一定温下で、圧力を変化させ、純水を蒸発させた場合体積はおよそ何倍になるのでしょうか?
また他の液体でもほぼ同じ比と考えて良い物でしょうか?
一般的数字で構いませんので分かる方お願いします。

A 回答 (1件)

このこと?。



参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=127177
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ありがとうございました。
(検索はしたつもりでしたが、キーワードが悪かった見たいです)

お礼日時:2002/01/29 12:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単位体積重量と密度の違い

 単位体積重量と密度ってどう違うのでしょうか?

 密度=ρ で、単位体積重量=ρg
 
 というだけで、ただ重力加速度が
 かけられているだけという意味な
 のでしょうか?

 工学関係の教科書を読んでいると、どちらも
 よくでてきますが、意味的になにか違うのでしょうか?

Aベストアンサー

物理屋の siegmund です.

密度は (質量)/(体積),すなわち単位体積あたりの質量です.
質量とは,物質の量.
SI単位なら,kg が単位です.

重さ(重量)は,(通常は地球上で)物体に作用する重力の大きさで,
その物体の質量と重力加速度gとの積に等しい.
力の次元をもった量で,SI単位なら,N(ニュートン)が単位です.
N = kg・m・s^{-2}
したがって,単位体積あたり重量は,N/m^3 がSI単位です.

結果的には質問の文にあるように,両者の違いはgがかかっているかどうかです.

物質を月に持っていくと,物質の量は変わらないので質量は不変ですが,
重力加速度が変わるので重量の方は約1/6になります.

9766 さんの比重はちょっと誤解があるようです.
比重は,ある体積の物質の質量を同体積の標準物質の質量で割ったもの.
固体や液体に対する標準物質は,通常は4℃の水ということになっています.
質量÷質量ですから,比重は単位のない量です.
同じ場所で測ればその物質と標準物質の重さの比をとってもよいので
(gがかかるだけだから,割り算の分母分子でgはキャンセルする),
比重という名がつけられたのです.
水は 1 cm^3 でほぼ1gですから,密度を g/cm^3 単位で表すと,
密度の数値と比重の数値は実用上は同じになります.

物理屋の siegmund です.

密度は (質量)/(体積),すなわち単位体積あたりの質量です.
質量とは,物質の量.
SI単位なら,kg が単位です.

重さ(重量)は,(通常は地球上で)物体に作用する重力の大きさで,
その物体の質量と重力加速度gとの積に等しい.
力の次元をもった量で,SI単位なら,N(ニュートン)が単位です.
N = kg・m・s^{-2}
したがって,単位体積あたり重量は,N/m^3 がSI単位です.

結果的には質問の文にあるように,両者の違いはgがかかっているかどうかです.

物質を...続きを読む

Q液体が存在する限り、単位時間に蒸発する分子の数は一定??

何故、液体が存在する限り、単位時間に蒸発する分子の数は一定なのでしょうか????

Aベストアンサー

それはあまり正しくありません。
系の中にある液体の表面積が一定(たとえば水槽)であり、
雰囲気中の蒸発分子数が一定と近似できる場合、
単位時間当たりに蒸発する分子数は一定です。

・・・というか、それが蒸発する分子数が一定である理由そのものです。

Q比熱の単位が体積当たりの場合もあるか?

比熱というと、1gのものを1℃あげるのに必要な熱量という定義です。
ですから、単位はJ/℃・gとかだと思うのですが、
定圧比熱とかいって、単位が1.7KJ/m^3・K っていう、体積あたりのものがでてきました。
一体どういうことなのでしょうか?

比熱は体積あたりで使う場合もあるということでしょうか?

Aベストアンサー

> ノルマル立米です。

ここが肝ですね。
ノルマル立米は体積の単位ではなく、物質量の単位であるということが理解できていればいいわけです。

Q係数の比=物質量の比=気体の体積の比

はじめまして、みなさま、下記の問題なのですが、
CO、H2、N2からなる混合気体50mlがある。これに、O2 35mlを加え、完全燃焼後に乾燥すると体積は39mlとなった。さらに、水酸化ナトリウム水溶液に通した後に乾燥すると体積は25mlとなった。最初の混合気体中の CO、 H2、 N2、はそれぞれ何mlか。(すべて温度、圧力は一定とする。)

この解答で
x + y + z = 50・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(1)

x + (35-x/2 -y/2) + z = 39・・・・・・・・(2)

という式が成り立つのですが、どうしてなのか、まるでわかりません、なぜ成り立つのか教えていただけないでしょうか?

ちなみに x は(39ml - 25ml)で x = 14ml

Aベストアンサー

最初の50mLと酸素35mLを加え完全燃焼後残っているのはCO2、N2、O2になります。
それが25mL。このときCO2の体積は最初のCOの体積と同一です。
水酸化ナトリウム水溶液に通してから乾燥するとCO2が抜けるので、N2とO2
だけになります。だからCO2が14mL。初めはCOが14mLありました。これがX。
最初の燃焼で減ったのはH2Oの体積だから、50+35-39=46 (mL)これが減った水素と酸素の体積。
(2)はCOと(加えた酸素-COに使われた酸素-水素が水になるのに使われた酸素)と窒素を合わせて39mL。
という意味です。

Q体積の単位(m^3)_Nについて。

体積の単位(m^3)_Nについて。

ある化学関連の書籍を読んでいたところ、体積の単位として(m^3)_N(立方メートルの右下に小さい大文字のN)という見慣れない単位がでてきました。標準状態で使う体積と書かれていたので体積以外に摂氏零度1気圧という条件付きなのだろうと思いましたが、肝心の換算係数が書いてありません。

その前後の計算式を見る限り、dm^3(10センチ立方=1リットル)と同じに見えました。もしそうだとすると記法からの類推で摂氏0度1気圧のときの体積をm^3で表したものと同等ならばまだ納得できそうなのですが、何故(dm^3)_Nでなくて(m^3)_Nなのかが納得できません。

手持ちの化学の本や理科年表を探しても見つからず、ネットで探しても文学的な表現しか見つからなかったのでお聞きします。
(m^3)_Nの厳密な定義を教えてください。

当方、仕事で化学の知識が必要なため、基礎から勉強している者です。
レベルは、はるか昔に高校と大学の教養課程で化学を習ったのですが当時理解できずにいた程度です。

Aベストアンサー

(a)

Q体積が2倍なら状態変化にかかる時間も2倍?

中学生に理科を教えていて、疑問が生じました。

例えば氷(固体)を加熱して水(液体)に状態変化させるとします。
50gの氷を全て水に変化するまでに10分かかったとすると、100gの氷が全て水に変化するまでに20分かかる、と単純に考えてしまってよいものでしょうか?つまり、厳密に時間が2倍になるのかという疑問です。周りの空気の温度や気圧、その他の細かい要因によって厳密には2倍にはならないのでしょうか?

Aベストアンサー

詳しくないのですが自分なりに考えてみました。

氷が水になるために必要な熱は氷の表面から入ってくるでしょうが、氷が溶けて来るにしたがって表面積は小さくなります。となれば単位時間に入って来る熱量は減少して行きますね。つまり「50gの氷を全て水に変化するまでに10分かかった場合」において、1分間に5gづつ溶けたとは言えないのだと思います。

また体積が2倍の場合に表面積は1.6倍弱位でしょうか。となるとスタート時点で氷に入ってくる熱量は50gの時の1.6倍程度ですから氷の溶け方も50gの時とは異なるのだと思います。

体積の減少と表面積の減少の関係は直線では表せないですから、これも考えるとなるとかなり面倒ですね(^^;)>。

氷に入ってくる熱量は氷と外気の温度差も影響すると思いますので、外気の温度が変化すれば当然変わってきます。外気が流れてたりするとこれまた変わってくると思います。

Q単位格子の体積について

セレン酸カリウム(斜方晶)の単位格子の体積が知りたいです。お願いいたします。

Aベストアンサー

物性系出身ですが、セレン酸カリウムの格子定数等は詳しく分かりません。しかし、斜方晶系なので三辺a,b,cが異なりますので、単位胞の体積はV=abcです。
a,b,cは化学辞典等を漁ってみると良いかもしれません。

Qメスフラスコとコニカルビーカーは純水でぬれていてもそのまま使用して構わ

メスフラスコとコニカルビーカーは純水でぬれていてもそのまま使用して構わない理由を教えて下さい。宜しくお願いいたします

Aベストアンサー

どのような用途に使用するかで違いますよ

試薬を調整している途中でフィルアップのとき
試薬の溶媒が水であるなら、どうせフィルアップのときに純水を加えるのですから問題ないでしょ?
ビーカーにしても溶媒が水であるなら、後にフィルアップで調整するときは問題ないです

これが有機溶媒を用いたり、固体を計量する場合なら話は別ですよ
どのような試薬を、どのような精度で、どのような目的のために調整するかによって
器具の使い方は変わってきますよ
同じことが器具の洗浄にもあります
単純なバッファーを調整するために使用したビーカーをわざわざ洗剤を使って洗う必要はないですよね?
逆に有機物や難溶性のものや、油脂類を扱った器具を水洗いですますわけにはいきません
実験の貯めに必要な精度で洗浄する必要があるわけです

試薬の調整もメスシリンダーを使うかメスフラスコを使うかは精度をどうするかで決めますよね?

Q単位体積(1m^3)当たりに占める原子の個数

こんにちは、

ある金属(金、銀、銅)の単位体積に、何個の原子があるのか?どうやって計算すれば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

単位体積の重さを計算します。それは密度から計算できるはずです。
それをグラム単位で表し、それを原子量で割れば、その原子の物質量(モル数)が計算できます。
1モルの原子数は約0.02x10^23個(アボガドロ数)ですので、それを上記の物質量にかければ原子数が計算できます。

Q液体 粘液 蒸発

液体は常温で放置すると、蒸発していきますが、粘液{ジェル}を常温で放置した場合どうなるのでしょうか?

また、どんな商品か忘れたのですが、粘液{ジェル}を封のしまった容器に入れて数ヶ月経過した後、中身を見てみたら液体化していたのですがこれはどんな化学反応が起きてそうなったのでしょうか?

回答お願いします。

Aベストアンサー

>粘液{ジェル}を常温で放置した場合どうなるのでしょうか?
粘液(ジェル)と言ってもいろいろなものがありますので、それが何でできているかによって変わります。溶媒と固形物を混ぜたものなら、溶媒だけ蒸発して固形物が残ります。液体の糊はまさにこの例ですね。
他にも、そのまま固まってしまう場合もあるでしょうし、ずっとジェルのままと言うことだってあり得ます。


>粘液{ジェル}を封のしまった容器に入れて数ヶ月経過した後、中身を見てみたら液体化していた
>のですがこれはどんな化学反応が起きてそうなったのでしょうか?
これも、それが何でできているかによって変わるので何とも言えません。
そもそも化学反応が起きたのかどうかも分かりません。空気中の湿気を吸っただけという可能性もあります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング