豚皮のジャケットを持っていますが、袖口の周りが黒ずんできました。
クリーニングに出そうとも思いましたが、以前他のコートを出したとき、かなり磨耗していたので、躊躇しています。
なにか、きれいにする方法はないでしょうか。

A 回答 (1件)

クリーニングの受付をしている者です。


以前に出されたコートとは「普通のウールか化学繊維」のコートですね。
その洗い上がりがお気に召さなかったのですね。

それでは他の評判の良い(口コミなどで)クリーニング屋さんを探しましょう。
そこに電話を入れて「豚皮のジャケットですが」とおっしゃって(聞くのはただです)値段と洗い方を聞いて下さい。おそらく全本革は、ほぼ自社工場では洗えませんので、それ専門の外注業者に出すと説明されると思います。
納得されたら、そこへ持っていきましょう。

くれぐれも黒ずんでいるからといって、自分でなんとかなさろうと思わないで下さい。この前、上質のラムスキンのコートをお持ちになったお客様がいらしゃいましたが、持ち込む前にご自分で市販のミンクオイルを使って、かえってシミを広げてしまった方がいました。その品物は工場に出したのですが洗う前に「これはもう取れない」と返品されてしまいましたのでー。本革の汚れが目立つものはヘタに触らずそのままお持ちになって下さい。

あくまでもウチの場合ですが、だいたい外注で¥5000~6000くらいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
あやうく、自分で処理するところでした。
そうですね、もちはもちやで。
クリーニング屋さんに電話構成をかけてみます。

お礼日時:2002/02/05 19:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q豚革のジャケットにクリーニングの袋の色が移った!

こんばんはー。お世話になります。
<(_ _)>

豚革のジャケット(うすいベージュ色)を持っているのですが、
クリーニングからもどってきた(袋に入れたままの状態の)他のスーツと並んでクローゼットに吊ってあったのですが、
先ほどふとみると そのスーツを包んであったクリーニングの袋の柄(鮮やかな水色)が 豚革のジャケットにくっついている!ではないですか!!
そもそも クリーニングの袋の印刷が他に移るとは初めての経験だったので驚きです。
だったらクリーニングの袋に注意事項を書いておいてくださいよーー!って責任転嫁ですね・・・。(シクシク) 
しかもクリーニングの袋はすぐに外さないと
湿気がこもってカビが生えるというのも 過去の質問を調べていて初めてしりました。(^_^;)

どうにかしてとりたいのですが、どうしたらいいでしょう?
値段自体は5万円ほどだったので、そんなに高価ではないのですが気に入っているのでなんとか汚れを落としたい!
けれど変なことをしてますます悪化するかもと思うと・・・。


ジャケットの品質表示はクリーニング×なのですが、
クリーニング屋さんに相談して汚れを落としてもらうことはできるのでしょうか?
価格はいくらくらいなのでしょうか?
もしご存知の方がいらっしゃったらアドバイスよろしくおねがいいたします。

こんばんはー。お世話になります。
<(_ _)>

豚革のジャケット(うすいベージュ色)を持っているのですが、
クリーニングからもどってきた(袋に入れたままの状態の)他のスーツと並んでクローゼットに吊ってあったのですが、
先ほどふとみると そのスーツを包んであったクリーニングの袋の柄(鮮やかな水色)が 豚革のジャケットにくっついている!ではないですか!!
そもそも クリーニングの袋の印刷が他に移るとは初めての経験だったので驚きです。
だったらクリーニングの袋に注意事項を書いておい...続きを読む

Aベストアンサー

クリーニングの袋も外さないで下さいと言う物もあるので分かりませんよね。
相談と言うことでクリーニング店に行ってみてはどうですか?
もし、その袋が不良品だった場合お店側も被害を広げなくて助かるかもしれません。

ただ言い方の問題もあるかも知れませんね。
「色が付いたから直して」では相手も感情的になるかもしれませんので、「お宅の袋に入れっぱなしにしておいて色が移ったのですが何とかなりますか?」
ぐらいで言うと何とかしてもらえるかもしれませんね。

Qダウンジャケットのクリーニング代

とっても高いと聞きましたが、いくらくらいかかるものでしょうか?ロング丈でなく、お尻がかくれる位の長さなのですが。

Aベストアンサー

クリーニング業界も価格競争で、お店によって異なります。安いお店は、仕上がり日を指定することが出来ないところが殆どです。私はロングサイズでした、2000円前後だったと記憶しております。(冬物割引セールの時に利用しました、その店は、パーツが分かれるもの(フード)は別料金をとっていました。防水加工も別途必要です。春になると、冬物クリーニング代を安くするお店が多いですよ。2割~3割ほど通常価格から引きます)

Q皮ジャケットの手入れの仕方

こんにちは。今年はじめて、少し高価な皮のジャケットを購入しました。
しかし皮は手入れをまめにしないと「カビ」たり「色あせ」がすると聞いています。
具体的にどのように手入れをすればいいのでしょうか?専用のクリームなどがあるとも聞いたことがあります。

Aベストアンサー

革の手入れは基本的には1年に1回でいいので簡単です。
です。
革ジャンの表面をレザークリーン(汚れ落とし)で汚れを落とし、
そのあとミンクオイル(ツヤ出し)をスプレーで吹きかけ、油分をあたえると、潤いがよみがえります。
この1年に1回の手入れで革ジャンが長持ちします。
どちらも、千数百円で購入できます。

尚、基本的には1年1回の手入れでいいのですが、より大切にしたければ、
雨にあったとき、手入れをすればよいでしょう。
革ジャンが雨に少しでも濡れた時は、コットンのTシャツなどで水分を拭き取り、
乾いてからミンクオイルをほんの少しかけてあげるといいですよ。
また、雨にドップリ濡れてしまったときは乾ききらない半乾きの時に、
ミンクオイルを多くかけて、中に新聞紙を詰め、形をととのえるとよいでしょう。

QBear USA製ダウンジャケットのクリーニング方法について

いきつけのクリーニング屋さんに持ち込んだところ、工場のほうから「Bear USAのダウンは取り扱い出来ません」という返事で戻されたとのこと。縫製か生地かはわかりませんが、以前に仕上がりに問題がでたようです。クリーニング屋さんはどこか別の所を探してみたらというので、ダウンの卸元みたいな所に教えてもらいたいと電話してみましたが、現在使われていないとアナウンスが...。どこに聞いてみればいいのか困っております。ご存知の方がおられたらお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。クリーニング屋です。
「Bear USA」のダウンジャケットは数年前にクリーニングトラブルが頻発した為にクリーニング店は受付を断ったのだと考えます。
洗濯方法が表示してある「ラベル」に製造メーカーが記入してあると思いますが、倒産等で連絡が取れなければ手の打ちようがありません。
極論かもしれませんが、シーズン終了後処分された方がいいかもしれません。仮にクリーニング店が受けてくれたとしてもトラブルが発生して嫌な思いをするのは質問者様ですから・・・。参考までに!

Qクリーニングに出したダウンジャケットについて

 先日クリーニングに出したダウンジャケットを一週間経ってから見たら、
首回りに茶色のビニール?皮?のようなものが張り付いていました(添付参照)
蛇が脱皮した後のようなもので、とても気持ち悪いのですが、
これが何かわかる方いらっしゃいますか?

 クリーニング業者による過失であればお店に持っていきますが、
別で原因があるのであれば自分で対処したいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

さっそく補足情報をいただき、ありがとうございます。
それで正体がわかりました。

茶色い皮のようなものはポリウレタンです。
クリーニングに出す前はなかったことからクリーニング行程の中で
表面のポリウレタンコーティングが劣化し、はがれたものです。

ポロウレタンの寿命は一般的に3~5年といわれ、空気中の水分による加水分解で劣化します。
これは洗っても洗わなくてもその寿命は変わりません。
むしろエリは汗が付きやすいのでクリーニングしないとよけい劣化が早まります。
あとは保管のときなるべく乾燥させた状態にして長持ちさせることしかできません。

劣化すると材質によりひびわれたり、べたべたしたり、はがれたりします。
購入からそのくらいの年数が経っているとしたら寿命ということになります。
購入からどれほど時間が経っていますか?

ただし、クリーニング店でもそういう材質であることを確かめて購入からの年数を聞き
年数によってはクリーニングで劣化する可能性があることをKannaikaraさんに伝えたかが問題です。
年数や状態によっては当店でもクリーニングを断ることもありますし、どうしても洗って欲しいとの要望であればひびわれ、べたつき、はがれが起きても補償しませんと了解をいただきます。

もしそういうことを伝えられているのであれば寿命とあきらめるしかないですが
言われていないとすれば確かめずに洗ったクリーニング店側に責任があります。
弁償なり直すなりしてもらえますよ。

弁償してもらう際に金額でがっかりしないように余談ですが弁償金額について。
組合店であれば「クリーニング事故賠償基準」にのっとって弁償しますが
それ以外の店でもおおむねこれを基準にしています。デパートでも使われているようです。
法律の専門家や消費者代表などを交えて作成された、いまのところ唯一の基準です。

コーティング品の平均使用年数は2年。
クリーニングに出された時で購入から1年経過している場合の商品価値は購入価格の58%。
(正規料金ではなく、あくまで購入金額です。バーゲンで買ったとすればその金額です。)
2年で30%、3~4年までは14%、4年以上は7%です。
2年以内は月数によって細かくパーセンテージが違いますのでここでは省略します。

あまり最初からこれを出さずに、店側がこれよりひどい条件を出した場合の切り札としてお使いください(笑)

さっそく補足情報をいただき、ありがとうございます。
それで正体がわかりました。

茶色い皮のようなものはポリウレタンです。
クリーニングに出す前はなかったことからクリーニング行程の中で
表面のポリウレタンコーティングが劣化し、はがれたものです。

ポロウレタンの寿命は一般的に3~5年といわれ、空気中の水分による加水分解で劣化します。
これは洗っても洗わなくてもその寿命は変わりません。
むしろエリは汗が付きやすいのでクリーニングしないとよけい劣化が早まります。
あとは保管のときなるべ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報