ネットが遅くてイライラしてない!?

事業・商売に絶対はありませんが、
その中でもほぼ失敗しない(儲かって成功する)という商売は何ですか?
サラ金業、ホストクラブ、キャバクラ、風俗、美容整形・・・なんかですか?
これらは確かに倒産してる人も居ますが、成功者の方が全然多いし、
他の商売に比べれば繁盛し、
稼げ、成功率も高いですよね?
ちなみに、
上の商売以外で何かありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

rin123様があげられている業種ですが、成功者の方が全然多いというのはrin123様の思い込みでしかないと思います。


それらの業種で成功している人の多くはそれが主な生業ではない方も多いですし、逆に私の思い込みかもしれませんが失敗している方のほうが私は多く存じています。
ホスト、キャバクラ、風俗、どれも人件費コストが他の業種に比べ圧倒的に多くかかり、優秀な従業員(ホスト・ホステス)の確保も非常に難しく、競合店も増えすぎて価格競争も激しい為に新規参入はよほどのノウハウや立地、人材、人脈が揃えられないと非常に厳しい業界だと思います。

美容整形も表に出ないだけで、手術の失敗による賠償保障なども高額、医師への給与も高額、設備投資も莫大なお金がかかり、こちらも価格競争が激しく厳しい業界です。

成功率が高い、他の商売に比べ繁盛する、稼げるというのはrin123様が表面的な価格しか見ていないからだと思うのですが、時間対効率や人件費や家賃、広告宣伝費、設備投資などの経費、既存の競合する同業他社の情報もきちんと計算した上で儲かるかどうか今一度計算されてみればどれもかなり厳しい業界だというのがおわかりになるかと思うのですが・・・。

サラ金にしても開業するのは簡単ですが、優良な顧客をつかまなければ回収にかかる時間と費用で儲けなどすっとんでしまいます。
それでも回収できればまだマシで、貸し倒ればかりになってしまえば目もあてられません。
大手がこれだけCMを流して顧客獲得に必死になっているのに、名前もわからないようなサラ金にわざわざ借りにくる人が優良な顧客である可能性は、まずないと思いませんか?

もう少し根本的に商売を勉強されるといいと思います。
逆に言えばほぼ失敗しない(儲かって成功する)ようにプランを立てる事が商売への第一歩で、開業する時に失敗するなんて思って商売始める人なんてまずいないと思いますが。
    • good
    • 2

インターネットビジネスです。

ほかのビジネスでは経費の多くを占める人件費や家賃が必要ではありませんので、圧倒的にリスクが低いです。
新しい事業プランなんかなくても、極端な話せどりのみでもフリーターレベルの生活であれば誰でもできます。
何億も儲かるかは別にして、普通のサラリーマン以上の収入がローリスクで得られる手段としては最適だと思います。
    • good
    • 1

強いて言えば、既得権益のある業種でしょうか。



たとえば、宝くじを取り扱っているタバコ店に知り合いがいますが、その権利を新たに得るのは、ほぼ不可能です。(例外的に、そこの家の養子になったり、子どもと結婚すれば、将来、店主になることも可能でしょう。)

なお、一つの業種の中に成功する業者と失敗する業者が混在するように、時間軸によっても、その違いが出てきます。
それは、たとえば”時代の波に乗る”という言葉で表せます。
ウハウハに儲かる時期はいいとして、それが終わったときに、経営者がどう対処するかで、その後も生き残れるかどうかが決まります。
    • good
    • 1

厳しいと思いますが、聞いてる段階で無理だと思いますよ。


そういう能力などなどは成功する経営者に不可欠なものです。
でなければ失敗する人は居ないと思います。
またおっしゃられているのは個人的な主観であり、実際はka-zu-saさんやsaru_1234さんががおっしゃられている通りだと思います。
    • good
    • 1

竿竹屋が潰れない理由という本がありましたよね?


竿竹屋をやればいいんじゃないですか?
    • good
    • 4

たとえばサラ金業なんてどんなに馬鹿でも無知でも無能力な人間でも登録すれば開業できる上登録は形式や用件に適合すれば無資力者でもなれます。


多くの素人が登録しサラ金から借金を原資に融資し登録業者でありながら闇金同様の金利で貸したり違法行為しまくりの上サラ金からの原資を返せず自己破産する人が山ほどいて社会問題になっていますご存知ありませんか?
あなたのあげているその他の業種もしかり成功者確立が高く成功者のほうが多ければすでに飽和状態になり
飽和状態になれば必ず失敗者の方が多くなるこれは世の常です。
むしろ成功率が低い業界で新しい手法を編み出し、其の新しい手法でトップに立つほうが成功への近道です。
    • good
    • 0

焼鳥屋は失敗しにくいとは聞いています。


店先で焼いている焼鳥屋です。仕入れが安く、売値はそこそこ取れるし、それなりに売れるそうで、かなり儲かるそうです。 
ギルドみたいなのが有るかも知れませんが。
    • good
    • 2

まぁ何にでも言えることでしょうけど,



こんな場でちょろっと書けるような方法があるなら
みんなすでに実践してるわけで,
そうなら競争過多で「失敗者」も多く出る(出てる)わけです.

「世の中うまい話がない」のと同様に,質問者様が知りたい(であろう)ことを
こんな場所(不特定多数の誰もが見てかける場所)で
教えてもらえ(て実践したら成功する)ることも
そうそうありません.

運がよければたまたまはあるかも知れませんが.
    • good
    • 0

人がやりたがらないけれども、なくてはならない仕事は成功します。



としか言いようないですよ?
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何か個人で商売を始めたいのですが。

今私は26歳(男)、会社勤めをしています。
それとは別に将来のため何か商売を始めたいと思っています。
今の自宅を自宅兼事務所(狭いですけど)として、そして今の会社を続けながらできるものを考えています。
開業資金は当てがあるのですが資格とか経験とか何もありません。
今、無い知恵絞って考えているのがチラシ、口コミ、ネット(これから勉強)による宣伝での健康食品販売業です。思いつきですが。
ノウハウから決まりごとまで何も解りませんが、たとえうまくいかなかったとしても、たとえ長く続かなかったとしても必ず開業したいんです。(諸事情は別の話になるのであえて触れないことをお許しください)
もし軌道に乗るようならもちろん続けたいと思います。
どうすれば商売始められますか?
何が必要なのでしょうか?
何を用意すればいいですか?
本とか見ても難しく、皆さんのほうがよっぽど噛み砕いて教えていただけてわかりやすいので質問させていただきました。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

会社を経営しています。具体的には海外家電の販売と、マーケティングのコンサルティング(こっちが本業)をしています。

【必要なこと】
ビジネスとして成り立つためには、具体的な商品、その商品の仕入先(との契約)、その商品の売り先(を見つけるための広告や集客施策)、その商品のデリバリ、その商品の代金回収の5つが必要です。

1.具体的な商品
  健食は止めた方がいいでしょう。(理由は後述)
  片手間でビジネスをするなら、1回の取引で5万円~10万円の
  売上になる単価の高い商品がいいと思います。
  もちろん、商品知識や「この商品のどこがいいか」という
  セールストークも必要です。

2.仕入先
  在庫を抱えずにお客様からの注文がある都度発注する
  「受注発注」で取引することが理想的です。
  取引も掛取引(=月末で締めて請求書をもらう)がベスト。
  ただ、個人相手にこんな条件で取引してくれる会社は
  まずありません。
  現実には最初に現金である程度の在庫を購入して、
  仕入先との実績を作らないと、難しいでしょう。

3.売り先
  例えばYahooに登録したり、インターネット広告を
  出す場合、最近では「法人でないとダメ」というケースが
  増えてきています。
  個人で片手間ビジネスなら、ブログとメルマガ、ヤフオクの
  3つを組み合わせるところからスタートでしょう。
  ショッピングモールに出店すれば、お客様が集まると思うのは
  大間違いです。よっぽど商品力がない限り、不可能です。

4.デリバリ
  ヤマトは、まず個人とは契約してくれないでしょう。
  佐川急便もどうだか。当初個人でスタートする場合は、
  「一般のお客様」と同じ条件での運賃をとられるでしょう。
  つまり、この時点で商売上のハンデが生まれていることを
  認識する必要があります。

5.代金回収
  法人であれば佐川やヤマトと代引の契約が出来ますが、
  個人では???
  ヤフオクのエスクローサービスなどを利用するのが
  いいでしょう。(手数料はかかりますが。。。)
  取りっぱぐれをある程度リスクとして許容できる利幅があれば、
  郵便振替等や銀行振込もありです。


【用意するもの】
・商材、商材、商材
これが決まらなければ、何もスタートできません。後は一度ご自身でヤフオクなどで購入してみてはどうですか?
そのときの出品者の対応やどんなメールのやりとりをするのか、お客様側に立って経験するといいでしょう。

・ホームページやブログといった商品説明
商品案内用のホームページがあればいいのですが、ホームページの作成は覚えるのに時間がかかります。今ならブログを使って商品毎に「使用体験レポート」を掲載してもいいでしょう。

・注文の受け皿
メールアドレスやホームページ、あるいはヤフオクといった注文を受け取るための「受け皿」も必要です。もちろん電話・FAXも注文の受け皿になります。仮にお客様とはインターネットでやりとりするにしても、仕入先がIT化されていなければ発注はFAXになります。
ビジネスになると、法人でなくても「特定商取引法」の対象となります。基本的に住所や電話番号を公開することになるので、自宅とは別の電話回線にしておくことをおすすめします。

・ボイスメールサービス
エブリネットというボイスメールサービスは片手間ビジネスにおすすめの決定版です。原理はケータイの「留守電」みたいなもので、オプションで専用の電話番号をもらえます。そこに電話がかかると、メールで知らせてくれます。FAXもセンターで預かってくれます。当社でも休日は会社の電話をエブリネットに転送しています。

・業務フローと伝票
受注→受注確認→商品引当→出荷→売上計上→代金回収
発注→支払→商品入荷
などといった、業務フローを自分なりに設計して、それに必要な伝票類を整備しておかないと、業務がパンクします。逆に頭の中で覚えてられる程度の物量だと、ビジネスにはなりません。具体的な作業手順を考えておく必要があります。

【その他】
・人脈
最近はヒト・モノ・カネ+情報という表現がされていますが、情報を持っているのはヒトです。そういった意味で人脈はとても重要です。人脈とは単に名刺交換しただけの知り合いの数ではありません。「あなたのビジネスを手伝ってくれる知り合いの数」です。今のうちに、色々な会社の経営者に会って話を聞くことをおすすめします。一番簡単な方法は、経営者団体に入会することです。

・会社設立も視野に入れておく
人脈を作る上で、会社という「箱」や肩書きという「ラベル」は重要です。その意味での会社の設立も視野に入れておく必要があると思います。
参考までに確認株式会社の設立についてのURLを掲載しておきます。これはどちらかというとビジネスが軌道に乗って、独立する場合におすすめの内容です。
「箱」としての会社、あるいはビジネスが軌道に乗っても会社を辞めないつもりなら、有限会社もしくは合資会社の設立がいいでしょう。コストパフォーマンスは合資会社が一番です。最近は合資会社も認知度が高くなってきており、IT系でも合資会社が増えています。
法人であればインターネット広告やショッピングモールなど、ビジネスの手段が増えることは間違いありません。

【最後に】
・インターネットショップの「成功のカギ」
インターネットショップは80%が月商100万円に満たない「負け組」と言われています。その原因は、「わざわざ探して購入する価値のない商品を販売している」か「インターネットの活用が出来ていない」か、その両方かです。

・健食は止めた方がいい理由1
健康食品は「儲かる商材」というイメージがありますが、1人の顧客がリピーターにならないと利益が出ない商材です。また単価も安いため、数をさばく必要があり、片手間のビジネスには不向きです。健食の会社のコンサルティングをしたことがありますが、相当な設備投資をしないと儲かる構造にはなりません。

・健食は止めた方がいい理由2
また競合他社がどのくらいあるのかという視点も重要です。例えばグーグルで検索すると、「健康食品」だと約7,680,000件のページがヒットします。これだけ競合が多いと、個人が片手間に取り組むのでは、「ニッチな商材を手がけて、それがブームになる」といった幸運でもない限り、まずほとんどが失敗するでしょう。

・健食は止めた方がいい理由3
健康食品は広告表現が「薬事法」で規制されます。特にヤフーやその他のインターネット広告では、広告の文言やホームページの中に薬事法に抵触する表現があると、掲載されません。実際、当社ではあるショッピングモールで化粧品の販売を計画しましたが、薬事法を遵守するとショップのページが「これじゃ、誰も買わないだろう」という表現にしかならないため、最終的に出店を取りやめました。

以上、長くなりましたが、最終的に意思決定するのはあなたです。ビジネスの成功を祈ります。

会社を経営しています。具体的には海外家電の販売と、マーケティングのコンサルティング(こっちが本業)をしています。

【必要なこと】
ビジネスとして成り立つためには、具体的な商品、その商品の仕入先(との契約)、その商品の売り先(を見つけるための広告や集客施策)、その商品のデリバリ、その商品の代金回収の5つが必要です。

1.具体的な商品
  健食は止めた方がいいでしょう。(理由は後述)
  片手間でビジネスをするなら、1回の取引で5万円~10万円の
  売上になる単価の高い...続きを読む

Q自宅の敷地に、小さな店舗を作り、商売を始めたいと思っています。

自宅の敷地に、小さな店舗を作り、商売を始めたいと思っています。
5、6坪ほどの小さい店です。
ファンシー文具のお店を作りたいと思っています。
雑貨屋にはしないで、文具メインに考えています。
従業員は使わずに、私一人でやろうと思っています。
雑貨屋など個人経営している方がいらっしゃいましたら。
どのような手順で店舗を作られたか、
資金はどれくらいかかるのか、
店を作るにあたり、手続きなど必要なのか…
素人なゆえ、アドレスいただければありがたいです。

Aベストアンサー

もう回答などいらないかもしれませんね
なんだか見ていて気の毒になりました
これから事業を始めようとするのにもっと気の聴いた言葉はないのかなと思いました
そういうつもりではないんでしょうが集団でよってたかって罵倒している気もします

気になったので参考になるかどうかはわかりませんが私からひとこと
税務署や役所、最初はいらないような気がしますが軌道に乗り出してからでいいのではないでしょうかね
これから自営をされる方が一番大事なのは店がうまくいくかどうかです
開店前はここへ神経を全力投入しておいたほうがいいです

それから開業5年以内はつぶれるなんて話は考えなくていいです
ボクシングをやる前に負けることを考えて試合に臨むような選手はだれもいません
そもそも話を見ているとつぶれる要素なんてのはひとつもありませんから
思い切って自分のやりたいことをやるべきです
つぶれる理由なんてひとつもないでしょう
家賃も人件費もかかりませんからマイナスには絶対にはなりません
安心してください!!

ひとつだけ気になるのは自宅の敷地に、小さな店舗を作りとありますが
既設の建物があるのとないのでは初期費用はかなり違います
既存建物があればお考えの予算内で十分にできます

まあ商売は始まりがすべてではありませんから
ゆっくりとやっていけばいいと思います
夢が御ありでしょうから夢をできるだけ追いかけて下さい
私も楽しみにしております

「金持ち父さん貧乏父さん」という本など読む必要はありません
私もビジネスは18年続いてやってますが松下幸之助だとかは一回も読んだことはありません
人は人、それよりも自分の夢を追いかけるのがビジネスです

もう回答などいらないかもしれませんね
なんだか見ていて気の毒になりました
これから事業を始めようとするのにもっと気の聴いた言葉はないのかなと思いました
そういうつもりではないんでしょうが集団でよってたかって罵倒している気もします

気になったので参考になるかどうかはわかりませんが私からひとこと
税務署や役所、最初はいらないような気がしますが軌道に乗り出してからでいいのではないでしょうかね
これから自営をされる方が一番大事なのは店がうまくいくかどうかです
開店前はここへ神経を全力投...続きを読む

Qネットで商売をしたい

ネットで商売をしたいのですが、商売方法を紹介してください。
現在無職ですので時間は全て当てる事ができます。資金は100万円程です。十畳程の倉庫はあります。
アフィリエイトで月二万程度の収入を出す事ができたので、ネットで商売ができるのではないかと思った所存です。
10万円程度稼げれば十分と考えています。

Aベストアンサー

 gooyoukiさん こんばんは

 ネットで商売をする場合、まずしなければならない事は商品が記載されたHPを誰でも見て頂ける様にする事です。こんなの当たり前と思うけもしれませんがそれが結構大変で厄介なんです。

 多くの方はネットで何か買いたい場合は、楽天やヤフーオークション等のネットモールをまず見るかと思います。それらのネットモールのの場合元々ネットモール自体が費用をかけていて検索エンジンでの検索しても上位位置(数ぺーズ目)に掲載しています。もしご自身でHPを作った場合は、単にHPを作ったでけでは検索エンジンで検索しても数十ページ目の掲載になってしまって誰にも見られないHPになってしまう可能性が有ります。ですから本気でネットでの商売をしたいと考えているのであれば、楽天やヤフー等の有名ネットモールに加盟するか、月額数十万円と言う高価な費用をかけて検索エンジンで1~2ページ目HPが掲載される様な設定をしてもらう事をHP制作業者に依頼する必要が有ります。昔はHPの内容が豊富で頻繁に内容更新をしているHPをロボットエンジンが勝手に見つけ出して検索エンジン上の数ページ目に掲載する設定をしていたのですが、現在は数ページ目に掲載していただく設定をしないと数ページ目に掲載されません。そしてその設定は検索エンジン側でコロコロ変えています。したがって一回の設定しかしないとゆくゆくは20ページ目に掲載なんて事になってしまいます。20ページ目と言う事になると、誰にも見向きもされないHPになってしまいます。ですから低価格でネットショップを開業したいなら、どこかの有名ネットモールに加盟する事です。

 以上誰でも目に付く所にHPを掲載する事が出来た上で、後は何を売るかです。余程な特殊商品を販売しない限り、似ている商品はもう既にネット上で販売していると考えて良いでしょう。そう言う環境の中で売上を出すためには、どれだけ低価格で販売で来るかです。ネット販売の最大の欠点は、良品がお客様に届くまでの送料がかかる事です。余程など田舎にお住まいの方でなければ、ご近所のショップで購入する事が出来る商品を多くのネットショップでは販売しています。したがって少なくとも送料込みの価格がお近くのショップでの販売価格より安くないと、誰もネットショップでは買いません。と言う事を考えた価格設定が出来る価格で販売出来る出来る仕入れ値で仕入れられるかどうかが、ネットショップが成り立つかどうかのカギです。

 以上の事が可能なら(仕入れ価格を含めて)、ネットショップでの商売が成り立つと思います。まずは本格的にネットショップを起業する事を考える前に、ネットオクションでどう言う商品がどう言う価格設定なら売れると言う事を経験されてからの方が良いかと思います。

 以上何かの参考になれば幸いです。

 gooyoukiさん こんばんは

 ネットで商売をする場合、まずしなければならない事は商品が記載されたHPを誰でも見て頂ける様にする事です。こんなの当たり前と思うけもしれませんがそれが結構大変で厄介なんです。

 多くの方はネットで何か買いたい場合は、楽天やヤフーオークション等のネットモールをまず見るかと思います。それらのネットモールのの場合元々ネットモール自体が費用をかけていて検索エンジンでの検索しても上位位置(数ぺーズ目)に掲載しています。もしご自身でHPを作った場合は、...続きを読む


人気Q&Aランキング