ディレクトリ毎コピーしたいです。できれば、日付も同じようにしたいです。
cp -p {} ../AA \
動作がうまくできないです。
困っています。教えてください。
お願いします。

A 回答 (4件)

>やりたいことはLinux上のファイル(ディレクトリ含む)をLinux上の別のディレクトリに日付付きでコピーしたいです。


>その時、使用できるのはクライアント(winXP)からのFTPのみです。

無理です。
    • good
    • 0

やりたいことはきちんと誤解無いように書いた方がよいです



で、やりたいことはLinux上のファイル(ディレクトリ含む)をLinux上の別のディレクトリに日付付きでコピーしたい
その時、使用できるのはクライアント(winXP)からのFTPのみである

で、回答ですが、FTPのPUTは日付を保持できないので難しい気がします
tarと組み合わせれば何とかなる気もしますが、
素直にtelnetを許可するのが良いのではないでしょうか。

No2さんのrcpですがtelnetを制限するほどならr系コマンドも制限されている可能性が高いかもしれませんね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やりたいことはLinux上のファイル(ディレクトリ含む)をLinux上の別のディレクトリに日付付きでコピーしたいです。
その時、使用できるのはクライアント(winXP)からのFTPのみです。
そのとおりです。しかもローカルディスクにデータをテンプとして保存するスペースがないです、時間の事を考えでもそうしたくないです。

お礼日時:2006/04/13 09:20

#1です。


ん?DOSプロンプトの話ですか?
それならば xcopy コマンドでどうぞ。
使い方は xcopy /? で出ます。

それともWinXPからUNIXを操作でしょうか?
TELNETで接続して先程の cp コマンドでどうぞ。

それともTELNETせずにということでしょうか?
それならば rcp コマンドでどうぞ。
ただXPにrcpコマンドがあるかはわかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。
サーバ上でもう一つのディレクトリを作って、バックアップしたいです。
ローカルからtelnet接続ができません。
ftpはOKです。
ローカルはWinXPで、サーバはlinuxです。

お礼日時:2006/04/12 17:40

手元にUNIXマシンがないので確認できませんが、-pr あたりのオプションで出来そうですがどうでしょう?


例えばこんな感じで。

cp -pr ../AA ./
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ローカルで操作したいです。
WinXPです。
cpコマンドが無効です。

お礼日時:2006/04/12 16:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qfind -execの末尾の{} \;の意味

末尾の{} \;を省略するとexecオプションが正しくうごきません。
これはいったい何を意味しているのでしょう?
今までは、おまじないと思っていましたが、正しい意味を知りたくなりました。

Aベストアンサー

> {}
findの条件式に一致したファイルのファイル名に置き換えられます。

> \;
「;」は、execで実行するコマンドのコマンドラインの最後を意味します。
ただ、「;」はシェルで意味を持っている文字なので、シェルによって展開されないように、つまり文字「;」そのものとするために「\」でエスケープします。

Qfind -perm -o+w -exec ls -la {} \;

タイトルのコマンドに関しまして、条件(他のユーザーに書き込み権限が与えられているファイルを検索)にマッチしたファイルの詳細を表示するコマンドで間違いないと思いますが、『{}』 は何を指しているのでしょうか?
これが、ワイルドカードの『{}』を表しており、中身を指定していないのならば、[]でも代用できるはず。と思い、

$find -perm -o+w -exec ls -la [] \;

としたら、lsコマンドに怒られてしまいました。
{}を指定しなかった場合は、期待に沿わない実行結果(マッチしたファイルの数だけ ls -la が実行される)が得られます。

『{}』は、何を意味しているのでしょうか?

ご回答の程、お願いします。

Aベストアンサー

man find
で終わるとアレなので:
-exec を使うと条件を満たす各ファイルに対してコマンドを実行しますが, そのコマンド中に {} があるとそれは「条件を満たすファイルのファイル名」に置き換わります.

Qfindコマンドの場合だけなぜ末尾に{}や\;が必要なのか?

なぜ findのexecの場合だけファイル名を表す{}や、コマンドの終了を表す\;が必要になるのでしょうか?
他のコマンドはわざわざ終了を明示的に示していないのにfindだけこのような記述をするのが不思議です。

Aベストアンサー

「他のコマンドを実行する」ためにfind自身への引数なのか他コマンドへの引数なのかを区別する必要があるために\;が必要で、
ファイル名を引数のどこに置くのかを指定するために{}が必要だからです

find ~ -exec hoge -xxx \;
この場合FileAが見つかったとしてFileAは引数のどこにおいてhogeを実行すべきですか?
hoge -xxx FileA ですか hoge FileA -xxx ですか?

find ~ -exec hoge {} -printf %p
-printf %p はfindのオプションとして解釈すべきですか、それともhogeの引数として渡すべきですか?それとも両方?

Qシェルスクリプトの「{} \;」部分の意味は?グーグル等でも検索できない状態です。

以下のようなシェルスクリプトを見かけますが、「{} \;」部分の意味が分かりません。記号なので、グーグル等でも検索できない状態です。

#二日前のファイルを削除
find /backup -mtime +1 -maxdepth 1 -name '*.zip' -exec rm -f {} \;

上記のようなシェルスクリプトの「{} \;」部分は、どのような意味があるのでしょうか?特にプログラムと違いシェルスクリプトは;(コロン)で終わる必要がないのに、終わっているのが不思議です。


よろしくお願いします。

Aベストアンサー

find(1)のマニュアルを読んでください。

-exec はそこまでの条件に合致したファイルやディレクトリ対して、後につづくコマンドを実行するものです。
{} は実行時にその合致したファイル/ディレクトリ名に置き換わります。
;は-execで実行するコマンドの終了を示す印です。 ; はシェルでは特殊な意味を持つので、\でその意味をキャンセルします。
( {}も特殊な意味を持つので、 \{\} とするか '{}' とするかがよいのですが)

例えば
-mtime +1 -maxdepth 1 -name '*.zip'
に対して
/backup/foo/bar.zip
というファイルが条件に合っていたとすると, -execは
rm -f /backup/foo/bar.zip
を実行します。 {} = /backup/foo/bar.zip です。

QC:\WINDOWS\system32\drivers\etcの中身について

初歩的な質問ですが宜しくお願いいたします。

C:\WINDOWS\system32\drivers\etc

の中身に[hosts][lmhosts][networks][protocol][services]とあるのですが、それぞれの働きなどを分かりやすく説明いただければと思います。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

ぜんぜん初歩じゃないと思います。

hostsとlmhosts以外は私も知らなかったので、
それぞれのファイルに書いてある文書を読んで、解釈してみました。

・hosts
IPアドレスとホスト名(コンピュータ名)を関連付けます。
通信は基本的にIPアドレスで行いますが、人間からするとホスト名でアクセスした方がわかりやすいですね。
そこでホスト名→IPアドレスに変換する機能が必要になるのですが、これを行うのがhostsです。
「<IPアドレス><ホスト名>」と記入しておけば、
ホスト名で通信を開始したときに、hostsを見てIPアドレスに変換してくれます。
ちなみにDNSはhostsのでっかいのを持っていて、いろんなコンピュータからこの変換の問い合わせを受け付けてます。
(もの凄くはしょって説明しています。動的更新というのもありますし)
また、この変換のことを名前解決といいます。

・lmhosts
これもIPアドレスとコンピュータ名の関連付けです。
ただこちらで解決しているのは正確には「NetBIOS名」です。
Windowsで古くから使われているネットワークの方式にNetBIOSというのがあるのですが、
NetBIOSは大規模ネットワークに向かず、より大規模ネットワーク向けのプロトコルであるTCP/IPを組み込んだ
「NetBIOS over TCP/IP(NBT)」ができました。
ここでNetBIOSで使っていたNetBIOS名と、IPアドレスを関連付ける必要が出て、それに使用しているのがlmhostsです。
ちなみにhostで出た「DNS」みたいな名前解決の機能は、「WINS」というのがあります。

・networks
これはファイルの説明文を見ると、DNSで言うところの「逆引き」を行っているようですね。
hostsで触れた「ホスト名→IPアドレス」の名前解決は「正引き」と言います。
「逆引き」その名の通り逆で、「IPアドレス→ホスト名」の解決を行います。
このファイルの使い道がいまいち解りません・・・。

・protocol
これも説明文からです。
IEFTのRFC1700によって決められている、ネットワークプロトコルとその番号のようですが・・。
これも使われているのかな・・?

・services
またまた説明文からです(汗)。
これはIANAで決められている、各ネットワークプロトコルとのポート番号の関連付けのようです。
使っているのか不明です・・。

すみません「hosts」と「lmhosts」以外はろくな説明になってませんね。

参考URL:http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/442hostsfile/hostsfile.html

ぜんぜん初歩じゃないと思います。

hostsとlmhosts以外は私も知らなかったので、
それぞれのファイルに書いてある文書を読んで、解釈してみました。

・hosts
IPアドレスとホスト名(コンピュータ名)を関連付けます。
通信は基本的にIPアドレスで行いますが、人間からするとホスト名でアクセスした方がわかりやすいですね。
そこでホスト名→IPアドレスに変換する機能が必要になるのですが、これを行うのがhostsです。
「<IPアドレス><ホスト名>」と記入しておけば、
ホスト名で通信を開始したときに、...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報