今ダイエーは約2兆円もの有利子負債を抱え、グループの再建に必死に取り組もうとしています。今朝の新聞にも再建計画が載っていましたが、その再建計画の中身には素人ではなかなか分かりずらい語句がたくさんあります。私は企業の経営や経済全般に少し興味があるため、どなたか中学生や高校生が聞いても分かるような語句の説明をしてもらえないでしょうか?以下に分からない語句を列挙しますのでよろしくお願いします。
1.再建の株式化
2.優先株の放棄
3.減資

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

優先株というのは、「配当や、会社をたたんだ時の残った財産の分配にあたって、普通株に優先する」株、という事です。

例えば、普通株に配当があって、優先株は無配、というのはできません。株である以上、配当金は、過去の儲けの蓄積かその期に儲かった分からだけ払い、それが無ければ優先株でも配当金はありません。また、出資者に金を返す期限もついていません。(優先株を買った人が資金回収をしやすいように、市場で売れる普通株への転換ができるようになっている事はよくありますが、発行する会社にとっては、同じ事ですね。)「ある時払いの催促無し」って言えば良いのかな?。この点は、普通株と同じです。借金だと、儲かっていようがいまいが、利息や(期限が来たら)元本は支払わねばなりません。(勿論、銀行が再度貸出に応じてくれば別ですが、会社側では決められません。)あと、銀行から見て、貸出よりも優先株の方がリスクが高いので、借入金利よりも高い配当は要求されます。
従って、優先株は、優先順位としては、普通株と借入との中間にあるが、資金繰り上は、普通株とほぼ同じ、コストは、会社が無事回っている限りは高い、といえるでしょう。

で、これの放棄がどういう意味か、というと、

1.銀行側から見ると、優先株を買った時点では、いつかはわからないけれどもいずれ金は返って来るはずのものでしたから、資産に計上していましたが、それを今度は「放棄する」ので、資産として計上していた額をゼロにして、その分損失を計上します。

2.ダイエーという会社から見ると、銀行の場合の裏返しで、いつの日か(会社解散の日?)には返さなくてはならないものとして、資本に計上していたのが、永久に返さなくて良い、という事になったので、資本として計上していた額をゼロにして、その分利益を計上します。

ダイエーの普通株の株主から見ると、それまでは、通常の商売上の支払や、銀行などの債権者に支払う利息や元本を差し引いた後に残る金を、優先株保有者と普通株保有者で分け合い、かつ常に優先株保有者に優先権があったのが、その優先権を持つ人がいなくなるわけですから、優先株保有者へ払うはずだった「配当金や(会社解散の日の?)残った資産の支払」が、普通株の株主のものになります。

尚、NK新聞の22日の朝刊では、債権の株式化で発行されるのは優先株って事になっています。優先株は、議決権(=株主総会での投票権)がつかない方が一般的で、今回放棄の対象となっている既に発行されていた優先株も議決権はありません。議決権をつけなかったのは、独占禁止法上、金融機関の支配力が強くなりすぎないように、議決権の5%迄しか保有を認められていない為のようです。この規制を緩和するという話を聞いた事がありますが、結果は知りません。まだ残っているのなら、今回債権と交換される優先株も、少なくとも今は議決権は持たないので、今より経営に「参加」するわけではない事になります。
また、現状では、ダイエーは銀行に逆らえるような状況ではないので、議決権を増やしても増やさなくても、経営を相当コントロールできると思います。実質的には強い影響力を持っているのを、わざわざ法的にも支配力を持って、万が一の時に社会的な糾弾を受けやすくするのは、銀行にとっては「今一つ」に思えます。普通株(当然議決権付き)への転換オプションは、もらっておいて別に損はないから、銀行はとっておくかも知れませんが、できる事なら、そのオプションは使わず、優先株のまま、いずれダイエーに買い戻してもらいたいと思っている、と私は思います。但し、全然本質的な話ではなく、一般論としては、No.1の方の言う事がおかしいとは思いません。。

債権の株式化については、宜しければ、下記の参考URLもご覧ください。

参考URL:http://www.lec-jp.com/law/2colum/colum08.html,ht …
    • good
    • 0

1.債権の株式化 についてだけですが、



債権とはつまり借金のことです。銀行に借金を返すかわりに、借金相当額の新たに発行した株式で返済をします。株券には利息がつきませんので有利子負債を減らすことが出来ます。
ダイエーは年間の利子だけで500億円程度(ちょっと自信なし)払わなくてはなりませんが、ダイエーの年間の利益は400億円強(これも不確か)ですので、借金を返すどころか、利子すらも払いきれないので借金の額は増える一方です。

借金を自社株に変えてもらえれば、利子の心配はいらなくなりますし、その分の借金も返さなくてすみます。株式で返済をうけた銀行は、ダイエーの株主ということになりますので、ダイエーの経営に参加することになります。

もし、ダイエーの建て直しが成功すれば、将来、株の価値も上がりますので、その時点で売ってしまえば多額の利益(株売却益)が出ることになります。失敗して、ダイエーがつぶれてしまえば、ただの紙くず、無価値になってしまいますが・・・

銀行が、債権の株式化を受け入れなければ、このまま行くとダイエーは負債(借金)が減らせず倒産してしまいますので、銀行は丸損になってしまうわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。ダイエーの債権(借金)分の株を発行して銀行に買ってもらうわけですね。でも、これはかなりリスクがありますね。おっしゃるとうり、ダイエーが再建できればその株式は有効になりますが、もしもの場合はさらに銀行の不良債権が増えるわけですから。ところで、質問文の1.再建の株式化は債権の株式化の間違いでした。3.の減資については1/20の朝日新聞に載っていましたので、あと2.についてもしお分かりでしたら、回答お願いします。

お礼日時:2002/01/20 23:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【財政再建】財政再建案に効率化って胸を張って言っている経済ジャーナリストがいますが、財政再建に効率化

【財政再建】財政再建案に効率化って胸を張って言っている経済ジャーナリストがいますが、財政再建に効率化ってあるんですか?

なにを効率化するんでしょう?

Aベストアンサー

財政再建の効率化は、金貸しを喰わせろと言っている仕組みの事を指しているように思います。詰まり効率化する事は、金貸しの抹殺になってしまいます。

Q株上げるのに外国に毎月2兆円あげるアベノミクスって

アベノミクスって、株1,000円上げるのに、外国に毎月2兆円あげる政策のことですか?


先月の『対外及び対内証券売買契約等の状況』を見ると、

4兆円の日本国債を売って、日本の株式に1兆6,687億円投資してもらうのに、外国に2兆3,507億円キックバックしているようですが?


財務省発表
3月の、対外及び対内証券売買契約等の状況(月次・指定報告機関ベース)
http://www.mof.go.jp/international_policy/reference/itn_transactions_in_securities/month.pdf




対外株式投資 1兆6,114億円
対外中長期債投資 5,264億円
対外短期債投資 2,129億円
対外流出合計 2兆3,507億円

対内株式投資 1兆6,687億円
対内中長期債投資 -1兆4,313億円 ←マイナスに注目
対内短期債投資 -2兆5,306億円 ←マイナスに注目
対内流入合計 -2兆2,932億円 ←マイナスに注目

Aベストアンサー

アベノミクスにより紙幣増産された世界は紙幣が沢山存在する訳で、今現状の少ない紙幣世界と比べたとき、

紙幣の少ない現状世界の方が、1つの紙幣価値は高い。

なので、未来での相対的な為替リスクバランスを取る為に今の内にドル買(外国債買い)いでリスクヘッジするのが順路になる。

株式が買われるのは、紙幣増産で増えて余るだろう金は、日本だけでなくアメリカ株にも投資をする人が現れる、というのを先読みしての海外株と日本株投資される。
だから、海外と日本の株に両方同時に投資される。訳だけど、投資とは名ばかりで実態はマネーゲームである。

債権や株等の証券を買えるのは、売り手が居てこそ成立するので、海外の株を買うのはあくまで「外国株に売り手が居てそこから買った。」というだけで、権利者の交代が起きてるだけ。
日本人が海外の株の権利者になった段階は、その財産の所有者はあくまで日本人になる。
それを上手に誰かに高値で転売して利益を得たら、その時日本人の財産が増えた事になる。

海外の株を買われたからとって、海外の景気をUPさせる訳ではない。
あくまで起こってるのは権利交代であり、マネーゲームである。

日本の株は約4千種類、世界各国の株は全部合算したら4万種類くらいであるから、海外の株に約1兆円投資し日本に約1兆円投資した段階だと、どちらかと言うと日本に比重ある投資だと言える。

いわゆる、

 1兆÷日本4000 : 1兆÷外国40000

 という感じで、投資の影響度は、日本の方が海外よりも10倍くらい大きいという事

アベノミクスにより紙幣増産された世界は紙幣が沢山存在する訳で、今現状の少ない紙幣世界と比べたとき、

紙幣の少ない現状世界の方が、1つの紙幣価値は高い。

なので、未来での相対的な為替リスクバランスを取る為に今の内にドル買(外国債買い)いでリスクヘッジするのが順路になる。

株式が買われるのは、紙幣増産で増えて余るだろう金は、日本だけでなくアメリカ株にも投資をする人が現れる、というのを先読みしての海外株と日本株投資される。
だから、海外と日本の株に両方同時に投資される。訳だけど、...続きを読む

Q日銀が金利上昇を抑える為に2兆円の資金供給したとありますがどうしてなんでしょうか?

日銀は19日朝、短期金融市場で2兆円を資金供給する緊急オペ(公開市場操作)を実施した後、午後にも1兆円のオペを通告、同日中に計3兆円の資金供給を行った。証券大手の経営破綻(はたん)や米保険大手の政府管理入りをきっかけに国際金融市場の緊張感が高まっていることから、大量の資金供給で調達金利の上昇を抑えるのが狙い。緊急オペの実施は4日連続で、総額11兆円に達した。

とありますが、目的は自国の国債の金利のことなんですか?
なんの金利なのでしょうか?金利が上昇するとどう困るのでしょう。
 

Aベストアンサー

当然、国際的な金利のことです。
世界同時不況中で自国への資金の引き上げが加速しています。
必然的に国際金融の場で流動資金不足に陥っています。
このため短気ものは一時期格段に金利が上昇しました。

金利が上昇すると東南アジアなどの新興国を中心に不履行の危険性が出てきます。
支払い能力があっても金がめぐって来ない黒字倒産も増加します。
更には深刻なインフレの襲われるのは目に見えています。

放置しておくと世界経済が滅茶苦茶になるということです。

Q株式合併(減資)とは?

株式 初心者です

いったい?どんなことなんでしょう?

Aベストアンサー

減資には、実質的減資と名目的減資があります。
実質的減資は、資本金を減らして、資本金の減少額を現金で株主に返却します。

名目的減資は、バランスシート上の欠損金と資本金を同時に減額することで、資本金が減少した分だけ、繰越欠損金が無くなる、と云う効果があります。

一般的に減資というと、欠損金を整理するために行なう
名目的減資を云います。

100%減資でない限り、株価には影響が無いとされていますが、業績に不安があれば株価は下がります。
100%減資の場合は、株式の価値はなくなります。

100%減資をすると資本金は0になってしまい、会社が存続できませんので、清算することになります。
会社を再建のために存続するには、一旦100%減資をしてから、新たに増資をします。

Q夕張市の財政再建の方法

財政破綻してしまった夕張市を復活させるため何か良い案はないでしょうか?
僕が考えるに夕張は少子高齢化進んでいるので労働力確保のため外国人労働者を集めて何か産業でも興せばいいのではと。もちろんそんな簡単にはいかないでしょが。
皆さんも考えるところがありましたらぜひお願いいたします。

Aベストアンサー

夕張は、三菱やほくたんが絞りに絞った場所です。
ですから、地域に金がありません。
また、北海道産業界が運行していた飛行機に対抗した旅客運送業者の様に、「北海道に運ぶことで儲ける」「道内には金を落とさせない(低料金を要求する)」という経営方針を通しました。

簡単に言えば、経団連の植民地が北海道だったのです。
分離独立、経団連などからの経済的独立が必要でしょう。
寄生していると、良いことを言っている様でも金を巻き上げられるだけですから。

前市長ががんばってはいるが良くはない。悪いといったほうが正しい(談、北海道炭坑汽船社員)。
結果として、三井はしぼりとるだけ搾り取って(銀行の借金の取りたて)、カスを置いていっただけです。三井にしても、三菱にしても、産業を育てませんでしたから。
銀行も融資の条件として安全性を無視した採炭を要求(新夕張、排気口付近の植物が枯れるほどのメタンガス発生)しました。
下手な行動を取ると、このような過去の繰り返しになります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報