スキーの大回転などの競技のストックは必ず曲がっていますが、どうしてでしょうか?大変シロウトくさい質問ですみません。父が知りたがっているので、よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

 空気抵抗を少なくするためにクラウチングスタイル(しゃがみこみ)を取って、ストックを抱え込んだ時にストックの後ろ(先、下)の部分が、体の後ろに隠れて、ストックが受ける空気抵抗を小さくするためです。

真直ぐだと、手を近付けて抱え込んだ時にストックの先が広がって(体の後ろからはみだす)しまい、特にリングの部分の空気抵抗が大きくなって損なんです。回転(スラローム)では強くストックを付くことが多いため、強度を重視しますし、逆にポールに引っ掛かり易くなるため曲がったストックは使わないのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しいを解説ありがとうございました。父も納得いたしました。NHKの「日本人の質問」に投稿するなどと、バカなことを言っておりましたので、これで助かりました。感謝いたします。

お礼日時:2002/02/16 17:23

大回転はコンマ1秒を争う競技なので、少しでも体より出っ張るものを無くすために曲がっている(体に密着させやすい)と聞いたことがあります。


でも自信はありません。ごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、ありがとうございました。理屈で考えれてもそういうことなんでしょうね。ともあれ、ご協力ありがとうございました。感謝いたします。

お礼日時:2002/02/16 17:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qインラインスケートはスキーを滑るのに役立ちますか?

この度、約15年ぶりにスキーに行く事になりました。

なんせ、その間1度もスキーをやった事がないので滑れる自信が全くありません。

私は一時期インラインスケートにはまっていた時期があって(といっても8年位前の話ですが・・・)
現在もインラインスケートを所有しております。

そこで質問なのですが、インラインスケートを滑る事でスキーの練習になりますでしょうか?

折角、久しぶりにスキーをするのだから、より楽しんで滑りたいです。
お詳しい方、アドバイスの程よろしくお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

私もオフシーズンはインラインスケート(ローラーブレード)で
よくトレーニングしてました。
スラロームの練習に、ストックの先端にゴムカバーをつけて、
並べた小さなパイロンの間をジグザグに滑るというものです。
感覚はけっこう近いと思います。

安全で、周辺に迷惑のかからない場所でやりましょうね。
私は通報されたことがありますので。(笑

Q競技スキー(GS)のストックの長さについて

スキーの草レース(GS)に最近出始めました。
ストックが古くなってきたため買い換えようかと思っているのですが、
競技をされている方は、どれくらいの長さを使っているのかわからず迷っています。一般的にはカービングスキーの影響で短めになっているとネットで見かけましたが、レースの場合、スタートで漕ぐことを考えるとあまり短いのもどうかと思うのです。
身長の70%くらいが目安ともいわれていますが、皆様からアドバイスをお願いします。
ちなみに身長180センチで、今のストックはグリップの端から先端まで127センチのものを使っています。

Aベストアンサー

参考に

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1013586385

Qスキーとインラインスケート

こんにちは。質問があります。
カービングスキーをたまにするのですが、オフシーズンのトレーニングに、インラインスケートが効果的と聞きました。しかし、メーカーや売っているお店を知りません。

<質問>
・名古屋近郊で、消耗品なども含めて、インラインスケートを、複数メーカー扱っているお店をご存じでしたら教えてください。

・スキーのトレーニングとして、インラインスケートをするにあたって、おすすめのメーカーのものがあれば、ご教授願います。

以上、お願いします。

Aベストアンサー

スキーサークルに所属していて夏場のトレーニングにインラインを使用しています。
自分はK2のを、他にはサラモンやロシニョールなどのメーカーが成人用のそれなりに丈夫なものがあった気がします。
ただやはり値段はお高いです。安いもので15000円前後、高いものは30000円前後でした
メーカーによる差はそこまでないというのが近い仲間内での結論でした

すみません、道民のため名古屋近辺についてはなにもわかりません。

Qおよそ20年ほど前にアルペンスキー競技で活躍していたヨーロッパの女子選

およそ20年ほど前にアルペンスキー競技で活躍していたヨーロッパの女子選手です、出身国等まったく憶えていません、うつろながらダウンヒル系に強かったような?金髪の可愛い方だったかな、僕が見たときはエランの板使ってた?たぶんオーストリア人、表彰台の常連になるような強豪選手だったです。

Aベストアンサー

金髪でかわいい方といったら、アストリッド・ルーデメル選手が思い浮かびます。
ノルウェーのダウンヒルの選手でした。
板がなんだったかは全然覚えていませんが。
もともと、滑っているところをテレビで見たことはほとんどなかったかもしれません。
私はフェニックスのウエアのフェアに行った時(18年くらい前でしょうか)、わりと最近まで活躍していたオーモット選手とルーデメル選手とあともう一人忘れてしまいましたがノルウェーの選手3人がいるのを見て初めてルーデメル選手の存在を知りました。
北欧人3人、それはもう映画の世界のようにステキでした。
全然違っていたらすみません。

Qスキー場付近でアーリーイン(前伯)できるホテルご存知ありませんか?

この冬スキー(スノボー)に行こうと考えているのですが、
苗場プリンスホテルのようにスキー場が近くにあり、
アーリーイン(深夜チェックイン)ができるホテルを探しております。
ご存知の方がいましたら是非教えていただきたいです。

Aベストアンサー

単純に、深夜着でチェックインと言う意味であれば、多くの宿で可能だと思いますよ。さすがに深夜チェックインだとアーリーインにはならないと思います^^;)

ペンションとかでも深夜1時のチェックインでも、うけてもらたことありますし、逆に早朝4時とかであらかじめ部屋を用意してもらった部屋に勝手に入ってやすませてもらったこともあります。

プランで探すなら素泊まりプラン(食事なし)、1・5泊プラン、もしくは朝食のみついたプランというやつです。

あらかじめこういったプランがなくても、事前に宿に直接いっておけば対応してくれることが多いので、気に入った宿をいくつかピックアップして、直接問い合わせてみるといいです。いちいちプランさがしてるより早いです。
値段はそのときに確認してください。

また、直接問い合わせると、予約サイトとかにだしていないお得なプラン(リフト券や割引チケットのついたプランとか)があったりします。

Q山スキー用ストック

山スキー用ストックを新調しようかと思います。
今までは伸縮式のストックを使ってましたが、今回は一本モノを買おうかと。
身長180センチです。
125センチを買おうかと思いましたが、近くに販売店がなくて…
長めがいいのかな?と思いましたが、どなたかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

歩行と滑走で長さが違うので、伸縮式の方がよいのでは?
171cmの僕で滑走時が125cm、
歩行時は130~135cmです。

BDのフリックロックの2段式使ってます。

Qスキーブーツのインソール

昨シーズンLANGバンシー105MFを購入しました。インナーが熱成型タイプと聞いたので昨年そのままはいてしまいましたが、熱成型とインソールをお願いできるところを探しています。ネットでいろいろ見ましたが、いまいちよくわかりません。丁寧さとコストは相反するものだとは思いますが、皆さんが満足できた店、評判の良い店等の情報がありましたら教えてください。東京、埼玉南部、千葉西部あたりだと助かります。又、良かったらブーツのアドバイスもあればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のカドヤさんとかブーツ研究さんはおすすめです。でも高いです。

ただ、熟成型インナーということで、ある程度型がついてきてしまった後にインソールを作ると、インソールの分だけ高さが上がってしまい、特にくるぶしあたりの位置が異なってしまい、当たって痛みがでるかもしれません。
とくにブーツがラングということで心配ですね。

ブーツのインナー作りの鉄則は、まずはカスタムインソール、次にインナー成形です。

熟成型でも熱を加えて強制的に元に戻すことができるインナーもあるみたいです。詳細はお店で聞いてみたほうが良いと思います。

カスタムインソールは絶対におすすめですよ!

Q伸縮式のスキーストックについて

↓のような伸縮式のストックを使ったことのある方いらっしゃいますか?
http://page12.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/p40456014
大人用もあるようですが...
http://www.rakuten.co.jp/websports/502091/680598/#713440

これからスキーをはじめる幼児にと思うのですが実際使ったことのある方の感想を聞かせて頂けませんか?

Aベストアンサー

最近は、デモやプロスキーヤーと呼ばれる人たちも使ってますんで、
伸縮式もいいと思いますが・・・

友人が使っているストックは、しっかり締めることができなくって、
ストックを突くとそのまま短くなってしまうって人もいますし、
きつく締めて、緩める事ができなくなってしまった人もいましたんで、
あんまり安いモノなどは避けた方が懸命かもしれません。

Qインラインスケートを始めるにあたり…

こんにちは^^
インラインスケートをやっている方、教えていただけると嬉しいです!

私は30代女性なのですが、恥ずかしながら今年からスキーを始めました(遅)。ものすごくはまってしまって今シーズン暇さえあればスキー場に通い詰めたんですけど、やはりまだまだ初心者の域を脱することができていません。

そこでオフシーズンの練習にインラインスケートを是非始めてみたいと思っています。

しかし残念ながらまわりに教えてくれる方も誰もおらず。。。
自分なりに調べてみたところ、近くの大型駐車場を利用してインラインスケートをやっているグループがあるようだとわかりました。
また、比較的近くのスケート場が夏場はインラインやローラースケート場になっているようだともわかりました。
年も年でちょっと恥ずかしいのと、知らない方々に迷惑をかけられないなあという思いもあって、自分ひとりでインラインスケートを購入してスケート場に行ってひたすら練習するというのが手っ取り早いのかなぁと考えています。

ただ、スキーもたいして滑れる訳じゃないし、インラインはとても難しそうなので、このプランは無謀なのかなと躊躇しているような感じです(^^;)

経験者の方、どう思われますか?ご意見いただければありがたいです。

こんにちは^^
インラインスケートをやっている方、教えていただけると嬉しいです!

私は30代女性なのですが、恥ずかしながら今年からスキーを始めました(遅)。ものすごくはまってしまって今シーズン暇さえあればスキー場に通い詰めたんですけど、やはりまだまだ初心者の域を脱することができていません。

そこでオフシーズンの練習にインラインスケートを是非始めてみたいと思っています。

しかし残念ながらまわりに教えてくれる方も誰もおらず。。。
自分なりに調べてみたところ、近くの大型駐車場...続きを読む

Aベストアンサー

スキーもインラインも経験ありです。
インラインはすぐ辞めました。他のスポーツやっているので。
ウマイ人を見ると上達につながると思います。
こつみたいなものは直接教えてもらった方が良いですし、自分の悪いところは見てもらわないとわかりません。
自分の友人に指導員やクラウン持ってるヤツがいますが、インラインもやってます。インラインはインラインで教えてもらえるのですが、同時にスキーの話もおりこんでもらえるので良いです。
ウマイ人は見る目も肥えていて、的確な助言をくれます。
初心者が自己流でやって、変な癖が付くとなかなかとれません。早め早めの修正が必要です。
出来るだけウマイ人を見れる、教えてもらえる環境をおすすめします。

Qアルペンスキーのストックはなぜ曲がっているのですか?

初歩的な質問で恐縮です。テレビでトリノオリンピックを見ていて気づいたのですが、クロスカントリーのストックは曲がっていないと思うのですが、なぜアルペンスキーのストックは曲がっているのですか?邪魔になるからでしょうか?
ご教授願えませんか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ストックにカーブがついているのはアルペン競技の中でもダウンヒル(DH)、スーパー大回転(Super-G)、大回転(GS)の3種目です。(GSについては真っ直ぐなポールを使用する選手もいます。)

これはNo.1のgretzkyさんが書かれている通り、クローチングという姿勢は空気抵抗を減らすために上体を低く抑え、ストックを両脇に抱え込みます。その際にストックがカーブしていると、選手のわき腹のラインに沿ってストックがより密着するために、より空気抵抗を減らす事ができるのです。仮に真っ直ぐなポールを使用すると、クローチングの体勢になった際にポールが両脇後方に三角形に広がってしまい空気抵抗が増えてしまいます。

クロスカントリースキーにもクローチングというアルペンスキーと同じ姿勢がありますが、クロスカントリーの場合はポールの空気抵抗が影響するほどのスピードは出ませんのでポールは真っ直ぐです。

クローチングという姿勢については、実際にクローチングで滑っている写真と動画をご覧になってください。下記のURLはノルウェーのオールラウンダーの天才スキーヤー、チェティル・アンドレ・オーモット選手のものです。写真は体勢が崩れてしまっていますが、ポールを脇に抱え込んでいる様子がご覧いただけると思います。また動画は彼のアルベールビルオリンピックとリレハンメルオリンピック出場時のもので、クローチングで滑る様子が良く解ります。

余談ですが、ダウンヒルの場合はクローチングの姿勢だと100km近いスピードが出ます。私もリレハンメルオリンピックの際に、アルペン競技(DH、GS)の会場となったクビートフィエルでオリンピックコースを何度か滑った事がありますが、クローチングなんてコース途中の緩斜面以外では恐ろしくてできないような斜度のきつい難コースでした。

【クローチングの写真】
 http://multimedia.olympic.org/pic/aamodt_gal_l_05.jpg
【クローチングの動画】*「Watch the video」をクリックしてください。
 http://www.olympic.org/uk/utilities/multimedia/gallery/results_uk.asp?entid=3547&MediaType=vid

 ストックにカーブがついているのはアルペン競技の中でもダウンヒル(DH)、スーパー大回転(Super-G)、大回転(GS)の3種目です。(GSについては真っ直ぐなポールを使用する選手もいます。)

これはNo.1のgretzkyさんが書かれている通り、クローチングという姿勢は空気抵抗を減らすために上体を低く抑え、ストックを両脇に抱え込みます。その際にストックがカーブしていると、選手のわき腹のラインに沿ってストックがより密着するために、より空気抵抗を減らす事ができるのです。仮に真っ直ぐなポールを使用...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報