こんにちは。
炭鉱やそこで働く坑夫、あるいは鉱山町の遊女などを題材に扱った小説を探しています。
坂東眞砂子さんの『山妣』に、坑夫と遊女の話が出てくるのですが、これを読んで他にも鉱山を舞台にした小説を他にも読みたいと思い、今夏目漱石の『坑夫』を読んでいる途中です。また、青空文庫で葉山嘉樹の「セメント樽の中の手紙」を読みました。

これら以外に、それらをテーマにした小説で何かお奨めのものがありましたら、教えて下さいませんか。
きっとたくさんあると思いますが、できれば日本を舞台にしたもので、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 筑豊炭鉱を舞台にした五木寛之の『青春の門・筑豊編』。

高校生の頃、夢中で読んだ記憶があります。

 戦中・戦後の長崎県崎戸炭鉱を舞台に、徴用朝鮮人坑夫への差別、天皇制などを描いた井上光春の『虚構のクレーン』。井上の作品にはその他にも炭鉱や朝鮮人娼婦などを描いた作品があったように思います。
 この作家の作品は今では書店で手に入れることは難しいのではないでしょうか。図書館などで「全集」を読まれると新しい発見があるかもしれません。

 
 蛇足ですけれども、『ゆきゆきて、神軍』などで有名な原一男監督のドキュメンタリー映画に井上光春が癌で死去するまでの晩年を描いた『全身小説家』という作品があります。実体験に基づいたとされる井上の小説が虚構だったのではないか・・・。小説家・井上光春の実像に迫る興味深いドキュメンタリーでした。あの巨匠、埴谷雄高の生の声も聴けます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答を有難うございました。
早速五木寛之の『青春の門・筑豊編』を借りてきました。テレビドラマ化までされていたのですね。知らなくて恥ずかしい思いです…。読み終えたら『虚構のクレーン』も借りてこようと思います。井上光晴氏は作家としてだけでなく、生き方も興味深い方ですね。

お礼日時:2006/02/13 15:56

鉱夫の生活を生々しく扱った作品ではなく、おそらくご希望される作品とは思えませんけれど、中山義秀の「秋風」(なにせ30年以上も前に読んだ小説で、タイトルには自信がありません。

「日傘」だったかもしれません)は短編ながら佳品だと思います。タイトルは失念しても、内容ははっきり覚えていて、ここでは申し上げませんが、一読をお勧めします。炭鉱ものでは、ほかの方が指摘されているように、五木寛之、井上光晴がよく知られていますが、私は高橋揆一郎の作品をお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございました。中村義秀の著書も地元の図書館で所蔵が確認できたので、追々読んでみようと思います。それから、高橋揆一郎は炭鉱で生まれ育ったなのですね。なるほど、著書から当時の世相なども見えてきそうです。こちらもチェックしたいと思います。


みなさん早速回答いただいたのに、お礼が遅くなりすみませんでした。

お礼日時:2006/02/13 16:00

日本は1960年代に石炭から石油への需要の移動があったのでもう古典といえるもののほかは「興味本位の」小説くらいしかないのでは?


1970年前後、大量の炭鉱離職者いて常磐など生き埋め事故も起こりました。いくつか小説があったはずです。

しかし中年でさえ家族ともなって離職転居しているのに死者リストに20歳前後の人がいたりして、こいつらはどういう頭なのかと思える程度です。
企業が募集した(低賃金なので)のは勝手だが、家族が嘆いた、本人はやる気だった、婚約者は妊娠しているなんてのは(新聞の見出しは残っています!)
悲劇じゃなくて親や本人が非常識なだけです。(新聞記者の知的レベルの反映記事です)
どこの世界に目先の利益でそういうところに就職させる親がいるか! 中学生妊娠させるか! です(1970年前後)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速回答を戴いて有難うございました。
時代は問いませんでしたが、その辺りのことをもう少し具体的に書くべきでした。

お礼日時:2006/02/13 15:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q明治時代が舞台の小説を読みたいのですが

明治時代が舞台の小説を読みたいのですが、範囲が広すぎて誰が面白いのか全く解りません。
明治時代というとちょっとジメジメした感じのある、外国文化が入ってきた混沌とした感じが好きなのですが、お薦め本などあったら紹介してくださると嬉しいです。

自分で読んでみて面白かったのは
小野不由美の東京異聞。

宜しくお願い致します

Aベストアンサー

司馬遼太郎の代表作の一つ「坂の上の雲」をお薦めします。
松山出身の秋山好古・真之兄弟、そして正岡子規という3人の若者が新しい国家の建設に尽くし、またそれにふさわしい文化を育むために奔走する姿が生き生きと描かれています。
陸軍の軍人になった秋山好古は、ほとんど何もないところから陸軍騎兵部隊を世界最強のロシアコサック騎兵部隊に伍するところまでに育てあげます。
弟の秋山真之は海軍に進み、日本海海戦における斬新な戦術をあみだし、世界海戦史上例を見ない完勝への道を開きます。
正岡子規は、文学者として、俳句・短歌を革新し、だれもが使う日本語の散文をつくりあげます。 
この3人に代表される明治の青年がもっていた青雲の志、いや、明治期の日本そのものを主人公とした物語といえます。
司馬遼太郎によれば、明治維新後、日露戦争までという三十数年は、非常に楽天的な時代であって、この時代の人びとは、前のみを見つめて歩き、のぼってゆく坂の上の青い天に、もし一朶の白い雲が輝いているとすれば、それのみを見つめて坂をのぼっていくというのです。これが「坂の上の雲」という題名の由来となっています。
かなりの長編ですが是非お読みください。

司馬遼太郎の代表作の一つ「坂の上の雲」をお薦めします。
松山出身の秋山好古・真之兄弟、そして正岡子規という3人の若者が新しい国家の建設に尽くし、またそれにふさわしい文化を育むために奔走する姿が生き生きと描かれています。
陸軍の軍人になった秋山好古は、ほとんど何もないところから陸軍騎兵部隊を世界最強のロシアコサック騎兵部隊に伍するところまでに育てあげます。
弟の秋山真之は海軍に進み、日本海海戦における斬新な戦術をあみだし、世界海戦史上例を見ない完勝への道を開きます。
正岡子...続きを読む

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Q長崎の遊女の出てくる時代小説

時代小説家としては有名な方の作品だったと思うのですが、舞台は長崎、ヒロインは遊女です。

その遊女には傲慢な赤毛人のお客がついています。赤毛人には黒人?の下僕が居て、心優しい下僕とヒロインは恋に落ちてしまいます。

結ばれるわけもなく、二人は嵐の日に海に飛び込んで、追っ手から逃げます。遊女の帯でお互いの身体をしっかり結んで、下僕が「自分の故郷は綺麗な海の、暖かい島だからそこまで泳いでいく。あなたを助ける。」というようなことを言って、頑張りますが、最後には力尽きて二人とも海に沈んでしまいます。

このような内容の時代小説の題名と作者が知りたいのですが、ご存知の方、心当たりの方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

平岩弓枝さんの御宿かわせみシリーズの第1話「初春の客」だと思います。

御宿かわせみの上巻(文庫本あり)または、御宿かわせみ傑作選「初春の客」に収録されています。文芸春秋社から出ています。

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Q青空文庫形式のファイルを、iPhone上で読む方法

Windows上に青空文庫?形式のTEXTファイルがあるのですが、
これを、iPhone上で読むリーダーはありますでしょうか?
iPhoneの青空文庫APPは、多々あるのですがいまいち上記のようなファイル対応
のリーダーがありません。

できれば、無料がいいですが、有料でもあれば教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

有料になりますが、i文庫Sは如何ですか?
私は昔に購入したので同じ作者さんのi文庫を使用していますが青空文庫形式?にも対応しています。

マニュアルの使用できるファイル形式にも記載がありますね。
i文庫
http://nagisaworks.com/ibunko/
i文庫Sマニュアル - 使用できるファイル形式
http://nagisaworks.com/ibunkos/manual/folder_type.html

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Q女子校が舞台の小説

女子校が舞台の小説を知っているだけ列挙してみてください。
時系列は現代が良いです。
面倒な質問かもしれませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

今日は。
『乙女の花束』 折原 みと 著 ポプラ社
『いつか記憶からこぼれおちるとしても』 江國香織 著 朝日文庫
『秘密の花園』 三浦しをん 著 新潮文庫

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Q神奈川が舞台の小説を教えて下さい

舞台にはなっていなくても、話の中で神奈川の土地が効果的に
描かれていれば大歓迎です!川端康成「山の音」「千羽鶴」や
有島武郎の「一房の葡萄」立原正秋「薪能」のような作品のほかに
神奈川が出てくる作品をご存知でしたら教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんは。

『太陽の季節』石原慎太郎。
 たしか湘南が舞台だったような。

『かんかん虫は唄う』吉川英治。
 横浜港で働く人々の姿。吉川英治自身横浜のドックで働いていて、その体験がもと。「かんかん虫」とは、横浜の日雇い労働者のこと。

『ベトナム姐ちゃん』野坂昭如。
 ベトナム戦争の頃の横須賀ドブ板通り。米兵相手の娼婦の物語。滝田ゆうが漫画にしてます。

『わんぱく天国』佐藤さとる。
 横須賀市逸見町按針塚。お互いにライバル意識を燃やす2組の少年たちが、「戦争ごっこ」を通じて仲良くなり、やがて力を合わせて取り組んだ一大プロジェクトとは? 作者の少年時代に取材した、楽しく、懐かしい話。

『北条政子』永井路子。
 舞台も時代も鎌倉。

『こころ』夏目漱石。
 これは番外かも。「先生」と「私」が出会うのは鎌倉の海水浴場。

 ご参考になれば。
 


人気Q&Aランキング