日本人とヨーロッパ人の自然観の違いについて教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

西洋の自然に対する(ふるい)伝統的な考え方では『色々な自然現象は連結した事象』ではなく『それぞれが個別に存在する事象』であり、有利なものはとことん使う、不利なものは改造して使うという「作り変えることの出来る道具のひとつに過ぎない」というものです。

最近ではかなり違いますが・・・
一方東洋の自然に対する伝統的な考え方は『全ての自然現象は有形無形に関わらず連動した存在である』というものです。
図形で書き示すと、西洋的には自然は色々な図形がたくさん存在している・・のに対して、東洋的には同心円が波紋上に存在している・・こんな感じです。

その典型が西洋の屋敷にある庭(ヒドコート・マナー・ガーデンなど)にみられる人工様式美です。またプラントハンターのような感覚にも通じます。
一方日本の盆栽は『小宇宙』というように自然の形を矮小化したもの(=同心円)だったり、「借景」のように自然と溶け込む形のものが特徴的にみられます。つまり利用するというよりも溶け込む、使わせてもらうというような感覚に近いのだと思います。

先ほどの事例は極端な例ですが、こうした感覚の差異は17・8世紀以降の文化の交流で失われてしまったものも多いですが、いまだに根強く残っているように思います。
    • good
    • 0

日本人の自然感は「共生」「畏敬」「神の宿る所」


ヨーロッパ人の自然観は「障害」「一方的利用」「征服」などのキーワードで表されるでしょう。

しかし、ヨーロッパでもローマ進出以前は日本と同じであり、日本人の自然観は地球上のあらゆる民族が持っていた(いる)といって過言ではないでしょう。誤解を恐れずにいえば、多神教の国々では、万物に神(霊)が宿ると考え自然を大事にします。アメリカ・インディアン、中南米のインディオは今日でも(表面的にはキリスト教徒ながら)先祖の多神教の影響を受けヨーロッパ人より日本人に近い自然観を持っています。一神教の国々に自然破壊の歴史があるように思えます。
    • good
    • 0

日本人は自然と言うとやさしく人間を守ってくれるものと考える。



これに対し英語で言うnature 反意語は人工であり、人間に対して厳しい。

こんな感じでしょうか?「森のイングランド」(川崎 寿彦)を読んでそう思いました。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582762 …

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4582762 …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【科学】科学は自然科学・人文科学・社会科学の3つに分類される。医学も物理学も化学は自然科学の一分野だ

【科学】科学は自然科学・人文科学・社会科学の3つに分類される。医学も物理学も化学は自然科学の一分野だ。

人文科学・社会科学って何ですか?

工学も自然科学の1つ?

どういう細分化されているのか教えてください。

Aベストアンサー

自然科学は、自然を観察する事により得られる科学分野で、通常は物理学・科学・生物学・地学(地球科学)・天文学です。
自然科学で無いのは、数学・哲学などの抽象的学問ですね。
人文科学は、広義には、人間が為した文化等を研究する分野なので、社会科学を含みますが、社会のみを研究分野とする場合は、社会科学は人文科学と分離されます。
その場合の人文科学は、哲学(倫理学・論理学・数理哲学)・歴史学(考古学)・文学・芸術学(美学)・宗教学・文化人類学(民族学)・教育学・心理学などです。
社会科学は、政治学(政策科学)・経済学(経営学)・法学・社会学などです。
上記を見ると、数学が入る場所がありませんが、便宜上は形式科学ですが、大学などでは自然科学分野との関わりが強いので、自然科学の分野に加えられています。

Qマルクスと自然保護・自然改造の関連について

マルクスと自然保護・自然改造の関連について、
手短に解説してあるウェブページ、書籍はご存じないでしょうか。

かなり、緊急です・・・。

科学によって自然を保護する、というのは、マルクスに通じるのでしょうか。

Aベストアンサー

この問題に、緊急で答えろというのは、1ヶ月で大学入試の準備をしろと言われるのと同じくらい、無茶です。手短に説明しろと言われても、学者ごとにいろいろな解釈が出てきて、ハチャメチャになりそうです。特に、マルクスを読んでいる学者は、過去の文章を無理やり現代に当てはめて使おうとする傾向が強く、教授の趣味に逆らうようなことは書きたくないのであれば、そもそも最初から授業に出ておくとか、今からでも遅くはないので教授の出版物を読んでみるとかするべきだと思います。

本当のことを言うと、最低限、これくらいは読んだほうが良いのですが。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/02748960
http://www.kosho.jp/list/292/00645646.html

ただ、マルクス主義から理論的に自然保護の主張を引き出せるいう主張をする教授は、今でも生き残っているかもしれませんが、ソ連邦が実際にどんな農水政策をやったかというのと比較してみると、かなりの差が出てきて面白いと思います。やつらは、川の流れを逆流させて畑に水をもたらし、逆にアラル海という湖はサイズが縮小する一方とかいう、めちゃくちゃをやってましたからね。

共産党とかマルクス主義者とかは「科学的」という言葉を良く使うのですが、原語はドイツ語のwissenschaftlichで、これは「学問的」くらいに訳しておいたほうが、本来は正しいんですよ。マルクス主義は、自称「科学的」ですが、実際は「学問的」くらいの意味しかないんです。無論、「自然科学的」などという意味ではありません。

また、マルクスの世代では既に自然法の思想が衰退しているというのも重要な観点で、意外とこれは、マルクス主義者にとっては盲点になっているのではないかと思います。つまり、自然と人間本性は同じものであるという伝統的な視点が失われているので、自然を人間と一体のものではなく、自然を道具視する思想に近づいてしまっているような気がします。マルクスはヘーゲル批判からスタートするわけですが、ヘーゲルは逆に、自然法を完成させると共に、その解体が始まるのを見る立場にいたのです。

この問題に、緊急で答えろというのは、1ヶ月で大学入試の準備をしろと言われるのと同じくらい、無茶です。手短に説明しろと言われても、学者ごとにいろいろな解釈が出てきて、ハチャメチャになりそうです。特に、マルクスを読んでいる学者は、過去の文章を無理やり現代に当てはめて使おうとする傾向が強く、教授の趣味に逆らうようなことは書きたくないのであれば、そもそも最初から授業に出ておくとか、今からでも遅くはないので教授の出版物を読んでみるとかするべきだと思います。

本当のことを言うと、最低...続きを読む

Q“自然科学”に入る分野

20世紀以降の“自然科学”系の分野でのグループ研究について、課題作文を書くことになりました。
そこで、DNAの二重らせん構造の研究をテーマにしようと決めたのですが、“生物”が“自然科学”に入るのかどうかがわかりません。
図書室の分類表を見たのですが、“自然科学”の棚には“化学”と“物理”しか置いておらず、よくわかりませんでした。
“生物”は“自然科学”系に入りますか?
それとも、全くの別物なのでしょうか?

Aベストアンサー

生物学は、間違いなく「自然科学」です。
自然界の現象を研究対象にしていますから。
中学・高校の「理科」で取り扱われる内容は、すべて自然科学と言えると思います。
ついでに、数学も自然科学ではないでしょうか。

Q自然界の放射性物質と人工に作られた放射性の違いとは

素朴な疑問ですが福島原発事故以前にも自然界には放射性物質が存在して
いて人間は放射線をあびているんだから原発事故以後大気に放射性物質が
撒き散らされて線量値が少しぐらい上がったとしてもそれほど人体に問題がな
いと思われます。

でも良く分からないのですが原発事故以後に放出された原子炉内で作られた
ヨウ素やセシウム134、137やストロンチウム89、90やプルトニウム238~241
などの放射性物質は原発事故以前の自然界にも存在していたのですか(正
確にはソ連やアメリカによる核実験やチェルノブイリ事故よりも前の時代の時で
す)?

もし存在していなかったならそれは人間にとって新たな脅威となるのではないで
しょうか?問題なのは放射性数値の大小よりどんなタイプの放射性物質が身
の回りにあるかではないのでしょうか?

Aベストアンサー

内部被曝の問題として、
例えば自然放射能が人体内に総計で7000Bq存在しているとして、そこに人工放射能が同量の7000Bq追加されたら、体内放射性物質によって発生するガン化率が2倍の危険性を帯びる… という物凄いダメージが人体に及びますよ。

勿論当然、ガンは放射線によってのみ発生するわけではないが、放射線はガンの成因の一大要因になってる。
人間が自然に浴びている放射線が自然放射能だからといって全くガンにならないのではなく、それなりの確率で人体にガンを引き起こしている。
そこに更に新たに人工放射線が加われば、その確率が更に上昇していくという、、ごく当たり前の現象が起こります。

また、よく持ち出されるタバコの問題があるが、タバコを吸ってる方が原発事故の放射線よりも危険因子が大きい… という錯誤に満ちた解釈が時折見られますが、、
タバコはそもそも発ガン要因であり、それは中に含まれる有害化学物質と、中に含まれる放射性物質の両方によりガンを引き起こしているのであって、、、
原発事故以後はここに更に、人口放射性物質の危険要因が追加される。
福島産のタバコの葉ッパを原料に使用してプルトニウム入りのタバコが売りに出されたら、タバコを吸ってガンになるのは原発事故のセイだという事になって行きますよね。(今後は喫煙によるガン化率が急増するはずです)

放射能問題に限らず世の中の問題は、全て右か左かで割り切れるものばかりではなく、右も左も入り混じっての問題が多くある。
原発事故による放射能問題もソレです。入り混じって問題がある。
自然放射能と人工放射能を切り分けて、それらが別々の影響を人体に与えるのではなく、双方が複合して人体に悪影響を与える現象を理解し、それに対応しなければならない。

我々は自然放射能に順応して進化してきたが、ここに新たに人工放射能が追加された。
我々生物はまだそれに順応・適応していない。極めて問題が大きい。
特に、人工放射能は異常に「高濃度」に存在している場合が多い為、自然放射能の与える問題とは別の次元でその深刻さを考えなければならない。(自然放射能より人工放射能がずっと「濃い」ケースが多々有って危険… ということ)

というわけで、、
> 自然界には放射性物質が存在していて人間は放射線をあびているんだから原発事故以後大気に放射性物質が撒き散らされて線量値が少しぐらい上がったとしてもそれほど人体に問題がないと思われます。

これ、ちょっとばかり違ってますよ。

なお人工放射性物質による被曝問題は、その核種の特性に応じた対処が必要ですよね。その点は質問者さんの言う通りです。
質問者さんが例に挙げた中では、放射性ストロンチウムとプルトニウムが特に危ない。
放射性ストロンチウムはカルシウムの代用として人体の骨に一生に渡って取り込まれるので問題が大きい。
この放射性ストロンチウムを軽々しく見ていると、死にます。(良くあるのが白血病。核実験マニアだった米国では若い奴等がどんどん死んでいった)
プルトニウムもα線を出しつつ体外排出性が劣る場合があるので、毒性が強いですね。

内部被曝の問題として、
例えば自然放射能が人体内に総計で7000Bq存在しているとして、そこに人工放射能が同量の7000Bq追加されたら、体内放射性物質によって発生するガン化率が2倍の危険性を帯びる… という物凄いダメージが人体に及びますよ。

勿論当然、ガンは放射線によってのみ発生するわけではないが、放射線はガンの成因の一大要因になってる。
人間が自然に浴びている放射線が自然放射能だからといって全くガンにならないのではなく、それなりの確率で人体にガンを引き起こしている。
そこに更に新たに人...続きを読む

Q自然科学って何ですか?

よく、「理科は自然科学そのものを教える教科ではない」と言いますが、それでは自然科学って何なんでしょう?できればくわしくおねがいします。あと、自然科学と理科教育の違いなんかもできればおねがいします。

Aベストアンサー

 人文・社会科学とのちがいは、人間の活動や価値観に関わらずに存在しうる、自然界の法則を研究することだと思います。人類が絶滅したって、アルキメデスの法則どおりに浮力ははたらきます。

 科学と教育は次元が違うものだと思いますが、「科学を教える」という言い方そのものが、私にはすっきりしません。科学の取りくみ方を教える、とか、科学の到達点を教える、というとわかったような気になります。(わかっているのか?)

 「顕微鏡の使い方」など、科学そのものではないですが、理科教育の中では必要ですね。

Q自然現象もしくは自然災害 2001年 教えて!! 

2001年1月1日から2002年2月28日までに起こった 自然現象もしくは自然災害 何かあれば教えてください。
詳しくても、詳しくなくてもどちらでもいいので教えてください。
大至急知りたいです。よろしくお願いします。

自然現象or自然災害

Aベストアンサー

ロマンチックですよ。

テレビでも結構騒いでましたよ。去年の11月だったかな。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/astro/photo/astro-picture/other/2001Leo.htm

Q自然科学を学ぶことで・・・みなさんの意見を僕のサイトに公開したいんです。

私はある一つの自然科学のファンクラブを創立させていただこうと考えております。そこで、自然科学のススメというコンテツを製作し自然科学(化学や物理などの学問は自由)の素晴らしさや、学ぶ事でどういった利点があるのかを詳しく記述していく予定です。

自然科学が大好きな皆様方の意見を聞かせてください。基本的には、皆様方が自然科学を学んで得した点、良かった点、科学の素晴らしさを教えてください。

説得力のあるものは、私のサイトで公開させていただきたいと考えております。

もし、参考にするだけにしてほしく私のサイトで公開して欲しくないのであればこの旨も書いてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

参考になるかわかりませんが提示させていただきます

自然科学の工学への応用は大変奥深くやりがいがあります
結果としての商品化や社会への提供と言うことが充実感を感じさせてくれるように思います

*「技術屋の心眼」 平凡社 E・S・ファーガソン著
工学の特質を理解しようとするなら、この、看過されてはいるけども重要な思考様式を正しく認識しなければならない。
われわれの物質的な環境の概要を定め、細部を完全なものにしてきたのは、おおむね非言語的な思考である。
言語によらない学習と言う工学における貴重な遺産を無視した教育は、無数にある微妙な点については恐ろしいほど無知な学生を生み出してしまう

例 ポンプの渦巻きを目視確認すること
 振動の発生源を手で感じ取ること
水の自然な状態を感じ取ること

Qここ1年で起こった自然現象もしくは自然災害を教えて!

ここ1年で起こった自然現象もしくは自然災害で何かあれば教えてください。

詳しく教えていただければ光栄です。

大至急知りたいです。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

日本国内の災害

竜巻(日豊本線脱線事故)
http://ja.wikipedia.org/wiki/JR%E6%97%A5%E8%B1%8A%E6%9C%AC%E7%B7%9A%E8%84%B1%E7%B7%9A%E8%BB%A2%E8%A6%86%E4%BA%8B%E6%95%85

竜巻(佐呂間町災害)
http://www.fdma.go.jp/detail/695.html


台風(台風13号)
http://www.fdma.go.jp/detail/684.html

大雨
http://www.bousai.go.jp/kinkyu/060710_baiuzensen/baiuzensen09.pdf


私の覚えている大きな災害は上記です。

以外にも多々ありますので、下記を参考にされては如何でしょうか。
http://www.fdma.go.jp/bn/2006/index.html

Q社会科学は自然科学のように画期的な成果を出せないのでしょうか。

社会科学は自然科学のように画期的な成果を出せないのでしょうか。
私は現在大学で社会科学を学んでいるのですが、どうも社会科学は自然科学に比べて画期的な発見が少ないように感じます。もちろん大学での日々の勉強は楽しいですし、いろいろ研究してみたいことも出てきてはいるのですが、どの研究も自然科学と比べてスケールが小さいと思うのです。教授の方々の研究分野を見てもこまごまとしたものですし、何か行き詰まりのようなものを感じてしまいます。
それに対して自然科学は壮大だなぁと感じずにはいれません。特に宇宙とか生命に関することは魅力的にさえ感じます。新たな発見などがあるとマスコミとかで盛んに取り上げられることも影響しているかもしれませんが。もちろん自然科学にもそのような多くの関心が持たれている分野ばかりでなく、基礎研究が存在していることも理解しています。
しかし社会科学がちっぽけなものに感じてしまうのも事実です。社会科学とは、こういった学問なのでしょうか?そもそも社会科学と自然科学を比べるのがいけないんでしょうか?
私は決して社会科学に批判的なわけではないということをご考慮いただき、回答していただきたいです。
よろしくお願いします。

社会科学は自然科学のように画期的な成果を出せないのでしょうか。
私は現在大学で社会科学を学んでいるのですが、どうも社会科学は自然科学に比べて画期的な発見が少ないように感じます。もちろん大学での日々の勉強は楽しいですし、いろいろ研究してみたいことも出てきてはいるのですが、どの研究も自然科学と比べてスケールが小さいと思うのです。教授の方々の研究分野を見てもこまごまとしたものですし、何か行き詰まりのようなものを感じてしまいます。
それに対して自然科学は壮大だなぁと感じずにはいれま...続きを読む

Aベストアンサー

勘というか思いつきなんですが

社会科学は結局のところ人間の行為に基づいた学問だから、じゃないでしょうか。

人間の歴史、当てになる記録が残っているのなんてせいぜい5000年くらいですよね。
このわずかな期間の人間の営為についての研究ですから宇宙の誕生以来137億年に渡る自然科学の研究範囲に比べてスケールが小さく感じられるのは仕方がないような気がします。

しかも、経済、法律、教育、習慣、宗教、道徳なんかもその時代や場所によって変化してしまいますから普遍的な研究結果というのは出にくいでしょうね。

という感じでいかがでしょうか。

Qヨーロッパとアメリカの環境に対する考え方の違い。

ヨーロッパとアメリカでは環境(問題)に対する考え方がどのように違うのでしょうか?
ヨーロッパは二酸化炭素の削減を積極的に行なっているようですが、アメリカは京都議定書に批准しないと問題になっています。また、そのような考え方はどのような背景から異なってくるのでしょうか?

Aベストアンサー

shoyosiさんが言っている意見は私も同感です。日本人は特に疎いような気がするのですが、地理学というか環境学というか、人が住む地形・気候など環境という中の地理的・地形的な部分で思想が植え付けられる部分は多いはずです。よく、故郷が懐かしいというのも無意識に幼き頃、見慣れた風景がインプットされているからとも言われます。日本は海に囲まれ、四季があり自然が豊かともいわれ、人口が多すぎなければ、食料も豊富な国だと思います。が、人口は過多ですし、夏は高温多湿、冬は寒冷乾燥な気候は、特に人間にとっては住み難いです。しかも、平地が少ない火山地帯ですしね。

話を戻しまして、政治的にも思想が影響されていますよね。
他には個人主義の確立から、自国の問題は自国内で解決する事がヨーロッパはしっかりしていると思います。これはモンロー主義とは異なる意味です。米国はというと、世界の中心でいなければならない為にエネルギー問題、食料問題含め、他国と多く関わっている上での事なので、帝国主義が少なからず存在しているような気がします。日本もそうです。世界一紙の消費をしている日本はインドネシアやマレーシア、フィリピンの森林伐採によりなり得ています。ちょっと言葉が乱暴なのですが、自国さえよければ他国には金を払っているのだから構わないという気持ちの問題もあります。

米国が子供という意見ではないのですが、自国で生産、消費、問題解決をサイクルできる思想と仕組みがヨーロッパの国にはあり、立派だなと思わせるところがあるような気がします。

米国には日本からみても、強国でリーダーシップを発揮して欲しいですが、トップであるがゆえ、トップである事のエゴを多少感じます。

shoyosiさんが言っている意見は私も同感です。日本人は特に疎いような気がするのですが、地理学というか環境学というか、人が住む地形・気候など環境という中の地理的・地形的な部分で思想が植え付けられる部分は多いはずです。よく、故郷が懐かしいというのも無意識に幼き頃、見慣れた風景がインプットされているからとも言われます。日本は海に囲まれ、四季があり自然が豊かともいわれ、人口が多すぎなければ、食料も豊富な国だと思います。が、人口は過多ですし、夏は高温多湿、冬は寒冷乾燥な気候は、特に人間...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報