ダイワ精工フィールドテスターについて御存じの方
いませんか? ダイワ提供の釣り番組等で登場していたり、本やビデオにも出ている方達なんですが。
ちなみに、わたしは鵜沢氏と荘司氏を手本にクロダイ釣りに励んでいます。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

番組 釣り」に関するQ&A: 釣りの番組について

A 回答 (2件)

arai163さんが答えたので間違いないと思います。


テスターに選ばれる人とは
ダイワの大会に出て優勝したり、釣りされる方って
行きつけの店ありますよね。その店の推薦ってのも
あるそうですよ。推薦と言ってもやっぱり釣果です
よね、これは、かなりその地域で有名にならなければ
ダメみたいですよ。

荘司さんって紀州釣りの方でしたっけ?
家の主人も最初はダイワのグレ釣師 
山元 八郎さんに憧れて同じ物を買い揃え釣りを
していました。けど、今はガマカツの松田稔さんに
憧れて道具を買い揃えビデオを見て研究しています。
余談になりました・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初めまして。
回答の補足、ありがとうございます。
そうです、荘司明良氏は一年中紀州釣りのツワモノです。(笑)
余談ですが、紀州釣りでは荘司明良氏、フカセ釣りは鵜沢政則氏になりきっています。
釣果はともなってないですが。(^_^;)

お礼日時:2000/12/20 18:51

恐らくで恐縮ですが、フィールドテスターとは、「ダイワ精工社の釣具製品を実際に使用し、その製品に関する使い易さとか改良点をモニターし、会社に報告あるいは提言する人」だと思います。


ダイワ精工では大塚貴汪プロですよね。
しいて言えば、自動車のテストドライバーとか飛行機のテストパイロットと同意語ではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

初めまして。
早速のお答え、ありがとうございます!
検索エンジンや、
ダイワのHPでも分からなかったので助かりました。

お礼日時:2000/12/20 18:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテスターの電流の測定の仕方

ディジタル式のテスターで電流を測定したいのですが、よくわかりません。

まず、本体のテスター棒を差し込む穴は3つあり、ひとつは黒で「COM」とあります。赤が2つで、一方は「VΩmA」とあり、もう一方は「10A DC」と書いてあります。

そして電流側のレンジは「A=」の枠に、200μ、2000μ、20m、200m
があり、もうひとつ白いバックに黒く10A=
とあります。「=」は上が実線、下が点線の「直流」のマークです。

ここで直流電源3V、ピンチオフ電流が12.0~18.0mAの定電流ダイオード(石塚電子 CRD EシリーズのE153)、定格電流20mAのLEDを直列につなぎ、そこを流れる電流を測定したいのですが、テスタの設定をどのようにして入れればいいのでしょうか?

実際試してみたのですが、
黒のテスタ棒を「COM」、赤のテスタ棒を「VΩmA」としてレンジを20mにして、テスタを直列に入れてもメータは0のままでした。LEDは暗く光りました。

次に、黒のテスタ棒を「COM」、赤のテスタ棒を「10A DC」にしてレンジを10A=にしてはかったら、表示は「0.02」とでて、テスタ棒の差込はそのままで、レンジを20mに変えても表示は0のままでした。(当然と言えば当然ですが)。LEDは明るく光りました。

質問は、
1、テスタ棒(赤)をVΩmAにし、レンジを20mにして測定しても表示が0であるのはなぜですか?

2、10A DCの穴(赤)はどういう意味ですか?また、VΩmAとの違いは何ですか?

3、表示で「0.02」と出ましたが、それは20mAが流れていると言うことですか?

です。長くなってしまいましたが、よろしくお願いします。

ディジタル式のテスターで電流を測定したいのですが、よくわかりません。

まず、本体のテスター棒を差し込む穴は3つあり、ひとつは黒で「COM」とあります。赤が2つで、一方は「VΩmA」とあり、もう一方は「10A DC」と書いてあります。

そして電流側のレンジは「A=」の枠に、200μ、2000μ、20m、200m
があり、もうひとつ白いバックに黒く10A=
とあります。「=」は上が実線、下が点線の「直流」のマークです。

ここで直流電源3V、ピンチオフ電流が12.0~18.0mAの定電流ダイオード(石塚電子 CRD Eシリ...続きを読む

Aベストアンサー

3. 表示が0.02Aということは、20mA流れている、ということでOKかと思います。
2. 10ADCは10Aレンジの専用端子かと思います。
テスターの入力には保護のためにヒューズが入っていることがあります。
10Aのレンジでは、大電流を測定するため、それに応じたヒューズが入っている専用端子を設けているかと。

1.デジタルテスターの電流レンジでは、定格電流を流すと結構大きな電圧降下があります。(大体、定格電流を測定すると、電圧の最低レンジフルスケール程度の電圧降下が起きます。)
直流電源の電圧が3VとLEDの電圧降下やCRDの必要電圧と比べると、充分ではないかと思います。
20mAレンジの場合にはテスターの内部抵抗が直列に入ったために電流値が低下したのではないでしょうか。
(石塚の12-18mAのCRDを正常に動作させるには、CRDに5V程度以上の電圧をかける必要があるようです。LEDの順方向降下を考慮すると、直流電源としては、(LEDの色にもよりますが)、電源電圧は7V程度は必要かと思います。)
10A端子の場合、内部抵抗が低いので、それなりに電流が流れてLEDが明るく点灯したのではないかと。

3. 表示が0.02Aということは、20mA流れている、ということでOKかと思います。
2. 10ADCは10Aレンジの専用端子かと思います。
テスターの入力には保護のためにヒューズが入っていることがあります。
10Aのレンジでは、大電流を測定するため、それに応じたヒューズが入っている専用端子を設けているかと。

1.デジタルテスターの電流レンジでは、定格電流を流すと結構大きな電圧降下があります。(大体、定格電流を測定すると、電圧の最低レンジフルスケール程度の電圧降下が起きます。)
直流電源の電圧が3V...続きを読む

Qクロダイの落とし込み(ヘチ釣り)の夜釣りは非効率的?

朝夕のまずめ時はもちろん、日中は釣り場が混雑するので、夜釣りをメインにねらいたいのですが、
いろいろ調べてみても、クロダイ(チヌ)の夜釣りはウキ釣り(餌は虫類)が定番のようです。
夜釣りでヘチ(落とし込み)釣りは、日中より効率が悪くなるのでしょうか?
また、夜釣りで虫以外の餌(イガイやカニなど)はクロダイから見えないのでしょうか?
やはり、夜釣りの落とし込み(ヘチ釣り)は、日中より効率が悪いのでしょうか?

Aベストアンサー

 夜でも釣れます。マズメが一番でしょうが、日によっては日中よりよく釣れることもあります。

 ただ、効率というか、道糸が夜は見えませんので向こうあわせとか聞き合わせになります。日中より難しい面があると思います。

 ある程度月とか街灯の明かりがあった方がよろしいかもしれませんが、真っ暗でもけっこう食ってきます。見えているのかそれ以外の感覚でエサを喰うのかよくわかりません。

Qデジタルテスターによるバッテリーの測定

車やバイクのバッテリーの電圧を測る場合、+端子にテスタコードの+(赤色)、-端子にテスタコードの-(黒色)を繋いで測定すると思います。(並列接続になっているはずです。)

電流を測る場合は直列に繋がないといけないので、バッテリーのような完成した回路を計るのは難しいと思います。

もし、電圧を測るときと同じように(並列接続)にし、テスタのつまみを電流に設定して測定したらどうなるのでしょうか?

テスタが壊れるのでしょうか?

Aベストアンサー

0オームに近いテスタの両端にバッテリの電圧がかかり、
大電流が流れ、テスタが壊れるか
テスタ内蔵の保護回路が働きます。

既存回路を「切らずに」電流を測定する器具として
「クランプ式」のものがあります。
洗濯ばさみのような形状で、電流が流れてる線を
取り囲むようにはさむことで電流を測定するものです。

あまり小さな電流は測れないとか、
クランプすればそれなりの影響を与える、というのは
一般の測定器同様です。

http://shop.yumetenpo.jp/goods/d/marusan-hobby.jp/g/Graupner1958/index.shtml
http://www.mandc.org/MandC/include/html/tech/70101.htm
http://www.multimic.com/measuring/measuring4/cat4_3_1.html

Q堤防からのチヌ、クロダイ釣りについて教えて!

今度、堤防からチヌ、クロダイ釣りに挑戦しようと思うのですが、
チヌやクロダイのつり方などは本などを読んで勉強したのですが、
コマセに入れるオキアミは大きなオキアミを入れればいいのでしょうか?
それともサビキ釣りなどに使う小さなオキアミがいいのでしょうか?
あと、コマセに入れるおすすめの集魚剤などありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

チヌ釣りのオキアミは大きいヤツですね。
サビキに入れるのはオキアミではなく赤アミです(塩からなどと同じ種類ですね)

集魚剤はマルキュー、ヒロキュー、三太郎、つり万などから出ている
チヌ用の集魚剤ならどれでもそれほど差はありません。
(グレ用は比重が軽く底にマキエが効きにくいのでチヌにはXです)
丸1日の量としてはオキアミ2枚(3kgX2)集魚剤2袋プラスツケエと
いうぐらいの量になりますね。オキアミはなるべく原型のままの方がチヌに
アピールしますから釣具店に事前に頼めれば全解凍にしてもらっておくといいですね。

集魚剤は水深が深い場所や遠投が必要なら高比重のタイプを混ぜて
釣場の透明度が高くきれいな場所でしたら、にごりの強いタイプを使うといいですね。
これに釣具店に売っている押し麦を1袋入れると更に効果が上がります。
釣ったチヌを捌いてみるとかなりの量の麦を喰ってます。
またひらひら舞いながら沈下しますからその視覚効果も非常に高いですね。

仕掛けを1投したら必ず小さな柄杓で2、3杯ポイントをずらさずに打ち続ける
ことによってチヌが回遊してきたら大型の連発ということがよくありますから
1日中同じポイントにマキエを打ち続けないと結果は分からないのが波止のチヌ釣りですね。

チヌ釣りのオキアミは大きいヤツですね。
サビキに入れるのはオキアミではなく赤アミです(塩からなどと同じ種類ですね)

集魚剤はマルキュー、ヒロキュー、三太郎、つり万などから出ている
チヌ用の集魚剤ならどれでもそれほど差はありません。
(グレ用は比重が軽く底にマキエが効きにくいのでチヌにはXです)
丸1日の量としてはオキアミ2枚(3kgX2)集魚剤2袋プラスツケエと
いうぐらいの量になりますね。オキアミはなるべく原型のままの方がチヌに
アピールしますから釣具店に事前に頼めれ...続きを読む

Q電気を図るテスターについて。

テスターで電圧でしたっけ? を図る時例えば車のバッテリーならプラス端子とマイナス端子にテスタの針を同時に当てたり、家庭内のコンセントの穴に右左テスターの針を突っ込むと値(電力など)が計れますよね?
いつも思うのですが感電やショートしたりしないですよね?
何故なんですか?
極端な話、針金等突っ込むとえらいことになるので不思議に感じてます。

Aベストアンサー

テスターの中には抵抗が入っており、
電流が流れにくくなっています。

レンジを切り替えて、抵抗値を変えることにより、
違った電圧も同じメータ(アナログの場合)で見ることが可能です。

高い電圧を、低いレンジで計測しようとすると、
針が振り切れてメータを壊す場合があり得ます。

感電やショートといったモノは、回路を形成してそこに電流が流れるため、
感電したりショートしたりしてしまいます。

極端な話電位差が無ければ、感電やショートは発生しません。
高圧線の所に人がぶら下がっても、そのままでは感電せず、
電位差のある場所に接地して電気が流れて感電します。

日本で行っているか判りませんが、海外では高圧線の作業を行うときに、
高圧線の電位まで人体の電位を高めてから高圧線にぶら下がります。
うっかり接地して電気が流れたらアウトですが・・・

ちなみに、市販の安いテスターであれば耐電圧が1000V程度なので、
電圧の高い物は計測できません。
高電圧を測る物は、直接リードを接触させずに計測しています。

高電圧計測のテスターは分解能が低いので、
微少な電圧の変化を判定することは不向きです。

市販のテスターも、
レンジにより分解能(どれだけ細かく測れるか)が異なっている物が多いです。

針金を突っ込んでも、間に抵抗が入っていればショートにはなりません。
トランスなどのようにコイル状に巻いた長い針金(巻いている所は絶縁要)であれば、
針金自体が抵抗となるので短い針金を突っ込むのとは違い、ショート(短絡)にはなりません。

電圧が高くなると絶縁が難しくなってきます。

テスターの中には抵抗が入っており、
電流が流れにくくなっています。

レンジを切り替えて、抵抗値を変えることにより、
違った電圧も同じメータ(アナログの場合)で見ることが可能です。

高い電圧を、低いレンジで計測しようとすると、
針が振り切れてメータを壊す場合があり得ます。

感電やショートといったモノは、回路を形成してそこに電流が流れるため、
感電したりショートしたりしてしまいます。

極端な話電位差が無ければ、感電やショートは発生しません。
高圧線の所に人がぶら下がっても、そのまま...続きを読む

Qルアーでチヌ(クロダイ)の釣り方を教えてください

最近ワームやプラグ等でチヌが釣れるとよく聞きます さほど未だメジャーな釣り方ではないと思うので情報が集まらず釣り方等が解りません 詳しい方アドバイスをお願いします 私、自身シーバスはします

Aベストアンサー

私の経験で言えば、河口でいくつか釣ったことがあるのと、テトラの隙間で釣ったことがあるのしか有りません。
 時期は2月から5月まで 使用ルアーはワームのグラスミノーSSと呼ばれる物で 河口で釣ったときは10gのジグヘッドでグラスミノーSSを使い出来るだけ遠投をして川上から川下へ巻き取りの途中にヒットさせました。
 時間は夜中でしたねちょうど潮は引き潮がはいったときだったと思います

 あとテトラの話はジグヘッドは5g~2gくらいでワームは同じ物 
 その時の条件は海がしけていて港の中のテトラの穴の中で、そ~とワームを沈めたところヒットしました。

 海が荒れているためにきっとここで餌をまって居たのだと思います。
 この経験は数回ですがあります 当然大きさは大きくはありませんが30cm位の物でした。
 この釣り方は気をつけてくださいね 海に落ちないように(時間は昼間でした)

Q車のクラクションが鳴らない断線なのかテスターで調べたい

車のクラクションが鳴らなくなってしまい困っています。
断線なのかホーンの故障なのかテスタで調べたいのですがどうやって調べたら断線しているかしていないのか分かるのでしょうか?
コネクタを外して測定しても変化なし断線かと思い確実に断線していないヒーズがある箇所を測定しても変化なし。正しい測定方法が分からないです。

Aベストアンサー

ホーンリレーを探してください。エンジンルームのリレーボックスの中に有ると思います。リレーを外します。電源、ホーン、ホーンスイッチの端子があります。電源をテスターやテストランプで探します。3箇所とも電気が来ていなければヒューズからリレーまでが悪い。電気来ればそのところが電源です。電源とホーン、電源とホーンスイッチを交互に短絡、ショートさせます。ショートさせるのは極短時間にする。この時、ホーンが鳴ればリレーかホーンスイッチの故障です。鳴らなければホーンかホーンまでの配線です。この時ヒューズが切れればどこかで配線等がショートしています。

Qクロダイとスズキ 棲み分け・釣り分け

クロダイを狙ってルアーで釣りをしていますが、スズキ(小さい)は釣れるんですがクロダイが釣れません。1匹も。

この堤防に良型のクロダイが居ることは他の釣り人の釣果から証明されています。
しかしその人は堤防の先(本来立ち入り禁止:水深4~7m)で釣っています。
当方はマナーを守ることにしているので、堤防の付け根(水深~3m)だけでしかやりません。

ここまで書いてしまうと、クロダイは深場、スズキは浅場で棲み分け・釣り分けしていて、もう質問に対する答えが出ているじゃないか、ということになりますが。
これは正解ではないと思っています。
経験的に、クロダイはびっくりするような浅瀬にも居ることは知っています。それなら何故当方には釣れないのか?魚影すら確認できないのか?

そもそもクロダイ、スズキは同じポイントに同時に存在するのか?棲み分けはしていないのか?という疑問が湧きます。場所・潮・餌・時間等等の面で。
御存じの方、よろしくお願いいたします。

、、ふと。クロダイ釣りの方はカラス貝のような2枚貝を餌に釣っているようですが、この堤防の付け根には2枚貝の姿、、、、そういえば見たこと無いな、、、関係ありますか?

クロダイを狙ってルアーで釣りをしていますが、スズキ(小さい)は釣れるんですがクロダイが釣れません。1匹も。

この堤防に良型のクロダイが居ることは他の釣り人の釣果から証明されています。
しかしその人は堤防の先(本来立ち入り禁止:水深4~7m)で釣っています。
当方はマナーを守ることにしているので、堤防の付け根(水深~3m)だけでしかやりません。

ここまで書いてしまうと、クロダイは深場、スズキは浅場で棲み分け・釣り分けしていて、もう質問に対する答えが出ているじゃないか、ということ...続きを読む

Aベストアンサー

>棲み分けってどうなんでしょうね?
>クロダイとスズキが同じポイントに共存しているんでしょうか?

シーズンやシチュエーションによっては完全に共存状態で、ほぼ同じように
ルアーを追うことが良くあります。

ここは私の地元の川で、河口から10km近く上流ですが、晩秋の落ち鮎パターンになると
チヌとシーバスが、同じルアー、同じカラー、アクションでどちらも良く釣れます。
http://www.duel.co.jp/movie/107/
http://www.duel.co.jp/movie/109/

シャロー部でも流心の中の流れのきついところでも、どちらでもチヌもスズキも喰ってきます。
(ただこんなパターン、場所だとトップには出ない)

これからの時期、海水温がどんどん高くなってくるとチヌもシーバスも水温の低い
河川内に入ってきて、特に日中の最高温度近くになるとシーバスはボトムのブレーク部分で
じっとしていて朝夕にベイトを追いますが、チヌはその付近をまったく怖がらずに回遊して
あっちこっちでボトムにいるカニを喰ったり、トップルアーに反応したりします。

もうこの光景は何十回と河口で立ち込んだり、ちょっと護岸の高い位置から偏光で確認していて
こんなところだとどちらもトップには反応しません。

チヌもシーバスも群れでいるよりも単体でうろうろしながらベイトを探しているときの方が
トップルアーに反応しやすく、早朝などはシーバスの方がバイトが多いですね。

ただこれも大型の波止やケーソンなどで途中に海水が通っているような場所だと
シーバスが群れで付いていて、チヌもそんな場所では波止際のカラス貝なども捕食
しにくいでしょうからスズキの独占ですが、沖のシーバースなどの橋脚に付いているチヌは
いずれも50cm前後の大型の数多くの群れが多く、この状況だと今度はスズキが
共存しにくく、こんな場所だとチヌのレンジが浅く、シーバスがずっと深いケースが
多いですね。

>棲み分けってどうなんでしょうね?
>クロダイとスズキが同じポイントに共存しているんでしょうか?

シーズンやシチュエーションによっては完全に共存状態で、ほぼ同じように
ルアーを追うことが良くあります。

ここは私の地元の川で、河口から10km近く上流ですが、晩秋の落ち鮎パターンになると
チヌとシーバスが、同じルアー、同じカラー、アクションでどちらも良く釣れます。
http://www.duel.co.jp/movie/107/
http://www.duel.co.jp/movie/109/

シャロー部でも流心の中の流れのきついところでも、どち...続きを読む

Qテスターのレンジ選択ミス

画像のような安価なテスターを使用しています。
先日なんですが、100Vの電圧を測るのに、DCレンジの200の所で、センサー棒をコンセントに差し込んでしまいました。
数字が表示されましたが、すぐにテスタ棒を抜いたので、数字は覚えていません。
ミスに気づき、ACレンジの200の所で測りなおして、101.5Vと表示されました。

ここでちょっと疑問なのは、DCレンジで交流を測った事に関して、テスターは、故障しないのでしょうか?
また、コンセント側は、テスターのレンジをDC測定で行った事に関して、ダメージはないのでしょうか?

Aベストアンサー

DCレンジで交流を測った事に関して、テスターは、故障しません。(表示される測定値が不正確な値になるだけです)

また、コンセント側は、テスターのレンジをDC測定で行った事に関して、ダメージはないです。(電圧測定ではACでもDCでもテスターからコンセント側に供給されるエネルギーはありませんので大丈夫です)

Q夜釣りでチヌ(クロダイ)を狙おうと思っています。

夜釣りでチヌ(クロダイ)を狙おうと思っています。

夜釣りでチヌを狙う際、コマセをまくという人と、要らないという人がいます。
恐らく、オキアミで釣ろうという人はコマセをまくし、青虫で狙う人はコマセは必要ないのではないかと思っているのですか、どうでしょうか?コマセは必要ですか?
ちなみに自分は「岩イソメ(マムシ)」で狙おうと思っています。

Aベストアンサー

虫餌でクロダイを狙う場合は基本的には必要無いと思いますよ。

集魚効果を高めるという理由でコマセを使うのであれば判らなくもないですけどね。


人気Q&Aランキング