消散係数について、なんでもいいので教えて下さい。知識があまりないので、くわしく教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

大気の場合でお話しします.



太陽放射(日射,太陽光のこと)や赤外放射(物質がその温度に応じて射出するエネルギー)は,大気中の空気分子,浮遊粒子(エアロゾル,雲粒),微量ガス(CO2,水蒸気など)によって散乱・吸収されて,減衰します.このことを「消散」といいます.
したがって,消散係数=散乱係数+吸収係数 ということになります.
上に挙げたもののうち,空気分子は散乱のみ,微量ガスは吸収のみと見なせ,エアロゾルは,その化学種によりますが,全体として散乱と吸収の両方をおこします.
ですから,たとえば空気分子は,消散係数=散乱係数 と見なすことが出来ます.

各物質が放射に対して散乱や吸収をおこす(放射エネルギーが変化する)分に相当する断面積を,消散断面積[m^2]といいます.この場合の断面積は,実際の断面積(幾何断面積)とは異なります.
そして,単位体積の空気中における消散断面積の総和を,体積消散係数[m^2/m^3 = m^-1]といいます.また,物質の単位質量あたりの消散断面積の総和を,質量消散係数[m^2/g]といいます.
単に「消散係数」と書いてあるのは,通常は体積消散係数をさします.

別な角度で説明すると,
放射の減衰を表す法則として,Beerの法則があります.
波長λの放射が,密度ρの大気中を微小距離dsだけ進む間に放射の強さがIから,消散をうけてdIだけ変化したとすると,
 dI=-kρIds =-σIds
が成り立ちます.ここで,kが質量消散係数,σが体積消散係数です.つまり,放射の変化量は,ρ,I,dsに比例し,その比例定数がkやσということになります.
ただし,消散係数は,波長によって異なる(波長依存性がある)ことに注意して下さい.

参考書としては,大気の放射を扱っている本なら,だいたい載っているはずですが,私が持っているものを参考にあげると,
 大気科学講座4 大気の大循環(東京大学出版会)
 光の気象学(朝倉書店)
 大気と放射過程(東京堂出版)
などがあります.

なお,以上は大気の場合で話しましたが,水の場合(例えば海水とかコロイド溶液)の場合も基本的には同様と思います.
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。参考書を使って、もうすこし勉強してみます。お礼が遅くなってしまって、すみませんでした。

お礼日時:2002/02/07 14:08

一応、即レス。


大気圏外から大気へ突入した太陽光線、その他の光線、電磁波などは、地表に到達
するまでに、窒素、酸素、二酸化炭素などの気体や水蒸気などにぶつかり散乱、ま
たは吸収されて拡散または減衰してゆきます。
それについて、特に光線類に関し、減ってゆく量を単位長さに対する割合にして計算した
ファクターを消散係数といいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。お礼が遅くなってしまって、すみませんでした。短くわかりやすい説明、有り難いです。

お礼日時:2002/02/07 14:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチップアンテナについてお聞きしたいのですけど、温度特性について温度係数

チップアンテナについてお聞きしたいのですけど、温度特性について温度係数と周波数帯域の関係を知りたいです。また、知るためにはどうすればいいでしょうか?温度係数が大きいなら帯域を広げればいいと思うのですけど、逆に温度係数が小さいなら帯域は狭くてもよいなどを知るためには、どのような方針を立てればいいでしょうか?

Aベストアンサー

温度特性は材質などによって異なると思います。
おそらく誘電体アンテナの事を言われているのだと思いますが、これはメーカに確認した方が良いでしょう。
誘電体アンテナの多くは50Ωに整合させるためにL/Cを使います。
温度傾斜はこの部分で多少補償は出来ると思います。

ボディエフェクトなどが全くない、安定した空間におかれる事を想定するならば狭帯域のアンテナでも良いと思います。
しかしモバイル機器などでは様々な外部要因によって共振周波数が変化しますので、その分広帯域なアンテナを使う必要が生じます。

温度係数自体と周波数特性が直接的に関係しているとは思えません。
当然アンテナですので物理サイズが小さくなるほど特性は劣化します。
特性を優先するならば大きなアンテナを使う事です。

Qお願いします!世界史に関する質問です!受験勉強ですので、正確な知識のご教示をお願いします。いつもお世

お願いします!世界史に関する質問です!受験勉強ですので、正確な知識のご教示をお願いします。いつもお世話になり、ありがとうございます☺︎

甘粛、烏孫、烏垣について詳しく教えてください。教科書も拝見しましたが、あまり書いてありませんでした。年代や系統、特徴等、知っている範囲で詳しくお願いしたいです

Aベストアンサー

甘粛はモンゴル・西域に接する重要な場所であり、
漢代には涼州と呼ばれ、北宋代に甘州と粛州がありました。
西夏王国がこれらを併せて「甘粛軍司」を設置したのが、甘粛の起源様ですね。
元代には「甘粛行省」が設置され、省級レベルの行政区となり、清代には現在の甘粛省が成立しています。
因みに黄河が省中央部を横断し、省域は西北に向かって長く延びている為、河西回廊と呼ばれているようです。

烏孫は、紀元前161年から5世紀にかけて、イシク湖辺り(今のキルギス辺り)に存在した遊牧国家ですね。
5世紀から6世紀にかけて烏孫族は姿を消したと言われています。
秦の末年、匈奴が冒頓単于のもとでモンゴル高原を統一、
前漢の孝文帝の時代になり、その周辺国であった烏孫を含めたタリム盆地の26国は匈奴に征服されますが、
その際、烏孫王であった難兜靡は殺され、子の昆莫が匈奴のもとで育てられたと言われています。
後に昆莫は匈奴で手柄を立てるようになり、老上単于から烏孫の民を返され、西城を鎮守しながらも、次第に勢力を増していきます。
以降は後漢の時代・北魏の時代と移り変わりますが、烏孫はたびたび柔然に侵され、西の葱嶺山中に移り、
最終的には姿を消していきます。

烏桓は、紀元前1世紀から紀元後3世紀にかけて中国北部…現在の内モンゴル自治区に存在していた民族ですね。
(三国志等では烏丸と表記されています)
こちらについては色々と歴史や習慣・風俗が有るので、
教科書等や他にも資料をお持ちなら「烏丸」の方で記載されているかもしれないので少し見直してみると良いかもしれないですね。

甘粛はモンゴル・西域に接する重要な場所であり、
漢代には涼州と呼ばれ、北宋代に甘州と粛州がありました。
西夏王国がこれらを併せて「甘粛軍司」を設置したのが、甘粛の起源様ですね。
元代には「甘粛行省」が設置され、省級レベルの行政区となり、清代には現在の甘粛省が成立しています。
因みに黄河が省中央部を横断し、省域は西北に向かって長く延びている為、河西回廊と呼ばれているようです。

烏孫は、紀元前161年から5世紀にかけて、イシク湖辺り(今のキルギス辺り)に存在した遊牧国家ですね。
5世紀...続きを読む

Qフーリエ級数の係数の求め方について。

以下の式を用いて,計算をしようとしております。
4次のフーリエ級数
w(x,y)=Σ(i=1~4)Σ(j=1~4){αij*sin(iπx/a)*sin(jπy/b)}

です。見にくかったらすいません。

このとき,係数a,bと64点のw(x,y)の数値が分かっています。あとは,αij(i=4,j=4なので係数が16コ)を求めるだけなのですが,この係数αの求め方が分かりません。

ちなみにαの係数を求めるのに,行列問題として
[A]{α}=[w] ここで[A]は各i,jにおけるsin(iπx/a)*sin(jπy/b)の値
としています。

そして,行列[A]の逆行列を求めて,[w]にかければ{α}が求まり,この係数を使って逆にw(x,y)を求めてみたらもともとの値と全く違う結果となってしまいました。

係数αを求めるのにどうすればよいか困っております。詳しい方がいらっしゃいましたらご指導のほう宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 ご要望に答えて最急降下法について説明します。

1.まず誤差関数Eを定義します。
 何通りか方法があるようですが次のようなものでいいと思います。
 ただし、DnはW(Xn,Yn)の所望の値とします。
E=(1/2) Σ(n=1~64) {W(Xn,Yn)-Dn}^2

2.Eを各αijにより微分します。
 dE/dαijが求まります。

3.αijの更新量Δαijを算出します。
 Δαij = -A dE/dαij

 Aは0より大きい正の実数定数で、任意です。あまり大きすぎるとうまく計算ができなくなり、小さすぎると計算が遅くなります。最初は0.3程度にして遅ければ大きくしてやり直すといいと思います。

4.各αijを更新します。
αij ← αij +Δαij

5.誤差関数の大きさを確認して誤差が十小さくなっていないならステップ2へもどります。
 うまくいけばEの値が0になりますが、今回はそういう事は無いと思います。

 手順の説明は以上です。
 一応、機械的に従えばできるはずです。見てとれたならば失礼ですが、もし疑問がわくとすれば、Eの定義がなぜ上のようなものになるかという事と、更新量の算出方法でしょう。
 Eは、全体の誤差が大きくなればなるほどに、出力値が大きくなる関数という事です。係数の(1/2)は微分したときにすっきりするためにつけてあるだけです。
 更新量については、dE/dαijとはαの微小変化に関する増減の割合と見れますから、dE/dαij>0のときαijが大きくなれば誤差が増えるとだけいっておきます。

 あとはがんばってください。
 

 ご要望に答えて最急降下法について説明します。

1.まず誤差関数Eを定義します。
 何通りか方法があるようですが次のようなものでいいと思います。
 ただし、DnはW(Xn,Yn)の所望の値とします。
E=(1/2) Σ(n=1~64) {W(Xn,Yn)-Dn}^2

2.Eを各αijにより微分します。
 dE/dαijが求まります。

3.αijの更新量Δαijを算出します。
 Δαij = -A dE/dαij

 Aは0より大きい正の実数定数で、任意です。あまり大きすぎるとうまく計算ができなくなり、小さすぎると計算が遅くなります。最初は0.3程度...続きを読む

Q世界史に関する質問です!受験勉強ですので、正確な知識のご教示をお願いします。いつもお世話になり、あり

世界史に関する質問です!受験勉強ですので、正確な知識のご教示をお願いします。いつもお世話になり、ありがとうございます☺︎

中国史です。宋の時代に、銅銭の交易が盛んになったと教科書に書いてありました。そこで、疑問なのですが、そもそも銅銭はいつから(どの国家が一番に)使われだしましたか?教科書には金属貨幣の最初の使用はアッシリアの後のリディアであるとしか書いてないです。

また、日本で使われ始めたのがいつ頃かも分かればお願いします。

Aベストアンサー

御参考まで。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B2%A8%E5%B9%A3%E5%8F%B2

http://www.imes.boj.or.jp/cm/research/zuroku/2009c_10_29.pdf

Qグラフから係数を...

 こんばんは、早速、質問ですが
 例えば2次関数 y=ax^2+bx+c (a≠0)の
係数a,b,cが定まれば関数もしくはグラフが描けます。
(そのような数学教育ソフトもたくさんあります。)
 ここからが質問の趣旨です。
その描かれたグラフをマウスで、クリックなりドラックなりして
平行移動や(この場合b,cが変化します)
下に凸ならば、鋭く、もしくは緩やかになったりと
(この場合はaが変化します)
グラフをいじくると、それに対応した係数がかえってくる。
そのようなソフトってありますか?

 多くのソフトですと、係数を代入してグラフが描かれますが、
その逆のことです。
おそらく任意に平行移動や鋭く緩やかなので
かえってくる係数のほうも、かなり半端な値になると
思いますが(2.57553...とか)

 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

オフィスソフトの定番のエクセル・・

これで、点の座標をあたえてやり、
その点を通るある関数の係数を求めることができます。

細かい操作はここでは説明が難しいですが、
エクセルがあればできるので、ヘルプなどを見てがんばってください。

Qこの問題が分かりませんので、教えていただきたいです。よろしくお願いします。

この問題が分かりませんので、教えていただきたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ラインウィーバー・バーク・プロット」ですか? 専門的過ぎて、答えられる人は少ないでしょう。

質問者さんは、それを専門に勉強しているのでしょう? テキストも持っているのでしょう?
逆にこちらが、「それってどういうもので、どうすれば何が分かるの?」と聞きたいくらいです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%EF%BC%9D%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%88

Q粘性係数と動粘性係数の違いは?

粘性係数を密度で割ったものが動粘性係数になることは分かりますが,その物理的意味が分かりません.
たとえば,
(1)粘性係数が大,動粘性係数も大,
(2)両方とも小
(3)粘性係数が小,動粘性係数は大
(4)粘性係数が大,動粘性係数は小
という物性値の物質があると思うのですが,
それらの流れやすさや流れ方などが,どう違ってくるのかを教えて頂きたいです.
よろしくお願いします.

Aベストアンサー

ご明察のとおり、動粘性係数は、粘性係数を密度で割ったものに過ぎませんので、これらだけを比較しても、あまり意味はありません。しかし、流れを扱う流体力学では、動粘性係数がよく使われます。流体力学では、レイノルズ数と言って、長さ×速度÷動粘性係数で表される、無次元数があります。このレイノルズ数こそは、本当に物理的な意味があります。たとえば、円管内の流れの様子は、レイノルズ数が同じなら同じになります。

Qわびさびとは何ですか、調べてもよくわからないのでよろしくお願いします。長いと時間が

わびさびとは何ですか、調べてもよくわからないのでよろしくお願いします。長いと時間がないので殆ど見れません。

Aベストアンサー

わび:パッと見ると朽ちていたり、劣化していたりするものと判断しがちなものも、良く見るとそれなりの美しさや味わいがあるということに気がつくこと。
さび:汚れや劣化を受け入れて積極的にその良さを見出そうとすること。

物の美しさというもの表裏一体であり、それを理解するのが日本文化の真骨頂だという意味で使われます。

Q次数と係数

Q1次の単公式の次数と係数をいえ。
(1)5x^2 (2)x (3)1/2ax (4)-3abx^2

答え
(1)次数2係数5
(2)次数1係数1
(3)次数2係数1/2
(4)次数4係数-3

Q2次の単公式で〔 〕内の文字に着目したとき
次数と係数をいえ。

(1)3ax^2〔x〕 (2)4ax^2y^3〔y〕(3)-2a^3xy〔a〕

答え
(1)次数2係数3a
(2)次数3係数4ax^2
(3)次数3係数-2xy

であっていますか??

Aベストアンサー

貴方の答えは、Q1 と Q2 で考え方が異なっています。
正しいのは、Q2 のやり方のほうです。

Q1.
(1)(2)は合っている。x しか変数がないから。
(3) x に着目すると、次数 1 係数 (1/2)a。
  a に着目すると、次数 1 係数 (1/2)x。
  x と a に着目すれば、次数 2 係数 1/2。
(4) x に着目すると、次数 2 係数 -3ab。
  a に着目すると、次数 1 係数 -3bx^2。
  b に着目すると、次数 1 係数 -3ax^2。
  x,a,b 全てに着目すれば、次数 4 係数 -3。
  他にも、x と a だけに着目するとか
  ありえるかもしれません。どの変数についての
  次数と係数の話だか、明示する必要があります。

Q電場と電位の関係 物理初学者ですので、トンチンカンな質問かもしれませんが、よろしくお願いいたします。

電場と電位の関係
物理初学者ですので、トンチンカンな質問かもしれませんが、よろしくお願いいたします。
私の使っている参考書では、電場と電位の関係は、一様な電場のもとで、V=Ed…①の関係が成立するとあります。
しかし、点電荷Qの作る電場がE=kQ/r^2で、電位がV=kQ/rであるなら、V=r*(kQ/r^2)=Erとなり、rをdに置き換えれば①の関係式と同じものが得られ、電場が一様であるという条件は必要ないと思うのですが、どこで考え間違いをしているでしょうか。
独学ということもあり、電気のそもそもがわかっておりません。
お手数ですが、解説のほど、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.1です。
まず、「一様な電場」という言葉の意味を理解しておりますでしょうか?
どの点でも電場の大きさと方向が同じという意味です。

答えを書いてしまいますが、添付のような場合、点電荷Qが作る電場は、電荷からの距離が変わると大きさが変わるので一様な電場ではありません。

図の点Aの電位VaとBの電位Vbはすぐわかりますよね?この差が点Aを基準にしたときの点Bの電位、つまり点AとBの電位差になります。(電位差V=Va-Vb)

これにより導き出されるのは、V=Edとは全く違う関係になっています。


さて、本題のほうに戻りますと、そもそも、電位と電位差の違いは分かりますか?
電位は「(無限遠点を基準とした)任意の点の電気的位置エネルギー」
電位差は「任意の二点の電位の差」
です。(注)
お手元の参考書にV=Edの式があるとのことですが、そのVは電位差であって電位ではありません。
一様な電場E中の任意の二点(正確には、その二点をつなぐ直線は電場の向きと平行となる位置にある二点)の距離をd、その二点の電位差をVとすると、この式が成り立ちます。

点電荷が作る電場と電位には、最初の質問文で指摘しておられるような関係が確かに成り立ちます。
(ただし、あまり意味はありません。一般に電場と電位にこの関係が成り立つわけじゃありませんので、これで覚えることは危険です)
しかし、先に示したように、点電荷が作る電場と電位差には成り立ちません。

参考書を読み進めると、おそらく、平行平板コンデンサーというものが出てくると思います。出てこなければインターネット検索してみてください。
このV=Edという式は、このコンデンサーというものの考察で役に立ってきます。


(注)電位や電位差、電圧という単語について、本によって書き方は様々で、お手元の参考書のような書き方が正しいとする見方もあります。説明や理解の簡単さからすると、私の言い方が簡単だと思います。

No.1です。
まず、「一様な電場」という言葉の意味を理解しておりますでしょうか?
どの点でも電場の大きさと方向が同じという意味です。

答えを書いてしまいますが、添付のような場合、点電荷Qが作る電場は、電荷からの距離が変わると大きさが変わるので一様な電場ではありません。

図の点Aの電位VaとBの電位Vbはすぐわかりますよね?この差が点Aを基準にしたときの点Bの電位、つまり点AとBの電位差になります。(電位差V=Va-Vb)

これにより導き出されるのは、V=Edとは全く違う関係になっています。


さて...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報