ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

VB6ですが、構造体のコピーは正しくできるのでしょうか

type a
test1(0 to 5) as byte
test2 as integer
test3 as string
end type

dim b1 as a
dim c1 as a

b1.test = 2
c1 = b1

私はここで、c1.test2が0だった

A 回答 (2件)

これで試してみて下さい



Sub test()

dim b1 as a
dim c1 as a

b1.test2 = 2
b1.test3 = "AAA"

c1 = b1

Debug.Print c1.test2
Debug.Print c1.test3

End Sub
    • good
    • 0

b1.test = 2


でエラーになっているのでは
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q構造体→文字列→構造体 をする方法

VB6.0の話です。

 不特定の構造体を文字列(String)に格納し、これを最初の構造体に戻す事はできませんか?

 具体的には「共有メモリを使い構造体を文字列にして格納>別ウインドウで文字列を取得して構造体に戻す」と言う事をやりたいんです。
 共有メモリに不特定の構造体をいれる方法でもいいんですが…VALIANTだとサイズが大きすぎて実用性がありませんし、違う主旨の質問をするのも良くないので回答はあくまで「構造体→文字列→構造体 をする方法」と言う事でお願いします。

Aベストアンサー

APIを使えば出来ます。

Declare Sub CopyMemory Lib "kernel32" Alias "RtlMoveMemory" (cStr1 As Any, cStr2 As Any, ByVal iLen As Long)


構造体→文字列
Call CopyMemory(strB, ByVal typeA, Len(typeA))

文字列→構造体
Call CopyMemory(typeA, ByVal strB, Len(typeA))

ただし構造体のメンバに配列があると使えません(VBの配列はメモリを連続してとらない為、メモリーリークします)。

また構造体の中身は string *5 などの固定長である必要があります。

以上です。

QVB6.0-整数と余りを求める

表題の通り、整数と余りを求める関数を教えてほしいです:例:100/60=1余り40
整数:1
余り:40
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Dim A,B,C,D as integer
A=100
B=60
C=Int(A/B) <---答は1
D=A mod B

●IntはAをBで割った時の整数部分を求める関数ですが、答が負の場合は
注意が必要です。 例 Int(-100/40)=-2
これを回避する場合 Fixがいいです

●mod は A を B で割った時の余りを求める関数

QVBの「As String * 128」とは?

VBの「As String * 128」とは?

Visual Basic 2010 Expressでコンソールアプリケーションを作成しています。

OSのヴァージョンを取得する機能を作成したかったので、

http://hanatyan.sakura.ne.jp/vbhlp/Version.htm

を参考にして、OSVERSIONINFOの構造体を定義しました。

しかし
szCSDVersion As String * 128

「* 128」
の部分で、ステートメントの終わりを指定してくださいとエラーが出ます。

「* 128」とは、いったいどういう意味ですか?

また、エラーを無くす方法はありますか?

いろいろ検索しましたが、調べ方が悪いのか、分かりませんでした。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考にされたサイトはVB6.0用のソースですね。
VB6.0とVB2010(=VB.NET)は色々な部分が変わってますので、VB.NET用のサンプルを見た方が良いと思います。

http://dobon.net/vb/dotnet/system/osversion.html

ちなみに一応、質問に答えると…

> 「* 128」とは、いったいどういう意味ですか?

VB6.0(VB2010の5世代前のバージョン?)で固定長文字列を表す定義です。
* 128と記述すると128文字以上の文字列を入れても自動的に128文字でカットされます。

> また、エラーを無くす方法はありますか?

VB2010(=VB.NET)では以下のように記述します。
<VBFixedStringAttribute(128)> Private szCSDVersion As String

QVBで構造体の配列を関数に渡す方法?

構造体の配列のアドレスを関数に渡して使用したいのですが、どのようにしたら良いでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

例えば、こんな感じ
Type POINT
x As Integer
y As Integer
End Type

Sub testMain()
Dim a(3) As POINT
Dim i

a(0).x = 1: a(0).y = 10
a(1).x = 2: a(1).y = 20
a(2).x = 3: a(2).y = 30
a(3).x = 4: a(3).y = 40
Call times2(a) '2倍する
For i = 0 To UBound(a)
Debug.Print a(i).x; ","; a(i).y
Next

End Sub
Sub times2(ByRef a() As POINT)
Dim i
For i = 0 To UBound(a)
a(i).x = a(i).x * 2: a(i).y = a(i).y * 2
Next
End Sub

Q動的配列が存在(要素が有る)か否かを判定できますか?

VBAで、「For ループが初期化されていません」エラーが発生します。
動的配列が要素0の時に発生するようです。
動的配列の要素が生成された場合だけ、Forループしたいのですが、
どうやって判定すればよいのでしょうか?
-------------------------------
Dim 配列() As Integer
Dim i As Integer
i = 0
If (i < 0) Then ' 本当は真になったり偽になったり
ReDim 配列(0 To i)
配列(i) = a + b
i = i + 1
End If

'' if ★★★ then '' 配列が有るか確認
For Each c In 配列
MsgBox c
Next
'' end if
-------------------------------

Aベストアンサー

こんにちは。

動的配列の要素が生成された時だけ、For ~Loop するなら、#2 さんのご指摘のように、動的配列を生成したときに、フラグを立てるのが一番簡単ですね。配列変数を、Integerと最初から宣言してしまっていますから、それ自体が変化したことを、値を取り出す方法以外には、チェックできませんね。

以下は未知の変数の配列を調べる場合、VBAでは以下のような方法を使います。

 On Error Resume Next
 dummy = 配列(0)
 Err.Clear  'プロシージャ内で、使いまわしする場合は、必要
 On Error GoTo 0
 If dummy <> Empty Then
  For Each c In 配列
   MsgBox c
  Next
 End If
 dummy = Empty 'dummy を使いまわしする場合は、一旦空にする。

QVBA オブジェクトが空かどうか判定する

皆様のお知恵を拝借させてください。

エクセルVBAでオブジェクトを入れる変数を定義し、その変数にオブジェクト
が入っているかどうか検査したいのですがどうしたらいいでしょうか。

例えば---
Dim a As Workbook
If a <> nothing then ←この部分が分からない。このままだとエラー。
処理
End if
---------
環境
エクセル2003
WinXPsp1

Aベストアンサー

もし、aが空だったら
If a Is Nothing Then 

もし、aが空じゃなかったら
If Not a Is Nothing Then

QVBAでfor文の中で、continueしたい

お世話になります。
VBAのfor文の中で、ある条件に合致したら、for の先頭に戻りたいのですが、
方法が分かりません。

VB.net 等の「 Continue For」に当たるものは、VBAに
ないのでしょうか?

何卒宜しくお願いします。

Aベストアンサー

Continue For は昔の VB6 までに物には実装されていませんね VB6 使いの私は知らなかった

for の先頭に戻りたいのではなく、 Next の直前に飛びたいのですよね?
幸いにも VBA には Goto ステートメントがありますので

Sub Sample1()
For i = 1 To 10
If 意除外条件 Then GoTo Next_no_mae

通常の総理

Next_no_mae:

Next i

End Sub

じゃダメですか?
これなら For の直後に飛ぶ事も可能ですが

もしくはこれぐらいしか対処方法はないのでは?
Sub Sample2()

For i = 1 To 10
If 除外条件 Then
Else
通常の総理
End If
Next i

End Sub

QForm_Load と Form_Activate のタイミング

あるデータ入力アプリを作っています。
親フォーム(Form0)で番号を決め、子フォーム(Form1,Form2,Form3,Form4) でデータ入力し、それぞれの子フォームを出るとき(Unload Me) に、変数にsaveしています。それを親フォーム(Form0)で登録を選択したとき、入力データをチェックしてDBに格納しています。
すでにDB格納済のデータの場合、親フォームでDBから変数に読み込み、子フォームのForm_Loadで展開しています。
そこで困っているのは、親と子のフォームを行き来するときにデータの表示で前のが残っていたり、消えてしまったりします。
Form_LoadとForm_Activateを通過するタイミングが、ちゃんと理解できていないためコードの記述位置が不適切なのだと思います。

Form_Load と Form_Activate の実行タイミングについて、お教えください。

Aベストアンサー

Form_Loadは、フォームがロードされたときです。
ロードされる条件は、
1.フォームがスタートアップに指定されているとき、アプリが実行された直後。
2.Show メソッドが呼ばれたとき
3.Loadメソッドが呼ばれたとき
4.フォームに貼り付けられたコントロールのプロパティが参照されたとき
5.フォームに貼り付けられたコントロールのメソッドが呼ばれたとき
です。

ただし、一度ロードされると、Unloadされるまで呼ばれません。


Form_Activateは、フォームがアクティブになったとき、つまり、キャプション(ウィンドウのタイトルバー)の色が変わったときです。

Qfrxファイルの役目

VB6の開発環境で、拡張子がfrxというVisual Basic Form Binary Fileが出来ますが、何に使われるのですか?
2台のPCで同じプロジェクトの開発をしている際、frmファイルだけをコピーすると、VBでファイルを開く時エラーになることがあります。
frxファイルも同時にコピーする必要があるのでしょうか?
2台のPCのOSは、Win2000とWinXP ProSP2で、XPから2000へコピーした際は問題なく、2000からXPへコピーした際のみ、上記の問題が発生します。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ほげ.frm」
「ほげ.frx」
があったとします。

「ほげ.frm」をテキストエディタで開いてみてください。
どこかに「ほげ.frx」の記述が存在していたら、その「ほげ.frm」は「ほげ.frx」を必要とします。

主に、拡張コントロールのプロパティ情報が記載されています。
W2K←→XPsp2
のコピーに関しては、本来どちらもいけると思うのですが、、、
VBのサービスパックや、何かの拡張コントロールのサービスパックが異なっていたりしませんか?

QFunctionの戻り値を配列にしたいのですが

vbを始めたばかりですがよろしくお願いします。

Functionの戻り値を配列にしたいのですが

Function fnc(ByVal a As Byte, ByVal b As Byte) As Integer()
fnc(0) = a + b
fnc(1) = a - b
End Function
というような使い方はできないのでしょうか?
一つのFunctionで二つの計算結果をかえすには
どうしたらよいのでしょうか?
お願いします。

Aベストアンサー

ローカル変数を使えば可能だと思いますよ

VB6.0の場合
Function fnc( byVal a as Byte, Byval b as Byte) as Integer
  dim ar(1) as Integer
  ar(0) = a + b
  ar(1) = a - b
  fnc = ar
End Function

VB.NETなら
Function fnc( byVal a as Byte, Byval b as Byte) as Integer
  dim ar(1) as Integer
  ar(0) = a + b
  ar(1) = a - b
  return ar
End Function

VB.NETでも fnc = ar と言った記述も出来ます

呼び出し側では 動的配列として返り値を受けます
dim results() as Integer
results = fnc( 5, 3 )
と言った具合です


人気Q&Aランキング