ホースの口を上に向けて水道の水を放水する時、ホースを絞る方が高く水が上がると思うのですが、これをベルヌーイの定理で説明するとどうなるのでしょうか?
簡単に(V^2/2g)+(P/γ)=H の式で表すと、H=一定で、細くなった分のV上昇分だけ高く上がるという事でOKですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 この問題ではホースの出口までとその後の過程を分離して


考えた方がよいのではないかと思います。

 水が出口に達するまではこれまでの議論の通りで、ベルヌ
ーイの定理が成立し、また連続の式が与えられます。
 ベルヌーイの定理は圧力によるエネルギーと速度によるエ
ネルギー(と位置のエネルギー)の和が一定になることを示
すだけなので、圧力情報が得られなければ速度の比較が出来
ません。
 一方、連続式の場合はホースをすぼめると言う断面の情報
が得られますので、連続の式の中で、流量一定の時の断面と
流速との関係から流速の変化が得られます。

 ホースの口をすぼめた場合は連続の式により速度が上昇す
ることが分かりますが、この場合、流れの中の急激な変化に
よって乱れ成分が発生し、これがエネルギーの損失をもたら
します。この損失は形状も含めた径の変化の度合いと流速に
よって決まります。これは既にこれまでの議論でも述べられ
たとおりだと思います。
 このほか出口近傍において一度絞られた断面がホースの外
に出るとき急激に拡大する事によっても損失が生じます。
 実際に水がどのくらいの速度になるかはこの両者の損失の
和の分、削減された形で決まります。

 水がホースを出た後は、水同士の相互作用はほとんどなく
なると考えられます。つまり、水圧の伝播によって水の運動
が規定されるのではなく、水圧ゼロの(に近い)状態にな
って初期に与えられた流速に依存した形で空気抵抗と重力の
影響を受けて運動する、いわば個体が空中に放り投げられた
ような状態を想定すればぴったりだと思います。この考え方
はもちろん近似的なもので、空気と水の混合した流れを考え
れば厳密な流体としての考え方も成立すると思いますが、そ
のまま水が頂点に達するまでの過程に対して、、ホースの中
の流れと同一に、ベルヌーイの式や連続の式を適用して水の
上昇高さを論ずることはできず、かなり煩雑になるのではな
いかと思います。一方で個体のようなものが放り投げられた
と考えてもある程度の誤差を許容すれば、このような考え方
での水の上昇高さの推定はそこそこ合理的と言えるのではな
いかと思います。

 水が空気中に放出されて自由落下すると考える場合、その
過程で受ける空気の抵抗については通常の個体と比べたらよ
り大きいだろうと言う推測は可能だと思いますが、実際には
どのような放水かによると思います。受ける抵抗の大小と
言う観点からは水が放水後拡散していくか収束したままかで
異なると思います。空気中で拡散する場合は小さい飛沫にな
る部分も生じ、全体としての抵抗も大きくなると言えそう
です。これらを考慮に入れて水の上昇高さを推定するのはか
なり難しそうです。

 以上をまとめて、
 ホースの中を流れてきた水は出口のそばで断面を絞られて
速度を大きくしてホースの外に放出される。この際、多少の
エネルギー損失があってホース中の水の流れから単純に想定
される速度(連続の式を使って計算)より小さめになる。出
口から外に放出された以後は近似的に個体と同等に扱って初
速から計算できそうであるが、空気抵抗は大きくなりそうで
ある。
 と言えるのではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧な解説ありがとうございます。
理解しました。

お礼日時:2002/02/21 00:27

ひろしさんの言われるように


ベルヌイ式は粘性抵抗のない完全流体の上で成り立つ式なのです
だから絞るにつれて式の適用がどんどん不適当になっていきます
絞りすぎた状態でベルヌイ式をそのまま適用するのはやめた方がいいでしょう
そのときはベルヌイ式を実験で修正した実験式を使わなければなりません
    • good
    • 0

 閉めすぎると流量が少なくなるというのは、絞りすぎると抵抗が増えるから流量が少なくなるという事です。

実際にやってみればすぐ分かると思いますが、絞っていない状態からどんどん絞ってくと、到達する位置はどんどん高くなっていきますが、その後はどんどん低くなっていきます。最後には、水は止まってしまいます。
 絞れば絞るだけ上がる位置が高くなるというのは、損失による流量の低下がないときに成り立つのです。実際のホースでは、そういうことはないので、そこに注意が必要なのではないかという事です。この実験は簡単に出来ますので、実際にやってみたらいかがでしょうか?
    • good
    • 0

ひろしさんの言っておられることは多分次のようなことですね



2つの流線において途中まで全く同じ状態で途中から状態が異なるとする
そうするとベルヌイの定理はあくまでも同一流線に適用するべきだけど
あたかも異なる流線にベルヌイを適用できるかのように
ベルヌイの定理を適用して同じ状態を介して両流線の状態を比較することができる

そのいい例に飛行機の揚力がありますね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

連絡が遅くなりましたが、
みなさん、どうもありがとうございます。
私が考えていたのは、ホース出口部に着目して、
ホースが細くなると連続の式でVが上昇し、
全揚程(H)は一定であるから(ホースの太い個所と比較して)、
動圧(V^2/2g)→UP、静圧(P/γ)→DOWNとなる。
よって、「動圧の向きが上方向なので水が高く上がる」と思ったのですがいかがでしょうか。

お礼日時:2002/02/19 00:20

 私は、ベルヌーイの式を使ってOKだと思います。

ベルヌーイの式は、確かに同一流線上でなりたつのですが、渦度がない場合には、同一流線上でなくても成り立ちます。この問題では、渦度の影響は少ないと思うので無視してかまわないと思います。
 ベルヌーイの式は、エネルギー保存則に基づいているので、初めに持っている運動エネルギーが高いと、到達する位置が高くなります。これは、運動エネルギーが位置エネルギーに変換するからそうなるのです。
 あと、ホースを閉めると高く上がるというのは、連続の式で説明しなければなりません。しかし、閉めすぎると流量が小さくなってしまうので、そういう場合は連続の式を使えないという事に注意する必要があります。締めすぎた場合、かえって水が高く上がらなくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一個所分からないところがあるのですが、閉めすぎると流量が小さくなるとは、どういう事なのでしょうか?流量は一定ではないのですか?

お礼日時:2002/02/19 00:25

ベルヌイの定理は同一流線において適用されるもので


異なる流線において適用されるものではないので
このようなケースにベルヌイの定理を使うのは不適当だと私は思います
強いてベルヌイの定理を使うならば
vを水の速度としgを|重力加速度|としhを水の高さとしpを水圧としρを水の密度としたとき|v|^2/2+g・h+p/ρ=一定
飛び出すときv=(V0x,V0y),h=0,p0とし
最高到達点のときv=(V0x,0),h=H,phとする
すると
V0x^2+V0y^2+p0/ρ=V0x^2+g・H+ph/ρ
従って
H=V0y^2/g+(p0-ph)/(ρ・g)
だから上方への水の飛び出し速度V0yが大きければ大きいほど
最高到達点Hは大きくなるでしょう
    • good
    • 0

ベルヌイの定理というより連続の方程式でしょう


水の場合ホース内においては水の速度vは
div(v)=0だから
ホースの断面積をSとすれば
S・v=一定です
ホースをつぶして断面の形を円形から楕円にするとSは小さくなるから
vは大きくなります
ホースを飛び出すときの速度が大きいのですから水の最高到達点は高くなるのです
ものを斜め上方に投げるとき初速が大きければ大きいほど高く飛ぶでしょう
それですよ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に分かりやすい説明、ありがとうございます。納得しました。
できましたら、ベルヌーイの方の解説もお願いします。

お礼日時:2002/02/12 00:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエアーホース 継手 規格について

エアーの配管等についての知識が全くないので、教えて下さい。

エアーフットペダルをサンドブラストに利用しようと思って、継手を探していました。

そして、チューブフィッティングストレート なるワンタッチ継手を見つけたのですが、私の所有しているエアーホース(外形12.5 内径8.5 釘打機用?)の規格に合うワンタッチ継手がありません。

エアーホースの規格は、統一されたものがあるのでしょうか? それとも、自社の独自規格で、ホースも継手も作られているのが現状なのでしょうか?

Aベストアンサー

チューブフィッティングはパイプ用の継手じゃなかったかな。
エアーホースの規格は各社独自でしょうけど、サイズ的にはほぼ同じです。
サイズをみる限り、お手持ちのエアーホースはごく一般的なウレタンホースかと思います。

ウレタンエアーホースは他に内径6.5mmのものもあり、どちらかというと6.5の方が出回っていると思います。
もっと空気量を必要とする場合(たとえばエアーピックとか、インパクトレンチなど)はゴムのエアーホースを使いますが、通常、内径12mm程度まででしたらエアーカプラーを使い、それよりホース内径が大きい場合は中圧カプラーを使うことが多いですね。
エアーカプラーにもJisのような統一された規格はないと思います。でも大抵は互換性がありどこのメーカーのものでも接続可能です(そういうように作っているのでしょうが)ごく稀にきつくてはまらない、はまるけど抜けない、エアー漏れする、というものもありますが、ちゃんとメーカー名とか品番の刻印があるものなら大抵大丈夫です。
エアーカプラーには雄(プラグ)メス(ソケット)があることはご存知でしょう。
プラグ・ソケットの反対側には接続する相手によって幾つか種類があります。
バルブ、コンプレッサー。その他機器に直接接続するための管ネジ(PT)になったもの。
管ネジのサイズは1/4・3/8・1/2の他、数は少ないですが3/4もあります。それぞれ雄ネジ・雌ネジがあります。
ホースに取り付ける場合はホースニップル(竹の子)になったものを使います。やはり1/4・3/8・1/2ホース用があり概ね8mm・10mm・12mmのホース用になりホースバンドで締め付けます。
また、ウレタンホースの場合は接続部が竹の子ではなく、ナットで外側から押さえつける形式のナットカプラーを使う場合が多いです。

一般的にエアー工具に使われるホース、機器にはこれだけの種類があれば接続は可能だと思います。機器によっては管ネジではないほかのネジが使われていることもあるかもしれませんが、それはアダプターなどで管ネジに変換することは可能なことが多いです(部品製作ということになるかもしれませんが)。
エアーカプラーが一旦管ネジになってしまえば、あとは異形ソケットなりブッシングなりで径を大きくするなり小さくするなりできます。例えば銅パイプにしたいのならリングジョイントの雄(雌)アダプターを使うとか、チューブフィッティングでもいいでしょう。1/2とか3/4の配管用鋼管にも接続できますよね。

チューブフィッティングはパイプ用の継手じゃなかったかな。
エアーホースの規格は各社独自でしょうけど、サイズ的にはほぼ同じです。
サイズをみる限り、お手持ちのエアーホースはごく一般的なウレタンホースかと思います。

ウレタンエアーホースは他に内径6.5mmのものもあり、どちらかというと6.5の方が出回っていると思います。
もっと空気量を必要とする場合(たとえばエアーピックとか、インパクトレンチなど)はゴムのエアーホースを使いますが、通常、内径12mm程度まででしたらエアーカプラーを使い、それ...続きを読む

QV=V0+at → X=V0t+1/2at^2 ?

タイトルの前者の単位は〔m/s〕ですよね
で、後者の単位は〔m〕ですよね

僕は、〔m/s〕を〔m〕に直したいなら〔s〕をかければいいと思ったので
t(V0+at)をしました
けれどそれだと、後者の式の"1/2"が抜けてしまいます
一体この"1/2"がどこから出てきたのかが疑問です

学校の先生に質問しても、積分がどうとやらといっていてよくわかりませんでした

v-tグラフの面積を利用して出すときは、加速度が斜めで出てくるから
三角形の公式を利用したときに"1/2"を使うということは分かりました
けれど、こうして式で考えようとすると、なぜ1/2が出てくるのかよくわかりません
単純にtをかけるだけではダメなのでしょうか

どなたか分かる方いたら解説お願いします

Aベストアンサー

時刻"0"から"t"までのt秒間に進んだ距離を考える場合、その中間時刻"t/2"の時の速度で"t"秒間進んだ、と考えましょう。
時刻"0"の時の速度でt秒とか、時刻"t"の時の速度でt秒よりも正しそうな気がしませんか?

時刻"t/2"の時の速度はV0+a(t/2)=V0+(1/2)atです。この速度でt秒なら
{V0+(1/2)at}t=V0t+(1/2)at^2
となります。

これは等加速度運動の場合だから成り立つのであり、常に成り立つわけではありません。
ただ、t秒間での移動距離=t秒間での平均速度 × t は必ず成り立ちます。

Q銅管継手にポリウレタンホース を取付ける方法

銅管継手(1/4インチUNF7/16×20)に普通は 6.35mmの銅管をフレアにして接続しますが、
ここにポリウレタンホース (内径φ6.5x外径φ10)を取り付けたいと考えています。

0.8Mpa程度の圧力がかかるのでしっかりと接続したいと思っていますが、ネットで調べてもなかなか方法が見つかりません。
私が考えると、まづ銅管をつないでRT1/4のアダプタを付けワンタッチコネクタでポリウレタンホースを付けるとなってしまいます。

何かアダプタ1個で取付ける方法はないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.orange-book.com/product_msts/index/NO.6510M++++++++++++++++++++++2046

これは仰るウレタンホース(1/4)の継ぎ手ですが、この右のねじに銅管をフレアにして締めるナットがあればいいのですね。このねじのピッチは19/in のようですが、残念ながら(1/4インチUNF7/16×20)は合わず、これに合う銅管用の継ぎ手は見つけられません。
3山くらいなら入りそうですが、8気圧もかかるのならだめですね。

ウレタンの継ぎ手のネジをUNF系のフラットダイスでさらえる手があります。

Q抵抗R=5Ω、誘導リアクタンスXL=3Ωの直列回路にV=12+j16V

抵抗R=5Ω、誘導リアクタンスXL=3Ωの直列回路にV=12+j16Vを加えたときの回路に流れる電流Iとその大きさおよび位相角を求める詳しい途中式教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

次のサイトに解説記事がありますので参考にして下さい。
http://www.itoffice.jp/ITOFFELC3.htm
新人のための電気の基礎知識(交流回路)

5.2.ベクトル・複素数:数学の基礎1A-(1.9.複素数・ベクトル参照)
5.3.RLC回路 (瞬時値・位相の関係は5.4.位相参照)

1.9.複素数・ベクトル
公式・(a+jb)/(c+jd)=(ac+bd)/(c2+d2)+j((bc-ad)/(c2+d2))

求める電流は次のようになります。
I = V/Z = V/(R+jXL) = (12+j16)/(5+j3)
後は複素数の割り算ですので直ぐに求まると思います。
電流の絶対値は3.43Aです。

Q給水栓継手からの水漏れ

洗濯機の水の出が悪いので給水栓継手のネジを緩めてみたところ、給水栓継手が取れてそこから水が漏れだしました。

パナソニックの製品で、こちらのサイトにある動画通りに取り付け直してみましたが、まだ水漏れします。
http://csknowledge.panasonic.co.jp/app/answers/detail/a_id/98

蛇口に給水栓継手だけをつけた状態で水を出すと水は普通に下に落ちるのですが、継手の下の部分にホースをつなげると、継手の上の部分から水が吹き出します。

修理方法を教えていただけると助かります。

ところで、この給水栓継手というのは必要なのでしょうか?
洗濯の途中だったので給水栓継手なしで蛇口に直接ホースを刺して使用しましたが、洗濯は無事終了しました。あってもなくても良いようなものなのでしょうか?

Aベストアンサー

蛇口に取り付ける方法に問題があります。

1)ネジを(4本)共に緩め、蛇口から外します。

2)次に Bで示されているネジの有る部品を(左回しに)下げるだけ下げて置きます。

3).ネジのついている部品を(蛇口の端面まで)押し上げ、
ぶつかっていることを確認後4本のネジを均等に締める。
(奧側になるネジを前もって適度に締めて置くと楽かも知れません。)

4)Bを右に回し蛇口の端面にしっかり密着させます。Aと一体化する事になります。

5)更に ホースのついた接続用の部品、カッチとはめ込みます。
こんな状態で蛇口を開放し、水を流しても蛇口と4本ネジの所から
水が出なければOKです。

6)水が少しでも出るようなら さっきのB金具をもっと右に回します。
大体それで止まります。
しかし
堅くなりそれ以上 回ららず水が出る時は Bの中にあるO(オー)リングが
へたって薄くなっていて水止めが出来無いのかも知れません。
この時は 0リングを外し DIYで同じ物を購入し交換する。
又は MAKERから取り寄せます。

1)~5)の手順でお試し下さい。

Q放水される水の速度は、水中と空中では違う?

水の入った大きなタンクの底に穴を空けると、トリチェリの定理により√2ghの速度で水が放出されますが、放出先が水中だった場合、水の速度は空中の時と違いますか?

Aベストアンサー

当然、圧力差が変わるので、水の速度、流量は違います。

「√2ghの速度」というのは、送り出し側が「放水口からタンク水面までの高低差相当の圧力+大気圧」、放出側が「大気圧」なので、差し引き「圧力差=放水口からタンク水面までの高低差相当の圧力」となり、「h = 放水口からタンク水面までの高低差」という場合です。(実際には、放水路の状態によって、速度は変わりますが)

放出先が水中だった場合、放出側の圧力は「放出側での放出口の深さ相当の圧力+大気圧」ですから、差引き「圧力差=放水口からタンク水面までの高低差相当の圧力 ー 放出側での放出口の深さ相当の圧力」「h = 放水口からタンク水面までの高低差-放出側での放出口の深さ」となります。

Q塩化ビニル管の異形継手について

こんばんは。
実家の1階屋外に散水栓が無いのですが、
上階へ向かう露出竪管の途中にバルブ(常時閉)を介して枝管かあり真っすぐ下方に
向け地面のやや上で切り放しの状態になっています、開ければ水は出ています。
恐らく水抜き管と想われますが竪管の方にもバルブが有り(こちらは常時開)
枝管のバルブを常時開にしても他に影響は出ないと考えています。
水抜き管を利用して2階バルコニーに全自動洗濯機を置きたいと考えています。
水抜き管は正確に測った訳ではありませんが恐らく20A(外形が26㎜)あるはずです。
ここに一般散水用家庭用のホースを緊結してその先は洗濯機用のホースと緊結して、
で洗濯機に給水したいと思います。
モノタロウで調べると一般散水用家庭用のホースの口径は内15外20、内18外23の
寸法しかありません。(工業系のものは太いのはありましたが)
ですからこの塩ビ管を20Aから13Aに絞って繋ぎたいのですが、
この切り放しの状態から素人が13Aに出来るような継手はあるのでしょうか?
ねじ切などは私には出来ないと思います。これが出来ないとホースの方を大きいものして、
そうすると今度は洗濯機ホースとの異形緊結が生じて来て?あれコチラの方が簡単かも?
いずれにしろ塩ビ管の異形継手とするか、ゴム系ホース同志の異形継手とするか?
どちらかが必要となります。ホームセンターで買えて素人にも出来るが条件です。
どちらか良いか、それとその継手材料を紹介して頂けないでしょうか?
では宜しくお願い致します。

こんばんは。
実家の1階屋外に散水栓が無いのですが、
上階へ向かう露出竪管の途中にバルブ(常時閉)を介して枝管かあり真っすぐ下方に
向け地面のやや上で切り放しの状態になっています、開ければ水は出ています。
恐らく水抜き管と想われますが竪管の方にもバルブが有り(こちらは常時開)
枝管のバルブを常時開にしても他に影響は出ないと考えています。
水抜き管を利用して2階バルコニーに全自動洗濯機を置きたいと考えています。
水抜き管は正確に測った訳ではありませんが恐らく20A(外形が26㎜)あ...続きを読む

Aベストアンサー

<家庭用のホースを緊結してその先は洗濯機用のホースと緊結して、
で洗濯機に給水したいと思います。

継ぎ手についてはもう回答がありましたので省略します。
とにかく現物で勝負ですが、片方が入れ込みで片方がねじのタイプもあります。
また、塩ビ管は専用の接着剤を使用しますが、接続の際パイプを奥までしっかりと差し込むことが重要です。

それはともかく、緊結はしっかりとしておかないと水圧に負けて途中で抜けることがあります。=専用のバンド金具もサイズの合ったものを使用してください。

Qある回路にv=100sinωt(v)の電圧を加えたところi=50sin(ωt-π/6)(A)の電流が

ある回路にv=100sinωt(v)の電圧を加えたところi=50sin(ωt-π/6)(A)の電流が流れた
この回路の消費電力P、皮相電力S、力率cosΘをそれぞれ求めよ


電気回路の問題なのですがわかるかた教えてください

Aベストアンサー

インピーダンスの絶対値は2と言うのはすぐに解ります。
電流はwtに対してn/6進んでいることもわかります。
wとnの実数を用いれば、P、S、cosθが解ります。

Q洗濯機用水栓とホースの接続について

現在マンションに住んでいますが、ベランダに水道がないので、
洗面所にある洗濯機用水栓からホースをつないでベランダまで水をひきたいのですが、
その件で質問させていただきます。

洗濯機用水栓には緊急止水弁がついており、
洗濯機の給水ホース継手はカチッと差し込めばすぐに使えるタイプのものです。
(プラスチックでカギのようなものがついているタイプです。)

購入したホースにはビス止め式の接続金具がついていますが、
このままでは使用できないため、その部分を他の部品と交換して使用できるようにしたいです。

自分なりにネットなどで探して接続できそうな継手を見つけたのですが、
「二層式洗濯機との接続に必要」と書いてあったり、
「全自動洗濯機には使用できません」と書いてあったりして、
ベランダ用のホースに接続できるのかがわかりません。

このような継手でも大丈夫なのか、他の部品が必要なのか、
どなたかおわかりになる方がいらっしゃいましたら教えていただけると嬉しいです。

何卒、よろしくお願いいたします。

(ちなみに、ホースの先には水流が切り替えられるハンドルがついています。)

現在マンションに住んでいますが、ベランダに水道がないので、
洗面所にある洗濯機用水栓からホースをつないでベランダまで水をひきたいのですが、
その件で質問させていただきます。

洗濯機用水栓には緊急止水弁がついており、
洗濯機の給水ホース継手はカチッと差し込めばすぐに使えるタイプのものです。
(プラスチックでカギのようなものがついているタイプです。)

購入したホースにはビス止め式の接続金具がついていますが、
このままでは使用できないため、その部分を他の部品と交換して使用できるように...続きを読む

Aベストアンサー

次のパーツの下の部品が利用出来るかも知れません。
=>http://www.ayahadio.jp/search/item.asp?shopcd=17341&item=4973987752636

ただ、緊急止水弁(カチッと継ぎ手)には利用出来ないかも知れませんので買う前に店頭で確認してくださいね。もっとも使える場合でもホースとの接続部にホースバンドで固く固定を忘れないようにしてください。

次善の策としてはNo.1さんが紹介されている全自動洗濯機用の給水ポンプ(最長は5mものがあります)を途中でカットしてホースジョイントで接続する手もありそうです。

Q度々申し訳ありません。 (2)で 時計回りに閉路をみて、 V1-V2=R1I1-R2I2=R1I1-

度々申し訳ありません。
(2)で
時計回りに閉路をみて、
V1-V2=R1I1-R2I2=R1I1-R2(I3-I1)=(R1+R2)I1-R2I3

V1=R1I1+R3I3
の2つの式を立てて、
その先のI3の求め方がわかりません。
教えてください。

Aベストアンサー

>時計回りに閉路をみて、
>V1-V2=R1I1-R2I2=R1I1-R2(I3-I1)=(R1+R2)I1-R2I3
>と
>V1=R1I1+R3I3

左のループの時計回りの電流が I1、右のループの時計回りの電流が I3 ということですか?
だとすれば、キルヒホッフの第2法則(電圧則)より
左のループの時計回りの電圧の関係式は
 V1 - I1R1 - (I1 - I3)R2 - V2 = 0
→ V1 - V2 = (R1 + R2)I1 - I3R2    ①
右のループの時計回りの電圧の関係式は
 V2 - (I3 - I1)R2 - I3R3 = 0
→ V2 = (R2 + R3)I3 - I1R2   ②
ですね。

 お示しの「V1=R1I1+R3I3」は最外周ループの時計回りの電圧の関係式
  V1 - I1R1 - I3R3 = 0   ③
でしょうか。

 いずれにせよ、①②③のいずれか2つを使って、I1、I3 を求めればよいだけです。

 ①と③で解いてみれば、③より
  I3 = (V1 - I1R1) / R3    ④
を①に代入して
  V1 - V2 = (R1 + R2)I1 - (V1 - I1R1)R2 / R3
→ (R1 + R2 + R1R2/R3)I1 = V1 - V2 + V1R2/R3
→ (R1R3 + R2R3 + R1R2)I1 = V1R3 - V2R3 + V1R2
→ I1 = ( V1R2 + V1R3 - V2R3) / (R1R3 + R2R3 + R1R2)

これを④に代入して
  I3 = V1/R3 - (R1/R3)(V1R3 - V2R3 + V1R2) / (R1R3 + R2R3 + R1R2)
   = [ V1(R1R3 + R2R3 + R1R2) - R1(V1R3 - V2R3 + V1R2) ] / [ R3(R1R3 + R2R3 + R1R2) ]
   = ( V1R1R3 + V1R2R3 + V1R1R2 - V1R1R3 + V2R1R3 - V1R1R2) / [ R3(R1R3 + R2R3 + R1R2) ]
   = ( V1R2R3 + V2R1R3) / [ R3(R1R3 + R2R3 + R1R2) ]
   = ( V1R2 + V2R1) / (R1R3 + R2R3 + R1R2)

>時計回りに閉路をみて、
>V1-V2=R1I1-R2I2=R1I1-R2(I3-I1)=(R1+R2)I1-R2I3
>と
>V1=R1I1+R3I3

左のループの時計回りの電流が I1、右のループの時計回りの電流が I3 ということですか?
だとすれば、キルヒホッフの第2法則(電圧則)より
左のループの時計回りの電圧の関係式は
 V1 - I1R1 - (I1 - I3)R2 - V2 = 0
→ V1 - V2 = (R1 + R2)I1 - I3R2    ①
右のループの時計回りの電圧の関係式は
 V2 - (I3 - I1)R2 - I3R3 = 0
→ V2 = (R2 + R3)I3 - I1R2   ②
ですね。

 お示しの「V1=R1I1+...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報