35mmのフィルムをノートリミングで半切にプリントし、
額装したいのですが、あう額が見つかりません。
 マットで調節された半切ノートリ用の額は、あるのですが、、
これだと額自体は、印画紙サイズなので、マットの幅が、上下左右均等に
なりません。
 写真展で、展示してあるような額は、特注品なのでしょうか?
 私の探している額は、上記サイズで、木製(ナチュラル色)、
ワイドマットの物です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

通常写真関連のメーカーでは、ノートリの半切用の額はないと思います。


ワイド4ッ切はありますが、それ以外だとノートリに対応しているのは
ワイド6ッ切位だと思います。
それ以外だと額屋さんに頼んでマットを切って貰うしかないと思います。

フジカラーにベタ台紙がありますので、それかマットのみ買ってきて
高いけれどフジのVマットカッター(定価 60000円)で自分でカット
するという手もあります。
Vマットカッターは他のメーカーでもあるかもしれません。

少しだと外注で、沢山だと自分でカットするという事じゃないでしょうか。
参考になれば・・・
    • good
    • 0

>マットで調節された半切ノートリ用の額は ~



↓のようなパネルでしょうか?

http://www.fujicolor.co.jp/yohin/flame/wide/01.h …

「半切」と「半切(135ノートリ)」と価格も違いますから、
パネル自体のサイズ(アスペクト比)が異なるのではないでしょうか?

Web の見本では、四切のパネルを使用(一部除く)しているようなので
確認は出来ませんが、「半切(135ノートリ)」で上下左右の余白は
同じとなるのでは?

フジカラー販売では、半切ワイドの木製パネルは無いようです。


※メーカーか販売店で確認して下さい。
 尚、展示会用?であれば、「プロラボ」等に問い合わせると判ります。

フジカラー販売(用品)
  ↓
http://www.fujicolor.co.jp/yohin/

プロラボとは
  ↓
http://www.horiuchi-color.co.jp/index2/recruit/p …

※プロラボの連絡先は地域が判らないので電話帳等で探して下さい。

参考URL:http://www.fujicolor.co.jp/yohin/flame/wide/01.html,http://www.fujicolor.co.jp/yohin/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

フジカラーの製品は、カタログで調べたところ、半切用と
半切(135ノートリ)の額の外寸が同じなので、同じ額だと思われます。
 (週明けにでも、メーカーへTELして、確認してみます。)
 半切ノートリのプリントは、堀内カラーさんにお願いしたものなので
その時に、聞いたのですが、「お客さんの中で、カメラやさんで
売ってるらしいといっていた人がいるけど、、、うちでは、よくわからない。
展示に関しては、パネル加工の対応しか、、、」という回答でした。
 それで困ってしまったしだいです。
 額縁店のほうも、これから調べていこうかなと思ってます。
 何か、情報がありましたら、またお願いします。

お礼日時:2002/01/19 13:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q昔のモノクロ写真の印画紙サイズと紙質を知りたい

昔のモノクロ写真を再現したいのですが、当時の写真は小さかったり、正方形だったりして規定サイズがあったか不明です。今でいうL判(80ミリ×120ミリ)を理想のサイズとして作りたいのですが、
1、約50年前のモノクロ写真の印画紙の規定サイズを知りたい。2、印画紙の紙質で、絹目は存在していたのか。3、ふち有り、無しは現在と同じく好みの問題なのか、時代の技術的な問題なのか。
以上3点です。お願いします。

Aベストアンサー

45年ぐらい前なら(私の記憶では)
35mmフイルムで、同時プリントの場合
名刺サイズか、DP店によっては、その半サイズで、プリントして貰えるとこがありました
まだまだ、写真は、高価だったので、大きく引き伸ばす方は、稀だったと思います

正方形は、ブローニーフイルム(6cm幅の裏紙付フイルム)の6X6(カメラにより長方形で撮影できる物もあり)か、ベストフイルム(現在生産されてません4cm幅だったと思います)撮影された物からのプリントでは?

絹目は、人物写真用として 戦前から有ったような(自信なし)
縁なしは1960年代後半以降に、カラープリントで、登場したと記憶してます
50年前は、縁有りです(技術的にも無理だったと思います)
プリント後に、縁を、切り落とすことは、有ったと思います

当時モノクロプリントは、カットされた印画紙を、手焼きするのが、一般的
乳剤が塗られたいるので、印画紙がカールするためイーゼルマスクまたは、固定マスクで、印画紙の四方を、押えていました

1960年代後半モノクロのサービス判(30切り)より少し大きなE判が、カラープリントで、登場
大阪万博(1970年)の頃に、L判が登場 モノクロは30切りのまま

45年ぐらい前なら(私の記憶では)
35mmフイルムで、同時プリントの場合
名刺サイズか、DP店によっては、その半サイズで、プリントして貰えるとこがありました
まだまだ、写真は、高価だったので、大きく引き伸ばす方は、稀だったと思います

正方形は、ブローニーフイルム(6cm幅の裏紙付フイルム)の6X6(カメラにより長方形で撮影できる物もあり)か、ベストフイルム(現在生産されてません4cm幅だったと思います)撮影された物からのプリントでは?

絹目は、人物写真用として 戦前から有ったような(自信なし)
...続きを読む

Q華展(花展)について

 33歳の男性です。6月に初めて華展に行くこととなりました。
招待状をもらったのです。結構盛大に行われると聞いたんですが、
こう行った席には、やはりスーツなどでタイドアップしたような
格好がいいのでしょうか?また、招待状を下さった方(女性)に、
何か差入れとかを持って行くべきなのでしょうか?
 
 他にもこういった席の雰囲気やマナー等があれば

Aベストアンサー

茶事の場合は男も和装することが多いんですが、
華展の場合は洋装(スーツ)で十分だと思いますよ。
まあ、夫婦帯同での招待の場合はきものの方がいいかもしれませんが
普段、きものを着用しない人だとこの辺の組み合わせが難しいもの。
華展は儀式ではないため、紋付羽織袴は堅苦しい。
かといってウールや化繊のアンサンブルだときものを着慣れている
年長者からの冷たい目線を受けるはめになってしまいます。
やっぱり、スーツが一番無難でしょうね。

差入れに関しては相手の趣向でも構わないかと思います。
私の知人の場合はよくワインを差入れていましたし。
どのくらいの規模なのか分らないのですがサークル規模の華展だと
集客があまりなく、観客よりも主催者側が多くなったりします。
そのときは「早くここから立ち去りたい」って思うことも。
なんかプレッシャーを感じてしまいます。

一番、忘れやすいのが後日のお礼の手紙です。
もちろん、当日も本人に対して口頭で感謝の意を述べられるかとは
思いますが、この手の開催は後に正式に書面にて感謝の手紙を
送ることが礼儀ですので、お忘れなく。

茶事の場合は男も和装することが多いんですが、
華展の場合は洋装(スーツ)で十分だと思いますよ。
まあ、夫婦帯同での招待の場合はきものの方がいいかもしれませんが
普段、きものを着用しない人だとこの辺の組み合わせが難しいもの。
華展は儀式ではないため、紋付羽織袴は堅苦しい。
かといってウールや化繊のアンサンブルだときものを着慣れている
年長者からの冷たい目線を受けるはめになってしまいます。
やっぱり、スーツが一番無難でしょうね。

差入れに関しては相手の趣向でも構わないかと思...続きを読む

Q印画紙と写真用紙の違いとは?

閲覧ありがとうございます。

恥ずかしながら最近、印画紙と写真用紙が別のものだという事を知りました。
見た目だけじゃ区別って出来そうもないですよね?

では、触ったりとかしたら違いが分かるものなのでしょうか?
もし分かるなら、それぞれの特徴をもって教えて頂きたいのですが・・・宜しくお願いします。

Aベストアンサー

NO.3から再回答。

素人が焼き付けたものは、容易に判別できますが、プロが手がけたものの判別は略、困難でしょう。

見ただけで、それが印画紙なのか写真用紙なのかは殆どわからないくらいの出来上がりですが、ご自分で、パソコンから写真用紙に焼き付けたものと、写真店でフィルムから印画紙に焼き付けられたものは、出来上がりのサイズで判ります。

ご自分でプリントする写真用紙サイズは、L版・LL版・A4サイズが主流で、その他サイズは写真店でプリントされたものと解釈して間違い有りません。

印画紙のサイズは、名刺判・八つ切り・六つ切り・四つ切・全紙などのサイズですから、其処から判断するくらいでしょう。
それだけ両者の仕上がり具合は伯仲してきた証拠です。

Qモノクロ写真のバライタ印画紙の乾燥方法

バライタの厚手の印画紙でモノクロプリントをしようと思い、挑戦しています。
水洗後、自然乾燥させ、フラットニングする工程がうまく出来ません。
乾燥からフラットニングに移るタイミングが判らないのと、フラットニング自体がうまく出来ません。
出来ればお金の掛からない方法で、いい方法はございませんか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>効果が同じで問題がないのならば、時間効率が良い方法でやってみようと思います。
具体的な改善方法は、ありますでしょうか?

RCは、乳剤面が薄く、階調に欠けますが、適切な号数の選択と、バライタよりも何倍も厳密な露光時間で、バライタと同等か、それに近い効果が期待できます。乳剤もどんどん改良されている様ですし、バライタと比べても、遜色ない作品が作れると思いますよ。(私は決してRC推奨派ではありませんよ)

バライタのカーリングは、特性ですので、割り切ってください。
RCは作業効率が良いですが、厳密さが必要です。

どちらの印画紙も、使いこなす事が必要です。
RCで完璧なプリントができるようでしたら、バライタならすばらしい写真が出来ますよ。

頑張ってください。

Qこんな印画紙ってありますか?

モノクロリバーサル用の印画紙ってありますか?ピンホールカメラを自作してみようと思っているのですが、普通の印画紙だとまずネガになってしまうので、いきなりポジになってくれたらなと思っています。カラーですればいいのかもしれませんが、モノクロの現像の経験しかありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No3のものです
残念ですが富士フィルムではポジの印画紙は製造中止だそうです


人気Q&Aランキング

おすすめ情報