出窓で食用の大葉とモロヘイヤを育てています。
ダイソーの圧縮土と油粕、有機リン等堆肥を混ぜて育てています。室内でも匂いが発生し難い肥料と言うのも購入してきました。

問題は虫。

まずどこからともなくコバエが沸きます。実害は見えないものの非常に難儀しております。

次に白く半透明で直径1mmのダニの様な虫。土の上をてけてけ歩いていて、トンと叩くと5cm位はなれたところに着地します(飛びはねてる最中は見失う)。これがコバエに成長してる気がします。

更に土の下の方には長さ2~5mm位の幼虫がいて気味が悪いのです。

紫シソも青シソもすくすく育っていますが、モロヘイヤははっぱがぶつぶつになった(表面から見ると凹んだ形で裏面に出っ張るいぼ状)後に、くるんと丸まってしまいます(4枚に1枚位)。

今まではぶつぶつが出始めたらはっぱ毎取り払って土に埋めていました。

病気なのか虫なのかも判断つかない素人ですが、家の中なので匂いの無い状態と、食費節約用なのでお金をかけずに虫を退治したいと考えています。

いも虫状の虫は受け皿に熱湯を5mm位張って置いとくと受け皿に虫が落ちてきます(かなり気持ち悪い)。

コバエの発生も防ぎたく、ホームセンター等で色々見るのですがミニトマトには危ない防虫剤とかしかみつかりません。小さな食用はっぱ主体なので良い案を探しています。

他の御質問を見ると石鹸を混ぜて酢やらわかめの煮汁だとかあるのですが、同様の処置で現在大量に土の中にいると思われる虫君達を成仏させられるのでしょうか?石鹸ははどの様な効果があるのでしょう?台所洗剤やビオレUでも大丈夫ですか?

上記虫の名前もしくはモロヘイヤの病気?に対処する方法も併せて御願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 我が家も庭に野菜を植えていますが、プランターで植えた時に異常に虫が発生したりして、相談したら、「値段の安い土には、土自体に卵が入っていたりするから、注意した方がいいよ」と言われました。


 害虫駆除には、オルトランが一番早い(2~3日でいなくなる)とは思いますが・・・食用という事なので、木酢液をまくのがお勧めかも。
 それから、コバエ取りは、ダイソーの虫駆除のコーナーにもあって、植木の傍に小さな箱をおくだけで中に入って駆除できるタイプがありました。(これなら、直接人間には触れない)
 それから、牛乳の薄めたものを葉の裏にまくと、ハダニとかアオムシ、それから卵なんかは駆除できます。(ちょっと根気がいるけど)
 それから、はっぱがくるりんとまいてしまうのは、日当たりが弱い時もあるんですが・・・日当たりは良いですか??
 ビオレとか台所洗剤は、虫を殺すのには良いかもしれませんが、人間には防虫剤と変わらないから、あんまり使われない方がいいって聞きましたよ。(ただ虫を殺すのであれば、中性洗剤やリンス、一番効くのはきっちんハイターですが・・・)参考までに・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

情報有難う御座います。

ダイソーの圧縮土は直径5cm位厚さ2cm位の円盤状のが10個入って100円のものです。1個で2リットル位の土になるという驚き商品でした。保存にもいいし、(虫に)嫌気がさすとさくっと捨てられる気軽さもあって重宝しています。土には熱湯を入れて戻しを行っている為、たまごが残っているのは考え難いと思います。どちらかというと油粕の方とか心配しています。

キッチンハイターは怖いですね^^;模型のメッキもはがす強さなのでビビってしまいます。
お肌に優しい系や中性の食器洗い系なら植物が取り込む程度なら大丈夫かな?と素人考えでいました。そもそもが石鹸で何故虫が逝ってしまうのかも判っていません(直接掛けると窒息するのでゴキブリに効果があるのは実践した事があります)。

木酢液と言うのは虫をお亡くなりにさせるのではなく追い出す効果があると考えてよいですか?

プランターの周りにガムテ貼って薄めたもくさく液を受け皿から吸わせる感じで良いでしょうか?

日辺りはいい方だと思います。今時期だと晴れてれば10:00~17:00位まで日が当たっています。影が出来るのは11:00~16:00位だと思います
葉っぱがぼこぼこになってその圧力?に負けて左右から内側に落ち込むようにくるんと巻いてしまう感じです。

小箱探してみます。有難う御座いました

お礼日時:2006/05/10 11:21

油粕と有機質肥料が原因です。


 すべての土を処分して赤玉土+ピートモス+バーミキュライトの混合土に石灰処理をしたあと野菜苗を植えましょう。
 肥料は無機質肥料で緩効性肥料をしようしてください。http://www.nararinshi.pref.nara.jp/sindansystem/ …

この回答への補足

先週末にもくさく液を購入してきました。
薄めてプランターの受け皿に溜めた所、例の半透明な飛びはねる虫が若干お亡くなりになりました。
コバエの方は若干飛び交う量が増えた気がしたので効果はあったのかと思います。

しかし、土の表面に居るのは相変わらずで霧吹きで噴霧してもてけてけ感は変わりませんでした。また幼虫みたいなやつにも効果はない感じです。

根本対策として土を入れ替える事とし全てのプランターをやしの木ベースの土に入れ替えました。赤玉というのは高価であったので試していません。
土は卵の殻をすりつぶしたものと、シリカゲルの入っていない乾燥剤(生石灰)を消石灰になるまで放置したものを混ぜました(もっと熱くなるかと思ってましたがしけっていたためか体感で10℃くらい上がった感じでごぽごぽいうような反応は在りませんでした)。

また少し様子をみながら対策を講じていこうと思います。
虫対策、土対策共に御回答有難う御座いました。

補足日時:2006/05/15 15:17
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御回答有難う御座います。

バーミキュライトというとキラキラした感じの乾いた木の幹みたいなやつですね。ダイソーで見かけた気がしますので探してみます。
石灰処理・・・噂に聞く石灰を混ぜるとどうたらですね。知識が不足してるので少し調べてみます。

酸性度合いを示す?ペーハー値がどうとかこうとか色々あるみたいで素人には難しいですが食べれるものが育つのは嬉しいものでもう少し頑張ってみます。

URL有難う御座いました。

後、追加質問になってしまうのですが、物は種から育ててやっと茎が4cm位になったところです。苗を植え換えるときに注意しなければいけないことはありますか?
過去何回か(虫を排除する為に)植え替えをしようとして枯らしてしまったこともあります。
根がぶちぶち千切れないように注意しながら掘り出してバケツで少し洗ってから移管先に植えています。

幅10cm長さ25cmくらいの鉢と直径8cmくらいの鉢を二つ使っています。

青シソの種はダイソー。紫シソは実家から分けてもらったもの。モロヘイヤは去年花が咲いて種がいっぱい出来ました。去年より今年は虫の湧きが激しく感じています(土は同じ製品を少し早めに堆肥を混ぜておいて置きました)。

肥料を換える方向で頑張ってみますが良きアドバイスありましたら宜しく御願いします。

お礼日時:2006/05/10 14:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q山の土(表層土ではない、六甲山系、茶色っぽい土)と腐葉土2割を混ぜて、

山の土(表層土ではない、六甲山系、茶色っぽい土)と腐葉土2割を混ぜて、プランターにトマトを昨日植えました。
今朝は雨が降りました。そうすると、雨がしみ込まないのか、プランターの口の所まで水が来ています。
勿論、底には鉢底石をしいています。プランターに穴も開いています。
なにか基本的な間違いを犯しているのでしょうか?初心者より。

Aベストアンサー

六甲山は花崗岩系ですから、土としてはそれが風化した「マサ土」(真砂土)でしょうね。乾けばコンクリート並みに固くなります。おまけに石英っぽい小石が混ざっていますから、転んだらヒジや膝小僧を擦り剥いて血がにじむという痛い土でもありますね。しかし粘土土かと言えばそうではなく、土のかたまりなどもありますが、それは手で簡単にサラサラと砕ける土でもあります。私らの地域もマサ土ですから大体の事はわかります。
やはり乾けばカチカチに固まるというのが水はけを悪くしているのでしょう。
あくまでもマサ土の中層土にこだわりがあられるならば、腐葉土ではなく「バーク堆肥」というものを使ってみて下さい。樹皮を発酵させ腐葉土と同じく腐植質のもので、いずれは土に返るものです。牛糞も少しばかり混ざっており肥料成分も少しあります。
40L(特大袋)で398円ぐらいで割安です。これを土と半々ぐらいに混ぜるのです。かなりフカフカの土になり、水はけも良くなると思います。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/031800/PDF/enngei/17-70.pdf(大体このようなパッケージです)。
元々は土壌改良材ですが、庭木の寒肥を遣る際に肥料と半々に混ぜたり、あるいは株元へのマルチングなどにも使えます。(植物によっては、夏場に土の乾き過ぎを防ぐ為に株元へ厚さ数センチぐらい敷き詰めてやる事)。
更に水はけを良くするならば、「パーライト」や山砂の小粒(霧島ボラ土や日向土などの軽石)を全体の1~2割混ぜ込んでもよろしいでしょう。
まああまりメンドクサク思われるならば、やはり市販の培養土を100%使われる方がよろしいかも知れませんが。

六甲山は花崗岩系ですから、土としてはそれが風化した「マサ土」(真砂土)でしょうね。乾けばコンクリート並みに固くなります。おまけに石英っぽい小石が混ざっていますから、転んだらヒジや膝小僧を擦り剥いて血がにじむという痛い土でもありますね。しかし粘土土かと言えばそうではなく、土のかたまりなどもありますが、それは手で簡単にサラサラと砕ける土でもあります。私らの地域もマサ土ですから大体の事はわかります。
やはり乾けばカチカチに固まるというのが水はけを悪くしているのでしょう。
あくまで...続きを読む

Q土の中に小さな小さな、肉眼でやっと見えるかどうか位の虫がいるのをよく見

土の中に小さな小さな、肉眼でやっと見えるかどうか位の虫がいるのをよく見かけるんですが、これって当たり前の現象なんですか?徹底駆除した方が良いのでしょうか?

Aベストアンサー

 これは当たり前の現象です。
小さな生物は土の中の太陽と呼ばれ、落ち葉などを分解して
植物が吸収出来る養分にしてます。
またミミズなども有用な畑や森の生物です、
徹底駆除したら多分作物は順調に育ちません。

Q青シソの土

ほったらかしにしてあって、雑草や苔だらけになった庭を綺麗にして、青シソを育てたいと思っています。
草むしりはしたのですが、このままの状態でシソの苗を植えてよいものかどうかわかりません。
(草むしりをしている時に土から沢山の団子虫が出てきていました。)
ガーデニングの経験などないので、土の作り方が何一つわかりません。シソを育てるのにあった土の作り方(ハーブものちの植えたいと思っています)を教えていただけたらうれしいです。宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

前回紫蘇の植え方についてご質問されて方ですね?
土は園芸店に行けばいろいろ売ってます。やはり良いのは肥料があらかじめ混ざっているものでしょうか。あとは近所の畑に行って少し頂いてくる(持ち主の方に一言言えば分けてもらえると思います。)
ハーブも後々植えるそうですが物によっては虫がよってくるものもあるそうなので虫除けになるものを店員さんに相談してみましょう。
紫蘇は最初の1週間土を乾燥させない事が重要みたいです。

一緒にミニトマトやネギ・ニラなんかも植えてみると良いと思いますよ。我が家ではワイルドストロベリーを育てましたが、飼ってるウサギに食べ尽くされました(^^;)

Q土や植物につくコバエについて

よくリビングにコバエが飛ぶようになりました。大量発生という感じではないのですが、1日に3、4匹は見ます。
最近変えたことといえば、観葉植物の(パキラ)の土を変えたことと、バルコニーに置いてあったアメリカンブルーの鉢を室内に入れたことです。
コバエが見られるようになって2ヶ月ぐらいはたつので、繁殖しているのかなと思います。
食品から発生しているということはありません。

質問ですが、土の中からコバエが発生するということがありますか。または植物についているのでしょうか。
駆除する方法はありますか。

コバエは体長1ミリくらい、体に余り厚みがなく、水気のあるところや明るい(白い)ところを好むようで、水を張ってある白いお皿で死んでたりします。

虫がキライなので、メゲています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もちろん子蠅は土からでも発生します。観葉植物についていると言うよ
りも、土から発生した子蠅が観葉植物に止まっていると言った方が正し
いかも知れません。

駆除する方法はありますが、駆除する事を考える前に発生しにくくなる
ようにしなくては、今回だけでなく同じ事の繰り返しになります。
最近にパキラを植替えられたようですが、そもそも今頃の時期に植替え
をする事が間違っています。パキラは現時点では休眠期に入っていて、
活動が鈍くて十分に生育していません。基本的には5~9月の間に行い
ます。根腐れを起こして今にも枯れそうな場合には緊急で植替えをしま
すが、そうでなければ今の時期に植替えをするなんて枯らせてしまうと
同じ事です。何時でも植替えが出来るとは思わないで下さい。

パキラやアメリカンブルーに使用している土は、市販の培養土でしょう
か。それとも自分で腐葉土を混ぜて作った土でしょうか。
子蠅は有機質の物に多く発生します。植物は腐葉土などの有機質が無く
ても栽培は出来るので、このような時には有機質抜きで栽培するように
すれば発生しにくくなります。
一例としては、赤玉土(小粒)5:バーミキューライト3:日向土2の
割合で混ぜ合わせます。

本当なら屋外に置きたいところですが、今の時期に屋外に出すと枯れて
しまうし、室内と言う事で薬剤も使いたくありません。
ホームセンターやドラッグストアーに行けば、コバエ取り器が売られて
います。とりあえず5月の植替え時期までこれで何とか凌いで下さい。
そして5月になったら先程の土で植替えをして下さい。

もう一度だけ言いますよ。植替えは何時でも出来るのではありません。
植物には必ず植替え時期があります。人間の都合で植物は生育しません
から、基本を忠実に守って管理をして下さい。

もちろん子蠅は土からでも発生します。観葉植物についていると言うよ
りも、土から発生した子蠅が観葉植物に止まっていると言った方が正し
いかも知れません。

駆除する方法はありますが、駆除する事を考える前に発生しにくくなる
ようにしなくては、今回だけでなく同じ事の繰り返しになります。
最近にパキラを植替えられたようですが、そもそも今頃の時期に植替え
をする事が間違っています。パキラは現時点では休眠期に入っていて、
活動が鈍くて十分に生育していません。基本的には5~9月の間に行...続きを読む

Q園芸用の土はコバエが湧きやすい?

ガーデニング専門店で買った「お花や屋さんの土」という園芸用の土で植物を育てています。植えつけてからしばらくすると、コバエがたかってしまいます。赤土玉を表面に敷いたらコバエは少なくなりましたが、その園芸用の土がまだ沢山残っているので、これから使いたいのです。黒いビニール袋に入れて日光消毒すれば、未完熟の有機物が完熟されますか?多少はコバエがこなくなるでしょうか?
赤土玉を敷いた方がいいとは思っていますが、できれば、この園芸用の土だけで済ませたいのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 コバエが発生するのは、土がいつも湿り気味なのが原因な事が多いです。水やりは原則として鉢土が乾いたら下から水が流れるぐらいまでタップリ与えます。いつも湿っていたりすると中の有機物が腐ってコバエが発生したりキノコが生えてきたりします。また赤玉土を表面にまくのではなく、鉢底石を植えつけるときに鉢の中に最初に入れると排水性が良くなり根腐れやコバエの発生を抑えることが出来ます。
↓な感じですが、1鉢なら100均で売られている小袋サイズで十分です。使い回しが出来ますので、台所の水きりネットなどに入れて鉢の底に入れると次回取り出す時に楽です。
http://www.agure.jp/index.php?VID=Shop&OP=item&BC=1&ID=1151
 鉢植えは園芸用培養土と鉢底石、鉢が1つ穴なら鉢底ネットが必要になります。尚鉢底石は赤玉土や炭粒でも代用できますので、できるなら植え替えた方が良いと思います。
 ご参考までにm(__)m。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報