よく2WAY以上のスピーカのスペック表に

 ・クロスオーバー周波数 ○○Hz

と記載されていますがどういう意味でなんしょうか?

ワタシは勝手に、ツイータやウーファーなど各ユニットの再生可能周波数が
ダブる部分の周波数だと思っていたのですが、はっきり意味を知りたいので
ご教授お願いします。

また、クロスオーバー周波数と音質の変化について具体的事例をあげて
せつめいしてもらえると何よりです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>各ユニットの再生可能周波数がダブる部分の周波数だと思っていたのですが



miDumo さんの思っていた通り、マルチウェイ・スピーカーにおける各スピーカーユニットの受け持ち帯域の境目の周波数を示します。2ウェイなら1つ、3ウェイなら2つ、4ウェイなら3つのクロスオーバーポイントが存在します。

それぞれのスピーカーユニット間の音のつながりが自然に聞こえるように設定(周波数特性がフラットになるように)します。
設定が悪い場合は、クロスオーバーしている帯域の音量が大きかったり、小さかったりして、それぞれのスピーカーユニット間の音のつながりが不自然に感じます。(測定した場合も、周波数特性がフラットになっていません。)

また、中高域用のスピーカーユニットに再生能力を超えた低域の信号が入力された場合、破壊(ボイスコイルの焼失等)する可能性があります。破壊を避けるためにも、クロスオーバー周波数は非常に重要な値となります。


仕組み
  ↓
http://www.sala.or.jp/~skamiya/PAmanual/1.2.6.htm
http://www.mnet.ne.jp/~billie/sp/multi.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございましたー。
北大のPAマニュアルは以前も読んだのですが、下の資料は初めてみました。
イイ資料ありがとうございます。
ワタシはクロスオーバーなんか気にすることのないフルレンジユーザーですが
言葉が気になって仕方なかったんです(笑
どうもありがとう!

お礼日時:2002/01/06 05:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクロスオーバー。

クロスオーバーという技あるのでですか??
クロスオーバーはどのような技ですか??
知っている方がいたら教えて下さい!!

Aベストアンサー

こんにちは。

クロスオーバーはドリブルを左右に素早く切り返すことです。
足の下を通すレッグスルー、背中の後ろを回すビハインドザバックなどもクロスオーバーの一種です。

Qステレオヘッドフォン出力からL,Rスピーカとウーファー出力を作りたい

お世話になります。

左右スピーカとウーファーを自作し、それぞれを自作キットのアンプで駆動したいと考えています。
いわゆる3Dステレオというシステムです。
ソースはMP3プレーヤのヘッドホン端子です。

ところがここでひとつ分からない事が出てきたのでどなたかご教授ください。

いろいろな制約でオペアンプを使った回路は作れず、パッシブな回路で
ステレオ出力とウーファ用のモノラル出力を得たいのです。
そこで、下記のような回路を考えました。


-側はそれぞれGNDとして、+側の
ステレオヘッドフォン信号をアンプに入れる前にL,Rともそれぞれ
2又に分配します。(これをL1,L2、R1、R2とします。)
L1とR1はそのままLアンプとRアンプに入力します。
L2とR2にそれぞれ抵抗を直列に繋ぎ、その後で混合します。
これをモノラル信号としてウーファアンプに入力します。

1、この方法は正しいですか?

2、正しいとしたら、抵抗はどのような種類の何オームを使うのが適当ですか?

3、自分なりに調べた結果、L2とR2を混合したあとでもうひとつ抵抗を入れる(T型アッテネータ?)必要が
あるようなのですが、そうなのですか?また、それは何故ですか?

4、L1とR1にもそれぞれ抵抗を入れないとウーファとの音量に差が出ますか?また、その場合の抵抗値はL2とR2の合成抵抗の値と同じにすれば良いですか?

以上、たくさんの質問で恐縮ですが、分かる範囲で結構ですので
よろしくお願いいたします。

お世話になります。

左右スピーカとウーファーを自作し、それぞれを自作キットのアンプで駆動したいと考えています。
いわゆる3Dステレオというシステムです。
ソースはMP3プレーヤのヘッドホン端子です。

ところがここでひとつ分からない事が出てきたのでどなたかご教授ください。

いろいろな制約でオペアンプを使った回路は作れず、パッシブな回路で
ステレオ出力とウーファ用のモノラル出力を得たいのです。
そこで、下記のような回路を考えました。


-側はそれぞれGNDとして、+側...続きを読む

Aベストアンサー

二本の抵抗を通してRとLがミックスされます。
完全なモノーラルではないにしろかなり混ざりそうです、ここはやはりオペアンプで加算回路を作るほうが良いと思います。
それににローパスフィルターも必要でしょ。

Q2wayクロスオーバー

2wayクロスオーバーについて、

2wayクロスオーバーをツイーターとミッドに取り付けようとしているんですが、クロスオーバーのΩは4Ωです。これに対してツイーターとミッドは二つとも8Ωです。
この場合、合成インピーダンスは4Ωになって、使用可能なのですか?

Aベストアンサー

ネットワーク回路はこのセパレートスピーカー付属の物ではないのですか?
付属の物ではないのならば使わないでください。
ネットワーク回路は指定ユニット専用設計となっています。
ネットワーク回路に汎用性はありません。
他の物からの流用は百害あって一利なしです。

なおミッドレンジ(ウーハー)とツイーターがともに8オームであった場合
ネットワーク回路を介してその両者を繋げば合成インピーダンスは8オームのままです。
ネットワーク回路を通すことでウーハー、ツイーターにふさわしい音域に分割します。
ウーハー、ツイーターが重なり合う帯域がなくなるので抵抗値の合算は成立しません。

Qスーパーウーファー、サブウーファー、どちらがいいのでしょうか?

テレビの音が聞き取れないので、ワイヤレスのスピーカーシステムを接続しようと考えています。候補としてはパイオニアのXW-HT1を考えています。このシステムでは、サブウーファーも接続することができるということで、ウーファーについて調べています。そこで、スーパーウーファーとサブウーファーがあることを知りました。この違いは、何なのでしょうか。ワイヤレスのスピーカーシステムには、アンプ内蔵のウーファーを接続する必要があるようです。

つきましては、このスピーカーシステムに接続するのに適したウーファーは、どちらなのでしょうか。またどの程度のウーファーがお勧めなのでしょうか。あわせて教えて頂ければと思います。初歩的な質問で恐縮ですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ちょこっと調べてみたら、サブウーハーってのが正式名称で
「スーパーウーファー」というのはヤマハの商品名だとかって
紹介してるページがありました。

サブウーハー - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%96%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%83%BC

#2は全然違ってるみたいですね。
そういえば私も、スーパーウーファーというとヤマハの
イメージがあったのですが、こういうことだったのですね。

Qクロスオーバー

クロスオーバー
どう言うのがクロスオーバー
して行けば良いと思いますか?
貴方の考えを教えて下さい
お願いします

Aベストアンサー

アメリカのMarvel社では、X-MENやスパイダーマンといったヒーローもののコミックを多数出版しており、これらの作品はすべて同じ世界観の中でのお話という扱いになっています。
複数のヒーローたちが協力・対立しあう漫画やゲームも実際にいくつか制作されていますが、実写映画の分野ではまだそうした作品が無いので、それぞれ個別の作品の映画そのままのキャストで、豪華なクロスオーバーものの実写映画が観てみたいですね。

Qクロスオーバーの設定

AVアンプ-DSP-Z11、サブウーファーSoavo-900SWを使っています。
クロスオーバーの設定でDSP-Z11には(取扱説明書125ページ)では 『お使いのサブウーファーに音量およびクロスオーバー周波数の設定機能がある場合は、音量を半分または半分よりやや小さめ、クロスオーバー周波数を最大に設定してください。』と書いています。
Soavo-900SWの取扱説明書16ページでは『フロントスピーカーの最低再生周波数(再生可能な最も低い周波数) より、やや高めに調節します。』とかいています。
どちらに合わせる方がいいですか?

いろいろ自分で音楽を聴きながら調整するしかないとは思うのですが、みなさんの意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

Soavo-900SWの入力方法で異なります。

RCAピンジャック入力の場合は、クロスオーバーの設定をAVアンプが行います。
サブウーハー側のフィルターは必要ないので、Soavo-900SWのクロスオーバー周波数を最大に設定します。

スピーカーターミナル入力の場合は、Soavo-900SWでクロスオーバーを設定します。

Qクロスオーバー帯域

クロスオーバー周波数の意味は知っていますが、クロスオーバー帯域とはどういう定義なのでしょうか?

「クロスオーバー帯域の位相差を無くす(少なくする)必要がある」とよく言われますが、どこからどこまでを指すのか分かりません。
例えば2ウェイの場合、LFとHFの振幅が同程度であれば、なんとなくこの辺からこの辺までかな?!とは思いますが、LFのほうがHFより振幅が大きい場合はどこを指すのかよく分かりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

クロスオーバー帯域(crossover spectrum)ではなくクロスオーバー領域(crossover region)ではないでしょうか?
気になったので””でくくって少し厳密にGoogole検索してみました。
"クロスオーバー領域" 17,200 件
"crossover region" 74,700 件
"クロスオーバー帯域" 12,700 件
"crossover spectrum" 848 件
これを見ると、crossover region圧勝ですが、日本語においては何故か"帯域"という表現も多く使われています。

region(リージョン)はDVDのリージョンコードにも用語として使われていますが、元々前提として明確な境目が無い場合に使われます。
クロスオーバー帯域がクロスオーバー領域の誤用だとすれば、領域 をもっと日常的な言葉に置き換えてクロスオーバー周辺 あるいはクロスオーバー一帯と解釈すれば良いでしょう。

定義は、”明確な境目が無い曖昧な範囲”という事です。
カットオフ周波数は-3dBと定義されています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%AE%E6%96%AD%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%95%B0
理論上ではクロスオーバーはハイカットローカットそれぞれのカットオフ周波数が一致するように設計されますが、ワザとカットオフ周波数を一致させなかったりフィルター特性を-6,-12,-18dB/Octではなくしたりで音作りするスピーカーシステムも多く存在します。
これらはカットオフ周波数=クロスオーバー周波数 ではありません。
カットオフ後の低音用スピーカーと高音用スピーカーをそれぞれ測定して、周波数特性カーブが交わる辺りを実質上のクロスオーバー周波数とします。ここでも「辺り」という曖昧表現を使いましたが、能率の高い方にアッテネーター(減衰器)を入れてレベル調整する事になりますが、どの程度減衰させるかによって交差する周波数は変わります。クロスオーバー周波数付近でスピーカーユニットの特性が凸凹なら交差は1点だけでなく3点交差5点交差もあり得るでしょう。

また、位相差についてですが、ユニットの位置が違うのですから2次元の机上の計算では位相差が無くても3次元では位相差が発生します。
2KHzだと波長が17cm、8.5cmで半波長 つまり180度位相がずれます。測定用マイクから低音用のスピーカーと高音用のスピーカーの距離が8.5cm違う地点で測定すれば低音用と高音用で逆位相となりマイクの振動板上で打消しが発生してしまいます。このようにカタログ等に添付されるスピーカーの周波数特性というのは測定点での特性でしかないものです。人の耳は幸いな事に2つあり両耳が同時に同じ位相干渉を受けることは先ず有りませんし、固定されたマイクと違い、ほんの数センチの動きで状況が変わりますし、さらに僅かに遅れて到達する壁などからの反射音を利用して本能的に より良く聞こえるように脳内で修正を掛けていますのでカタログデータ通りの特性で聞く訳ではありません。多点測定という方法もありますが、人間の耳を信頼して調整される方が普通です。
理論的な事は大いに利用すれば良い。ただ、振り回されてはならない。また、測定については現状と食い違う問題が多々有り、一例としての参考にしかならない。それを踏まえて人(自分)が決める。スピーカーシステム、特にクロスオーバーとかレイアウトについては、そうだと思います。

クロスオーバー帯域(crossover spectrum)ではなくクロスオーバー領域(crossover region)ではないでしょうか?
気になったので””でくくって少し厳密にGoogole検索してみました。
"クロスオーバー領域" 17,200 件
"crossover region" 74,700 件
"クロスオーバー帯域" 12,700 件
"crossover spectrum" 848 件
これを見ると、crossover region圧勝ですが、日本語においては何故か"帯域"という表現も多く使われています。

region(リージョン)はDVDのリージョンコードにも用語として使われていますが、元々前提とし...続きを読む

Qサブウーファー 接続

オンキョーのCBX-Z20Xを使ってます やはり低音物足りません この機械出力がイヤホンのみ しかもイヤホンに接続すると本体は消音されます サブウーファーは接続不可能でしょうか

Aベストアンサー

こんにちは。
サブウーファーのほうですが
・スピーカー一体型
・出力はイヤホンのみ
となると、一般の方ではムリです。

ですが、もし「機械に自信がある+半田ごてが使える」というのであれば、
一度分解してみて、スピーカーの出力から引っ張ってきたらどうでしょうか?
私も一回やった事があります。(もちろん成功しました)
ただ、結構かっこいい物を使っているみたいなので、
自信が無ければ諦めたほうがいいと思います。

以上を私からの回答とさせていただきます。

Qカーオーディオのクロスオーバーに関して

カーオーディオのクロスオーバーに関して

クロスオーバーの調整で質問させてください。予定のシステムではこの機能がアンプにも、スピーカーにも、プロセッサーにも全て付いています。今の所、デッキからリモコンで調整できるプロセッサーのクロスオーバーでのみ調整し、アンプとスピーカーのプロセッサーはオフにしておけばよいと考えておりますが、性能を一番発揮できる方法としてこれで間違いないでしょうか? ちなみにデッキはカロッツェリアのDEX-P01?、プロセッサーはDEQ-P01?、スピーカーはJBLの560GTI,アンプはPhase Opus150.4です。回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

オーディオは性能ではなく好みです!(キッパリ!)
クロスオーバーも同じ設定(厳密にはスロープは全く違うけど)でもデジタルとアナログでは違って聞こえます。

性能では判断できない部分かと思いますので、実際に接続して決めても良いのではないでしょうか?

またソースやソースのジャンルによっても違いが感じられると思いますので確認が必要です。

デジタルですと色々なセットが作成切り替えできて面白いのですがアナログクロスオーバーの音も捨てがたいし、こればっかりはご自身の耳が決めることだと思います。

Qサブウーファーのおと

カーオーディオなのでどちらで質問しようか迷いましたか、こちらでさせて頂きます。

車用のサブウーファーを買いました(TS-WX11A)
理由は、普通のスピーカーで低音を効かせると、ズンズンではなく、ボムボムと質の悪い音がするから、スピーカーの限界なのかなと思って、サブウーファーを増設しました。

が、結局、音を上げていくと、サブウーファーからもボムボム音が出てきてしまいます。曲によってですが、バスドラの音ですか
(パイパスで4SPからは100Hz以上、サブウーファーに低音をまかせて、40Hz以下で)

HUはカロのDEH-P530一応、位相、正相切り替え、パイパス、ローパス、コンポジ経由のサブウーファーの周波数の絞りとか色々ついてるんですが、試行錯誤しても上手な設定が出来ずに居ます。

取り合えず、ボフボフ?ボムボム音をならないようにしたいのですが、周波数を上げると80Hzより40Hzの方が鳴らない気がします。
周波数の設定のコツとか同じ経験をされた方の改善方を教えていただけたら幸いです。

因みにバッ直で、サブウーファー側にも周波数の絞りダイヤルは付いています。
HU側でも別で絞れます。

確かHUは40.80.100.125Hz+ゲイン

サブウーファー側は無段階調整のダイアル付です。
実際に聞いてみないと分からないかもしれないですが、ヒントでも拾えたらなとおもい質問しました。よろしくお願いします。

カーオーディオなのでどちらで質問しようか迷いましたか、こちらでさせて頂きます。

車用のサブウーファーを買いました(TS-WX11A)
理由は、普通のスピーカーで低音を効かせると、ズンズンではなく、ボムボムと質の悪い音がするから、スピーカーの限界なのかなと思って、サブウーファーを増設しました。

が、結局、音を上げていくと、サブウーファーからもボムボム音が出てきてしまいます。曲によってですが、バスドラの音ですか
(パイパスで4SPからは100Hz以上、サブウーファーに低音をまかせて、...続きを読む

Aベストアンサー

40、80近辺は普通絞るものです。
でかいスピーカーで鳴らせば、窓がガタガタと共鳴し、ヘッドホンで爆音にすれば一発でヘッドホンはオシャカ。イヤホンに至っては鼓膜をも傷つける。
この近辺の音と言うのはそういうものです。
ウーファーならではのコモコモとした音は、高音側が弱っているものと思われます。

周波数にして、400~800あたりまでを削り取るという考え方で作りこんでみるといいでしょう。

車用と言うことなので、ボリュームにはご注意ください。低音は高い音を丸呑みしてしまいます。つまりは、窓を閉め切って、低音をグオグオしていると、クラクションさえ聞こえなくなる場合があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報