kと定数、eを自然対数の底とする。直線y=xが曲線y=kxe^(-x+1) に接している時、定数kの値を求めよ

という問題なのですが、、接点をtと置いてごちゃごちゃ計算してみたのですが、答えにたどり着けませんですた。。
教えて下さい。。 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

最初のエックスは全角、後のは半角ですね、こりゃ見誤るわけだ・・・



というのは私のオッチョコチョイとして、
t=k t e^(1-t)   (1)
であれば、まずt≠0を仮定して両辺をtで割って(t=0の場合は後で別個に検討)、
1=k e^(1-t)   (2)
なので、
1/k=e^(1-t)   (3)
sugapiさんの(2)式 ke^(1-t)-kte^(1-t)=1 にこれを代入し、
1-t=1  (4)
これを解くとt=0だが、最初にtで両辺を割っているので矛盾。

次にt=0の場合を検討する。
sugapiさんの(2)式 ke^(1-t)-kte^(1-t)=1 にt=0を代入。直ちに
k e^1=1
k=1/e
と求まる。

この時、題意の直線と曲線はいずれも(0, 0)を通る。
また
y=(1/e) x e^(1-x)
すなわち
y=x e^(-x)
のx=0における傾きはちょうど1であるので、(0, 0)で接することも言える。

よって答えはk=1/e、接点は(0, 0)
--------

でいかがでしょうか? 確認の意味でもグラフはぜひ描いてみてくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつもありがとうございます。
とてもよくわかりました。。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/02/10 07:56

Umada さんが完璧回答を書かれていますので,蛇足の補足です.



(1)  y = a x e^(-x)
と書き直して(a = ke),
グラフを見てみると題意の接点が(0,0)以外にないことがすぐわかります.
(1)は(0,0)を通ります.
微分してみるとわかりますように,
x=1 を境にして増加から減少に変化し
x=2 を境にして上に凸から下に凸に変化します.
a の値を変えるとグラフの y 方向の拡大縮小が起きるわけですが,
どう a を選んでも原点以外では接しようがありません.

あるいは,Y = y/a として,
Y = x e^(-x) と Y = x/a が接すると思った方がわかりやすいかも知れません.
これなら,曲線を固定して原点を通る直線の傾きを変えるだけで済みますから.

Umada さんも書かれていますように,
ぜひグラフを描いて幾何学的意味を見てください.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。。

お礼日時:2002/02/10 07:57

sugapiさん、またお目にかかります。



接点のx座標をtとおくやり方は間違っていないと思います。

まず、点を共有するという条件から
直線上にある点:(t, t)
曲線上にある点:(t, k e^(1-t))
として、y座標が共に等しいという条件から
t=k e^(1-t)  (1)
が必要です。
しかしこの方程式は解析的に解けません。で、ちょっと置いておいて先に進みます。

次にその点での傾きが同一であるという条件を使います。曲線の式をxで微分すると
dy/dx=-k e^(1-x)  (2)
これにx=tを代入します。
直線の傾きは1で一定ですので
1=-k e^(1-t)  (3)
が必要条件として課せられます。
(1)と(3)を組み合わせて解くと、t=-1であることが分かります。

必要条件だけで解いてきていますが、逆順で戻れば十分条件も満たしていることはすぐ分かります。
従って答えは、接点の座標(-1, -1)で、kの値は-1/(e^2)です。およそのグラフを描いてみると分かりやすいと思います。

--------
と、回答を書き終えたところでsiegmundさんからちょうどアドバイスを頂きました。(前回のn角形のちょうど逆ですね・・・) siegmundさんすみません、せっかく書き上げたのでそのまま投稿させてください。

この回答への補足

回答ありがとうございます、もとの曲線なんですが
y=kxe^(1-x)のkとeの間にあるのは掛けるではなくて、エックスです、、僕の書き方が悪かったのかもしれません、、すいません
接点を(t,t)(t,tke^(1-t))と置くと
t=tke^(1-t)・・・・(1)
dy/dx=ke^(1-x)-kxe^(1-x)
x=tを代入して、
ke^(1-t)-kte^(1-t)=1・・・(2)
(1)を使うと

1/k-t=1となってしまって止まってしまいます
すいません、補足お願いします、、

補足日時:2002/02/09 20:33
    • good
    • 0

> 接点をtと置いてごちゃごちゃ計算してみたのですが、答えにたどり着けませんですた。


というのでしたら,あなたがどういう風に計算してどこでギブアップしたのか,
アウトラインだけでも具体的に書かれるのが筋です.
その方が回答者も回答しやすく,
あなたの望むような回答が出る可能性が高い,
ということは明らかでしょう.
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qx1=(1,1,1),x2=(1,1,-1),x3=(1,-1,-1)をC^3の基底,{y1,y2,y3}がその双対基底でx=(0,1,0)の時,y1(x),y

[問] ベクトルx1=(1,1,1),x2=(1,1,-1),x3=(1,-1,-1)をC^3の基底とする。
{y1,y2,y3}がその双対基底でx=(0,1,0)の時、
y1(x),y2(x),y3(x)を求めよ。

という問題の解き方をお教え下さい。

双対基底とは
{f;fはF線形空間VからFへの線形写像}
という集合(これをV*と置く)において、
V(dimV=nとする)の一組基底を{v1,v2,…,vn}とすると
fi(vj)=δij(:クロネッカーのデルタ)で定めるV*の部分集合
{f1,f2,…,fn}はV*の基底となる。これを{v1,v2,…,vn}の双対基底と呼ぶ。

まず、
C^3の次元は6(C^3の基底は(1,0,0),(0,1,0),(0,0,1),(i,0,0),(0,i,0),(0,0,i))
だと思うので上記のx1,x2,x3は基底として不足してると思うのです(もう3ベクトル必要?)。

うーん、どのようにしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>C^3の次元は6(

これが間違え.
「x1=(1,1,1),x2=(1,1,-1),x3=(1,-1,-1)をC^3の基底」
といってるんだから,係数体はRではなく,C.

あとは定義にしたがって,
dualな基底を書き下せばいいだけ.
y1(x1)=1,y1(x2)=y1(x3)=0であって
v=ax1+bx2+cx2と表わせるわけだし,
v=(v1,v2,v3)とすれば,a,b,cはv1,v2,v3で表現できる
#単なる基底変換の問題.

Q格子点の個数 y=x・2^x にx=k(k=1.2.,,,. とかいてありますがk=1からだ

格子点の個数


y=x・2^x

にx=k(k=1.2.,,,.

とかいてありますがk=1からだと
格子点は(k.2)になりますよね?

どうゆうことですか

Aベストアンサー

No.2です。

>いやk=1
を代入すると
y=1・2^1になると思ったのです

それはそうなりますよ。k=1のときには。

だけど、解説では k=1 の場合でなく、一般の k のときの説明をしています。(k は 1~nの値をとり得る、と書いてあるだけで、誰も k=1 の話はしていませんよ)

Q図のように、直線y=1/2x+a(a>0)が直線y=2xと交わる点をA

図のように、直線y=1/2x+a(a>0)が直線y=2xと交わる点をA、x軸、y軸と交わる点をそれぞれB、Cとするとき、点Aのy座標が12のとき、線分BOの長さを求めなさい。ただし、座標の1メモリを1cmとする。

という問題です。教えてください。

Aベストアンサー

まず、点Aの座標を考えます
点A(Ax,12)と置きます
次に点Aはy=2x上の点なのでここにy=12を代入すると
12=2x
x=6
よって、点Aは(6,12)となります
次に、y=(1/2)x+aの切片aを求めます
点A(6,12)を通るので、これを式y=(1/2)x+aに代入すると
12=3+a
a=9
よって切片9となります
後はBの座標を出すのみで、B(Bx,0)とおくとy=(1/2)x+9に代入して
0=(1/2)x+9
(1/2)x=-9
x=-18
よってB(-18,0)
あとは簡単な話で、原点からの距離なので答えは18cm

Qx^y=y^x (x>y)を満たす整数解は、x=4,y=2以外にありま

x^y=y^x (x>y)を満たす整数解は、x=4,y=2以外にありますか?

また、この解の求め方が分る方がいらっしゃったら教えて下さい。

Aベストアンサー

自然数の範囲で、やってみよう。

xのy乗 = yのx乗 = z が成立しているとする。
z の素因数分解を考えれば、
x と y の素因数は共通であることが解る。
素因数 p の x における指数を a、
y における指数を b と置くと、
p の z における指数から
ay = bx である。
x > y > 0 より、a > b と解る。
これが各 p で成り立つから、
x は y で割り切れる。

x = ky と置く。
x > y より、k > 1 である。
ここで、最初の式に戻ると、
zのy乗根 = kx = yのk乗 が成り立つ。
D(n) = (yのn乗) - ny と置くと、
任意の y に対して D(1) = 0 であるが、
y > 2 のときは、D(n+1) - D(n) = (y-1)(yのn乗) - y
> (yのn乗) - y ≧ 0 だから
n > 1 で D(n) > 0 となる。
従って、D(k) = 0 となる解があるのは、
y ≦ 2 に限られる。

y = 2 の場合を解く際も、
上記の考えをたどって、k = 2 に絞られるから、
(x,y) = (4;2) のみが得られる。

y = 1 を代入すると、x = 1 となって、
x > y より、これは解でない。

自然数の範囲で、やってみよう。

xのy乗 = yのx乗 = z が成立しているとする。
z の素因数分解を考えれば、
x と y の素因数は共通であることが解る。
素因数 p の x における指数を a、
y における指数を b と置くと、
p の z における指数から
ay = bx である。
x > y > 0 より、a > b と解る。
これが各 p で成り立つから、
x は y で割り切れる。

x = ky と置く。
x > y より、k > 1 である。
ここで、最初の式に戻ると、
zのy乗根 = kx = yのk乗 が成り立つ。
D(n) = (yのn乗) - ny ...続きを読む

Q数学Ⅱ 円と直線問、円C: x∧2+y∧2-4x-2y+3=0直線l: y=-x+k が異

数学Ⅱ 円と直線

問、円C: x∧2+y∧2-4x-2y+3=0
直線l: y=-x+k が異なる2点で交わるkの範囲は
「1〈k〈5」
また、lがCによって切り取られる線分の長さが2であるとき、定数kの値を求めよ。

解答、Cの中心をC,
Cとl の2つの交点をA, B,
線分ABの中点をM とする。

CM=√AC∧2-AM∧2=1

よって |k-3|/√2 =1

k=3±√2 。。

|k-3|/√2 =1 ←これどういう意味?

Aベストアンサー

|k-3|/√2 =1 ←これどういう意味?

これは、《 点と直線の距離の公式 》 を使っています。


点A(x₁,y₁) と 直線 ax+by+c=0 との距離dは

d=│ax₁+by₁+c│/√(a^2+b^2)

です。

x∧2+y∧2-4x-2y+3=0
(x-2)^2+(y-1)^2=2
より、円Cの中心は、点(2,1) です。
直線l を式変形して、
-x-y+k=0
となり、
これで、点(2,1) と直線 -x-y+k=0 との距離dは、
d=│-2-1+k│/√{(-1)^2+(-1)^2}=│k-3│/√2 ・・・・・①
になります。

また、Cの中心をC,
Cとl の2つの交点をA, B,
線分ABの中点をM とする。
と、
三角形CAMは、∠CMA=90° の直角三角形だから、三平方の定理より
CM=√AC∧2-AM∧2=1 ・・・・・②
になります。

d=CM なので、 ① と ② より
│k-3│/√2=1
になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報