グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

「雨降って地固まる」という言葉がありますが、実際に雨が降ったあとには、土壌は固っているでしょうか。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

畑などを耕すと、土の隙間に空気が入ります。

そのおかげで柔らかくなります。
そこに雨が降ると、土の粒子が動き回るようになって(雨で流されて)大きな隙間に小さな粒子が詰まって、動かなくなります。
固まっている状態となりますよね。

工事などで掘り返した場合、ローラーや振動で締め固めないと空気が抜けません。
昔はローラーなどありませんから、道路などを造った後はそれほど締められないでしょう。
雨の度に土の嵩が減り(質量は変わらないだろうけれど)、堅くなっていく様をみて昔の人は考えたんだろうなぁと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

つまり、人間が仮にローラーや足などで踏みつけなくても、土の粒子は雨が降るたびに詰まって行き、土全体は金属まではいかないにしても、少しずつそういった構造的な安定さが増してくる、という解釈で宜しいでしょうか。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/27 00:24

"雨降って地固まる"とは、水によって土が隙間に入り込むことで、密度が高くなるために固くなるような状態のことではないでしょうか?



土木作業などでも、山砂で埋め戻した場所に水をかけて"水締め"という作業を行います。水で締めると、盛り上げてあった砂が縮むような感じで凝縮されていきます。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

「水締め」という作業は始めて知りました。
水を全く含まない状態で、例えばローラーなどで踏みつけた場合には、空気が入らないという点ではよく固まっているように思えますが、そこが水を含んでいた場合には密着は高まりますね。なるほど、ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/03/03 01:28

僕自身も詳しいわけではないんですが(昔々に土質力学なんかを取った気が)。

。。

これは土や雨の降り方によると思います。

まず粘土質の固まっていないふわふわした土を考えてみると、土壌中に空間があるからふわふわしています。そこに雨が降ると、土壌粒子が一旦水に浮きます。そして粒子が細かいので排水(または蒸発)とともに、隙間無くピッタリ詰まって行きます。雨が降って地面が固まる例ですね。

大きい粒子や小さい粒子の混ざった固い土壌の場合、雨の水が小さい粒子だけを洗い流してしまう場合があります。排水後に残るのは大きい粒子がスカスカになった状態です。雨が降って地面が固まらない例ですね。

その他、雨が降って地面の表層だけ固まる場合(例えば土壌中の塩分が毛管蒸発で表層に集まってパリパリになる)、雨の後に乾くと固いながらも地面に亀裂がびりびり入る場合、土壌と水の物理・化学作用でいろんな状態になりえると思います。

2番さんの森林破壊について、僕は詳しいことはしりませんが、熱帯林の破壊などの場合は、下のようなことを聞いたことがあります:

木材伐採によって強烈なスコールが直接地面に当たる → もともと脆弱な腐植土層が洗い流される → その下の養分が無く固い地面がむき出しになる。

この場合は、地面が固まるかどうかより、木の葉っぱが弱めていた雨の力が、森林伐採で直接地面に当たることになって地表面の良い土が剥ぎ取られる例ですね。

また、腐植土は保水性があるので、森林には自然のダムのような機能があります。一度腐植土が破壊されると、大雨の時に下流で洪水になりやすいというのはあると思います。

森林では、木の葉っぱや落ち葉が雨の衝撃をやわらげていますし、木の根が土壌を支えています。山火事や人工林の大量伐採などで急に木が全部なくなると、大雨により腐植土が一気に破壊されることがありますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまってすみません。
雨によって土が固くなるかどうかは、土の物理的・化学的状態によってさまざまで、一概には言えないということですね。
腐植土については保水性があるものの、直接大雨などにされされると腐植土自体が破壊されてしまうということですね。確かに腐植土だけがあっても、簡単に流れていってしまいそうですね。
結局ことわざについて、どう結論していいのかよく分からなくなってしまいましたが、昔と比べて土壌と雨の関係が本来の姿ではなくなってしまっているということは言えるような気はします。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/28 02:05

雨が降ったあと、土が固まるのかどうか。

百聞は一見にしかずです。

普通の土は水を含んだ時にはドロドロになりますが、その水が乾燥すればドロドロ状態から元の土に戻るばかりでなく、固くなってしまうものです。

この諺は道路が舗装されていない時代に作られたものです。当時の道路は、泥、土の道路であり、雨が降った時の路上には、皆が歩いた靴底の跡、車の轍などがそのままに残り、どろどろになったのです。しかし、雨も上がり、数日が経過すると、その靴跡や轍の形が残されたまま乾燥して固くなるのです。(土にたっぷりの水をまいて、ドロドロにこねて数日放置してみて下さい。必ず固くなってますから)

そこが粘土質だったら、砂漠だったら、などと特殊状態だったらどうするのかを考えたなら、殆んどの諺や慣用句は成立しません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

考えてみると、土に限らずいったん水を含ませたものが乾燥すると、以前よりも固くなってみえる場合って結構あるように思います。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/26 23:49

最近聞いた話では、直接地面に雨が降ると表面に硬い膜が出来るそうです。

この硬い膜が出来るために浸水が悪くなり洪水が起こりやすくなるそうです。山林で地表の腐葉土が破壊されるとこのような状態になり、小川ができ表土の侵食を促すそうです。
硬い膜は細かい土の粒子で、厚さ数ミクロンと言ってたように記憶しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもとても参考になる回答です。
もしも御存知でしたら、もう少し詳細な所も教えていただきたいのですが・・・。山林で腐葉土が破壊される情況は、何が起因してそうなってしまうのでしょうか?また、それによってできる「硬い膜」の成分も知りたいのですが・・・。あつかましいですが、この二つについて些細な内容だけでも構わないので、教えて頂けないでしょうか。

お礼日時:2006/02/26 23:33

土質によります。

保水性のある土壌、例えば粘土質などの場合は硬くなりますが、保水性のない土壌では、砂漠や砂山のように固まることはありません。
また、水はけの悪いところでは、泥沼化します。

もともと固まりやすいところに雨が降った、ということで、現実的ことわざのようなことはないと思いますが…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。保水性のある土壌と、保水性のない土壌があるんですね。言われてみると、確かにそのとおりですね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/02/26 23:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q家庭菜園:土壌改良(土が固い)

家庭菜園です。
色々調べたのですが、経験者の方のアドバイスがいただきたく
こちらに投稿させていただきました。
案がございましたら教えてください。

貸し農園で60平米の土地を借りています。
1年間、放置されていた土地であったことと、
もとは田んぼであった土地ということで、
雨の日は土がドロドロに(長靴が半分埋まるほど)まどろみ、
晴れの日は地割れする程、カチカチです。

今年の夏は、苦土石灰と醗酵牛ふんをまき
十分な夏野菜の収穫はできました。

ただ、もう少し土壌改良をしたいのですが、
あまり知識がなく園芸の本とにらめっこの毎日です。

まず、私の畑のケースで「堆肥」もしくは「腐葉土」での土壌改良をするということは
合っていますでしょうか?
醗酵牛ふんではなく「牛ふん堆肥」を選ぶということでしょうか。
実家が田んぼをやっているので藁がたくさんあるのですが、
干し藁をたくさんすきこむのはどうでしょうか?

冬に向けて、大根、白菜、水菜、にんじんなども植えたいと思い、
なんとか粘土質の土壌が少しでも良くなればと模索しております。
アドバイスをいただけると幸いです。

よろしくお願い致します。

家庭菜園です。
色々調べたのですが、経験者の方のアドバイスがいただきたく
こちらに投稿させていただきました。
案がございましたら教えてください。

貸し農園で60平米の土地を借りています。
1年間、放置されていた土地であったことと、
もとは田んぼであった土地ということで、
雨の日は土がドロドロに(長靴が半分埋まるほど)まどろみ、
晴れの日は地割れする程、カチカチです。

今年の夏は、苦土石灰と醗酵牛ふんをまき
十分な夏野菜の収穫はできました。

ただ、もう少し土壌改良をしたいのですが、
あ...続きを読む

Aベストアンサー

粘土質土壌だと牛ふん堆肥は含まれている粘性物質の影響で大量投入すると保水性が高くなりすぎ水はけが悪くなります。
どちらかと言えば腐葉土がお勧めです。

砂の投入も水はけの改善には効果がありますが60平米だと3立米ほど入れないと効果が見えてこないでしょう。

有機物を鋤き込む事が一番の解決策だと思います。
経費をかけずに土壌改良するには実家の藁ですが、藁は落ち葉やバーク堆肥より保水性が大きく粘度質土壌の改善には効果が低いと思われます。

粘土質土壌の物理的改善なら籾殻を使われたらどうですか。
生でも良いですが出来れば燻炭にした籾殻が良いです。
1年は表面にマルチの代わりに使い、収穫後に鋤き込む事を毎年繰り返していけば良くなっていくと思います。

土壌改良で一番良いと思うのは落ち葉や笹です。
粉砕して鋤き込めばかなり効果が出ると思います。
施用方法は先ほどと同じように1年目はマルチ代わり・・・です。

製材等の木屑・おがくずは含まれている樹脂が植物の生育を阻害しますから使われるなら充分雨に晒された物が良いです。

元が田んぼであったと言う事や、ぬかるむと言われておられるのですから栽培する畝は高くしないといけないです。

粘土質土壌だと牛ふん堆肥は含まれている粘性物質の影響で大量投入すると保水性が高くなりすぎ水はけが悪くなります。
どちらかと言えば腐葉土がお勧めです。

砂の投入も水はけの改善には効果がありますが60平米だと3立米ほど入れないと効果が見えてこないでしょう。

有機物を鋤き込む事が一番の解決策だと思います。
経費をかけずに土壌改良するには実家の藁ですが、藁は落ち葉やバーク堆肥より保水性が大きく粘度質土壌の改善には効果が低いと思われます。

粘土質土壌の物理的改善なら籾殻を使われたらど...続きを読む

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む

Q庭の土について(雨が降るとぐちゃぐちゃ)

家を建てました
外構まで金が回らず、しかも庭は四方を家に囲まれてどこからも見えないので後回しになっています
雨が降ると泥がぐちゃぐちゃなのですが、前の家(前の家を取り壊し、更地にして土地を購入)では土の庭でした
掘り返したことによって、やわらかくなっているのだと思いますが、このまま放っておけば、普通の土の庭になるのでしょうか??
実家とかも、雑草がチョビチョビ生えた土の庭です

何かしないとだめなら、何が一番安いでしょうか
芝生は手入れが大変と聞きました
防草シート引いて砂利かってきて撒くのがよいのでしょうか
よろしくお願いします

Aベストアンサー

私も同様な問題に取り組んだのでご報告申し上げます。
手入れの手間とコストも同じ思いでしたので参考になればと思います。

使うのはメーカーによって商品名は異なるので明記しませんが、
セメント袋の様なサイズで、散布し、その上からジョウロで水撒きをすれば
約1日程度で硬化する商品です。 大抵のホームセンターで販売されて
おります。(上記、内容を説明すれば店員さんは理解すると思います)
色も選べますので雰囲気にあったものをお選び下さい。
水の浸透性もあるのでセメントを塗るのとは異なり、施工も本当に
簡単です。 価格帯はお店によって700円~1,000円代と多岐に
渡るので数件のお店を巡って見て下さい。
安いから粗悪と言う違いは今の所感じてはおりません。

次に施工に関するヒントですが、ただ庭全面に巻いてしまうとせっかくの
庭がやはりもったいないと思います。

私は人の歩くアプローチ部分にやや盛るようにして、更に軽いカーブを
付けて使用しています。施工された部分は雨の心配は全くありません。
加えて後で木や花を植えたい部分には先にピンコロでサークルや
川で見つけた石をポイントとして少し沈める様に並べて行きます。
全体のバランスが整ってから、さっきの素材を散布します。
きっちりと平らには均さず、砂浜の様に軽く整形するのがポイントです。

最後にジョウロの水を散布し、硬化を待てば終了です。

気を付けて欲しいのが追加施工をすると同様の素材でも若干違和感が生じ
ますので、先ずはレイアウトに時間を掛け、納得してから施工に
掛かることをお勧めします。

永く使うと少々の離脱は目に見えて来ますが、対して気になる程度では
無いと思います。
楽しみながらDIYして下さいね。

私も同様な問題に取り組んだのでご報告申し上げます。
手入れの手間とコストも同じ思いでしたので参考になればと思います。

使うのはメーカーによって商品名は異なるので明記しませんが、
セメント袋の様なサイズで、散布し、その上からジョウロで水撒きをすれば
約1日程度で硬化する商品です。 大抵のホームセンターで販売されて
おります。(上記、内容を説明すれば店員さんは理解すると思います)
色も選べますので雰囲気にあったものをお選び下さい。
水の浸透性もあるのでセメントを塗るのとは異なり、施...続きを読む

Qやっかいな粘土質の土

家の庭に芝を張ろうと、今30センチくらい掘り起こしています。
石やゴミ、雑草を取り除き、大きな土の塊は粉砕してふるいにかけて戻してます。
なのですが、庭じゅう粘土だらけです。
硬くて掘るのも一苦労です。
どんな土かというと、白っぽくて、前の日が雨だと靴底の裏にびっしりと土がくっついていちゃう感じです。
ふるいにかけても、砕けないダマやコンクリゴミばかり。
そんな訳で、作業は全然進みません。
いっそのこと、土を買って全部入れ替えてしまえばよいのでしょうが、残念なことに庭が広くて、そんな事をしていたらいくらお金があっても足りません。
もちろん、良質な土や砂をある程度混ぜるつもりではいるのですが。
この粘土の土は捨てるしかないのでしょうか?
それとも、できる範囲で細かくして砂と混ぜれば使えますか?
もうかれこれ2週間以上この作業をしていますが、いっこうに終わる気配がなく、庭はダマ土(ドックフードみたいな感じです)と石の山でウンザリしています。
ちなみに、最後には肥料や石灰を入れて西洋芝の種まきをするつもりです。
何かよいアドバイスをください、お願いします。

家の庭に芝を張ろうと、今30センチくらい掘り起こしています。
石やゴミ、雑草を取り除き、大きな土の塊は粉砕してふるいにかけて戻してます。
なのですが、庭じゅう粘土だらけです。
硬くて掘るのも一苦労です。
どんな土かというと、白っぽくて、前の日が雨だと靴底の裏にびっしりと土がくっついていちゃう感じです。
ふるいにかけても、砕けないダマやコンクリゴミばかり。
そんな訳で、作業は全然進みません。
いっそのこと、土を買って全部入れ替えてしまえばよいのでしょうが、残念なことに庭が広く...続きを読む

Aベストアンサー

 芝生に限らずガーデニングする場合の基本は土です。
現在の粘性土を水はけよくするにはかなり根気のいる土壌改良をすべきですが、一気にやろうとすると腰砕けになりますので、
3年程度のスケジュールを立てて自分の体力に合わせてゆっくりやりましょう。(無理するとぎっくり腰になってしまいますので・・)

 まず植物はその種類によって根のはる深さが決まっていますのでそれにあわせて土壌改良の深さを決めます。

1.深さ30cmまでの土壌改良でOKなのは
  *1年・多年草(草丈が40cm未満)
  *球根類
  *芝生類(宿根草)

2.深さ50cmまでの土壌改良でOKなのは
  *低木類
  *落葉・常緑樹木で樹高さ2mまで

3.No.1、2以外の樹木
  
  今回は芝生ですので30cmのみしっかりと土壌改良すれば良い芝生ができます。
 
<土壌改良の方法>
1.芝生の張る面積を深さ50cm掘る。
2.篩をかける
  *荒めでふるって残ったものを掘った穴にもど   す。(30cm以上戻さないこと)
  *一番目のこまい篩で通過したものは使わない。
    
  ここで残った土に腐葉土や土壌改良材を十分混ぜ  込んで穴に戻します。

3.この状態でレーキをかけて張る面を水勾配をと  りながら調整しましょう。

 **留意点
   今回の土壌は石が多いようですがその量によっては掘る深さをもっと多くしたりして残っている石を暗渠排水として再利用したり、花壇の捨石代わりにできますので邪魔にならないとことにストックしておきましょう。

 <さらにアドバイス>
 どの程度の庭面積かわかりませんが、当家では新築時に造園工事をしたときに基盤が山砕のズリの上に山砂(かなりこまい)を盛ったために低木類以外の樹木の根が進行せず大分枯れてしまいました。

 この土壌改良には大変な労力を費やしました。前記の篩で余った石やコンクリートガラなどは植生区域以外の園路の暗渠排水に利用して、上部15cm程度の土には消石灰を大量に混ぜて(三和土のような)草が生えないように再利用しています。
 この石灰処理はたいへんな効果があり粘性土が水はけよくなり雨が降っていても靴で歩けます。
 ぜひお試しあれ。

 ところで西洋芝を植えるようですが、夏場の管理には十分配慮してください。 芝刈りと水遣りが大変ですよ。
 ほかにもいろいろアドバイスがありますが以上で終了します。
 (当方、かれこれ地盤改良も3シーズン目に入りました!。計画を立てて一つ一つ決めていきましょう。) 

 芝生に限らずガーデニングする場合の基本は土です。
現在の粘性土を水はけよくするにはかなり根気のいる土壌改良をすべきですが、一気にやろうとすると腰砕けになりますので、
3年程度のスケジュールを立てて自分の体力に合わせてゆっくりやりましょう。(無理するとぎっくり腰になってしまいますので・・)

 まず植物はその種類によって根のはる深さが決まっていますのでそれにあわせて土壌改良の深さを決めます。

1.深さ30cmまでの土壌改良でOKなのは
  *1年・多年草(草丈が40cm...続きを読む

Q転圧不足の対処方法は?

現在、2メートルの高さのRC擁壁を施工中です。構造計算や行政の検査を経て、土の埋め戻しをしているところです。擁壁から2メートル離れた所に古家があり既存の遊具や物置などを避けての、土の埋め戻しなのでなかなか大変のようです。ここ2日間でほぼ土は埋まりました。常に、現場にタンピングランマーがあったのですが、土を平らにする作業員が1人いるだけで(他に土砂を積んだトラックとユンボの計2名も作業)、転圧作業はありませんでした。土の埋め戻しが半分位の時に、責任者(普段はいません)に電話し、転圧をかけていないようだが・・・と注意しました。慌ててタンピングランマーを使い出しましたが、転圧不足にならないか心配です。あとで大量の散水をして固め、万が一沈下があれば保障してくれるそうですが、水をかけたくらいで落ち着くものなのでしょうか?

Aベストアンサー

貴方の心配されているのは、モシカ?-  次の事ではないですか。
(1)擁壁から2m、離れている、古家の方ですか、古家の建て替えを、計画しているのであれば、基礎(新建物)は、杭を打たないと、持ちません、
(2)既設の古家が、転圧したり、大量の水で、地盤が下がり、建物に弊害が起きるのでは?- の心配ですか。
∴擁壁の高さ=2m、長さが?ないので、一概に言えませんが、自然沈下を待つしか、ありません。 カコウドだけでしたら、梅雨が来る度に下がりますから、 注意しましょう。

Q土の表面が固くなってしまいます。

家庭菜園をしてるのですが、石灰や肥料を入れて混ぜたときは土はフワフワなのですが、
しばらくすると表面がコンクリートのように固くなります。

表面を砕くと中は柔らかい土が出てきます。
土の表面が固くなってしまう原因は何故なのでしょうか?

水をやっても流れ落ちて中に浸透しないので困っています。
ご存知の方教えてください

Aベストアンサー

 石灰と肥料を同時に入れるのが原因です。 肥料は冬季に元肥として堆肥を入れて十分すきこんで寒さにさらしましょう。
 石灰は種まきや苗を植える一週間前に散布して土と混ぜてください。

Qなるべく強固な地盤にするためには

DIYで木製カーポートを作る計画です。
当初、枕木を埋めて基礎にしようと
50センチ程土を掘りました。
その後こちらのサイトでアドバイス頂き枕木を取りやめ
束石で基礎を作ることにしました。
束石設置のためには土戻して穴の深さを浅くしなくてはならないので
すがそのまま土を戻しても元の地盤より
軟弱になる気がします。恐らく殆ど砕石にすれば
頑丈になるのでしょうけどなるべく予算を抑えたいところです。
そこでカーポートの建設に耐えうるようにするには
砕石を最低でも何割くらい入れれば良いでしょうか?

Aベストアンサー

参考までに。。。
(1)
土建屋などに砕石を頼む。
土建屋、建材屋などに砕石を頼むと配達込みで1立米(りゅうべい)約7千円から1万円程度です。
※1立米=1M×1M×1M=1立法メートル
3M×5Mのカーポートだと少なくとも柱が9本として約35cm×35cm×50cm×9箇所なので0.55立米
ホームセンターで1立米買うと約3~4万円です。
土建屋、建材屋で0.5立米でも運んでくれるところもありますよ。(ちょっと割高になるかもしれませんが)
砕石で施工するなら頼んだほうがとってもお得だと思います。

(2)
掘った土にセメントを混ぜて埋め戻し転圧する
これはそのままで掘った土に10~20%程度セメントを混ぜ、転圧する方法です。
この方法だと掘った土がコンクリートとまではいきませんが、高強度に硬化します。
水は混ぜる必要はありません。自然と土に含有している水分がセメントと反応して固まってくれます。
セメントは1袋20キロで約500円程度です。
1袋で約穴二つ分です。
自分はこれがお勧めです
土とセメントを混ぜ合わせるのが大変ですが^^;

(3)
掘った土をそのまま埋戻し転圧する。
これは転圧をしっかりかけないといけないので建材などのリースをしてくれるところからランマを借りてくる必要があります。
また、ランマを使いこなすにはちょっとしたコツがいります。
工事現場などでよく使われているピョンピョン跳ねるやつです。
1日3000円程度です。
ランマで転圧するとその程度の穴なら掘る前と比べて80~90%程度の地盤強度が得られると思います。


(2)(3)ともに言える事ですがあくまでも土質によります。
粘土性の土、火山灰、等なら共に有効ではないでしょう。

参考までに。。。
(1)
土建屋などに砕石を頼む。
土建屋、建材屋などに砕石を頼むと配達込みで1立米(りゅうべい)約7千円から1万円程度です。
※1立米=1M×1M×1M=1立法メートル
3M×5Mのカーポートだと少なくとも柱が9本として約35cm×35cm×50cm×9箇所なので0.55立米
ホームセンターで1立米買うと約3~4万円です。
土建屋、建材屋で0.5立米でも運んでくれるところもありますよ。(ちょっと割高になるかもしれませんが)
砕石で施工するなら頼んだほうがとってもお得だと思います。

(2...続きを読む

Qぬかるんだ土を固める方法

最近家の近くの沼に水が殆どなくなり、ぬかるみ状態になりました。そこを通れると田んぼまでが近いので、挑戦してみましたが、段々深くはまっていって長靴が抜けなくなりました。工事する程でもないので、なにか水でぬかるんだ土を固める方法があれば教えて下さい。距離にすると100~200mくらい歩ける幅だけ固めれたらよいのですが。

Aベストアンサー

>・・段々深くはまっていって長靴が抜けなくな りました。・・

 この程度の状態は人荷重の問題ですので玉石等を歩く範囲に敷くのがよろしいでしょう。 
 これにより地盤の支持力があがりますので歩いたときに沈下がおさまれば後はムシロとかゴザなどを敷いて回りからの土砂をムシロで遮断することができるのであとの管理が楽になります。
 上位の行為がある一定期間経過すると最後に問題になるのが雨天時に土壌がぬかるんでしまうという現象です。
 
 これは土の粒子が細かくなりすぎて水を排水できなくなってしまうのが原因ですので、これを改善するには昔人が経験からやっていた土壌改良法が適切です。
 それは三和土というものですが、「三和土」。正しくはたたき(叩き)といいます。
 本来たたきは赤土+砂利+石灰に苦塩(にがり)を適度に混合することで土を固める効果がでます。

 わたしは手抜きをして現地土壌+石灰だけでおわらせています。 これだけでも十分な効果があり、養生期間が経過すれば雨の時でも泥などクツに付くことなく歩行できます。 さらに土が団粒化構造になりますので水はけもたいへん良くなります。(我が家でこれを実行する一番の理由は雑草よけなんですが・・・。何年も草取り不要です。)
 実際、これって立派な工事になるんですが。最低1週間はかかりますね、人力では。

>・・段々深くはまっていって長靴が抜けなくな りました。・・

 この程度の状態は人荷重の問題ですので玉石等を歩く範囲に敷くのがよろしいでしょう。 
 これにより地盤の支持力があがりますので歩いたときに沈下がおさまれば後はムシロとかゴザなどを敷いて回りからの土砂をムシロで遮断することができるのであとの管理が楽になります。
 上位の行為がある一定期間経過すると最後に問題になるのが雨天時に土壌がぬかるんでしまうという現象です。
 
 これは土の粒子が細かくなりすぎて水を排水でき...続きを読む

Q駐車場に砂利か砕石をひきたいが、何が良い?

戸建ての駐車スペースに、自分で砂利か砕石をひいて安く仕上げたいと考えております。砂利や砕石の購入は、建設中の工務店にお願いしようかと考えておりますが、砂利や砕石に種類がたくさんあって、何がよいでしょうか?
候補として、
1、砕石40-0 40mmから0mm
2、砕石30-0 30mmから0mm
3、砕石5号 20mmから13mm
4、砕石6号 13mmから5mm
5、砂利25mm前後
この当たりはどうかと考えております。
コストは多少割高でも構いません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1,2は舗装用のアスファルト舗装の下層、上層路盤材として使用します。
 限られた面積では敷き砂利すると表面に粒度の荒い40~20mmが多くなり(逆層)締まりませんので安定性が悪いです。

No.3,4は砕石の分類では主に生コン、アスファルト合材の主骨材として使われ単粒砕石といわれます。
 No.1,2より締まりませんので安定性がなく車の出し入れの際に砕石が動いてしまいます。 一般には化粧砕石として歩行用として利用します。 No.5も同様に駐車場には不向きです。

一番安価なものでは「切り込み砕石」というものがあります。いわゆる採石場でダンプより一次破砕したときに30mm以下を振り落とします。 採石場ではコストを掛けて場内処分しているものです。
 適度にこまく多少の土分の含むので土木業者さんは仮設道路や埋め立ての化粧敷き砂利にします。
 地域によっては舗装路盤やコンクリート骨材としての強度不足の岩石を採掘している専門業者もおります。
 通常それらの用途は道路の基盤材や仮設道路の路盤材に使用されています。
 中には民間駐車場の舗装路盤材としても有効なもののあります。密度もあり締まりますので駐車場の砕石としては最良のものです。こちらでは「ズリ」と呼んでます。
 この手の砕石が手に入ればこれで十分です。 こちら(宮城)では2tダンプ一台6000円です。 
 つまりm3当り4000円ですね。
駐車場の面積が3mx4mとしたらh=0.3
3x4x0.3x1.2(食い込みロス)=4.32立米(約3台)
ですから18,000円ですね。

高くて品質の良いものを必要とするなら
舗装路盤材の上層路盤材として利用されるM30ですね
M30(粒度調整路盤材:最大骨材寸法30mm~0mm)
 質問のN0.2(専門ではC30といいます。クラッシャーラン0)を主材としてそれに荒砂(山砂:陸砂)+スクリーニングス+石粉
を粒度調整材として加えています。
 密度を最大に高めて強度も出していますのでこれ以上最適なものはありません。 
 ただし材料は大口受注生産品ですのでわざわざ出してくれるかが最大の問題です。
 ということで切り込み砕石かズリがよろしいですね。 
 
 

No.1,2は舗装用のアスファルト舗装の下層、上層路盤材として使用します。
 限られた面積では敷き砂利すると表面に粒度の荒い40~20mmが多くなり(逆層)締まりませんので安定性が悪いです。

No.3,4は砕石の分類では主に生コン、アスファルト合材の主骨材として使われ単粒砕石といわれます。
 No.1,2より締まりませんので安定性がなく車の出し入れの際に砕石が動いてしまいます。 一般には化粧砕石として歩行用として利用します。 No.5も同様に駐車場には不向きです。

一...続きを読む

Q米ぬかを肥料として使用できますか?またその使い方は?

家の近所に米ぬか自由にお持ち帰りくださいとしてその軒下にたくさん置かれているのを今日少し頂いて帰りました。そこで質問です。

米ぬかは肥料として使えますか?直接畑に撒くなどするのは適切ではないのでしょうか?いったん腐植土にするのでしょうか?

もし肥料に出来る場合はその使い方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家庭菜園にて肥料として使っています。


キャベツの場合

ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。
その溝に米ぬかを300g/m位入れ、その上に鶏糞を300g/m、過リン酸石灰を1にぎり/m入れます。
過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。
あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。
仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。

ほかにも同様のやり方で育つものとして、

トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。


土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。
もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング