【おすクラ 第5回】

僕はこの曲をなかなかいい曲だと思ってはいますが、それでも難解で困っています。
みなさんはこの曲をどんな演奏で聴いていらっしゃいますか? そして、この交響曲の聴きどころはどこだと思いますか? 感想でも結構です。

ちなみに、僕自身は自作自演盤とアンセルメの盤を聴いています。よりおすすめのものがあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

はじめまして、クラシックは好きなんですがあまり詳しくなくて…


押入れを探したら、何年も封を切っていなかった自作自演盤CD22枚組を見つけました。
輸入版なので、恥ずかしながら、辞書を引いて確認しました。
「Symphony of Paslms」で良いのですよね?
録音が1963年3月30日トロントのやつです。

初出年代をチェックしていないので、比較に出した曲との前後関係が分かりません。稚拙で素人っぽい感想になりますがその点は笑って許してください。耳もあまり良くないし、こんな私で済みません。

「Part1」は 出だしのピチカートとピアノが良いですねぇ。そのあとチョットだけ「春の祭典」の臭いがします。ファゴットのせいかなぁ?ハープのせいかなぁ?結構好きです。
「Part2」は いわゆる「現代音楽」といった感じで難しいですね。宗教色も一番強く出ている感じがします。この曲は「何がなんだか分からない超難解な現代音楽」という感じではなくて、ちゃんと音楽として聞こえるし、実験的な雰囲気?は なかなか良いのではないかと思います。金管と木管が不安な気分に引きずり込んでくれます。そんな気がします。
「Part3」は この中では一番聴きやすい曲ですね。Part2で陰鬱になった心を癒してくれる気がします。やっぱり「春の祭典」の臭いがする? 後半にはホルストの惑星をチョット思い浮かべてしまいました。ハープと女声とオーボエのせいかなぁ?
ところで、耳が悪いのか、頭が悪いのか、聴き取れる詞は「ハレルヤ」だけでした。(笑)
初めて聴きましたが、総合的にこの曲は好きですね。別の音源でも聴いてみたいですね。

次回はプロコフィエフあたりはどうでしょう? ←調子乗りすぎ??
    • good
    • 0
この回答へのお礼

はじめまして。

>「Symphony of Paslms」で良いのですよね?
多分それです。Psalmsだと思いますが、それは些細なことなんで、合っているはずです。

>出だしのピチカートとピアノ
そうですね。ピチカートが利いていて、その部分を引き締めていますね。ピアノもいい効果で使われていますね。

>「Part2」は いわゆる「現代音楽」といった感じで難しいですね。
確かに、合唱につく伴奏がちょっとグロテスクなようにも聴こえますね。

>耳が悪いのか、頭が悪いのか、聴き取れる詞は「ハレルヤ」だけ
僕も最初はそうでした。そのうちlauda teも聴こえるようになりました。ところで、この時代はもうラテン語などは誰が聴いても(宗教家除く)普段は使わないことばなので、意味のわからない言葉を羅列するという意図のものだ、と教わったことがあります。超理解的(ロシア語で「ザーウミ」というらしいのですが)な表現手段の先駆とも考えられるようです。

ありがとうございました。
>次回はプロコフィエフあたりはどうでしょう? ←調子乗りすぎ??
最近、チャイコフスキー、ショスタコーヴィチ、ストラヴィンスキーと、ロシア物が立て続けになっておりますので、少し間を置きたいと思っています。ご了承ください。

お礼日時:2002/02/08 11:50

nabayoshさん、こんにちは。



回答が遅くなり、すみませんでした。

何度も聴いていたのですが、中々この曲が聴けたような気がしなくて繰返し聴いていました。nabayoshさんコメントを読んで慌てて回答させて貰いました。

自分は、ストラビンスキーの作品は、3大バレエ曲以外は1つも知りませんでした。
今回、詩篇交響曲を聴いてみてとても面白い曲だと思いました。

■間単に、この曲を聴いた感想を時間経過毎に話してみると

最初に聴いた時から違和感なく自然に聴こえてしまいました。

自分は、歌を歌うようになる前は、合唱が入っている曲は体が受け付けないなかったのですが、自分で歌うようになってからは、逆に、歌が入っていないと聴けない時期が何年もありました。 最近になって、歌が入っていない曲でも違和感なく聴けるようになってきました。

話を戻すと、違和感なく自然に聴こえ過ぎて逆に変でした。
つまり、激しい変化の無い声楽の入った曲としか感じられませんでした。
つまり、管弦楽側の印象がないのです。しかし、今から思うと不思議です。

何度も聴いているうちに、声楽の間から管弦楽の音が聞こえるようになり、もっと聴いて行くとこの曲の印象を決定しているのは管弦楽ではないかと思うほど管弦楽の音で曲全体の印象が変わって感じるようになりました。

そうなって初めて、この曲の面白さがわかったような気がしました。
この曲は、普通の宗教音楽の合唱と伴奏とは全然違う種類の曲だと思います。

特に印象的なのが、1楽章や3楽章で現れる歩くような印象を持たせる音です。その時々によって音の種類が変わってしまってどの楽器ともいえないのですが。

これを聴いていて思い出すのは、ワーグナーのパルジファルが旅に出ていた時に有ったような気がするのですが、最近聞いていないので全然検討違いかも知れません。

■今回聴いてみたCDは下記になります。

1.アンセルメ(ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団/合唱団、モノーラル)

モノラルで音質は悪いのですが、聴いた感じはとてもよかったです。
今回は、あまり聴いていない為、詳しい印象までは話せないです。

2.ショルティ(シカゴ交響楽団合唱団)

ショルティが亡くなる半年前に録音した、ショルティ最後の録音になるようです。
自分のお進めのCDはこのCDになります。他の2人と比べて何がいいかと言われると困ってしまいます。

3.マゼール(バイエルン放送交響楽団/合唱団)

この演奏も良かったです。
これでは、お進めになってないですね。

ただ、思うのは3人とも違う演奏なのですが、基本的には似た演奏のような気がします。

※シャイーのCDは、生産中止になっていた為、手に入りませんでした。

■曲の感想

1.第1楽章

この楽章は、足音のように聞こえる楽器の音がすごく印象的で、後半の盛り上がりと共に変わって行く楽器の音がとても面白いです。
自分は、合唱が好きな人なのですが聞けば聴くほど、楽器の方へどんどん耳が行ってしまいます。

2.第2楽章

第2楽章に入ると、第1楽章にあった重い音はなくなり、いきなり天上的な音に変わっているように思います。
きれいな曲です。思わず聞きほれてしまいます。

3.第3楽章

後半の終了よし少し前のゆったりしたテンポで、歩くようなティンパニの音の上に聴こえてくる女性の歌がいいです。
落ち着いたなかで歌われる歌と伴奏がとても気持ちいいです。

この回答への補足

さて、本日(2/17)を持ちましてこの質問を閉じさせていただきます。
ご協力ありがとうございました。
ポイントはご覧の通りです。

補足日時:2002/02/17 22:23
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>回答が遅くなり、すみませんでした。
いえいえ、せかしてしまったようで、かえって申し訳ありません。

>違和感なく自然に聴こえてしまいました。
そうですか。意外にグロテスクじゃないかと思っていたんですが、そんなでもなかったようですね。

>この曲は、普通の宗教音楽の合唱と伴奏とは全然違う種類の曲だと思います。
確かに、宗教音楽的な歌詞ですが、曲想は違いますよね。

>歩くような印象を持たせる音
音楽のテンポにしたがって割とゆっくりと歩いている感じがしますね。

>1.アンセルメ(ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団/合唱団、モノーラル)
僕の買ってしまったアンセルメですね。悪くはなかったですが。

>2.ショルティ(シカゴ交響楽団合唱団)
>ショルティ最後の録音になるようです。
ショルティの楽曲の構築の仕方は僕も好きです。いつか聴けたら聴いてみようと思います。

>3.マゼール(バイエルン放送交響楽団/合唱団)
この組み合わせもショルティと同じでコンタクトはいいんでしょうね。

>※シャイーのCDは、生産中止
そうだったんですか。わざわざありがとうございます。

>1.第1楽章
>後半の盛り上がりと共に変わって行く楽器の音がとても面白いです。
>自分は、合唱が好きな人なのですが聞けば聴くほど、楽器の方へどんどん耳が行ってしまいます。
音色に惹き込まれますよね。盛り上がっていくにつれ、どんどん前のめりになっていくような感じでしょうか。

>2.第2楽章
>いきなり天上的な音に変わっているように思います。
>きれいな曲です。思わず聞きほれてしまいます。
そうですか。僕は第2楽章はきれいな合唱と管弦楽のグロテスクな伴奏がアンバランスで玄妙なハーモニーを出しているように感じましたが。いや、しかし天上的にも聴こえますね。

>3.第3楽章
>落ち着いたなかで歌われる歌と伴奏がとても気持ちいいです。
そうですね。比較的この楽章は落ち着いていますね。ただ聴きとれる「アレルヤ」のハーモニーが好きです。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/14 11:00

「おすクラ」復活ですね!前回はタイトルがなくてなんかさみしかったですよ。


さて、今回はかなり渋い曲を選曲されましたね。
ストラヴィンスキーの交響曲でそれも「詩篇交響曲」とは。
私の愛聴盤は、レコード時代はアンセルメ盤でしたが、CDになってからシャイー盤(RSOベルリン)と自作自演盤(CBC交響楽団)を聴いています。
一番インパクトのあるのが、やはり冒頭のオーボエとファゴットのユニゾンでのアルペジオとその後のピアノと弦のピツイカートですね。
私は基本的に合唱が入る曲はあまり好きではありません。
なぜかというと、意味が分からないからです。
第2楽章の「ド♭ミシレ」の変形が面白いです。レーガーを彷彿させてくれます。
はっきり言って私は「三楽章のための交響曲」の方が好きです。

この回答への補足

今回は自分もよく聞き込んでからお礼をすることにしました。ので、少しお礼が遅れることがあるかもしれません。そこのところをよろしくお願いします。

なお、締めきりは今回は前もって設けないことにします。頃合いを見て締めようと思います。

補足日時:2002/02/05 23:08
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>さて、今回はかなり渋い曲を選曲されましたね。
いつもメジャーなものばかりやっていくと、ネタが尽きますので、バランス良くと思ってこうしております。

>レコード時代はアンセルメ盤でしたが、CDになってからシャイー盤(RSOベルリン)と自作自演盤(CBC交響楽団)を聴いています。
実は今回気がついたのですが、僕のアンセルメ盤はスイス・ロマンドじゃなくて、ロンドン・フィルでした。いつの間にかこんなものをつかまされて。シャイーの演奏はどんな感じなんでしょうかね。

>私は基本的に合唱が入る曲はあまり好きではありません。
昔は僕もそうだったんですが、意味がわからなければ、響きとして捉えれば、少しは楽に聴けると思います。

>第2楽章の「ド♭ミシレ」の変形が面白いです。
確かに面白いですね。言われてみるとレーガーのようでもあります。

>はっきり言って私は「三楽章のための交響曲」の方が好きです。
これを取り上げるのはいつのことになるやら、ですが、その時もよろしくお願いします。

ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/08 12:09

 ストラヴィンスキーはぼくの一番好きな作曲家の内の一人ながら、ぼくもこの曲は最近まであまり好きとは言えませんでした。


 彼の新古典派時代の作品と言えば、ピアノ協奏曲やカプリッチョ、交響曲ハ調など派手で且つ美しい曲がいくつもあって、そんな中で一般的な評価は新古典派時代の傑作と言われてはいるもののどうにも地味なこの曲の良さはもう一つ理解出来なかったのです。同じCDに入っているプーランクの「グローリア」は大好きでしょっちゅう聴いていたのに。
 ぼくが持っているCDはバーンスタイン指揮のもの。彼の特質としてメリハリは効いているものの、個人的には彼のストラヴィンスキーは今一つピンと来ません。彼の演奏全般には凄く好きなのですけど。先の「グローリア」などは派手な分巧く嵌っている気がします。

 しかし、先日この曲を生で聴く機会がありました。
 東京都交響楽団の演奏です。
 これを聴いて初めてこの曲の魅力が少し判った気がします。
 やはりこの曲の一番の魅力はおそらくは「響き」です。どのパートでも彼らしい盛り上がりを見せてもそのクライマックスの直前で止まってしまいまた静謐に返っていく、そうした流れの中でオーケストラと合唱がまさにハーモニーとして絶妙な空間を産み出してくれるのです。
 この曲は宗教的な祈りの曲であると考えれば、こうした調和の世界において天国に通じ、まさに天上に向かって上昇し昇華していく、そんな世界を演出しようとした、とも考えられます。
 なかなか機会は無いとも思いますけれど、もしチャンスがあれば是非実演で聴かれることをお薦めします。
 ちなみに、彼の「管楽器のためのシンフォニー」もやはりライブで初めて聴き所が発見できました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>ぼくが持っているCDはバーンスタイン指揮のもの。
>個人的には彼のストラヴィンスキーは今一つピンと来ません。
バーンスタインという指揮者、楽譜の細かいところまで読むよりも、全体として1つの主張ができるような演奏を目指しているように思います。
ストラヴィンスキーという作曲家の場合は、曲によっても違いますが、曲に仮託した表現をしろというのではなく、曲がもつそのものを示した方がよい演奏になるように思われます。バーンスタインとストラヴィンスキーにはそういう欠陥があるのかもしれません。

プーランクの「グロリア」は聴いていませんが、プーランク全般に関しては気に入っています。

>この曲の一番の魅力はおそらくは「響き」です。
そうですね。旋律やリズムでなく、響きとかハーモニーとかいったものの方に重点が置かれているように感じます。

>この曲は宗教的な祈りの曲であると考えれば、こうした調和の世界において天国に通じ、まさに天上に向かって上昇し昇華していく、そんな世界を演出しようとした、とも考えられます。

この「調和」の具合が気持ち悪くも気持ちいいですね。

ありがとうございました。実演もぜひ機会があれば聴きたいです。

お礼日時:2002/02/08 12:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「火の鳥」「ペトルーシュカ」「春の祭典」

ストラヴィンスキーの「火の鳥」「ペトルーシュカ」「春の祭典」のDVDを探しています。但し演奏の模様を収録したものではなく、実際にダンサーが踊っている模様を収録したものが欲しいのですが、どなたかご存知でしょうか?
返信お待ちしております。

Aベストアンサー

「火の鳥」はフォーキンのオリジナルの振り付け、ロイヤルバレエのものが手に入ります。ニジンスカのオリジナルの振り付けを再現した「結婚」も見ものです。
http://www.hmv.co.jp/search/index.asp?target=CLASSICCATNUM&genre=700&catnum=OA+0833+D

「ペトルーシュカ」はこれもフォーキンのオリジナルの振り付け、パリオペラ座バレエものがLD, VHSで出ていました(paris dances Diaghilev, 邦題「ディアギレフの夕べ」)。現在廃盤のようで、DVDは出ていないようです。「結婚」「牧神の午後」「薔薇の精」が併録。
http://www.amazon.com/gp/product/6302550351/103-8051789-8908626?v=glance&n=404272

「春の祭典」のDVDは私も探したことがあるのですが、出ていないようです。ベジャール、バウシュ、ニジンスキーなどの振り付けの、断片的なピデオは持っていたり、テレビで見たりしたことがありますが。

「火の鳥」はフォーキンのオリジナルの振り付け、ロイヤルバレエのものが手に入ります。ニジンスカのオリジナルの振り付けを再現した「結婚」も見ものです。
http://www.hmv.co.jp/search/index.asp?target=CLASSICCATNUM&genre=700&catnum=OA+0833+D

「ペトルーシュカ」はこれもフォーキンのオリジナルの振り付け、パリオペラ座バレエものがLD, VHSで出ていました(paris dances Diaghilev, 邦題「ディアギレフの夕べ」)。現在廃盤のようで、DVDは出ていないようです。「結婚」「牧神の午後」「薔薇の精」が...続きを読む

Qおすすめの曲、歌手を教えてください! 最近新しい曲と出逢いたいと思っているのですが、なかなか見つかり

おすすめの曲、歌手を教えてください!

最近新しい曲と出逢いたいと思っているのですが、なかなか見つかりません。
良かったら皆様のおすすめの曲を教えていただけたらと思っています。

因みに、よく聴く歌手は
歌手だとキースアーバン、バスティアンベイカー、ハンターヘイズ、KTタンストール、ノラジョーンズ、radical face、ネリーマッカイ、ガブリエルアプリン、ジェイクバグ、ミッキーエッコー、alan、etc...
曲だと映画『はじまりのうた』でキーラナトレイが歌ってた曲、lego house(歌手はわかりません(^^;)


特にジャンルは気にしないので、上記に近い曲だとどんなものがあるのか知りたいです。
また、雰囲気が全然違う曲でも教えていただけたらありがたいです。

Aベストアンサー

こんばんは!

それでは…、こんな感じはどうでしょう?


◎Michael Buble(マイケル・ブーブレ):「I Belive in You」
https://www.youtube.com/watch?v=94MHIeeGwys

◎Mroon 5(マルーン5):「Sugar」
https://www.youtube.com/watch?v=09R8_2nJtjg

◎Pharrell Williams(ファレル・ウイリアムス):「Happy」
https://www.youtube.com/watch?v=ZbZSe6N_BXs

◎Sam Smith(サム・スミス):Stay With Me」
https://www.youtube.com/watch?v=pB-5XG-DbAA

◎Mayer Harthone(メイヤー・ホーソーン):「Her Favorite Song」
https://www.youtube.com/watch?v=RWkjcq_N2YQ


参考になれば、幸いです!(^o^)丿

Qストラヴィンスキー『火の鳥』の名盤

を教えてください。10月に、ミッコ・フランクのライブを聴きに行くのですが、あまり興味のある曲ではなかったので、CDでじっくり聴いたことがありません。この曲が好きな方いらっしゃいましたら、二、三挙げていただけると助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

「火の鳥」ですが,実は何種類かあります。
・1910年版(バレエ音楽全曲)
・1911年版(バレエから抜粋した組曲)
・1919年版(バレエから抜粋した組曲)
・1945年版(バレエから抜粋した組曲)

ミッコ・フランク氏が10月にやるのは,1945年版のようですね。原曲の迫力を活かしつつもコンパクトにまとまった,コンサートで取り上げるにはよい版だと思います。

CDのお薦めをしようと改めて考えてみたら,私は10年版しか持っていませんでした。CDという事になると,やはり規模の大きな1910年版が好まれるのかもしれません。
以下,質問者さんの好みが分かりませんので,代表的な演奏をいくつか。すべて1910年版で申し訳ありませんが・・・。

・ブーレーズ指揮/ニューヨークフィルハーモニー管弦楽団
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0002ZF03U/qid=1126513521/sr=1-9/ref=sr_1_2_9/250-7632234-3536212
ストラヴィンスキーがまだ前衛的であった頃&ブーレーズという指揮者がまだ過激だった頃の,非常にシャープな演奏。ブーレーズには,シカゴ交響楽団との録音もあり,こちらも私は好きですが,どうも一般にはあまり受けがよろしくないようです(泣)

・ゲルギエフ指揮/サンクトペテルブルク・キーロフ劇場管弦楽団
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005FG1O/qid=1126513521/sr=1-5/ref=sr_1_2_5/250-7632234-3536212
ストラヴィンスキーがロシア人作曲家である事を強く意識させる,重厚で迫力のある演奏。
個人的には一番のお気に入りです。

・デュトワ指揮/モントリオール交響楽団
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005FLOW/qid=1126513598/sr=1-12/ref=sr_1_2_12/250-7632234-3536212
フランス音楽を得意にしていたデュトワらしい,精緻な演奏。

残念ながら,1945年版と明記してあるCDは見つかりませんでした。
曲としては1945年版に近い1919年版ですと,
・アバド指揮/ロンドン交響楽団
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005Q7QJ/qid=1126513958/sr=1-5/ref=sr_1_2_5/250-7632234-3536212
聴いた事はありませんが,経験上,良さそうなのを挙げてみました。
名演である保証はありません(笑)

以上,ご参考になりましたら幸いです。

こんにちは。

「火の鳥」ですが,実は何種類かあります。
・1910年版(バレエ音楽全曲)
・1911年版(バレエから抜粋した組曲)
・1919年版(バレエから抜粋した組曲)
・1945年版(バレエから抜粋した組曲)

ミッコ・フランク氏が10月にやるのは,1945年版のようですね。原曲の迫力を活かしつつもコンパクトにまとまった,コンサートで取り上げるにはよい版だと思います。

CDのお薦めをしようと改めて考えてみたら,私は10年版しか持っていませんでした。CDという事になると,やはり規模の大きな191...続きを読む

Q僕の大切なクラ~リネット♪

つまらない質問ですみません。
歌で「クラリネットこわれちゃった」(?)みたいな歌がありますのね?
で、サビの部分(サビというのが適切かな?)で、
「オーパッキャマラード、パッキャラマード、オパオパオパ」みたいな部分がありますが、あの部分の正確な歌詞と意味がわかりません。
現在、娘と歌詞の部分でモメてます。どうか教えてください。
(昔、兄とプロレスのミルマスカラスのテーマ曲「SKY HIGH」の歌いだし部分でもめた事があります。(兄は「GO」私は「LOW」と主張、答えは「GLOW」でした)こんな歌詞戦争はもうしたくありません)

Aベストアンサー

これかな??

参考サイト:音楽

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Icho/2279/simple/music.html

Qベートーベン交響曲第7番の最近の名盤

ベートーベン交響曲第7番のCDを買いたいのですが、
以下の条件に当てはまるものを知っていれば型番を教えてください。

○2000年以降録音されたもの
○デジタル録音されたもの
○オーストリア・アメリカ・イギリス・フランスの楽団ではないもの
(ジャーマンオーボエが聴きたいのでドイツが理想)
○ど下手ではないもの

お詳しい方何卒宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

最近のドイツのオーケストラによるベートーヴェンの交響曲というと,次のものが比較的有名だと思います。

☆アバド指揮 ベルリンフィルハーモニー管弦楽団
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E5%85%A8%E9%9B%86-%E3%82%A2%E3%83%90%E3%83%89-%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA/dp/B00005HMCT
☆ノリントン指揮 シュトゥットガルト放送交響楽団
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E5%85%A8%E9%9B%86-%E3%83%8E%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3-%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC/dp/B0002RNBIY

(URLはどちらも交響曲全集です。バラ売りもあったと思うのですが,ネット上では見つかりませんでした)


どちらも7番そのものは聴いたことがありませんが,他の曲を聴いた印象としては,伝統的なドイツ風の重厚さからはかなり遠い演奏だと感じました。特にノリントンのものは軽快です。

アバド盤でオーボエを吹いているのは,たぶんシェレンベルガー氏ではないでしょうか。(確証はないですが,録音年代と音からの推定)
もちろん,下手であろうはずがありません(笑)

ノリントン盤は,人に借りてちょっと聴いた事があるだけなので,申し訳ありませんが,オーボエまでは印象に残っていません。


*(おそらく)初のベーレンライター校訂版による全集として話題になったジンマン指揮/チューリヒ・トーンハレ管弦楽団のものも,最近だと思っていたのですが,録音は2000年よりは前だったようです。最近増えている「現代楽器による古楽風の奏法での演奏」というアプローチの元祖のような録音です。
念のためURLはつけておきますので,よろしければご参考に。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E7%AC%AC7%E7%95%AA-%E7%AC%AC8%E7%95%AA-%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%B3-%E3%83%87%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%89/dp/B00005EH54

こんにちは。

最近のドイツのオーケストラによるベートーヴェンの交響曲というと,次のものが比較的有名だと思います。

☆アバド指揮 ベルリンフィルハーモニー管弦楽団
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3-%E4%BA%A4%E9%9F%BF%E6%9B%B2%E5%85%A8%E9%9B%86-%E3%82%A2%E3%83%90%E3%83%89-%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA/dp/B00005HMCT
☆ノリントン指揮 シュトゥットガルト放送交響楽団
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%...続きを読む

Qクラシック通の方に質問です。 ベートーベンの交響曲第7番を 「ベト7」と略して言うと聞いた事があり

クラシック通の方に質問です。

ベートーベンの交響曲第7番を
「ベト7」と略して言うと聞いた事があります。その他にも略語で呼んでいる曲はありますか?

Aベストアンサー

通というほどじゃないですが

ほかの回答にもありますが、自分が一番変な感じしたのは
ドボルザークですね。語感が悪すぎるというか「ドボハチ」とか
えらく泥臭い響きですね

ショパンのバラードはショパバラ。「ショパバラの何番」みたいな呼びかたをします

ブラームスのコンツェルとをブラコン

白鳥の湖を「白鳥湖(はくちょうこ)」
くるみ割り人形を「くるみ」花のワルツを「花ワル」
でもこれらはどちらかというとバレエの人たちが使います

プロコフィエフはたいがい「プロコ」チャイコフスキーは「チャイコ」と呼んでました
「プロコの○番」「チャイコの○番」 でも「プロ○」「チャイ○」
って呼ぶ場合もありますね
ショスタコーヴィッチも「ショスタコ」と呼んでいました

あとは、聞く側のファンが使うかとか、団体によっても違うかもしれませんが
練習などとりかかってる曲みたいに日常的に呼ぶ場合は、略すことがありますね

チャイコフスキーの「イタリア奇想曲」を→「イタ奇」とか
「ロミオとジュリエット」→「ロメジュリ」
この辺りは比較的通じると思います

薔薇の謝肉祭を「バラシャニ」と呼んでいたこともありましたが
これは一般的じゃないかも


一応こんなまとめられた情報もあるようですね
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF%E9%9F%B3%E6%A5%BD%E3%81%AE%E6%9B%B2%E5%90%8D%E3%81%AE%E4%BF%97%E7%A7%B0%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7

あと、意外とジャンルが違うと通じないかも。
オケ好き、とかオケやってる人は意外とピアノ曲はあまり聞かないとか
その逆もあったりするので…。

どうしても略語なので、狭い世界での話にはなるのではと思います。

通というほどじゃないですが

ほかの回答にもありますが、自分が一番変な感じしたのは
ドボルザークですね。語感が悪すぎるというか「ドボハチ」とか
えらく泥臭い響きですね

ショパンのバラードはショパバラ。「ショパバラの何番」みたいな呼びかたをします

ブラームスのコンツェルとをブラコン

白鳥の湖を「白鳥湖(はくちょうこ)」
くるみ割り人形を「くるみ」花のワルツを「花ワル」
でもこれらはどちらかというとバレエの人たちが使います

プロコフィエフはたいがい「プロコ」チャイコフスキーは「チャ...続きを読む

Q宇宙戦艦ヤマト

何で今頃と思われるかもわかりませんが
宇宙戦艦ヤマトにハマッて全部見てしまおうと思っているのですが
テレビシリーズと映画シリーズの見る順番がわからないので、放送された順番を教えてほしいです。

[テレビ]宇宙戦艦ヤマト1
[テレビ]宇宙戦艦ヤマト2
[テレビ]宇宙戦艦ヤマト3
[映画]新たなる旅立ち
[映画]さらば宇宙戦艦ヤマト
[映画]愛の戦士たち
[映画]ヤマトよ永遠に
[映画]宇宙戦艦ヤマト完結編

どういう順番で見ればいいでしょうか。
(現在[テレビ]宇宙戦艦ヤマト2迄見ています)
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

宇宙戦艦ヤマト(TV 1) ~ 宇宙戦艦ヤマト(映画)
宇宙戦艦ヤマト2(TV) ~ さらば宇宙戦艦ヤマト(映画)
新たなる旅立ち
ヤマトよ永遠に(映画)
宇宙戦艦ヤマト3(TV)
宇宙戦艦ヤマト完結編

の順です。
映画とTV版を併記しているものがありますが、これは内容はほぼ同じですが、映画にする時に脚本の一部が書きかえられ、特にラストは大分違うものになっています。
それに伴い、それぞれを時系列をそろえてみようとすると多少の矛盾が生じるような内容になっていますが、大体この順序で見ると楽しめると思います。

Q綺麗なピアノ曲 ピアノ歴5~ 6年です。 最近良い曲が見つからなくて… 何か良い曲はありますか?

綺麗なピアノ曲

ピアノ歴5~ 6年です。
最近良い曲が見つからなくて…
何か良い曲はありますか?
イメージは、
・ベートーヴェン「月光」第一楽章
・ドビュッシー「月の光」
・ショパン ノクターン遺作 20番
・ショパン ノクターン 8番 27-1
などの静かな雰囲気の中に美しさのある曲がイメージです。誰もいない音楽室で静かに弾いてたらかっこいいだろうなと思う曲を探しています。
難易度、作者など、なんでもいいのでイメージに合うような曲を教えてください!

Aベストアンサー

思いっきり自分の好みで…

チャイコフスキー 四季より「舟歌」
https://www.youtube.com/watch?v=sM5q2yIkrDI

シベリウス「樅の木」
https://www.youtube.com/watch?v=paiMBkMiYdo

元はピアノ曲じゃないけど、ピアノ譜もあります
ドヴォルザーク「スラブ舞曲10番」
https://www.youtube.com/watch?v=iOJJ6Kzyl7Y

ラヴェル「亡き女王のためのパヴァーヌ」
https://www.youtube.com/watch?v=oUpjlmj-cMc


ピアノ歴5~6年の方がすぐ弾けるであろう曲で
ギロック「秋のスケッチ」「セレナード」
https://www.youtube.com/watch?v=pH2-fvCByr0

現代曲
マイケルナイマン「Big My Secret」
https://www.youtube.com/watch?v=b2b_2F9Dglc

上記で誰もいない音楽室から…だと
亡き女王~が好きです。
ショパン遺作20番私も大好きです

思いっきり自分の好みで…

チャイコフスキー 四季より「舟歌」
https://www.youtube.com/watch?v=sM5q2yIkrDI

シベリウス「樅の木」
https://www.youtube.com/watch?v=paiMBkMiYdo

元はピアノ曲じゃないけど、ピアノ譜もあります
ドヴォルザーク「スラブ舞曲10番」
https://www.youtube.com/watch?v=iOJJ6Kzyl7Y

ラヴェル「亡き女王のためのパヴァーヌ」
https://www.youtube.com/watch?v=oUpjlmj-cMc


ピアノ歴5~6年の方がすぐ弾けるであろう曲で
ギロック「秋のスケッチ」「セレナード」
https://www.yo...続きを読む

QエウレカセブンのAOと交響詩篇の関連性

エウレカセブンAOは交響詩篇とは別世界のパラレル?
それとも話に繋がりのある続編なのでしょうか?

申し訳ないですがAOは全話録画しているものの、これから示す下記の事情で
3話くらいまでしか見ていないので、なるべくネタバレ無しでご回答下さい。

エウレカセブンAOはオリジナルの交響詩篇と世界観が繋がっているのでしょうか?
と言いますのも交響詩篇の最後の解釈には諸説あって
監督など関係者によっても微妙にニュアンスや
思惑が違う発言や大人の事情が聞こえてきた交響詩篇のラスト…
色々と調べてみると破滅バッドエンド嗜好や意味不明嗜好のある
エヴァの庵野監督を尊敬する京野監督は人柱としてエウレカも肉体は
消えてしまうようにしたかったようですが、最後はすっきり
ハッピーエンドで終わらせようという外野の圧力もあり
その妥協案としてエウレカらは消えない代わりに監督の信仰する
エヴァ風味、すなわち意味不明さを最後に少し残したのではとも言われていますね。
(それに対する不満からなのか放送終了後、京野監督はあれこれファンを
困惑させるような場当たり的な発言を時々しておられるようですが…)
そして監督自身が実は本当は採用したかったもう一つの最終話が
エウレカらが肉体的には消えてしまう51話のニューオーダーだったとも言われています。

それはさておき、私としては曖昧さが残ってややスッキリしなかったものの
交響詩篇ラストは最後にレントンとエウレカが消えずに一緒になった
ハッピーエンドだったと解釈して交響詩篇の大ファンとして満足しています。
(特に最後の祖父や子供達と一緒にいる挿絵が決め手)
エウレカには幸せになって欲しいと切に願っていたので
準主人公のホランド達のその後などが描かれなかったりと
不満もありましたが、それなりに満足のいく最終回でした。
(ハッピーエンドではなかったという解釈、ハッピーエンドでない方が
良かったと言うファンの方の意見を否定するものではありません。
私を含めそう思っている人の解釈です。
なのでこの点について論争をする気はありません)

ところがAOではとても幸せとは言えそうにないエウレカとその子供らしき主人公アオの姿が…
もうそれだけで交響詩篇ファンとしては見る気が失せました。
(なので全話録画していますが3話くらいまでしか見ていません)

そこで本題の質問(やっとです…笑)なのですがエウレカセブンAOはキャラなどを
再使用した劇場版のような交響詩篇とは全く別世界のパラレル作品なのでしょうか?
それとも話に交響詩篇としっかり繋がりのある続編なのでしょうか?
細かい説明は不要(特にエウレカが不幸になっていそうな場合)ですが
そこらを質問Aとして

(1) 劇場版同様に完全なパラレル
(2) 交響詩篇と繋がる完全な続編
(3) まだどっちとも言えない
(4) 個人の解釈による
の(1)~(4)で答えて頂きたいのです。

そして質問BとしてAが(2)だった場合、エウレカは不幸に終わったのでしょうか?
(1) Yes (2) NO (3) まだどちらとも言えない、分からない (4)個人の解釈による

同様にAが(2)だったとしてホランドなど月光号などの魅力的な交響詩篇のキャラ達は再び登場しているのでしょうか?(質問C)

以上、質問A、B、Cにお答え頂けると有難いです。
完全な続編でエウレカがハッピーになっていない続編だったら
このまま交響詩篇のハッピーエンド解釈派としてはAOは見たくないので
こんな質問をさせて頂きました。
逆に劇場版のような同じキャラや似た設定を使いつつも全くの
別世界のパラレル話なら気軽に見ることが出来るのですが…

ご回答お待ちしております。

最後に独り言…
昨夜のAOを最速の早送りでチラ見していたらエウレカが思いっきり出ていたようですね…
しかも交響詩篇の時と変わらぬ容姿で若そう…アオを生む前の話なのだろうか

エウレカセブンAOは交響詩篇とは別世界のパラレル?
それとも話に繋がりのある続編なのでしょうか?

申し訳ないですがAOは全話録画しているものの、これから示す下記の事情で
3話くらいまでしか見ていないので、なるべくネタバレ無しでご回答下さい。

エウレカセブンAOはオリジナルの交響詩篇と世界観が繋がっているのでしょうか?
と言いますのも交響詩篇の最後の解釈には諸説あって
監督など関係者によっても微妙にニュアンスや
思惑が違う発言や大人の事情が聞こえてきた交響詩篇のラスト…
色々と調べてみる...続きを読む

Aベストアンサー

◆質問A・・・(完全な続編です)映画ではなくTV放送版の続編です。

◆質問B・・・まだわかりません。AO本編で答えは出してくれると思います。

◆質問C・・・月光号は出ます、その他の人物はわかりません。

憶測予測だけを並べてもわかりませんよ。

良い物語か悪い物語か自分で見ないと判断できませんし、まだAO本編も終わってません。

Qシューベルトのグレート交響曲のおすすめ

【おすクラ 第7回】

この交響曲は番号でもめるので「シューベルトの8番のおすすめ」といったような標記ができなかったことをあらかじめお断りします。

この交響曲を、みなさんはどの演奏で聴いているのでしょうか。
また、この曲の魅力的な部分、聴きどころとはどこでしょうか。感想でも思い入れ、こだわりでも結構です。

ちなみに現在僕の所持しているものはギュンター・ヴァント/ベルリンフィルの盤ですが、他のものと聴きくらべをしたことがないので、いろいろと教えてもらえればと思います。
今までの選曲上、最も長い曲ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

フルトヴェングラー、ベルリンフィル。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005FJAV/qid=1017064316/sr=1-7/ref=sr_1_0_7/249-0731825-1304358

なんと行っても凄いのが、第一楽章の序奏から第一主題に入るところの、なんというか、凄い勢いで、第一主題に突入していくところなんか、一番聴き所。こういう演奏をする人はたぶんいない。楽譜的にもある意味正確ではないが、きっとシューベルトはこう演奏して欲しかったのではないかと思わせる演奏です。第四楽章の勢いも凄いです。コーダに向かってまっしぐら。
ある音楽評論家が、もしCDを一枚だけこの世に残してよいというならば、フルトヴェングラー、ベルリンフィル、のシューベルトのザ・グレートであるといっていました。クラシック名盤でも定番の演奏です。
わたしは、カップリングは個人的には、ハイドンのV字が好きです。たぶんそれがオリジナルだと思います。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005FJAV/qid=1017064316/sr=1-7/ref=sr_1_0_7/249-0731825-1304358

フルトヴェングラー、ベルリンフィル。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005FJAV/qid=1017064316/sr=1-7/ref=sr_1_0_7/249-0731825-1304358

なんと行っても凄いのが、第一楽章の序奏から第一主題に入るところの、なんというか、凄い勢いで、第一主題に突入していくところなんか、一番聴き所。こういう演奏をする人はたぶんいない。楽譜的にもある意味正確ではないが、きっとシューベルトはこう演奏して欲しかったのではないかと思わせる演奏です。第四楽章の勢いも凄いです。コーダに向かってま...続きを読む


人気Q&Aランキング