痔になりやすい生活習慣とは?

「方位3-2-0」とか、潜水艦で進路を指定したりしますが、進路としてどちら向きに進んでいるかよくわかりません。
xyz軸で方位を説明していると思うのですが、正しい方位の使い方がわかる書籍、もしくは説明を教えて頂けないでしょうか。
戦闘機のレーダー迎撃でも、方位で説明したりしますよね。
多少面倒だと思いますが、可能なら個々のケースで教えて頂きたいです。
引用したいのですが、間違って書くと恥をかきそうなので。
何卒よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

    • good
    • 0

#1さんのURLは面白いですね。

そこでの回答にあるように、コンパスの真北をゼロ度として360度に区切って方位を表わしています。

昔の潜水艦映画「深く静かに潜行せよ」ではUボートの艦長が「方位1-4-0」...海上の駆逐艦の艦長は「1-4-0に何があるんだ...」なんて言うシーンがありましたね。(余計でしたすいません。)

尚方位とは別に方向を時計で表わす事もしています。
    • good
    • 0

相対方位のことですよね。

右30度とか左20度とか。
下のサイトは、海上自衛隊で潜水艦の幹部をしていた方が書いたサイトですが、いくらかその辺のことが出ています。

参考URL:http://www002.upp.so-net.ne.jp/mms/
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q軍事関連の方位の数字の意味は?

どこに質問しようか迷ったのですが、軍事関連の質問が多いここにしました。

よく軍事関連の話や漫画にでてくる 3-2-0 の方向とかいう数字はどう読むのでしょうか? どの方向を指すのでしょうか?

Aベストアンサー

これは相対方位といい、自分からみて自分自身が、あるいは目標が磁北を基準に時計方向に何度の方位かということをあらわします。軍事限らす船や航空の針路などにも使います。
読み方は、英語なら「スリー、ツー、ゼロ」、日本語なら「さん、ふた、まる」等と読みます。したがって東は「0-9-0」南「1-8-0」西「2-7-0」北「3-6-0」です。

Q太平洋戦争時の日本海軍の戦闘機操縦で敵機の位置を連絡するときの言い方(

太平洋戦争時の日本海軍の戦闘機操縦で敵機の位置を連絡するときの言い方(連絡方法)を教えてください。
(1)0時が前方。6時が真後のようにも聞いておりますが、このように連絡したのでしょうか?

(2)その場合6時の言い方は? 「○六○○(マルロクマルマル)の方向」と言ったのでしょうか? 緊急時の言い方としては冗長なような気もしますが……。

(3)また当時は音声通信の品質が悪く雑音が多いためモールスを使うことが多かったと聞きますが、モールスで方角を連絡するときは? ウシロ? 0600? 6ジノホウガク? どのような電文だったのでしょうか?

じつは私の父は海軍の戦闘機乗りだったのですが、私が子供のころ聞い話の断片的な記憶をもとに書きものに纏めようとしたところ詳細の表現(記述)に困っております。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

最初の回答は特攻機の場合陸軍機はあらかじめ決められた水晶片で
発信はきめられていた
突入艦種によりスイッチいれるだけ
戦艦つーつーつーつー・・・・ときれた時が突入か自爆墜落いずれか

お宅の聞きたい事は偵察機の役目

戦闘機など会敵したら、逃げるか 攻撃しかない
基地等連絡等 しない帰ってから報告だ

零戦など役立たずアンテナ等切り倒した豪傑までいる

松山の343空では無線電話が良好で機種 紫電改

編隊空戦と見張り所レーダーなどで基地と無線交信して会敵していた

Q本日天気晴朗ナレドモ波高シ……は何故名文なのか?

東郷平八郎が丁字戦法を使ってバルチック艦隊を破った時、
秋山参謀という人が東京にこんな打電をしたそうです。

「敵艦見ユトノ警報ニ接シ 連合艦隊ハ直チニ出動 コレヲ撃滅セントス、
本日天気晴朗ナレドモ波高シ」

高木彬光先生の歴史小説の中で「名文中の名文」と謳われていましたが、
どうもしっくりきません。

だって、単なる指令と天候を伝える平叙文じゃないですか。
これだけシャープに必要なことをまとめた、ということが
賞賛されているのでしょうか?

教えてください。

Aベストアンサー

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連合艦隊は予定どおり、故障艦も脱落艦もなく、直ちに出撃し敵を撃滅することを前文で伝えています。後半の天気の文章も海軍の現場の人にはいろいろな情報を伝えています。即ち、本日は天気に恵まれ海上の見通しは非常に良い。砲撃戦に理想の天気である。しかし、海上には高波が見られるので、魚雷艇などを使った細かな作戦を実行するには難がある。本日の戦いは砲撃で決着がつくだろう。

ようやく近代国家の仲間入りをしたばかりの日本の存亡を賭けた戦いを前にして、七、五調の短い電文でこれだけの情報を送れるのは名文でなければ出来ません。しかし、これが決意表明ではなく作戦の変更や指示を仰ぐ電文であれば、決して名文とはいえないでしょう。読む人によって理解が異なるような文章は戦時に使用すべきではないでしょう。やはり戦争に勝ったということと決意表明の電文だったからこそ後世まで語り継がれたのでしょう。

この電文はロシアの大艦隊を迎え撃つ前に打電されたものです。大国ロシアを相手に小国日本が寄せ集めの軍艦で海戦を挑む直前の決意を示したものです。

名文として後に有名になったのは
1.先ず海戦に勝ったこと。(負けたら名文も残らない)しかも世界が驚く一方的といってもいいくらいの勝利をおさめた。
2.これから出撃します。と短く報告すると同時に海の実戦経験者だけに分かる短い言葉で、これから起こる戦闘がどのようなものになるかをうまく伝えているからです。

つまり、兼ねて準備していた連...続きを読む

Q海軍の口調が知りたい

太平洋戦争頃の、日本海軍がどんな口調で話していたか知りたいです。
階級によって違うと思いますが、参考になるような
映画、本(フィクション、ノンフィクション問わず)を
教えては頂けないでしょうか。
また、映画の場合は現代の言葉にアレンジされて
いることはありますか?それとも当時の再現が
多いのでしょうか。
軍艦の乗組員や、戦闘機のパイロットの会話が
多く知れるものがあれ場と思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 海軍関係者の思い出話集を何冊か持っていますが、光人社の本が一番気楽に読めます。貴様と俺とは同期の桜、潮気とユーモアの海軍物語、海軍機雷兵よもやま話、軍楽兵よもやま話・・・ 。

 陸軍は堅苦しいドイツ、海軍は柔らかなイギリスを手本にしたんじゃなかったかな。そのせいで、海軍にはイギリス流ジェントルマンを気取る部分があったようです。

 さらに、軍艦には総司令官から二等水兵までいる(陸軍総司令官は戦場の遙か後方)ので、いざ戦闘となるとそんなに力んだ特殊な方法で話してはいられないし、昇進も乗艦時間に応じてほぼ一斉に行われ、沈没するときはみんな一蓮托生なので、階級ほどの格差を感じていなかったようです。

 さらに、陸軍でやることは、走ったり跳んだりという誰でもすることですが、海軍の仕事には訓練が必要です。海軍大学を出ても、泳げなければ話にならないですし、訓練でやるカッター漕ぎでも号令でもへたくそはへたくそ。頭を下げて水兵に教えを乞わないといけないという事情もあったりで、基本的に平等意識が強かったようです。

 「すまんが俺の号令に合わせて漕ぐと(レースに)負けるので、号令は無視していつもの通り漕いでくれ」というようなことを、部下に頼む将校もいたりしたと書いてありました、どの本か忘れましたが。

 で、海軍では陸軍のようなに将校に殿は付けない(○○少尉殿とは言わず、単に○○少尉)し、号令などの場合など特殊な場合を除いて、しゃちほこばった話し方はしなかったようです。

 例えば、「○○少尉殿でありますか!。自分は××連隊・・・ 小隊所属上等兵△△であります!」というようなことは言わない。「戦艦大和の○○少尉ですか。私は出雲の一等兵△△です」的なのでOK。もちろん正式な対面の場合は多少丁寧だったようですが。

 阿川さんの本だったかな、敬礼の仕方も、肘を挙げず、手のひらを下にして敬礼するのが海軍流だそうです。ロープ操作や甲板作業に手袋をしていて、汚い手袋を上官に見せられないせいだとか、狭い通路で敬礼できるようにとのこと。

 帽子に庇がないのは、狭い扉を迅速に抜けないといけないから、とか。

 とにかく、軍艦生活に合わせて諸事簡略化してあるので、会話も(多少丁寧な部分もありますが)現代も通じる上位者への敬意を込めた言い方、と思って大過ないようです。

 同期の場合は、敬語なしの俺おまえの間柄です。「貴様はぁ」なんて陸軍的なことは言わないようです。
 

 海軍関係者の思い出話集を何冊か持っていますが、光人社の本が一番気楽に読めます。貴様と俺とは同期の桜、潮気とユーモアの海軍物語、海軍機雷兵よもやま話、軍楽兵よもやま話・・・ 。

 陸軍は堅苦しいドイツ、海軍は柔らかなイギリスを手本にしたんじゃなかったかな。そのせいで、海軍にはイギリス流ジェントルマンを気取る部分があったようです。

 さらに、軍艦には総司令官から二等水兵までいる(陸軍総司令官は戦場の遙か後方)ので、いざ戦闘となるとそんなに力んだ特殊な方法で話してはいられないし...続きを読む

Q自衛隊の通信、「○○○、オクレ。」とはどういう意味ですか?

日本の自衛隊を描いた映画やアニメーションでよく
見られる描写ですが、自衛官が無線で通信内容を伝えた
あと、最後に「オクレ」と言います。

あれはどういう意味なのですか?

なんとなく、「区切り」として使用している
ように感じるのですが、それならば「オクレ」よりも
「オクル」の方がしっくりくるのですが・・・。

軍関係に詳しい方、教えてくださいませ。

Aベストアンサー

「おくれ(送れ)」という言葉を使うときは修正や訂正、可能か不可能かを返答してほしい時に使われる用です。「(返信)送れ」ということですね。交信を終えるときは「以上」といいます。ちなみに英語圏の軍隊では交信途中であれ終了時であれ交信の最後には「オーヴァ」で終えるようです。

Q潜水艦の司令塔と発令所とは、どういうものですか?

表題のとおりです。司令塔と発令所の違いを教えてください。


よろしく御願いします。

Aベストアンサー

 まず、発令所、というのは潜水艦の中にあって、艦長らが指揮を執るところです。潜望鏡とか、操舵関係・センサ関係の機器・人員が集中しています。
http://www.taka.nu/allex/etc/200704tetsunokujira.html
http://csx.jp/~fleet7/Museum/Muse303.html
こんな感じ。

 司令塔、というのは、潜水艦の上に出っぱってる部分がありますね、あれを指していました。
 というのも、昔の潜水艦はその名と裏原に、浮上して航行した方がスピードも出るし、見はらしも効くしで好都合だったんです。このため、自然浮上航行の機会が多くなり、その場合、この塔の上から内部に命令を発する場合がありました。
 現在では潜水艦は潜っていた方が好都合になってきたので、ここに先賢御回答通り、人を配して指揮を執ることはありません。
 ただし、古い慣習を蹈襲し、例え指揮を執らずともあの部分を「司令塔」とよぶことはしばしばあります。

 位置関係的には、司令塔の真下が概ね発令所になります。


人気Q&Aランキング