RV車についているカンバルーバンパー(フロントガードバー)って違法じゃないんでしょうか?
あれはメーカーオプションなんですか?それとも、カー用品のお店で売っているものなのでしょうか?
カンガルーがばんばん出るオーストラリアでは必需品のようですが、日本では必要ないように思います。
物や人にぶつかったときの被害が大きくなると聞きますし(元々カンガルーから車を守るための物ですもんね)、
つけるのはいろんな危険度が増すだけだと思うのですが・・・。
つけている人はよほどアウトドアをなさるとか?それとも、ただ単にスタイルだけ?

そんなこんなで疑問は増すばかりです。わかる方がいらしたらぜひ教えてください。
つけている方がどのようなお考えでつけているのかなども聞けたらありがたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 クルマの設計屋です。



 カンガルーバーは、巨大なランプの取り付けベースとしての機能はありますが、基本的には『見栄え』だけです。

 御指摘通り、カンガルーバーは歩行者や自転車、バイクなどと衝突した時の加害性が非常に高く、数年前には社会問題になりかけたほど反社会的なパーツであると言えます。

 ただ、その後ナニも変わっていないと思われているのは、メーカのエンジニアとしましては心外です。
 最近メーカが設定しているカンガルーバーで、角型や楕円型の断面形状でバンパやボディと同色に塗られているモノが見られますが、実は中身がスカスカのプラスチックで、ランプスティとしての強度も部分的にしか確保していない、真の意味で『見栄え』だけのモノもあります。勿論これは衝突時に効果的に変形して加害性を弱める目的で作られているワケですが、その後ろにあるラジエタ・グリル並に低い強度のモノもあるぐらいです。

 実際には、コストの問題などによりカンバルーバーの変化は非常にゆっくりですが(実は、プラスチック製よりパイプ製の方が安い場合もあります)、今後RVのモデルチェンジが進むにつれ、この『カンガルーどころかイヌもハネ飛ばせない』軟弱な?カンガルーバーが増加してゆくのは間違いのないところです。

 最近のクルマに装着されている、ステンレスの極太パイプや当ったら相手をチョン切ってしまいそぅなゴツい板で出来たカンガルーバーは、多くの場合社外品です。
 ホントにカンガルーやシカが出没するところなら効果的ですが、町乗りではキケンなだけです。
 更に・・・・現代のクルマはクラッシャブル・ストラクチュアと申しまして、衝突時に車体の一部が変形し、衝突の衝撃を乗員に伝えない様にする設計が施されています。
 今日のクルマでは、エンジンルームはクラッシャブル・ストラクチュアとして有効に働く様に設計されていますが、その前にゴツいカンガルーバーを装着するのは、折角安全設計が施された車体が何の役にも立たなくなってしまいます。そぅ言った面に於きまして、あれらゴツいカンガルーバーを町乗りで装着される事は、我々クルマを作る側にとりましても迷惑ですらあります。

 あくまでもワタシ個人の意見ですが・・・・林業の車両や動物による衝突事故が実際に発生している地区のクルマを除き、ホンモノのカンガルーバーを付けている車両に対しては、事故原因が如何なるモノであっても製造者責任が免除されるとか、或いは保険の支払いを停止する、などのペナルティがあってもよい様に思います。

 最後に再度繰り返しますが、カンガルーバーはその加害性が問題となっているパーツですので、『個人の楽しみ』とか『自己責任』などとゆぅ狭い範囲の話を越えています。個人はどぅでも、社会的にあまり芳しくないパーツである事は確かです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

おっ、専門家の方ですね。専門家の方からのご回答があったらいいなと思っていたのでうれしいです。
材質そのものが変わっているとは驚きの事実です。それこそ、ファッションとしてのグリルバーの正しい姿だと思います。
ごっついものは社外品ですか。それで事故でも起きれば、メーカーとしてはいい迷惑以外のなにものでもないですね。
わたしも「つけるのは勝手だけどつけるからにはリスクを負ってね」というご意見には賛成です。
メーカーや保険会社もお気の毒ですし、なにより人を守るためにね。勉強になりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/01/24 22:21

元バリバリオフローダー今はファミリー4WD乗り(車はバリバリですが)の私の意見です。


以前ランクル70でギブソンバーっていうの付けてました、ランプとウインチ(ワイヤーを巻き取る装置)がマウントできますね、あとオフロードでスタックした時等にバンパーの上に人が乗ってバランスを取ってタイヤ等にテンションを掛けたりして脱出します(モンキーといいます)バンパー上にあるガード(パイプ)に掴まれるので便利です、当時そのバンパーやバンパーにマウントしてあるウインチに何度お世話になったか解りません。
でも都会で付けてる車はほとんどがスタイルやかっこいいから?でしょうね、それにほとんどのものがノーマルバンパーを外して付け替えても車検は通りますね(わたしも記載変更でパスでした)。
しかし「人殺しバンパー」には変わりはないので街中や駐車場等では細心の注意での運転が必要ですし任意保険加入は絶対でしょう。
ちなみに現在の私の車には知り合いの鉄工所製の自分でデザインしたワンオフの鉄製バンパー(ウインチ、ランプ付)が付いてます、陸運局に持ち込み車検もパスしています、もちろん合法ですがパトカーに止められた事もあります(危険だと判断されたらしい)そんな感じなんで危険度の方はドライバーのモラルによりけりですねー。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

okutyan1966さんはバンパーやウインチを最大限に活用していたようですね。ウインチ冥利につきるってもんです。(笑)
物事体に問題があるのではなく、要は使う人間側の問題、っていうのも本当ですよね。
つけている方からのご意見、勉強になりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/01/24 22:26

アフターパーツで後付けとなると車体の寸法が変わりますので違法なのでしょうが、パッと見は分からないですからねぇ。


鋭角な部分があったりとあきらかに危険だと判断されるものならば、取り締まりの対象にもなるのでしょうが・・・。
ただグリルガードの類は違法なものではないです。
しかしホンダが万が一の対人事故のためにG-CON、『歩行者傷害軽減ボディ』などを採用している事を考えると、金属製の強固なグリルガード等は存在自体が相当危険だと思います。
もっとも自分は北海道で鹿に衝突したことがありまして、その経験から山間部を頻繁に走行するようなドライバーの方々には必要性は充分にあるのだろうと思われますが、本来の機能を考えると大部分の車には不要なものではないかと思われます。
実際最近のメーカーはグリルガードをライン装着せず、ディーラーオプションとしさらに樹脂製のものなどに変えてきています。
これは海外で起きた事故で、グリルガードが危険だと指摘され、新聞等で報道されたためなのですが・・・。
もっとも某社は相変わらずのようですけどね。
そういうことを考えると、グリルガードは日本ではドレスアップパーツであると言えるのではないでしょうか?
万が一の事故のとき、『グリルガードがあったから車が無傷で済んだ』けど『グリルガードがあったから死亡事故になってしまった』となればきっと後悔するのではないかと思うのですが・・・。
長文失礼しました。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ショックを吸収するボディの研究が進められている中、外にショックを向けるグリルバーはまったく逆行したものですね。
わたしの友人も鹿に激突したことがあり、その鹿は死んでしまったのですが、友人の車も廃車という悲惨な結末でした。
そのように動物が出てくる場所に住んでいる方にとってはもちろん必要性はあるのでしょう。
都会でスタイルでつけていて事故でも起きないと本格的な議論にはならないのでしょうか。
日本の危機管理体制じゃありませんが、何人犠牲にすれば気が済むの、という気持ちです。
撤廃しろとまでは言いませんが、ドライバーの一人一人が危険性について考えてほしいものです。回答、ありがとうございました。

お礼日時:2002/01/24 22:12

そうですね、殆どの場合ファッションになっていることが多いだろうとは、思います。



 そこで、ほかの回答の方と一寸違った角度や情報も参考までに、カンガルーバーというのはもともと商品名で、確かに大型動物の衝突から車を守るためのものですが、グリルガードというのがパーツとしての名前では適当のようです。メーカーもファッションでつけるかたがたのために?日本仕様のグリルガードを制作しているところが多いようです。これらの商品は、見た目だけならスチールの必要がない、というか百害あって一利なし、フロントヘビーになるし・・・。ということでメタルチックな塗装のウレタンガードがSUVなどのメーカーオプション品では多くなってきているようです。
 一方、4WD本来の使い方をこよなく愛する人々(クロカン四駆)にとっては場合によっては飾りではないこともあるようです。その手の雑誌を見れば、フツーの人にとっては車ってこんな風に走れるんだ・・・。と、絶句しそうなことをしょっちゅうやっている人たちが結構いるんです。

 また、蛇足ですが、衝突時に日本で流通しているグリルガードの多くは相手だけでなく自分の車にも余計なダメージを与えるようなものも多いそうです。実際オーストラリアの重装備の車はグリルガード上部からサイドフレームまでカバーしたものを装着しているものをよく見かけました、このパーツがないと、材質によっては頑丈はフレーム下部は衝突に耐えるのに上部にゆがみがきて、柔らかなボンネットやラジエター上部をヒットして走行に問題があるほどのダメージを与えることがある用です。

 参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

カンガルーバーって商品名なんですか。いろんな呼ばれ方をするのは知ってましたが。ウォークマンみたいなもんですね。
rdp135さんがおっしゃるようなグリルガードがもつ本来の使い道を必要とされている方々にとっては決して飾りではないのですし、
そういう方々がつけているのはまったく理にかなった話だと思います。
問題は、ただスタイルとしてだけで、その危険性もまったく考えないでつけている方々なのですが、
それをどうやって区別するかといえば難しいですよね。全面規制されたら本来必要としてる人までつけられなくなりますし。
以前、友人がカリブを買い、「オプションはほとんどつけなかったけどグリルガードだけはつけたの!」と言うのを聞き、
なぜ数あるオプションの中からひとつだけ選んだのが、よりによってグリルガードなのさー、とつくづく思ったのです。
彼女はなにも知らず、気に入ったからつけただけのようでしたが。友人なだけに、その無知さがちょっと悲しかった。
他の回答とは違った情報を教えてくださり、とても勉強になりました。どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/01/24 21:58

スタイルだけです。


日本にカンガルーはいませんからねぇ。

メーカーのオプションにありますよ。堂々とオプションカタログに載ってますからねぇ。メーカー側も規制する方向には行ってないみたいです。

まあ、格好いいと思ってるんでしょうね。その感性はよく理解できませんが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

スタイルだけですか。確かにつけるとワイルドな見た目になりますけどね。
メーカーオプションだとはびっくり。カー用品店で勝手に売ってるもんだと思ってました。
(違法を承知で売るのも可能だから減らないですもんね)
勉強になりました。回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/01/24 21:39

・法律では規制されていません。

(だから売っているんですね)
・メーカーオプションになっている事がほとんどです。洋品店で見かけた事はないのですが・・・売っているとしてもごく少数でしょう。
・付ける理由は圧倒的にスタイルだけでしょう。必要があるか無いかで言えば、全くありません。

4~5年前くらいでしょうか、色んなところで取り上げられて、この危険性がかなり話題になりましたが、特に何も変わらないまま現在に至る、という感じです。

携帯規制もええけど、あのバンパーも規制してくれよな~と思いますね。
参考URLも見て下さい。

参考URL:http://www2.gol.com/users/miyazaw2/kangaru.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えてくださった参考URLを見てきましたが、なんともやりきれない気持ちになりました。
以前、いろんなところで問題になったのはうっすらと覚えていましたが、
問題になるような事故が起きていたのはまったく知りませんでした。
掲示板も見てきましたが、いろんな意見があり興味深かったです。(つけている方の統計を出せというような意見は納得できませんが)
問題が起きると、「俺だけを責めるな、あいつだって!」というのはどこにでも起こることだと思いますが、
それぞれが認め合い、許しあい、改善し合わないとなにも変わらないのに、と思います。

お礼日時:2002/01/24 21:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカンガルーバンパーについて

RV車で見かけるカンガルーバンパー(で良いんですよね?)ですが、あれつけると人をはねた時、けががひどくなるような気がします。鉄のパイプで殴られるようなもんですよね。せっかくいまの車はバンパーの性能が上がり、事故のときドライバーも事故にあった人も軽症ですむようにしてるのに、なぜメーカーも使用者もつけるのでしょうか?質問というより個人的疑問でした。

Aベストアンサー

おっしゃるとおり危険です。
なのでもう自動車メーカーは先進国向けには標準ではつけません。
でも世界的に見てオーストラリアなど一部の地域では
いまでも使われます。
でも現地の人曰くメーカー標準品ではきかないらしいです。アフターマーケットで出ているもっと頑丈な社外品をつけるようです。人には危険だね~。
でもないとかえって危険なのでつけます。

衝突安全の自動車開発の世界的な流れは
・歩行者保護(バンパーじゃなくてボンネットやエンジンルームの中の配置などが効きます)
・コンパビリティ(衝突相手の車への攻撃性の低減、もっと車を変形させるようにするなど)
です。
それによってメーカーはもうカンガルバーなんてつける気もないでしょう。
メディアの意識も高まってますし。

>なぜメーカーも使用者もつけるのでしょうか?
使用者からいくと昔はそれがファッションだったんで。
RV車のイメージというところでしょう。
メーカーとしては売れるからでしょうね。
あんまり意味のないエアロパーツといっしょでOPTION品は
あっさり利益が出ますので。

おまけに
メーカーによっていろいろ思想はあります。
たとえばフロントワイパー一つ取ってみても安全性にちがいがあります。
車を前からみてみましょう。ワイパーが見える車もあれば、見えない車もあります。
空気抵抗も減るという理由もありますけど、安全性の一環としてワイパーを見えない位置に隠していると言っているメーカーもあるんです。ひとをはねた後あれで傷を増やすことのないようにらしい。
最悪はワイパーの根元のナット頭が見えてる車なんて見ると悲しくなります。カンガルーバンパーはなくなってもメーカーにより安全意識の温度差はありますね。

おっしゃるとおり危険です。
なのでもう自動車メーカーは先進国向けには標準ではつけません。
でも世界的に見てオーストラリアなど一部の地域では
いまでも使われます。
でも現地の人曰くメーカー標準品ではきかないらしいです。アフターマーケットで出ているもっと頑丈な社外品をつけるようです。人には危険だね~。
でもないとかえって危険なのでつけます。

衝突安全の自動車開発の世界的な流れは
・歩行者保護(バンパーじゃなくてボンネットやエンジンルームの中の配置などが効きます)
・コンパビ...続きを読む

QRV車のタイヤ

四駆(RV車)の標準タイヤってオールシーズン対応となってますが、どの程度の雪道まで対応できるのでしょうか。

Aベストアンサー

その人の運転テクニックと走行の仕方にもよりますが
新雪などガチガチに凍る前の軟らかい状態なら
大丈夫です
しかし冬は場所にもよりますが瞬時に凍るので
0℃以上だったらOKです

アイスバーンやミラーバーンはスパイクタイヤ以外効きませんから外気温と相談しながら走行してください

QRV4

RV4の前の型が気にいってたんですが・・。
今度買うなら今の型ですが乗ってみえる方評価はどうでしょうか?

Aベストアンサー

参考にしてください!
これは『カー・ビュー』というサイトのユーザーレポートです。
※アドレスはコピーして貼り付けてください!

1.RAV4-J
http://www.carview.co.jp/userreviews/reviewlist.asp?Year=0&LatestYear=0&search=MostRecent&num=50&trim=All&lang=All&MakeID=1&LatestModelID=4921

2.RAV4-L
http://www.carview.co.jp/userreviews/reviewlist.asp?Year=0&LatestYear=0&search=MostRecent&num=50&trim=All&lang=All&MakeID=1&LatestModelID=4922

QRVに乗ってみたい!

ずっとプレリュードに乗っていたのですが、エンジンの調子が悪くなり買い換えたいと思っています。
スポーツに行くのにも便利そうなので一度、RVに乗ってみたいんです。

迷っているのは、エクストレイルとパジェロイオ。
値段も予算範囲で、スタイリングもいいカンジです。

みなさんはこの2つを比べたらスタイリングや性能面でどちらをすすめられますか?
エクストレイルは女性は似合わないのかなぁとも思ってもいるのですが・・。

Aベストアンサー

性能的にも価格的にも大差はないのですが、(2リッターのターボ無しの比較)
まず違うのは車体の大きさ及び室内空間ですね。

■エクストレイル
全長 4445 全幅 1765 全高 1675 mm
室内長2045 室内幅1445 室内高1265 mm

■パジェロイオ
全長 3975 全幅 1680 全高 1710 mm
室内長1620 室内幅1400 室内高1225 mm

と、エクストレイルの方が50cm程度長く幅もあります。
これを利点ととらえるかどうか。

それとパジェロイオはハイオク仕様だったと思われます。
もちろんレギュラーガソリンでも問題有りませんが、性能が若干低下します。

しかしエクストレイルの方が大きいので燃費に関しては何とも比較出来ないところです。

ちなみに男の私としてはエクストレイルの方が好きです。

QRV車の前のミラーは?

RV車って3つミラーありますよね。

前のミラーって何の意味あるのですか?

背が高いから見にくいから、あるというならば
ミニバン(エルグランド等)の方が、助手席側もっと
見にくいと思いますが、何故RV車のみなんですか?

Aベストアンサー

 クルマの設計屋です。

 誤解や風説?により混乱がある様ですが、あのミラーの意味は・・・

1.左折時の巻き込み防止の為のミラーです。
 かつてのRVブームの時左折時の巻き込み事故が懸念され、国から規制をかけられる前にJAMA(日本自動車工業会=自動車製造業の寄合組合みたいなモノ)が動き、最初は業界自主規制として施行されたモノが、後に法規となりました。
 目的はあくまでも巻き込み防止であって、オフロードでの車幅確認としての機能は、あくまでも副産物です。(オフロードでの視界確保の目的で設計した事はありません。)

2.左折巻き込みの死角となっているのは、ドアミラーより前方、エンジンフードの左側面部分です。
 車両最先端に近いところにドアミラーがある1BOXや1.5BOX型のクルマでは、ドアミラーが車両全長に近い範囲の左側面をカバーしているので、この自主規制からは除外されました。

3.これは業界に流れているウワサであり、確認した者はワタシの周りにはいませんが、と最初にお断りしておいて・・・
 RVブームの頃、一般路走行の為の安全性を十分に有していない巨大なタイヤを履かせ、横転性能が著しく悪化するほど極端に車高を上げた『ビッグフット族』が、終電の終わった東京・渋谷に、ナンパ目的で集結していた時期がありました。
 この中の小僧の一人が、お年寄りを『左折巻き込み』で轢いてしまいました。
 こんなクルマでは左下方など全く見えず、制動性能などの基本性能も異常に低下しているので一般路を走る事自体が既に犯罪だと思いますが(今までの類似の事故のケースでは、整備不良で処理されたでしょう)、しかしこの事故を起こしたガキのお父様が当時の運輸省の重要なポストに就いており、『クルマ側に欠陥がなかったか?』と騒ぎ出したのです。
 『お上』の指導を待っていて、ムチャクチャ厳しい規制をかけられたらかなわん、更に一方的にクルマ側を悪者にされたら新しいPL法裁判でもタタかれる、という予測が働いて、JAMAが先に動いて業界自主規制を作成し、結果、あの『第3のミラー』が誕生しました。
・・・というのはあくまでもウワサですが、珍しく?レスポンスのよい業界の動きを見て、我々開発側の者は妙に納得しました。

 クルマの設計屋です。

 誤解や風説?により混乱がある様ですが、あのミラーの意味は・・・

1.左折時の巻き込み防止の為のミラーです。
 かつてのRVブームの時左折時の巻き込み事故が懸念され、国から規制をかけられる前にJAMA(日本自動車工業会=自動車製造業の寄合組合みたいなモノ)が動き、最初は業界自主規制として施行されたモノが、後に法規となりました。
 目的はあくまでも巻き込み防止であって、オフロードでの車幅確認としての機能は、あくまでも副産物です。(オフロードでの視界確保...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報