マンガでよめる痔のこと・薬のこと

以前、旧制高校と旧制官立大学の関係について質問し、
「旧制高校からは帝国大学以外の全ての官立大学に進学可能であった。ただし、その大学に予科がある場合は、予科からの進学が第一順位であった。その代わり、予科生徒は当該大学にしか原則として進学できなかった」
というご回答を得ました。大学予科は、不人気大学が定員を満たすための苦肉の策、という面が強かったようです。

次の疑問ですが、

* 明治大正の頃は、秀才の進学先は「一高・東京高商・陸士・海兵」と言われていたらしい。

* 大正中頃に東京高商が東京商大に改組された後、東京商大には予科が設けられた。不人気であったためではなく、予科段階から商業教育を徹底させるためか。

* 旧制高校から東京商大に進んだという人の話は聞かない。

* 東京商大は、予科生徒のみで定員を充足し、級背う高校からの進学は不可能となる例外的な大学であったのか?

* 同じ官立商大の神戸商大はどうだったのか?大阪商大は、官立ではなく大阪市立であったのでそもそも旧制高校からの進学はなかったのか?

よろしくご教示の程お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>* 同じ官立商大の神戸商大はどうだったのか?大阪商大は、官立ではなく大阪市立であったのでそもそも旧制高校からの進学はなかったのか?



市立大阪商科大学の場合、
昭和4年度の記念すべき第一期生のデータでは、

(1)入学志願者
高校卒  11
予科修了 35
高商  203
その他   4

(2)入学者
高校卒   1
予科修了 35
高商   84
その他   1

※その他は外国人等
です。

高校出身者は商科大に対しては傍系意識が強かったため、このありさまです。これに対して予科からは全入、全国の高商からは半分が合格しています。
一橋、神戸もトレンドは同じですね。
(出典 大阪商科大学60年史 昭和19年刊)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なデータをご紹介頂き感謝いたします。高校卒が11人志願して僅か1人の入学、しかも約250人中で高校卒業者が1人しかいないとは驚きました。高商で勉強した人が、さらに上のステップを目指して大阪商大を目指していたことが良く分かるデータです。

「一橋、神戸もトレンドは同じですね。」
なるほど。旧制高校から各帝大を目指すコースと、商大予科・高商から商大を目指すコースが画然と別れ、かつ同等の重みを持っていたということですね。

お礼日時:2006/05/19 14:55

ちょっとだけ補足です。



>高商時代から(専攻科)卒業生が帝大卒業者と同等に扱われていたとは知りませんでした。
同種の例は、札幌農学校についてもいえます。
ここも、専門学校ながら卒業生には学士号が授与されていました。
その後、東北帝国大学の農科大学として名実ともに大学に昇格したのはご存知のとおりです。

東京高商は商科の最高学府としての自負がありましたから、札幌脳学校のように、自校が東京帝国大学のなかの商科大学の母体になることまでは受容していたようですが、自校とまったく別の存在として帝大に商科が新設される動きが文部省内の大勢となり、さらにこれと重複して無駄であるという理由で高商専攻科が廃止されることになるや、在学生の総退学という非常手段に訴えてこれを阻止します。(申酉事件)
その頃から、帝大・旧制高校と商大・高商とは学生気質が違うようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「大学という名称ではないが帝大と同等」の事例は二つあったということですね。申酉事件についても、さっそく調べてみました。

subaru360様のご博識に改めて経緯を表し、締め切らせて頂きます。

お礼日時:2006/05/23 18:40

>* 大正中頃に東京高商が東京商大に改組された後、東京商大には予科が設けられた。

不人気であったためではなく、予科段階から商業教育を徹底させるためか。
東京高商は、明治時代にすでに予科1年+本科3年+専攻科2年を持ち、専攻科卒業生には学士号が許されていました。つまり、明治期は官立の大学は帝国大学に限るという法律のおかげで「大学」という看板こそ掲げていませんでしたが、内容はれっきとした大学でした。で、官立の単科大学が許可されるようになり上記6年は予科3年+本科3年に改編されました。
つまり、明治期より東京高商には予科があったのです。

ただし、神戸商業大の場合は、まるで条件が違います。
まず、日本に官立の商科大学はふたつ必要ないという国会内の昇格消極論に対し、「商科」ではなく「商業」の大学であるからという理屈で昇格予算を通し、ただし金をかけないため校舎はとりあえずそのまま、しかも4年制の高商を3年制本科のみの商業大学に改組することで作りました。
このため、入学者の質が大きく変わってしまったため、のちに予科新設運動が学内にわきおこり、あとから作られています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

前回の質問に引き続きご教示ありがとうございます。subaru360様のご博識には感服するばかりです。
東京高商と東京商大が、法的地位が変わっただけで行っている教育は同じであったこと、高商時代から(専攻科)卒業生が帝大卒業者と同等に扱われていたとは知りませんでした。
神戸「商業大学」が、東京商大とは大きく差をつける扱いに甘んじていて、予科を設けて東京商大と同等の一貫教育を施すのが悲願であったというのも初耳でした。さっそく、神戸大学経済学部のサイトで確認しました。予科を欠いた状態が、昭和4年から昭和14年まで10年も続いていたわけですね。

お礼日時:2006/05/19 14:50

前身が旧制高校でそれが戦後の教育改革で新制高校になった高校の卒業生です



旧制高校時代の卒業生名簿を見ると東京商大(今の一橋)や神戸商科大学(今の神戸大学)に進んだ先輩がかなり多いです、それは昭和10年代に入ってからが顕著です

やはり旧制高校の頭でっかちのエリート意識が薄れて高邁な理論だけいじくる帝国大学より実戦主義の商大の教育が評価され始めたのでしょう 

大阪商大は伝統的に商業学校からの叩き上げの学生を専ら相手にしたので旧制高校卒業生には煙たかったのかも知れません

この回答への補足

以前の関連質問は下記です。
「戦前の官立商科大学への進学」
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2133046

補足日時:2006/05/18 19:30
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくご回答頂きありがとうございます。
「旧制高校から東京商大・神戸商大への進学例多数」となりますと、私の質問自体が事実誤認に基づくもの、となりそうですね。ご教示ありがとうございました。
大阪商大は、東京商大・神戸商大と並列される名門だったようですが、「予科からの進学オンリーだったのか」「高等商業からの進学が多かったのか」など、いろいろありそうですね。

お礼日時:2006/05/18 19:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦前の大学の難易度

概ね昭和初期の日本の大学の、

東京帝国大学
陸軍大学校
海軍大学校

では最も難関だったのはどれでしょうか?

Aベストアンサー

軍人の学校というものは、時代によってかなり人気が上下します。

その昭和の初期は大不況の最中ですから、経済的に厳しい人にあっては、東大以上の値打ちのあるところとなります。
逆に、東大を始め、帝国大学に進学する学生は、大げさに言えば、生まれついた時からそういうコースを選べれる人生だったのです。

今は、農業高校からでも東大でも受験できます。しかし、戦前の学制はもっと若い年齢のうちに振り分けられているのです。
旧制中学から旧制高校にいくこと、これが帝大に行く絶対条件でした。旧制高校に入学できれば、ほぼ(どこでもいいなら)帝国大学には進学できました。さすがに東大は少々難しかったにせよ、そういうものだったのです。ですから、大学受験での受験地獄はありませんでした。むしろ一番の関門が、高校受験でした。
そして、同じく、中学卒業時に海軍兵学校や陸軍士官学校の受験資格がありました。どこの中学からでも相当な秀才が行ってます。東京帝大も十分射程距離の学生です。

それと、学力だけでない難易度もあります。体格や体力もですが、特に海兵においては、海外に出る機会が多く、欧米先進国の士官に見劣りしないようにという考えが働いたようで、男前が多かったですよ。
男ぶりに自信がないから陸軍にするという人もいるくらいでしたからね。

ということで、海軍兵学校というのは、当時の女学生から絶大な人気がありましたよ。

それでも、東大の法学部は当時の高等文官試験の合格率が高く(高文は単なる公務員試験ではなく色々と特典もありますから)別格だったでしょう。
それが崩れたのは、第2次世界大戦の最中、大学生も徴兵免除がなくなった頃からでしょう。このときは文科は免除なし、理科は免除でした。それで、徴兵逃れに医者になるものが増えたんですよ。帝国大学でなくてもいいと、地方の医科大学の進学者が増えました。(戦前は国民保険制度がないので、かならずしも医者が儲かるとは限らない)

軍人の学校というものは、時代によってかなり人気が上下します。

その昭和の初期は大不況の最中ですから、経済的に厳しい人にあっては、東大以上の値打ちのあるところとなります。
逆に、東大を始め、帝国大学に進学する学生は、大げさに言えば、生まれついた時からそういうコースを選べれる人生だったのです。

今は、農業高校からでも東大でも受験できます。しかし、戦前の学制はもっと若い年齢のうちに振り分けられているのです。
旧制中学から旧制高校にいくこと、これが帝大に行く絶対条件でした。旧制高校...続きを読む

Q旧制高校と旧制官立大学の関係

戦前は、東京帝国大学他の各地の帝国大学に進学するには、まず高等学校(北大予科、京城帝大予科、台北帝大予科を含む?)に入学しなければなりませんでした。高等学校の総定員が帝国大学の総定員と同じであり、東大法科のような志望者が定員を上回る人気大学・学科以外は無試験で大学に入れたため、旧制高校の入試が現在の大学入試の位置づけであったと聞いています。

ところで、戦前の官立大学には、帝国大学以外のものがいくつかあります。大正期に大学に昇格したものと思います。
* 東京商科大学
* 千葉医科大学など、いわゆる「旧制六医大」

質問ですが、

1. これらの帝国大学以外の官立大学に進学するには、各大学の予科を経る以外なかったのか、あるいは旧制高校からも無試験で進学できたのか。

2. 逆に、例えば東京商科大学の予科から、帝国大学に無試験で進学できたのか。高等師範学校や高等専門学校の出身者でも、「試験を受ければ」帝国大学に進学できたのは存じておりますが。

3. 北大予科、京城帝大予科、台北帝大予科は旧制高校と同じ位置づけだったそうだが、例えば北大予科からはどこの帝国大学にでも無試験で進学できたのか。あるいは、無試験では北大しか進学できなかったのか。

ご回答をお待ちしております。

戦前は、東京帝国大学他の各地の帝国大学に進学するには、まず高等学校(北大予科、京城帝大予科、台北帝大予科を含む?)に入学しなければなりませんでした。高等学校の総定員が帝国大学の総定員と同じであり、東大法科のような志望者が定員を上回る人気大学・学科以外は無試験で大学に入れたため、旧制高校の入試が現在の大学入試の位置づけであったと聞いています。

ところで、戦前の官立大学には、帝国大学以外のものがいくつかあります。大正期に大学に昇格したものと思います。
* 東京商科大学
* 千葉医...続きを読む

Aベストアンサー

No.2回答の補足です。
こうやって予科をあとから設置したのが神戸商業大などですね。
また、2のご質問に関してですが、予科からは基本的に本科進学ということになるかと思います。そのかわりとして、他の高校からの受験に優先して予科からの優先進級を特権として設けていました。

戦前の北大理学部の場合は入学資格者の順位を、
(1)北大予科修了者、旧制高校理科・学習院高等科理科卒業生
(2)旧制高校文科・学習院高等科文科卒業生
さらに欠員があれば、
(3)高等師範、女子高等師範の理科卒業生、理科の専門学校卒業生
(4)専門学校卒業生で検定試験の合格者
(5)旧制中学教員免状所有者(いわゆる私立の女子大あたりを想定しているらしい)
に対し試験を行い、合格したものを入れる
としていました。

Q小樽商大と北大

今年大学受験をする北海道在住の者です。

この間学校の教育面談で学力的に小樽商大行くなら北大の経済学部の方が肩書きにもいいと言われたのですが、
現在北大の経済学部は就職もあまり良くなく小樽商大の方が断然いいと先輩方に言われていたんで少々迷っております。
両者の違いが知りたいので教えてください。

Aベストアンサー

伝統的に、北大は理系の大学ですから、文系は全国的な知名度の割りに難易度的には「お買い得」な大学です。
これに対して小樽商大は共通一次が開始されるまでは、難関の二期校として東京まで聞こえていましたが、特にセンター試験に移行して以後はツブが小さくなったということを聞きました。
ただし、質問者さんが北海道内で今後とも生活されるのなら甲乙はつけがたいでしょう。
北大の得意とする道庁や市役所は、道内では申し分の無い就職先ですが、長引く道財政の危機的状況からいまや賃金カットが常態化しており、新規採用は極端に絞られています。
一方、道内の金融機関の場合は、伝統的に地銀から中堅の信金まで数多く小樽商大のOBが分布しています。単科大学ならではの先輩後輩のつながりの強さや大学自身の面倒見のよさもありますので情報も入りやすく、道内の就職活動では問題ありません。
もちろん、全国的な知名度や就職力はいまや北大のほうが上ですが、それに見合って入試難易度も北大のほうが勝っていますので、道内で就職することを考えるならどちらも「正解」という結論になります。

Q早稲田は昔はバカだった?

早稲田大学卒業の年配(おおむね60代以上)の方は、よく大学の話になると
「いやあ、私なんか早稲田ですから。
 田舎者でも入れるような二流大学でしたから・・・」
と謙遜します。
早稲田卒業なら立派に自慢できる経歴だと思うのですが、どうして早稲田卒を謙遜・卑下するのでしょうか?

1 本当に、昔はバカしか入れない大学だったから。
2 本当は東大京大に行きたかった。同級生もみんな東大京大なので、早稲田は恥ずかしい、とおもっているから。
3 年配の人は謙譲の美徳を常としているので、単に謙遜しているだけ。
4 早稲田は早稲田でも実は夜間部卒だった。
5 本当は早稲田大学ではなく、バカ田大学の卒業生。
6 そのほか。

もし、昔はホントにバカだったとしたら、いつごろから偏差値の高い学生が集まるようになったのでしょうか?

早稲田関係者の方、ご回答お願いします。

Aベストアンサー

昭和41年に早稲田大学に入学しました。
昭和41年は、早稲田の学費値上げのストライキで授業が開始できず、入学式が5月にずれ込みました。

当時はまだ日本は貧しかったので
普通レベルの国立大学>早稲田大学
でありました。
埼玉大学に合格した同級生は
埼玉大学>早稲田大学
と言っておりました。

確かに二つのことは言えました。
1.国立大学に入学すると親に経済的負担をかけない。つまり孝行息子であると。
2.早稲田しか受けない学生は三科目を必死にやれば入れる。しかし、国立は科目が多いから必死に三科目やっても入れない。つまり国立大学の学生は付け焼刃ではなく本物の優等生だ。

私も素直に上記を認め
普通レベルの国立大学>早稲田大学
だと思っておりました。

ところが日本が高度成長で豊かになってから評価が変わりました。
「私立でもいいよ」と言ってくれる親が増えました。

考えてみれば、お金があるなら埼玉大学に入るより、早稲田のほうが楽しそうです。四年間の学生生活をエンジョイできそうだし、卒業生も多い。で、今では
早稲田>普通レベルの国立大学
となっているようです。

昭和41年に早稲田大学に入学しました。
昭和41年は、早稲田の学費値上げのストライキで授業が開始できず、入学式が5月にずれ込みました。

当時はまだ日本は貧しかったので
普通レベルの国立大学>早稲田大学
でありました。
埼玉大学に合格した同級生は
埼玉大学>早稲田大学
と言っておりました。

確かに二つのことは言えました。
1.国立大学に入学すると親に経済的負担をかけない。つまり孝行息子であると。
2.早稲田しか受けない学生は三科目を必死にやれば入れる。しかし、国立は科目が多いから必死に三...続きを読む

Q旧制中学を卒業すれば大学に行けた?

戦前の日本では、
旧制中学を卒業すれば大学に行けたのでしょうか?
高校の立場はどうなりますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>旧制中学を卒業すれば大学に行けたのでしょうか?

戦前といっても太平洋戦争末期とそれ以前では制度が違うため微妙ですね。
ただ「大学の本科」に限れば答えはNoでしょう。

戦前は数多くの学校(種別)があり、現在と比較するのは難しいです。
単純に「小学校⇒中学⇒高校⇒大学」というようなストレートな順番だけでなく、多岐にわたる選択肢があります。
小学校(国民学校)卒業後だけを見ても以下のように多岐にわたります。(太平洋戦争末期)
国民学校高等科:2年制(12~14才)
実業学校:4年制(12~16才)
青年学校普通科:2年制(12~14才)
青年師範学校予科:3年制(14~16才)
師範学校予科:3年制(14~16才)
高等女学校:4年制(12~16才)
中等学校:4年制(12~16才)
高等学校尋常科:4年制(12~16才)

大学(本科)に行くための進路だけに限定すれば以下の2ルートが正規ルートでしょう。
・旧制中学→旧制高校→大学
・旧制中学→大学予科→大学

なお旧制高校の定員は帝国大学の定員とほぼ同数だったため、専攻を選ばなければ帝国大学への入学は約束されたようなものだったようです。
逆に言えば一部の一部の帝大に人気が集中すると定員割れを起こす帝大や公立大学が出てしまうようです。

その対策として各大学が大学予科を新設して学生の確保に力を注いだとのことです。(大学予科は特定の大学の付属学校のため、他の大学には進学できません)

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A7%E5%88%B6%E5%AD%A6%E6%A0%A1

>旧制中学を卒業すれば大学に行けたのでしょうか?

戦前といっても太平洋戦争末期とそれ以前では制度が違うため微妙ですね。
ただ「大学の本科」に限れば答えはNoでしょう。

戦前は数多くの学校(種別)があり、現在と比較するのは難しいです。
単純に「小学校⇒中学⇒高校⇒大学」というようなストレートな順番だけでなく、多岐にわたる選択肢があります。
小学校(国民学校)卒業後だけを見ても以下のように多岐にわたります。(太平洋戦争末期)
国民学校高等科:2年制(12~14才)
実業学校:4年制(12...続きを読む

Q横浜国大と旧帝大、どちらを選択?

 今年受験の高三生です(男子 東北地方在住)。横浜国大経済学部の国際文化学科をめざしています(模試B評価)。受験については、親とも相談していますが、同じ偏差値なら東北大経済学部(旧帝大)も選択肢ではないかと言っています。同じ高校の同級生も多くが東北大に進みます。
 私は国際関連の学部に関心があり、将来できればそうした知識を活かせる仕事に就きたいと思っています。東北大や北大には国際関連の学部・学科はありません。といっても、私自身、将来の明確なビジョンを描き切れているわけではありませんので、是が非でも国際関連の学科で学びたいということではありません。
 東北では東北大学の方が評価が高いと思うのですが、関東では、横浜国大と東北大どちらが評価が高いのでしょうか(あまり比較することもないでしょうが)。就職先は東北に固執するわけではないので、関東も含めて考えた場合、どちらを選択すればいいのか迷います。
 単純に物理的な条件だけで比較すれば、距離的に近い東北大ということになるのでしょうし、朧気にでも自分の関心のある学科を優先させるのであれば、横浜国大ということになるでしょうか。ここに至って自分でも決め倦ねています。
 つまるところ、どっちの大学を選ぼうが就職は本人の実力次第ということなのでしょうが、もし、地方の旧帝大と関東や関西の有名大学(国立、私立)の選択で似たようなご経験をされた方などいらっしゃいましたら、ご意見をください。お願いします。

 今年受験の高三生です(男子 東北地方在住)。横浜国大経済学部の国際文化学科をめざしています(模試B評価)。受験については、親とも相談していますが、同じ偏差値なら東北大経済学部(旧帝大)も選択肢ではないかと言っています。同じ高校の同級生も多くが東北大に進みます。
 私は国際関連の学部に関心があり、将来できればそうした知識を活かせる仕事に就きたいと思っています。東北大や北大には国際関連の学部・学科はありません。といっても、私自身、将来の明確なビジョンを描き切れているわけではあ...続きを読む

Aベストアンサー

 地方の進学校卒で、首都圏の国立に進んだ者です。私は完全に
東京志向だったので、あなたと同じ立場なら横国を狙いますね。
同級生には地方帝大と明治に受かり、明治を選んだ人がいます。
周りはみんな「 アイツはバカだ 」と言ってましたが、私はその
選択を理解してました。※私ならそもそも旧帝大を受けませんけど。

> 関東では、横浜国大と東北大どちらが評価が高いのでしょうか

 正直なところ、大学の格なら東北大が上ですし、就職活動でも
学校名なら東北大のほうが有利かもしれません。ただ横国だと
不利というほどの差はありませんし、就職活動そのものがラク
だという面もあります。また、国際関連の仕事が希望でしたら、
仙台より首都圏に住んだほうが学生のうちからいろいろ刺激を
得ることも出来るので、そこが有利とも言えます。

 ただ、東北大は伝統も実績もある有力大学なので、あなたが
自信を持って横国に進んだ場合も、同級生からは「 あいつは
逃げた 」などと謂れのない中傷を受ける可能性はあります。
自分の選択に自信を持っていれば気にならないのですが、迷い
があると気に病むでしょう。これにはぜひ気をつけてください。

> 私は国際関連の学部に関心があり、将来できればそうした知識を活かせる仕事に就きたいと思っています。

 ハッキリ言って、国際関連の学部と就職の関連性はほとんど
ないです。「 我が社では大学で国際関係を学んだ学生を欲しい 」
なんて企業はおそらく皆無でしょう。さらに言えば、国際関連の
仕事という捉え方も、適当ではありません。外資系企業なんて
当たり前の存在だし、外国語を使う職場はいくらでもあります。

 自動車メーカーでも鉄鋼・金属メーカーでも海外出張や駐在は
ごく当たり前。貿易( 輸出入 )なんてあらゆる会社でやってますし、
大手優良企業なら留学制度が用意されているところも多いです。
国際関係の学部に行けば、国際っぽいイメージの会社に入れる
というのは、ほとんど幻想みたいなものだと思ってください。

 あとはアドバイスですが、高校生が知っている世界はものすごく
狭いのです。大学生活ではそれが大きく広がります。国際的な面に
目が向くというのはもちろん、あらゆる趣味や興味の世界においても
大学から本格的に始めることが多いからです。だからあなたも大学に
通うようになると、やりたいことがまったく変わるかもしれません。

 地方の進学校卒で、首都圏の国立に進んだ者です。私は完全に
東京志向だったので、あなたと同じ立場なら横国を狙いますね。
同級生には地方帝大と明治に受かり、明治を選んだ人がいます。
周りはみんな「 アイツはバカだ 」と言ってましたが、私はその
選択を理解してました。※私ならそもそも旧帝大を受けませんけど。

> 関東では、横浜国大と東北大どちらが評価が高いのでしょうか

 正直なところ、大学の格なら東北大が上ですし、就職活動でも
学校名なら東北大のほうが有利かもしれません。ただ横...続きを読む

Q如水会の力とは?

一橋大学の同窓会如水会は、実業界で強い力を持つそうですが、具体的にどういうことを行っているのですか?
東大の同窓会よりも如水会の方が結束が固いそうですが本当ですか?
一橋の方が東大より愛校精神が強いということなのでしょうか?

Aベストアンサー

昔、名古屋大学が、世紀のコレクションと言われたバート・フランクリンコレクションについて「百万ドル以上」という値段で一括購入オファーを受けたことがあります。
名大は周年記念の目玉としてトヨタなど地元名古屋財界の協力を頼んで買いたいとして1年近い交渉を行った末、値段が高すぎるとして不調に終わり、結局コレクションはバラバラにしてオークションにかけることが決まりました。しかし、持ち主がオークション会社に連絡するまで「あと2日」という時点でこの話が一橋大学に持ち込まれると、コレクションの価値のすばらしさから学部長会議で「買い」が決まり、同窓会の如水会と相談の上、それから2ヵ月後には三井物産はじめ三井グループ22社が3億円、国費で5千万円という支出分担により文庫の購入が行われました。今の「三井フランクリン文庫」がそれです。

Q旧帝大ってどんくらいすごいですか?

旧帝大ってどんくらいすごいですか?
私の祖母はめっちゃ旧帝大信者です
姉が私立大なのですが 実家帰るたび嫌味を言われていてかわいそうです
信者はうちの祖母の世代に限るんでしょうか?
皆さんは「旧帝卒」って聞くとどう感じますか?
教えて下さい

Aベストアンサー

国立大の話をすると、各県に教育学部と医学部が必ずあります。学校の先生とお医者さんは、各県に必ずいる大切な職業で、しかも高等な教育が必要だから、地元に養成機関を作ったんですね。また、ほとんどの県で、工学部か農学部、希に水産学部があります。これも地元の産業を担う人材を育てたい、ということですね。
旧帝大は、これら各県の枠では収まらない優秀な人材を集めて地元の産業の枠を超えた、国として産業や学問を発展させよう、という研究機関となります。北海道、東北、関東、中部、近畿、九州の各地方(なぜか中四国にはないんですよね)にあります。
特徴としては総合大学として、文学部、商学部、法学部、理学部、工学部が必ずあり、各分野の進歩を担う人材の育成を目的としています。
要は、「研究者」つまり「学者」を養成することが大きな目的です。

対して私立大の両雄、早稲田、慶応の例で書くと、これらは、社会に実際に役立つ人材を広く育成することが目的で、「実学」(実際の社会活動に役立つ学問)を教えることが主になります。
たとえば、建築の話ですると、
旧帝大は建築学の権威を育てたいと考え、私立大は優秀な建築家を育てたい、と考えているわけです。

ここでのポイントは、学者さんと技師さんとで、どちらを尊敬するか、ということですね。
昔は多くの人は中学にも行かずに職人や商売人になりました。職人は技師と同じ職場にいますし、経営者も商売人と直接関わる間柄になりますよね。技師さんや経営者さんは大学を出ていても身近な存在なんです。大学を出たばかりの設計技師さんよりも、現場で腕を磨いた頭領の方が優秀なことも多かったでしょう。
でも、身近に学者さんはいなかったでしょう。

で、回答になりますが、「旧帝大卒」と私が聞いた場合、研究者になるための一通りの作法を学んだ人だ、という認識を持ちます。実際に研究者になっていなくても、学んだ、つまりそういう考え方を習ったというところがキーになります。お茶の師匠になっていなくても、その作法を習った人は、茶道とは、というところを知っているだろう、というのと同じです。

これ、言い換えると、「私大卒」と私が聞いた場合、社会に実践的に役立ついろいろなことを知っている、身についている、と思います。

上下がある話ではなく、社会に貢献するやり方の違い、だという認識です。

国立大の話をすると、各県に教育学部と医学部が必ずあります。学校の先生とお医者さんは、各県に必ずいる大切な職業で、しかも高等な教育が必要だから、地元に養成機関を作ったんですね。また、ほとんどの県で、工学部か農学部、希に水産学部があります。これも地元の産業を担う人材を育てたい、ということですね。
旧帝大は、これら各県の枠では収まらない優秀な人材を集めて地元の産業の枠を超えた、国として産業や学問を発展させよう、という研究機関となります。北海道、東北、関東、中部、近畿、九州の各地...続きを読む

Qひとむかし前の大学受験は?

1960~1980頃の大学受験がどんな感じだったのか知りたいのですが
当時のことを書いてあるサイトや書籍をおしえてください。

Aベストアンサー

60年代末期~70年代初頭にかけては大学紛争がピーク。
東大医学部の学生がインターン制度に抗議。これに端を発し、またたく間に全国の大学に広がりましたね。東大に限らず以前より他大学医学部でも登録制度に対する問題はあったようで、また、多くの国公立・私立でも学費値上げ等に対する反対や抗議はあったようで、ここにきて一気に紛争に発展。
確か東大はその年の入試を中止したと思います。それほどに国を揺るがす出来事だったのです。

あと、国立大は一期校と二期校があり前者が一流(メジャー)、後者が二流(マイナー)というイメージがあり受験生や家族もそういった色眼がねで捉えていて、特にへんぴな地方国立大に行くより華やかな都市部の私立大へ行く傾向は当時からあったようです。

入試偏差値は当時も今も大きく変わりはないかと。今も昔もいい大学は入試の難易度が高いのも変りません。
東大・京大、をはじめ旧帝大、一橋、東工大、東京医科歯科、全国の国公立医学部・歯学部、をトップとし(偏差値:60以上)、私立では関東の早・慶、立教、明治、中央。関西では同志社、関学、といった特に伝統的名門校が上位で、理系単科大では東京医科、日本医科、順天堂医学部、東京理科、芝浦工大、東京歯科。女子大は津田塾、東京女子、日本女子、など。(偏差値:概ね、文系60以上、理系55以上)

60年代末期~70年代初頭にかけては大学紛争がピーク。
東大医学部の学生がインターン制度に抗議。これに端を発し、またたく間に全国の大学に広がりましたね。東大に限らず以前より他大学医学部でも登録制度に対する問題はあったようで、また、多くの国公立・私立でも学費値上げ等に対する反対や抗議はあったようで、ここにきて一気に紛争に発展。
確か東大はその年の入試を中止したと思います。それほどに国を揺るがす出来事だったのです。

あと、国立大は一期校と二期校があり前者が一流(メジャー)、後者...続きを読む

Q東大や早慶でても大企業に就職するのは上位二割程度

って本当ですか?東大でても中小企業に就職したりするって本当ですか?逆にマーチとかで大企業に就職したりするというのも聞いたんですが本当なんでしょうか?何か質問ばっかりですいません。東大や早慶でたら人生安泰だとばかり思っていたので信じられなくて・・・・

Aベストアンサー

一応、その辺の大学を出てます。
本当です。
が、多分あなたのイメージと違いますので説明します。

まず東大などの上位帝大は就職への評価がそこまで高くない。
大体、3,4割は研究者、弁護士、会計士、上級公務員などを目指します。
1年で受からない人も多くその場合は浪人や留年をします。こいつらを
女子の場合はリアルに親がカネ持ちな場合があって、フツーに就職もせずにブラブラしてます。
形式上、親の会社に入ったり、院生になったり、海外留学しますが、実際はほとんど何もしてません。
僕も驚きましたけどこういう人はけっこう多くいます。
早慶も同様です。
「絶対に就職」と思ってる人はそうそう多くないです。上位大学でも色んな人がいます。

次いで
1と関連するんですが、今って価値観は変わって来てる。
大企業や大金に対する嫌悪感の方が強い。正直、欧米の方がそうなってますね。
凄く優秀な人が国際公務員を蹴って小さい会社を立ち上げたり、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B9
そこにゴールドマンサックス1年で辞めて蹴って入る人がいたり(わずか数人の会社ですよ)そういう感じです。
甘い部分もあるんですけど、NGOや中小などを最初から志望する優秀な人もけっこういます。


最後ですが、環境の変化が起こった、と言うこと。
前提として
1、大企業に入ること自体は難しくない。
大企業とは「300名以上」ですからここに入るの自体、偏差値60以上の大学生からすると、別に難しくない。東証一部上場企業も2000社もあるし、そんなに難しくない(その上、財務省やサントリーやゴールドマンサックスなど上位企業は上場してません)

2、上司は高卒
ギャグみたいな話ですが、いまの公務員人気はこの20年で起こったことで、それ以前はまるで人気がなかった。だから地方の市役所は京大なんかの帝大卒も多いですが4,50代なんかの上の世代は人気が無かったので4,50代はふつうに高卒です。いや本当に。どの企業もそういう部分ありますよ。

3、国力の低下
やっぱり1960-1990のわずか30年間だけど、日本国自体が右肩上がりだったし、人口比で見ても
大学生はエリートだったんだと思うんですよね。優秀だけども高卒や短大卒でって人も多かったし、彼らはその現実を受け入れるしかなかった。でも今は人口比で見ても、日本のエリートと呼ぶには届かなくなってると思います。供給量は拡大したのに、需要が減ってる。
そりゃあぶれる奴は出ますよ。

4、企業サイドの姿勢の変化
上記1,2,3を踏まえ企業はシビアになってる。
正直、海外営業なんて腐るほどいたし、売れるもんだから大量に営業を採った。営業もふつうにしてたら売れた。でも今は売れないわけで、システムを組み替えることと、あと根性系も残ってる。
で、理系(念のため行っておくと僕はド文系)、や専門職(医師や、弁護士や海外経験)の需要が高い。
JALのCAは契約社員で、三菱商事の一般職は派遣で、と労働者側から見ればキツイ、最悪な、株主や企業からすると利益を確保できる最高のシステムになってる。
こういう厳しい状況だから、過去の形式上新卒ののシュウカツはなくなって、欧米並みに難しくなってる。
欧米の場合は、あくまで専門性が重要で、「大学でどれぐらい勉強したかを発表する場」なんだから軸はカンタンなんだけど、日本はその辺が曖昧だから、じぶんの立ち位置に苦しむことが多い。

有名大を出てる=専門性があるわけじゃないってのは企業もわかってるし、その辺のギャップ(自己評価が高すぎる)と落ちる。
アマゾンでネット注文して3日で届く自体に、1つ1つの作業がのろい奴は落ちる(サービスを享受する時は安さやスピードを求めてるのに、自分がやる側になったらやりません、できません、っておかしいでしょ)。

東大早慶は、ある程度は受かりやすい。少なくとも書類とか、1次とかは受かりやすいと思う。
でも2次以降はふつうに落ちるし、「おれ○大だからさあ」みたいな奴は落ちる(こういう奴ってあんまり優秀じゃないことが多いし、そもそもキモい新人とわざわざ仕事しなきゃならんのだよ)。
あと中小やngoに「私は利益優先型に疑問があってこういう所に来ました」みたいなかわいこちゃんも落ちる。中小でも利益を必死になって生み出してるし、ngoでも鬼のような姿勢と行動力で寄付や政府系援助をぶんどってなんとかかんとかで運営してることが多い。

つまり『有利な面もあるが、それは”山本くん家は高校から歩いて5分”ぐらいのメリットであり、あまり深く捉えすぎると大やけどする。先輩の進路などを見てれば、ある程度自分のことは推測できるし、限られた環境でできることを楽しみながら1つずつ行う、それしかない』です。

あとは優先順位が違う気がする。
僕はバイト先で中小大の奴がバイトや恋愛やファッションに頑張ってるなあ、と感じたけど、
学内では海外留学やインターン、サークルを頑張ってる人が多かった。
メンタリティが違う部分があると思うし、大企業は後者のメンタリティを持ってる傾向にあるから後者が有効になりやすい気がする。

一応、その辺の大学を出てます。
本当です。
が、多分あなたのイメージと違いますので説明します。

まず東大などの上位帝大は就職への評価がそこまで高くない。
大体、3,4割は研究者、弁護士、会計士、上級公務員などを目指します。
1年で受からない人も多くその場合は浪人や留年をします。こいつらを
女子の場合はリアルに親がカネ持ちな場合があって、フツーに就職もせずにブラブラしてます。
形式上、親の会社に入ったり、院生になったり、海外留学しますが、実際はほとんど何もしてません。
僕も驚きまし...続きを読む


人気Q&Aランキング