば、
費用はそれほどかからなそうです。

一番安いのは柔道でしょうかね??

一番高いのは、乗馬かな?
生きている馬の世話をするのが相当かかりそうです。

Aベストアンサー

どこまでの費用を含めるかでだいぶ違うかと思います。
施設、用具、器具、育成費、試合毎の遠征費・・・・・

施設だったら
大規模な競技場を必要とする競技
スタジアム、プール(水周りなど)、スケートリンク・・・
は整備に金が掛かります。スケートリンク、プールは維持費(光熱費など)が莫大に掛かる。スタジアムは建設費
スタジアムで行う競技でもグランドで普段出来る競技なら少し変わってくるかと。
スケート関係はリンクが無いと練習すら出来ない。
冬季競技もジャンプ台、スキー場など

用具なら
体操競技の器具はフルセットで1億以上とか
バスケット台が1セット1千万以上(ベンツより高い・・・)

個人で用意する用具
防具が高いとか、個人持ちの道具(道具?にしたら失礼だけど、書かれている馬、ヨット、ライフル・・・)
スケルトンとか需要が少ないから高そう。値段は分かりません。

遠征費も競技によっては地域が限定される種目なら
冬季種目や、ヨット、特殊種目(スケルトン、バイアスロン・・・)
馬術競技もちょっと違いますが、練習するだけでも、都会在住なら近所じゃ無理でしょうね。

先に上げたバイアスロンなんかクロスカントリースキーとライフル競技だから
一般人なら練習出来る人はほとんど居ない。
(日本なら自衛隊員ぐらい?)一般から出場している人は居るのかな?
ライフルの弾代も高そうだし・・・

見方は違いますが
途上国でもトップレベルに迫れる競技なら経済的にも負担が少ないとは考えられないでしょうか。
(マラソンなど)
間違っているかもしれませんが、思い浮かんだことです。

どこまでの費用を含めるかでだいぶ違うかと思います。
施設、用具、器具、育成費、試合毎の遠征費・・・・・

施設だったら
大規模な競技場を必要とする競技
スタジアム、プール(水周りなど)、スケートリンク・・・
は整備に金が掛かります。スケートリンク、プールは維持費(光熱費など)が莫大に掛かる。スタジアムは建設費
スタジアムで行う競技でもグランドで普段出来る競技なら少し変わってくるかと。
スケート関係はリンクが無いと練習すら出来ない。
冬季競技もジャンプ台、スキー場など

用...続きを読む

Q平均引退年齢の低いスポーツは?

スポーツ選手ってよく年収何千万とか何億とかもらっているけど60まで現役を続けているという話は聞いたことがないし(聞いたことがないだけでどこかにいるのかもしれませんが)早々と引退して収入がなくなる恐れもあるんですよね。(もちろん何の問題もなくコーチなどでそのままそのスポーツ界を引っ張っていける人もいますが)
で。ここで質問。そのスポーツ界の中でも最も平均引退年齢の低い職業何ですか?

Aベストアンサー

おもなスポーツ選手の平均引退年齢です。

水泳     21.5歳
ラグビー   29.0歳
プロ野球選手 29.3歳
大相撲    31.8歳
競馬騎手   38.0歳
プロレス   42.6歳

新体操も引退は早そうですね。

60歳以上でもプロのゴルファーはいます。
青木功プロ 61歳

Qロードバイクって軽く30km/h出るって本当?

よくロードバイクなら誰でも30km/hで漕ぎ続けられる(1時間程度)と書かれているホームページをみかけますが、本当なのでしょうか?
もちろん「誰でも」が本当の誰でもではないことはわかりますが、たとえば、自転車通学している高校生あたりに乗らせたら30km/h以上で走ることはできるのでしょうか?

私はクロスバイク(10万円程度)に乗って片道10kmを毎日通勤していますが、信号のストップアンドゴーを抜きにしても、平均時速25km~28km程度しか出ていないと思います。
通勤は10kmなので、自転車に乗っている時間は20分強です。
私の実力から言うと平均30km/hで1時間走り続けることは不可能です。
※自転車通勤暦は1年で、毎日タイムアタックばりの全力!!!疾走で漕いでいます。
もちろん走るのは車道。

たまに同じくクロスバイクの友人と一緒に帰ることもあるのですが、その友人も私と同程度のスピードしか出せませんので、一般人に比べ、私が極端に漕ぐのが遅いということでもなさそうです。

私と友人以外の世の中の人は化け物ぞろいなのでしょうか?
それともクロスバイクとロードバイクはそれほどまでにスピードの差が違うのでしょうか?
例えばロードバイクで30km/hは軽いよ!って言っている人がマウンテンバイクにでも乗ったら何km/hくらいで走るのでしょうか?

つまらない質問ですが、よかったら教えてください。

よくロードバイクなら誰でも30km/hで漕ぎ続けられる(1時間程度)と書かれているホームページをみかけますが、本当なのでしょうか?
もちろん「誰でも」が本当の誰でもではないことはわかりますが、たとえば、自転車通学している高校生あたりに乗らせたら30km/h以上で走ることはできるのでしょうか?

私はクロスバイク(10万円程度)に乗って片道10kmを毎日通勤していますが、信号のストップアンドゴーを抜きにしても、平均時速25km~28km程度しか出ていないと思います。
通勤は10kmなので、自転車に乗ってい...続きを読む

Aベストアンサー

jyuzo様
皆様が回答しているように、ロードで30Kは容易に出せます。ただし、街乗りでのスピードは多くの車や人に迷惑をかけることになります。
jyuzo様のクロスで25Kなら立派です。マウンテンだとクロス-5K程度でしょう。
小職はこれらを一通り通過して、今はつれ合いと小径で輪行・ポタリングの日々です。楽しいですよ!
バイクの次にサイクリストの事故は悲惨です。
(過去に事故に巻き込まれました)
スピードの話題から誰か好い人と何を見に行くのかの興味に比重が変わりますように‥。

Q四十九日って喪服ですか?

こんばんわ。
義母が亡くなり、週末にお寺でささやかに四十九日の法要をします。
本当にささやかで、出席は私と夫(喪主)、親戚同様の老人の計3人です。

四十九日法要って、喪服を着るべきですか?
地味な色の普段着の方が、かえって自然でしょうか?
お寺に聞くのもヘンかなぁ?と思って、夫婦2人で悩んでいます。

尚、法要当日は、その後石屋さんと霊園管理事務所、近隣の方に顔を出して、日帰りします。

Aベストアンサー

四十九日は略式喪服が一般的なようです。
家も先日、祖父の四十九日の法要をいたしました。
身内だけのささやかな物でしたが
洋装の喪服、学生は地味な色彩の服で行いました。

よろしければこの辺もご参考になさってください。
冠婚葬祭マナー百科「法要/仏式の法事」
http://5go.biz/kankon/r12.htm

参考URL:http://5go.biz/kankon/r12.htm

Qしわくちゃの紙のしわを完全に取る方法

バッグの底に透明ファイルに入った紙がうもれてしわくちゃになってしまいました。大切な切り抜きが入っていて無惨な状態です。いい方法を教えてください

Aベストアンサー

 もしも紙幣くらい丈夫な紙であるなら、一旦水で濡らしてからアイロンをかければかなりピンとなります。
 ただ、もし紙に書いてあるインクが水性だと目も当てられない事になるので、水に溶けない事を確認してからでないといけません。紙質も水に弱い様なら、霧吹き程度にするべきです。

 アイロンで上手くいかない場合、(汚れない様に)キレイな紙ではさんで辞書の様に厚い本の間に挟み、重しをして一晩以上時間をかければ(押し花の要領で…)、少しは伸びると思いますよ。
 どちらにしても、出来れば少しは濡らした方が効果はあると思います。ただし、紙が弱っている場合は破れ易くなってしまうので気を付けてください。

QATMの暗証番号は、3回めも違うとどうなりますか?

銀行の暗証番号がわからなくなりました。何回まで試せるのでしょうか?

Aベストアンサー

某地方銀行にて3回連続で間違えたことがあります。
そのときは、3回目のミスしてカードが出てきたときに、
このカードは使用できません・・・
銀行に問合せて・・・
というようなメッセージがでました。

銀行に連絡し、銀行に行って、銀行窓口にて・・・
身分証明書の提示
キャッシュカードの提示
書類(?)に、住所・氏名・支店番号・口座番号、カード暗証番号(その場で新しく自分で決める)・・・などなどを直筆で記入したら、すぐロック解除してくれました。

ということで、私の経験では、
カード没収や再発行はなかったです。
同じキャッシュカードをその後も使用でした。


人気Q&Aランキング