C62-3について、別の質問で現在静態保存されていると教えていただき大変ショックを覚えております。何故あのとき(営業運転時)見ておかなかったのか・・・後悔でいっぱいです。
質問ですが、何故剥製(静態保存)にされてしまったのでしょうか?
致命的故障?財政問題?
財政問題だとした場合、故障の修理に費用が?それとも走れば走るだけ赤字が嵩む???
C62-3を蘇生させることは物理的には可能なのでしょうか?
その気になれば、掃除、油さし程度で石炭をあげれば走れる状態なのですか?
蘇生に要する費用は?(修理費用)
蘇生運動は起きていないのですか?
運動があるとして募金活動などは行われていないのですか?
ファンクラブなんかはありますか?
とにかくC62-3が大地を駆け巡る勇姿をなんとしても見たいものです。。。。
上記質問に関わらず、剥製化について、蘇生について何かご存知であれば教えてください。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 端的に言えば、経済的問題です。

要はコストに見合う運賃収入が得られなかったわけです。大雑把に言えば
・収入=スポンサーからの出資+寄付金+運賃・特別料金+関連グッズ売上
 特に、ニセコ号だけですが、運賃収入は一日当り(電卓をたたくと)ざっと150から160万円くらいでしょうか?
 個人的にはニセコ号の波及効果で函館本線の乗客がはっきり増えたとは思えませんが…
・支出=初期投資(=復元費用+関連設備整備費用+教育研修費用=数億円?)
    +維持費用(検修費用+乗務員・整備関連要員・警備要員人件費
    +整備費用)
   =?????
 鉄道車両は新車の場合、会計上の減価償却年数は13年ですから、端から数年で運行を中止して元が取れるわけがありません。
 また、SLに牽引される客車の維持費用も考慮せねばなりません。
 C62の場合、魅力でもあり欠点なのは「その大きさ」です。運行可能線区も限られますし、燃料も余計に食います。当然、維持費用も嵩みます。
 
 もっと厳密な見方があるとは思いますが、どう考えても一事業として、割が合うとは思えません。JRも民間会社ですから儲からないことを続けるわけにはいきません。ニセコ号も最後の方はスポンサー(その内1社はゲームメーカーのハドソンでした)もつかず、民間からの寄付金を必死に募っていましたが、赤字を穴埋めできませんでした。例えスポンサーが付いていたとしてもそれはやはり赤字の穴埋め役でしかないのでしょう。
 
 観点を少し変えて、SLがなぜ消えていったかを考えると、運行維持の難しさが分かると思います。エネルギー効率の低さや、常に2人常務であること、人間の感覚に頼る操縦術(それが見る方からは魅力だとは言いますが)、保守コストの高さやはたまた沿線公害等…。経営側から見ればやはり非効率的存在として真っ先に置換え対象としたいものです。
 また、あくまで個人的意見ですが、我々鉄道を趣味としている人種の行動にも問題はあるでしょう。列車に乗らず、車で追いまわすとか、山林農地を荒らす、ゴミを捨てるとか、一部の人達だけでしょうが、地元住民から見れば歓迎されざる行動を取ってしまっているというのも事実です。

 さて、本来のご質問に関しては
(1)C62の復活の可能性…物理的には可能でしょう。特に心臓部であるボイラーは復元時の新しいものですし、保存状態も良さそうですから。
 でも、経済的には可能性は低いのではないでしょうか。既にJR北海道はC11を2台復活させていますし、コストや運用上の制約から見ると、一企業の力を越えていると思います。
 大井川鉄道も、最近の雑誌記事の中で「本音を言えばSL運行をやりたくてやっているわけではない」とのコメントがありました。客寄せ手段として、止むに止まれず運行しているわけです。
 最近、同鉄道が復活整備を明らかにしたC11も、本来の目的は既存機の代替です。つまり、保有機を修理するよりも復元の方がまだ安上がりと判断したのだそうです。それだけSLの運行は大変なのです。
(2)復活運動…私の記憶の範囲内では認識していませんが、当時の運行推進の中心であった団体(名前が定かではないのですが、北海道鉄道文化協議会という感じだったかもしれません)が何か活動をしているかもしれません。

 以上長々と書きましたが、殆どは個人的意見と頼りない知識と記憶を基にしたことを踏まえてお読みいただけると幸いです。ご質問から反れてしまいましたのでこの辺で終わりにしますが、SL運行を単なる郷愁やブームでなく、文化遺産としてどう考えるべきかという観点をお持ちになることを望みます。
 因みに私もC62は大好きで、憧れの存在です。
    • good
    • 0

前回の質問に続いて登場(^。

^)
静態保存になったのは、No1の方の回答通りです。確かに残念な事ではありますが、車両が残っている事だけでも幸せなことだと思いませんか?廃車解体される車両が多い中、動かそうと思えば動かせる状態であるわけですし。
参考URLは、C62-3についての掲示板です。やはり、人気なんですね。色んな経緯が判ると思いますので、そこに載っているページから各ページにいってみてください。

参考URL:http://gr-group.pobox.ne.jp/C62/bbs/C62/200010.h …

この回答への補足

御両名の方。回答いただきありがとうございました。お礼が遅れたこと、この場を借りてお詫びします・・・・でもやっぱりC62の勇姿をみたーーい!^^
いつの日か釜に火が入り雪原を走って欲しいですね

補足日時:2002/03/19 17:20
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qジェニファー・コネリーの映画の題名

ジェニファー・コネリーの映画の題名

添付ファイルしか情報がありません。
よろしく御願い致します。

Aベストアンサー

「レクイエム・フォー・ドリーム」ではないでしょうか。
http://movie.walkerplus.com/mv31984/

製作は2000年。監督はダーレン・アロノフスキー。意志の弱さから転落人生まっしぐらになる4人の男女が味わう地獄のような日々を、強烈な音楽と映像で描く野心作です。

特に麻薬中毒患者が見る「映像」の描写は圧倒的です。

Q中国人民開放陸軍が使っている62式軽戦車は59式戦車のスケールダウン版

中国人民開放陸軍が使っている62式軽戦車は59式戦車のスケールダウン版だと聞きましたが、砲塔はほとんど同じようにも見えます。ただ、ネットで検索してみてもどうしても上面図が見つからず、砲塔の外形がまったく同じという確証が得られませんでした。側面図の長さだけから判断すると、同じ砲塔の様な気もするけど小さい様な気もする、ビミョ~なところでした。搭載砲が85ミリに小型化されたのは聞きましたが、砲塔そのものが小型化されたのか、それともまったく同じもに小型の砲を積んだのか、ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

詳しいことは分からないので、あくまで勝手な想像ですが・・・

砲塔の装甲厚が、59式は150~203ミリであるのに対して、62式は30~45ミリとのことなので、やはり別物ではないでしょうか?

http://wiki.livedoor.jp/namacha2/d/62%bc%b0%b7%da%c0%ef%bc%d6%a1%caWZ%2d131%a1%cb

http://wiki.livedoor.jp/namacha2/d/59%bc%b0%c0%ef%bc%d6%a1%caWZ%2d120/ZTZ%2d59/T%2d54%a1%cb


ちなみに『中国人民開放陸軍』でなく、『中国人民解放軍』です。

Q手作りマヨネーズがバター状になってしまう理由を教えてください。

手作りマヨネーズがバター状になってしまう理由を教えてください。

材料は、塩 卵黄 を先に混ぜ合わせ、その後酢を入れ混ぜる
そしてその後油を数滴ずついれて混ぜていく。(手混ぜてで作っています)
方法です。

しかし、乳化するのですが、バター状になってしまうのです。

油の中に水が入る乳化の状態になっているような感じです。


どうしてそうなるのか教えてください。

また、手作りの場合、こうならないようにするにはどうするかを教えてください。

Aベストアンサー

マヨネーズがバター場になるのは、乳化の相転移現象によるものです。そしてその原因は油の加え過ぎと撹拌不足です。

「水と油の様に」と言う様に、水と油は溶け合いません。この溶け合わない水と油を混ぜ合わせる事を乳化と言います。水か油かのどちらかが他方の中に微細な粒になって浮いている状態が乳化です。
マヨネーズは水相の中に油相が浮いている水中油型の乳化、バターは油相の中に水相が浮いている油中水型の乳化です。

マヨネーズは、水相(実際には卵と食酢)の中に油相が浮いているにも拘わらず、油の方が量が多い特殊な状態です。その状態によってあの硬さを出しています。しかし油相が多いので極めて不安定で、条件が悪いと分散させたはずの油相がつながってしまって、その中に水相が分散するバターと同じ油中水型に相変化してしまいます。これが御質問の現象です。

これを防ぐために、水相である卵と食酢を良く混合し、ここに油を少しずつ加えながら強撹拌を行います。これがポイントです。もし撹拌が弱く、撹拌に見合わない速度で油を加えると、大きな油の粒の周りに分散していた油が集まって来て油の相が反転し、一気に相転移が発生してしまいます。
もちろん油の入れ過ぎは決定的に相転移を起こします。

ご家庭での撹拌機はせいぜい泡立て器程度ですから、強い撹拌力は出せません。おそらく油の粒子の大きさは数十μm程度だと思います。市販のマヨネーズは極めて強い力が出せるマヨネーズ専用の特殊な乳化機を使って、油の粒子が1μm程度の大きさまで均一に細かくして、安定な状態にしています。
ですから過程で作ったマヨネーズは物理的な意味での保存性がありません。保存中に相転移を起こし易いです。

相転移してしまったマヨネーズを通常の状態に戻す事はとても難しいでしょう。もし直すには一度卵と酸を混ぜたものを多量に(おそらく今の量の2倍以上)加えて強く撹拌して再度水中油型に転移させた後、もう一度油をやはり最初の2倍程度弱の量をゆっくりと加えて行くしかありません。

マヨネーズがバター場になるのは、乳化の相転移現象によるものです。そしてその原因は油の加え過ぎと撹拌不足です。

「水と油の様に」と言う様に、水と油は溶け合いません。この溶け合わない水と油を混ぜ合わせる事を乳化と言います。水か油かのどちらかが他方の中に微細な粒になって浮いている状態が乳化です。
マヨネーズは水相の中に油相が浮いている水中油型の乳化、バターは油相の中に水相が浮いている油中水型の乳化です。

マヨネーズは、水相(実際には卵と食酢)の中に油相が浮いているにも拘わらず、油の...続きを読む

Q探してます/C.Cのフィギュア

この夏にあったWFのパンフで見かけたギアスのC.Cのフィギュアなのですが、
・多分企業さんではなくて、サークルさんの作品
・裸に、ルルーシュのマントをふわっと覆うようにかぶっている

以前に見かけて、素敵だなーと思っていたのですが
メモをとっていなかったのでパンフも手元になく、困っています;

ご存知のかた、いらっしゃいますでしょうか?

Aベストアンサー

海外ディーラーのMr.Surpriseの作品ですかね。
カタログには載ってますが、C.Cの販売はなかったと思います。
仕上げが間に合わなかったんでしょう。
冬のワンフェスが休催になり、販売機会の見通しが立たなくなりましたね。
このままお蔵入りかも知れません。

参考URL:http://www.mrsurprise.jp/

Qリンクの色が既読になっている理由

クリックしてないリンクの色が変わっているのですが、
他の人がクリックした以外に理由は考えられるのでしょうか?

リンクはMSNトップページの「ニュース」の中のリンクです。

気持ち悪いので、分かる方がいらっしゃれば
是非教えてください。

Aベストアンサー

YahooやMSNなどのニュースサイトでは、同じURLでも、時間が経つと記事の内容が変更される事があります。
これはURLを記事の内容に関した名前にするのではなく、単に英数字の文字列からなる番号を割り振っている為、番号がかぶる事があるからです。
ですので、以前にそのURLで違う内容の記事を閲覧したのではないでしょうか。

Q25C、30Cなど、リポバッテリーの違いについて

同じ7.4Vのリポバッテリーでも25C,30C,35Cなどありますが、
具体的にどう違いがあるのでしょうか。

電動ガンでの使用を予定していますが、この数値が高いほど
モーターの回転数が上がると考えて良いのでしょうか?
その場合、どのくらい回転数に変化が出るでしょうか?
詳しい方、回答の程をお願いします。

Aベストアンサー

>25C,30C,35Cなどありますが、具体的にどう違いが
まず、これらのサイトを参照下さい。
http://www.ks-j.net/xo/modules/pico/lipo/houden.html
http://winsafe.jp/rc/setumei/Lipo-choice.htm

始めに「C」の概念について知る必要があります。「そのバッテリー全容量を
1時間で充放電する電流値を 1C」という定義です。放電性能をこの電流値「C」
で表したのが「25C」といった表現です。商品の規格に含まれる場合、この値は
大抵「最大連続放電」を示しています。別な例を挙げます。
http://www.kkhobby.com/SHOP/BT117.html
ここでは「連続で」35C、「瞬間的に」70Cを許容出来ることを「35C-70C」と
商品名に入れています。

この値が大きいほど、リポとしては高性能ということにはなりますが、デメリット
もあります。このページと表を見て下さい。
http://aircraft-japan.com/shopdisplayproducts.asp?id=143&cat=battery+%2D+Li%2DPo+%2D+HYPERION+1050mAh+%7E+2200mAh
http://media.hyperion.hk/dn/g3lipo/G3-Specs-JP.pdf
同じ電圧、同じ容量、例えば3セル2200mAhを見ると、
VX35C ⇒ 105.0mmx34.0mmx24.5mm 190g ¥5080 
EX45C ⇒ 105.0mmx34.0mmx27.0mm 196g ¥5880
となり、高い「C」を流せるリポ程高価で大きく重くなる傾向にあります。

電動ガンについては全く知りませんがラジコン用途では「高いC」を持つリポ
が必ずしもベストでもありません。必要以上に大きく重く高価なものは無駄
ですし、高いCの放電が可能なリポはモーター負荷の要求どおりに供給して
しまい、結果アンプ/ESCを焼く、容量を使い切るまでの時間が短い、といった
ことにもなります。「あえて」低目である25C連続放電等のリポを選択すると
いったことも行われています。

>この数値が高いほどモーターの回転数が上がると考えて良いのでしょうか?
>その場合、どのくらい回転数に変化が出るでしょうか?
モーター負荷が大きく、35Cでも不足だったのであれば45Cに変えることで
回転数は上がる筈です。しかし元々そこまで要求されてない負荷であれば、
向上した実感は全く無い、ということもあります。要は消費電流/負荷と目指す
用途、費用対効果の総合で判断すべきで、「少しでも」モーターを回そうとして
高価で重い方のバッテリーを選ぶならそれもアリではあります。高「C」放電
可能なリポは全般に電流を供給する能力自体が高いのです。

>25C,30C,35Cなどありますが、具体的にどう違いが
まず、これらのサイトを参照下さい。
http://www.ks-j.net/xo/modules/pico/lipo/houden.html
http://winsafe.jp/rc/setumei/Lipo-choice.htm

始めに「C」の概念について知る必要があります。「そのバッテリー全容量を
1時間で充放電する電流値を 1C」という定義です。放電性能をこの電流値「C」
で表したのが「25C」といった表現です。商品の規格に含まれる場合、この値は
大抵「最大連続放電」を示しています。別な例を挙げます。
http://www.kkhobby.com/SH...続きを読む

Qテレビではアニメ、映画では実写の理由

 最近、テレビではアニメ、映画では実写にするパターンの作品が多いが、何か理由でもあるのでしょうか。
 特に実写映画でヒットした作品(NANA、デスノート等)をドラマではなくアニメにする理由がわかりません。
 ドラマだったらアニメより3~4倍の視聴率は稼げるはずなのに・・・

Aベストアンサー

既に回答は出揃ってますが、映画がアニメでなく実写である理由をちょっとだけ。
アニメというのは基本「子供の見るもの」というイメージが今でもあります。
中学・高校生にもなってアニメを見ていると「ヲタク」と後ろ指をさされたりする事もある位です。
どんなに内容がいいアニメでも、アニメというだけで観ない人は多いです。
映画の興行収入は観客がどの程度入ったかで決まります。
間口が狭まるアニメを作るより、実写にした方が、普段原作の漫画やアニメに全く興味のない層も見てくれます。
(原作のファンは逆に見てくれないかもしれませんが)
そこで、原作が漫画と知り、普段読まない漫画を買ってくれる可能性もあります。
アニメより実写の方が、外国で配給もしやすいですしね。

QM-03かM-04か?アドバイスください

RC初心者の者です。1ヶ月前に4WDのオフロードカーを購入し、公園等で息子と走行を楽しんでいます。
最近、色々調べたところ、近所に結構RCサーキットがあることがわかり、オンロードカーを購入して走らせたくなりました。

当面、レースに出ることは考えておらず、サーキットを綺麗なライン取りをして走らせることを楽しみたいと思っています。
また、4WDのツーリングカーよりも、タミヤのMシャーシに興味をすごく持っています。
本音で言うと後輪駆動のM-04が欲しいのですが、いきなり後輪駆動で初心者のサーキットデビューは無謀かな?M-03にするべきかな?と悩んでいます。
子供じゃないので、M-04買って駄目ならM-03を買いなおせば良いと言えばそれまでですが・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
主観を含む回答となりますこと御容赦下さい。

高すぎない速度域でライントレースを重要視する場合、M03でもM04でも難易度は大して変わらないでしょう。
操縦技術やおそらく最初にぶつかるであろう壁(w)を踏まえた上で選ぶなら、私は少しだけM03の方が対処がラクな気はしますネ。おそらくは flightsim さんのイメージされている通りと感じます。

X007_d-oP_ok さんは過去既にM03を極めたスペシャリストであり、その深さを熟知されているので、対照的にM04を簡単と仰られていると思いますし、そういった意味で私も同感です。突き詰めていくと、M03の難しさに圧倒されていきますヨw
ただし、2駆で最も重要な要素であるタイヤ選択は、路面とのバランスやシャシー特性等の経験則に大きく依存されるもので、慣れない初心者が何とか形にしやすいのは、やはりFF車であろうと思えるのです。
これはもちろん、モータ・ギヤ等の性能面だけでなく、操縦者の度量やクセなどの傾向にも関係しています。
一応訂正しておきますが、M04はFRではなくMRに属します(一連の記述による凡ミスでしょう^^;)。

ゴタクを並べてしまいましたが(w)、結局やりたいのはM04でしょ?
綺麗なラインとは言っても、駆動方式や重量配分など車によってソレは異なります。
難しさはともあれ、それぞれ理想のラインは別物でどれもが特徴的ですよね。その中でも後輪駆動車のライントレースに魅力を感じているのではないですか?
好きなことが安全にできるから、RCは楽しいのです。やりたいものをやるべきと^^

敢えて別の見方をするならば、4駆でならセッティングで双方の味付けに近い物を作れるという点です。
ダイナミックに、比較的に簡便に従順な車を作るという目的が明確であるならば、やはり4駆という選択肢になるでしょう。
その上でM系ボディが使用できる物として、ABCホビーのジェネティックという商品があります。
http://www.abchobby.com/productimg/genz/index.html
4駆という大きなアドバンテージを持ちますが、ミニシャシーである以上、ジオメトリーの制約は否めませんのであしからず。

イタズラに(故意に)選択肢を増やしました^^;
考え・迷う事は障害ではなく、RCの醍醐味のひとつです。迷うことを大いに楽しみましょう。
「どちらかと言えばM男」の持論です・・・Mシャシーだけに。。。

はじめまして。
主観を含む回答となりますこと御容赦下さい。

高すぎない速度域でライントレースを重要視する場合、M03でもM04でも難易度は大して変わらないでしょう。
操縦技術やおそらく最初にぶつかるであろう壁(w)を踏まえた上で選ぶなら、私は少しだけM03の方が対処がラクな気はしますネ。おそらくは flightsim さんのイメージされている通りと感じます。

X007_d-oP_ok さんは過去既にM03を極めたスペシャリストであり、その深さを熟知されているので、対照的にM04を簡単と仰られていると思います...続きを読む

Q志望理由を英語で

私は現在高校三年生です。近々大学のほうの面接があるのですが、英語の能力をだいぶ重視している学部のようで、面接の場に外国人の先生の方が同席し、英語で志望理由を言うようにいわれる可能性もあるとのことなのです。日本語で志望理由を言うのはもちろんなのですが、英語でというと少し考えてしまいます。
日本語で志望理由書を書いてずいぶん前に提出し、大学のほうにも回ったようなのですが、このような面接の際に志望理由を言う場合、あらかじめ提出したものと同じ(ような)ことを言っても平気なのでしょうか?
また、英語で言う際は、その日本語の文を単純に英語に直して言うだけでいいのでしょうか?
こういった堅い形で英語を使う機会がなかなかないのでいまいちわかりません。
なにかしらアドバイスいただければ光栄です。

Aベストアンサー

相手の質問は、志望理由に書かれていた内容の
具体的な意味を聴いてくるはずです。
素直に貴方の考えを言えばいいだけです。

Qかわいくて覚えやすいお店の名前

粘土をつかって本物のスイーツみたいな雑貨を作っています。
覚えやすくてかわいいお店の名前でオススメがあったら教えて下さい!

Aベストアンサー

fa-ke(フェーキ)

・「fake」と「cake」の合わせ言葉

はいかがでしょうか?

フェイクスイーツを作られているんですよね?

それと近い名前だといいのかなぁと思いました。

思いつきなので、ご参考まで。


人気Q&Aランキング