電圧V、消費電流Aがわかると
消費電力Wがわかりますが、実際何時間もつのかはわかるのでしょうか?
つまり、電池3.0V 回路の消費電流0.7Aの回路を組んだ時でずっと電源を入れていたらどれだけの時間もつのでしょうか??
式や解説をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご質問の電池の寿命は消費電力によってきまるのではなく負荷電流により決まります。


このような電池の性能を、寿命とは言わずに負荷電流と使用時間の積で表し容量といいます。

充電可能な電池では、この容量がtosishunさんのご説明の通りに表示されている場合、計算が出来ます。
しかし、充電できない電池では、この容量が一定ではなく、使用する電流によって容量が変化します。そのために電池に容量表示をしていないのです。
アルカリ電池では、ストロボフラッシュやモーターのような比較的大きな電流でも容量が大きく取れます。
マンガン乾電池では、時計やラジオのように比較的電流の小さな負荷で大きな容量が取れます。もちろんアルカリよりは、容量が小さいのですが、価格を考慮した時には、このように電流が小さな時は、マンガンの勝ちです。

それで、ご質問では電流が0.7Aと書かれていますので、これは、乾電池としては、かなり大きな電流ですので、長い時間を期待するならアルカリの単1電池が良いと思います。

容量を知るには、使用する電池を決め、その電池の放電容量という、その電流の時の電圧・時間の特性曲線を必要とします。これは、当然その電池を開発した会社には有るわけですが、私は持っていませんので、代わりに目安となりそうな参考URLを見つけましたので、下に入れておきます。
これは、電流を特定して容量を求めていますので、参考になると思います。実際には、メーカーによってもかなりの実力差がありますので、幅が設けてあるようです。

参考URL:http://www.interq.or.jp/www-user/ecw/batt.htm
    • good
    • 1

充電可能な電池のように「何mAh」などと表示されているものでは


容量(?mAh)/消費電流(?mA)=時間(?h)
になりますよね。
では、乾電池のように容量が記載されていなければどうでしょう。
当然計算式のひとつの値が不明であるため計算できません。

尚、電池には内部抵抗というものがあってこれも電池の寿命に関係してきます。
要は使う電池と消費電流によっても寿命が変わります。
たとえば時計やラジオなどの消費電流の少ないものはマンガン電池でも
良いのですが、髭剃りなど消費電流の多いものはアルカリ電池のほうが
大幅に寿命が伸びます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電池の持ち時間の計算方法について

ある電池で駆動するコンピュータ機器があります。
電源は1.2Vで、電力は2.5Wです。
このコンピュータ機器に、
1.2Vで2000mAの電池を4本使った場合の
電池の持ち時間を計算したいのですが、どのように
計算すればよろしいのでしょうか?
よろしく尾根がいたします。

Aベストアンサー

まず、機器の消費電流を計算します。
2.5/1.2=2.1A
次に時間を計算します。
2*4/2.1=3.8h
計算結果は、3.8時間です。

Qバッテリーの使用可能時間を計算する方法

バッテリーの使用可能時間を計算する方法を教えて下さい。

例えば、蓄電容量80Ahのバッテリーフル充電時に消費電力100Wの電化製品を使用した場合、何時間使用可能かを出す計算式です。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

> 蓄電容量80Ahのバッテリー

バッテリの定格電圧が不明だと、そこから何ワットの電力が取り出せるかは解りません。定格1.2Vのエネループと、24Vの車用バッテリーとでは、同じ1000mAhでも取り出せる電力は20倍も違います。と言うことを踏まえて考え方を。

1)バッテリから取り出せる電力量[Wh]=バッテリーの定格電圧[V]×畜電容量[Ah]

2)機器の消費電力量[Wh]=機器の消費電力[W]×3600 ※電流は1秒あたりの量なので

3)機器の動作時間[h]=バッテリから取り出せる電力量[Wh]÷機器の消費電力量[Wh]

余談)機器の消費電力[W]=電源電圧[V]×消費電流[A]
∴100V用の機器ならば、消費電力÷100=消費電流となる。800Wの電子レンジの消費電流は8A

実際には一般家電製品は交流100Vですから、直流のバッテリから供給するためには、インバータなどによる変換が必要となります。ここでの変換損失が10%程度見込まれるので、バッテリの実力値そのままというわけにはいきません。

Q電池駆動時間の計算式

電気の素人で申し訳御座いませんが、9Vの電池で3.4V、20mAのLEDを駆動した場合、電池は何時間持つかはどう計算しますか?教えて下さい。

Aベストアンサー

LEDでの電圧降下が3.4Vだとすると、
(4.5-3.4)/0.02 = 55Ω
になりますね。

ただし、新しい電池は、1.6V程度ありますから、流し過ぎがLEDによくないとすると、
(4.8-3.4)/0.02 = 70Ω
程度にした方がいいかもしれません。

電池を直列につないだ場合は、電圧が上がりますが、容量(mAh)は、1本のときとかわりません。
従って、単3電池が2000mAhだとすると、3本直列で4.5Vにしても、2000mAhであり、100時間しか持ちません。

どうしても単3電池にこだわるなら、3本直列にしたのを3列の並列につながなくてはならなくなり、逆に邪魔ですね。

#3の図を見ると、単2電池で、400時間ですが、最後は0.9Vまで絞り出してということですから、ある程度の明るさを保ちたいなら、やはり単1アルカリ電池をお勧めします。
(ただし、休憩を挟みながら使う場合は、図よりも長持ちしますから、単2でもなんとかなるかも知れませんが。)

Qテスターで電池残量を測るためにはどうしたら良いですか?

テスターで電池残量を測るためにはどうしたら良いですか?

大昔、電池残量を測るための機械を使ったことがあります。
恐らく、電池の電圧か電流を測定することで、現在何%残量があるか測るものだったと思います。
今、手元にテスターがあるのです、このテスターを使って電池の残量を測れないかと考えております。
検索してみると
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2385342.html

電圧ではなく、適当な抵抗器を直列に接続し、流れる電流量を測定すれば良いと書かれているページが見つかりました。
しかしながら、具体的に何Ωの抵抗器を使うかということまでは書かれていませんでした。

具体的にどうやってテスターを用いて乾電池の残量を調べられるのでしょうか?

実際、いま測定したいと考えている乾電池は単3です。

上記のページには、単一なら300mA位で、単三なら100mA位、と書かれていますが、
乾電池の大きさによらず、電圧値は同じなので、同じ抵抗器を繋げば同じ電流量が流れると思うのですが、
乾電池の大きさによって判定の仕方が異なるのでしょうか?

どなたか詳しい方がおられたら教えて下さい。

テスターで電池残量を測るためにはどうしたら良いですか?

大昔、電池残量を測るための機械を使ったことがあります。
恐らく、電池の電圧か電流を測定することで、現在何%残量があるか測るものだったと思います。
今、手元にテスターがあるのです、このテスターを使って電池の残量を測れないかと考えております。
検索してみると
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/2385342.html

電圧ではなく、適当な抵抗器を直列に接続し、流れる電流量を測定すれば良いと書かれているページが見つかりました。
しかしながら、具体...続きを読む

Aベストアンサー

テスターで、電池残量は測定できません。
起電力(解放時の電圧)を測って、目安にしているだけです。
使用するに合わせて、内部抵抗が大きくなり、解放電圧は十分でも、大きな電流を取り出そうとすると電圧降下が大きくなり、使用に耐えなくなります(微弱電流で作動する機器には使用可能)。
>適当な抵抗器を直列に接続・・・。
残量というより、能力のチェックです。
可変抵抗を使い、抵抗値を下げて行き、抵抗の端子間電圧が定格(1.5V)を保って、何アンペア流せるか(新品との比較で判断する)、定格(1.5V)を下回ると、それは内部抵抗による電圧降下です。
>乾電池の大きさによらず、電圧値は同じなので、同じ抵抗器を繋げば同じ電流量が流れる。
内部抵抗が同じならそのとうりです、・・・んが、大きくなれば、極板の面積も大きくなり、内部抵抗が小さくなります。
その状態で、電圧を測れば、単三の電圧が低くなっています(内部抵抗による電圧降下)。
※ E=IR 1.5=0.3R   抵抗は5オームです。


人気Q&Aランキング