電車の中で化粧をする女性についてどう思いますか?
私は同じ女性として、なんとなく嫌悪感を感じていました。
しかし、今日友人とその話をしたとき、私は何故それがいけないことなのか、
はっきりという事が出来ませんでした。
貴方の意見を聞かせてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

化粧とは一種の変装だ。

スーパーマンとかヒーローが人前で着替えないだろうよ。電車に座ったまま、服着替えたら興ざめだ。女性だって、薄化粧にしたって、派手な化粧にしたって多少秘密めいてるからドキドキしたり、ハッとしたり嬉しいのに、電車でマスカラ付けてる顔見たくないね。僕はアメリカに住んでるんで電車の中で良くアメ人女の化粧を見かけるけど、アメリカ人の場合あの雑っぽい感じが行動にマッチしてるのかもしれない。でもいつもこんな女とケンカしたら勝てねーなって思っちゃう。なんか部屋散らかってそうな気がするもん。雑っぽい日本女性に魅力は無いね。そんな女が良いと思ってる男も、なんかすぐなんにでも迎合する臭いがして、友達に慣れない気がするね。嫌悪感を感じるあなたはまだまともだと思うよ。すべては美意識から来る事だからね。言ったって分からないやつは、要するに美意識の無い、花壇で言えば土のような存在だ。言い過ぎか、ごめん。
    • good
    • 0

 確かに、みっともないですね。


 不特定多数の人達に、
「自分は慌てて家を出ました」と
宣言しているようなものです。

 mariaさんと同じような嫌悪感をもつ人が
増えている理由としては

 ファッション・自分の都合・他者の価値低下が、
 羞恥心・道徳心を凌駕してしまった人が増えた

という風に私は感じます。
 特に、有効な対策は思いつきません。

 「同じ女性として~」なんて、
考える必要は無いんですよ。
 話し合いで納得するレベルの人なら、
最初からしません。
    • good
    • 0

以前から、何度もこのサイトで見かける質疑応答です。


私としては、No.12のLeviathanさんの回答が最も的確に言い当てていると思います。
例えば女性の中では、自分が化粧をしていて、No.11のtatomiver2のような人に、そういう目で見られているということを意識して化粧をしているのでしょうか?そんなことはないと思います。だからこそ、本当は危険な行為のようにも思えるのです。

モラルが変化するには、もう少し時間はかかるでしょう。しかし、他者意識については、もう少し学習する必要がありそうです。
    • good
    • 0

僕も電車の中で化粧をする女性に違和感があります。

でも、嫌悪感というほどではないです。
電車の中で化粧をしてはいけないとは思いませんが、化粧をしている当の人たちは何を考えているのだろうと不思議でなりません。というのも、化粧は「他者に見られる」ということを意識した上での行為のはずです。ところが、現にその化粧をするという行為自体が他者から見られているわけです。
ここから考えられるのは、彼女たちは少なくとも電車に乗っている他の人々を「他者」とは認識していないということです。
考えてみるに、やっぱり彼女たちの他者認識は誤っていると思います。自分たちの仲間しか他者として意識せず、それ以外の人々とは無関係だと思っているとしか考えられません。
だから、あのなんとなくいらだつ感じは、あからさまに彼女たちから無視されていると感じさせられるところから来るのではないかと思います。
    • good
    • 0

私は男ですが、なんともありません。

むしろそそられるくらいです。
    • good
    • 0

するなとは言いませんが


みっともないかなぁとは思います。
化粧するのは女性としての「手の内」を見せることのように感じるので裏ですべき事かなぁと思います。
たぶん、鼻毛などのむだ毛処理は公共の場所ではやらないでしょうし。
個人の「プライド」の問題になるのではないでしょうか。

だけど、10秒くらいでチェックのような形でサッサと化粧を直している女性はなかなかカッコイイ物だなと感じてしまいます。
    • good
    • 0

私も反対です。

危ないし、人に迷惑がかかる可能性があるから。迷惑というのは
「お化粧している手が隣の人にあたってしまう」「粉が飛んでしまう」など
物理的な迷惑というのもありますが、お化粧をしているのを見るだけで不快に思う
人も中には居ますよね。そういうのも含みます。
お化粧だけではなく、(今はだいぶ減りましたが)編物してるのとかもイヤです。
公共の場は「自分だけの場所ではない」という配慮が必要だと思うんです。

でも、ごめんなさい。実は私もやってしまう時があります。
スッピンで家を出ることはないので、通勤中の電車の中で基礎からお化粧したり
することは絶対にないです。立ったまま下地を塗ってお化粧をし始めた人が
いましたが、逆に関心してしまいました。
でも、お化粧直しを時々電車の中でしてしまうんです。本来ならば、そういった
事は人の目につくところでするべき事ではないと思っています。が、(仕事での)
外出中にお化粧室による時間がない時、脂とり紙で脂を押さえて口紅を塗ります。
恥ずかしいのでできるだけ人目につかないようにコソっとはしますが。
それだけでも不快に思う方もいるんですよね、、、以後気を付けます。
    • good
    • 0

私は男ですが、その程度のことではなんとも思いません。

    • good
    • 0

わたしは嫌です。

化粧中の人の隣には座りませんし、隣で始められたら席を立ちます。
あれは親しい人以外見せられる作業ではないと考えていることもありますが。
それに、抜いた眉毛をそのまま捨てるのは不潔ではないでしょうか?
ブラッシングして、ブラシについた髪の毛をその場で捨てているのを見た時も不快でした。
(先日、飲食店でも、それをしている女性がいました。おいしい食後のコーヒーをなかばで残して席をたたねばならなかったのは悔しかったです。その毛が口に入るものに混じったら・・・飲食店の方々が日々衛生にあれほど注意しているのに、それを台無しにする行為だと思います)

また、電車内で、鋏で枝毛処理している人までいて、さすがにそれは危険でもあるので注意したら、凄い目で睨まれました。
マニキュア、ミストなどを使用された場合、風通しの悪い車内では、苦しくてたまりませんでした。

電車は急に激しく揺れることもあります。
口紅やマスカラを使用している時、急に揺れて、隣の人の衣服についたら、クリーニング代金だしてくれるのでしょうか?

電車内で化粧をする女性は、日々の生活がいっぱいいっぱいで、心に余裕のない、他人のことを思いやれないという印象があります。
女性としての魅力を台無しにしているように感じてなりません。

化粧は、化粧室か自宅でやるものだと思います。
    • good
    • 0

私は結構意地悪になります。

じーっと観察して、時に吹き出したりしてみます。
友達や家族がいるときは「おいおい、マスカラまでやっちゃってるよー。」と笑いものにします。(母には怒られますが)モラルは社会で作られるものなので、黙認ぐらいでは彼女達はやめないと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電車の中にいると、隣の女性が化粧をするなんてことがあります。

電車の中にいると、隣の女性が化粧をするなんてことがあります。個人的に、化粧をすると化粧の粉が飛んで来る可能性があってそれが嫌だと思ってます。化粧の粉も厳密には毒で大した毒ではないですが嫌な気分です。

これとは別に政治活動をしてる田母神さんだったか誰だか忘れましたが、電車で化粧するのは常識を考えればやれないことであって平気でやる女性が信じられないみたいなことを言ってたのを聞いたことがあります。それはどういう理由からなのですか?

Aベストアンサー

つまり知人以外は風景と同じなのです

隣に座っているあなたも電車の外に流れている風景と同じなのです
ですから本人は気にならないのです

ミニスカートをはいて、他人が足下を見ると怒りますが
彼氏に見られることなら、よろこぶのとおなじです

知人以外は風景もしくは他人(あたりまえですが)なのですから
世界の見方がちがうのですね
脳が知人には反応しますがそれ以外には反応しないのですから
他人と風景は同じ領域に収められているのです

脳の一部の障害もしくは欠損なのですね

日常生活や社会生活にはおおきな問題はないのですから
誰も問題にしないのですが
お化粧できれいでも、こういう彼女を持つと
ふたりだけの世界ならいいのですが
家庭を持った時にはじめて社会生活になじめない女性であったことが
わかるんでしょうね

せまい道で人とすれ違ったとき、知人にならあいさつをしても
知らない人にはあいさつをしないというのはこういうことです

知らない人と風景は同じですから

Q普段穏やか冷静な人が私の前で嫌悪感をあらわに

普段穏やか冷静な人が唯一私の前で嫌悪感をあらわにした出来事

先日、お付き合いしている男性とアメリカの空港でチェックインの列にならんでいました。

利用するフライトが中華系だったの で、列には多くの中国人の方が並んでいました。

その時、私たちの列のある中国人客のガムテープで雑に封をされたダンボールが職員によって台の上に乗せられました。何か粉のようなものをポンポンとダンボールに付けていたので「あれはなにしてるの?」と聞くと、彼曰く、中に変なものが入っていると反応する試薬だそうでした。

すると職員がダンボールを開け始めました。
その台がちょうど私たちの真ん前にあったので中が少し見えてしまったのですが、同じ種類の大量のスマートフォンケースのようなものが乱雑に入っていました。

彼の後ろから小声で「これはどうしたの?」と聞くと、「大量に買って帰って売るつもりだろ、本当やることきたねえ」とボソッと言いました。私はむしろかれの言葉遣いに驚いてしまったのですが、いつもは「だろ」とか「きたねえ」という少し荒っぽい言葉は使わないのにこの時だけはとても低い怒った声ように聞こえました。また表情もなにかすごく嫌なものを見るような顔になっていました。

私は大量のスマートフォンケースよりも、むしろ彼の変化に気を取られてしまっていたのですが、こういった口調や言葉遣いというのは、今回のように咄嗟にでたものがその人の本当のものなのでしょうか?
それとも、彼は物流系の企業で仕事をしているのでそういう「ずるい行為」を見てつい過剰反応してしまっただけでしょうか?


普段は口数は少ないながらも優しい口調だったので、少し動揺です。

よろしくお願いします。

普段穏やか冷静な人が唯一私の前で嫌悪感をあらわにした出来事

先日、お付き合いしている男性とアメリカの空港でチェックインの列にならんでいました。

利用するフライトが中華系だったの で、列には多くの中国人の方が並んでいました。

その時、私たちの列のある中国人客のガムテープで雑に封をされたダンボールが職員によって台の上に乗せられました。何か粉のようなものをポンポンとダンボールに付けていたので「あれはなにしてるの?」と聞くと、彼曰く、中に変なものが入っていると反応する試薬だそうでし...続きを読む

Aベストアンサー

私(男性.40代)もそういう人を知っています。

ごく静かなむしろ「紳士」と言っていいほどの人物なのですが、ある特定の民族(国籍)に非常に強く反応します。

ま、ぶっちゃけていうと私の義理の父のことなのですが、うちの家系は明治期にフランス人と結婚した者もおり、今でも海外に移住したものや私自身海外生活経験があるなど、非常に国際的というか人種差別にはどちらかというとフラット(なにせ、わたし自信、海外で「アジア人差別」の経験がありますので)なのですが、結婚した妻の家族は地元ではかなり大きく古い商人の一族で、海外経験はあまりなく、その代わりその特定の民族(いわゆる在日ですね)にはかなりひどい目にあってきているようなのです。

私としては、一旦海外にでてしまうと、どこの国とは関係なくそもそもアジア人が差別されているのを知っていますので、日本人である誇りと共にアジア人としての文化共有にはシンパシーを感じるのですが、日本人でも経験が違えば「とにかうイヤ」という人も多いようです。

彼の口調はそれでも、小声で抑えていたようですから、TPOに対するわきまえはあるのでしょう。ともすれば日本人はそういう部分で抑えが効かない人もいますので、まだ彼は常識があるのだと思います。

外国に行っていつも思うのですが、白人が有色人種を嫌う、とか日本人が他のアジア人を馬鹿にするとか、中国人が日本人や韓国人を嫌う、というのはその人の生い立ちや教育などを含めて、仕方がないことである、と言う部分もあります。

わたし自身、海外で生活していたときに、親しい友人が実は「アジア人が嫌い」であることを知ってショックを受けたこともあります。その彼曰く「君のようによいアジア人も居るのは知っているから、付き合わないとか人種差別をしようとは思わないが、それでもアジア人を白人同様に信頼することはできない」と言っていました。
私は日本人(つまりそこにいる外国人)ですので、別にかまわないのですが、同国人として国籍を持っているアジア人などは大変だろうな、と思いました。

そもそも「国が違う」ということは、同じ国になることが出来ないほどの違い、があるのです。ヨーロッパだってドイツを囲むベルギーやオランダ・オーストリアなどはほとんど同じ文化で国土もドイツが日本と同じぐらいで、ベルギーなどは九州や北海道程度なのに「別々の国である」のは一緒の国には成れない事情があるわけです。

このような国でも当然にベルギー人のドイツ人嫌いなどがあり、民族問題は「人間の根幹に関わる感情」とも言うべき問題なのかもしれません。

ですから、そういう感情があること自体は否定できませんし、質問者様にも実はそういう意識があるかもしれません。問題はそこにとらわれることなく、自分を律することができるかどうかです。

今回分かったことは「質問者様はまだ彼の価値観をよく理解していなかった」と言うことであり、今後乾坤するつもりなら、もうすこし価値観の共有を図ったほうがいい、ということでしょう。
今回は海外だったこともあり、質問者様の前だったこともあり、日本語で話しても気がつくのは質問者さまだけ、という安心感が気持ちの吐露につながったのかもしれません。その部分だけいえば、彼は質問者様を信頼しているといえるのではないでしょうか。

私も結婚していますが、価値感の違いが大きいと結婚生活はかなり難しくなることがあります。
(なにせ目玉焼きにかけるものだけで揉めるんですから(笑))
価値観については、話し合っておいたほうがいいこともありますよ(全部を話すのはそもそも無理ですが)

私(男性.40代)もそういう人を知っています。

ごく静かなむしろ「紳士」と言っていいほどの人物なのですが、ある特定の民族(国籍)に非常に強く反応します。

ま、ぶっちゃけていうと私の義理の父のことなのですが、うちの家系は明治期にフランス人と結婚した者もおり、今でも海外に移住したものや私自身海外生活経験があるなど、非常に国際的というか人種差別にはどちらかというとフラット(なにせ、わたし自信、海外で「アジア人差別」の経験がありますので)なのですが、結婚した妻の家族は地元ではかなり...続きを読む

Q電車の中での女性の足・・・

カテをちょっと迷いましたがこちらにさせていただきます。
最近気になっていることがあります。
電車の中で座っている女性の足の置き方?です。
綺麗に揃えて座ってる女性は・・・見かけるのは一週間に一人か二人です。
・・・・・あえてここまでで投稿いたします。
ご意見をお聞かせ下さい。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

20歳くらいの時、電車の中で、足をどーんと広げた状態で、
熟睡している若いOLさんの向かいに座ってしまったことがありました。
きちんとしたスーツを着ていたのですが、ミニのタイトスカートだったので、
パンツが丸見え状態で、目のやり場に困ってしまいました。
他の男性の乗客も、困っていたり、ちらちら見てたり…。

それ以来、自分はきちんと、足をそろえて座るように気をつけています。
今では、そんなに意識しなくても、自然に足をそろえて座っていられます。

パンツ(ズボン)姿の女性が、多少足をラクにして座っていても、何とも思いませんが、
スカート姿で足を広げて座ってる女性を見ると、やはり気になりますね。

たまに、その向かいに座って、ワザと身体をずらしながら
スカートの中を覗こうとしているようなオジサンも、結構見ますしね。

Q女性割引や女性サービスデーは女性に対する逆差別では?

ガソリンスタンドや映画館では、女性割引や女性サービスデーといったサービスがよく見受けられるように思います。

よく男女平等を求めての運動というのを見ますが、女性が優遇されるこの手のサービスについては、誰も言及してないように思えます。仮に女性だけに対して料金を高くしているような店があれば、すぐに抗議の対象になると思います。が、女性だけ料金が安くなることは、広い意味では差別なんではないか思います。

女性は男性に比べて経済的に劣るから、なんていうのが理由だとしたら、それこそ一生懸命働いて収入を得ている女性に対して失礼だと思います。
女性を金額的に優遇し、お客さんとしてたくさん集めることで男性も集まって、その結果店は潤うからそうしているのだ、というのが理由だとすれば、それこそ女性はダシに使われているのであって、ちっとも男女平等ではないのではないか、と思います。

真に男女平等を求めるなら、この女性の優遇について逆差別だ、との議論が女性側から起こってもよさそうなものですがいかがでしょうか???

Aベストアンサー

男性です。

女性は元来「お買い物」がすきなのですね。私はそう思っています。
でも、野郎は「ショッピング」は恋人や妻・子供のそれに「付き添う」ことが多いです。
「ウィンドショッピング」からスタートして、段階的に、やがて「それ」を買うか、類似品を買う。

男女平等とか、ジェンダーとかの「性差別」的な大きな話題ではなく、「ターゲットを女性にすれば儲かる」っていう結構「生来」的なシンプルな次元の問題のような気がします。「ターゲットを男性に」というのだって、最近は耳にしますが、やっぱり「ウインドショッピングが購買に結びつく」のは女性でしょう。

私も同様の疑問を持ったことがありますが、やめました。そう思うこと自体がアホらしくなったからです。

女性を優先していると、木の根っこみたいに、後から夫や恋人がついてくるので「一挙両得」ということもあると思います。

以上、妻子(子供は2人とも女)持ちの率直ないけんでした。

Q女性専用車両や女性専用医療など、女性を優遇する様々な社会制度の普及に一

女性専用車両や女性専用医療など、女性を優遇する様々な社会制度の普及に一抹の不安を感じるのは私だけでしょうか?

殆んどの女性は、これらの制度が女性の地位向上につながると言って、もろ手を挙げて賛成しているようですが、私はちょっと違うと思うのです。

国が女性専用制度の普及に力を入れているのは、決して女性の人権や、単なるヒューマニズムの観点から進められているわけではなく、少子高齢化対策という「国策」として進められているだけだと思うのです。

労働力確保や出産促進という、国家の生存と維持の為に国民は協力させられているだけ、というのが真相ですよね。

必然的に思想統制なんかもどんどん進められていくわけで、こういう世の中に言いようのない不安と不気味さを私は感じます。

女性からすれば専用制度は有り難く、反対する理由は無いというのが本音だと思うのですが、国家的な統制社会に向かっていると思うと、ちょっと怖いと思いませんか?

私の考え過ぎでしょうか?どう思いますか?

Aベストアンサー

失礼ですが、貴方は女性でしょうか。
それとも男性でしょうか。

>労働力確保や出産促進という、国家の生存と維持の為に国民は協力させられているだけ、
こうとるのは自由ですが、それに乗らないのも自由ですよね。
わが国は思想信条と職業選択は全く自由ですから、そのように解釈するのならば、その手に乗らないだけです。

一方少子化や労働力不測は、将来必ず日本の経済の停滞要因になることは明らかです。
その場合は、何らかの形で貴方に影響が出るでしょう。
たとえば、所得の減少や、福祉制度の維持が出来ない、外国人労働者の増加による社会の変化など。

そうなった時には、政府の陰謀を阻止した結果だからこれでよいのだと主張してくださいね。

>必然的に思想統制なんかもどんどん進められていくわけで

これは具体的に何を言っているのでしょうか。
女性優遇策と思想統制の合理的な関係などという論文でもあるのでしょうか。
論拠と意味不明です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報