Win2000 Serverのバックアップ用にARCserve 2000を購入しましたが、使い方がいまいちわかりません。ARCserveの使い方を解説している書籍等が有りましたら紹介してください。
やりたいことは、
ARCserveでバックアップをスケジュールし、真夜中にバックアップを行う。具体的には、
  日曜日:フルバックアップ
  月曜日~土曜日:差分
  データ保存:3ヶ月程度

です。

なお、当方の環境は、
OS:Windows 2000 server
DAT:1台(テープが一本入るもの)
ARCserv:ARCserve 2000 Workgroup Edition Ver7.0(Build1030)

です。よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

私も以前、ARCserveでは色々と悩みました。

(苦労しました。)
やはり、その時に関連書籍を探したのですが見つかりませんでした。

しかし、最近のARCserveの管理者ガイドはまあまあ詳しく解説されています。
(インストールCDの中にPDFであります。)

ところでDATはDDS4ですか?
HDDの容量やテープ1本で一週間バックアップするのか、WIN2Kを何で
運用しているのかが解りませんので、1本で一週間バックアップすると仮定
して、大まかな概要を書きます。

<日曜日のフルバックアップ時の設定>
1.上書き(フォーマットしてからバックアップ)
2.フル アーカイブビットをクリアにする。

<月~土曜日の差分のバックアップ時の設定>
1.追加(デフォルト)

上記の設定だとジョブステータスのスケジュールには、2つのジョブが
できます。(データベースの破棄のジョブを入れると3つです。)

しかし、ローテーションスキーマ(予め用意されたジョブ)という機能
を使うとスケジュールジョブ1つで上記と同じ設定ができます。

思い出したのですが、たしかARCserveを購入すると、パッケージの中に
無料説明会の案内が入っていました。
ありましたら講習会に参加されては如何ですか。

もし、何かありましたら補足して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。やはり、関連書籍は無いんですかね。管理者ガイドをもう一度読み直してみます。
それと、DATは、DDS4だと思います。確か、見積書にそう書いてあったような?(詳しくはわかりません。DDS4て、どう規格ですか?)

お礼日時:2002/01/23 10:42

DDS2が約8GB


DDS3が約24GB
DDS4が約40GB
までバックアップする事が可能です。

また何かありましたら補足して下さい。
では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>DDS4が約40GB
そうだったんですか(納得)
ありがとうございます。

お礼日時:2002/01/23 20:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本人が仏教で仏陀やお墓に花を供えるヘンテコな仏教の礼儀作法は源信が作ったと思う。 源信は物事を大袈

日本人が仏教で仏陀やお墓に花を供えるヘンテコな仏教の礼儀作法は源信が作ったと思う。


源信は物事を大袈裟に表現する癖があるので何でも八万四千の光とか千光とか十万の光とか途方のない根拠のない大きい数字を言うマイブームがあったのか多用した。

それが現代の仏教の礼儀作法として源信の妄想癖から爆発して書いた書を日本の仏教関係者はこの現代信の教えを取り入れたら儲かると思って取り入れたと推測される。

なんせ源信は高僧ではないのに不自然に何のレベルにも達してない凡人僧の源信の教えを引き継ぐ理由がどこにもないのにわざと残しているのが不自然すぎる。

源信の前の時代の高僧は供え物は意味がなく念仏だけでいい。花など要らない無意味だと説いていた。源信の教えをわざわざ取り入れたた理由が知りたい。

金になるからですよね?

Aベストアンサー

>金になるからですよね?

違いますね。
それが理由なら、献花によって寺や僧侶にお金が入ってくるシステムが必要です。
つまり、花の栽培と流通がそれなりの規模を持つ産業として成立している必要があります。
ですが、平安時代にそのような産業なんか成立していません。花の栽培が産業化するのは江戸時代に入ってからで、平安時代に献花に使われる花はそこらで摘んできたものか、自宅で栽培した物でしょう。
献花によって寺や僧侶にお金が入ってくるシステムが成立しない以上、「お金のため」というのは成立しません。

日本は飛鳥時代に仏教を導入していますが、基本的に日本文化の基礎にあるのは神道です。仏教も中国で儒教の影響を受け、更に日本では神道の影響を強く受けており、死後の世界の考え方も儒教や神道の考え方を土台に仏教風にアレンジしたものです(そもそも、仏教では魂は死後すぐに転生してしまうので、死後の世界などというものは存在しない)。
仏教の献花もローカライズの一環と見てよいでしょう。


あと、関係ありませんが質問文の文体は統一なさい。
この質問文では「だ・である」調と「です・ます」調が混在しています。文末形式はちゃんと使い分けるよう、小学校の国語の授業で教わりませんでしたか?
読んだ人からすると馬鹿っぽく見えますから、次からは気を付けなさい。

>金になるからですよね?

違いますね。
それが理由なら、献花によって寺や僧侶にお金が入ってくるシステムが必要です。
つまり、花の栽培と流通がそれなりの規模を持つ産業として成立している必要があります。
ですが、平安時代にそのような産業なんか成立していません。花の栽培が産業化するのは江戸時代に入ってからで、平安時代に献花に使われる花はそこらで摘んできたものか、自宅で栽培した物でしょう。
献花によって寺や僧侶にお金が入ってくるシステムが成立しない以上、「お金のため」というのは成立しま...続きを読む

QGhostはWindows2000Serverや2003Serverで使用可能でしょうか?

お世話になります。
GhostはWindows2000Serverや2003Serverで使用可能でしょうか?
使用できる場合の詳しい製品情報を教えていただけないでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

98Kin氏ご紹介のリンクを読むとRAIDをサポートしていませんから、実際のサーバーマシンでは非現実的のようですね。

サーバー用バックアップソフトにディザスタリカバリオプションをつけて買うのが宜しいのでは?

Q仏教とヨーガのサマディが分かる書籍を探しています

仏教とヨーガのサマディの違いが分かる書籍でおススメなものはありませんか?
非想非非想を超えた滅尽定についてやマインドフルネスで到達する世界とクンダリニーヨーガで到達するサマディの違いが書いてあるような書籍です。

Aベストアンサー

上座部仏教よりの考えなら、書籍ではありませんが、
http://www.j-theravada.net/kogi/kogi63.html
がわかりやすいでしょう。

クンダリニーヨーガで到達するサマディ:「自分」が行によってある境地を得たとする執着が残っている

滅尽定:すべての想いが滅した状態で、「自分が」も「執着」もない、とされます

瞑想は、実行しなければ意味がなく、自分はどちらにも達していないので、雲の上を探るようなお話ですけどね、、、。

上座部仏教よりの考えを離れた私見では、クンダリニーヨーガの成就だけでは、超常的な現象を経験する段階にいて、静寂さがまだまだ極まっていないと思います。

書籍についてですが、クンダリニーヨーガをする流派(密教系)と、滅尽定をめざす流派(禅系?)は、なんか違うように思えますので、両ほうあつかった本は雑学の本を除いてほとんどないかもしれません。

QOracle7 workgroup Server R7.3について

実はこれを「Win ME」で使いたいのですが
インストーラーで落ちてしまいます。
oracleがMEでは使えないと言ううわさを聞いたのですが、MEで使える方法を知りませんか?
知っていたら、教えてください。
これが出来ずに困ってます。かなり困ってます。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

Oracleのシステム製品がMEでは「使えない」というより、うわさではなく
事実上、マイクロソフト社がWindows MEを一般家庭向けオペレーティング・
システムとして位置付けているゆえ、ビジネス向けソフトウェアである
Oracleシステム製品はWindows ME対応ではないということになっているようです。
つまり、動くかもしれなけれれどオラクル社はWindowsME上でのオラクル製品の
サポートは一切しません(していません)よ、という形になりますね。

というわけで、oracleに聞くわけにもいかないし・・・。がんばってください!
直接の回答にはなっていませんが、とりあえず「使えない」というウワサに
ついての部分についてご参考まで。

Q仏教についての書籍

今まで宗教にはあまり関心がなかったのですが、最近仏教について知りたいと思うようになりました。
哲学としての仏教の考え方、理論構造、現象認知について、私のようなもの知らずでも理解できるヒントが得られるような書籍があればおしえていただきたいのですが。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

仏教と言っても、大変広いので、ご質問からはなかなか答えが難しいのですが、全体像から知るなら、『仏教入門』(藤井正治著 潮文社)が手頃かもしれません。もう少し本格的にということであれば、『バウッダ 仏教』(中村元・三枝充悳 小学館)でしょうか。もう少し深く研究法をということになれば、『仏教研究入門』(平川彰 大蔵出版)。これくらいを読めば、理論構造は理解できるかと思います。

現象認知が心理学的な意味でのご質問なら、唯識思想の摂大乗論などの現代語訳などがよいかもしれません。

ご質問の内容から、全体像、哲学的アプローチ、現象認知まで含めて学習されるならば、『仏教研究入門』(平川彰 大蔵出版)がよいと思います。原始仏教から始まり、倶舎論、中観派、如来像思想までわかりやすく説明され、チベット仏教、中国・日本の各宗派、インド哲学・文学まで学習でき、各項目に良書が紹介されています。

矢張り、書店にて手にとってみるのが一番かと思います。 ご参考までに。

QARCserve2000で正サーバの内容を副サーバに移すことは可能?

Windows2000/NTで同じ質問をしたのですが、回答が1件も得られなかったので
違うカテゴリーで質問します。
宜しくお願いします。

[環境]
ARCserve 2000 WorkGroup Edition
ARCserve Disaster Recovery Option
WindowsNT server

という環境で現在、正・副コールドスタンバイのサーバを構築しています。
また、正・副のサーバスペックは全く同じ環境です。

[実行したいこと]
行いたい作業としては、正と副のサーバを同じ状態に構築したいのです。

(1)その場合、ARCserveを使用して、正のサーバで各種ソフトをインストール・設定した状態を
 ARCserveのバックアップ手順により、DLTにバックアップし、副のサーバにリストア手順で
 正のサーバから副のサーバにコピーしたいのですが、こんなことは可能ですか?

(2)また、一般的には正と副のサーバを構築する際、両方同じインストール手順で、
 インストールしていくのでしょうか?(同じインストール作業を繰り返すということ)

(3)これも一般的な意見を聞きたいのですが、インストールソフトウエアをサーバに
 インストールする際、毎回マシンを必ずリブートする必要はあるのでしょうか?
 例えば、ソフトを10本入れた場合、10回リブートしていますか?
 それとも、サーバという安全性を重視した場合、リブートする方が望ましい
 のでしょうか?

Windows2000/NTで同じ質問をしたのですが、回答が1件も得られなかったので
違うカテゴリーで質問します。
宜しくお願いします。

[環境]
ARCserve 2000 WorkGroup Edition
ARCserve Disaster Recovery Option
WindowsNT server

という環境で現在、正・副コールドスタンバイのサーバを構築しています。
また、正・副のサーバスペックは全く同じ環境です。

[実行したいこと]
行いたい作業としては、正と副のサーバを同じ状態に構築したいのです。

(1)その場合、ARCserveを使用して、正のサ...続きを読む

Aベストアンサー

サーバの二重化は良くある話なのですが、いろんな手法があります。それぞれ長所短所があり、それを長々と先には説明できませんので、まず何をしたいのか(目的)を言ってくださいね。

(1)と(2)はアドバイス保留とさせてください。
(3)は、再起動要求がなければ、そのまま運用可能です。

Q仏教とキリスト教要素の混ざった新興宗教の書籍で分かり易いものお教えください

仏教とキリスト教要素の混ざった新興宗教には幸福の科学などがありますが、こういった宗教の、仏教とキリスト教の要素の入り混ざった書籍で、読みやすいものをお教えください。
特にどの宗教かの指定はございません。
入信したいというのではなく、新興宗教を学問的に考える上での資料にしたいと思います。

Aベストアンサー

 そうですね、開祖(と言っていいかどうか)の高橋信次氏の書籍にも、自分の生い立ちが書いてあるので、時間があるなら氏の書籍を先ずは読むことをお奨めします。一般人向けの、読みやすい本です。

 しかし、反省行(はんせいぎょう)的な色合いが強く、新しい世代の一部の人には向いていない(関係ない)と思われるので、やはり最新の高橋佳子氏の書籍がお奨めです。

 こちらも、反省行的な色合いはまだ強いと思いますが。

QArcServeのバックアップ手順について

ArcServeについて教えてください。
今回初めてソフトを使うのですが、うまく動作しなくて困っています。

【想定しているバックアップ方針】
テープ1本を使い、毎日フルバックアップ
ただし、毎回テープ内のデータをすべて消してから新たに書き込む

【ジョブの設定】
スケジュール:
 ・カスタムスケジュール、曜日(全曜日)、フル(アーカイブビットクリア)
デスティネーション:
 ・グループ(GROUP0)、メディア(*)、メディアプール(未使用)
オプション
 ・最初のバックアップメディアのオプション
  (上書き-同名のメディア、ブランクメディア、その他のメディア)

【ハード・ソフト】
 ・STORAGEWORKS ULTRIUM232(使用テープ ULTRIUM1 200GB)
 ・ArcServe R11.5 SP3 (オプションソフトは一切ありません)

【うまくいかないこと】
ジョブのステータスにはフォーマット中と表示されジョブも正常に終了します。
しかし、テープの書き込み容量を確認すると毎回フルバックアップ分のデータ量が上乗せされて増えている。

毎回フォーマットしているので、いつもテープには1回分のフルバックアップデータしか残ってほしくないのですが、そのような結果になりません。
そもそもテープのフォーマットの概念を誤解しているのでしょうか?

どのようにArcServeのジョブを設定したらよいかご存知の方、もしくは原因をご存知の方、ご教授ください。

ArcServeについて教えてください。
今回初めてソフトを使うのですが、うまく動作しなくて困っています。

【想定しているバックアップ方針】
テープ1本を使い、毎日フルバックアップ
ただし、毎回テープ内のデータをすべて消してから新たに書き込む

【ジョブの設定】
スケジュール:
 ・カスタムスケジュール、曜日(全曜日)、フル(アーカイブビットクリア)
デスティネーション:
 ・グループ(GROUP0)、メディア(*)、メディアプール(未使用)
オプション
 ・最初のバックアップメディ...続きを読む

Aベストアンサー

>しかし、テープの書き込み容量を確認すると毎回フルバックアップ分のデータ量が上乗せされて増えている。
どこのデータ[テープの書き込み容量]を確認してのことかわかりませんが、デバイス管理の画面で表示されるものであれば、これは該当メディアの総計になりますから当然です、使用時間も増えているでしょ。

>毎回フォーマットしているので、いつもテープには1回分のフルバックアップデータしか残ってほしくないのですが、そのような結果になりません。
前々回のデータが残っていると何をもって判断されているのでしょうか、「フォーマット中」と表示されている、アクティビティログにちゃんとフォーマットされているログがあれば1回分しか保存されていません。
確認するのであれば「データベース」-「メディアレコード」で該当テープを選んだ時、セッション番号のリストがあれば基本的にはその分のデータがメディアに保存されていますので確認してみてください。

>そもそもテープのフォーマットの概念を誤解しているのでしょうか?
間違っていません。オプション-最初のバックアップメディアのオプションが全てです。

アドバイス
1本のテープを毎日繰り返し上書きする設定は、バックアップ中(フォーマット以後)にサーバがDownしたらディスクもテープメディアにもない状態になります、バックアップしっぱんした場合も同じですね。せめてメディア2本で毎日交換することを是非おすすめします。

>しかし、テープの書き込み容量を確認すると毎回フルバックアップ分のデータ量が上乗せされて増えている。
どこのデータ[テープの書き込み容量]を確認してのことかわかりませんが、デバイス管理の画面で表示されるものであれば、これは該当メディアの総計になりますから当然です、使用時間も増えているでしょ。

>毎回フォーマットしているので、いつもテープには1回分のフルバックアップデータしか残ってほしくないのですが、そのような結果になりません。
前々回のデータが残っていると何をもって判断され...続きを読む

Q仏教入門

まったく仏教について知識がないのですが、
仏教の教えが分かりやすく書いてある書籍を教えてください。

Aベストアンサー

ANo.2です。
独学ですのでいまひとつ自信がありませんが
死・人生・生について自分なりの解釈したいというご質問者にとって
元々の仏教(=ブッダの教え)は「期待と違うもの」かも知れませんよ。

確かに仏教は、「私とは何か」「生に意味はあるのか」「自分が死ぬとはどういうことか」
といった問いを立てます。
しかし、ブッダこのような問いに、端的な回答、安直な真理をあてがったりはしません。
(だから私は仏教が好きなのですが。)
例えば、神のような超越的実体を自己存在の根拠として示したり
あの世や霊魂の存在を説いて死の不安を除去したりはしません。
そういう気休めにしかならない観念をことごとく否定してしまいます。
それどころか仏教は「生は無意味である」という結論を導き出します。

生きていてこその意味なのに、生そのものは無意味であるとは「矛盾」ではないか?
この矛盾こそが「苦」であるとブッダはときます。
生存とは、耐え難い矛盾を生きることに他なりません。
この自覚より仏道は始まります。

以上は
●「問い」から始まる仏教:南 直哉(著)
http://www.amazon.co.jp/%E3%80%8C%E5%95%8F%E3%81%84%E3%80%8D%E3%81%8B%E3%82%89%E5%A7%8B%E3%81%BE%E3%82%8B%E4%BB%8F%E6%95%99%E2%80%95%E3%80%8C%E7%A7%81%E3%80%8D%E3%82%92%E6%8E%A2%E3%82%8B%E8%87%AA%E5%B7%B1%E3%81%A8%E3%81%AE%E5%AF%BE%E8%A9%B1-%E5%8D%97-%E7%9B%B4%E5%93%89/dp/4333020484
に対する宮崎哲弥による書評のパクリです。

私は、宗教とは死生観を説くためのものではないと考えます。
例えば、キリスト教やユダヤ教の中で語られる死生観は
古代イスラエルの素朴な昔話(神話)がベースです。
この神話を「規律」として機能させたのがユダヤ教であり
その「規律」で苦しむ人々を「救済」したのがキリスト教です。
仏教は、古代インドの昔話をベースに「輪廻思想」という規律をつくった
バラモン教に苦しむ人々を「救済」したものです。
これらの宗教がどのように変質していったのか?は
先に紹介した「世界が分かる宗教社会学入門」を読んで頂いた方が早いと思います。
(300頁に満たない文庫本ですから。)

最後に、余計なお世話ですが
中沢新一は仏教の裏(密教)の影響が強いですから
今日的には危険思想の部分がないともいえませんので
(オウム真理教のテロ行為は中沢新一に触発されたと考える人もいます)
読むなら注意してください。

ANo.2です。
独学ですのでいまひとつ自信がありませんが
死・人生・生について自分なりの解釈したいというご質問者にとって
元々の仏教(=ブッダの教え)は「期待と違うもの」かも知れませんよ。

確かに仏教は、「私とは何か」「生に意味はあるのか」「自分が死ぬとはどういうことか」
といった問いを立てます。
しかし、ブッダこのような問いに、端的な回答、安直な真理をあてがったりはしません。
(だから私は仏教が好きなのですが。)
例えば、神のような超越的実体を自己存在の根拠として示したり
あ...続きを読む

Q2000server上で動くライティングソフト

2000server上で走るCDライティングソフトをご教授ください.
どれをこれをみても「server版は除く...」と書いてるので(汗).

# 正規サポートでなくても「多分問題ない」でもokです.

よろしくお願いします.

Aベストアンサー

#1です。
他の方もかかれていますが、
サーバOSでは特殊なオペレーションが行われていたり、
業務用のソフト等で特殊なIOのドライバ等がインストール
されている可能性もあるので動作保証はしかねるという
事だと思います。
例:某Or○cleの業務で使うDBがインストールされた
SCSIのRaidを積んでいるサーバがライティングソフトを
起動した瞬間にブルーバックしたら担当者はブラックアウト
します(笑


人気Q&Aランキング