こんにちは。バス釣りをしている者です。今まで友達に譲ってもらった、シマノの「バスワン」を使ってもましたが、そろそろ新しいリールが欲しいと思い、シマノの「アクシス100」を買いました。初めての丸型リールなので、もしあれば、丸型リールの長所、短所を教えて下さい。

A 回答 (2件)

質問の内容ですが、ベイトリールの形についてでしょうか?


例えばシマノで言うとスコーピオン1000といった、背の低い形のモデル(ロープロファイルでしたっけ)と、Abuに代表される(アクシスもですが)丸型との比較についてでしょうか?

上記の質問と思ってアドバイスしますが、丸型の長所は丈夫なところでしょう。
短所は重量です。
構造上どうしても重くなってしまいます。
プロが丸型をあまり使わないところはこの点だと思います。

飛び具合とかドラグ性能といった性能は価格とメーカーによって異なってくるので、あまり変わらないでしょう。
どちらがいいかはデザインとロッドに装着した後の使い易さなので、自分の気に入ったものを使うのが一番です。
大事に使ってあげてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よく分かりました。
長所、短所を理解して使っていきたいと思います。

お礼日時:2002/03/04 16:22

ベイトキャスティングリールの事ですね。

長所は重いルアーを遠くに飛ばせる、なおかつ糸よれしにくいです。ギア比が高いので早く巻き取れます。
逆に短所はバックラッシュする(ルアーが飛んでいくスピードより、スプールの回転が速くなると糸がからまってしまうこと)こうなってしまうと直すのが大変なので、投げる時は親指をつかってスプールの回転を練習しましょう。慣れないとすぐバックラッシュするのであとは練習あるのみ!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速回答いただきましてありがとうございます。バックラッシュしてもめげずに頑張りたいと思います。

お礼日時:2002/02/16 23:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスキッピング方法について教えて下さい。

ベイトタックルでスキッピングをしたいのですが、
どうしても上手くいかず、バックラッシュの毎日です。q(T▽Tq)(pT▽T)p
そこで、スキッピングの方法について教えて下さい。

ちなみに使用しているリールはメタニウムmgで、
ルアーは 1/4~1/10OZ のラバージグやテキサスリグを使用しています。

(1)遠心ブレーキの設定は?
(2)メカニカルブレーキの設定は?
(3)サミングのタイミング、コツは?
(4)キャストのコツは?
(5)その他良きアドバイスをお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

こんにちわ。
僕の場合 皆さんと違う意見なので 一応書かせていただきます。
リールはメタmgです。
(1)遠心ブレーキの設定は?
掛けてません。
(2)メカニカルブレーキの設定は?
気持ち効かせる
(3)サミングのタイミング、コツは?
着水の瞬間。膨らんだラインを抑える程度。
あくまでも 膨らんだ分だけ抑えるっちゅーことで。
(4)キャストのコツは?
思いっきり投げる。
(5)その他良きアドバイスをお聞かせ下さい。
メガバスの金森君の 『岸道』っちゅービデオに 詳しく乗ってます。ノーブレーキスキッピングなどと イカちぃ名前で載ってましたが ちょっと練習したらできるようになりました。練習あるのみです。デスアダー6などの デカイワームに埋め込むシンカー入れて練習したら できるようになりますよ。

QおすすめのバスロッドBEST3を教えてください。

少々お金を出しても長く使える物を教えてください。上達したらシーバスにもトライしていけるタイプがいいです。(釣り(海・川)の経験は長いですが、どうも疑似餌で釣ることに抵抗がありいままでルアーはやったことがありません。)
それと良くつれるルアーってあるの?

Aベストアンサー

#1です。
野池っと言っても様々な野池がありますからね・・・
人があまり入っていない釣りやすい野池、人が多くプレッシャーの高い野池、水草だらけの野池、コンクリートで全面覆われた野池・・・
ですから一概になんとも言えませんね。
以前、私がレスした内容の一部です。参考にしてください。

釣れるルアーですが、極論を言うと全種類のルアーがよく釣れます。
なぜ、あそこまで、多種多様なルアーがあるかというと、バスという自然相手の釣りですので、その日の釣り場のコンディション、狙うポイント、バスの活性など様々なファクターによってルアーを試行錯誤しながら使い分け、その場面で最適なルアーを選択するのです。
そこがバス釣りの面白さの大きな部分でもあると思います。

で、それでは曖昧な回答なのでいくつか具体的にアドバイスを。
どこの釣り場に行かれるのかわからないので、一般論になりますが、このバスの個体数の大幅な減少、ハイプレッシャーな時代を考えますと、一番、釣れる可能性が高い(そういうシュチュエーションに出くわす可能性が高い)のは間違いなくワームです。
昔はプロトーナメントでもワーム以外のルアーでよく優勝や上位入賞者が出ていたのですが、今はそういったご時勢ですので、ほとんどワーム系統のルアーが日本のハイプレッシャーのレイクでは有効になっています。(もちろん、例外はありますよ。自然相手なんですから)
よってワーム系がベストでしょう。
ワームのリグ(仕掛け)はあなたの行かれる釣り場の情報が全くないので書くことはできません。
(池でも様々ですからね)
ただ、ノーシンカー系は一般的に強いですね。
そして、一般的にはスモールワーム系がスレたバスには有効な時が多いです。

動かし方のポイントはこれもコンディションによって変わるのですが、一番有効な時が多いアクションはアリが歩いているくらいのスピードで巻くことです。
(ノーシンカーワーム系は少しまた違うのですが・・・)
初心者はワームを速く巻き過ぎる傾向が強いです。
時々、ポーズ(動かさない)も入れましょう。
これがけっこう大事なポイントです。

あと、私への質問ではないですが・・・
>ダイコーのどのタイプ(クラス)がいいのでしょうか?。
ですから、コブレッティー、バロウズ、カリスマの3機種から選べば間違いありません。
(バロウズは使ったことがないですけども)
まあ、カリスマが価格も比較的、手頃で性能も良くお薦めです。

ダイコーは有名プロが使っていない為、初心者は不安になる人もおられるようですが、有名プロが使っている有名ロッドに多くブランクを提供している老舗のブランク(ロッド)メーカーです。
ですから安心してください。

#1です。
野池っと言っても様々な野池がありますからね・・・
人があまり入っていない釣りやすい野池、人が多くプレッシャーの高い野池、水草だらけの野池、コンクリートで全面覆われた野池・・・
ですから一概になんとも言えませんね。
以前、私がレスした内容の一部です。参考にしてください。

釣れるルアーですが、極論を言うと全種類のルアーがよく釣れます。
なぜ、あそこまで、多種多様なルアーがあるかというと、バスという自然相手の釣りですので、その日の釣り場のコンディション、狙うポイント...続きを読む

Qブラックバスは夜でも釣れますか?

ブラックバスの夜釣りは聞いたことがないのですが、夜でも釣れますか?早朝、夕方のほうがやはり釣れますか?

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

理論的には夜でも釣れます。以前河口湖と芦ノ湖と北浦と東北の野池で両目が潰れたバスを釣った事あります。最近ではバスは波動で捕食するとルアーメーカーが必死になって宣伝していますが、バスはどうやら側線(人間で言う耳)に頼って行動しているようで視力はさほど頼っていないようです。そうでないと年中濁っているドブのような池や湖でもバスはしっかりルアーを追尾して捕食するでしょ?視力に頼らない分聴覚を研ぎ澄ましているようです。だからドタドタ駆け寄ったりするとバスはびっくりして逃げるか固まって釣れない、というわけ。
早朝と夕方に釣れるのも視力にあまり頼っていないから…もっとも日の出と日の入りは小魚(ベイトフィッシュという言葉は魚色魚に喰われるためだけの存在というニュアンスが強い言葉なので私は使いません)の捕食時間と重なって岸に寄るのでバスもそれにつられて元気になる、さらにバスは視力に頼らないから暗くてもへっちゃら、というわけ。おまけに鳥のサギ等の外敵の視力を奪う闇はバスにとって安全な時間なのです。
実際朝まずめと夕まずめに釣りをしないのはエイベックスのイベントに行ってAYUもクーちゃんも見ないで帰るようなもので、そのおいしさを知っている人から見れば『何しに行ったの?』です。

似たような習性のサカナは海のスズキ、つまりシーバスです。シーバスも夜になると元気に捕食活動に入ります。やはり外敵を気にする必要がない闇のおかげでストラクチャーにピッタリ隠れているような事はなく比較的緩い所についています。だから初心者はシーバスは昼より夜釣った方が良い、と言われているのです…だってストラクチャーをタイトにキャストできなくても大体の所に投げればシーバスがいますから。スズキとバスは近似種なので習性も似ている、夜になるとストラクチャーの近くをうろついている、というわけ。

ただし日本の湖沼や野池のほとんどは県条例などの法律によって夜釣りは禁止となっています。琵琶湖と霞ヶ浦は夜釣りOKですが、実は法律上このふたつの湖は海扱いなのでOKなんです。つまり琵琶湖と霞ヶ浦以外の湖沼や野池で夜釣りをしたら『タイホだタイホだ、タイホするー!』と手錠を掛けられるリスクがあるので注意してくださいね。

どうも、釣りバカです。

理論的には夜でも釣れます。以前河口湖と芦ノ湖と北浦と東北の野池で両目が潰れたバスを釣った事あります。最近ではバスは波動で捕食するとルアーメーカーが必死になって宣伝していますが、バスはどうやら側線(人間で言う耳)に頼って行動しているようで視力はさほど頼っていないようです。そうでないと年中濁っているドブのような池や湖でもバスはしっかりルアーを追尾して捕食するでしょ?視力に頼らない分聴覚を研ぎ澄ましているようです。だからドタドタ駆け寄ったりするとバスは...続きを読む

Q安くて高品質なバス用ベイトロッドを教えてください。

10年ぶりぐらいにバス釣りをしようと思うのですが、釣り具メーカーもすっかり浦島太郎状態でよくわかりません。
安価で高品質なロッドを探しています。

自力で検索してみたところ、メジャークラフトのバスパラが評判良いみたいですが、ガイドがSICではないので、少し不安です。

予算は8000円前後でなんとかしたいのですが、おすすめはありますでしょうか?
ロッド一本で陸っぱり、ルアーはワームは使わず、ハードルアー中心になると思います。
軽量ルアーからビッグミノーやスイムベイトまで、バーサタイルな物が希望です。
ちなみに身長は168センチです。

Aベストアンサー

中古なら10年ほど前の一流ロッドがそのくらいで買えます、

新品なら・・・、オールSiCガイドだと少し足してコルキッシュくらいかな・・・。

倍くらい出してシマノのエクスプライドやメジャークラフトのヴォルキーが良いと思います。

店頭で見てみて下さい。

Qバス釣りでアタリの見分け方

こんにちわ。久々に釣りをやろうと思ったのですが疑問が有ります。
ズバリ当りが分かりません!

とりあえず釣りをしてますが、"当り"とはどんな物か分かりません...、障害物に当たっただけのかとか。
アタリとはどんな感覚なのでしょうか?ラインには現れるのでしょうか?竿には現れるのでしょうか??
特にワームを使うと、底を這い蹲るだけに全く分かりません(;;)

道具
ベイト(ミディアムライト)
セットで4万円くらい、糸10ポンド
スピニング(ウルトラライトとライト)
1セットで5千円くらい、糸6ポンド

基本的にワームが好きですが感覚が分からないのですぐやめて、プラグに変える状態です。一時期、目に見えるトップウォーターに走りましたが食いつかず...

堤防から鯖やワカシにメタルジグを使ったときは、激安投げセットですがはっきり感じちゃんと連れました!自分の場合は一体どうしたらよいでしょうか?

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

アタリ?ガツーンときますよ。底の感触とアタリとの区別が付かない?ゴルフでもやってろよ…と田辺哲男のような意地悪は言いません。ではどのように見分けるか、といえば…

まずプラグ(ハードルアー)の場合十中八九”ゴン””コン””ガツーン”と明確なアタリが出ます、それこそ鯖やワカシのように。クランクベイトのように底をゴツゴツあてていくと分かりづらいでしょうが、これにはひとつコツがあります。話の順序からコツについては後で話すとして…
次にソフトルアー(ワーム)ですが、スプリットショットやダウンショットをずる引きするとやはりゴツゴツ・ズルズル・ヌメヌメと底の感触が伝わります。ところがバスが喰ってくると”モゾッ””コン””カン””あむっ”といったアタリが感じられます。これもあるコツをしっかりと押さえて引っ張ってくればよく分かるようになります。

さてそのコツというのが…
まずロッドの持ち方です。スピニングの場合は利き手の中指と薬指の間(もしくは薬指と小指の間)にリールフットが来るように構え、ベイトリールの場合リールを包み込むように薬指と小指の間にトリガーが来るように構えます。あなたがどのような構え方をしているかは分からないので何ともいえませんが、もしリアグリップをグッと握っているようなら永久に底取りの感触とアタリとの差を知ることはできません。
次にロッドを握るのではなく優しく力を抜いて手の中に乗せるように持つことです。クルマでもオートバイでも自転車でも、ハンドルをぎゅっと力をいれて握ると何も感じませんが、力を抜いて握るとタイヤから道路のゴツゴツが伝わってきます。それと同じでロッドを持つ時力を抜くと底取りの感触とアタリは明確に違って伝わってきます。

もし「サカナが食ってきて竿を持っていかれたら大変だ」と力を入れて握っているとしたら、トリガーやリールフットを指の間に挟んでいるので持っていかれる事はありません、安心して力を抜いてください。

ノーシンカーや、場合によってはスピナーベイトでも、ラインにアタリが出ることはよくあります。サカナが食ったらラインは不自然な動きをするので嫌でも分かるはずで、分からないのはラインをちゃんと見ていないからとしか言いようがありません。
違和感を感じたら竿でビシッとアワセるのではなく、腰に乗せるような感じでグーッと引き付けてみて下さい。これはいわゆる”聞きアワセ”で、食っていればそのあと暴れてくれるし根掛かったとしてもダメージは最小限です。

いずれにしてもこれからがバスのいいシーズンになるので今シーズンは力を抜いて竿を持って色々なアタリを体験してください。そんなに難しい話ではありませんから。

どうも、釣りバカです。

アタリ?ガツーンときますよ。底の感触とアタリとの区別が付かない?ゴルフでもやってろよ…と田辺哲男のような意地悪は言いません。ではどのように見分けるか、といえば…

まずプラグ(ハードルアー)の場合十中八九”ゴン””コン””ガツーン”と明確なアタリが出ます、それこそ鯖やワカシのように。クランクベイトのように底をゴツゴツあてていくと分かりづらいでしょうが、これにはひとつコツがあります。話の順序からコツについては後で話すとして…
次にソフトルアー(ワーム)ですが...続きを読む

Qアブガルシアとはどんなメーカーなんでしょうか?

今まで沖釣りをメインにやってきて、特に道具に強いこだわりもないため無難にシマノやダイワの製品を使ってきました。

最近ルアー(ソルトウォーター)を本格的に始めたい思いルアー用品をいろいろ物色していますが、沖釣りでは見掛けないメーカーがいろいろあるんですね。

その中でアブガルシアというメーカーが少々気になっています。
海外(欧州)メーカーでデザインも良いので高級かと思いきやリーズナブルな印象を受けます。店頭でもかなり割り引かれて販売されているのをみかけます。

「海外メーカーでデザインが良い」=ドイツ車のような高級品・高性能と安易に想像してしまうですが、アブガルシアに関してはデザイン重視で性能は値段相応といった感じのメーカーなんでしょうか?
あるいはイタ車のように当たり外れの大きいメーカーなのか?

詳しい方、ご教授ください!

Aベストアンサー

こんにちは。

ABU・・・ベイトリールが有名ですね。
25年位前から、国産メーカーの性能と品質が良くなりダイワやシマノで十分に成りましたが
昔はベイトって言うと、ABUって位定番でした。
コレクターも多く、未だに「ABUじゃなきゃリールじゃない」って熱狂的なファンも居ます。
今でこそ、安価で購入できますが、昔は国産品の2,3倍の価格が付いていましたよ。

今となっては、性能に関しては可も無く不可も無くです。
他メーカーでも同じですが、同じメーカーでも販売ブランド内での売価が性能差と言えるので
何を選ぶかによりますね。
*ベアリングとかは、高い機種も安い機種も同じ物を使っている事が多いです。
 数の差が価格差っぽい所が有ります。

釣りに対する姿勢が分かりませんが、趣味の物なので“気に入ったデザイン”とかで
選んでも良いかも・・・


http://www.purefishing.jp/abugarcia/

Qバックラッシュしにくいベイトリール

バックラッシュしにくいベイトリールのアドバイスをください。

現在、バスフィッシング歴1年です。
ベイトリールはシマノ スコーピオン1000を使用しています。

かなり昔のモデルですが、4×4SVS 等のブレーキ調整機能が売りのようで
がんばって練習をしています。しかし、風が強い日やライトリグなどの時に
まだまだバックラッシュを起こしてしまい回復時間を要します。

本来は練習で自身の腕を上達もさせたいところなのですが、
もしリールの機能で素人でもそれなりにバックラッシュを回避できる
お勧めリールがあれば教えていただけませんか?

正直、時間があまりとれず釣行に出る頻度も少ないため、
ある程度の費用で手軽にバックラッシュを抑えて数多くのキャスティングを
楽しめたらありがたいなと。。

予算はできれば新品10000円相当を想定していますが、
それなりのメリットが見いだせれば20000円台も見据えています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

結論を先に言うと
残念ながら新品購入価格1万円で希望に沿えるリールは無いです。
飛距離・バックラッシュのし難さ等は価格に比例すると思ってください。
各社実売で25000円以上のクラスのリールなら
軽量なルアーをキャストしやすいモデルが多くなってきます。
シマノだとスコーピオン1000XTやスコーピオンDC辺りからではないかと。
バックラッシュをデジタルコントロールで抑制するDCリールの中でも
スコーピオンDCはエントリークラスである為か
DCタイプの上位クラスほどの飛距離は見込めないのが欠点だけど。

お使いのスコーピオン1000は現在では飛びぬけた性能はありませんが、
サイドカバーを開けなくてもブレーキ調整できる使いやすくて良いリールです。
1000は1500と比べて軽量ルアーが使いやすくなってますし。

問題のバックラッシュがキャストの仕方や
リールのコンディションやロッドの硬さに起因しているのか不明です。
リールは中古で購入された物でしょうか?
スプールシャフトの汚れを取ったりベアリングにオイルを注す等の
メンテナンスも必要かと思われます。
ライトリグの認識がどの辺りの重量か判りませんが、
シンカーは7g程度を下限として力んでキャストしないようにする。
セットしている竿の硬さにもよるでしょうけどML以上の硬さなら
ブレーキセッティングは強めで飛距離は慣れるまで諦める。
酷いバックラッシュでなければ親指の腹でスプールを押さえ
ハンドルを2~3回転させその後ラインを引き出すだけで
バックラッシュは解きやすくなります。
必要以上にバックラッシュをすると糸癖により
同一箇所でのバックラッシュの率が高まりキンク(ラインの折れ)により
ラインが切れてしまいます。
太いラインのほうが解きやすいですが、
抵抗も大きいので軽い物を投げる事が多いならラインは10lb程度とする。

上達する為の練習も必要なのでしょうけど個人的にはどうだろうと言う感じ。
やっぱり釣りをしながらのキャストが無駄が無いです。

結論を先に言うと
残念ながら新品購入価格1万円で希望に沿えるリールは無いです。
飛距離・バックラッシュのし難さ等は価格に比例すると思ってください。
各社実売で25000円以上のクラスのリールなら
軽量なルアーをキャストしやすいモデルが多くなってきます。
シマノだとスコーピオン1000XTやスコーピオンDC辺りからではないかと。
バックラッシュをデジタルコントロールで抑制するDCリールの中でも
スコーピオンDCはエントリークラスである為か
DCタイプの上位クラスほどの飛距離は見込めないの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング